生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2010年10月
私達がそれを見るように

積極的な行為は肥満の危機を避ける必要があった


ウィリアムFaloon著
ウィリアムFaloon
ウィリアムFaloon
統合された薬は頭脳機能自然を最大限に活用する

今日の肥満の 伝染病によって 引き起こされる切迫した 医学の大災害は 50年代を私に 思い出させる

その当時、別のものの後の1つの科学的なレポートは喫煙によって加えられた 病気を確認した。 けれどもそれは1964年までタバコの 消費を 減らすためにどの種類の本質的なステップでも取られたことではなかった。1 今日(後で46年)、煙ることは早死にの一流の原因に残る。2

タバコがあると恐しく、太りすぎ/肥満の個人の数の爆発的増加はより大きい経済的なおよび健康の 災害を 作成するために写し出される。

喫煙の延期された効果に類似した、肥満関連の病気と関連付けられる医学の費用は大抵延期される。 これは太りすぎの個人が癌に屈すると同時にだけ社会が血管閉塞、3-6、7,8腎不全、9糖尿病 10関節炎、11 早い老衰、12 および他の病気 生じる巨大な ヘルスケアの費用を支払い始めた ことを意味する。

この災害を戦う連邦政府の乏しいステップは 失敗した。 証拠はほぼ3倍今日1960年と比較されるより多くの アメリカ人が肥満である という 事実 によって見る ことができる。 より衝撃的な統計量は6倍 より多くのアメリカ人が1960年 により 病的に肥満 (体格指数40以上に)であること である13

肥満の個人(体格指数30以上に)はアメリカの人口 3分の1に今構成する。 もう一つの 3分の1は 太りすぎである(25-29の体格指数)。13は アメリカ人の大半こうしてこの国家のヘルスケア・システムができることができるより退化的な病気のより高い発生に苦しむために予定される。

それが長寿に関連していると同時に、余分な体脂肪は生命の質そして量の犠牲者を奪う。 驚く何を学ぶために14年齢関連の体重増加のまた下にある要因が私達の長寿の遺伝子の最適の表現を排除する ことである

生命延長雑誌の ®のこの問題は記述する人々を老化させる認可された方法を使用できる同時に余分な脂肪のポンドを取除き、病気の危険を減らし、「長寿遺伝子青年促進を回すのに」。の

博士Fail複数のfactorial無秩序として肥満を確認

米国の農務省はアメリカ人が余分な物を日1978年と比較された2006 の331カロリー 消費した こと データ提示を 解放した15

博士Fail複数のfactorial無秩序として肥満を確認

その数がたくさんのように聞こえなければ、すぐにいかに集計するかちょうど一見。 余分な物は 1日 あたりの331カロリー2,317 カロリー か1年 120,000の余分カロリーに毎週匹敵する。 余分な滋養分のこの量は貯えられた体脂肪 の大体 34ポンド に翻訳する!

政府はそう多くのアメリカ人が超過重量問題になぜ苦しむか説明するのにこのデータを使用している。 政府は右の物語が部分的にあるただ。

確認されない何が慣習的な専門家によって成熟して人間がカロリーの 摂取する かもしれない限られた数を利用する新陳代謝容量を失うことである。 私達が言葉「新陳代謝容量使用するとき」、を私達は老化の間に起こる有害な変更の星座を参照している余分な体脂肪を集めるために私達をし向ける。

若者は十分食糧を食べ、最低の残りの脂肪質の貯蔵を用いるエネルギーに効率的にこれらのカロリーを変えることができる。 ように同じ人が老化させる、それらは静止エネルギーの支出のホルモンの不均衡、インシュリンの無感応、ミトコンドリアの機能障害および低下のような体重の規則に影響を与える多数の変更に苦しむ。16-19

これは私達が25歳に私達の食糧エネルギー消費 比較される45歳 単一のカロリーもっと消費しなくても 私達の老化生理学は体重増加に私達をし向けることを意味する。

問題の頭部に取り組む

過去の30年にわたって学ばれた1つの真実があれば、それは年齢準の体重増加を逆転させるために単独で数えることができる「魔法弾丸 」が ないことである。 余分な脂肪の貯蔵にかかわるメカニズムの理解は助言が「長期に失敗するためにちょうどより少しを」運命づけられるなぜへの食べるか明らかにする。

生命延長は 脂肪質の損失を引き起こす有効な方法を認可する複数の十年の改革運動にあった。 私達は栄養素、同業者審査された科学的な出版物の効力を示した識別したり、けれども主流の医者によって見落とされるホルモンをおよび薬剤を。

私達は老齢人口を苦しめる肥満引き起こす要因を戦うために公式を開発するように何百万の実験室および 臨床 研究のドルに資金を供給した。

しかし公衆はまだ体重増加が新陳代謝および生理学的な要因の無数の結果であること理解しない。 明るいニュースは余分な体脂肪を集めるために私達をし向けるメカニズムの多数を訂正するために科学的に支えられた方法があることである。

今までずっと欠乏はだけでなく、減量を促進するが、またトリグリセリド、ブドウ糖、LDLおよびC反応蛋白質のような心血管の危険率を減らす個性化されたプログラムを設計するために 医者および患者が協力することを可能にする広範囲プログラムである。

より魅了して適切な減量プログラムが私達の長寿の遺伝子の表現を高めることができるという新しい 証拠はである健康な 十年を寿命に加えている間平均が老化する人間は今見苦しい体脂肪およびスラッシュの病気の危険を失う道路地図を持っていることであるこの何を20。

圧倒的なドキュメンテーションにもかかわらず年齢準の体重増加が逆転させることができる こと誰もすべての難問を今までまとめなかった。

生命Extension®の減量ガイド

生命Extension®の減量ガイド

生命延長は アメリカ人が脂肪質の毎年を なぜ 得、逆を助けるためにどんなについての 科学的な ステップがこの驚くべき傾向踏むことができるかハード データを集めた。

しかし私達は人間の顔を老化させる倍数の肥満の要因を目標とするのに利用することができるユーザー フレンドリーの本にこの情報を合併する 急務を実現した。

私達は生命Extension®の減量ガイド 、研究を編集し、臨床試験が過去の三十年にわたって私達の構成実直に組み立てた参考書の出版物を発表するために喜ぶ。

この本は$29.95のために店で販売する。 生命Extension®の メンバー として、私達は70%によって価格を 割引いている、従って$8.99だけを 支払う

それは生命Extension®の減量ガイドが 体脂肪の 支えられた減少を引き起こすために老化の人間および彼らの医者が雇う介在の科学的なルネサンスを始めること私達の誠実な欲求である。 1-800-544-4440の呼出しによってこの本のコピーを今日発注 できる

新しい複数の原料によって粉にされる飲み物は複数の体重増加の誘因物を戦う

多くの生命 延長メンバー のために、さまざまな栄養方式の使用はずっと重要な重量の管理ツールである。 たくさんが成功のこれらのプロダクトを使用する間、一部はずっと結果を達成できない。

私達の進行中の臨床研究の一部として複数の証明された脂肪質損失の代理店を組み込む粉にされた飲み物の組合せの方式を作り出すために、私達は着手した。 目的は成功なしで前に無数の重量管理プログラム、栄養素および薬剤の代理店を試みてしまった彼らの望ましい重量管理目的個人を達成するのを私達の最も処置抵抗力がある太りすぎのメンバーが助けることだった。

なお、私達は1つの新しい原料との 粉の 方式が 前に彼らの 望ましい 重量管理結果を達成し損った処置抵抗力がある調査の主題ではたらいた ことを であるために同じようなカプセルの方式に対してこの新しい複数の原料によって粉にされた方式をテストすることを確信していた。

図1: そのうちに減量
図1: そのうちに減量

調査結果はかなり驚くべきだった。

処置抵抗力がある太りすぎの調査の主題では、新しい カロリー制御重量管理は と混合され、15-30分カプセルの形態があった処置抵抗力がある調査の主題と比べて、平均すると、65%の8週にわたる より大きい減量を発生した2つの最も大きい 一日の食事前に消費された飲み物の方式を粉にした。 [右に図1を見なさい]

8週間の調査の期間にわたるより大きい中間の(平均)減量の達成に加えて、処置抵抗力がある太りすぎおよび肥満の調査はまた達成されたより大きいカテゴリーに属する 減量を服従させる。

図2: カテゴリーに属する減量(10のlbs。)
図2: カテゴリーに属する減量(10のlbs。)

これは週8までに、 カプセルの 方式を使用してそれらの22%だけと比較して10 ポンド以上失えた 新しいカロリー制御 重量の管理によって粉にされた飲み物の 方式を消費した 処置抵抗力がある 調査の主題の58%ことを意味した。 境界12ポンド 以上 のために、結果はカプセルの方式があった11% だけ と比べて 週8までに 調査 の41%の新しい粉にされた 方式のために 均等に印象的、服従させる12 ポンド 以上失うことをだった。 [右に図2および3を次見なさい]

これらの結果は余分な体重と戦い、 重量管理プログラム、栄養素および薬剤の介在を過ぎた倍数を…失敗したりけれども最終的にこの新しいカロリー制御重量の管理によって粉にされた飲み物の方式の重量管理目的を達成し始められた 処置抵抗力がある 個人と起こったので より印象的である。

図3: カテゴリーに属する減量(12のlbs。)
図3: カテゴリーに属する減量(12のlbs。)

新しいカロリーの原料を支える出版された科学的な調査の 記述は方式によってが今月の問題の 最初の記事で書かれている重量管理を制御する。

他行なわれた臨床試験にもっぱら頼ってよりもむしろ 生命延長Foundation®は ステップ更に行き、私達の自身のオープン ラベル、処置抵抗力があるボランティアのランダム化された臨床調査を行なった。 私達の調査結果はカロリー制御重量管理方式の 原料の利点を支える

私達に今残りの脂肪質のポンドを除くのに広範囲プログラムで使用されるべき有効な前線の武器がある。

破局的な分枝の伝染病

今年初めに解放される120ページの政府のレポートは今日の肥満の伝染病が制御の下で持って来られなければ厳格な映像を塗る。96

例えば、3人の若いアメリカ人毎に(年齢2に19)からの1人は既に太りすぎまたは肥満である。 このグループはまだ壮大な割合の伝染病が 私達に やがてあることを示すこの記事の端に記述されている年齢関連の肥満の誘因物のほとんどに出会わなかった。

肥満と関連しているこの120ページの政府のレポートから費用の硬直した例は来る。 2006年 例えば、正常な重量 それらと比較された各々の肥満の大人の アメリカ人を 扱う医学の費用の付加的な$1,429は使われた。 肥満による米国ビジネスへの年次損失は欠勤 の$12.8 十億および無くなった 生産性の $30十億だった。

1980年 、糖尿病 の5.6 百万の診断された場合があった。 2007年 までに、この数は17.4百万 まで撃った97人の 糖尿病患者は事実上あらゆる退化的な無秩序のための大幅に高められた危険にある。

経済学者に従って、アメリカの肥満の年次医学の費用は1998年から 2008年に $147 十億$78.5十億 から 行った私が この記事の始めに示したので98、肥満に関する治療上の費用はかなり遅れる、人口としてヘルスケアの支出をぐらつかせるこの国家の表面を意味することは肥満誘発の病気に老化し、病気になる。

最後の30年にわたって、人工甘味料の記録的な数、人工的な脂肪および規定の重量損失の薬剤はFDAによって 承認された。 これのどれも太りすぎおよび肥満のアメリカ人の数の無情なサージを停止しなかった。

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2