生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2010年2月
私達がそれを見るように

慢性の空腹なしでカロリーの制限の利点を収獲しなさい


ウィリアムFaloon著

カロリーの制限を競争する実用的な選択

カロリーの制限を競争する実用的な選択

科学的なデータは頑丈に残りのカロリーの取入口があなたの寿命を短くすること文書化する。87,88は 皆滋養分を減らすとき別様に答えるが、ほとんどの人々は少なくとも適度に 毎日消費するカロリーの数を減らすことができる。

しかしほとんどの個人はまだべきであるより多くを食べる。 幸いにも、消化酵素の活動を禁じる多数の方法が あり こうして余分なカロリーの吸収の致命的な効果からのボディのほとんどを 倹約する。 吸収されたカロリーの数を減らす積極的な3ヶ月の計画はほとんどの食事の前に次の栄養素および 薬剤を 取ることを含む:

  • Orlistat 120 mg (リパーゼの enzyme* 28,31,35,40,41を禁じる
  • Acarbose 50-100 mg (アルファ グルコシダーゼの酵素42,43,57,59を禁じる
  • 最大限に活用されたIrvingia 2つの帽子(付加的な メカニズムによってアミラーゼ、 アルファ グルコシダーゼ およびサッカラーゼの酵素、機能カロリーの減少29,44,48,52を促進するために禁じる
  • 紅茶のtheaflavins 300-350 mg (またorlistat 30はリパーゼを、有効に禁じなさい

ある個人のために、あまりを 食べた 後リパーゼを 引き起こす胃腸不快を禁じる薬剤はorlistatを好む。 この薬剤を使用して90日間の試験の提案の1つの目的は強力により健康な終生の食餌療法パターンについての教育することである。 例えば、余分な脂肪のカロリーを消費し orlistatを取り続ければ結果は便通の後に洗面所の脂質でいっぱいの糞便の多くである。 あなたの洗面所でこの脂肪質に現われることが吸収されるためにあなたの寿命を短くすることができる)にあなたの血流(予定されたことを理解することはより少しを食べるように動機を与えるかもしれない。 同様に、アルファ グルコシダーゼ、アミラーゼおよびサッカラーゼの抑制剤の前で余分な炭水化物の取入口と関連付けられる消化が良い不快は危なく簡単な炭水化物の取入口を減らすために誘惑するかもしれない。 これをまだ把握しなかったら、すべてのすることへの役得はこれ残りの体脂肪の損失である。

致命的なビジネスおよび家族の儀式

あなたがたの多くは公衆衛生局長官が1964年に喫煙の致命的な効果を宣言したときに生きていた 私はやめると喫煙者をことが」彼らのタバコ楽しまれる彼らたいそう「その当時言うことをリコールする。 これらの個人のほとんどは苦しむ煙ら誘発の病気から死ぬことの後で結局、やめた。

致命的なビジネスおよび家族の儀式

アメリカ人はビジネスか家族の儀式として今日特大朝食、昼食、夕食および軽食をようにタバコおよび他の習慣性の物質の代わりになる、時々摂取する。 麻薬の常用を治すため、1つの重要なステップは環境から他の麻薬常用者を取除くことである。 食糧常習によって、これは頻繁に同業者および家族が食べすぎることによってあなたの健康および 長寿の 破壊を助ける一定した誘惑を提供するので不可能である。

私は私のための規則的に予定された食事時間にあることを起こらなければ私は食事上のまたは食糧の前の議論を保持しないこと食事に私と実務を論議したいと思う人を言う。

私は私の私が普通食べない食糧をことを消費するように勧誘によって私の寿命を短くするように努めていることよく個人を望むことを訴えることを躊躇しない。

私はあなたがたの多くが適当なカロリーの制限を練習することは難しいと思うかもしれないことを意識する。 そういうわけで私達は消化酵素を禁じ、カロリーの制限の遺伝子発現の効果の一部をまねるために示されていた栄養素を使用して食べすぎることによって、引き起こされる致命的な遺伝子発現の変更を減らすことによって 残りの カロリーの吸収の妨害の選択を提供する。

カロリーの制限に応じて起こる好ましい遺伝子発現の変更の 一部をまねるためには、 毎日の線量の 次の栄養素から 成っているCalorie RestrictionのMimetic方式と呼ばれる新しい栄養方式は開発された:

紅茶のエキス(ツバキのsinensis)

300 mg

ケルセチン

150 mg

TRANSPterostilbene

3 mg

TRANS Resveratrol

250 mg

ブドウの種からのOligomeric proanthocyanidins

50 mg

健康に敏感な人々が大量服用のビタミンD3および魚油のような既に、取る 他のいくつかの 栄養素 およびこれらは、 好意的に遺伝子発現を変えるために示されていた。89-101

私達は刺激的な時代に住んでいる!

科学者は生命延長メンバーが毎日と補う栄養素 医療補助を認可し続ける。 しかし最近これらの好ましい効果はこれらの栄養素の機能にだけカロリーの制限 に応じて起こる 遺伝子発現の変更をまねる つながった。72, 101-105

最近出版された研究の爆発性の容積は彼らの細胞DNAの若々しいですかsenescent 遺伝子発現 パターンを維持するかどうかについて 老化する 人間が 途方もない 程度の制御を出すことができることを示す。106-108

私達は刺激的な時代に住んでいる!

若々しい遺伝子発現はレベル20-40%にカロリーの取入口を低く減らすこと維持することができる 典型的 である よりによってまだすべての必要な栄養素およびビタミンを得ている間。13,109-113 最新の調査は適度な カロリーの 制限食が猿の 退化的な病気 の巨大な減少を作り出すことを示す。13

十分に彼らの滋養分を切ってない人はまだ混合物に(orlistat acarbose、および/または新しい最大限に活用されたIrvingiaの方式 のような)そのブロックの 消化酵素の 活動を 取ることによって 摂取されたカロリーの 吸収を禁じる ことができる。

すべての最終的に、そして最も刺激的、カロリーの制限によって引き起こされる 好ましい 効果の多数をまねるために示されていた栄養素がある(pterostilbeneおよびresveratrol のような)。102-104,114-116 これらの低価格の栄養素は彼らの細胞DNAが遺伝子を青年促進するか、またはsenescent引き起こすことを表現するかどうか定める前例のない力 人間に 与える。 人間は決して 老化させる 率の制御をそれほど楽しまなかった!

年で低価格の高度のNutritionalFormulas

二十年以上のために、 生命延長 メンバーは彼らの好みの栄養 公式を得るのに 年次極度の販売を利用した。

生命延長は より有効な健康支える栄養素を提供するために方式を ほとんど 毎年改善する。 ここ数か月間では、私達は健康な細胞分裂を維持するために 細胞のmitochondria 、標準化されたアピゲニンおよび耐久性がある炎症性共同条件から保護する新しい植物の混合物に吸収されるかなりよりよいubiquinol CoQ10の 新しい形態を もたらした。

今月の問題では、助けが若々しい遺伝子発現の変更を覚醒させることを栄養素 について あなたの血流に吸収される不必要な ブドウ糖 量を減少する新しい炭水化物のブロッカー(サッカラーゼ)と共に、学ぶ。

生命Extension® プロダクトを購入する 度に、目指す研究に貢献し根本的に健康な人間の寿命を拡張する。 昨年、 生命延長基礎は 科学的なプロジェクトの記録的な数に資金を供給した。

従来の冬の極度の 販売の間に、 すべての 生命延長 方式はメンバーが年の低価格で最新版を得ることができるように割引かれる。

2010年2月1日のメンバーまで世界のほとんどの 前衛派の 人生の延長公式で貯蔵するのに極度の販売の 割引を 利用しなさい。

長い生命のため、

長い生命のため

ウィリアムFaloon

参照

1. McCay CM、Crowell MFのMaynardのLA。 寿命の長さと最終的なサイズに遅らせられた成長の効果。 1935. 栄養物。 1989日5月6月; 5(3): 155-71。

2. Weindruch R、Walford RL。 1年齢に始めているマウスの食餌療法の制限: 寿命および自発癌の発生に対する効果。 科学。 3月1982日12日; 215(4538): 1415-8。

3. Weindruch R、Walford RL、Fligiel S、Guthrie D。 食餌療法の制限によるマウスの老化の遅滞: 長寿、癌、免除および寿命エネルギー取入口。 J Nutr。 4月1986日; 116(4): 641-54。

4. Raffoul JJ; 郡野Z; Soofi A; Heydari AR。 熱の制限およびゲノムの安定性。 J Nutrの健康の老化。 1999;3(2):102-10.

5. Roth GS、Ingram DKは、Aの車線MAを黒くする。 老化の生物学に対する減らされたエネルギー取入口の効果: 霊長目モデル。 Eur J Clin Nutr。 6月2000日; 54のSuppl 3: S15-20.

6. 車線MA、Ingram DK、Roth GS。 ヒト以外の霊長類の老化の栄養調節。 J Nutrの健康の老化。 1999; 3(2):69-76.

7. 雑草JLの車線MA、Roth GS、Speer DL、Ingram DK。 活動は長期カロリーの制限のアカゲザルで測定する。 Physiol Behav。 7月1997日; 62(1): 97-103。

8. Hsieh EA、シェCM、Hellerstein MK。 マウスの複数のティッシュの細胞増殖に対する熱の制限の効果: 断続的な供給の役割。 AM J Physiol Endocrinol Metab。 5月2005日; 288(5): E965-72.

9. 年齢準癌に対する熱の制限のWeindruch R. Effect。 Exp. Gerontol。 1992日9月12月; 27 (5-6): 575-81。

10. 齧歯動物のWeindruch R. Dietaryの制限、腫瘍および老化。 J Gerontol。 11月1989日; 44(6): 67-71。

11. Martins C、モーガンLM、Robertson MD。 正常重量の個人のインシュリンの感受性に対する抑制された食べる行動の効果。 Physiol Behav。 3月2009日23日; 96 (4-5): 703-8。

12. Lefevre M、Redman LM、Heilbronn LK、等単独でおよび練習の熱の制限は健康な非肥満の個人のCVDの危険を改善する。 アテローム性動脈硬化。 3月2009日; 203(1): 206-13。

13. Colman RJのアンダーソンのRM、ジョンソンSCは、等熱の制限アカゲザルの病気の手始めそして死亡率を遅らせる。 科学。 7月2009日10日; 325(5937): 201-4。

14. Norcross JC、Mrykalo MS、Blagys MD。 古いLang Syne: 新年のリゾルバーおよびnonresolversの成功の予言者、変更プロセスおよび自己報告された結果。 J Clin Psych。 2002;58(4).

15. 突進欧州共同体、Chandu Vの板LD。 移住性のアジア インド人の古いより50年の生活様式の変更による腹部の脂肪質および慢性疾患の要因の減少。 アジアPac J Clin Nutr。 2007;16(4):671-6.

16. Calabro P、Yehと。 内部腹部のadiposity、発火および心血管の危険: 全体的なcardiometabolic危険への新しい洞察力。 Curr Hypertens Rep。 2月2008日; 10(1): 32-8。

17. Laaksonen DE、Lakka TA、LakkaのHM等。 中年の人の新陳代謝シンドロームおよび総および心循環器疾患の死亡率。 JAMA. 12月2002日4日; 288(21): 2709-16。

18. Kopp W。 食餌療法の炭水化物のatherogenic潜在性。 Prev Med。 5月2006日; 42(5): 336-42。

19. チャンはエネルギー不均衡および肥満にX、チャンG、チャンH、カーリンM、Bai H、CAI D. Hypothalamic IKKbeta/NF-kappaBおよびERリンクovernutritionに重点を置く。 細胞。 10月2008日3日; 135(1): 61-73。

20. Lacquemant C、Vasseur F、Lepretre F、Froguel P. Adipocytokins、タイプ2の糖尿病の肥満および開発。 Med Sci (パリ)。 12月2005日; 21 Spec No10-8。

21. Danielsson A、Fagerholm S、Ost Aは、等短期に食べすぎること細い人間の題材の脂肪細胞のインシュリン抵抗性を引き起こす。 Med Molの。 2009日7月8月; 15 (7-8): 228-34。

22. Galili O、Versari D、Sattler KJは冠状endothelial機能障害および酸化圧力と、等早い実験肥満関連付けられる。 AM J Physiolの中心Circ Physiol。 2月2007日; 292(2): H904-11.

23. タイプ2の糖尿病を持つ人々のマイクロおよびmacrovascular複雑化への基底および後prandial hyperglycaemiaの家のP. Contributions。 Curr Med Res Opin。 7月2005日; 21(7): 989-98。

24. Ardigo D、Valtuena S、Zavaroni I、Baroni MCの糖尿病のDelsignore R. Pulmonaryの複雑化: glycemic制御の役割。 Currの薬剤はInflammのアレルギーを目標とする。 12月2004日; 3(4): 455-8。

25. Eckel RH、Grundy SM、Zimmet PZ。 新陳代謝シンドローム。 尖頭アーチ。 4月2005日16-22日; 365(9468): 1415-28。

26. Grattagliano I、Palmieri VO、Portincasa P、Moschetta AのPalasciano G. Oxidativeの圧力誘発の危険率は新陳代謝シンドロームと関連付けた: 統一的な仮説。 J Nutr Biochem。 8月2008日; 19(8): 491-504。

27. 百万人の女性の体格指数に関連するReeves GK、Pirie K、Beral V、等蟹座の発生そして死亡率は調査する: グループ調査。 BMJ. 12月2007日1日; 335(7630): 1134。

28. Henness S、ペリーCM。 Orlistat: 肥満の管理の使用の検討。 薬剤。 2006 66(12):1625-56.

29. Juhel C、Armand M、Pafumi Y、バラ色C、Vandermander JのLairon D.の緑茶のエキス(AR25)は胃およびduodenal中型の生体外のトリグリセリドの脂肪分解を禁じる。 J Nutr Biochem。 1月2000日; 11(1): 45-51。

30. Kobayashi M、Ichitani M、Suzuki Yの等黒茶ポリフェノールはラットの食餌療法脂肪のリンパ輸送の抑制によってpostprandial hypertriacylglycerolemiaを抑制する。 J Agricの食糧Chem。 2009;57(15):7131–6.

31. Pinkston MM、Poston WS、Reeves RSのコダラCK、テイラーJE、Foreyt JP。 新陳代謝シンドロームはorlistatおよび生活様式の修正と1年のために扱われる太りすぎのメキシコ系アメリカ人の女性の減量を軽減するか。 重量Disordを食べなさい。 3月2006日; 11(1): e35-41.

32. Hosoda K、Wang MF、Liao MLの等タイプ2の糖尿病のoolongの茶のAntihyperglycemic効果。 糖尿病の心配。 2003 26:1714-8.

33. Fukino Y、Ikeda A、丸山町K、Aoki N、Okubo T、Iso H. Randomizedはブドウ糖の異常に対する緑の茶エキスの粉の補足の効果のための試験を制御した。 Eur J Clin Nutr。 8月2008日; 62(8): 953-60。

34. 林のCL、黄HC、林JK。 Theaflavinsは人間HepG2細胞のAMPKの活動化によって肝臓の脂質の蓄積を減少させる。 Jの脂質Res。 11月2007日; 48(11): 2334-43。

35. Filippatos TD、Gazi、Liberopoulos EN、等。 肥満の患者の小さく密なLDLおよび脂蛋白質準のホスホリパーゼA2に対するorlistatおよびfenofibrateの、単独でまたは新陳代謝シンドロームとの組合せの効果。 アテローム性動脈硬化。 8月2007日; 193(2): 428-37。

36. Hodgson JM、Puddey IB、Burke V、Beilin LJ、飲む緑および紅茶の血圧に対するヨルダンN. Effects。 J Hypertens。 4月1999日; 17(4): 457-63。

37. RiemersmaのRA、米エバンズ カリフォルニアのTyrrellのRM、Clifford MNは、私を傾かせる。 茶フラボノイドおよび心血管の健康。 QJM. 5月2001日; 94(5): 277-82。

38. Nagao T、Hase T、Tokimitsu I。 カテキンで高い緑茶のエキスは人間の体脂肪そして心血管の危険を減らす。 肥満(Silver Spring)。 6月2007日; 15(6): 1473-83。

39. Yung LM、Leung FPのWongの重量、等茶ポリフェノールは管機能に寄与する。 Inflammopharmacology。 10月2008日; 16(5): 230-4。

40. Rössner S、Sjöström L、Noack R、Meinders AE、肥満のためのorlistatとの処置2年の後のNoseda G.の減量、重量の維持および改善された心血管の危険率。 Obes Res。 1月2000日; 8(1): 49-61。

41. Shi YFの鍋CYの丘J、最近診断されたタイプ2の糖尿病を持つ太りすぎか肥満の中国の患者の処置の高Y. Orlistat。 Diabet Med。 12月2005日; 22(12): 1737-43。

42. Oyama T、Saiki A、Endoh K、等タイプ2の糖尿病の血清の脂蛋白質のリパーゼの固まりのレベルそして総頸動脈intima媒体の厚さに対するacarbose、sulfonylureaによって扱われるアルファ グルコシダーゼの抑制剤の効果。 J Atheroscler Thromb。 6月2008日; 15(3): 154-9。

43. Hanefeld M、Chiasson JL、Koehler C、Henkel E、Schaper F、Temelkova-Kurktschiev T. Acarboseは損なわれたブドウ糖の許容の主題の頸動脈のintima媒体の厚さの進行を遅らせる。 打撃。 5月2004日; 35(5): 1073-8。

44. Udani JのSinghのBB。 炭水化物の吸収および減量の妨害: 所有物を使用して臨床試験は白い豆のエキスを分別した。 Altern Therの健康Med。 2007日7月8月; 13(4): 32-7。

45. Celleno L、Tolaini MV、D'Amore A、Perricone NV、Preuss HG。 標準化されたPhaseolusのvulgarisエキスを含んでいるサプリメントは太りすぎの人および女性のボディ構成に影響を及ぼす。 Int J Med Sci。 1月2007日24日; 4(1): 45-52。

46. チャンXQ、Ma Y私の、ヤンTian J、歌JR。 白い腎臓豆からのアルファ アミラーゼの抑制剤の分離そして活動。 矢尾Xue Xue Bao。 12月2007日; 42(12): 1282-7。

47. Udani J、丈夫なM、Madsen DC。 炭水化物の吸収および減量の妨害: 段階2のブランドの所有物を使用して臨床試験は白い豆のエキスを分別した。 Altern MedのRev. 3月2004日; 9(1): 63-9。

48. Lamela M、Anca J、Villar R、オテロJ、Calleja JM。 複数の海藻エキスのHypoglycemic活動。 J Ethnopharmacol。 11月1989日; 27 (1-2): 35-43。

49. Iwai K. Antidiabeticおよび遺伝的に糖尿病性KK-Aの褐藻のEckloniaのstoloniferaのポリフェノールの酸化防止効果(y)マウス。 植物食糧によってはNutrがぶんぶんいう。 12月2008日; 63(4): 163-9。

50. チャンJ、耕うん機C、センJ、等茶色海藻Ascophyllumのnodosumからの多糖類のおよびpolyphenolic富ませた一部分のAntidiabetic特性。 J Physiol Pharmacolはできる。 11月2007日; 85(11): 1116-23。

51. で利用できる: http://www.naturalproductsinsider.com/news/2009/12/insea2-reduces-glycemic-response.aspx#。 2009年12月2日アクセスされる。

52. Omoruyi F、アダムソンI. Digestiveおよびstreptozotocin誘発の糖尿病性のラットの肝臓の酵素はdikanut (Irvingiaのgabonensis)およびセルロースの補足に与えた。 アンNutr Metab。 1993; 37(1):14-23.

53. Oben JE、Ngondi JL、Momo CN、Agbor GAのSobguiのCS。 減量の管理のCissusのquadrangularis/Irvingiaのgabonensisの組合せの使用: 二重盲目の偽薬制御の調査。 脂質の健康Dis。 3月2008日31日; 7:12。

54. Ngondi JL、紀元前のEtoundi、NyangonoのCB、Mbofung CM、Oben JE。 IGOB131の西アフリカの植物のIrvingiaのgabonensisの新しい種のエキスは、かなり体重を減らし、ランダム化された二重盲目の偽薬によって制御される調査の太りすぎの人間の新陳代謝変数を改善する。 脂質の健康Dis。 3月2009日2日; 8: 7。

55. Oben JE、Ngondi JL、によって仲介されるadipogenesisのIrvingiaのgabonensisの種のエキス(OB131)のBlum K. Inhibition PPARgammaおよびレプチンの遺伝子の規則およびadiponectinの遺伝子の規則。 脂質の健康Dis。 11月2008日13日; 7:44。

56. 供給osaki S、Kimura T、Sugimoto T、Hizukuri SのIritani N.Lアラヒノースの供給はは食餌療法のサッカロースおよびラットのtriacylglycerolのレベルによるlipogenic酵素の増加を防ぐ。 J Nutr。 2001:131:796-9.

57. 損なわれたブドウ糖の許容およびタイプ2の糖尿病のacarboseのZeymer U. Cardiovascularの利点。 Int J Cardiol。 2月2006日8日; 107(1): 11-20。

58. Aronson JK。 Meylerの内分泌および新陳代謝の薬剤の副作用。 ニューヨーク、NY: Elsevier科学; 2009.

59. Hanefeld M、Cagatay M、Petrowitsch T、Neuser D、Petzinna D、Rupp M. Acarboseはタイプ2の糖尿病性の患者の心筋梗塞のための危険を減らす: 7つの長期調査のメタ分析。 Eurの中心J. 1月2004日; 25(1): 10-6。

60. Ungvari Z、ParradoフェルナンデスC、Csiszar A、de Cabo R.のメカニズム根本的な熱の制限および寿命の規則: 管の老化のための含意。 Circ Res。 3月2008日14日; 102(5): 519-28。

61. Fontana L、Villareal DT、Weiss EP、等カロリーの制限または練習: 冠状心臓病の危険率に対する効果。 ランダム化された、管理された試験。 AM J Physiol Endocrinol Metab。 7月2007日; 293(1): E197-202.

62. Fontana L、マイヤーTE、Klein S、Holloszy JO。 長期カロリーの制限は人間のアテローム性動脈硬化のための危険の減少で非常に効果的である。 Proc国民のAcad Sci米国。 4月2004日27日; 101(17): 6659-63。

63. McCarty MF。 Glucomannanはpostprandialインシュリンのサージを最小にする: hepatothermic療法のための潜在的なアジェバント。 Medの仮説。 6月2002日; 58(6): 487-90。

64. 劉S、Willett WC、Manson JE、等重量の食餌療法繊維の取入口および穀物のプロダクトおよび変更および中年の女性間の肥満の開発の変更間の関係。 AM J Clin Nutr。 11月2003日; 78(5): 920-7。

65. Reyna-Villasmil N、バーミューデスPirelaはV、MengualモレノE、等オートムギ得られたベータ グルカンかなりHDLCを改善し、穏やかな高脂血症の太りすぎの個人のLDLCそして非HDLコレステロールを減少する。 AM J Ther。 3月2007日; 14(2): 203-12。

66. Poppitt SD、van Drunen JD、McGillの、Mulvey TB、Leahy FE。 オオムギのベータ グルカンが付いている高炭水化物の朝食の補足は食事ない飲料のためのpostprandial glycaemic応答を改善する。 アジアPac J Clin Nutr。 2007;16(1):16-24.

67. Bhansali A、prediabetesのDutta P. Pathophysiology。 JインドMed Assoc。 11月2005日; 103(11): 594-5。

68. Petersen KF、ShulmanのGI。 インシュリン抵抗性の病因学。 AM J Med。 5月2006日; 119 (5つのSuppl 1): S10-6.

69. Emral R、Koseoglulari O、Tonyukuk V、等。 gliclazideの短期glycemic規則およびpostprandial lipemiaに対するmetforminの効果。 Exp. Clin Endocrinolの糖尿病。 2月2005日; 113(2): 80-4。

70. ドイツJCのSanthosh-KumarのCR、Kolhouse JF。 非インシュリン依存した糖尿病のmetforminの効力。 NイギリスJ Med。 1月1996日25日; 334(4): 269-70。

71. Paolisso G、Amato L、metforminのEccellente Rの等肥満の主題の滋養分に対する効果。 Eur J Clinは投資する。 6月1998日; 28(6): 441-6。

72. 炎症性マーカーに対するOrdovas J. Diet/遺伝の相互作用および効果。 NutrのRev. 12月2007日; 65 (12のPt 2): S203-7.

73. Raffoul JJ; 郡野Z; Soofi A; Heydari AR。 熱の制限およびゲノムの安定性。 J Nutrの健康の老化。 1999 3(2):102-10.

74. Ardigo D、Valtuena S、Zavaroni I、Baroni MCの糖尿病のDelsignore R. Pulmonaryの複雑化: glycemic制御の役割。 Currの薬剤はInflammのアレルギーを目標とする。 12月2004日; 3(4): 455-8。

75. チャンSC、Ziegler RG、Dunn B、等前立腺、肺、大腸のpostmenopausal乳癌が付いているエネルギー取入口そしてエネルギー・バランスの連合、および卵巣癌のスクリーニングの試験。 蟹座のEpidemiolのBiomarkers Prev。 2月2006日; 15(2): 334-41。

76. Fujita A、橋本Y、Nakahara K、田中T、Okuda T、病気の活動に対する低カロリーの完全菜食主義者の食事療法および慢性関節リウマチの患者の普通約款のKoda M. Effects。 Rinsho Byori。 6月1999日; 47(6): 554-60。

77. Anderssonそう、Wolk A、Bergström R、等エネルギー、栄養取入口および前立腺癌の危険: スウェーデンの人口ベースの場合制御の調査。 Int Jの蟹座。 12月1996日11日; 68(6): 716-22。

78. 身体活動の鍋SY、DesMeules M、Morrison H、Wen SW、等肥満、高エネルギーの取入口、欠乏、および腎臓癌の危険。 蟹座のEpidemiolのBiomarkers Prev。 12月2006日; 15(12): 2453-60。

79. Dahl A、Hassing LB、Fransson E、等。 太りすぎの内部の中年で遅い生命のより低い認識能力そしてより急な認識低下と関連付けられる。 J Gerontol Biol Sci Med Sci。 4月2009日6.日。

80. Heilbronn LK、de Jonge L、Frisard MI、等長寿のbiomarkersに対する6ヶ月のカロリーの制限の効果、太りすぎの個人の新陳代謝の適応および酸化圧力: ランダム化された管理された試験。 JAMA. 4月2006日5日; 295(13): 1539-48。

81. Laaksonen DE、Lakka TA、LakkaのHM等。 中年の人の新陳代謝シンドロームそして総andcardiovascular病気の死亡率。 JAMA. 12月2002日4日; 288(21): 2709-16。

82. Dekker JM、Girman C、ローデスT、等Hoornの新陳代謝シンドロームおよび10年の心循環器疾患の危険は調査する。 循環。 8月2005日2日; 112(5): 666-73。

83. Calle EE、Kaaks R. Overweight、肥満および癌: 疫学的な証拠および提案されたメカニズム。 Cancer Nat. Rev。 8月2004日; 4(8): 579-91。

84. よりきたないC、Teutenberg K。 インシュリン、インシュリンの成長因子および頭脳の老化およびアルツハイマー病に於いてのインシュリン低下の酵素の役割。 神経のPlast。 2005;12(4):311-28.

85. Pasman WJ、Heimerikx J、Rubingh CM、等。 生体外のCCK解放、食欲の感覚および後menopausal太りすぎの女性の腸のホルモンに対する韓国の松の実オイルの効果。 脂質の健康Dis。 3月2008日20日; 7: 10。

86. 少しTJ、Horowitz M、食欲制御および体重の規則に於いてのcholecystokininのFeinle-Bisset C. Role。 ObesのRev. 11月2005日; 6(4): 297-306。

87. Flegal KMのGraubardのBI、ウィリアムソンDF、ゲイルMH。 余分な死は重量不足、太りすぎと、および肥満関連付けた。 JAMA. 4月2005日20日; 293(15): 1861-7。

88. Fontaine KRは、DT、Wang C、Westfall AO、アリソンDBを赤くする。 生命の年は肥満が原因で失った。 JAMA. 1月2003日8日; 289(2): 187-93。

89. Bouwens M、van de Rest O、Dellschaft Nの等魚油の補足は人の血液の単核の細胞の炎症抑制の遺伝子発現のプロフィールを引き起こす。 AM J Clin Nutr。 8月2009日; 90(2): 415-24。

90. Eyles D、Almeras L、Benech P、Patatian A、Mackay-Sim A、McGrath JのFéron F. DevelopmentalのビタミンDの不足は遺伝子の表現を大人のラットの頭脳の符号化のミトコンドリア、cytoskeletalおよびシナプス蛋白質変える。 JのステロイドBiochem Mol Biol。 3月2007日; 103 (3-5): 538-45。

91. Lagouge M、Argmann C、Gerhart-Hines Zの等Resveratrolはミトコンドリア機能を改善し、新陳代謝の病気から活動化SIRT1およびPGC-1alphaによって保護する。 細胞。 12月2006日15日; 127(6): 1109-22。

92. 陳HW、リーJY、黄JYの等クルクミンは腫瘍のサプレッサーHLJ1を通して肺癌の細胞の侵入および転移を禁じる。 蟹座Res。 9月2008日15日; 68(18): 7428-38。

93. Vanoirbeek E、Eelen G、Verlinden Lの等MCF-7乳癌の細胞のマイクロアレイの分析は1,25-dihydroxyvitamin D3か17メチルDリング アナログと扱った。 抗癌性Res。 9月2009日; 29(9): 3585-90。

94. Aneja R、Odoms KのDenenberg AG、Wong時間。 Theaflavin、紅茶のエキスは、新しい炎症抑制の混合物である。 Critの心配Med。 10月2004日; 32(10): 2097-103。

95. 陳YC、梁YC、林Shiau SY、Ho CT、林JK。 TPA誘発のプロテイン キナーゼCおよびNIH3T3細胞の紅茶からのtheaflavin3,3' digallateによるトランスクリプション活性剤蛋白質1の結合の活動の阻止。 J Agricの食糧Chem。 4月1999日; 47(4): 1416-21。

96. 林YL、林Shiau SY SH、Tsai Ho CT、林JK。 紅茶からのTheaflavin3,3' digallateは大食細胞のNFkappaBの活発化の調整によって一酸化窒素のシンターゼを妨げる。 Eur J Pharmacol。 2月1999日19日; 367 (2-3): 379-88。

97. 林JK。 調整信号のtransductionの細道による茶ポリフェノールによる蟹座のchemoprevention。 アーチPharm Res。 10月2002日; 25(5): 561-71。

98. bode AMの東Z. Signalのtransductionの細道: 皮膚癌のchemopreventionのためのターゲット。 尖頭アーチOncol。 11月2000日; 1:181-8。

99. 茶エキスのLynコックBD、ロジャースT、沿Y、等Chemopreventiveの効果および人間の膵臓および前立腺の腫瘍の細胞のさまざまな部品生体外で。 Nutrの蟹座。 1999;35(1):80-6.

100. BeltzのLA、バイヤーDKのコケのAL、Simet IM。 緑および紅茶のポリフェノールによる癌防止のメカニズム。 抗癌性の代理店Med Chem。 9月2006日; 6(5): 389-406。

101. リーCK、Pugh TD、Klopp RG、Edwards J、アリソンDB、Weindruch R、Prolla TA。 寿命のアルファlipoic酸、補酵素Q10および熱の制限およびマウスの遺伝子発現パターンの影響。 自由なRadic Biol Med。 4月2004日15日; 36(8): 1043-57。

102. ピアソンKJ、Baur JA、ルイスKNの等Resveratrolは年齢関連の悪化を遅らせ、延長寿命なしで食餌療法の制限のtranscriptional面をまねる。 細胞Metab。 8月2008日; 8(2): 157-68。

103. Baur JA、ピアソンKJの価格NLの等Resveratrolは高カロリーの食事療法のマウスの健康そして存続を改善する。 性質。 11月2006日16日; 444(7117): 337-42。

104. Barger JLは、T、Vann JMを、等ノックアウトする。 食餌療法のresveratrolの低い線量は部分的に熱の制限をまね、マウスの老化変数を遅らせる。 PLoS 1。 6月2008日4日; 3(6): e2264.

105. Crujeiras AB、Parra D、Milagro FI、等酸化圧力の差動表現および発火は低カロリーの食事に応じて周辺血の単核の細胞の遺伝子を関連付けた: Nutrigenomicsの調査。 OMICS. 12月2008日; 12(4): 251-61。

106. Caramia G.オメガ3: タラ レバー オイルからnutrigenomicsへの。 Minerva Pediatr。 8月2008日; 60(4): 443-55。

107. ジャンプDB。 N-3肝臓の遺伝子のトランスクリプションのpolyunsaturated脂肪酸の規則。 Curr Opin Lipidol。 6月2008日; 19(3): 242-7。

108. Kornman K、Rogus J、RohシュミツトHの等Interleukin1の植物による炎症性仲介人の遺伝子型選択的な阻止: nutrigeneticsの概念実証。 栄養物。 11月2007日; 23 (11-12): 844-52。

109. ケネディBK、ステファンKK、食餌療法の制限および老化のKaeberlein M. Ruminations。 細胞の生命MolのSci。 6月2007日; 64(11): 1323-8。

110. Guarente LのPicard F. Calorieの制限--SIR2関係。 細胞。 2月2005日25日; 120(4): 473-82。

111. Dilova、I.、Easlon、E.および林、S. Calorieの制限およびシグナリング細道を感じる栄養素。 細胞の生命MolのSci。 2007;64:752-67.

112. 陳D、Guarente L. SIR2: カロリーの制限のmimeticsのための潜在的なターゲット。 傾向Med Molの。 2007;13:64-71.

113. Longo VD。 sirtuins、IGF-Iシグナリングおよび飢餓の連結。 Exp. Gerontol。 2009;44:70-4.

114. Rimando AM、Cuendet M、Desmarchelier C、Mehta RG、Pezzuto JMのSO公爵。 chemopreventive蟹座およびpterostilbeneの酸化防止活動、resveratrolの自然発生するアナログ。 J Agricの食糧Chem。 6月2002日5日; 50(12): 3453-7。

115. ヨセフJA、フィッシャーDR、チェンV、Rimando AM、Shukitt丈夫なB. Cellularおよびスチルベンのresveratrolのアナログの行動効果: 老化の有害な効果を減らすための含意。 J Agricの食糧Chem。 11月2008日26日; 56(22): 10544-51。

116. Cichocki M、Paluszczak J、Szaefer H、Piechowiak A、Rimando AM、Baer-Dubowska W. Pterostilbeneはマウスの表皮の禁止の12 O tetradecanoylphorbol 13アセテートによって活動化させるNFkappaB、AP-1、COX-2およびiNOSのresveratrolとして均等に有効である。 食糧MolのNutrのRes。 6月2008日; 52のSuppl 1: S62-70.

  • ページ
  • 1
  • 2