生命延長スキン ケアの販売

概要

生命延長雑誌2011年10月
概要

認識機能

穏やかな認識減損。

穏やかな認識減損(MCI)は正常な老化と痴呆間の区域に及ぶシンドロームである。 それはamnesticおよび非amnesticタイプ、2つのサブタイプとの両方に分類される: 単一の範囲および多数の範囲。 MCIの流行は規準および人口によって決まり、老齢期の0.1から42%から人を変えることができる。 痴呆と対照をなして、認識悪化はより少なく厳しく、毎日の生活の活動は維持される。 MCIのほとんどの損なわれたより高い認識機能は記憶、管理機能、言語、visuospatial機能、注意等である。 また精神病の不況、無感動またはpsychomotor撹拌および印がある。 MCIの病因学は多数、大抵neurodegenerative、管、精神医学、internistic、神経学的、外傷性および医原性である。 amnestic MCIを持つ人はアルツハイマー病に変換の高いリスクに単一の非記憶範囲とのそれらはfrontotemporal痴呆の開発の危険がある状態にあるが、ある。 何人かのMCIの患者はまた管他の痴呆のタイプに特に進歩する。 それに対して他は正常化するが、何人かの患者に静止したコースが、いくつか改良するある。 MCIのあらゆる疑いは根本的な病因学、実験室の分析、neuroimaging方法を発見するために詳しい臨床調査を保証し、ある場合は詳しいneuropsychological査定を要求する。 現在痴呆への転換を延期できるものまたはMCIの認識低下のための効果がある療法がない。 治療が可能な原因の処置、予防策の適用および危険率制御は特定の療法がない時適度な手段である。

Srp Arh CelokのLek。 2009日7月8月; 137 (7-8): 434-9

穏やかな認識減損で側面図を描く記憶: 私達はアルツハイマー病のための危険を定めてもいいか。

穏やかな認識減損(MCI)は広告に正常な老化とアルツハイマー病(広告)間の過渡的な段階、すべてのMCIの箱と進歩するして考慮されないし、だれが進歩するか識別する方法に限られた焦点がずっとある。 独特の一種の情報の符号化そして強化で欠損を含む広告の記憶減損のためのある特定の要求私達は「側面図を描くMCIを持つ個人の」が記憶どの個人が進歩するか識別を助けるかもしれないことを提案する。 私達は最初に同じ独特の記憶プロフィールが広告(preAD)の手始め前にあったかどうか確かめるために着手した。 非常に少数の調査は私達がこれを検査することを可能にしたが結果は一時的にpreADの符号化/強化のプロフィールを支えたデータを提供した。 単一の調査はpreADの臨床的に重要な対照を対非preAD MCIの箱テストし、があらゆる条件の下でまたは記憶プロフィールで相違を見つけなかった、調査結果の解釈は記憶のより複雑で、より質的な面の査定のフォローアップ、天井の効果および仕事の限定の短い持続期間によって限られる。 既存のデータが曖味な結論をもたらすが、私達は記憶側面図を描くことがの価値を持つ努力、特に臨床査定のために示すMCIを持つ増加する人数がある追求であることを信じる。 私達は記憶プロセスを測定するようにとりわけ設計されているテストがpreADに敏感なべきで、将来の縦方向の設計にこれらの臨床的に重大なMCIの箱を識別するように要求されることを提案する。

J Neuropsychol。 9月2008日; 2 (Pt 2): 361-72

認識修正は喫煙と関連付けた。

導入: タバコは体性病気の重要な源で、高い死亡率を引き起こす。 それは習慣性のメカニズムを維持しがちである認識無秩序と関連付けられる。 短期的に、タバコに含まれているニコチンは注意および記憶を高める。 方法: この検討を実現するためには、私達はした研究を、私達したMedline、Embase、PsycInfoの単一か結合されたキーワード「タバコ」、を「ニコチン使用している」、Google学者「の研究を常習」、「依存」、「認識無秩序」、「管理機能」、「記憶」、「注意」、「neuropsychological」。 私達は英語を選んだまたは1987年から特権を与えることによって2008年までフランスの記事は調査を制御した。 結果: この効果は喫煙者(禁断症状の有無にかかわらず)、禁煙家と認識無秩序に苦しんでいる患者で観察することができる。 長期的に、タバコは痴呆プロセスを加速する。 それは認識悪化の高められた危険と関連付けられる。 この悪化は主記憶装置および処理速度にかかわる。 これらの結果は前向き研究で報告された。 彼らは早いレポートを、それ提案されたたばこを吸うこと実際にある特定の中央神経系の無秩序に対して保護であることができる否定する。 これらは場合制御で中継で送られる「健康な存続の効果によって確かに」。偏られた早い結果調査する、 それ以上の調査は認識無秩序か痴呆を扱い、防ぐことのニコチンの長期効果そして潜在的な効力を評価するように要求される。

Presse Med。 9月2009日; 38(9): 1241-52

アルコールの慢性の使用の後の認識能力そして意志決定の減損: 多数の解毒の影響。

目標: 現在の調査では、prefrontal機能に対する前の解毒の効果および意志決定はアルコール依存した患者で検査された。 更に、私達は節制の長さが認識機能に影響を与えるかどうか検査した。 方法: 四十八人のアルコール依存した患者は入院患者の解毒の処置設備から募集され、認識機能は36の健康な制御の制御グループと比較された。 患者数はより少しにの患者のグループにそれからより2つの前の解毒(LO解毒のグループ、n = 27)および2つ以上の前の解毒(こんにちは解毒のグループ、n = 21)および認識機能の患者のグループが比較された分けられた。 さらに、最近の認識機能(すなわち16日以下; 裂けた中間数)およびより長いabstinentの患者は比較された。 私達はprefrontal機能、メモリ機能および知性を査定した。 結果: 、行われたより悪い性能の索引の注意/管理機能に関して健康な制御と比較された場合アルコール中毒患者。 これらの仕事の認識減損はabstinentの患者で最近発音された。 私達は注意/管理機能に関してこんにちは解毒とLO解毒の患者の重要な違いを見つけなかった。 但し、アイオワの賭ける仕事で、こんにちは解毒のグループはより有利なデッキからカードをそのうちに選ぶことを学べるより少なくようである。 結論: 私達の結果は前頭葉機能に敏感な仕事に関してアルコール依存した患者の認識減損に付加的な証拠を提供し、回復するためにこれらの減損のための節制の重要性に下線を引く。 私達は管理機能が依存で先に影響されることをprefrontal機能に対する繰り返された回収の損害効果のための少し証拠および私達だけ提案することを見つけた。

アルコール アルコール。 2009日7月8月; 44(4): 372-81

アルツハイマー病の危険がある状態に高齢者の認識機能に対する身体活動の効果: ランダム化された試験。

文脈: 多くの観測の調査は身体活動が認識低下の危険を減らすことを示した; 但し、ランダム化された試験からの証拠は欠けている。 目的: 身体活動が危険な状態の高齢者間の認識低下の率を減らすかどうか定めるため。 設計および設定: 大都会のパース、西オーストラリアの2004年と2007年の間に行なわれる24週の身体活動の介在のランダム化された管理された試験。 認識機能の評価人は団体会員に盲目になった。 関係者: 私達はメモリの問題を報告したが、募集したり痴呆のための規準を満たさなかったボランティアを。 50番の年またはより古い老化した300人の11人の個人は資格のために選別された、89は資格がなかったし、52は加わることを断った。 合計170人の関係者はランダム化され、138人の関係者は18ヶ月の査定を完了した。 介在: 関係者は教育および通常の心配のグループまたは身体活動の24週家庭ベースのプログラムに任意に割振られた。 主要な結果の測定: アルツハイマー病の査定の18か月にわたるスケール認識Subscale (ADASコグ)のスコア(可能な範囲、0-70)の変更。 結果: 意思に御馳走分析では、介在のグループの関係者は0.26ポイント(95%の信頼区間、-0.89から0.54)を改良し、通常の心配のグループのそれらは介在の終わりにADASコグの1.04ポイント(95%の信頼区間、0.32から1.82)を悪化させた。 介在と制御グループ間の結果の測定の絶対相違は介在の終わりに-1.3ポイント(95%の信頼区間、- 2.38から-0.22)だった。 18か月で、介在のグループの関係者はADASコグの0.73ポイント(95%の信頼区間、-1.27から0.03)を改良し、通常の心配のグループのそれらは0.04ポイント(95%の信頼区間、-0.46から0.88)を改良した。 単語リストはリコールを遅らせ、箱の臨床痴呆の評価の合計は単語リストの合計の即時のリコール、ディジットの記号のコーディング、ことばによる流暢、小川の不況がスコアおよび医学の結果36項目短い形態の物理的な、精神構成の概要かなり変わらなかった一方、同様に適度に改良した。 結論: 主観的な記憶減損の大人のこの調査では、身体活動の6ヶ月プログラムは18ヶ月のフォローアップの期間にわたる認知の適度な改善を提供した。

JAMA. 9月2008日3日; 300(9): 1027-37

運動によるジャムの頭脳機能…か。

ここ数年にわたって、頭脳機能と運動間の関係に増加する興味がずっとある。 人間の観測およびinterventional調査からの予備的証拠は全体の寿命を渡る複数の頭脳機能に対する慢性の有酸素運動の肯定的で、強い効果を提案する。 身体活動および練習はまたAlzheimerおよびパーキンソン病のような年齢準の神経疾患の危険を減らすのに役立つかもしれない。 これらの有利な効果の下にあるメカニズムは十分理解されていなく残る。 科学的な仕事は一般群衆への特定の推薦を広める前に必要である。

Rev. Medリエージュ。 2008日5月6月; 63 (5-6): 293-8

練習のアルツハイマー病、cerebrovascular機能障害および利点: 容器からニューロンへの。

練習の訓練は酸化防止細道の改善された器官の血の流れ、誘導、および高められたangiogenesisおよび管の再生のような周辺および大脳のvasculatureの広範な心血管の変更そして適応性があるメカニズムを、促進する。 臨床調査は個人の運動の中の心循環器疾患からの疾病率そして死亡率の減少を示した。 但し、最近の大きい臨床試験からの証拠はまた-規則的な練習の…痴呆の危険の相当な減少を-特にアルツハイマー病(広告)に関して提案する。 高められたneurogenesisおよび改善されたシナプスの可塑性はこの有利な効果で関係した。 但し、最近の研究は管およびとりわけendothelial機能障害が病気プロセスに本質的にかかわり、深く根本的なneurodegenerationを加重することを明らかにした。 さらに、管の危険率(VRFs)はおそらく広告の発生そしてコースの決定要因である。 この検討では、私達は広告とVRFs間の相互連結と広告のpathophysiologyのcerebrovascularおよびendothelial機能障害の影響を強調する。 なお、私達は管の一酸化窒素(いいえ) /endothelialの活発化のようなvasculatureに対する練習の有利な効果の分子メカニズムを酸化防止酵素のシンターゼ(eNOS)の細道、upregulation、およびangiogenesis記述しない。 最後に、事件の広告の危険に対する練習の効果を取扱う最近の将来の臨床調査は簡潔に見直される。 私達は、神経の可塑性を支えることの隣で、規則的な練習が管の予備をことを造ることによって広告のpathophysiologyを妨害することができることを結論を出す。

Exp. Gerontol。 6月2008日; 43(6): 499-504

認識低下を防ぐことの身体活動の生物的メカニズム。

競争のためのよりよい条件を保証するためには、神経系は筋肉作動体を制御するメカニズムを、周辺構造から始まって、頭脳機能に影響を及ぼすかもしれないまた逆行システムをだけでなく、開発した。 そのような見通しの下で、身体活動は学習および記憶を含む認識頭脳機能に影響を及ぼすことの重要な役割を担うことができる。 疫学の研究(横断面、将来および回顧)の結果は認知と身体活動間の積極的な関係を支える。 最近のメタ分析は認識機能に対する練習の重要な効果を確認した。 但し、そのような有利な効果の下にある生物的メカニズムはまだ完全に明瞭になるべきである。 それらは、それから、分子メカニズムによって制御されるBDNF、IGF-1、ホルモンおよび第2メッセンジャーのようなsupramolecularメカニズム(例えばneurogenesis、synaptogenesisおよびangiogenesis)を、含んでいる。

細胞のNeurobiol Molの。 5月2010日; 30(4): 493-503

BDNFは老化の女性の認識機能の新しいマーカーである: DRの余分調査。

頭脳得られたneurotrophic要因(BDNF)は頭脳の可塑性を調整する主分子の1つである。 BDNFの低い循環のレベルがアルツハイマー病にし向けるために提案される間、少しだけデータは一般群衆で認識機能の連合で利用できる。 私達は老化の人および女性の代表的な人口サンプルの血しょうBDNFレベルと認知間の連合を評価した。 主題(n=1389)は訓練(余分のDR'S)の調査に運動させ、東のフィンランドの人々(684人および705人の女性)のランダム サンプルを、調査のベースラインの57-79年齢表す用量反応の関係者だった。 血しょうBDNFレベルは酵素つながれたimmunosorbentの試金(ELISA)によって測定された。 認識機能は借款団を使用してアルツハイマー病(CERAD) neuropsychologicalテスト電池のための登録を確立するために評価された。 女性は人(1721+/-55vsよりより高い中間の(+/- SEM)血しょうBDNFレベルがあった。 1495+/-54pg/ml、P<0.001)。 女性では、BDNFの1つのSDの減少はテストを示すこと、ミニ精神州の検査、単語リストの記憶、単語リストのリコール、単語リストのセービング、および64% (95% CI 1.19-2.25、P=0.002)単語リストの認識の低いスコアのために53% (95% CI 1.21-1.92、P<0.001) 63% (95% CI 1.21-2.20、P=0.001) 56% (95% CI 1.08-2.26、P=0.019) 50% (95% CI 1.10-2.05、P=0.010) 49% (95% CI 1.12-1.99、P=0.007)危険を高めた。 データは年齢が、教育、不況、損なわれたブドウ糖の新陳代謝、心循環器疾患、抗高血圧薬の薬物、薬物、フリーザーおよび血小板算定で血しょうの時を貯えるアルコール消費煙る性ホルモンの使用を下げる脂質できるように調節された。 BDNFは人の認知と関連付けられなかった。 現在のデータは血しょうBDNFが老化の女性の損なわれた記憶そして一般的な認識機能のbiomarkerであることを提案する。

NeurobiolはMemを学ぶ。 11月2008日; 90(4): 596-603