生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長雑誌

生命延長雑誌2010年6月
レポート

反老化療法のための不滅の幹細胞
ミハエルD. West、PhDとのインタビュー

グレゴリーM. Fahy、PhDおよびSaulケント著
反老化療法のための不滅の幹細胞
ES細胞(ESCs)、着色されたスキャンの電子顕微鏡写真。 ESCsはpluripotent、それであるそれらできるあらゆる細胞のタイプに区別である。 それらがに成熟させる細胞のタイプは未熟な細胞によって受け取られる生化学的な信号に左右される。 この能力はパーキンソンおよびインシュリン依存した糖尿病のような病気の修理によって傷つけられるティッシュに細胞のESCsに潜在源を作る。 拡大: x3000.

2010年2月20日、グレゴリーM. Fahy、PhDおよびSaulケントにミハエル インタビューされた西、PhD、BioTime、ジャーナル再生薬で出版される新しい進歩についてのInc.の CEO。 ペーパーは先生が実験室の皿の大人のヒト細胞の「進化の老化」と呼んだことをWestの逆転を報告した。 私達の 生殖細胞に不滅の成長のための潜在性を与える遺伝子を利用して、研究者は示し人体の細胞の時計を回すことは可能だったことを再生薬の使用のための種類の若い患者特定の細胞のための潜在性を可能にする。 この研究は生命延長基礎®によって 一部には資金を供給された。 私達は先生に彼の起工の研究の細部で詳しく説明し、rejuvenative薬の未来の含意で解説するように頼んだWest。

Fahy: 私達が進化の老化の逆転のあなたのペーパーの細部に得る前に、段階を置こう。 あなたの発見は再生薬の分野に関連している。 今日あると同時に薬と再生薬はおよびいかにそれ異なる何を意味するか。

西: それで、名前「再生薬」はゲノミクスおよびDNAの技術の早いリーダーのヒト ゲノム科学、1人のビルHaseltineから、そして来た。 90年代に、ビルは老化の研究者がクローニングを通してヒト細胞の老化の時計を回すことで重要な進歩をしていた、ことをそれから可能性としては再生できる学びまたは老化させた人体のすべてのティッシュを修理する若い細胞を作成する。 そしてそう、現実的な見通しが、彼1日という確信の分野「再生薬」に洗礼を施したこと聞いた上で医療行為の大部分はなる。 従って、起源に基づいて、私は病気から破壊されるボディのティッシュを再生するのに萌芽期のpluripotent幹細胞および派生物を利用する技術老化と関連付けられた主に退化的な無秩序のそのコレクションと再生薬を定義する。

反老化療法のための不滅の幹細胞

Fahy: 言葉の含意は私達が実際に細胞老化の時計を回す老化ボディこのような理由で再生するか、または再生機能の一部分をできることを行っていることである。

西: はい。 最初に、細胞老化述べよう。 ヒト生物学の問題は、失う(境界)永久に増殖する容量をあなたおよび私を造った不滅の生殖細胞が私達の体内の区別された細胞におよびその結果成長することである。 従って、ボディの細胞は病気から私達のティッシュが老化する、または悪化するので死を免れなく、持っている有限な寿命を、意味する、私達の体にそれらのティッシュを再生し、修理する有限な容量がある。 その結果、私達は私達の死をもたらす機能の進歩的な低下に苦しむ。

Fahy: 従って私達がより古く育つと同時に老化ボディの新しい細胞を発生させる不十分な機能がそれ自身を修理するボディの無力につながると、言っているか。

西: あらゆるティッシュは異なっているが、それは基本的に私が言っていることである。 老人病学の目的は長年にわたりすなわち、理由の赤ん坊を発見するために生まれる若者でであって下さいことを、体細胞と呼ばれる私達の体の他の細胞に有限な寿命があり、死を免れない、または続ける間、私達の生殖血統が生成の後で赤ん坊に生成をしという理由をずっと見つけることである。 答えは私達がずっと地球の生命の夜明け以来増殖している細胞の血統から来ることである。 私達に死んだ祖先がいさせない細胞。 その認識により老化することが簡単かもしれないことの確認の方の老化について私達の考えることで一度主要な転位を、より私達考えた引き起こしている。 たくさんの遺伝子で遊んだおよび蛋白質、現実には、それは少数の中央メカニズムにより年齢に私達の体で体細胞を引き起こしたらことであるかもしれない方法で複雑が。 従って、目的はずっと個々の人間の潜在的な寿命を増加するためにボディに生殖細胞の不滅を移す方法を発見することである。

Fahy: 細菌ライン不滅を与えたり、またはそれを置くと同時に、何がなぜ赤ん坊によって耐えられる若者であるか。

西: それで、最初の糸口はCookeが1986年の。1ハワード 私達が老化するようにtelomeresと呼ばれる私達の染色体の端にDNAの 特定の領域は 年齢の私達の生殖細胞(精液特にこの場合)で長く、一定している長さにが報告したり、体細胞のタイプで漸進的に短くすることを出版された。

その出版物は私をロシアからのAlexey Olovnikovによる老化の古い理論に今科学的なサポートがあったことを意識するために導いた。 Olovnikovの理論は私達の生殖細胞と私達の体細胞の違いがDNAの繊維の端が体性または体細胞でそのうちに短くするが、生殖細胞の長い長さでこと維持されることだった。2

短くしてOlovnikovによって爆弾に導くヒューズの長さ方法と同じような細胞老化の時計であると考慮されたことより長く置かれる一種の時計である場合もある爆弾が消える前により長く燃えることを。 そして、当然、消える爆弾はここに体細胞の老化である。 Olovnikovは体細胞のタイプで止まる有限な寿命があるそれらは不滅になる酵素によりあることを提案した。

およそ1990年、私は確信させたtelomereの仮説をだった私達が私達がtelomeraseと呼んだ、この不滅になる酵素を隔離し、浄化した正しく、創設されたGeronなった。 1998で私達は黄斑の退化にかかわった老化から網膜からの皮膚細胞または細胞のような体細胞のタイプへのtelomeraseの付加がこれらの細胞を停止したことを示した。3

不滅の細胞

早く進化の歴史に、生命は単一セルとして、ない池水で今日泳ぐ原生動物門とは違ってあった。 2個の新しい細胞に単に分裂によって複製されるこれらの動物。 従って彼らは死ぬ必要がなかったし、呼ばれる「不死の人」。と

それらを供給および再生で競うために助けるように専門にされたヘルパー細胞を離れて回る次の千年間、これらの不滅の細胞。 これらのヘルパー細胞は私心なしに私達が「細菌ラインと」。呼ぶことの不滅の細胞が間、不滅の細胞の必要性を機能し、私達が「ボディ」と呼ぶことになった 不滅の細胞が遺伝情報を伝えたので、目的を機能した後ボディが死ぬことができるように選んだ。

これらの不滅の細胞はどこにあなたおよび私にあるか。 大人の人間では、それらは女性の卵巣の卵細胞、および人の睾丸の精液形成細胞である。 精液および卵が結合するとき、生じる細胞は新しい人間の新しいボディおよび新しい不滅の生殖細胞を作ることを続く不滅の細胞の小さい集り永久に続ける周期の形成によって細菌ラインを続ける。

はじめて地球の生命の歴史で、体細胞は進化を理解することができ、細胞死亡率および不滅の分子メカニズムを解読することができる頭脳を展開させた。 この意識したボディは今それ自身のための不滅の遺産で取ることを計画している。

Fahy: 大人の幹細胞は何であるか。

再生薬
ES細胞は人体のすべての細胞に回ることができる。 ここでは、平滑筋細胞は核心が青い汚れる間、赤い汚れる。

西: それらが傷つくとき修理細胞に再生細胞または大人の茎の源をティッシュ展開させた人体にティッシュがある。 例えば洞窟くまが古代ネアンデルタール人を攻撃し、彼の皮の表面を傷付けたときに、そこに数日修理の内でできたそこに幹細胞でなければならなかった損なう。 同様に、私達のレバーは毒素、事故、または病気によって傷つけられたとき広く再生できる。 そして緊張した筋肉があるとき、筋肉は再生もできる。

しかし不運にも、人体のすべての細胞にそしてティッシュが広範な再生容量がないし、全く、人間の場合には、大人の幹細胞はすべて死を免れないようである。 彼らは有限な一定期間のためのだけティッシュ機能を、再生してもいい。 私達はtelomereの短縮を通して大人の幹細胞の老化を観察してもいい。

学んでもずっと人間種を続けるために私達の生殖血統が何百万の年のための赤ん坊をいかにの作成しているかレッスンをいければ私達は人体をそれ自身を再生し、人命の遺伝の境界を脱出することを許可するように医学療法を設計べきである。

Fahy: これが胚から得られる幹細胞を使用して堪能であるかもしれない、特に、体細胞の核移動(クローニング)によって作成される胚以前提案しことを。

西: 私達が知っていたら私達がヒト胚からの細菌ライン細胞を隔離し、ちょうど実験室の皿のそれらを広められるかもしれないこと私に細菌ラインを維持していたのはtelomerase、それ起こっただった。 これらの細胞はちょうど実際のところあるように実験室で不滅べきである。 それについてこうすればを考えなさい: それらはある意味で生成の後で人間の生成を再生する人命の不滅の幹細胞自体永久にである。 私達が細胞のそのすばらしい血統に叩くことができたらタイプ インする人体を私達がすべての細胞を製造することを可能にしてもよい。 そして角膜の、中心の、腎臓の、等論理上私達は新しい若者の歯形成細胞を、網膜のための新しく若い細胞作る作る、無制限の一貫作業をことができる。 そして人間のES細胞、人間の萌芽期の茎の出版物および萌芽期の生殖細胞から90年代半ばにそして1998年。4,5で絶頂に達されて始まったプロジェクトを隔離するプロジェクトの起源があったように

これらの細胞の分離はヒト胚から細胞を得る必要性のために論争の的になった。 確かに悪評を上げることは彼が細胞の倫理および研究の中央政府資金の方針を論議したときに、2001年8月9日に大統領の最初国民の住所だったジョージ・w・ブッシュ。

それにもかかわらずこれらの細胞により大量の熱意を引き起こした。 私は既存のES細胞ラインがすべての未来のプロダクトの製造のために使用されると人々が最初に仮定していたことを考える。 しかし私の考えでは、それらのラインは移植の拒絶のために多くの使用のために最終的に働くことができなかった。 細胞の多数は1人からの別のものへの移植の後で人体を拒絶されるタイプする。 免疫組織は外国の細胞としてそれらを確認し、攻撃し、そして殺す。 従って私達は最初にこれらの全権ES細胞をクローニングを通して療法を必要として患者と遺伝的に同一にすることによって移植の拒絶の問題を解決するように努めた。

2001年に、私達は患者特定の幹細胞を作るためにクローンとして作られたヒト胚の最初の記述を出版した。6 私達は私達の目的が人間のクローニングではなかったがその時に言ったり、拒絶されない患者特定のES細胞しかクローンとして作らないべきだったと。 私達はクローニングの使用が胚状態に戻ってだけでなく、皮膚細胞を取るがこと、また胚状態ことをに戻ってtelomereの再建によって古い細胞の若者を再度作ることを予想した。 従って私達の目的は患者の自身の細胞と同一のあらゆるタイプの若い細胞を作り出せるであり私達はこの治療上のクローニングをするためのプロセスを呼んだ。7

Fahy: 治療上のクローニングはなぜ不十分だったか。

西: 当然、それはヒト胚をクローンとして作る必要性のために非常に論争の的になった。 さらに、ヒトの卵細胞の細胞の十分な数およびなされるクローニングの実行の技術的な挑戦を得る難しさは遅く、困難なその分野で進む。 私達が必死に必要としたものは私達がそれらが何百万の患者のために商業的に実行されるようにする拡張可能で、現実的なプラットホームのずっと可能述べていたこれらの療法をすべて作る手段を見つけることだった。

Fahy: 私達を引き起こされたpluripotent幹細胞連れて来るかどれがに(またはiPSの細胞)。 これらの細胞は何およびいかに発生するであるか。

西: 技術iPSは細胞のちょうど卵細胞を使用するか、またはクローンとして作らないで時間に細胞をなだめすかすのに一握りの遺伝子を使用する方法である。 そしてこれは刺激的な部分である: 技術は働く。 医学研究の作用面積の今日1時である。

私を楽しみの物語を言うことを許可しなさい。 私達がボストンのジャックSzostakのための誕生会に2001年にヒト胚を、私あったらクローンとして作ったら後間もなくして。 ジャックは、リズBlackburnおよびキャロルGreiderと共に、telomereの生物学の彼女達の早い研究のための2009年にノーベル賞に勝った。 何遺伝子がか印Ptashneはジャックの家に余りにあり、ワインの少数のガラスの後で、「考えるクローニングについての聴取の後の印卵細胞にある私は彼に尋ねた時間に細胞を取り戻すために責任があるか」。が カップルがワイン、トランスクリプション要因の専門家である印のより多くの一口体細胞のすべての遺伝子のマスターの調整装置、かなり完全に言った後、私が冗談を考えるけれども、「4つ」。 私はある何が非常に複雑である細胞の時計を回すように要求される卵細胞にことを提案する出版されたデータがあったことを私が信じたので、「感嘆符と間違っている」答えた。

但し、後でカップル年私達はたくさんのES細胞の遺伝子を見るのに破片のマイクロアレイDNA順序を使用して、何百もの細胞のタイプで私達は私達がACTCellerateを呼ぶ技術を使用して浄化した。 そしてこれらの細胞で異なっていた遺伝子を捜すのに計算機プログラムを使用して、私達はリストの上で白熱大胆な手紙で強調されて、ES細胞で活発、事実上すべての体細胞のタイプOct4、Sox2、Lin28およびNanogで不活性である4つのトランスクリプション要因ように、ほとんど 見つけた。 私はこれらの遺伝子を見、自分自身に尋ねなければならなかった、印との私の会話を、覚えているである「実際に簡単なそれでしようか。 人命の不滅の更新のマスターの調整装置を見ることができるIはか」。

これについて注意深く考えられたIとして私はクローンとして作ることが複雑だったことより早いデータがその固体、信じることを来ではなかった胚細胞がボディの専門にされた細胞に普通区別する、また細胞老化のtelomere 「時計」をという従って私達は人体の細胞に表現されたら開発の「時計」巻き戻す胚状態に戻って古い皮膚細胞(および他の多くの成人の体の細胞を)運ぶ十分にことができるマスターの調整装置としてこれらの使用の特許出願および他の関連の細菌のライン特定の遺伝子をファイルしたことを。 これが両方とも再調節しているので、私達はそれを進化の老化 の逆転と呼ぶ

ケント: この4つのトランスクリプション要因が全く働くことが科学者が、実際、分ったという事実を省いている。

DNA
調査の年齢逆転させた細胞は「Oct4」と呼ばれるマーカーのためにここに汚されてただ不滅の生殖血統に表現される蛋白質普通示されている。

西: 権利。 2007年に、日本の山中町およびウィスコンシンのジェームス トムソンは、例えばトランスクリプション要因のこの系列が全く老化.8、胚状態に戻って皮膚細胞を取る9の進化の時計を 回すことで巧妙だったことを示す最初のペーパーを出版した。 胚が彼らの派生で使用されないので、萌芽期の茎(ES)の細胞の代りに「引き起こされたpluripotent茎(iPS)の細胞」と呼ばれる。

Fahy: 技術iPSは細胞の再生薬の最先端にその後あった。 しかし問題を見つけた。 それは何であるか。

西: クローニングを実行する問題を確認して、私達は強い興味からの細胞老化の時計がどうなるか1999-2005時間枠のこの分野で働き始めた。 これらのラインおよび他が科学界で広く配られた後細胞老化の時計が彼らのiPSの細胞ラインで逆転した、従って、私達は彼らのtelomereの長さを調査し、生命の初めのために期待された長さになかったことを見たかどうかトムソンおよび山中町は注意深く見なかった。

クローニングでは、古い動物からの細胞を取り、卵細胞にその細胞か核心を移植するとき、老化の時計は巻き戻されて得る。 従って非常に古い動物からの細胞を取るのに、若者によってクローンとして作られる動物は生まれる若者である。 クローンとして作ることはちょうどそれを作成した卵およびのはずっと精液であるように体細胞を取り、不滅の細菌ライン細胞に再び変形させ、そして赤ん坊を作成する。 動物をクローンとして作ったうわさは一般に耐えられた古いである事実のためにしっかりと示されていないmyths.10。11は そう卵細胞進化の老化を逆転させる細胞タイム マシンが12そう古い 動物からクローンとして作られる動物生まれる若者であるので作用できる。13

今度は、卵細胞を使用するか、または胚を作らないでクローニングの等量を行う方法であるiPSの技術と、皆はまたに戻って細胞を起こることクローニングでである不滅、その後運ぶと初めから信じた。 しかし私達が複数の広く利用されたiPSの細胞のtelomeresを見たときに私達を見た並べる急にすべてだったことを。 すべてのiPSの細胞ラインがそこにtelomeraseを 再活性化し、ES細胞のように他では見えるがペーパーでは私達はちょうど出版した、telomeresが短く残るので、きちんと老化の時計をよりあるべきである再調節しないことを14は私達の調査示した。

よいニュースは私達が老化の時計を再調節したiPSの細胞を識別する 方法を見つけたことである。 そしてiPSの細胞の技術はクローニング程に有効急速にそして確実に老化の時計を逆転させていないがそう、私達はこのペーパーでかなり作る単に働くためにことができることを示した。 従って発生学的な開発の観点からのそしての老化の時計の点ではヒト細胞の老化をそして倫理的に非問題となる方法逆転させ、商業および現実的なスケールのする機能は深く人間の老化に介入するために再生薬に魅力的な細道をする。

ケント: しかし言ったように、iPSの細胞の大半はtelomeresの長さを維持しない。 このように作り出される何パーセントの細胞がtelomereの長さおよびtelomeraseの活動に基づいて時間に、実際、回るか。

西: これらは今でも私達が、1つ首尾よく発生させた6ラインのiPSの技術の私達の調査の最初の頃であるが、老化の時計を再調節しなさい。 そしてそう私達の現在の成功率は6から1である。 しかし当然それらの数はより大きい調査と多分変わる。

ケント: 6の1つが他と異なっているなぜか説明するかもしれない理由を知っているか。

西: 私達はtelomeresが萌芽期のtelomereの長さに戻って調整を再度ずっと得た、それすべての人間の遺伝子の遺伝子発現を測定する、telomereと関連していた、少くとも、時計が首尾よく回った細胞のマーカーのある遺伝子を識別できたDNAの破片を使用して注意深く見られて取り巧妙な細胞ラインを。

卵細胞がそれほど有効よりなぜであるかこれらの遺伝子は未知に残るが、重要な事柄はそれが実際に効率のここに問題であることである。 効率が6から1を越えて決して改善されなくても、私達にまだ商業的に実行可能な技術がある。

Fahy: 但し、十分に巧妙なiPSの細胞の作成の効率を改善できるかもしれない生殖細胞のエキスの使用のような開発の可能性をあなたのペーパーで等参照した。 計画が実際にそれを追求するあり、それは実用的なアプローチであるか。

西: はい。 私達は今私達がReCyte™を呼ぶ技術を開発している。 ReCyte™はOct4、Sox2のようなたくさんのこれらのマスターの調整装置を表現するために私達が遺伝的に設計し 患者の細胞を運ぶ少し タイム マシン であるLin28が時間に支持する欧州共同体の細胞と呼ばれる精巣の細胞を使用する。 ReCyte™は高め、ロボティックのプログラムし直すことの効率を、商業スケールでそうするようにとりわけ設計されている技術である。 私達の理解に基づいてこの技術がすべていかにの働くか、私達は信じこれが私達が細胞の老化の時計を安くそして効率的に再調節するためのプロダクトを製造し、プログラムし直すことの質を改善することを可能にすることを今日現在で作り出すことができる患者のために利用できる最も安全な、最も効果がある細胞を作る。

幹細胞
細胞老化の時計は染色体のまさに端、「telomeres呼ばれる地域に存在する」。と ここに汚された人間染色体は青い色で示され、telomeric DNAは汚された明るい黄色である。

ケント: それについて正しい今はあなたがすることができるベストは6から1である。 そして私がそれを理解するので、この技術が最も効果的に使用される方法は個人からの体細胞を取り、萌芽期そっくりの細胞に再びそれらを回すことである。 特定の個人でそう効果的にしてないというチャンスは何であるか。

西: 私達のペーパーでは私達は手動でこれらのラインを作成した、従って私達は6つの細胞ラインを、そのうちの一つだけきちんと巻き戻した時計を作った。 私達が、私達発達させているより新しいロボティック プラットホームによってその行数を著しく高めることができる。 従って、効率の改善無しで、私達は特定の忍耐強いほぼ確実ののための功を奏する結果を作るために行数を高めることができる。

Fahy: ReCyte™プロセスはBioTimeによって特許を取られるか。

西: はい。 ReCyte™はBioTimeの専有技術で、出される複数そして未決のパテントに基づき。

Fahy: また自発的にtelomeresおよびそれらを除くことを維持する細胞を選ぶプロセス上の排他的な所有権があるか。

西: 私達は選択過程のパテントの保護のために私達のペーパーのデータに基づいてこれらの細胞のタイプを識別するためにファイルした。

Fahy: あなたが得られた同じ効果を達成する代替方法があるか。 例えばインタビューで先に参照したので、人工的にずっと細胞にtelomeraseを元通りにすることは可能ので1998,3である。 あらゆる理由iPSの細胞が単にtelomerizedできなかったtelomereの維持の欠陥を訂正するためにあるか。

西: それで、私達は私達の出版物、ハーバード衛生学校からのiPSの細胞ラインのtelomerizedラインを見た。 そのラインはこのタイム マシンをembryologically働かせるこれらのに加えてtelomereとの問題があるかもしれないという確信で、細菌ライン遺伝子加えられたtelomerase、持っていた。 しかしそれらの細胞にまだ不適当に短いtelomeresがある。 そして私達がであるそのtelomeraseである全く非常に重要学んだ何をそう、ただほとんどの実験室で現在使用されるようにiPSの技術へtelomeraseを加えることは十分ではないが。

Fahy: ペーパーでは、多分iPSの細胞がtelomeresを維持していない理由が彼らは彼らの画一的な胚状態をそのうちに維持していないことであることを推測する。 それらが画一的な状態を失うかもしれないというあらゆる証拠があるか。

西: 私が言ってもいいすべては従ってある何がiPSの細胞についての殴打は類似した人間のES細胞にいかにあらゆる点であるかであることである。 1つが30,000のプラスの遺伝子を通ってスキャンし、人間のES細胞およびiPSの細胞のすべてのそれらの遺伝子の表現を見ればそれらは本質的に識別不可能である。 それは非常に困難、実際、相違を見つけるためにであり私達が相違により老化の時計のこの非能率的な再調節に引き起こすかもしれないものを見つけることは困難だった。 従って顕著な事は類似、そこにそれである技術の問題ではない。 但し、私達はペーパーで広調査されたiPSの細胞ラインの私達の調査がある実験室の細胞の悪い文化によって影響を及ぼされるかもしれないことを述べる。

iPSの細胞がさまざまな細胞のタイプを、ES細胞と比較されるニューロンのようなしてまずないというレポートがずっとある。 しかし世界のほとんどが老化の点では老人、使用している従ってそれらの調査すべてはのiPSの細胞をどの結論でもiPSの細胞の正常か異常について出すことができる前にきちんと再調節される老化の時計があるこれらの新しい細胞ラインと繰り返される必要があることを覚えていることは重要であり。

Fahy: 元通りになり、維持自然にできる細胞がtelomeres DNAの損傷がある細胞であるという可能性についての何か。

西: 私達はこれらの細胞のゲノム中SNPの分析と呼ばれ、語順換えのようなDNAの損傷の証拠を見つけることができなかった従ってこれおよび他の理由のために、私達はiPSの細胞が方法癌細胞がDNAの損傷のために維持するtelomeresそうする考える理由を持っていないことがを使用して注意深く見た。

老化の長年理論は私達の体が壊れた染色体、深刻なDNAの損傷があり、本質的に短くするtelomereに無関係傷つける細胞を集めること である。 そしてそれはほとんど確かに起こる。 それにもかかわらず、私達はまた人体に完全にそのままである 現代配列の技術と完全に細胞ラインのゲノムを配列することはちょうど少数の千ドルが今可能である細胞の多くの兆があることもわかり。 そしてそう私はそれが確かめるために品質管理の前に全く考えられない量を行うことは商業的に実行可能ことをReCyte™が原始的であるように私達が新技術、若い細胞によって私達によってが生まれたから細胞、および遺伝の損傷の重要な負荷を運ばないこと作る若者の細胞のタイプであることを信じる。

ケント: ロバートはブラッドベリーおよび他原始的な幹細胞を汚染されるか、または傷つく大人の幹細胞のプールから摘み取ることおよびそのうちのいくつかよりもむしろ最良の大人の幹細胞を持っていること述べていた。

西: 完全に正常の、重要な程度に本質的に老化しなかった百年齢の人の老化させた人間に多くの細胞が、ある。 老化の問題は人体の細胞の増加するパーセントに非常に深刻なDNAの損傷がある、私達が傍観者効果と呼ぶことを刺激するために少数だけをのそれらの細胞取ることであり; それらは人間の老化の明示に終ってその細胞のまわりで細胞の広い範囲への損害を、与えてもいい。 しかしはい、そこに細胞に、原始的なDNAがある、細胞の全人口を新しい幹細胞療法の開発へ作成するそれらの細胞の選択は1つのアプローチである幹細胞を含んで残り。

しかし私は取り戻されたとき使用すること等取扱うためにすべての細胞のタイプを人体のし、それにより医者に黄斑の退化のための老化原始的に、網膜、パーキンソン病のmidbrainの一部分、心筋最も強力なアプローチが第1キラーを、再生容量がものは何でもないし、損失が年配者の数1不平である心臓病および軟骨の聴力損失のための中耳を再生する機能を与えるプログラムし直すことのこのタイム マシンでDNAの源としてそれらの原始的な細胞をであることを信じる。

老化の観点からの胚細胞を作るそしてまた開発の時間にそれらを取り戻すことによる時間に細胞を、取り戻すことによって私達はそれらが深くティッシュを再生するようにする切断された肢を等再生させることのような原始脊椎動物で利用される発生学的な開発の早い細道の鍵を開けることを望む。

ヒト胚
telomereの実例: Telomeresはから何度も繰り返し繰り返される形作るDNA順序(TTAGGG)、私達の染色体の先端か「帽子」を成っている。 年齢の結果としてtelomeresの破損か腐食はティッシュの退化をもたらすでき事の滝を誘発できる。 telomereは染色体(左上)からほどかれることを示されている。

Fahy: ほとんどのiPSの細胞とのtelomere問題があることあなたの発見のあらゆる独立した確認があるか。 他の人々はあなたの観察に一致してある少なくとも間接印を見つけたか。

西: クローンとして作られた動物が生まれる古かったことを1999年に、私の古い会社、Geronは、Roslynの協会と共同して、発表した。 思考はそれから開発および同様に老化することを両方逆転させるほどクローンとして作ることが奇跡的であることは全く考えられないことだった。 しかし2000で私達はクローンとして作ることが実際に両方ともすることを実際にクローンとして作ることが開発および老化を両方逆転させる、その時以来確立したなることevidence11を出版し。 telomeresが元通りになることができるようにこれは十分だったとtelomeraseはiPSの細胞で再活性化されることをiPSの研究者が見た時、仮定したのはそれほど、telomeres自身を見ることなしで。

私達は少し私達がほとんどのiPSの細胞は老化の時計を巻き戻さないが、高度の細胞の技術のちょうど最近グループはすべてのiPSの細胞が見たtelomeresをとりわけ見なかったのに造血性の細胞、16に回されたとき示されていた加速された老化を並べるペーパー提示を出版したこと識別した唯一の物だったことかかわっていた。 そして私達の新しいペーパーで、14私達は私達の調査結果を助けて他の実験室からの同じようで付加的な間接的証拠を引用する。

もっと最近、ハーバードのグループはiPSの技術 によって プログラムし直すことの後でthetelomeraseの部品の1つを含む突然変異によって引き起こされた早期の老化の病気によって影響された細胞のtelomereの長さの増加を示した。15 そう科学界はこの問題に現在幾分混同し、が、答えが、それちょうど時間の100%、iPSの技術が全くヒト細胞の老化を逆転させることができることであり従って巻き戻される老化の時計があった細胞を識別することは必要ではないことであるであることを私達は信じる。

Fahy: それはいかに問題の深刻元通りになったtelomeresがなかったiPSの細胞を使用したらであるか。

西: それはすべて適用によって決まる。 心筋の場合には、心不全およびあなたに必要性のあなた専有物との新しい心筋の再生された同一あれば従って拒絶されなければ、私は細胞老化に関して萌芽期ではなかった細胞をうまく免れることができることを考える。 しかし人体の細胞の多数のため私達に私達が多くの十年と先に生まれる細胞を与えることに、私信じる、大きい利点実際にである。

例は造血性の細胞である。 老化では私達はtelomereの長さがあらゆる十年血球で短くするのを見てもいく慢性感染症のtelomeresのその短縮間の抱き合わせ販売はそして手始めおよび他の免疫の無秩序、貧血症のような、かなりよくとり上げられる。 私達が生まれたとこと私達造血性の細胞を、従って私達の免疫組織に与えることに伝染を戦うことができる細胞の強い貯蔵所が非常に望ましいある。

Fahy: 改宗者細胞Aが標的細胞B.に時間および redifferentiate で細胞戻らないで標的細胞Bに胚状態、あなたへ単に戻るかわりにiPSの細胞の技術へ代わりとしてtransdifferentiationの可能性についての話が最近ずっとある。 あなたのターゲットにちょうどまっすぐに行く。 あなたがiPSの細胞のために識別した同じ問題がtransdifferentiated細胞に関係するとiPSの細胞の技術への重要な競争相手として、考えることを見か。

西: 私はこれらを私達がトランスクリプション要因を呼ぶマスターの規定する遺伝子が細菌ラインに戻って細胞に取れるしかしまたニューロンに細胞を、皮膚細胞のような、直接持って行けることを信じる。 細菌ラインに戻って細胞を私達が細胞の老化の時計を取る利点は再調節する、また私達がの大人の細胞と比較される再生のティッシュ機能で有能予想するこれらの原始萌芽期の血統をすべてこと作る。

ケント: いかに再生薬を極めて重要である筋肉細胞取扱うことを見るおよびニューロンのような非分割の細胞をか。

西: 非増殖の細胞は老化の結果として傷つけられるか、または失われるようになることができる従って人間の長寿を拡張するために、薬はそれらの細胞およびティッシュを同様に取り替える方法がある必要がある。 例えば、パーキンソン病で、細胞はしか私達が部分的に今日扱わなくてもいく心筋の細胞の損失が心不全、今米国の一流の死因に進歩できる病気の進歩的な徴候に終って中間頭脳で、失われる。 再生薬の希望ははじめてこれらの細胞およびティッシュの再生が身に着けられていたそれらの年齢と取り替え、それにより本質的にこれらの重要な病気をはじめて治すようにすることができる医者の道具箱プロダクトへ加えることである。

ケント: 老化の結果としてちょうど非分割の細胞の損失を参照した、けれども非分割の細胞で起こるべきなtelomereの短縮と老化を一致しがちである。 非分割の細胞かで老化することによって意味するものを明白にすることができるか。

西: 私は老化のメカニズムについての老化リサーチにこの討論がある、telomereの仮説の評論家は議論の1つとしてこれを使用するのでの上で、Saulこと嬉しく持って来た。 私は2つの事を指摘する。 最初に、非分割の細胞が付いているほとんどのティッシュは、頭脳および中心のような、そのうちに分かれる細胞のまた完全である。 頭脳の場合には、分割の細胞はアストロサイトと呼ばれ、中心にstromal繊維芽細胞である。 そしてそう、私の考えではそれは分割の細胞が重要なペースメーカーであることができるので老化の頭脳および中心に於いての細胞老化の役割に対して証拠としてこれらのティッシュを指すためにもっともらしい。 2番目に、非分割の細胞のtelomeraseの活動の欠乏はまた正常な摩耗および破損の結果として壊れたtelomeresを修理する無力を与えることができる。 従って、私達は起こる非分割の細胞の退化的な変更がtelomeraseのないreplicative老衰からの欠乏の結果としてあるかもしれない。

Fahy: 頭脳の非分割の細胞の取り替えのための自然な先例がある。 頭脳はneurogenesisと呼ばれるプロセスの新しい細胞をいつも作る。 これは記憶が配られる、従って取り替えることは頭脳の細胞を非分けて実行可能ようであるところの海馬で特に活発である。

ケント: 新しいニューロンは学習および記憶を援助する神経の幹細胞からの海馬で発達させることができることそれが本当の間、老化の記憶そして他の認識機能の損失を防ぐか、またはパーキンソン病およびアルツハイマー病のような年齢関連の病気の開発を防ぐために、このナチュラル プロセスはほぼ十分に健康働かない。 多分若いの個人の人格を見なす記憶および情報を含んでいる頭脳のニューロンを取り替えたら付加的な神経の幹細胞の導入これらの問題を解決危険これらのニューロンにない健康なニューロン、その情報および人のアイデンティティがもよい部分的または完全に失われないためにできるがか。

西: もちろん。 再生薬の目的は修理に、明らかに、人体あり、プロセスの個人のアイデンティティを維持するために、そう最終的に私達はあなたが述べているこの独特な問題を注意深く見る必要があり頭脳の特定の場所を見なす。

ケント: 多分正常に機能しないニューロンを完全に取り替えてよりもむしろ、私達はこれらのニューロンで符号化される記憶に影響を与えないかもしれないこれらのニューロンの各部分を取り替えることによってそれらを修理できる。

西: 私は提案している何を丁度のための多くの潜在性があることを考える。

私達の時間の認刻極印の1つは私達が老化について考える方法で範例を移している。 人間の脳のニューロンが増殖しないし、今私達にこれらの引っくり返す細胞がことができる科学的な証拠の思考で完全な回転があるという確信の石で何年も前にそれが、神経生物学者置かれなかった。 これは私達が今日述べていることをに一貫している、種類医者が身に着けられていた老化とそれらの取り替えるの新しく、若い細胞を再生することを可能にすることができる再生薬。

ケント: どんな証拠、それら活性化させるあなたがそれらを注入したまたはあなたが活性化させることを試みたシステムをならない区域を一度人のボディにこれらの若い細胞をもたらすという考えを支えなければか。

西: 発生学の研究の歴史では、胚細胞およびずっとティッシュを移植しているひよこのような異なる鳥の種類とウズラの間に科学者が、頻繁にずっとある。 スポイトかメスによって、どこにある、およびscarless再生を促進するためにであるか確認するすくわれ、対応するティッシュに移植しことができることを私が意味するこれらの原始胚細胞は珍しくプラスチックことそして私達が見る何をそこにであるか。 老化の人体が病気プロセスと漸進的に正常に機能しなく、ますます破壊されている間、私達がボディに入れることを想像する細胞はどこにあり、ものを必要があるか確認するできる可塑性の驚くべき量の細胞である。

これを見る単純な方法はtelomeraseが抑圧され、老化を引き起こすために多くのこれらの変更により起こった前に進化のそれ早く、原始脊椎動物維持した彼らの萌芽期の可塑性をあり、私達はまだある動物のこれを今日見ることができる。 私が先にに言及したので、あなたが足を断ち切ることができるサンショウウオの種が彼らの中心のまた更に彼らの頭脳の大きい固まりを取除くことができるありティッシュは再生する。 腕は断ち切られた、血管および神経および筋肉および骨および軟骨、適切な場所のすべてが付いている新しい作用の肢があるところで右に育ち。 それはこれらの胚細胞にある、それはHaseltineがこの分野の再生薬に洗礼を施した理由ビルである再生容量および可塑性のタイプであり。

ケント: もう一つの可能性は不滅iPSの細胞の使用の結果として癌を得るあることができることである。

卵細胞
Michael West、PhD CEO、BioTime、Inc。

西: それは可能である。 何人かの科学者は人間が癌で死なないで住んでいる限り住むためにことを、人体の事実上すべての細胞の不滅になる遺伝子のtelomeraseを消すために選ばれる進化仮定する。 結果は私達の寿命に私達に遺伝の限界を与えたが、また癌への私達の露出を限ったことである。 私達が私達の赤ん坊を再生し、育てたら、私達は種を続けるのを助けそれは老齢期がもとで死ぬことは発展の観点から良い。

しかしiPSの細胞だけが細菌ライン国家で不滅であることを覚えていることは重要である。 私達が人体の早い細胞の血統にそれらを回せば、telomeraseは止まる。

ケント: 厳しいカロリーの制限は老化することは遅れたが、伸ばしたり癌の発生を同様に延期することを示す最高の寿命を。 問題はそう両方とも 同時に演説することができる。

西: 私はあなたの楽天主義を共有する。 私は新技術によってtelomereの短縮と癌間の関係のより完全な理解と結合された腫瘍を目標とし、破壊することを目指したことを私達歩く方法を見つけてもいいその綱渡り信じる。 私達が老化の主要な原因を除去し、劇的に人間の老化また更に人命のスパンの質を改善すれば、それは私達がますますそれから癌の問題に直面しなければならないことほとんど確実性である。 それはヒト生物学のちょうど現実である。

ケント: 私達は遅らせか、または老化を逆転させ、そして癌の加えられた危険と交換に私達の最高の健康な寿命を増加することのチャンスがあったら、私は癌が多くの場合予防可能、治療が可能であるが、老化することがこれまでのところそうではないので多くの人々が多分その危険を取ることを考える。

Fahy: 癌の大人手始めの形態すべてはやり過ぎられるには余りにも長いtelomeresを持っていることからのよりもむしろtelomereの短縮によっておそらく引き起こされるので 性質の抗癌性装置としてtelomereの短縮の使用がかもしれないことに17ようである! また、不滅の幹細胞はボディのある場所に既にある、今までのところではほとんどの人々は癌で死なない。

ケント: iPSの細胞の技術に基づく最初の療法が人間に利用できることをいつ予想するか。

西: 承認の厳しい規定する重荷の米国では、多くの年かかることができる。 中国のような他の国では、およびインド、米国より非常に洗練された、大きい医学の確立そして大きい老齢人口がある。 中国の場合には、後毛赤ん坊ブームの生成は米国の第二次世界大戦後赤ん坊ブームの生成よりかなり大きい。 私はこれらの技術が米国でよりわずか時間以内にそこに実行されることを信じる。 世界でどこもそれを強調するためにしかしそれは重要、再度、である利用できる今日これらの技術である。 私は人々を急がせ、ずっと証明された安全および有効ではない療法を追求しないようにせき立てる。


グレゴリーM. Fahy、PhDの主な科学的な役人および副大統領の21世紀な薬 Saulケントの共同出資者、生命延長基礎
グレゴリーM. Fahy、PhD
主な科学的な役人および副大統領、
21世紀な薬
Saulケント
共同出資者、
生命延長
基礎

老化の津波は私達の方法と増大のヘルスケアの費用に直面される国の経済にヘルスケアを必要として結果で悲惨、個人であることを行っている来ている。 私の考えでは、私達に今科学技術が年齢関連の退化的な病気を逆転させ、深く老化のコース自体に影響を及ぼすために次の10年中に新しい医学療法の開発によってこの津波のために準備するべきある。

この切迫したヘルスケアおよび経済恐慌に直面して彼らの研究に資金を供給するために、多くのgerontologistsは首都のために手を差し伸べている。 規制当局の許可によってこれらの新しい療法を進めることは重要な資本支出を要求する。 人間を扱うのにこれらの技術が使用することができること日は開発を進めるために雇うことができる科学者の数に完全に依存している。

私はこのプロジェクトの初期の財政の助けに生命延長基礎に感謝するこの機会を取りたいと思う。 今度はそれは老化の基礎研究に資金を供給する議会の時間である。 現われる赤ん坊ブームの人口は銀行を壊すことを脅す。 私達の未来はバランスにある。

Fahy: 療法の未来にこの老化を戦うこと非常に重要で、戦略的な一見にあなた、先生Westに、感謝しなさい。

参照

1. Cooke HJのスミスBA。 人間X/Yのpseudoautosomal地域のtelomeresの可変性。 ばねのHarb冷たいSymp Quant Biol。 1986年; 51のPt 1:213-9。

2. Olovnikov AM。 polynucleotidesの型板の統合のmarginotomyの原則。 Dokl Akad Nauk SSSR。 1971年; 201(6): 1496-9。

3. Bodnar AG、Ouellette M、正常なヒト細胞へのtelomeraseの導入による細胞の寿命のFrolkis Mの等延長。 科学。 1月1998日16日; 279(5349): 349-52。

4. トムソンJA、Itskovitx-Eldor J、Shapiro SSの等ES細胞ラインは人間のblastocystsから得た。 科学。 11月1998日6日; 282(5391): 1145-7。

5. Shamblott MJ、Axelman J、培養された人間の原始の生殖細胞からのpluripotent幹細胞のWang Sの等派生。 Proc国民のAcad Sci。 11月1998日10日; 95(23): 13726-31。

6. Cibelli JB、Kiessling AA、Cunniff K、Richards C、Lanza RP、西MD。 人間の体細胞の核移動: 核兵器支持派および早い萌芽期の開発。 J Regen Med。 2001;2:25-31.

7. Lanza RP、Cibelli JB、西MD。 人間の治療上のクローニング。 Nat. Med。1999年; 9月5(9)日: 975-7。

8. Takahashi K、Tanabe K、定義された要因による大人の人間の繊維芽細胞からのpluripotent幹細胞のOhnuki Mの等誘導。 細胞。 11月2007日30日; 131(5): 861-72。

9. Yu J、Vodyanik MA、SmugaオットーK、Antosiewicz-Bourget Jは人間の体細胞から、等引き起こされたpluripotent幹細胞ライン得た。 科学。 12月2007日21日; 318(5858): 1917-20年。

10. Shielsのページ、親切なAJ、クローンとして作られたヒツジのtelomereの長さのキャンベルKHの等分析。 性質。 9月1999日; 399(6734): 316-7。

11. Lanza RP、Cibelli JB、Blackwell C、等senescent体細胞からクローンとして作られる動物の細胞の寿命そしてtelomereの長さの延長。 科学。 4月2000日28日; 288(5466): 665-9。

12. Kishigami S、和歌山S、Hosoi Yの等体細胞の核移動: 独特なdiploidゲノムの無限再生。 Exp.の細胞Res。 6月2008日10日; 314(9): 1945-50年。

13. Jang G、洪SG、Oh HJ、等。 クローンとして作られたトイ プードルは老化させたメス犬から得られた体細胞から作り出した。 Theriogenology。 3月2008日15日; 69(5): 556-63。

14. Vaziri、H. Chapman、KB、Guigova、Aの等transcriptionalプログラムし直すことに続く正常なヒト細胞の進化の老化の自発の逆転。 Regen Med。 3月2010日16日。

15. Agarwal S、Loh YH、McLoughlin EMの等dyskeratosisの生来の患者からの引き起こされたpluripotent幹細胞のTelomereの延長。 性質。 3月2010日11日; 464(7286): 292-6。

16. Feng Q、Lu SJ、Klimanskaya Iの等人間によって引き起こされたpluripotent幹細胞の展示物からのHemangioblasticの派生物は拡張を早い老衰限った。 オンライン幹細胞。 2月2010日12日。

17. DePinhoのRA。 癌の年齢。 性質。 11月2000日9日; 408(6809): 248-54。