生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2010年11月
私達がそれを見るように

1つの薬剤のFDAの遅れにより82,000の失われた人生の年を引き起こす

ウィリアムFaloon著 スティーブンB. Strum、MD、FACPの1983年以来の前立腺癌を専門にしている医学の腫瘍学者著見直され、批評されて
ウィリアムFaloon
ウィリアムFaloon

2004年に、私はアメリカ人が賛成の人命救助の薬剤のFDAの遅れのためにいかに不必要に死ぬか記述する記事を書いた。1

私が引用した遅らせられた療法の1つの例は2002に前立腺癌の患者の改善された存続を示したProvenge®だった。2

2007年に、スティーブンStrum科学者が圧制的なFDAの過剰規制から解放されたら生命の巨大な数がいかに倹約できるか先生および私は記事の提示を共著した。 私達は2007までに複数の臨床調査の存続を拡張したProvenge®を含んで承認されるべきである複数の制癌剤を記述した。3

2010年に、FDAは最終的にProvenge®を承認した。これによってが 静かの後に別のものだった4つは臨床試験の文書化したこの療法の効力をFDA統治を委任した。

読むことを約あるのでProvenge®の承認のFDAの8年の遅れは時期早尚に死んでいる前立腺癌の犠牲者の恐しい数で起因した!

Provenge®はいかに有効であるか。

一度FDAは奇跡新しい癌療法として最終的に2010年4月のProvenge®を、マスコミ呼んだそれを承認した。 Provenge®は新しくなかったという運ばれなくて媒体がだった事実何を。 それは十年先にほとんど発見された。 あなたによってがのFDA読むことを約ある印象的な調査の結果にもかかわらず8つの長い年間それを否定した。

2002年に最初の調査からの分析では、より少なく積極的な前立腺癌(Gleasonのスコア7またはより少なく)を持つProvenge®扱われた人は偽薬と比較された 病気の 進行なしに住んでが8倍本当らしかった6か月。2

1つの薬剤のFDAの遅れにより82,000の失われた人生の年を引き起こす

30かの数か月後で、Provenge®を受け取っているこれらの同じ患者は生きて3.7 本当らしかった。 これは偽薬の グループ の14%だけと比較されるProvenge®のグループの 存続 の53%に翻訳する。 Provenge®のグループはまた偽薬の グループ として平均の二度苦痛なしの同様に長く残った。2,3

FDAはこれらの調査結果を確認することを断り、会社を臨床調査を行なうように命令した。 生命Extension®の私達はFDAの決定にその時に青黒かった前立腺癌の患者にこの療法へのアクセスを否定するために。

2005年に早送りすれば、3倍Provenge®を受け取った偽薬を受け取っている患者 と比較された その高度の前立腺癌の患者が生きていたことを新しい臨床調査の結果は示した。5,6は この調査男性ホルモン剥奪療法に答えなかった前立腺癌を持つ127人の患者を評価した。 癌の専門家はこの忍耐強いサブセットが数年内の病気で死ぬことを用いる陰気な予想が、あると考慮する。 Provenge®のこの調査では、 Provenge®を 受け取っている患者の34%は任意に偽薬が割り当てられた人の11% だけ と比較された3年後にまだ生きていた。 FDAが再度Provenge®を承認することを断ったこの種類の手元のデータとの5。

高度の前立腺癌の患者の最新の調査では、Provenge®は4.5か月までに中央の存続を延長し、偽薬と比較された36か 月に 存続の三重 増加より 大きいの作り出した。7

私が後で説明するので、これらの患者が既に厳しく 慣習的な 療法を失敗してしまったので高度癌の場合の存続のどの改善でも好意的に見られる。 私達はもし使用するなら先に病気プロセスにそして他の無毒な療法を伴って、Provenge®がはるかに有効であることを仮定する。

これに最も最近の調査をそして他の前の好ましい調査と共に基づいて、FDAによって承認されるProvenge®-はそれよりあとで 8年持つべきである!

FDAの遅れのために何人生の年が失ったか。

前立腺癌はこれによってが およそ30,000人のアメリカ人を殺す のが常であった前年からである2009年。8の27,360のアメリカの 人を 殺した。 早い診断はこの低下の1つの理由である。 ずっと少数の人はPSAのテストのために骨の転移が付いている高度の前立腺癌と今日診断される。

何人間人生の年が Provenge®のか承認FDAの 遅れのために失われたか決定で、私達は非常に高頻度を最も好ましい調査からのデータだけを使用したら思い付く。

Provenge®は前立腺癌SurvivalMenを伸ばす
見るためにここにかちりと鳴らしなさい

その代り、私達は慣習的な療法にもはや答えていなかった高度の段階の前立腺癌とのそれらの中央の存続の改善をだけ見た最少の好ましいデータを使用するために選ぶ。

私達は2009年に前立腺癌で死に、それを時間を計る最も最近の調査で示された改善された存続の4.5か月を増加した27,360人の低い数字を取った。 人間人生の年の 総数は 10,260 毎年遅れたFDAを失いProvenge®を出て来る 承認する

8 年を遅れる FDA増加すればProvenge®を承認する、無くなった人生の年の総数は驚く82,080 である。この統計量を別様に示すためには、 82,080の 失われた人生の年は失われる1,066 全体の 生命に翻訳する。 この計算は77年の平均男性の平均余命で分けられる82,080の失われた人生の年の取得に基づいている。

Provenge®は多くの遅らせられた薬剤のちょうど1つである

連邦政府はそれによってが今日である強制的なプロセスに対して生命延長のFDAの承認の任意寄付制主義者の作成の長年の推薦を、考慮することを断る。

最初に2002年に効力を示したときに前立腺癌の犠牲者はProvenge®へのアクセスがあったら、82,000の人間人生の年は倹約されたかもしれない。

Provenge®は多くの遅らせられた薬剤のちょうど1つである

生命延長雑誌の®の9月2007日問題 架空の経歴は よばれた「FDAによって拒絶された人命救助の制癌剤」。と その問題では、私達は細かいところまで複数の抗癌性の薬剤を記述した(を含むProvenge®) FDAがまだ承認していない。 これらの薬剤すべてに効力を示す相当な科学的な証拠があった。 私達は末期癌の患者は他の選択がなかったので、これらの療法へのアクセスを与えられるべきであることを論争した。

Provenge®の場合には、しかし諮問機関がそれを推薦したFDAは2007年に。9,10人の FDAの官吏承認される多くが調査することを無視された科学者はこの諮問機関のそして統治を委任されるされる。

FDAは作るProvenge®を費用禁則に遅れる

Provenge®はそれのような年2002 使用できるようにあったかもしれないそれ適正価格で今日利用できるかもしれないされた。 多数の余分な臨床調査のFDAの主張は患者1人あたりの$93,000を要する療法 起因する。

それはすべての保険会社がProvenge®療法のために返済すること疑わしい。 いずれにしても、消費者はより高い医療保険の報酬、高い税金の形でFDAの遅れの支払をしたり、および/またはポケットから薬剤の支払をしなければならない。

私達が何回も示したので、今日のヘルスケアの財政危機のキー ファクタは医学の進歩および効率が超膨脹させた費用をもたらす官僚的な遅れによって妨げられることである。

承認されるべきProvenge®のために叫んでいる私達は唯一の物ではなかった

FDAはProvenge®を承認する巨大な圧力の下に最初の巧妙な臨床調査が2002年に出て来て以来置かれた。 第2調査がより大きい効力を示した後、FDAが末期の患者にこの療法を試みる権利を与えることを前立腺癌の支援団体、科学的な組織および主流の出版物は要求した。

承認されるべきProvenge®のために叫んでいる私達は唯一の物ではなかった

ウォールストリート・ジャーナルの2004 1月26日 、問題は 社説の示を特色にした:

「私達はなぜ働くかそれが働く、知っていることがわかり。 あらゆる理性的な規定する環境では、それは販売するためにであるProvenge®を促進する理由」。11

2007年までに、フル・スケールの調査および訴訟を行なうために忍耐強い支援団体ファイルされた国会議員によって脅威を含むProvenge®を、拒絶し続けることのためのFDAに対して進行中の反乱があった。 しかしFDAの官吏はしっかりとちょっと動くことを断った(2010年4月29日まで)。12

Provenge® 療法は 今公式に承認されるのに、翌年にわたる約2,000人の患者を 扱うためにだけ 利用できる。13 各癌患者の血を取り、個性化されたワクチンを作成することを専門にされた実験室が米国中確立するように要求するのである。 問題は27,000人以上次の12か月にわたる前立腺癌で、死ぬ前にこれらの人間の 8% 以下Provenge®へのアクセスがあることを意味する死ぬことであり。

FDAが新しい制癌剤の開発をいかに窒息させるか

実験療法が高度癌の場合の少数の月だけまでに生命を延長するとき、公衆は頻繁に処置が少し価値であることを仮定する。

臨床調査の理由新しい癌療法頻繁にショーの平凡な結果はこれらの新しい薬剤だけが公認療法を現在失敗してしまった高度段階の患者でテストされるFDAの命令である。 これは初期の癌を(または耐久の赦免を引き起こすため)治すかもしれないもし使用するなら療法が病気の高度の段階で非効果的 かもしれないので主要な障害を作成する。

しかし薬剤が公認なら早段階の病気の患者の処理で(以外ラベル)時々効果的に使用することができる。 他の療法を伴ってまたそれがよりよい存続の結果を、通常FDAが堅く制御する臨床試験設計で許可されない何かもたらすのに使用することができる。

FDAが新しい制癌剤の開発をいかに窒息させるか

高度段階を殺すことはとても困難であるという理由処置抵抗力がある癌はそれらが得られた多数の存続のメカニズム変異したことであり。 これらは高度段階の癌細胞こうしてあらゆる療法と根絶し非常ににくい。

Provenge®がFDAによって承認されたので、革新的な腫瘍学者は癌が男性ホルモンの剥奪療法への抵抗を開発しなかった早段階の前立腺癌の患者それを規定できる。 これらの早段階の患者は薬剤が臨床試験でテストされたこと高度のホルモンの処理し難い箱よりよく答えるかもしれない。

1つが多くの障害物を理解する とき FDAは有望な癌治療、それに対してこの険悪な病気を根絶するためにより有効な療法がなぜ発見されなかったかなる明確に建つ。

理想的な設定では、Provenge®はProvenge®有効な療法が前立腺癌の広い範囲に対していかにあったかFDAの規定する締め付けの「オプトアウトに」望んだ、私達はずっと昔に学ぼう人に使用できるようにされ。

この時点で、私達は有効なProvenge®が臨床調査の設定の外にいかにあるか知らない。 堅く制御された調査で有効示されているすべての薬剤が安全および効力を確認するために実世界の癌患者に対処するそれらを可能にするために薬剤を出すもう一つの理由より速いである実世界で効果があるようにない。

ほとんどの専門家が考える何を悪いFDAの干渉より

過去30年間、 生命延長は FDAの初期の承認審査方式で余りに長く憂鬱な生活を送った有効な薬物を識別した。

人命救助の新しい薬剤が遅れるとき、必然的な結果は不必要な人間の苦労および死である。 均等に険悪な問題は官僚的な障害物に病気を治すかもしれないよりよい薬剤の開発である 萎縮的効果である。

将来投資家が8年間FDAが文書化された効力の薬剤を遅らせるのを見るときちょうど承認のパイプラインに新しい制癌剤を得るのに必要とされる数千万のドルを上げる難しさを、ようにされたProvenge®と想像しなさい。

FDAの予測不可能な承認パターンとのもう一つの問題は販売するためにそれを作る制癌剤の非道な費用である。 従って保険会社はこれらの新しい薬剤の、1ヶ月あたりの$12,000を超過できる新しい薬剤の現金払いを支払わせる絶望的な癌犠牲者に常に支払をしない。 媒体はよりもむしろ死ぬことを選ぶ癌患者の中心胸が痛むような物語で破産に非難するこれらの費用を支払うために彼らの家族を報告した。

そのような搾取者の価格を満たすための製薬会社で指を指すことは容易であるが厳しい現実はこれらの薬物を高い値段が今ある非能率的な薬剤の承認審査方式によって恐らく間違いなく正当化することができるFDAによって承認されて得るそれであるとても高価、危険である。

Provenge®のような薬剤が承認するためになぜそう時間がかかるか

今日のビザンチンの薬剤の承認審査方式の基本的な問題は官僚的な非能率および堕落である。

Provenge®のような薬剤が承認するためになぜそう時間がかかるか

Provenge®のような新しい療法が承認のために考慮されているとき公衆がであること理解しない何を、より古い(より少なく有効な)薬剤を販売している会社によりよい薬を妨げる途方もない刺激がある。 それは非常に有益な既存の薬剤と競うより新しい療法に対して障壁を建てるようにFDAを説得するようにかなり費用効果が大きい場合もある。 主張は大きい薬品会社が高度の前立腺癌の患者がProvenge®の代りに使用させる有毒な化学療法の薬剤からの収入を失いたいと思わなかったのでFDAがProvenge®を遅らせたこと手がつけられない動かした。

官僚的な愚かさは安全取引委員会(SEC)の失敗によって広まった財政の欺瞞を防ぐ強調された。局外者が 細心の調査を行ない、銀製の大皿のSECにPonziの計画者ベルニーMadoffのそれのような場合を渡した時でさえ知るかもしれないので14、SECは詐取からより多くの犠牲者Madoffを停止することを何もしなかった。

不平がFDAの薬剤の遅れについてなされるとき、議会のいくつかからの条件反射的な応答はである 「私達FDAにより多くのお金を与える必要がある」。 政治家が見る提供することがより多くの無能力および堕落で起因するという無能で、不正な代理店 より多くのお金をそして力をを過ぎて純然たる事実ことができない ことは 遺憾 である

これはもはや討論の余地がある問題である

Provenge®はFDAがそれが アメリカ人に 販売されるようにした前に決して最初の薬剤の生命延長推薦しなかった年か十年をである。 心臓発作の防止の肝炎そして低線量のアスピリンのためのアジェバント処置として ribavirinを 承認するためにFDAを強制するために例えば、私達は 二十年の間 ほぼ戦った。 いずれの場合も、私達は刑務所に私達を置くこと生産的なそれをよりもむしろ感じたFDAの代理人によって犯罪調査に承認するこれらの人命救助療法を直面した。

悲しげに、薬剤の生命延長のほとんどはスポンサーの会社がFDAの信じられないほど跳ぶお金を高い規定するハードルを通って使い果たすのでありそうな効力を持っていて決してアメリカの市場で許されないように識別した。

Provenge®の潜在性はFDAの承認のずっと前に確認した
スティーブンB. Strum、MD、FACP
スティーブンB. Strum、MD、FACP

2002年 、スティーブンのStrum、MDおよびドーナはPogliano、前立腺癌を持つ人の大切な人、前立腺癌(生命 延長媒体2002年) のプライマーとよばれた本を出版した。 前立腺癌の診断へのその顕著なガイドおよび管理の中では、セクションは「地平線の処置」に捧げられた。 詳しく論議された一番最初の処置はProvenge®だった。

私達は今アメリカ人は2002年には早くもProvenge®を試みる自由があったら早死にの無数の数は防がれたかもしれないことを確認できる。 (前立腺癌のプライマーは まだ生命延長からの印刷物そして利用できる。)

FDAは今Provenge®が高度の 前立腺癌ことをを持つ人の存続の延長で有効であること言う(2010年に)。 それはFDAが最初にそれを抑制したときに薬剤が 2002年にまた有効だったことを意味する。

Provenge® (および他の多くの薬剤によって)、討論することを何も多くない。 FDAのこの1つの薬剤の遅れにより1,000全体の生命にわたるの 同等の損失を引き起こした。 これは1,000人の新生の赤ん坊を殺しているテロリストと 同じであるけれどもFDAがProvenge®のことを承認で遅かったことを媒体の誰も提案しなかった。 アメリカ人はもはや財政または道徳観点からのこの進行中の残虐行為を、容認できない。

不必要な蟹座の死を停止するためにことができる何をする

科学者はこの新技術の癌を識別したが、ほんのわずかだけ扱う新しい方法を臨床練習で使用されている。 次に新しい発見がなされるとき、パテントを追求している製薬会社は年および扱いにくく官僚的な承認審査方式によって薬剤を運ぶより多くの年を過ごす。 主因はそう多くの癌患者が今日死ぬ有効な療法を遅らせる古めかしい規制制度である(または全体で抑制される)。

このシステムは毎日死ぬ1,500人の アメリカの 癌患者が救われることの現実的なチャンスを持つべきなら変わらなければならない。

私達の長年の提案はだれでもFDAの「保護の傘から」。選択できるように法律をずっと変えることである このアプローチは会社が有効性の安全そしてはっきり「FDAによって承認されなくて」。分類される 、適度な可能性を示した薬剤を販売することを可能にする まだ承認されないことそれらの医者との相談の危険を、取ることを安全であるために示されている薬剤を試みることを決定は許可されるが願いがまだFDA公認の薬剤だけ使用できる患者。

私達はこの率先が過去の三十年のコンピュータ技術の回転と同じような薬の練習のルネサンスで起因することを信じる。 私達が、多くの致命的な病気提案する解放された環境で現在ある場合は比較的安価よりである治療に屈する。 そしてより大きい競争は今日あるヘルスケアの費用の危機の除去を助ける。

今日の壊されたシステムはよく病気を治すかもしれないが悲しげにニュースキャスターを聞いて言いなさい科学的な発見の末期症状の人々の学習で療法がFDAの承認から年であることを起因する。 私達はどんな薬剤を試みて決心喜んでであるか彼らの医者との相談の重病の人々が、についての自身のべきであると考える。

あなたは変わる法律がほしいと思う議会を言いなさい!

過去の三十年のために、 生命延長は 病気を扱う有効な療法が既にあるのに人間が死ぬ険悪な薬剤の承認審査方式を露出するように努めた。

アビゲイルの同盟: FDAを改良する無情なキャンペーン
アビゲイル バローズ
アビゲイル バローズ

2010年 の情け深いアクセスの行為は アビゲイルの同盟と呼ばれる組織の無情な努力に基づいて議会に もたらされた

この非営利組織はアクセスを否定された若い女の子(アビゲイル バローズ)を囲む中心胸が痛むようなでき事にFDAが今である有効な制癌剤是認するものをへの基づいていた創設された。

アビゲイル バローズは彼女の首および肺に侵入したsquamous細胞癌腫の年齢19で診断された。 アビゲイルは名誉学生および高等学校の運動選手、彼女の年を越えて賢い確信したけれども控え目な人だった。 そして彼女は情け深く、彼女の若い命の多くを慈善の仕事に捧げ、ベッドをホームレス施設で作り、そして個人教師を都合できなかった50家族のための自由な個別指導プログラムを作成する。 アビゲイルは生命の大きい愛およびすべての存在のための深い敬意があった。

その後間もなく彼女の診断は早い試験でよい応答を示したinvestigational制癌剤の、バローズ家族学んだ。 Johns Hopkinsの病院のアビゲイルの顕著な腫瘍学者は薬剤に彼女の生命を救うことの重要なチャンスがあったことを信じた。 アビゲイルのために薬剤を手に入れるためのしかし彼女の家族、医者およびサポータの方の全力は失敗した。 彼女は臨床試験の資格がなく、製薬会社は情け深い使用のための彼女にそれを提供できなかった。 FDAは彼女の人生のおよび死の状態によって動じなかった。

私がそれを作れば2000年11月では、アビゲイルは化学療法の円形から回復して、彼女が彼女の父に言ったときに放射線療法、「お父さん、私は癌および満たされなかった必要性が」。ある他の病気の助力人々に私達の生命を捧げるためにあなたおよびIを頂く アビゲイルのための実験薬剤を得る戦うことの7かの数か月後で彼女は、悲劇的に生命の明かでない数を要した無関心なシステムによって短縮された彼女の若い命死んだ。 薬剤は承認され彼女のタイプの癌に対して有効であるとしてFDAによって後で。

彼女が、彼の途方もない悲しみによって、彼女の父フランク バローズ死んだ時間は後調査の下で有効な薬剤を得る重病の患者の無力がまだ重大な満たされなかった必要性だったことを意識した。 彼の娘だけでなく、助けたいと思った彼女自身、彼女のような他は持ったが、彼がシステムを戦い続けなければならなかったことをバローズはそれから知っていた。

バローズは、「数十万人のアメリカ人毎年薬剤の承認、広大な割合の大災害を待つことを死ぬ説明した。 私は自分自身の`に私が今やめるなぜべきであるか言ったか。 だれがアビゲイル同じように貴重であるかそこに他の人々がある。「彼女は考えの種を植えた。 彼女は満たされなかった必要性の具体化だった。 しかし私達は確かにではなかった唯一の物」。

アビゲイルの同盟についての詳細を学ぶため、ログオン: http://www.abigail-alliance.org/

あなたの代表に立法行為の中心 に2010年の情け深い アクセスの行為を(H.R. 4732)、ログオン後援するように頼むため。

FDAは公衆が私達の選ばれた役員はFDAの任意 権限 で制止することを要求し損ったので革新的な療法を抑制できる。 今日の時代遅れのシステムの変更の第一歩は議会への変更のための急務を伝えることである。

手形は 衆議院に2010年の 情け深いアクセスの行為に(H.R. 4732)導入されたタイトルを付けた。16は この手形重病の患者の薬剤、生物的プロダクトおよび装置のための新しい条件付き承認システムを作成するために食糧、薬剤および化粧品の行為を改める。

あなたは変わる法律がほしいと思う議会を言いなさい!

この手形はFDAの規定する締め付けの「オプトアウト」に患者を可能にしない間、実験療法へのより早いアクセスが許可されれば人命は倹約することができることを示す重要な第一歩である。

私はあなたの議会の代表者に2010年の情け深いアクセスの行為を後援するように頼むのに私達の便利な立法行為の中心を使用するようにすべての生命延長 サポータをせき立てる(H.R. 4732)。 この立法の道は癌患者(および深刻な病気との他が)考えられるべきまだFDAによって承認されなかった安全な臨床試験プロセスで療法を十分にずっと得ることを可能にする。

生命延長の私達によっては長く深刻な病気のどの人でもまだ公式のFDAの承認を受け取っていない療法を選ぶ個人の権利があるべきであることが争ってしまった。

あなた自身およびあなたの家族のために、2010年の情け深いアクセスの行為を後援する重大な必要性についてのあなたの代表に連絡するのに私達の 便利なシステムを使用しなさい。 立法行為の中心にログオンによって容易にあなたの代表に今日連絡できる。

長い生命のため、

長い生命のため

ウィリアムFaloon

スティーブンB. Strum、MD、FACP

スティーブンB. Strum、MD、FACP

参照

1. Faloon W。 テロリストを恐れているか。 生命延長Magazine®。 6月2004日; 10(6)。

2. で利用できる: http://findarticles.com/p/articles/mi_m0EIN/is_2002_Dec_11/ai_95190631/。 2010年6月29日アクセスされる。

3. Faloon WのStrum S.のFDAは有望な前立腺癌の薬剤を拒絶する。 生命延長Magazine®。 9月2007日; 13(9)。

4. で利用できる: http://www.fda.gov/Newsのでき事/ニュース編集室/PressAnnouncements/ucm210174.htm。 2010年8月4日アクセスされる。

5. 小さいEJ、Schellhammer PFのHiganoのCS、等metastatic、asymptomaticホルモンの処理し難い前立腺癌を持つ患者のsipuleucel-T (APC8015)との偽薬制御段階IIIのtrialofの免疫学療法。 J Clin Oncol。 7月2006日1日; 24(19): 3089-94。

6. で利用できる: http://www.psa-rising.com/med/immun/provenge-05.htm。 2010年8月5日アクセスされる。

7. HiganoのCS、Schellhammer PF、小さいEJは、等2からの統合されたデータ、偽薬制御二重盲目、高度の前立腺癌のsipuleucel-Tとの活動的な細胞免疫療法の段階3の試験ランダム化した。 蟹座。 8月2009日15日; 115(16): 3670-9。

8. で利用できる: http://www.medicinenet.com/script/main/art.asp?articlekey=100730。 2010年8月5日アクセスされる。

9. で利用できる: http://www.cnn.com/2010/HEALTH/04/27/provenge.prostate.cancer.fda/index.html。 2010年8月5日アクセスされる。

10. で利用できる: http://www.fda.gov/NewsEvents/Newsroom/PressAnnouncements/ucm210174.htm。 2010年8月5日アクセスされる。

11. 新しい制癌剤。 ウォールストリート・ジャーナル。 2004年1月26日。

12. で利用できる: http://caretolive.com/2008-01-20/fda-under-pressure-from-congress-to-explain-provenge-delay/。 2010年6月29日アクセスされる。

13. で利用できる: http://www.medscape.com/viewarticle/721160。 2010年7月1日アクセスされる。

14. で利用できる: http://www.dailyfinance.com/story/media/how-madoff-got-away-with-it-sec-report-phone-transcript-reveal/19156812/。 2010年7月1日アクセスされる

15. で利用できる: http://www.cnn.com/2010/POLITICS/04/23/sec.porn/index.html。 2010年7月2日アクセスされる。

16. で利用できる: http://www.abigail-alliance.org/S_3046_ACCESS_Act.pdf。 2010年7月2日アクセスされる。