生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2010年5月
レポート

腎臓病を戦う革新的な作戦


ジュリアスGoepp著、MD
silymarinの複合体

Silymarin

Silymarinはマリア アザミ(Silybumのmarianum )、silymarinの 複合体として一まとめに知られているflavonolignansのsilychristinの植物の金持ち、silydianin、silybin A、silybin B、isosilybin Aおよびisosilybin Bから 得られる。

この安全で、自然な混合物にレバーおよび腎臓の状態のための従来の療法として長い歴史がある。35,36 それは深刻な腎臓の傷害のために選択の処置として四半世紀より多くのために西部の医療行為で使用され、有効な酸化防止およびnephron保護効果のために厳しいきのこの中毒に起因する。37 実際、私達は1979年以来silymarinと前処理をされる動物のきのこの中毒による腎臓の傷害がほとんど完全に防ぐことができることを知っていた。38は 薬物誘発の腎臓の損傷に対して腎臓のティッシュでこれらの効果そう多くの薬剤が毒のように機能できるのでそれに極度なオキシダントの圧力を出す保護のための自然な選択を、する。

きのこの毒(マイコトキシン)は知られている最も致命的で自然な毒素間にある。 腎臓の毒性は最も積極的な化学療法の代理店のいくつかだけ越えられる。 従って医者は化学療法を経ている患者を潜在的な「renoprotective」代理店としてsilymarinに見た。

Silymarinは酸化損傷および厳しい発火のために腎臓にnephrotoxic薬剤 特に cisplatinおよび Adriamycin®、2薬剤しかしまた最も有害のの最も有効な化学療法の2の複数のクラスに対してまた保護である。39-41 世界中の研究者はsilymarinおよび部品がこれらの薬剤によって与えられる腎臓の 損害を 減らし、頻繁に完全に防ぐことが分った。42-45

有効な薬剤によって作り出される酸化圧力から保護するSilymarinの能力はそれが遊離基、慢性の血ブドウ糖の高度ことをによって発生する特にそれらによってより微妙な、慢性の傷害に対して保護に有用かもしれないことを提案する。 例えばドイツの研究者は酸化圧力のマーカーの生産を妨げている間silymarinが高いブドウ糖の集中と孵化した腎臓の細胞に 完全に 傷害を防ぐことができることが分った。46

Silymarinの保護力はまた虚血/ reperfusionの傷害( 血の流れの制限に従がって血液の供給の復帰)に伸びる。 トルコの研究者はsilymarinことをと完全に動物に前処理をすることによってこの種類--の傷害にさらされた腎臓の構造への目に見え、機能損傷を防ぐことができることを示した。補足 による最適の酸化防止機能の維持によって、私達は私達の腎臓が毎日さらされる慢性の酸化損傷ことをの多くを ほとんど)防げることができることを提案するので、これらのような47,48の調査に一般群衆のための巨大な含意がある。

Resveratrol

Resveratrol

酸化圧力、endothelial機能障害、発火、アテローム性動脈硬化および慢性の腎臓病間の循環的な関係の私達の理解のかなりの前進は 腎不全 を最終的にもたらす一連の出来事の介在としてresveratrolを指す。49

イタリアの研究者はresveratrolの研究のリーダー間にあり、早く今世紀に1つグループは腎臓の構造の維持のresveratrolの影響を示す驚くべき研究を出版し、ラットの機能は虚血/ reperfusionの傷害に 露出した。50,51

日本およびインドの泌尿器科医はresveratrolがreperfusionの後で酸化損傷を戦う著しく腎臓の機能障害を減らすメカニズムを、詳しく述べるレポートと2005年および2006年にそれに続いた。52-56 圧倒の細菌感染(敗血症)は集中治療室のそして外科の後の腎不全のコモン・コーズまたは外傷である。 トルコの生理学者はresveratrolが腐敗性のラットの腎臓そして肺傷害を両方減らすか、または防ぐことができることを示した。57

Resveratrolの無比の酸化防止および炎症抑制の潜在性は薬物誘発の腎臓の損傷を同様に防ぐ機能の調査で叩かれた。 抗生のゲンタマイシン--にさらされたラットの Nephrotoxicityは かなり減り、傷つけられた腎臓のティッシュのより急速な治療はオキシダントの傷害のマーカーの劇的な減少を用いるresveratrolを使用して、達成された。58は cisplatinに対してブラジルの毒物学者のチーム腎臓保護力 、薬物誘発の 腎臓の損傷に責任がある強力な化学療法の代理店をそれほど示した。59 最終的に、インドの薬理学者はresveratrolを持つ動物に前処理をすることによる別の共通の化学療法および免疫の抑制効果がある薬剤のcyclosporine Aによって与えられた 損害からの 保護動物の腎臓で成功していた。56

糖尿病が腎臓の一流の原因である病気および加える損傷遊離基の生産によってので主として仲介されるのでブドウ糖(glycation)による蛋白質の有害な変化に起因する—研究者は糖尿病性の腎臓の損傷の予防としてresveratrolを探検した。 有望な仕事は示したインドの薬理学者から糖尿病が引き起こされた4週後それらはかなり実験的に引き起こされた糖尿病均一のラットの腎臓の損傷を減少できることを来た、!60

研究者の自身の単語では、 「現在の調査補強する糖尿病性の腎臓病に於いての酸化圧力およびresveratrolのrenoprotective行為に責任がある可能なantioxidativeメカニズムの方のポイントの重要な役割を」。は

Resveratrolの無比の酸化防止および炎症抑制の潜在性は薬物誘発の腎臓の損傷を同様に防ぐ機能の調査で叩かれた。

Lipoic酸

resveratrolのように、 lipoic酸は 少数の知られていた副作用の強力な酸化防止剤である。76 Lipoic酸は実験室で首尾よくそれによりドアを開ける虚血/reperfusionの傷害によって、与えられる激しい腎不全のこのコモン・コーズのための別の有効な処置への酸化損害を妨げるために用いられた。それらが 腎臓機能に対するすべての悪影響を逆転でき、実験室が 異常 動物の続く実験虚血/reperfusionの傷害を作り出したことを77例えば、2008人の研究者で示した。78

Lipoic酸は薬物誘発の腎臓の損傷を防ぐか、または軽減する力のために包括的に世界的に調査された。 私達はlipoic酸がAdriamycin®によって加えられる損傷に対して有効な腎臓保護代理店であること 79,80を 免疫抑制剤のcyclosporine A、 鎮痛剤のacetaminophenの激しく有毒な線量に対して76,81,82 知り。83 cyclosporineの毒性に対する保護の調査で、血の脂質の異常を正常化するためにまた助けられる lipoic酸。82

Lipoic酸

ジョージタウン大学のNephrologistsは糖尿病性の腎臓病という点においてlipoic酸を検査している。 結果は砂糖のレベルのことを低下によって糖尿病の腎臓機能を改善できることをそれを示す。84

それらはまた最近lipoic酸が尿の蛋白質の損失を下げ、酸化圧力のことを減少によって糖尿病性の実験動物の腎臓構造そして機能を改善することを示してしまった。84

更に別の強制的な調査では、韓国の研究者は最近lipoic酸とそれらを補うことによって血管拡張神経(血管のrelaxer)の一酸化窒素への腎臓の患者の応答を(いいえ)改善できることを示した。 へのendothelial敏感さの85損失は糖尿病患者の血管疾患の原因ではないし、化学薬品は非対称的なdimethylarginine (ADMA)をである末期の腎臓病の患者の心血管の結果の敏感なマーカーそして予言者呼んだ。 hemodialysisの50人の患者は12週間1日あたりの lipoic酸600 mg と扱われた。 マーカーADMAのレベルは制御グループに変わらずに残ったが、lipoic酸が患者のこのグループの心血管の複雑化の危険を減らすかもしれないことを提案しているlipoic酸のグループでかなり落ちた。

腎臓の健康への危険

有毒の、腎臓機能にかかわる高圧条件および腎臓の構造部品の優美、それを与えられてほぼ一定した内部および外的な侮辱の配列が腎臓の糸球体そして他の部分の厳しい通行料を取るかもしれないという驚きとして来ない。 増加損傷および破壊は老化の人間で見られる腎臓機能の進歩的な低下をもたらす。

これらの内部および外的な侮辱は下記のものを含んでいる:

  • 高血圧。 やがて、慢性の高血圧は糸球体の内のそれらを含む腎臓の血管を、並べるendothelial細胞への損傷を加える。 結果はそれがアテローム性動脈硬化で見られる血の流れの血管の壁そして減少の厚化に導くでき事のよく知られた滝 である。 減らされた血の流れはより低いGFRに次々と直接翻訳される。 糸球体への圧力損傷はまたろ過容量を減少し、循環に残るかわりに尿に渡るようにアルブミンのような大きい蛋白質分子がする。 (こういうわけで腎臓病を検出するのに尿のアルブミンのレベルが使用されている。)
  • 高い血清のブドウ糖。 今では糖尿病はCKDの一流の原因である。61人の 専門家は糖尿病の発生の率が急に上がり続ければCKDのより大きい増加を予測する。しかし 高い血糖が非糖尿病性の個人の腎臓の健康への脅威を与えることが62注意されるべきである。 ブドウ糖への慢性露出は高度のglycationの最終製品(年齢)の形成によって腎臓の細胞を—ボディの蛋白質にブドウ糖の病理学の結合を通して発生する分子低下させ、破壊する。 年齢により細胞で第一次構造蛋白質は増加する非機能的な、酸化圧力、発火 直接損傷の腎臓のティッシュに架橋結合し、なり。 早段階のインシュリン抵抗性がCKDと 関連付けられる ことが63-66確立された。67
  • 余分な脂肪組織。 体脂肪は脂肪質の(脂肪質の)ティッシュによって呼ばれるadipokinesに特定の炎症性cytokinesの生産によってCKDの開発に 貢献する。 年齢 および 酸化圧力と共に、adipokinesは一般にCKDを持つ人々で見つけられる発火を悪化させる。67 このような理由で、新陳代謝のシンドロームco起こるインシュリン抵抗性、高血圧、および腹部はCKDの開発のための完全な嵐を肥満表す。 2007調査は新陳代謝シンドロームが段階4または段階5の慢性の腎臓病の個人の30.5%に起こることが分った。68 新陳代謝シンドロームは糖尿病が明示する前でさえも、慢性の腎臓病の危険性を高める。69
  • 蛋白質の消費過剰。 過剰蛋白質を、特に肉は摂取して苦脳のポイントに、腎臓に課税するかもしれない。 重量を失うために高蛋白食事療法に間違ってい付着している個人の異常な増加に腎臓の損傷および病気の後押し率の故意ではない結果があった。 肉消費はまた腎臓のティッシュに高い年齢の生産および必然的な炎症性傷害で起因する。69は 既にCKDのある程度がある人々にほとんどの専門家によって食餌療法蛋白質への慎重なアプローチこうして、特に励まされる。
  • 薬剤。 多くの一般的な薬物のnephrotoxic副作用はCKDの別の重要な原因となる要因から成り立つ。 薬剤の原因の腎臓の損傷が細胞エネルギー管理の酸化圧力そして不利な変化であるメカニズム間の責任者。 いわゆる「鎮痛性のネフロパシー」は通常共通の店頭薬物のacetaminophen (Tylenol®)、また高線量のアスピリンを含む非ステロイドの炎症抑制の薬物(NSAIDs)を含んで2つ以上の組合せで、使用される鎮痛剤の過剰使用によって腎臓の活動的な地域の破壊、およびイブプロフェン(Advil®、Motrin®)を含む。70-73 化学療法の代理店はまたかなり腎臓機能を損なうために示されていた。acetaminophenが イブプロフェンのような薬剤を取り除く苦痛より別のメカニズムによって腎臓の損傷を加えることに74,75注目しなさい。

CKD誘発の疲労の克服

Lカルニチン、 細胞エネルギー管理へのアミノの酸得られた栄養重大のは、腎臓病防止および管理の重大な役割を担うことができる。86,87 カルニチンの 不足 自体は腎臓病の 開発の知られていた原因となる要因である。 逆に、腎臓病の患者は頻繁にカルニチンの不足を、透析の特にそれら開発する。 カルニチン療法は心循環器疾患、貧血症、減らされた練習の許容、弱さ および疲労を含む多くの腎臓病気準の複雑化の改善をもたらすと 知られている。87

先に注意されるように、CKDの被害者は心臓発作および心不全を含む心血管の複雑化を、開発するための非常に危険度が高いにある。 これは腎臓病によって引き起こされる大きい酸化圧力と部分的にカルニチンの不足による引き起こされる心臓ティッシュの不十分な エネルギー管理と関連している一部にはあると考えられる。88は これらの関連付けられた要因の頻繁な結果エネルギー、練習の許容、質の人生のおよび多分長寿の大きい悪化である。89

ケンタッキーの1998人の科学者には早くもLカルニチンとの補足が透析の人々の患者報告された一般稼働状況、活力および物理的な機能を改善できることを発見した。90 2001年に、ロスアンジェルスの医療センターの臨床医による研究は透析患者に静脈内で与えられたLカルニチンが疲労を減らし、練習容量を維持できることを示した。91は 2003のヴァンダービルト大学のnephrologistsによる文献検討貧血症がホルモンのエリスロポエチンとの療法に答えない透析患者の赤血球の計算を改善するのにLカルニチンの補足が使用されるべきであることを示した。92 最終的に、イタリアからのより多くのデータはLカルニチンの補足が可能性としては透析患者の心血管の危険を減らす炎症性マーカーC反応蛋白質のレベルの抑制を助けることができることを示す。93

3の ページで 2続けられる