生命延長血液検査の極度の販売

概要

生命延長雑誌2011年12月
概要

放射線療法

頭頸部癌のための器官控え目な放射線療法。

locoregional腫瘍を改良するためには制御すれば局部的に進められた頭頸部癌(HNC)を持つ患者の存続は、療法変えられた分別の放射線療法か付随の化学療法を使用して激化する。 但し、療法の増大は高められた激しく、遅い毒作用と関連付けられた。 高度の放射の技術の適用は、3D等角の放射線療法および強度調整された放射線療法のような線量を改善すると限り、多分locoregional腫瘍制御を高めることによって、決定臓器にHNCのための放射線療法の治療上の索引を期待される。 これまでに、総論は放射線誘発のxerostomiaおよび嚥下困難の防止そして処置をカバーしたが、すべてHNCのための放射線療法の潜在的な複雑化である少数の記事はあごの聴力損失、頭脳の壊死、頭蓋神経の麻痺およびosteoradionecrosisの防止を論議した。 この検討は器官控え目なアプローチとして高度の放射線療法の技術に関する最新式の証拠を示すことによって療法関連の複雑化を防ぐための努力を記述する。

Clin Oncol Nat. Rev。 7月2011日26日。

頭部および首の外科医へのラジオ壊死の臨床含意。

放射の壊死は頭部および首の敵意の処置の最も深刻な複雑化の1つである。 放射線療法が第一次様相としてそして化学療法および外科を伴ってより頻繁に使用されるようになると同時に、頭部および首の外科医は放射の壊死の頻繁に微妙な印そして徴候を防ぎ、確認できる必要がある。 壊死の徴候は積極的な外科バイオプシーが壊死を悪化させ、瘻孔の形成に貢献するかもしれないので、診断ジレンマを示す癌の再発をまねることができる。 この検討はosteoradionecrosisに診断および処置の選択の短い議論および頭部および首のchondroradionecrosisを提供する。

Curr Opin Otolaryngolの頭部の首Surg。 4月2003日; 11(2): 103-6。

患者の若いより60年の首の放射線療法の後のischemic打撃の高められた危険。

目的: 頭部のためにおよび首tumors.PATIENTSおよび方法照射される患者のischemic打撃の危険を推定するため: ischemic打撃の発生は年齢の若いより60年のローカル放射線療法(RT)と扱われた頭部および首の腫瘍(162喉頭の癌腫、114の多形性のアデノーマおよび91耳下の癌腫)を持つ367人の患者で定められた。 ischemic打撃の相対的な危険(RR)は性および年齢ができるように調節された打撃発生記録からの人口率と比べて断固としただった。 打撃(高血圧、の高脂血症、糖尿病[DM煙ること])のための他の危険率は登録されていた。 RTが7.7年(フォローアップの3,011人年)だった中央のフォローアップの時間後。 結果: 打撃の14の場合は起こった(期待される、2.5; RR、5.6; 95%の信頼区間[CI]、3.1への 9.4): laryngeal癌腫の患者の8 (、1.56期待される; RR、5.1; 95% CI、2.2への 10.1)、多形性のアデノーマの患者の4 (、0.71期待される; RR、5.7; 95% CI、1.5への 14.5)および耳下の癌腫の患者の2 (、0.24期待される; RR、8.5、95% CI、1.0への 30.6)。 耳下の腫瘍のために照射された患者の6回の打撃の5つはipsilateral側面で行われた。 cerebrovascular病気のための他の危険率の分析によりRTの後でRRの増加を引き起こすために高血圧およびDMを示した。 10年以上フォローアップが、RR 10.1だった後(95% CI、4.4から20.0)。 首のRTが12.0%だった後打撃の15年の累積危険(95% CI、6.5%から21.4%)。 結論: これは首のRTの後で打撃の高められた危険を示す最初の調査である。 医学のフォローアップの間にこれらの患者の打撃を減らすためにcerebrovascular病気のための危険率の影響を減らすように、予防策は取られるべきである。

J Clin Oncol。 1月2002日1日; 20(1): 282-8。

患者の冠動脈疾患の死亡率はHodgkinの病気のために扱った。

著者はHodgkinの病気のために扱われた4665人の患者の冠動脈疾患からのmediastinal照射、化学療法および死亡率の間で連合のフォローアップを行なった。 調査の主題は死までのHodgkinの病気の診断か調査の決算日後に続かれた。 フォローアップの平均持続時間は7年だった; 2415人の患者は死に、冠動脈疾患の124の場合は激しい心筋梗塞の68の場合を含む死亡証明書から、識別された。 冠動脈疾患の死の年齢調節された相対的な危険(RR)後mediastinal照射および化学療法が1.87 (95%の信頼区間[CI]、0.92から3.80)および1.28 (CI、0.77から2.15)、それぞれだった後。 下位範疇の心筋梗塞の死のかなり高められた危険はmediastinal照射(RR、2.56の後で観察された; CI 1.11への 5.93) しかしない化学療法(RR、0.97の後で; CI、0.53への 1.77)。 これらの結果は縦隔への放射線療法が冠動脈疾患の危険性を高めること仮説を支える。

蟹座。 3月1992日1日; 69(5): 1241-7。

長期複雑化は胸保存の外科および放射線療法と関連付けた。

背景: 放射線療法と胸保存の外科は早段階の乳癌のための管理基準になった; 私達は長期複雑化を評価した。 方法: 私達は少なくとも1年間1990年1月と1992年(標準的な放射の適量が使用された)フォローアップの時代12月間の外科そして放射線療法と扱われた患者を選んだ。 患者は処置関連の複雑化のために将来監視された。 中央のフォローアップの時間は89か月だった。 結果: 合計294人の患者は選択基準を満たした。 等級2かより高く遅い複雑化は29人の患者で識別され、13人の患者の含まれていた腕の浮腫、12の胸の皮の線維症は、4の動き、2の肺炎、2のニューロパシー、1の脂肪質の壊死の範囲を減らし、1.の腕の浮腫の肋骨のひびは単独でlumpectomyの後でより腋窩ノード解剖とlumpectomyの後で共通だった。 腕の浮腫はリンパ節の照射と外科を経たおよび10%起こった患者の18%にだれが節irradiation.CONCLUSIONSなしで外科を経たか: 放射線療法と胸保存の外科は等級2か患者の9.9%だけのより高い複雑化と関連付けられた。 これらの複雑化の半分はより低い合併症を起こす確率を歩哨のリンパ節のバイオプシーと達成することができること腋窩の解剖、それに帰することができた望まれる。 胸保存の外科および放射線療法は等級2か患者の9.9%だけのより大きい複雑化と関連付けられる。 これらの複雑化のほぼ半分は腋窩の解剖に帰することができる。

アンSurg Oncol。 7月2002日; 9(6): 543-9。

乳癌の処置に続くlymphoedemaの危険。

lymphoedemaの発生は操作可能な乳癌のためのいろいろな処置に続いている200人の患者で調査された。 Lymphoedemaは2つの方法で査定された: (観測者の印象と患者)主観的、(物理的な測定)目的。 側面epicondyleの上の腕の容積の測定15 cmは作動させ、正常な腕の相違を査定する正確な方法だった。 腕の円周の測定は不正確だった。 主観的なlymphoedemaは客観的なlymphoedema (肢の容積すばらしいより200のmlの相違)が25.5%にあった一方14%のセントにあった。 主観的で遅いlymphoedemaの開発の方に貢献する独立した危険率は腋窩の外科(Pより少しより0.05)の範囲、腋窩の放射線療法(Pより少しより0.001)および病理学の節の状態(Pより少しより0.10)だった。 遅いlymphoedemaを開発する危険は胸に胸に、放射のmenopausal状態、利き手、早いlymphoedema、外科およびradiotherapeutic複雑化、総線量、提示以来の時間間隔、薬療法、外科、放射線療法老化するために無関係および腫瘍Tの段階だった。 主観的で遅いlymphoedemaの発生は放射線療法(9.1%)と単独で腋窩の放射線療法の見本抽出だけ(8.3%)、腋窩のおよび腋窩の整理の後で類似していた(7.4%)。 放射線療法と腋窩の整理がかなり大きかった後発生(38.3%、Pより少しより0.001)。 腋窩の放射線療法は総腋窩の整理があった患者に避けるべきである。

Br J Surg。 7月1986日; 73(7): 580-4。

放射線誘発の冠動脈疾患。

放射線誘発の心臓病は前のmediastinal照射があった心臓symptomatologyを持つあらゆる患者で考慮されなければならない。 放射は心膜、心筋層、弁および伝導システムを含む中心のすべての構造に、影響を与えることができる。 これらの病理学に加えて、mediastinal放射線療法に続く冠動脈疾患はによりinterventional cardiologicalまたは外科介在を要求する心臓緊急事態を引き起こすかもしれないので実際の心臓病理学である。 36歳の人が1月の持続期間の不安定な狭心症の医院に是認されたAを包装しなさい。 患者は冠動脈疾患の危険率がなかった。 患者の歴史は彼は年齢の10年でHodgkinの病気によるmediastinal放射線療法があったことを明らかにした。 冠状動脈記録法は左の前方の下向き動脈の総閉塞および近位右の冠状動脈の70%の狭窄症を示した。 動脈は両方とも2つのステントの配置と膨張する。 最初の年の終わりに制御冠状動脈記録法は両方のステントおよび患者のpatencyが徴候がないことを示した。 縦隔への前の放射線療法は早期の冠動脈疾患の開発のための危険率として考慮されるべきである。 ステントの配置を用いるPercutaneous transluminal冠状血管形成か外科revascularizationは処置の好まれる方法である。 内部胸部動脈の術前の査定は外科前に考慮されるべきである。 放射線療法が現在いくつかのmediastinal敵意のための標準的な処置であるので、これらの患者の定期的な審査および放射線療法の間の最適の心臓防止は放射線誘発の心臓病の発生を最小にする唯一の方法である。

Z Kardiol。 8月2003日; 92(8): 682-5。

胸の癌腫のための腋窩のリンパ節の解剖の複雑化: 忍耐強い調査に基づくレポート。

背景: 腋窩のリンパ節の解剖は胸の癌腫の第一次管理の一部として一般に行われる。 しかしその価値入院患者管理は最近質問されてしまった。 少数の調査はこと文書の長期複雑化ある。 方法: 外科が識別された2-5年後再発がなかった段階IまたはIIを持つ400人の32人の患者胸の癌腫。 横断面の調査は患者によって感知されるように長期徴候および複雑化の流行を定めるために行なわれ複雑化を予測するかもしれない患者および処置の要因は断固としただった。 432の300 30は(76%)郵送された、自己管理されたアンケートを完了した。 さらに、330人の患者の医療記録は見直された。 患者および処置の要因は記号論理学退化と分析された。 結果: しびれは調査の時に患者の35%によって報告された。 苦痛は15%の30%、腕の膨張、および8%の腕の動きの限定で注意された。 8%胸の癌腫の診断以来の伝染または発火のエピソードをある時点で報告した。 徴候の大半は毎日の活動と穏やか、最小限に干渉されて。 より若い年齢(P=0.001)は苦痛のより頻繁な報告と関連付けられた。 しびれはより若い患者(P=0.004)で、また煙ることの歴史とのそれらで共通だった(P=0.012)。 アジェバントtamoxifen療法(P=0.016)の腕の動きの限定の肯定的な連合があった。 腕の膨張はより若い年齢(P=0.004)およびより大きいボディ表面積両方(P=0.008)と関連付けられた。 放射線療法は腕や胸(P=0.001)の伝染または発火のより高い頻度と関連付けられた。 結論: 穏やかな徴候、特に苦痛およびしびれは、腋窩のリンパ節の解剖の後の共通の2-5年である。 腋窩のリンパ節の解剖が前に認められるより大きいかもしれなかった後胸か胸壁に放射と扱われる患者の発火または伝染の頻度。 毎日の活動の主な影響がある徴候か厳しい複雑化は珍しい。 これらの調査結果は胸の癌腫の医療サービス提供者そして彼らの患者が腋窩のリンパ節の解剖の賛否両論の重量を量るのを助けるべきである。

蟹座。 10月1998日1日; 83(7): 1362-8。

癌指示された外科の1か月以内の死は癌に帰因するか。

背景: 蟹座の死亡率は癌からの死癌治療からのまた死をだけでなく、含むべきである。 慣例では、30日の外科的処置以内の死はある死亡率こと職工の計算、外科がもとで死ぬことのチャンスの処置関連の死として考慮される。 死因が癌指示された外科の1か月以内に死ぬ患者でいかに帰因するか未知である。 方法: 国立癌研究所の監視、疫学および最終結果(先見者)プログラム データ1994診断の1か月以内に死に、また癌指示された外科を受け取った19の共通の固体腫瘍の1つと診断された患者の死因を検査するのにから1998がから使用された。 私達は帰因しなかった癌特定の死亡率の実際より少ない数の癌そして大きさへの死の割合を定めた。 結果: 診断の1か月以内に死に、外科を癌指示した1つの癌だけを持つ4,135人の患者の間で、帰因しなかったコードされた癌への死の割合は41% (1,714/4,135)であり、13% (子宮頸癌・のための1/8)からlaryngeal癌のための81% (13/16)への及ぶ。 指定中間価値は食道癌のための25% (14/56)、肺癌のための34% (177/525)、大腸癌のための42% (719/1695)、乳癌のための59% (110/186)、および前立腺癌のための75% (80/106)が含まれている。 特定の主要なプロシージャ(例えば、のpneumonectomy、colectomy esophagectomy)に従がって死への分析を制限することは調査結果に対する僅かな影響をもたらした。 癌指示された外科の1か月以内のすべての死が癌に帰因したら、癌の死亡率は約1%上がる。 結論: 外科に通常帰因するある死は外科が行われた癌に帰因させていない。 全面的な癌の死亡率に対するこの誤った分類の推定効果は適度であるが癌と患者の処置関連の死をコードする、方法についてのより広まった混乱を表すかもしれない。

Jの国民の蟹座Inst。 7月2002日17日; 94(14): 1066-70。