生命延長血液検査の極度の販売

概要

生命延長雑誌2011年4月
概要

Lenalidomide

機能規定するT細胞は老化させたホストで集まり、慢性の感染症再活動化を促進する。

免疫機能の低下は年配者でよく記述され、この人口の病気の重荷にかなり貢献すると考慮される。 規定するT細胞(T (regs))、通常高いCD25表現によって特徴付けられるCD4 (+) T細胞のサブセットは齧歯動物および人間の両方免疫反応の強度を制御する。 但し、CD25表現が老化させたホストのすべてのT (regs)を、特に定義しないので、私達はFOXP3の表現、T (reg)の微分のために重大なトランスクリプション要因および機能によってT (regs)を特徴付けた。 FOXP3 (+) CD4 (+) T (regs)の割合は老化させたマウスの年配者そしてリンパ性ティッシュの血で増加した。 機能マーカーの表現は、CTLA-4およびGITRのようなFOXP3 (+) T (regs)で分析されたティッシュによって老化させたホストから、維持されるか、または高められた。 年配の人間からの周辺T (regs)の生体外の枯渇はほとんどの主題の作動体のT細胞の応答を改善する。 重要なのは、マウス ノックの古いFoxP3-GFPからのT (regs)は抑制であり、若いT (regs)より細胞1個あたりの抑制の高レベルを表わす。 老化させたマウスのT (regs)の高められた割合は本当らしい古いマウスの慢性のLeishmaniaの専攻学生の伝染の自発の再活動化と古いT (regs)が作動体のT細胞によって効率的にIFNガンマの生産を抑制したので関連付けられた。 最後に、古いマウスのT (regs)の生体内の枯渇は病気の厳格を減少させた。 従って老化させたホストの機能T (regs)の蓄積は老化に起こる慢性の伝染の頻繁な再活動化の重要な役割を担うことができる。 T (reg)の数や活動の処理はこの壊れやすい人口の感染症の制御を高めるために想像されるかもしれない。

J Immunol。 8月2008日1日; 181(3): 1835-48

人間の周辺血CD4+ CD25highの規定するT細胞の数は年齢と増加する。

老化は免疫の不足およびdysregulationの証拠と関連付けられる。 老化の免疫組織のキー チェンジはoligoclonalの記憶T細胞のthymic複雑複雑そして周辺拡張と関連付けられる純真なT細胞の出力の進歩的な減少を含んでいる。 これらの特徴は免疫の老衰と名づけられる損なわれた免疫の敏感さの証拠と生体外でそして生体内で関連付けられる。 CD4+ CD25+のT細胞は周辺免疫の規則の仲介人として最近確認され、自己免疫および病原体特定の免疫反応の制御の役割を担う。 immunosenescenceという点においてCD4+ CD25+の規定するT細胞の重大さは知られない。 私達は広い年齢幅上の健康なボランティアのCD4+ CD25+のT細胞の数、表現型および機能を調査した。 私達は健康なボランティアのCD4+ CD25+およびCD4+ CD25highのT細胞の数が年齢と増加することを示す。 両方の年齢別グループCD4+ CD25+でT細胞は規定するT細胞のために記述されているそれに一貫した表現型を示した。 若く、年配の提供者のCD4+ CD25highのT細胞の更なる分析は細胞内CTLA-4の同等の表現および活発化のマーカーの表面の表現を示した。 CD4+ CD25highのT細胞の生体外の、機能滴定の試金はpolyclonal T細胞の刺激に応じて拡散およびcytokineの生産の抑制の若く、年配の提供者の同等の規定する機能を、示した。 これらの観察は老化と関連付けられる周辺血CD4+ CD25highの規定するT細胞の増加を示す。 年配者で見られる免疫の老衰に関連するこれらの拡大された細胞の関連性は未だ明白でなく残る。

Clin Exp. Immunol。 6月2005日; 140(3): 540-6

純真なCD8 (+) T細胞の循環の不足は老化の免疫不全で新しい洞察力を提供する。

臨床観察は高齢者が新しい病原体が引き起こす厳しくことを、頻繁に致命的な感染症に傾向がある示す。 第一次免疫反応を取付ける機能が純真なT細胞の供給に頼るので、循環の純真なT細胞の貯蔵所は人命のスパン中評価された。 純真なT細胞は表現型および機能特徴のためのCD95 (-) Tのリンパ球として識別された。 実際に、CD95マーカーの欠乏は前に特徴付けられたCD45RA (+) CD62Lの(+) T細胞との同時発生によって定義されるように純真なT細胞の人口を、識別して十分である。 純真なCD95 (-) T細胞は、予想通り、最上に反CD3刺激の後で増殖するcostimulatory信号を、CD28のような、要求する。 18から105年まで年齢で及ぶ120人の健常者からのTのリンパ球の循環のCytofluorimetricの分析は純真なT細胞が年齢とはっきりと減ったことを明らかにした。 より若い主題は825個+/- 48個の細胞/microLの純真なTリンパ球の計算があり、百歳は177個+/- 28個の細胞/microLの純真なTリンパ球の計算があった。 意外にも、純真なT細胞の計算はあらゆる年齢でCD4 (+)サブセットのよりCD8でより低く(+)、最も古い個人は純真なCD8 (+) T細胞減った(13 +/- 4細胞/microL)の循環のほとんど完全に。 付随して、CD28 (-) T細胞の進歩的な拡張は代償的なメカニズムとして解釈することができる年齢と起こる。 これらのデータは年齢関連のT細胞仲介された免疫不全に新しい洞察力を提供し、高度の老化とHIVウイルス(HIV)の伝染間のT細胞の原動力のある類似を明らかにする。 結論として、ずっと決して報告されていない純真なCD8 (+) T細胞の貯蔵所の枯渇はこのT細胞のプールが老化プロセスの主要なターゲットで、多分人間の寿命と関連している変数を定義するかもしれないことを提案する。

血。 5月2000日1日; 95(9): 2860-8

老化の免疫学の調査。 減らされた生産のおよび老化させた人間からのリンパ球によるT細胞の成長因子への応答。

年配からの人間のリンパ球はphytohemagglutinin (PHA)と若い提供者培養され、または古い提供者からのconcanavalin A. Culturesはより少ないT細胞の成長因子(TCGF)を作り出したおよびより少ないtritiatedチミジン(3H-Tdr組み込まれて)より若い提供者からの同じような文化がどちらかのmitogenの前で。 なお、年配の提供者からのTCGFへのリンパ球の応答は損なわれた。 従って、老化させた提供者からのPHA活動化させたT細胞は外因性の人間TCGFと孵化させたとき増加にtritiatedチミジンの結合を示さなかった。 それに対して、より若い個人からのPHA活動化させた周辺血の白血球への外因性の人間TCGFの付加は30-50% tritiatedチミジンの結合を高めた。 TCGFへの損なわれた応答は古い提供者からのPHA活動化させた細胞によってTCGFの減らされた結合と関連付けられた。 TCGFの生産か敏感さは年配のT細胞の準備の「サプレッサー」の活動の存在と関連付けられなかった。 これらの調査は年配の人間のT細胞の損なわれたproliferative応答のための可能な分子メカニズムを提案する。 これらのデータはTCGFに農産物への容量の欠陥によってがまたは免疫の不足の基本的な原因であるかもしれない答える仮説にサポートを貸す。

J Clinは投資する。 4月1981日; 67(4): 937-42

CD4 T細胞のホメオスタティスそして年齢準の欠陥。

純真なCD4 T細胞の存続そしてhomeostatic分割は細胞によって調整され、純真なCD4 T細胞の人口が老齢期に主張することを非細胞環境はおよび一緒にこれらのプロセス保障する。 但し、老化させた動物からの純真なCD4 T細胞は減らされたIL-2生産、拡散、助手機能および作動体の生成およびメモリ機能示す。 私達は純真なCD4 T細胞の年齢関連の欠陥が来るまたはホメオスタティスおよび長い寿命によって引き起こされる本質的な欠陥が原因である老化させた環境がかどうかここに探検する。

Semin Immunol。 10月2005日; 17(5): 370-7

CD4 (+) T細胞の有効な免疫のシナプスの形成の年齢準の低下はビタミンEの補足によって逆転する。

老化は減らされたIL-2生産およびT細胞拡散と関連付けられる。 ビタミンEの補足は、老化させた動物および人間で純真なT細胞によって、細胞分裂およびIL-2生産を高める。 免疫のシナプスはT細胞とAPC間の接触の場所で形作り、T細胞の活発化に加わる。 私達はビタミンEが免疫のシナプスにシグナリング蛋白質の再分配に影響を与えるかどうか評価した。 若く、古いマウスの脾臓からの浄化されたCD4 (+) T細胞は、反CD3代用APCの表現を用いる刺激の前のビタミンEと、扱われた。 共焦点の蛍光顕微鏡検査を使用して、私達は古いマウスからのCD4 (+) T細胞が若いマウスからの細胞より免疫のシナプスにシグナリング蛋白質を募集してかなりまずなかったことを観察した。 ビタミンEは有効な免疫のシナプスを形作ることができる古いCD4 (+) T細胞のパーセントを増加した。 同じような結果はビタミンEとの生体内の補足の後で見つけられた。 メモリ セルと比較すると、老化させたマウスからの純真なT細胞は免疫のシナプスの形成でより不完全で、ビタミンEの補足により敏感だった。 これらのデータはビタミンEがかなり純真なCD4 (+) T細胞の年齢関連の早いT細胞シグナリングでき事を改善すること、はじめて示す。

J Immunol。 2月2007日1日; 178(3): 1443-9

老化の免疫組織: 再度若くなるそれは余りに古いか。

老化は伝染への感受性を高め、生活環境基準を減らすことができる免疫組織の機能の低下と一緒に伴われる。 従って老化の免疫組織を活性化させる機能は年配の個人のために有利で、社会のためのヘルスケアの費用を減らす。 しかし再度若くなる免疫組織は余りに古いか。 私達はさまざまなアプローチの約束を急速に成長の老齢人口の免疫組織の機能を活性化させるここに見直す。

Immunol Nat. Rev。 1月2009日; 9(1): 57-62

大食細胞による減らされたTNFアルファの統合は老化の間に記憶CD4+ T細胞によって皮膚のimmunosurveillanceを制限する。

免除は老化の間にこの低下にかかわるメカニズムが知られていないどんなに、低下する。 この調査では、私達は皮膚の遅らせられたタイプ リコールの抗原へのhypersensitivity (DTH)の応答がより古い個人でかなり減ることを示す。 但し、これはCCのchemokineの受容器4、皮膚リンパ球準の抗原、またはCD4 (+) T細胞によってCD11aの表現または移動のための体力と関連していない。 その代り、大食細胞によって減らされたTNFアルファの分泌からの結果そのより古い主題の皮膚血管の不完全な活発化がある。 これは皮に記憶T細胞の記入項目を後抗原の挑戦防いだ。 但し通行料そっくりの受容器(TLR)を搭載する刺激の後でTNFアルファを1/2または生体外のTLR 4の配位子分泌するために、これらの主題からの隔離された皮膚の大食細胞は欠陥がリバーシブルであることを示す引き起こすことができ。 従って大食細胞得られたcytokinesによるティッシュの小生息区の減らされた状態は記憶T細胞によって不完全なimmunosurveillanceに導くかもしれない。 これは老化の間に敵意の開発および皮の伝染のためのし向ける要因であるかもしれない。

J Exp. Med。 8月2009日31日; 206(9): 1929-40年。

Immunosenescenceおよび癌。

年齢は多くの癌のための主要な危険率である。 これが通常細胞生物学という点において見られるが、私達は免除への年齢準の変更がまたほとんどの癌の増加する年齢準の発生に貢献するかもしれないことをここで論争する。 これは癌がimmunogenic (少なくとも最初に)である、および免疫組織はtumourigenesisからでき、保護するのである。 但し、免疫の能力は年齢、癌に対する減らされたimmunosurveillanceがまた年配者の高められた病気に貢献できることを意味する現象の緩く名づけられた「immunosenescenceと」減りがちである。 この検討はこの可能性に対する賛否の証拠の一部の重量を量る。

Oncol Hematol CritのRev。 8月2010日; 75(2): 165-72

immunosenescenceのメカニズム。

2009年4月7,8日にシンポジウムは「成功したのPathophysiology資格を与え、不成功な老化」はパレルモ、イタリアで起こった。 ここでは、G. Pawelec、D. Dunn-Waltersの講議。 TおよびBのimmunosenescenceのG. Colonnaロマノは要約される。 年配者では、生得のおよび後天的免疫性の多くの変化は記述されていた。 高齢者の免疫組織への変化は汎用の言葉のimmunosenescenceの使用をもたらす免除の悪化として一般に見られる。 実際に、多くの免疫学変数は頻繁に若者達、年配者の生得のおよび後天的免疫性の保たれた機能が健康状態に関連することを一部は、大抵、証拠と比較される年配者で著しく異なって提案する状況的な。 調査から明確ではない何が頻繁にどの位まで免疫の機能障害が原因または効果であるかである。 証明された有害な変更に責任があるimmunosenescenceおよびメカニズムのよりよい理解は必要より遅い生命の健康な状態を維持し、可能な治療上の介在を設計するためにである。

Immunの老化。 7月2009日22日; 6:10

老化することおよび免疫組織。

老化の間の免疫組織の変化は簡単な免疫の不足よりもむしろ改造するか、または変えられた規則の複雑、pleiotropic、暗示的、である。 年齢の劇的な変化はT細胞コンパートメント、年配者の伝染そして癌の高められた発生そして厳格に一貫した病原体および腫瘍から保護する免疫組織の腕の内で行われる。 実際に、死体解剖の調査は非常に古いのの主要な死因として伝染を確認する。 炎症性仲介人の増加された血清のレベルは潜在性のneoplastic病気または伝染の規定する欠陥か進行中の攻撃の暗示的な老化のもう一つの認刻極印である。 腸粘膜の免疫コンパートメントによって分泌するそれらを含む抗体の生産の質的変化は、外国の抗原への、また予防するワクチンへの応答に影響を与える。 生得の免除、抗原特定のTおよびb細胞に応答先行する最初の防衛線はまた、年齢の変更を経る。 老化と関連付けられる免疫の効果の一部は細胞膜および蛋白質分解細胞機械類の粘着性の変化のような全面的なorganismic変更に二次、である。 免疫組織の変更がある主要な年齢関連の病理学に、アテローム性動脈硬化およびアルツハイマー病のようなかかわるかもしれないことを提案する証拠は論議される。

NovartisはSympを見つけた。 2001;235:130-9