生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2010年2月
私達がそれを見るように

慢性の空腹なしでカロリーの制限の利点を収獲しなさい


ウィリアムFaloon著
ウィリアムFaloon
ウィリアムFaloon

歴史の 最も重要な 反老化の発見は1935年に なされた。 その年では、ラットは年齢関連の病気 遅らせられた手始めと共にカロリーの制限食に達成された根本的延長中間および最高の寿命、与えた。1

見つけるこれが前に75年出版されてから、ほ乳類のたくさんの実験は栄養不良のない undernutritionが 深遠な 反老化の 効果を 引き起こす こと認可した。2-10 だけでなく、カロリーによって制限される動物の生きている大いにより長いが、正常与えられた制御よりずっと健康に残る。

人間のグループが同じようなカロリーの制限食を消費したときに、老化(余分なブドウ糖、コレステロール、トリグリセリドのLDL)の慣習的な血のマーカーは多くに低レベル落ちた。11,12

これまでに最も重要な見つけることで、アカゲザルの2グループは20年間 調査された。 適度に制限食に 置かれた グループは 3 の要因によって年齢関連の病気の 発生を減らした! 癌および心循環器疾患は制御 と比較された 適当なカロリーによって 制限された グループで半分よりより少しだった。 適当なカロリーのどれもグループによって開発された糖尿病を 制限しなかったし、 またはこれらの猿の通常高い流行にもかかわらずブドウ糖の許容を、損なわなかった。 穏健派のカロリーの減少がある特定の地域 頭脳の容積を維持したことを興味深い見つけること示されている。13 常態の老化は頭脳の収縮と一緒に ニューロンが 失われると同時に伴われる。

慢性の空腹なしでカロリーの制限の利点を収獲しなさい

生命Extension®の この問題は カロリーの制限の 有利な 効果の多数を達成するために実用的な選択の提供に 専用されている。 私達の目的は減らされたカロリーの取入口の驚くべき年齢遅れ、病気保護の効果を担当するかもしれない私達のメンバーのボディの好ましい変更を引き起こすのを助けることである。

個人的な責任を作る時期

この記事を読んだ後、私はあなたのそれぞれがあなたが毎日摂取する余分なカロリーのいくつかを減らすことを望む。 私はそれ権利ほとんど、決してこれらの余剰年齢加速の砂糖および脂肪を 逃さない と約束してもいい。 単一のカロリーを切ってなくて私達はいかに寄与できるかそれにもかかわらず示そうと思っている。

新年の決断をするそれらの調査は46%が6かの 数か月 後に迎合的であることを示した。人々が より健康で、長い生命の間努力するとき14この時期の間に、私はあなたのほとんどが少なくとも余分な滋養分をことを削減すること 成功することを信じる。

私達はすべてあまりを食べる

カロリー密で有毒な食糧は豊富、安くそして重く広告されてである。 当然ボディが要求する何をそう多くの子供 および 大人がずっと多くをより食べる。

余分なカロリーの取入口は私達の血流を慢性的に「膨れさせるブドウ糖、インシュリン、コレステロール、脂肪、ホモシステインおよび他の親炎症性誘因物と」。 耐久性がある血流の 積み過ぎは 癌、打撃、心臓発作、老衰、苦痛な発火および事実上その他すべての年齢関連の疾患に私達をし向ける。15-27

余分な カロリーを 消費することは健康な 長寿の 達成からの私達を排除する年齢関連の病気の 開発の 促進によって私達の平均寿命のスパンを短くする。

カロリーの消費過剰は別の険悪な効果をもたらす。 多くの科学者は私達の寿命が 私達の 体を若々し健康な状態で 作用するために プログラムする遺伝子によって主として制御されることを信じる。 私達が余分なカロリーを消費するとき、私達によりこれらの遺伝子のいくつかは私達に対して回り、加速された老化および に貢献する。

私達が摂取された カロリー の量や効果を減らせば、結果はより好ましい 遺伝子発現のプロフィールである。 非常に肯定的な効果は私達が生命より長く、より健康な住むのを助ける。

摂取されたカロリーの 影響を 制御することは余分なカロリーの露出が退化的な病気の危険を高めることおよび老化を加速することによって寿命を減らすと同時に、科学に基づく長寿プログラムの必要な部品になる。

従って私達のほとんどはあまりを食べていることを理解するので、それについての何かを すること に実用的なアプローチ述べよう。

あなたが吸収するカロリーの数を 減らしなさい

あなたが吸収するカロリーの数を減らしなさい

食べられる食糧は消化酵素によって私達の 血流に 吸収される前に最初に破壊されなければならない。 例えば食餌療法脂肪は胃および 小腸のリパーゼの酵素によって破壊される。 食事の前に120にリパーゼ禁止の 薬剤の orlistat mgを取ることは30%。28食餌療法の 脂肪呼吸を減らす

従っておよび紅茶の ポリフェノールはまた リパーゼを禁じ 、脂肪すべてを吸収しないでより多くの カロリーを 食べることを1つが可能にする。後食事の (血のpostprandial)トリグリセリドの高度の即時の抑制があった紅茶 からの theaflavinsがラットに管理された時、29,30実際。 科学者は「膵臓のリパーゼの活動 の阻止に帰因させたこれらの結果を」。30

薬剤が30% 脂肪呼吸を 引き起こす 重要な減量を 減らす orlistatを好むと 考えるかもしれない。 厳しい現実は調査の主題が食餌療法の脂肪質取入口を減らし、1 のちょうど20.5ポンドを失うために orlistatを取らなければ ならないことである。 これらのデータは私達のほとんどが食べすぎる驚くべき程度を明らかにする。すなわち、 食餌療法の脂肪呼吸が 30% 減る時でさえ31、私達はまだ余りにも多くの脂肪質のカロリーで取る。

調査は緑か紅茶のポリフェノール または orlistat)の 消費に応じて、血ブドウ糖の相当な減少、トリグリセリド、コレステロールおよび他の管の危険率が行われることを示す。32-41 これらの同じ変更は11,12 1つがカロリーの取入口を減らすと、それを 提案する余分なカロリーが吸収されることを可能にするブロックの消化酵素に ステップを 踏むべきであるあまりを食べ続ける人起こる。

西部の食事療法はカロリーの 重荷 に加える余りにも多くの精製された炭水化物を含んでいる。 摂取された 炭水化物は 酵素サッカラーゼ アミラーゼおよび グルコシダーゼによって吸収のために 破壊される。 1つは各食事の前にacarbose (グルコシダーゼの抑制剤)と呼ばれる薬剤の50-100 mgの取得によって「低炭水化物」の食事療法に続く効果の一部を得るかもしれない。42,43

炭水化物の吸収を遅らせるかもしれない 栄養素は 白い 腎臓豆( アミラーゼの抑制剤)、44-47InSeaの (特別な海藻からのアミラーゼおよびグルコシダーゼの抑制剤を含んでいる)、48-51Irvingia アミラーゼの抑制剤) 52-55および Lアラビノース サッカラーゼの抑制剤)を含んでいて。56は 新しい 最大限に活用された Irvingiaの 方式 でこれらの炭水化物鈍くなる 栄養素 すべて含まれている。

臨床調査は単独でacarboseの取得に応じてブドウ糖、インシュリンおよびトリグリセリドのレベルの重要な 減少を 確認する。57-59 これらの効果はまた1つがカロリーの取入口を制限すると行われる。 臨床調査はacarboseに応じて心臓発作率の劇的な減少を示す。59は 滋養分が限られている実験調査でこの同じ種類の血管疾患の危険の減少観察された。これが 示すものは60-62そのリパーゼ、アミラーゼ、グルコシダーゼおよびサッカラーゼの酵素の禁止によってカロリーの制限食に 続くことの利点のいくつかを 得る かもしれない である。

従って食事が炭水化物の吸収を遅らせる前に消費の溶ける食餌療法繊維、postprandialインシュリンのスパイクを鈍くする。63-66 これはカロリーの吸収を妨害し、カロリーの制限の効果をまねるのを助力のもう一つの方法である。

あなたの遺伝子発現を改善しなさい

少数のカロリーの消費に応じて、若々しい活力を支持する遺伝子発現は改善される。 、一方では食べすぎることは、病気および加速された老化の手始めを支持する病理学の遺伝子発現を引き起こす。72,73

あなたの遺伝子発現を改善しなさい

最近まで、好ましい遺伝子発現のプロフィールを達成する唯一の方法は熱の制限 によってあった。 1990年代後半背部は、生命延長Foundation® によって資金を供給された研究 科学者がカロリーの制限の間に起こる遺伝子発現の変更とさまざまな混合物の 効果を (resveratrolのような)比較することを可能にした。

これらの実験がカロリーの 制限 の間に 観察される 有利な遺伝子発現の変更の多数をまねる栄養素を 識別するのに使用されていた。 今月の問題を読取るので、栄養素の生命Extension®の メンバーの 多数は長年に渡って取って、少数の新しいものは、好意的に カロリーの制限 の間に起こる遺伝子発現の変更に影響を及ぼす。

科学者が長寿に影響を与える遺伝子の表現の総制御を得れば、人類は生物的不滅を達成するかもしれない。その時間は着くまで私達が今私達の健康および長寿に影響を及ぼす遺伝子の表現の少なくとも制御を出してもいいことを知るために、慰めている。

まねる新しい植物の エキスの 発見によって遺伝子発現の 変更の 一部はカロリーの制限 、1に応じて 適切な補足を毎日取ることによってundereatingの長寿の利点の多数を楽しむことができる観察した。

適当なカロリー制限それは考える程に困難ではない!

余りにも多くの人々のために、おびただしい滋養分は習慣性の薬剤になった。 栄養Irvingiaおよび薬剤の metforminが 制御の下で私の 食欲を 保ち、私をより少しをたくさん食べることを可能にする私はそうより私使用したに満足している。 効果的に食欲を抑制するが、これらは私が必要としたすべてである薬剤および他の栄養素がある。

私は残りのカロリーでむさぼり食うことを逃さない。 1つの理由は人々が致命的な病気をなぜ開発するか理由を論議する科学的な記事の私の規則的な検討である。 多くの病状のために、 「過剰な[余分な・高過ぎる・多すぎる・余剰]エネルギー 取入口として」の記述されている食べすぎることは)癌からの 、血管疾患 へ、関節炎へ、そして老衰への何でも開発するための独立した危険率である。74-79

私は練習する個人と規則的に多数がである極度なカロリーの制限言うことを話す。 媒体は見独特であるとしてCBSのニュースの60分、オプラ・ウィンフリー ショーに、 そしてニューズウィークの雑誌好意的に 特色になったほど これらの 個人を。

何カロリー日を消費するか私が最も有名なカロリーのリストリクターの2つを頼んだときに、Meredith Averillの取入口は毎日およそ1,600である が彼が およそ1,900を食べることをポールMcGlothinは私に 言った 。 これらの数に基づいて、私はポールかMeredithが過度に彼ら自身を奪い取っていることを考えなかった。 衝突の食事療法で行く時々1,000カロリー以下消費している日人々は、絶対に悲惨で、急速に失った重量を取り戻す。 ポールおよびMeredithは、一方では、言う彼らの「幸福生物化学」を活動化させなくて、決して福利の彼らの精神状態および物理的な健康状態を妥協するより多くの食糧を食べることを考慮しないことを。

戦いの炭水化物の積み過ぎ

高齢者達は意味する損なわれたブドウ糖の許容に 苦しむためにが本当らしい ボディがきちんと摂取する砂糖を利用してないことを。 この条件は頻繁に不必要な体重増加、 新陳代謝シンドロームやタイプ2の糖尿病 として 臨床的に明示する。67,68

戦いの炭水化物の積み過ぎ

人々がより健康な食べるパターンを採用することを試みるけれども老化ボディはインシュリンに負けた細胞感受性によってそれらを 可能にする。 結果は炭水化物の取入口が限られている時でさえ、たくさんのティッシュ有害なブドウ糖は に残り、次に余分な体脂肪に変えることである。

積極的にカロリーの制限を練習する人以外、ほとんどの老化の人々の欠乏 毎日摂取する 炭水化物のカロリーを処理する新陳代謝容量。 幸いにも、炭水化物の積み過ぎの致命的な効果の戦いへ実用的な解決がある。

私達はある特定の炭水化物消化の酵素の活動との干渉によって、 血ブドウ糖の レベルが 落ちることを ことを 、知っている トリグリセリドおよびC反応蛋白質のような 管の 危険率と共に。

アメリカの食事療法は事実上あらゆる年齢関連の 病気 の役割を担う炭水化物と慢性的に積み過ぎられる。 多くの人々はglycemic制御を取り戻すために次の炭水化物の消化酵素の すべての3 の活動を禁じる必要がある:

  1. アミラーゼ
  2. グルコシダーゼ
  3. サッカラーゼ

幸いにも、acarboseと呼ばれる低価格の 薬剤は 効果的にグルコシダーゼを禁じる。42,43は InSea™と呼ばれる特許を取られた栄養 混合物 アミラーゼを禁じ、Lアラビノースを含んでいる 新しい特許を取られた原料がサッカラーゼを抑制する 間、グルコシダーゼ、48-51白い腎臓 豆のエキス44-47はおよびIrvingiaアミラーゼ 52-55を抑制する。56は これらの炭水化物の酵素の禁止の栄養素新しい最大限に活用されたIrvingiaの 方式 で利用できる 。 Acarboseは処方薬として利用できる。 余分なブドウ糖およびインシュリンのレベルの減少でさらにもっと積極的でありたいと思う人は彼らの医者にmetforminを規定するように頼む べきである。69-71 この薬剤はインシュリンの増感剤としてだけでなく、機能するが、付加的なメカニズムによって血ブドウ糖の負荷を減らすために作用する。 私は一日に三回に 個人的にほとんどの 人々が250-500だけmgを一日に三回取るけれども、850にmetformin 2 のmgを 持って行く(食事の前に)。 Metforminは非常に低価格のジェネリック医薬品として利用できる。

戦いの炭水化物の積み過ぎの あなたの目的は 血の86のmg/dLの下で 絶食の ブドウ糖の レベルを運転することである。 私は栄養素、薬剤、および/または生活様式の変更があなたのために働いていることを確かめるためにあなたの血を広範囲プログラムの開始の2か月以内にテストしてもらうことを提案する。

この記事の始めに私は驚くべき長寿の利点を達成するのに適度なカロリーの 制限だけ 利用したアカゲザルの調査を記述した。 すべてから私達は今日知っていて、ようであなたがたの多くが少なくとも適度なカロリーの減少のルーチンの方に 移住し 、ことができるよりよくそうする感じる。

それほど私達の食欲の渇望は心理的である。 私はビジネス夕食にしばらく前にあり、8オンスのフィレ・ミニョーンを発注した。 私が終わったときに、私は私がより大きい部分を発注するべきであると考えた。 後で数夜、私は同じレストランで12オンスのサイズを発注し、不快に完全に感じた。 これは私達が実際にとき」意識させる私達は食糧の大きい部分が嫌というほど与えられることを必要とすることを私に私達が「いかに考えるか。 (私はまれにところで、小さい部分だけ通常ビーフを月数回食べない。)

私が規則的な人々と食事し、単一の食事で摂取するカロリーの巨大な量愕然としないことは困難である。 私はこれらの個人はそう多くの余分なカロリーとの彼ら自身をむさぼり食うことから膨れるが私が食事の結論でよりよく感じることを知っている。

残りの食糧摂取はボディへ毒であるという1つが 事実を受け入れれば、少なくとも適当な程度の熱の削減を 練習することは 容易である。

空腹のないカロリーの制限!

(JAMA )米国医師会医学総合誌で出版された調査では 熱の制限の効果は6ヶ月間にわたる太りすぎの大人のグループで測定された。80

調査結果は減らされた滋養分に応じてそれを、絶食のインシュリンの レベル 落ちた示した。 余分なインシュリンを減らすことは「インシュリン積み過ぎ」が心臓病、癌、盲目、打撃、Alzheimerおよび他の年齢関連の病気の危険性を高めるので重要である。81-84

JAMAの調査の最も刺激的な見つけることは彼らのカロリーの取入口を制限したグループで失われた重量の量だった。 適当な熱制限のグループは非常に低カロリーのグループは脂肪質の固まりの32%の減少を達成した が、体脂肪の固まり 24%の減少を経験した。空腹が 低カロリーの食事にとどまることからのほとんどの人々を排除する要因であるので80これらの調査結果を複製できるかどうか疑問に思うかもしれない。

幸いにも、ヨーロッパで発見された植物のエキスはpinolenic 酸を 示されていたstimulatory効果をもたらさないで食欲を抑制するために呼んだ。 この植物のエキスは調査の関係者が36%。85彼らの滋養分を減らしたほど空腹に効果的にかかわる 根本的なメカニズムを攻撃する

Pinolenicの酸は 松の実から得られるpolyunsaturated脂肪酸である。 それはホルモンのcholecystokinin (CCK) 86およびグルカゴンそっくりの ペプチッド1 (GLP-1)を抑制する 空腹の 分泌を刺激する。 pinolenic酸を使用して人間の臨床調査からの結果は早いsatietyと共に」食べる減らされた「欲求を明らかにする。85

毎日のカロリーの取入口を減らすために食欲を抑制するように努めるそれらはほとんどの食事 の前にNatural Appetite制御と呼ばれるpinolenic酸含んでいる 補足の3つの カプセルを取るべきである。

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2