生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2010年5月
レポート

腎臓病を戦う革新的な作戦


ジュリアスGoepp著、MD
腎臓病を戦う革新的な作戦

2002年まで、慢性の 腎臓病( CKD )のための 標準的な定義が 医学界の内になかったことを学ぶことを驚かすことができる。1 それ以前に、矛盾した分類は何人アメリカ人がこの進歩的な、生命にかかわる状態にに関して苦しんだか混乱の状態を作成した。

CKDのさまざまな段階の一度適切な類別は、硬直したの確立され、この現代伝染病の 圧倒されるようなスケールは 現れた。

私達は今26,000,000人のアメリカ人 多数が慢性の 腎臓病の形態に現在苦しむことがわかる。2,3人の 老化する個人は特に傷つきやすい。4

けれども脅威の公衆の意識は低く残る。 CKDの被害者の心血管の死亡率の危険は 一般群衆のそれ かける30 であると考慮する時、5 明白な視力に隠れる公衆衛生の災害への腎臓病の今日率によって見られる量の着実な増加。

生命Extension®は 規則的なテストによって長く警戒のための 必要性を( 少なくとも年に一度)腎臓の健康を監視する強調してしまった。 クレアチニン、アルブミンおよび BUN/creatinineの比率のための 標準的な テストに加えて、 ある特定の個人はcystatin-Cのための彼らの医者テスト、 腎臓 機能のはるかに精密な測定を提供する主として見落とされた血のマーカーを主張するべきである。 最適のレベルは.91 mg/L.より より少しである。

個人はまた彼らの試験結果の記録を保つべきである。 病気のどの印でも(クレアチニンの増加のような)検出されれば、腎臓機能が険しく低下でき、不可逆であるかもしれないので進歩を停止させるために即時のステップが踏まれることは命令的である。 幸いにも、生命 Extension®の多くの メンバーは既に腎臓の健康を支えるいろいろな栄養素を取っている。

ピリドキサミンかピリドキサール5隣酸塩: 有効な腎臓の防衛

この記事では、CKDがいかにの開くか私達の理解の最新の科学的な前進を、進歩に貢献する、そしていかに制御の下でそれらを持って来ることができる特定の危険率発見する。

末期の腎臓病(ESRD )が透析または腎臓の移植を 唯一の選択するずっと前にまたトラックのCKDを停止するために示されていた安全な、低価格、自然な介在の学ぶ。

ピリドキサミンかピリドキサール5隣酸塩: 有効な腎臓の防衛

高度のglycationの最終製品( 年齢)の 形成が腎臓病の手始めそして進行の非常に確立した要因であるので、これらの致命的な代理店の効果を軽減するために 最終的に構成する戦線を示されていた栄養素、低価格の介在。

手強い 年齢の反対者はビタミンB6の混合物のピリドキサミン である。 研究の茄多は年齢の形成を停止させる力を確認する。6-8 証拠はまたそのピリドキサミン徹底的に限る均等に致命的な高度のlipoxidationの最終製品 (アレス) の形成—腎臓病のための別の致命的な触媒を現れた。9-11

サウス カロライナ大学の生化学者のチームは反応分子が脂質の(脂肪質の 過酸化反応および助けの間に尿に「付き添い」に無害にそれら形作ったピリドキサミンのトラップことを示せた。10,12

彼らの同僚は続いてそれ中和が年齢およびアレス糖尿病性のラットの腎臓病 および 脂質のプロフィールの異常を防ぐことができることを見つけた。13 彼らはピリドキサミンと補われたラットは尿でアルブミン(蛋白質)の低レベル、廃棄物のクレアチニンの低い血しょうレベル、およびより少なく偽薬によって扱われた動物より劇的に上げられた血の脂質があったことが、直接AGE/ALEsの減少と関連していたすべて分った。

彼らは続いて同じような結果がまだ糖尿病を開発していない肥満動物で 得ることができるかどうか検査した。動物 の14の3グループは調査された:

  1. 傾きの(健康な)ラット
  2. 処置のない肥満のラット
  3. 肥満のラットはピリドキサミンと扱った。
4台の補足の腎臓の保護装置

予想通り、年齢およびエールの形成は細い動物 と比較された肥満の未処理の ラットの三重増加に2つを経た。 逆に、それらの増加はピリドキサミンと扱われた肥満動物で完全に不在だった。 扱われた動物はまた血しょうトリグリセリド、コレステロールのより小さい増加を、および肥満の未処理のラットと比較されたクレアチニンのレベル経験した。14

均等に強制的な開発では、また解決された動物の高血圧は血管の壁の厚化ようにピリドキサミンと扱った。 未処理動物は補われた動物で対照的にほぼ正常化された腎臓病(albuminuria)の尿の証拠を表示した。 これはCKDに対してピリドキサミンの複数の目標とされた 保護 効果の強力な証拠を提供する。14

2004年に、同じ調査チームは陸標の発見をした: 糖尿病性のラットの腎臓病の進行に対するピリドキサミンの相対的な効果をいろいろ付加的で自然な酸化防止剤と共に調査している間、enalapril、CKDを防ぐのに使用された標準的な薬剤の介在に対していかに積み重なったこれらの自然な混合物検査することにした。9つ Enalaprilはエースの抑制剤、一般的な血圧および腎臓病を制御する薬剤のクラスの1である。

彼らはピリドキサミン療法がビタミンEおよびlipoic酸 に先行している 腎臓病の進行を防ぐことに最も有効だったことが分った。 Enalaprilの最少の有効な介在であると証明される 処方薬 。 ピリドキサミンはまたenalaprilより予防の効果のずっと広いスペクトルを提供する年齢およびアレスの脂質のプロフィールの異常そして形成を限った。9

マイアミ大学の研究者はピリドキサミンおよびenalapril両方と糖尿病性のマウスを扱うことにこれらの調査結果を進めた。15 再度彼らは分り、単独でピリドキサミンが相当な利点を提供したことが糸球体へのalbuminuriaそして損傷を切る。 ピリドキサミンとenalaprilを結合することはこれらの動物の腎臓病の死亡率を同様に減らし、エース抑制剤(enalapril) /pyridoxamineの組合せが有用であるかもしれないことを提案するために研究者を導く。

CKDを持つ人間のピリドキサミン療法の研究の 説得力をこめてボディはまた近年現れてしまった。 2007年に糖尿病患者の腎臓病の進行を停止させるために最適の介在を定めるために、ハーバードの研究者のチームは着手した。16 それらは知られていた糖尿病性のネフロパシー—糖尿病患者の 末期の腎臓病の手始めを遅らせると知られている処置を用いる患者の2つの24週の多中心の偽薬制御の試験を行なった。 ピリドキサミンの線量は50から 250 mg まで毎日二度 及んだ。

ピリドキサミンはかなり廃棄物のクレアチニンの血レベル、腎臓の機能障害の主biomarkersの1つおよび腎不全の予言者の上昇を禁じた。 炎症性cytokinesの尿のレベルはまた制御と比較された扱われたグループでかなりより低かった。

ピリドキサミンは戦線、金庫、年齢およびアレスによって引き起こされるか、または悪化させるCKDの低価格の介在としてしっかりと確立された。 更に、この自然なビタミンB6の混合物はかなり実験腎臓の移植の結果および腎臓病の他の形態を改良するために示されていた。17-19

従ってそれ2009年の 1月 に、FDAがこの致命的な状態に苦しんでいる多くのアメリカ人のために届かないそれを置く薬剤として 治療上のこの有効で分類した犯罪者のボーダー、完全に安全なCKDを。 完全に安全な代わりがあるとき誰も 高価な医薬品および有毒な副作用の非道な重荷に耐えるために強制されるべきではない。

幸いにもまた有効な反年齢の効果を出すこと、もう一つの均等に 安全な 選択がピリドキサール5隣酸塩 P5P)として 知られているビタミンB6の利用でき別の形態ある。 前臨床モデルの糖尿病性の腎臓病の進行を防ぐことを示した。20 実際、1988年まで遡って、ドイツの研究グループP5Pが慢性の腎臓病の人間の血の脂質を減らすのに使用された。21

4台の補足の腎臓の保護装置

補酵素Q10

絶えず腎臓を通って循環する新陳代謝の毒素の途方もない血の流れそして高い濃度のためにそれらは高いLDLおよび高められた心循環器疾患の危険のような進歩的な腎臓の損傷そして複雑化に、貢献すると知られている異常な酸化圧力の場所である。22

補酵素Q10 (CoQ10)は ボディの自然な酸化防止容量を強化し、CKDに対する重要な防衛を示す酸素の遊離基のレベルを減らす。 それが起こると同時に1970年代初期以来の実験動物の高血圧そして腎臓病を制御するのに、CoQ10が 実験的に使用されていた。23,24

人間の調査はmalondialdehydeのような酸化のマーカーは劇的に上がるが、CoQ10レベルが穏やかな 腎臓の機能障害 の腎臓病の患者で大幅に低下することを示した。41は またこれらの減らされたCoQ10レベル循環の脂蛋白質を LDLのような)にそれ以上の心血管の損傷のためにそれから危険を高める腎臓の重荷に加え、大幅に腎臓病を危険性を高める酸化損傷、より傷つきやすくさせる。25

ヨーロッパの研究者のチームは有効非常に栄養の介在がいかにのある場合もあるか2001年に有力な証拠を出版し確立された腎臓病の患者のグループを調査する。26の 主題はCoQ10療法の2か月の付加の前に1か月間ビタミンC、Eおよびリボフラビン(ビタミンB2)との酸化防止療法を受け取った。 補足前に、血のCoQ10価値は正常なレベルのちょうど4分の1だった; それらは補足の後でに 参照 レベルほぼ4倍の増加した。 調査はCoQ10レベルが糖尿病性のラットのティッシュ、腎臓、中心の酸化圧力のマーカーの逆転で増加し、レバーが生じたときに同じ年がことを示したこと腎臓機能の変更、動物の試験からの証拠を示すには余りにも短かったが。27

必要がある何を知る: 腎臓病を戦う作戦
  • 腎臓の健康を監視するために老化する個人が規則的な血液検査を 受け取る ことは命令的である。 標準的なクレアチニン に加えて、これが腎臓 機能 はるかに 正確な biomarkerを構成するようにアルブミンおよびBUN/creatinineの比率はまたテスト、 cystatin-Cの レベル測定されるべきである。

  • 腎臓機能にかかわる高圧および毒素が豊富な環境は、機能障害傷つくために傷つきやすいこれらの敏感で、非常に複雑な器官特におよび病気をする。
  • 高血圧、高い血のsugar¸ NSAIDs、ある特定の薬物および高蛋白食事療法は 腎臓の健康への共通の脅威である。
  • ピリドキサール5隣酸塩( P5P)のような栄養素によっては 年齢およびアレスが戦う。
  • CoQ10、silymarin、resveratrol および lipoic酸は また臨床的に、有効な介在支えられる。
  • オメガ3の脂肪酸は高められた腎臓の健康に貢献する発火を鎮めるのを助ける。
  • 付加的な栄養素の多くは葉酸(folate)およびビタミンCおよびE.を含むこれらの行為を、補足する。

2004年までに、人間の腎臓病の患者のCoQ10の限定的なデモンストレーションは移植の受け手を使用している研究者によって示された。28人の そのような個人は途方もない酸化圧力を経、普通脂質その結果の妨害に側面図を描く印を付けた。 ヨーロッパのグループは3回30 mgのCoQ10補足 患者に4週間1日あたりの与え、酸化要因のレベル(malondialdehydeのような 、ボディの自然な酸化防止酵素のレベル、および脂質のプロフィールを監視した。28

重要な改善はLDLの減少を用いるちょうど4週が、有利なHDLで、増加した、炎症性細胞の存在の減少後見られ。 これらの結果は病気が移植か透析を要求する腎不全のポイントに進歩した患者のためのそして残存率生活環境基準両方の可能性としては劇的な改善を提案する。 それらはまた早段階の腎臓病とのそれらのためによく前兆をしめす。

動物実験はまたCoQ10が多数のnephrotoxic薬剤から腎臓の損害を与える ための悪名高い 傾向 強力な抗生物質腎臓のティッシュを、ゲンタマイシンを含んで保護できることを示した。33,34は これらの調査結果いろいろ外国の化学薬品を取扱うと同時に腎臓が直面する極度なオキシダントの圧力を戦うCoQ10の有効な機能についての私達に教えるものがそのような薬剤--にのためにさらされるかもしれない患者の保護を提供するので重要両方であり。

理解の腎臓病

腎臓のランク最も複雑のの中のそして精巧に展開するすべての主要な器官の、それを損傷および機能障害に特に傷つきやすくさせる。 ボディの第一次ろ過システムとして、それは「」廃棄物 および水 の約2クォートをする1日あたりの血の大体200クォートを処理しなければならない。29

腎臓の基本的な構造単位はnephron である。 これらの高圧ろ過メカニズムは廃棄物および毒素の取り外しを支配したり、血圧および容積を制御し、血の電解物そして代謝物質のレベルを調整する。 健康な腎臓はおよそ800,000 から 1 百万のnephronsを含んでいる。

糸球体、極めて小さい毛管コイルと呼ばれる前線の ろ過要素は 各nephronの内で収容される。 (2つは一緒に複雑なフィラメントを含んでいる白熱電球に類似している。) glomerulic毛管 のendothelial細胞は腎臓と血流間の直接物理的な交換として機能する。 血球および蛋白質は循環系に残るが廃棄物および水は尿を形作るために結合される。

腎臓の水およびミネラル流れの堅い制御、および健康な血圧およびミネラル バランスの維持に於いての役割はnephronsおよび糸球体の最適の作用に、頼る。 従って、腎臓機能の第一次マーカーの1つはglomerular ろ過率( GFR)、腎臓がいつでも処理液体の容積の測定である。

glomerularろ過率; 不用な物質クレアチニン、尿素 および窒素の血しょう集中 (尿素窒素かパン); そして血および尿の蛋白質のレベルはCKDの存在を定める最も一般的な手段である。 急速に上昇のクレアチニンは通常差し迫った腎不全に信号を送る。 あなたの腎臓が最上に作用すればそこに尿に蛋白質べきである。

総腎臓機能の60%が失われるまでパンおよびクレアチニンが正常範囲の上で増加しない かもしれないことが注意されるべきである。 こういうわけである特定の老化の個人は彼らの医者に血のcystatin-C のために テストするように頼むべきである。 Cystatin-Cはボディの事実上すべての細胞そしてティッシュによって作り出される蛋白質である。 それが腎臓機能のより正確なbiomarkerとして食餌療法蛋白質取入口血しょうcystatin-Cのサーブと変動するかもしれないアルブミンに反対される率ように自由にそしてほぼ一定したので形作られるので。30

CKDは5つの段階の1つで分類されるかもしれない。 段階1の最も穏やかのは尿の蛋白質の耐久性がある存在によってだけ、定義される(GFRは正常かもしれない); 各々の引き続いてより高い段階では、GFRは段階5達されるまで、末期の 腎臓病(ESRD )を、または腎不全は低下する定義する。31 ESRDは不可逆で、死で透析または腎臓の移植なしで起因する。32

3の ページで 2続けられる