生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長雑誌

生命延長雑誌の極度の販売2010/2011
レポート

改善された夜間視界のための最先端の果実のエキス

Kirk Stokel著

個人的な安全の点では、車の車輪の後ろで得ることは危険な努力である場合もある。 しかし夜に車を運転することはより危険である。

ほとんど 米国のすべての致命的な自動車事故の半分は夜に 行われる。1つの すべての航空不運の ほぼ 半分は また 夜にすべての飛行の7% だけが 夜間飛行であるのに、起こる。2

理由は簡単である。 人間は不完全につけられた条件でよく見る容量を展開させなかった。 私達が老化すると同時に、私達の夜間視界の能力は落ちる。

例えば、落下は事故死の70%を占める高齢者達の深刻な傷害の第1原因である。3 暗闇は頻繁に被告人である。

幸いにも、最先端の研究者はだけでなく、改良する識別したり視野しかし暗闇で見るのを助ける あなたの 目の分子を再生する力がある栄養素を。

シアニジン3グルコシドかC3Gと呼ばれるこの 次世代の 栄養素はヨーロッパに原産ある特定の果実の高い濃度にある。

C3Gを含んでいる集中された果実のエキスの効果の臨床調査 では ちょうど50にmgを取っている老化の個人の グループは ちょうど30分後に暗闇で見る彼らの機能の改善を経験した!4

この記事では、この新しい植物ベースの栄養素が視力を高め、あなたが薄暗ライト状態で見る必要がある構造を養う多数の方法でいかに機能するか学ぶ。 国際的な調査チームが最近夜に視力を改善するC3Gのpharmacologic力をいかに確立したかまた調べる。

進歩の発見: 視野の再生

進歩の発見: 視野の再生

私達が老化すると同時に、暗闇で見る私達の機能は損なわれる。 理由は私達の目の混合物が(私達の 網膜 のライトを吸収する) rhodopsin劇的にそのうちに低下する呼んだ こと である。

老化はrhodopsinの機能の 減少と暗い視野の進歩的な損失に終って、再生する直接関連付けられる。5

研究者はシアニジン3グルコシドを言う短い方法である夜間視界呼ばれたC3Gを低下させる 問題 に新しい解決を発見した

C3Gはフラボノイドの分子のアントシアニン系列の紫色の顔料である。 それはブラックベリーおよびクロ スグリのような暗いフルーツの高い濃度にある。6,7 ほとんどのフラボノイドのよう、それは強力な酸化防止剤8絶えず流れる電子および光子が有害な遊離基のサージを作り出す網膜の高エネルギー環境の重大な保護要因である。9

C3Gはフラボノイドの分子のアントシアニン系列の紫色の顔料である。 それはブラックベリーおよびクロ スグリのような暗い フルーツの 高い濃度にある。

C3Gおよび目の科学的な調査

2003年には早くも、日本の研究者はC3Gが動物の網膜の細胞 rhodopsinの 再生を刺激したことを発見した。10は 2009年に2枚の陸標のペーパーとこれらの調査結果伸びた。 C3Gが暗闇のおよびライト合わせられた 状態 両方のrhodopsinに直接結合することを最初に示されている。11

第2調査はC3Gの結合がrhodopsinの分子構造の有利な変更を作成することを示した。rhodopsinが ライトを 吸収する あなたの網膜の複合体であることを12覚えなさい。

網膜ように知られている顔料のための結合場所の開発 によって C3Gはrhodopsinの再生を促進する。 それはそう夜間視界を高める潜在性のための視野の科学者に刺激するC3Gを作るrhodopsinのその急速な再生である。

健康なボランティアのグループを含む支える調査はC3Gを含んでいる30 分後に 暗闇でよりよく見るために果実のエキスの濃縮物のちょうど50 mgが個人を老化させることを助けたことが分った。4

C3Gが他のティッシュにいかにの寄与するか科学的な調査

C3Gが他のティッシュにいかにの寄与するか科学的な調査

興味深いことに、非常にbioavailableであるC3Gはボディの他の機能を高める。13-15 有効な酸化防止特性はDNAの損傷からティッシュ、頻繁に第一歩そしてティッシュの癌の形成の老化を保護する。16,17

C3Gはperoxynitrite誘発のendothelial機能障害および管の 失敗から endothelial細胞を保護する。さらに 18、C3Gによっては管の発火を減らす誘引可能な一酸化窒素のシンターゼ(iNOS)の禁止によって発火が戦う。 助けが正常な管機能を維持するendothelial一酸化窒素のシンターゼ(eNOS)の19の同時にC3Gのupregulatesの活動。20は 血管に対するこれらの効果敏感な神経細胞が生活維持のための単一の眼動脈によって決まる網膜で特に重要である。

動物モデルでは、C3Gは肥満を防ぎ、血糖の高度を改善する。21は 有利な脂肪質関連のcytokineのadiponectinの遺伝子発現を高めることによってそれがこれをする1つの方法行う。私達が よく知っていると同時に22、糖尿病患者は高い血糖レベルからの盲目を含む厳しい目問題にし向けられる。

C3Gはいくつかの人間癌ライン、癌防止の重要なステップのapoptosis (プログラムされた細胞死)を引き起こすのを助ける。23,24 同じように(しかし別のメカニズムによって)、C3Gはもっと密接に正常なティッシュに類似しているために区別するように急速に増殖の人間の癌細胞を刺激する。25

最後に、早い2010年に、発見され、C3Gがneuroprotectiveであることが脳細胞に対するベータAlzheimer's関連の蛋白質のアミロイドの 悲惨な効果を 防ぐのを助ける。26

C3Gはボディ中の多数ターゲットで視野を保護するために機能する。 最高の目の保護を達成するためには、C3Gは多くの年齢関連の脅威からの視野への目を守る他の栄養素と協力して働く。

Maculaの保護

中年までの上で、私達の網膜は強い日光からの厳しい損傷の猛攻撃から保護される。 私達はカロチノイドのキサントフィルと呼ばれる植物得られた分子のグループに私達の若々しい網膜の自然光の保護を負う。 網膜は2つのルテインおよびゼアキサンチンが、支配する3 種類カロチノイドを含んでいる27

(ルテインから 若い 目で形作られる)の付加によってmesoゼアキサンチン、これらのカロチノイドはmaculaで「黄色点を」説明する。28,29

Maculaの保護

従ってmaculaはほとんどのライトが落ちるで、光誘導損傷に最も傷つきやすい網膜の部品。29 それはカロチノイドがmaculaに集中していること同時発生ではない: 黄色い顔料はそれらが熱心に網膜の細胞に最も有害の青いライトを吸収するようにする分子構造の機能である。これらの 顔料にまた強力な酸化防止特性が、それらを急速にある助ける30,31は光子の顕著な網膜のティッシュによって作り出される酸素の遊離基を癒やす。29,32

しかし黄斑の顔料は網膜を粗い放射からますます保護されていない去る年齢と低下する。 顔料が低下を水平にするので実際、年齢関連の黄斑の退化の 発生は 増加する。

黄斑の退化は年配者の盲目の一流の原因である。 視野の中心の視野を破壊するので31、黄斑の退化に高齢者にとても破壊的である成長する分離に貢献する表面を確認し、運転し、読む機能の途方もない影響がある。33

悲しげに、米国のカロチノイドの顔料の平均取入口は眼疾患からの保護をできるために知られているレベルの下にある。34 これらの栄養素の食餌療法の不足が黄斑の退化および激流のような眼疾患に貢献する有力な証拠がある。幸いにも 35,36、補足が保護を提供するという均等に明白な証拠がある。36 見てみよう。

ルテインおよびゼアキサンチンのより高い食餌療法取入口が年齢関連の黄斑の退化の減らされた可能性と関連付けられたことが幾年もの間知られていた。37 もっと最近、カロチノイドのより高い血レベルは激流を同様に防ぐことと関連付けられると見つけられた。38,39 しかしこれらの顔料で豊富な全面的な健康のために果物と野菜の取入口を間有利単に高めることは、網膜のカロチノイドの集中に影響を与えなかった。40 それをするために、補足は要求される。

Maculaの保護
見るためにここにかちりと鳴らしなさい

大きい ルテインの酸化防止補足の試験は (最後の)年齢関連の黄斑の退化を用いる人々の黄斑の顔料の密度に対する補足の効果を定めるように設計されていた。41の 主題は単独で 10 mgの ルテインを受け取った; ビタミン、鉱物および酸化防止剤が付いているルテイン; または偽薬。 黄斑の顔料の密度は両方の補われたグループで増加し、偽薬の受け手でかなり低下した。 最もきわめて、この調査は補足からの最も大きい利点得られた最も低い顔料密度のその人々を(従って補足の最も大きい必要性で)確立し。 著者は黄斑の顔料の 光学濃度の不足が正確に診断されれば結論を出したそれを「、有効な介在この予防する障壁を再建べきである」。41

イタリアの眼科医による調査は追加手順に私達の知識を進めた。早い 年齢関連の黄斑の退化を用いる42人の調査の人々、それらはルテイン10 mg、ゼアキサンチン1 mg、および酸化防止ビタミンおよび鉱物と共にアスタキサンチン4 mg との補足の後で 主題の 網膜のライト への 電気応答の 驚くべき増加を、示した。 これは補足が網膜機能を改善することを示す 最初の調査だった。

Maculaの保護

多数他の調査はこれらの結果で確認し、詳しく説明した。 docosahexaenoic酸(魚油からのDHA)を伴うルテインは網膜中顔料密度の増加を均等に提供した。43は ルテイン ゼアキサンチンおよびmesoゼアキサンチンとの補足のちょうど2週後に示された2010試験網膜の重大な中央部分の黄斑の色素形成を、特に 高めた。44は ゼアキサンチンとルテインの組合せ網膜の中央および周辺区域の顔料の最もよい適用範囲を提供する。ルテイン 、ゼアキサンチンおよびクロ スグリのエキスとの45補足はまた視覚疲労の徴候、前進年齢の共通の問題を減らすために示されていた。46

激流は高齢者の視野の損失のもう一つの一流の原因であり、私達が今知っている1つは補足と予防可能かもしれない。 ルテインおよびゼアキサンチンのより高い取入口を持つ人々は激流のための減らされた危険にある。39,47,48の 実験室調査はルテインが正常な、糖尿病性の目の激流に貢献する変更を禁じることを示した。49,50 最終的に、ルテインは年齢関連の激流と人々の改善された視覚機能を補う。51

Mesoゼアキサンチンおよびアスタキサンチンの独特なメカニズム

ルテインおよびゼアキサンチンが網膜の主要なキサントフィルの間、ルテインはまた網膜の mesoゼアキサンチン 自体に変形する。31 Mesoゼアキサンチンはこの貴重な栄養素のためのエビの貝そして魚の皮堅の魅力的な源のような少数の食糧にだけ、ある。幸いにも 27、mesoゼアキサンチンは口頭補足に続く血に容易に吸収され補足として使用されたとき黄斑の顔料密度の改善にかなり貢献する。

ライトはだけでなく、保護顔料の網膜を減らす、また強力なオキシダントを重点を置く網膜およびレンズ両方の炎症性応答のその結果に引き起こす。 別のキサントフィル、赤い顔料の アスタキサンチンはこれらの 脅威に対して、広範囲の保護を提供する。52,53 実際、ルテインを伴うアスタキサンチンおよびゼアキサンチンは紫外線の損傷から人間のレンズ手入れ紙をビタミンEよりよく保護した。54

激流は高齢者 視野の損失のもう一つの一流の原因であり、私達が今知っている1つは補足と予防可能 かもしれない。

網膜の炎症性変更は目内の小さい血管の健康の影響によって長期網膜の損傷に、大抵貢献する。 アスタキサンチンは次のメカニズムによって目の発火を減らす:

  • 親炎症性信号の誘引可能な一酸化窒素のシンターゼ(iNOS)、プロスタグランジンE2、およびTNFアルファを抑制する。55
  • Downregulates発火への細胞応答を制御する核要因kappaBによって制御される重大なシグナリング細道。56
  • 反応窒素種によって同様に引き起こされる損傷からDNAを保護する。57

アスタキサンチンの炎症抑制の効果はまたいわゆるから高度の病気で見られる新しい血管の形成の減少によって網膜のティッシュを「ぬらした」年齢関連の黄斑の退化を保護する。58 最終的に、アスタキサンチンは緑内障を特徴付ける目内の高められた圧力、年配者の盲目の別の悲劇的な原因の結果死ぬことから網膜の細胞を保護する。59

概要

すべての自動車および航空不運 ほぼ半分は夜に行われる。 薄暗照明状態は落下の重要要因、高齢者の事故死の一流の原因である。 この恐しい死者数は人間が暗闇でよく見る容量を展開させなかったという事実から主に生じる。

研究者は最近シアニジン3グルコシドまたはC3Gのような果実のフラボノイドの混合物の 力の 視力を最大限に活用し、夜間視界を高める覆いを取ってしまった。 それは好意的に目顔料のrhodopsin —最大限に活用された夜間視界のための 第一次触媒の復帰を促進する分子プロセスに影響を与える。 (細部については次サイド・バーを見なさい。)

ルテイン、ゼアキサンチンおよびmesoゼアキサンチンの助けは軽い損傷から網膜およびレンズ手入れ紙を保護し、黄斑の退化および激流を防ぐのを助ける。 アスタキサンチンは黄斑の退化を悪化できる、また高い圧力に対して付加的な保護を提供する緑内障からの炎症性変更に対して。

これらの栄養素はボディ中の細胞に利点を提供する。

この記事の科学的なコンテンツの質問があったら、生命Extension®の健康の顧問をで呼びなさい
1-866-864-3027.

RhodopsinおよびC3Gの進歩: それがいかに働くか
Mesoゼアキサンチンおよびアスタキサンチンの独特なメカニズム

2003-ultimatelyの日本の研究者のチームが「検出した2009年にそれらがC3Gがいかに働くか詳しく輪郭を描けた最終的にときに、夜視野最初の行為のC3Gの最大限に活用するメカニズムは明るみに出た」。

正常な視覚条件の下で、私達は光子(軽い 粒子 )が目のレンズを通り、網膜で落ちるときライトを感知する。 目は受け取るために展開し、ライトを2つのタイプの網膜の構造を通してイメージに処理するために光受容体の棒および 円錐形を 、とりわけ 呼んだ。 円錐形は棒は 暗闇に 感度が高いが、軽い 感知する。

Rhodopsinは 夜間視界に責任がある蛋白質の複合体である。 それは暗敏感な棒によってとりわけ使用した。rhodopsin の分子は光子を吸収するとき60、網膜の分子 11 TRANS網膜)およびopsinの分子 裂ける。61は rhodopsinのこの分子故障あなたの頭脳の視覚処理の中心に信号を送る生化学的に電気反作用を始め、暗闇のイメージを作ることを許可する。62 網膜およびopsinそれから rhodopsin に組み変えなさい。

網膜およびopsinへのrhodopsinの分裂は事実上即時である 、および網膜最適のレベルにrhodopsinを再構成し、元通りにするためにopsinのための分の10をかかる場合がある。63

その間隔の間に、 暗闇で見るあなたの機能は あることの後で直接日光暗室に歩むと)何が起こるかについて損なわれる(考えなさい。 老化はrhodopsinの機能の減少と暗い視野の進歩的な損失に終って、再生する直接関連付けられる。5

C3Gは rhodopsin に網膜およびopsinの組み変えを加速し、夜間視界に責任がある大いにより速く作用することを再開することを棒が可能にする。 結果か。 夜に道で運転するか、またはぼんやりとつけられた一続きの階段行っているかどうか暗い条件で見るべき貴重な余分分。

デジタル カメラの進化はよい類似である。 以前のモデルは別の打撃を取ることができる前に記憶を新たになる長い時間を取った。 これは待っている間、いら立たし待たなければならなかった他の写真の機会を失う別の映像を撮るためにだった。 しかしプロセッサがより速くなったと同時に、デジタル カメラは多数映像に即刻均一なシュートの不足分のビデオを取ることができるポイントに進んだ。

C3Gは網膜で同様に機能する。 rhodopsinをより速くリサイクルすることによって、C3Gは目のための グラフィック・アクセラレーターのように働き、暗闇の網膜を通してより速く処理されるようにより多くの情報が する。 これは安全と災害間の違いを生じることができる薄暗ライト状態スナップショットの頭脳に大きい数の視覚「スナップショット」を送る。

参照

1. で利用できる: www.forbes.com/2009/01/21/car-accident-times-forbeslife-cx_he_0121driving.html。 2010年8月13日アクセスされる。

2. で利用できる: http://4vfr.com/?goto=view_article&section=articles&article_key=300。 2010年8月10日アクセスされる。

3. で利用できる: http://www.aafp.org/afp/20000401/2159.html。 2010年8月10日アクセスされる。

4. Nakaishi H、松本H、Tominaga S、健康な人間の暗順応そしてVDTの仕事誘発の一時的な屈折する変化に対するクロ スグリのanthocyanosideの取入口のHirayama M. Effects。 Alt MedのRev. 12月2000日; 5(6): 553-62。

5. ジャクソンGR、Owsley C、McGwin G Jr.の老化および暗順応。 視野Res。 11月1999日; 39(23): 3975-82。

6. Guerra MC、Galvano F、アフラトキシンB1-に対して、自然で自由根本的な清掃動物シアニジン3 Oベータglucopyranoside人間のhepatomaの細胞ライン(詳しいG2)および人間のcolonicの腺癌の細胞ライン(CaCo-2)のBonsi L、等およびochratoxinの誘発の細胞傷害。 Br J Nutr。 8月2005日; 94(2): 211-20。

7. Kapasakalidisのページ、RastallのRA、ゴードンMH。 処理されたクロ スグリ(スグリ属のnigrum L.)の残余からのポリフェノールの抽出。 J Agricの食糧Chem。 5月2006日31日; 54(11): 4016-21。

8. Amorini AM、Fazzina G、Lazzarino G、等シアニジン3 Oベータglucopyranosideの酸化防止特性の活動およびメカニズム。 自由なRadic Res。 12月2001日; 35(6): 953-66。

9. ウーJ、Seregard S、Algvere PV。 網膜の光化学損傷。 Surv Ophthalmol。 2006日9月10月; 51(5): 461-81。

10. 松本H、Nakamura Y、Tachibanaki S、Kawamura Sのrhodopsinの再生に対するシアニジンの3グリコシドのHirayama M. Stimulatoryの効果。 J Agricの食糧Chem。 6月2003日4日; 51(12): 3560-3。

11. Yanamala N、Tirupula KC、Balem FのKlein-Seetharaman J.のシアニジン3グルコシドとのrhodopsinのpH依存した相互作用。 1. 構造面。 Photochem Photobiol。 2009日3月4月; 85(2): 454-62。

12. Tirupula KC、Balem F、Yanamala NのKlein-Seetharaman J.のシアニジン3グルコシドとのrhodopsinのpH依存した相互作用。 2. 機能面。 Photochem Photobiol。 2009日3月4月; 85(2): 463-70。

13. Miyazawa T、那賀川町K、Kudo M、Muraishi Kのラットおよび人間へのSomeya K. Directの赤いフルーツのアントシアニン、シアニジン3グルコシドおよびシアニジン3,5 diglucosideの腸の吸収。 J Agricの食糧Chem。 3月1999日; 47(3): 1083-91。

14. Tsuda T、Horio F、Osawa T. Absorptionおよびラットのシアニジンの3 OベータDグルコシドの新陳代謝。 FEBS Lett。 4月1999日23日; 449 (2-3): 179-82。

15. 松本H、Inaba H、Kishi M、Tominaga S、Hirayama M、Tsuda T. Orallyによっての管理されるデルフィニジンの3 rutinosideおよびシアニジンの3 rutinosideはラットおよび人間で直接吸収され、血でそのままな形態として現われる。 J Agricの食糧Chem。 3月2001日; 49(3): 1546-51。

16. Acquaviva R、Russo A、DNAの開裂の保護装置および酸化防止剤として-グルコシド3 OベータD Galvano F、等シアニジンおよびシアニジン。 細胞Biol Toxicol。 8月2003日; 19(4): 243-52。

17. Riso P、Visioli F、Gardana C、等酸化防止生物学的利用能と異なったマーカーに対するブラッド オレンジ ジュースの取入口の効果は酸化圧力に関連していた。 J Agricの食糧Chem。 2月2005日23日; 53(4): 941-7。

18. Serraino I、Dugo L、Dugo P、等peroxynitrite誘発のendothelial機能障害に対するブラックベリーのエキスからのシアニジン3 Oグルコシドの保護効果および管の失敗。 生命Sci。 7月2003日18日; 73(9): 1097-114。

19. パーゴラC、Rossi A、Dugo P、Cuzzocrea S、ブラックベリーのエキスのアントシアニン一部分による一酸化窒素の生合成のSautebin L. Inhibition。 一酸化窒素。 8月2006日; 15(1): 30-9。

20. Xu JW、Ikeda KのYamori Y.のシアニジン3グルコシドはendothelial一酸化窒素のシンターゼのリン酸化を調整する。 FEBS Lett。 9月2004日10日; 574 (1-3): 176-80。

21. Tsuda T、Horio F、Uchida K、Aoki H、Osawa T. Dietaryのシアニジンの3 OベータDグルコシドが豊富な紫色のコーン色は肥満を防ぎ、マウスのhyperglycemiaを改善する。 J Nutr。 7月2003日; 133(7): 2125-30。

22. Tsuda T、Ueno Y、Aoki Hの等アントシアニンは隔離されたラットのadipocytesのadipocytokineの分泌そしてadipocyte特定の遺伝子発現を高める。 Biochem Biophys Res Commun。 3月2004日26日; 316(1): 149-57。

23. Fimognari C、Berti F、Nusse M、Cantelli-Forti G、2つの人間の白血病の細胞ラインのapoptosis、またシアニジン3 Oベータglucopyranosideによる人間のpromyelocytic細胞の微分のHrelia P. Induction。 Biochem Pharmacol。 6月2004日1日; 67(11): 2047-56年。

24. 陳PN、儲SCのChiouのHL、ChiangのCL、ヤンSF、Hsieh YS。 シアニジンの3グルコシドおよびpeonidinの3グルコシドは腫瘍の細胞の成長を禁じ、apoptosisを生体外で引き起こし、そして腫瘍の成長を生体内で抑制する。 Nutrの蟹座。 2005;53(2):232-43.

25. Serafino A、Sinibaldi-Vallebona P、シアニジン3 Oベータglucopyranosideによって引き起こされる人間のメラノーマの細胞のLazzarino Gの等微分。 FASEB J. 12月2004日; 18(15): 1940-2年。

26. Tarozzi A、Morroni F、Merlicco Aの等アミロイドのベータ(25-35)オリゴマー誘発の毒性に対するシアニジン3-O-glucopyranosideの神経保護効果。 Neurosci Lett。 4月2010日5日; 473(2): 72-6。

27. Thurnhamのディディミアム。 黄斑のzeaxanthinsおよびルテイン--食餌療法の源および生物学的利用能の検討および黄斑の顔料の光学濃度および年齢関連の黄斑の病気のある関係。 Nutr ResのRev. 12月2007日; 20(2): 163-79。

28. Nolan JM、Kenny R、O'Regan Cの等老化のアイルランドの人口の黄斑の顔料の光学濃度: 老化のアイルランドの縦方向調査。 眼Res。 6月2010日2日; 44(2): 131-9。

29. Subczynski週、Wisniewska A、光受容体の外区分の膜の最も傷つきやすい地域の黄斑のキサントフィルのWidomska J. Location。 アーチBiochem Biophys。 5月2010日27日。

30. Moukarzel AAのBejjaniのRAは、FNやっていく。 幼児および大人のキサントフィルそして目の健康。 J Med Liban。 2009日10月12月; 57(4): 261-7。

31. Krinsky NI、Landrum JTの骨のRA。 目に於いてのルテインおよびゼアキサンチンの保護役割の生物的メカニズム。 Nutr AnnuのRev。 2003;23:171-201.

32. 李SY、Lo AC。 ルテインは低酸素症および酸化圧力からRGC-5細胞を保護する。 Int J Mol Sci。 2010;11(5):2109-17.

33. Bernstein PS。 年齢関連の黄斑の退化に対する栄養の介在。 アクタHortic。 8月2009日31日; 841:103-12。

34. Renzi LM、ジョンソンEJ。 高齢者のルテインそして年齢関連の目の無秩序: 検討。 J Nutrの年長者。 2007;26(3-4):139-57.

35. 黄斑の顔料および健康な視野。 Optometry。 10月2009日; 80(10): 592-8。

36. Ma L、林XM。 目の健康の面に対するルテインおよびゼアキサンチンの効果。 J Sciの食糧Agric。 1月2010日15日; 90(1): 2-12。

37. 年齢関連の眼疾患の調査の研究グループ、SanGiovanni JPの咀嚼EY、等。 場合制御の調査の年齢関連の黄斑の退化を用いる食餌療法のカロチノイドおよびビタミンA、EおよびCの取入口の関係: AREDSのレポート第22。 アーチOphthalmol。 9月2007日; 125(9): 1225-32。

38. ビタミンCのDherani M、Murthy GV、Gupta SK、等血レベル、カロチノイドおよびretinolは北のインドの人口の激流と逆に関連付けられる。 Ophthalmolの気力Sciを投資しなさい。 8月2008日; 49(8): 3328-35。

39. Moeller SM、Voland R、鋳掛け屋L、等年齢関連の核激流間の連合および食事療法のルテインおよびゼアキサンチンおよび年齢関連の眼疾患のカロチノイドの血清は、女性の健康の率先の補助的な調査調査する。 アーチOphthalmol。 3月2008日; 126(3): 354-64。

40. Moeller SM、Voland R、Sarto GE、Gobel VL、Streicher SLのロバJA。 女性の健康の初めの食事療法の介在は女性の健康の率先の準標本の補助的な調査の黄斑の顔料の光学濃度を増加しなかった。 J Nutr。 9月2009日; 139(9): 1692-9。

41. より豊富なS、Devenport J、Lang JC。 最後II: キサントフィルとの食餌療法の補足へのatrophic年齢関連の黄斑の退化を用いる患者の黄斑の顔料の光学濃度の差動一時的な応答。 Optometry。 5月2007日; 78(5): 213-9。

42. Parisi V、Tedeschi M、Gallinaro G、等年齢関連のmaculopathyイタリアの調査のカロチノイドおよび酸化防止剤: 1年後のmultifocal網膜電位図の修正。 眼科学。 2月2008日; 115(2): 324-33.e2.

43. ジョンソンEJ、チョンHY、Caldarella SM、Snodderly DM。 血清、脂蛋白質および黄斑の色素形成の補足のルテインおよびdocosahexaenoic酸の影響。 AM J Clin Nutr。 5月2008日; 87(5): 1521-9。

44. Connolly EE、Beatty Sのすべての3黄斑のカロチノイドとの補足の後の黄斑の顔料のThurnhamのディディミアム、等増加: 探険の調査。 Currの目Res。 4月2010日; 35(4): 335-51。

45. ルテインとの補足の間の人間の網膜のSchalch W、Cohn W、Barker FM、等キサントフィルの蓄積かゼアキサンチン- LUXEA (ルテインのキサントフィルの目の蓄積)の調査。 アーチBiochem Biophys。 2月2007日15日; 458(2): 128-35。

46. 八木A、Fujimoto K、Michihiro K、Goh B、Tsi D、Nagai H。 視覚疲労に対するルテインの補足の効果: 心理生理学的な分析。 Appl Ergon。 11月2009日; 40(6): 1047-54。

47. ロドリゲス ロドリゲスEのオルテガのRM、ローペッツSobaler AM、Aparicio A、Bermejo LMのマリン詠唱李。 高齢者達の酸化防止栄養取入口と激流間の関係。 Int J Vitam Nutr Res。 11月2006日; 76(6): 359-66。

48. Christen WG、劉S、Glynn RJ、JEを埋めるGaziano JM。 女性の激流の食餌療法のカロチノイド、ビタミンCおよびEおよび危険: 前向き研究。 アーチOphthalmol。 1月2008日; 126(1): 102-9。

49. Hu Y、牛のようなレンズの上皮細胞の成長そして移動に対するルテインのXu Z. Effects生体外で。 J Huazhong Univ Sci Technolog Med Sci。 6月2008日; 28(3): 360-3。

50. Arnal E、Miranda M、アルマンサIの等ルテインは糖尿病性のラットの激流の開発そして進行を防ぐ。 GraefesのアーチClin Exp. Ophthalmol。 1月2009日; 247(1): 115-20。

51. Olmedilla B、Granado F、BlancoはIのヴァケロスM. Lutein、しかしないアルファ トコフェロール、補足年齢関連の激流を持つ患者の視覚機能を改善する: 二重盲目2-y偽薬制御のパイロット・スタディ。 栄養物。 1月2003日; 19(1): 21-4。

52. Ishida S.の生活様式関連の病気および反老化の眼科学: レニン アンギオテンシンのシステムおよび発火の禁止による網膜およびchoroidal病理学の抑制。 日本Ganka Gakkai Zasshi。 3月2009日; 113(3): 403-22; 議論23。

53. 中島町Y、Inokuchi Y、Shimazawa M、Otsubo K、石橋町T、Hara H. Astaxanthinの食餌療法のカロチノイドは酸化圧力からそしてマウスで、網膜の細胞を生体内で生体外で保護する。 J Pharm Pharmacol。 10月2008日; 60(10): 1365-74。

54. Chitchumroonchokchai C、Bomser JA、Glamm JE、Failla ML。 キサントフィルおよびアルファ トコフェロールはUVB誘発の脂質の過酸化反応を減らし、人間レンズの上皮細胞のシグナリングに重点を置く。 J Nutr。 12月2004日; 134(12): 3225-32。

55. Ohgami K、Shiratori K、Kotake S、等lipopolysaccharide誘発の発火に対するアスタキサンチンの効果生体外でそして生体内で。 Ophthalmolの気力Sciを投資しなさい。 6月2003日; 44(6): 2694-701。

56. Suzuki Y、Ohgami K、Shiratori Kの等NFkappaBシグナリング細道の禁止によるラットの内毒素誘発のuveitisに対するアスタキサンチンの抑制の効果。 Exp.はResを注目する。 2月2006日; 82(2): 275-81。

57. Santocono M、Zurria M、Berrettini M、Fedeli D、Falcioni G. Lutein、ゼアキサンチンおよびアスタキサンチンはSK-N-SHの反応窒素種によって引き起こされる人間のneuroblastomaの細胞のDNAの損傷から保護する。 J Photochem Photobiol B. 7月2007日27日; 88(1): 1-10。

58. Izumi-Nagai K、Nagai N、炎症抑制のカロチノイドのアスタキサンチンとのchoroidal neovascularizationのOhgami Kの等阻止。 Ophthalmolの気力Sciを投資しなさい。 4月2008日; 49(4): 1679-85。

59. Cort A、Ozturk N、Akpinar Dの等高いintraocular圧力によって引き起こされる網膜の傷害に対するアスタキサンチンの抑制の効果。 Regul Toxicol Pharmacol。 5月2010日8.日。

60. Alpern M、フルトンABのパン屋のBN。 棒の外の区分のrhodopsinの「自己スクリーニング」。 視野Res。 1987;27(9):1459-70.

61. Baylor DAは、私を燃やす。 視野のrhodopsinの活動の制御。 目(Lond)。 1998年; 12 (Pt 3b): 521-5。

62. Garriga P、Manyosa J。 目の光受容体蛋白質のrhodopsin。 網膜の病気のための構造含意。 FEBS Lett。 9月2002日25日; 528 (1-3): 17-22。

63. 視野の子ヒツジTD、Pugh EN Jr.の暗順応そしてretinoid周期。 Prog Retinの目Res。 5月2004日; 23(3): 307-80。