生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2010年8月
レポート

CTのスキャンおよびX線からあなたのDNAを保護しなさい
研究は電離放射線に対して栄養盾を支える

ロバートKlein著
S-adenosylmethionine (同じ)

S-adenosylmethionine (同じ)

S-adenosylmethionineは(同じ)重大な酸化防止グルタチオンの細胞レベルを維持するために必要の強力なメチル基の提供者である。DNA のために(それ故に癌の保護)きちんと作用できない修理し、重大な79,80の酵素は同じのようなメチルの提供者がない時。81 それ電離放射線実際に動物モデルの同じレベルを抑制することを私達が学んだ早い2010で。82 動物の同じレベルを、一方では増加することは、電離放射線からのDNAの損傷を最小にした。82

ビタミンおよび跡の鉱物

「エース」のビタミン(A、CおよびE)分子構造の結果として提供によって証明される酸化防止保護。 これらのビタミンおよび他の酸化防止剤の高い取入口は放射線誘発の染色体の損傷から航空会社の操縦者、83を 高度で働く人の職業上の危険保護する。 実際、エースの補足は高い放射線レベルから宇宙飛行士を保護する「宇宙食」として提案された。84

ビタミンおよび跡の鉱物

ベータ カロチンは地域からの子供の処置でチェルノブイリの核事故の結果として、ビタミンAの前駆物質最初に臨床的に使用された。 補足は放射線誘発の酸化させた脂質の量を減らした。85の 対照動物の調査はビタミンAが癌をもたらすことができる放射線誘発の遺伝子発現の異常を逆転できることを示した。86-88 他の調査はビタミンAが他の放射線の影響を改善し、癌性細胞の死を高めることを示す。89の まだ他の調査はビタミンAが実際に健康な細胞の放射線誘発の死を防ぐことができることを明らかにする。90

グルタチオンのような自然な酸化防止システムとともにビタミンCは、酸化損傷から、助けDNAおよび染色体を保護する。91-93 ビタミンCはまた人の血液の細胞の放射線誘発の死を禁じる。94 非常に、ビタミンCは染色体を不安定にし、癌性突然変異を引き起こす放射線誘発の「長命基」を妨害できる(LLRs)。95は 両方の古典的な基に逆らう機能およびLLRs放射から遺伝の損傷を防ぐことで重大かもしれない。95

ビタミンCのように、ビタミンEは遊離基を一度形作る安定させ、毒性を、radioprotectionで重大な効果減らす。7 重大に、ビタミンEは同時に正常な細胞を保護している間癌のティッシュに対する放射の成長禁止の効果を高める。96の 動物実験はビタミンEが死ぬことからガンマ線の別の方法で致命的なレベルへの露出の後でかなりマウスを保護することを示す。97 陰謀的に、この効果はcytokinesの調節の結果である; それは放射によって抑制される新しい血球形成の貴重な増加と一緒に伴われる。97,98

X線の技術者間の驚くべき調査はちょうど強力な酸化防止ビタミンがある場合もあるかいかに明らかにする。 放射線学の技術は精巧な保護によって名目上保護されるが、まだ寿命の間に放射の不自然にハイ レベル--にさらされる。 その結果それらはティッシュの酸化のハイ レベルがありがちである。 しかし技術のグループが15週間ビタミンC (500 mg)およびE (150 mg)と毎日補われたときに、ティッシュの酸化のマーカーは落ち、自然な酸化防止剤のレベルは(赤血球のグルタチオンのような)かなり上がった。99

ビタミンCのように、ビタミンEは遊離基を一度形作る安定させ、毒性を、radioprotectionで重大な効果減らす。

跡の鉱物

スーパーオキシドのディスムターゼ、カタラーゼおよびグルタチオンの過酸化酵素すべてのような私達の内生酸化防止システムは機能のための補足因子として跡の鉱物によって決まる。 それはそれらの鉱物、電離放射線への全身の抵抗を支えるために極めて重要な特に亜鉛およびマンガンを作る。 亜鉛はオキシダントの損傷からの放射性ヨウ素によって引き起こされる彼らの赤血球への保護されたラットを補う。100,101 そして亜鉛補足放射線誘発の損傷から骨髄、ない腫瘍の細胞を、保護した。102 mitochondria以来莫大な量の遊離基を、である照射損傷に特に敏感作り出しなさい。 亜鉛およびマンガンは両方動物実験の強力なmitochondria特定のradioprotectionを提供する。103

他の有効なRadioprotective栄養素

他の有効なRadioprotective栄養素

私達が注意したように、強力な酸化防止活動のほとんどの栄養素はCTスキャンから放射能漏れから私達の保護を助けると期待することができる。104 私達が論議したそれらに加えて、DNAの損傷から骨髄の細胞を保護するspirulinaのエキスによってradioprotectionのための十分な証拠行う。105 Melatoninはまた放射によって染色体の傷害から細胞を分け、血球の循環を保護する。106,107の LicoriceのエキスはDNAの損傷を妨げ、放射線誘発の過酸化反応から脂質を保護する。108は インドのセイヨウスグリ(Emblicaのofficianalis)生存期間を増加し、全身の放射--にさらされるマウスの死亡率を減らす。109の 効果は脂質の過酸化反応に対して保護および腸に急速分割の細胞の保護を含める。110 Carnosicの酸および他のローズマリーのエキスは酸化防止活動によってDNAの損傷、放射能漏れの前後の両方から保護する。111

概要および提案

「定期的な」診断からの放射は、私達の健康への特にCTスキャン、姿勢実質的な物および主として認識されない脅威調査する。 しかし照射損傷は主に遊離基の形成から生じる。 それは私達が酸化防止栄養素との私達自身を強力に保護してもいいことを意味する。 当然、健康の維持のために既に広範囲の酸化防止養生法を使用するべきである。 しかし学ぶとすぐもしCTスキャン、X線、または他の高放射のプロシージャのためのラインのあなた自身(または最愛の人を)見つければ、次の提案を経るテストを考慮しなさい:

  • resveratrolおよびケルセチンのようなポリフェノールを含んでいる優秀な、高潜在的能力の補足を選びなさい。
  • 推薦された線量の範囲の上でEGCGに緑茶の補足の最高を含めなさい。
  • genisteinの大豆の補足の金持ちを取りなさい。 保護BBI蛋白質の十分な量を得ていることを確認するためには、テスト前にあなたの毎日の取入口に豆乳の複数のコップを加えなさい。
  • 推薦された線量の上部端にテスト前に少なくともクルクミン、朝鮮人参およびイチョウのエキスを、考慮しなさい。
  • NAC (合計1,800 mg)の毎日の線量を加えることは非常に有用であるために本当らしい。
  • DNAの保護を最大限に活用するのに同じを利用するConsider (1,200 mg)。
  • 酸化防止ビタミンA、CおよびE.のあなたの線量を最大限に活用しなさい。 生命延長の推薦された線量の上部端を使用しなさい。 延長された高線量のビタミンAが危ない場合もある覚えなさい従ってあなたの医者と点検すること確実でことをであって下さい。
  • 1つを使用して既になかったらよい口頭亜鉛補足を始めなさい。
  • 放射の調査前にあなたの水和を最大にすること確実で常にであって下さい特に取った場合NACのような補足を硫黄含んでいる。
  • タバコ煙およびアルコールのような他のオキシダント引き起こす圧力へのあなたの露出を最小にしなさい。 すぐに学ぶとすぐどちらかからのリフレインは調査を経る。

計画されたテストが偽りなく望ましい診断情報を手に入れる唯一の方法であるかどうか誰も健康尋ねるあなたの医者に彼等のの不必要な危険を取りたいと思わない。 しかしこれらのステップはそのような調査が偽りなく不可避なら重要な保護を提供できる。

この記事の科学的なコンテンツの質問があったら、1-866-864-3027で生命Extension®の健康の顧問を呼びなさい。

参照

1. Semelka RC、Armao DM、エリアスJ、Jr.のMRIの選択的な取り替えを含むCTの調査の放射の危険を、減らすHuda W. Imagingの作戦。 J Magn Resonイメージ投射。 5月2007日; 25(5): 900-9。

2. Berrington de Gonzalez、Mahesh M、金KPは2007年に米国で、等計算された断層法スキャンからの写し出された癌の危険性行った。 アーチのインターンMed。 12月2009日14日; 169(22): 2071-7年。

3. Brenner D、Elliston C、ホールEの小児科CTからの放射線誘発の致命的な癌のBerdon W. Estimatedの危険。 AJR AM J Roentgenol。 2月2001日; 176(2): 289-96。

4. で利用できる: http://www.usatoday.com/news/health/2010-04-28-chestct28_ST_N.htm。 2010年5月7日アクセスされる。

5. で利用できる: http://www.bendbulletin.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20091029/NEWS0107/910290309/-1/RSSNEWSMAP。 2010年1月12日アクセスされる。

6. Bogdanich W. Radiationの過量はCTスキャンの危険の上で指す。 ニューヨーク・タイムズ。 2009年10月15日。

7. 200人の患者のGould P. Radiationの過量はFDAの安全通知に導く。 BMJ. 2009年; 339: b4217.

8. Kuehn BM。 FDAの警告: CTは超過された適切な線量をスキャンする。 JAMA. 1月2010日13日; 303(2): 124。

9. ライリーPA。 生物学の遊離基: 電離放射線の酸化圧力そして効果。 Int J Radiat Biol。 1月1994日; 65(1): 27-33。

10. 牙YZ、ヤンS、ウーG.の遊離基、酸化防止剤および栄養物。 栄養物。 10月2002日; 18(10): 872-9。

11. Weiss JFのLandauerの氏。 酸化防止栄養素およびphytochemicalsによる電離放射線に対する保護。 毒物学。 7月2003日15日; 189 (1-2): 1-20。

12. Okunieff P、Swarts S、Keng Pの等酸化防止剤は放射能漏れの結果を減らす。 ADV Exp. Med Biol。 2008;614:165-78.

13. Vijayalaxmi、Reiter RJのヘルマンのTS、Meltz ML。 Melatoninは人の血液のリンパ球のガンマの放射線誘発の第一次DNAの損傷を減らす。 Mutat Res。 2月1998日2日; 397(2): 203-8。

14. Annabi B、リーYT、Martel C、Pilorget A、Bahary JP、endothelial細胞で引き起こされるtubulogenesis緑茶のポリフェノール(-)epigallocatechin 3没食子酸塩のantiangiogenic特性によってBeliveau R. Radiationは反対される。 蟹座Biol Ther。 2003日11月12月; 2(6): 642-15。

15. BickenbachのKA、Veerapong J、私のShaoは等Resveratrol CArG主導のTNFアルファの遺伝子療法の有効な誘因物である。 蟹座の遺伝子Ther。 3月2008日; 15(3): 133-9。

16. Bader Y、照射の下の癌細胞に対するresveratrolおよびmitomycin Cのresveratrolそして混合物のGetoff N. Effect。 抗癌性Res。 2006日11月12月; 26 (6B): 4403-8。

17. Baatout S、Derradji H、Jacquet P、Ooms D、Michaux AのMergeay M. Enhancedの癌細胞の放射線誘発のapoptosisはresveratrolとの処置の後で並ぶ。 Int J Med Molの。 6月2004日; 13(6): 895-902。

18. レーガン ショウS、Mukhtar H、Ahmad N. Resveratrolは正常な細胞のphotoprotectionを与え、癌細胞の放射線療法の効力を高める。 Photochem Photobiol。 2008日3月4月; 84(2): 415-21。

19. Carstenに関して、Bachand AM、ベイリーSM、Ullrich RL。 Resveratrolはマウスの骨髄の細胞の放射線誘発の染色体異常の頻度を減らす。 Radiat Res。 6月2008日; 169(6): 633-8。

20. Velioglu-Ogunc A、Sehirli O、Toklu HZの等Resveratrolは反酸化活動によって照射誘発の肝臓およびileal損傷から保護する。 自由なRadic Res。 8月2009日25:1-12。

21. Chawla R、Arora R、高度のPodophyllumのhexandrumからの活動的な主義およびradioprotective特性の評価としてケルセチンの3 OベータD Galactopyranoside Sagar RK、等。 Z Naturforsch C. 2005日9月10月; 60 (9-10): 728-38。

22. Hippophaeのrhamnoidesのエキスによる放射線誘発のミトコンドリアおよびゲノムDNAの損傷からのShukla SK、Chaudhary P、Kumar IP、等保護。 突然変異原Molの囲みなさい。 12月2006日; 47(9): 647-56。

23. Devipriya N、Sudheer AR、Srinivasan M、Menon VP。 ケルセチンは人間の周辺血のリンパ球のガンマの放射線誘発DNAの損傷そして生化学的な変更を改善する。 Mutat Res。 6月2008日30日; 654(1): 1-7。

24. Uchida S、Ozaki M、Suzuki KのShikita M. Radioprotectiveの効果の(-) -マウスのepigallocatechinの3 O没食子酸塩(緑茶タンニン)。 生命Sci。 1992;50(2):147-52.

25. 金のSH、金のSR、リーHJ、等ガンマ照射の後の成長する毛小胞のApoptosisおよびradioprotective代理店の評価のための適用。 生体内で。 2003日3月4月; 17(2): 211-4。

26. リーHJ、金JSの緑茶のポリフェノールによるマウスのガンマ放射の応答の月Cの等修正。 Phytother Res。 10月2008日; 22(10): 1380-3。

27. Srinivasan Vの種TM、Landauerの氏。 Genisteinの処置は電離放射線の傷害からマウスを保護する。 J Appl Toxicol。 2003日11月12月; 23(6): 379-85。

28. Zavodnik LB。 イソフラボンのgenistein 8 cグリコシドはラットのレバーmicrosomal膜の構造そして機能の酸化損傷を防ぐ。 Radiats Biol Radioecol。 2003日7月8月; 43(4): 432-8。

29. Zhou Y、Mi MT. Genisteinはhematopoiesisを刺激し、照射されたマウスの存続を高める。 J Radiat Res (東京)。 12月2005日; 46(4): 425-33。

30. デービスTA、Clarke TKのMogのSR、Landauerの氏。 致命的な照射前のgenisteinのSubcutaneous管理はmultilineage、hematopoietic祖先の細胞の回復および存続を支える。 Int J Radiat Biol。 3月2007日; 83(3): 141-51。

31. Singh VK、優美MB、Parekh VI、Whitnall MHのLandauerの氏。 全身のガンマのcytokineの誘導に対するgenisteinの管理の効果はマウスを照射した。 Int Immunopharmacol。 11月2009日; 9(12): 1401-10。

32. Dittmann K、Loffler H、バンベルクM、Rodemann HP。 弓術家Birkのプロティナーゼの抑制剤(BBI)は文化の人間の繊維芽細胞の放射線感受性そして放射線誘発の微分を調整する。 Radiother Oncol。 2月1995日; 34(2): 137-43。

33. Dittmann KH、Gueven N、Mayer C、Rodemann HP。 BBIのradioprotective効果はDNAの修理関連した遺伝子の活発化と関連付けられる。 Int J Radiat Biol。 8月1998日; 74(2): 225-30。

34. Dittmann K、Mayer C、Kehlbach R、Rodemann HP。 radioprotectorの弓術家Birkのプロティナーゼの抑制剤は表皮の成長因子の受容器のリン酸化および核輸送によってDNA修理を刺激する。 Radiother Oncol。 3月2008日; 86(3): 375-82。

35. Gueven N、Dittmann K、Mayer C、Rodemann HP。 弓術家Birkのプロテアーゼ抑制剤はEGFの受容器の放射線誘発の活発化を減らし、チロシンのホスファターゼの活動を引き起こす。 Int J Radiat Biol。 2月1998日; 73(2): 157-62。

36. Dittmann KH、Dikomey E、Mayer C、Rodemann HP。 弓術家Birkのプロテアーゼ抑制剤は放射扱われたヌクレオチドの切除の修理有能な細胞のイオン化のないxerodermaのpigmentosumの細胞のclonogenic細胞の存続を高める。 Int J Radiat Biol。 2月2000日; 76(2): 223-9。

37. Dittmann KH、Mayer C、Rodemann HP。 放射線療法を改善する正常なティッシュのRadioprotection: 弓術家のBirkのプロテアーゼ抑制剤の効果。 Curr Med Chemの抗癌性の代理店。 9月2003日; 3(5): 360-3。

38. フリードマンM、Brandon DL。 大豆蛋白の栄養および医療補助。 J Agricの食糧Chem。 3月2001日; 49(3): 1069-86。

39. Losso JN。 弓術家birkの抑制剤の生化学的な、機能食糧特性。 Food Sci Nutr CritのRev。 1月2008日; 48(1): 94-118。

40. Choudhary D、Chandra Dの緑葉カンランRK。 クルクミンによるglyoxalaseシステムのradioresponseの調節。 J Ethnopharmacol。 1月1999日; 64(1): 1-7。

41. Inano Hのウコンのlonga LINNから得られるクルクミンのOnoda M. Radioprotectiveの行為: 尿の8ヒドロキシ2' deoxyguanosineのtumorigenesis、しかしガンマ線照射によって引き起こされるない死亡率の形成に対する抑制的な効果。 Int J Radiat Oncol Biol Phys。 7月2002日1日; 53(3): 735-43。

42. Srinivasan M、Rajendra Prasad N、Menon VP。 ガンマ放射に対するクルクミンの保護効果は培養された人間のリンパ球のDNAの損傷そして脂質の過酸化反応を引き起こした。 Mutat Res。 12月2006日10日; 611 (1-2): 96-103。

43. JagetiaのGC。 クルクミンによるRadioprotectionそしてradiosensitization。 ADV Exp. Med Biol。 2007;595:301-20.

44. リーJC、Kinniry PA、Arguiri Eは、等食餌療法のクルクミン肺の酸化防止防衛を高め、放射線誘発の肺線維症を改善し、そしてマウスの存続を改善する。 Radiat Res。 5月2010日; 173(5): 590-601。

45. ヘルマンAntosiewicz A、Powolny AA、Singh SV。 ニンニク得られたorganosulfidesによる癌のchemopreventionの分子ターゲット。 アクタのPharmacolの罪。 9月2007日; 28(9): 1355-64。

46. Singh SP、アブラハムSKのKesavanのPC。 ニンニクのエキスとの生体内のradioprotection。 Mutat Res。 12月1995日; 345 (3-4): 147-53。

47. Singh SP、アブラハムSKのKesavanのPC。 ニンニクの前処理の後のマウスのRadioprotection。 Br Jの蟹座Suppl。 7月1996日; 27: S102-4.

48. リーEK、チョンSW、金JY、等AllylmethylsulfideはX線のC57/BL6マウスの腎臓の照射誘発の核要因kappaBシグナリングを調整する。 J Medの食糧。 6月2009日; 12(3): 542-51。

49. JagetiaのGC、Baliga MS、Venkatesh P、Ulloor JN。 存続のショウガの根茎(Zingiberのofficinale Rosc)の影響、ガンマ放射への全身の露出の後のマウスのグルタチオンおよび脂質の過酸化反応。 Radiat Res。 11月2003日; 160(5): 584-92。

50. Jagetia G、Baliga M、Venkatesh P. Ginger (Zingiberのofficinale Rosc。)、サプリメントは放射線誘発の致死率から、マウスを保護する: 行為のメカニズム。 蟹座Biother Radiopharm。 8月2004日; 19(4): 422-35。

51. Sharma A、Haksar A、Chawla Rの等Zingiberのofficinale Rosc。 ガンマの放射線誘発の調節された好みの嫌悪を調整する。 Pharmacol Biochem Behav。 8月2005日; 81(4): 864-70。

52. Haksar A、Sharma A、Chawla Rの等Zingiberのofficinaleは性特定の方法の放射線誘発CTAに対して行動のradioprotectionを表わす。 Pharmacol Biochem Behav。 6月2006日; 84(2): 179-88。

53. Emerit I、Arutyunyan R、Oganesian Nの等放射線誘発のclastogenic要因: イチョウのbilobaのエキスのanticlastogenic効果。 自由なRadic Biol Med。 6月1995日; 18(6): 985-91。

54. イチョウのbilobaのエキス(EGb 761)のAlaoui-Youssefi A、Lamproglou I、Drieu K、Emerit I. Anticlastogenicの効果および照射されたラットの要素のいくつか。 Mutat Res。 9月1999日15日; 445(1): 99-104。

55. Emerit I、Oganesian N、Sarkisian Tの等チェルノブイリの事故の回復労働者の血しょうのClastogenic要因: イチョウのbilobaのエキスのanticlastogenic効果。 Radiat Res。 11月1995日; 144(2): 198-205。

56. Sener G、Kabasakal L、Atasoy BMの等イチョウのbilobaのエキスはラットのイオン化の放射線誘発の酸化器官の損傷から保護する。 Pharmacol Res。 3月2006日; 53(3): 241-52。

57. Dardano A、Ballardin M、Ferdeghini Mの等radioiodine療法を受け取っているグレーブス病の患者のイチョウのbilobaのエキスのAnticlastogenicの効果。 J Clin Endocrinol Metab。 11月2007日; 92(11): 4286-9。

58. ホスファターゼに対するPanaxの朝鮮人参のKumar M、Sharma MK、Saxena PS、Kumar A. Radioprotectiveの効果およびスイスの白子のマウスの睾丸の脂質の過酸化反応のレベル。 Biol Pharm Bull。 3月2003日; 26(3): 308-12。

59. 武田A、Katoh N、朝鮮人参による放射傷害のYonezawa M. Restoration。 III。 マウス、ラットおよびモルモットに対する朝鮮人参のエキスのthermostable一部分のRadioprotective効果。 J Radiat Res (東京)。 6月1982日; 23(2): 150-67。

60. 、Cho CK SH、金Yoo SYの水酸化カリウム溶液KH、Yun HGの金のTH。 Panaxの朝鮮人参およびdiethyldithiocarbamateの生体内のradioprotective活動。 生体内で。 1993日9月10月; 7(5): 467-70。

61. 金のTH、リーYS、Cho CKの公園S、Choi SY、Yool SY。 ネズミ科のリンパ球の放射線誘発DNAの二重繊維壊れ目そして修理に対する朝鮮人参の保護効果。 蟹座Biother Radiopharm。 8月1996日; 11(4): 267-72。

62. リーTK、アリソンRR、O'Brien KFの等朝鮮人参は照射の後でリンパ球でmicronucleiをもたらす減らす。 Mutat Res。 1月2004日10日; 557(1): 75-84。

63. 、Jeong KS SH、金Ryu SYの金のTH。 Panaxの朝鮮人参は毛小胞のapoptosisを防ぎ、照射されたマウスの毛の髄質の細胞の回復を加速する。 生体内で。 1998日3月4月; 12(2): 219-22。

64. 、息子CH SH、金Nah SY、Jo SK、Jang JS、Shin DH。 Panaxの朝鮮人参およびdiethyldithiocarbamateによるマウスの放射の応答の修正。 生体内で。 2001日9月10月; 15(5): 407-11。

65. 歌JY、ハンSK、Bae KGの等ginsanのimmunomodulatorのRadioprotective効果。 Radiat Res。 6月2003日; 159(6): 768-74。

66. リーTKのJohnkeのRM、アリソンRR、O'Brien KF、Dobbs LJのJr.の朝鮮人参のRadioprotective潜在性。 突然変異誘発。 7月2005日; 20(4): 237-43。

67. リーTK、O'Brien KF、Wang Wの等90分の人間のリンパ球に対するアメリカ朝鮮人参のRadioprotective効果照射後: 40の場合の調査。 J Alternの補足物Med。 5月2010日; 16(5): 561-7。

68. Kozurkova M、Hakova H、Misurova E。 照射されたラットのレバー ヒストンに対するsilymarinの効果、hepatoprotective物質。 獣医Med (Praha)。 1994;39(2-3):85-92.

69. Kropacova K、Misurova E、Hakova H. Protectiveおよび潜伏肝臓障害の開発に対するsilymarinの治療上の効果。 Radiats Biol Radioecol。 1998日5月6月; 38(3): 411-5。

70. Tiwari P、Kumar A、アリM、Mishra KP。 silibininによるプラスミッドそして細胞DNAおよびスイス人のマウスのRadioprotection。 Mutat Res。 1月2010日; 695 (1-2): 55-60。

71. ラマダーンのLA、RoushdyのHM、AbuのセンナGM、アミンNE、ElDeshw OA。 放射線誘発のhepatotoxicityに対するsilymarinのRadioprotective効果。 Pharmacol Res。 6月2002日; 45(6): 447-54。

72. Selig C、Nothdurft W、Fliedner TM。 人間の骨髄のgranulocyte/大食細胞のコロニー形成細胞に対するN acetylcysteineのRadioprotective効果。 Jの蟹座Res Clin Oncol。 1993;119(6):346-9.

73. 劉Y、チャンH、チャンLは、等酸化防止N acetylcysteineマウスでX線によって引き起こされる激しいレバー傷害を減少させる。 Eur J Pharmacol。 12月2007日1日; 575 (1-3): 142-8。

74. Kilciksiz S、Demirel C、Erdal N、等。 ラット モデルの放射線誘発の酸化損傷のためのbiomarkersに対するN acetylcysteineの効果。 アクタMed岡山。 12月2008日; 62(6): 403-9。

75. Baier JE、Neumann HA、Moeller T、Kissler M、Borchardt DのN acetylcysteineによるcytokine解放を通したRicken D.の放射線防護。 Strahlenther Onkol。 2月1996日; 172(2): 91-8。

76. Demirel C、Kilciksiz S、Ay OI、Gurgul S、Ay私、ラットの骨髄の放射線誘発のgenotoxicityそして細胞毒性に対するN acetylcysteineのErdal N. Effect。 J Radiat Res (東京)。 1月2009日; 50(1): 43-50。

77. Tiwari P、Kumar A、Balakrishnan S、Kushwaha HS、Mishra KP。 放射線誘発のmicronucleusの形成およびDNAは酸化防止チオールによって人間のリンパ球および彼らの防止で傷つく。 Mutat Res。 5月2009日31日; 676 (1-2): 62-8。

78. Wambi C、Sanzari J、弱々しいXSは、等食餌療法の酸化防止剤hematopoietic細胞を保護し、全体ボディ照射の後で動物の存続を改善する。 Radiat Res。 4月2008日; 169(4): 384-96。

79. Fontecave M、Atta M、Mulliez E.S-adenosylmethionine: 何も無駄にならない。 傾向Biochem Sci。 5月2004日; 29(5): 243-9。

80. Lu SC. S-Adenosylmethionine。 Int J Biochemの細胞Biol。 4月2000日; 32(4): 391-5

81. Batra V、Mishra KP。 メチルの供給の飢餓によるDNAのmethyltransferaseのプロフィールの調節はガンマの照射によって続いた。 Biochem Molの細胞。 1月2007日; 294 (1-2): 181-7。

82. Batra V、Sridhar S、Devasagayam TP。 DNAのメチル化の方の高められた1カーボン変化: ガンマ放射誘発の後成の修正に対するメチルの食餌療法の補足の効果。 Chem Biolは相互に作用している。 2月2010日12日; 183(3): 425-33。

83. Yong LCの、SampsonのLA AJ、Sigurdson区EM、Petersenの氏。 高い食餌療法の酸化防止取入口は航空会社の操縦者の減らされた染色体の転置の頻度と関連付けられる。 AM J Clin Nutr。 11月2009日; 90(5): 1402-10。

84. 陳B、Zhou XC。 スペース放射線誘発の損傷に対する自然な食餌療法の酸化防止剤の保護効果。 スペースMed Medの英語(北京)。 2003年; 16のSuppl: 514-8。

85. ベンAmotz A、Yatziv S、子供の自然なベータ カロチンの補足のSela Mの等効果はチェルノブイリの事故からの放射に露出した。 RadiatはBiophysを囲む。 10月1998日; 37(3): 187-93。

86. 焼跡FJ、陳S、Xu G、ウーFの独特の味氏。 電子照射されたラットの皮の遺伝子発現そして癌の誘導の食餌療法のretinoidの行為。 J Radiat Res (東京)。 12月2002日; 43のSuppl: S229-32.

87. Nubel T、Dippold W、Kaina B、フリッツG. Ionizing放射線誘発のE-selectinの遺伝子発現および腫瘍の細胞粘着はlovastatinおよび全TRANS retinoic酸によって禁じられる。 発癌。 8月2004日; 25(8): 1335-44。

88. チャンRの焼跡FJ、陳H、陳S、ラットの皮の遺伝子発現のウーF. Alterationsは56Feイオンおよび食餌療法のビタミンAのアセテートに露出した。 Radiat Res。 5月2006日; 165(5): 570-81。

89. Marekova M、Vavrova J、Vokurkova D、promyelocytic白血病の細胞(HL-60)の全TRANS retinoic酸によるイオン化の放射線誘発のapoptosisそして細胞周期の阻止のPsutka J. Modulation。 Physiol Res。 2003;52(5):599-606.

90. Vorotnikova E、試みM、Braunhut S. RetinoidsおよびTIMP1は毛管endothelial細胞の放射線誘発のapoptosisを防ぐ。 Radiat Res。 2月2004日; 161(2): 174-84。

91. Lenton KJ、Therriault H、Fulop T、Payette H、Wagner JR。 グルタチオンおよびアスコルビン酸塩は人間のリンパ球の酸化DNAの損傷に否定的に関連する。 発癌。 4月1999日; 20(4): 607-13。

92. Konopacka M、Rzeszowska-Wolny J. AntioxidantのビタミンC、Eおよびベータ カロチンは、また人間のリンパ球のガンマ線照射の後でDNAの損傷を生体外での前に減らす。 Mutat Res。 4月2001日5日; 491 (1-2): 1-7。

93. Konopacka M、Palyvoda Oの治療後人間のリンパ球の放射線誘発の染色体の損傷に対するRzeszowska-Wolny J.のアスコルビン酸の抑制的な効果生体外で。 Teratog Carcinogの突然変異原。 2002;22(6):443-50.

94. Witenberg B、Kletter Y、Kalir HHは、等アスコルビン酸HL60 myeloid白血病の細胞のXの照射によって引き起こされるapoptosisを禁じる。 Radiat Res。 11月1999日; 152(5): 468-78。

95. Waldrenカリフォルニア、Vannais DB、Ueno AM。 放射線誘発の突然変異および耐久性がある染色体の不安定に於いての長命基(LLR)のための役割: アスコルビン酸塩およびRibCysしかしないDMSOによる対策。 Mutat Res。 7月2004日13日; 551 (1-2): 255-65。

96. Prasad KN、Kumar B、沿XD、AJハンソンCole WC。 アルファtocopherylの琥珀酸塩、アジェバント癌治療のためのビタミンEの最も有効な形態: 検討。 J AM Coll Nutr。 4月2003日; 22(2): 108-17。

97. Singh VK、Shafran RL、ジャクソン私達第3の種TM、Kumar KS。 radioprotectiveトコフェロールのアナログによるcytokinesの誘導。 Exp. Mol Pathol。 8月2006日; 81(1): 55-61。

98. Singh VK、ブラウンDS、Kao TC。 アルファ トコフェロールの琥珀酸塩はgranulocyteコロニーの刺激的な要因の誘導によってガンマ放射からマウスを保護する。 Int J Radiat Biol。 1月2010日; 86(1): 12-21。

99. Kayan M、Naziroglu M、Celik O、Yalman K、Koylu H.のビタミンCおよびEの組合せは喫煙者および禁煙家の放射線学の技術者の血のX線によって引き起こされる酸化圧力を調整する。 細胞Biochem Funct。 10月2009日; 27(7): 424-9。

100. Dani V、Dhawan DK。 ラットの赤血球への単一の線量のradioiodine (131I)の露出に続く亜鉛のRadioprotective役割。 インドJ Med Res。 10月2005日; 122(4): 338-42。

101. antiperoxidative代理店の続くヨウ素131がラットの酸化防止システムと赤血球の形態の変更を引き起こしたようにDani V、Dhawan D. Zinc。 地獄J Nucl Med。 2006日1月4月; 9(1): 22-6。

102. 骨髄のFloersheim GL、Chiodetti N、Bieri A. Differentialのradioprotectionおよび亜鉛アスパラギン酸塩による腫瘍の細胞。 Br J Radiol。 6月1988日; 61(726): 501-8。

103. Epperly MW、Gretton JE、Sikoraカリフォルニアは減少した放射線誘発の細胞損傷に、等スーパーオキシドのディスムターゼのミトコンドリアの局在化要求される。 Radiat Res。 11月2003日; 160(5): 568-78。

104. アルカラスM、Acevedo C、Castillo Jは、等Liposoluble酸化防止剤有効なradioprotective障壁を提供する。 Br J Radiol。 7月2009日; 82(979): 605-9。

105. Qishen P、郡野BJのSpirulinaからのエキスのKolman A. Radioprotectiveの効果-マウスの骨髄の細胞のplatensisはmicronucleusテストの使用によって調査した。 Toxicol Lett。 8月1989日; 48(2): 165-9。

106. Badr FMのElの習慣オハイオ州、Harraz MM。 mitoticおよびmeiotic細胞の染色体の損傷の測定によって査定されるmelatoninのRadioprotective効果。 Mutat Res。 8月1999日18日; 444(2): 367-72。

107. Koc M、Buyukokuroglu私、Taysi S。 ラットの総ボディ照射の間の周辺血球に対するmelatoninの効果。 Biol Pharm Bull。 5月2002日; 25(5): 656-7。

108. Shetty TK、Satav JG、Nair CK。 ガンマの照射に対するGlycyrrhizaのglabra L.によるDNAそしてmicrosomal膜の保護生体外で。 Phytother Res。 9月2002日; 16(6): 576-8。

109. Singh I、Sharma A、Nunia V、Goyal PK。 Emblicaのofficinalisによるスイスの白子のマウスのRadioprotection。 Phytother Res。 5月2005日; 19(5): 444-6。

110. Jindal A、Soyal D、Sharma A、Goyal PK。 マウスの放射線誘発の損傷に対するEmblicaのofficinalisのエキスの保護効果。 Integrの蟹座Ther。 3月2009日; 8(1): 98-105。

111. Del Bano MJ、Castillo J、ベナベンテ ガルシアOの等ガンマ線によって人間のリンパ球で引き起こされる染色体の損傷に対するローズマリーのphenolicsのRadioprotectiveantimutagenic効果。 J Agricの食糧Chem。 3月2006日22日; 54(6): 2064-8.9。

  • ページ
  • 1
  • 2