生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2010年1月
ニュース

高いFolateの取入口は人の聴力損失のより低い発生と関連付けた

高いFolateの取入口は人の聴力損失のより低い発生と関連付けた

サンディエゴで今年握られた耳鼻咽喉科学ヘッドおよび首の外科基礎年次総会及びOTOの博覧会の2009人のアメリカ人アカデミーはより古いmen.*の聴力損失の開発に対してBのビタミンのfolateのための保護効果を見つけたボストンのBrighamそして女性の病院で行なわれた研究の提示の場所だった

研究のために、ヨセフShargorodsky、MDおよび彼の同僚は1986年に医療専門家のフォローアップの登録に40-75年齢だった26,273人のオスの歯科医、検眼医、整骨療法家、薬剤師、podiatristsおよび獣医からのデータを分析した。 健康および食餌療法のアンケートはfolateを含む複数のビタミンの取入口のレベルのために2年毎に分析された、完了した。 2004で完了したアンケートは調査の始めから診断された聴力損失の情報を得た。

フォローアップの間に、3,559人は聴力損失を開発した。 連合が条件と他のビタミンの取入口の間で注意されなかったが、食糧および補足からのfolateの取入口が関係者の最も高い20%の中にあった60上の人は最も低い第5でそれらと比較された聴力損失を開発する危険の21%の減少があった。 しかしfolateの生物学的利用能を妨害できるアルコールの取入口はfolateの取入口と聴力損失の間で観察された関係にアルコール取入口が最も高かった人持っていたより大きいビタミンB12の取入口との聴力損失の減らされた危険を影響を与えなかった。

調査は将来食事療法と聴力損失間の関係を検査する最初の大きい疫学の研究である。 「葉酸の補足が高齢者の低頻度のヒアリングの低下を遅らせたこと私達のグループのfolateの取入口と事件の聴力損失間の連合前のデータ提示に一貫している」、は著者書く。

「folateの取入口と聴力損失間の関係の年齢の影響のための考えられる解釈は老齢期のグループのfolateの吸収不良およびfolateの枯渇の高められた流行である。 より高い葉酸の取入口はこの年齢別グループの最適のfolateの必要性を満たして必要かもしれない」。

— Daynaの染料

参照

*耳鼻咽喉科学ヘッドおよび首の外科。 10月2009日5日; 141(3): P95.

毒制御統計量は補足の安全を証明する

毒制御統計量は補足の安全を証明する

米国の国民の毒データ システムから利用できる最新の統計量に従って2007年にビタミンか食餌療法の鉱物によって引き起こされた1つの死がなかった。 毒コントロール センターのアメリカ連合の132ページの年報は多数のビタミンからの ジャーナル臨床 毒物学ショーのゼロ死で出版した; Bのビタミンの何れかからのゼロ死; ビタミンA、C、D、またはEからのゼロ死; そして他のどのvitamin.*からの死も0点規正しなさい

なお、食餌療法のミネラル補足からの2007年にゼロ死があった。 これはカルシウム、クロム、亜鉛、コロイド銀、セレニウム、鉄、またはmultimineral補足から不運がなかったことを意味する。 六十一の毒中心は医学29および臨床毒物学者によって見直される米国の国民の毒データ システムにデータを全国で提供する。 2007年に、NPDSは薬剤および他の摂取された材料からの1,597不運を報告した。 1つの死はビタミンか食餌療法のミネラル補足が原因ではなかった。

— Jon Finkel

参照

* Clin Toxicol。 12月2008日; 46(10): 927-1057。

保護効果は照射損傷に対してイチョウのために見つけた

保護効果は照射損傷に対してイチョウのために見つけた

低い放射の国際ジャーナルの2009 10月11日、 問題で出版されたレポートは 照射損傷に対してイチョウのbilobaのための 保護効果 に証拠を加えた。 イチョウのbilobaは 葉が中国薬で何世紀にもわたって使用されてしまった木種である。 イチョウの葉のエキスは細胞のほぼ全部品を攻撃するDNA.*を含む遊離基の掃除を助けるbilobalidesおよびginkgolidesと呼ばれる酸化防止混合物を含んでいる

記事では事故か職業露出過度の間に起こる放射能漏れに対してイチョウのエキスの保護効果を評価する、テグの放射能および医学および同僚の韓国の協会のチャンMo Kangは放射線誘発のプログラムされた細胞死(apoptosis)のための試金の使用を記述する。 1つの実験では、老化したガンマ線に露出される前のイチョウのエキスまたは9%の食塩水の4つの集中の1と人間の提供者18から50からの白血球は扱われた。

研究者はイチョウと扱われたそれらの中のapoptotic細胞で重要な線量依存した減少を見つけた。 放射線誘発のapoptosisがイチョウと扱われなかった照射された細胞のほぼ3分の1に起こる間、数はハーブの高い濃度と扱われた細胞の5%以下に低下した。

別の実験では、マウスはイチョウのエキスとまたは全身の電離放射線を受け取る前後に塩扱われた。 放射を経なかったマウスは制御として役立った。 動物の脾臓の検査はイチョウを受け取らなかった照射された動物の脾臓はかなりより小さかったが、イチョウとの処置が放射を受け取らなかった動物のそれと対等な器官のサイズを維持したことが分った。

調査結果の彼らの議論では、著者は細胞有害な遊離基および反応酸素種が環境の化学薬品、特定の薬剤への、そして正常な老化の間の露出を含む多数の条件の下の超過分で、発生させることができることに注意する。

「放射前に管理されるイチョウのエキスのradioprotective効果がオハイオ州の根本的な掃気活動が原因であることこれらの結果」、は著者を書く示す。 「従って、イチョウのエキスは遊離基に対してradiosensitive器官の保護のために有用なべきである」。

— Daynaの染料

参照

* Int J低いラド。 10月2009日11日; 6(3)。

  • ページ
  • 1
  • 2