生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長雑誌

生命延長雑誌2010年8月
私達がそれを見るように

CTの致命的な危険はスキャンする

ウィリアムFaloon著
ウィリアムFaloon
ウィリアムFaloon
放射の積み過ぎ

私達は横柄な医者との弁護 からの 私達の位置を支えるために反駁できないドキュメンテーションの 提供 にすべてを…試みた。 応答は同じ常にだった: 私達はから 「医学のX線が未来の 癌の危険性を高めることを提案するための 私達の あった。

私達の反対はだった安全決して電離放射線--に健康な細胞をさらすそれを立証 できない。 それらは低レベルの放射能の露出へ そこにだった危険要求しなかった原子力委員会にある時点で頼った。

原子力委員会は 作成された「管理する軍および一般市民の適用のための原子(核)エネルギーの開発、使用および制御を」。 そう多くの連邦政府局のように、優先順位は公衆衛生を保護することではなかった。 その代り調整した企業の経済的な成功を保証するためにこの税の出資による官僚主義は FDAのように)作用した。1

X線、連邦政府および医学の確立の発癌性の効果について警告した人は冷やかすことによって費用のほとんどを取っていて医療保障および私用健康保険が利益 の数十億の ドルを、得るためにCTの走査器(および他の放射装置を)作っている会社を可能にした。

放射の積み過ぎ

規則的な医学のX線と比較されて、CTスキャンは大いに高リゾリューションのイメージをもたらす。 残念ながら、CTスキャンはまた何百そして時々たくさん--もの時に患者をより多くの 放射 さらす。2-4

CTスキャンおよび他の危ないX線イメージ投射プロシージャの常用は 過去の 三十年にわたって急騰した。 1980年 、できていた 3,000,000の CTスキャンがあった。 2007年 までに、数は約70,000,000 に増加した5,6

生命Extension® の私達は ずっと昔に絶対に必要 メンバーに X線をのCTスキャンそして種類避けるように警告しなかった。 私達に対しての上で測定の冠状動脈の石灰化、より有効な標準的なcolonoscopy 適用範囲が広い管のプロシージャ )の代わりの 事実上のcolonoscopy に健康な 人々にCTスキャンを促進し、解剖学の異常をどこでも識別するために 全身 CTがスキャンする営利の会社の艦隊はあった。

皮肉はDNAの遺伝子変異の放射の巨大なレベル--に 頻繁に 自身のポケットから全身CTスキャンの支払をしたその健康に敏感な人々 無意識のうちに さらした全身をである!

絶対に衝撃的なデータ

絶対に衝撃的なデータ

知らされていない公衆は衝撃のためである。 去年昨年末に解放される調査は前に信じられた既に危険なほどに 高かった 何が CT スキャンが4倍までより多くの放射をより提供することを明らかにする。7

同時に、国立癌研究所が 導いた別の調査は CTスキャンが29,000の新しい癌の場合およびほぼ 15,000の 癌の 死に 2007に単独でかもしれない貢献する 管理した ことを示した。8

問題はずっと不必要なCTスキャンの爆発が毎年続いていることである。 私達が背部ちょうど10年これを運べば、これは150,000人のアメリカ人が CTのスキャン誘発癌からの恐しい死に直面していることを意味する。

この切迫した癌の伝染病へ加えることはボディに放射を癌もたらすことを提供する他の医療処置である。

あなたが生命 Extension® 会員から得る 唯一の利点が 不必要なCTスキャンを避ける知識であり、医学のX線が、このだけ年次会費の価値が充分あれば。

線量で危険

医者は癌の危険性がないほど規則的な医学のX線から出る放射の量が低いことを論争する。 これはデータ提示に直面して放射のどの量でも不利に私達の遺伝子に影響を与えるDNAへの遊離基の損傷を加えること飛ぶ。9,10 私達はずっと昔に今日の癌の重要なパーセントが医学の放射によって引き起こされることを示す統計量を報告した。8,11-13 放射線誘発癌は細胞拡散を調整する遺伝子の突然変異に応じて起こる。

ある特定のレベルで保たれる限り放射は安全であることを医者が示す間、私達は放射の小粒子がDNAの損傷を加えることを論争した。 安全である放射のためにDNAの損傷すべては完全に修理されなければならない。 完全に修理されないどの損傷でも突然変異を、あらゆるそのうちの一つ持っている癌を引き起こすそれ以上の突然変異に導く潜在性を作成する。 実際、私達は研究の提示をずっと昔に放射の最も低く可能な線量がだけでなく、危険であるが指したり、またずっとより多くの損傷をより前に考え、である全くmutagenicすること。14

国家科学院は報告する

2005年6月では、放射の非常に低い線量により癌を引き起こすことができることを示している国家科学院はレポートを解放した。 レポートでは、国民アカデミーは定義しと低い線量をゼロの近くで低い「」。15

ある特定のX線からの癌の危険性は非常に小さいことを研究者が示す間、示される彼らのレポート: 「危険境界なしでより低い線量で線形方法で続き、それに最も小さい線量ある人間に危険の小さい増加をもたらす潜在性が」。は15

このページの図表によって見ることができるように典型的な医学のX線から出る放射の量はかなり低い。 しかし典型的なX線は過去の遺物になっている。 CT (X線断層撮影)スキャンはあなたの内部の大いによりよい映像を提供するが、大いにより多くの放射を使用する。 あなたの腹部のCTスキャンは、例えば、500さらすまたはより多くの胸部レントゲンのそれと同等の放射 量--に。16

より面倒な診断手順は専門家がの900の胸部レントゲンの等量推定した全身 スキャン である。11 国家科学院に従って 、可能性としては何回も高める彼/彼女の癌の危険性を30の年次全身スキャンを経ることを計画した45歳報告しなさい。15

国家科学院は露出が無害ように見ることができる放射の境界がないことを示した。 見つけるこれは医学のX線があった皆が白血病か固体癌を開発するための高められた危険にあることを意味する。 何人X線の人々が寿命--にさらされるか、そう多くのX線およびCTスキャンの累積効果からの癌を開発する危険が大きな関心であることを考えると。  

CTからの放射の過量はスキャンする

X線の技術者が個々の状況によって線量の強度を調節するのに時間をかけたら患者がさらされる放射の量非常に減ることができる--に。 例えば、より多くの放射は誰かと比較される肥満の個人の腹部CTスキャンのために必要傾きである。 子供は大人よりより少ない放射を大いに必要とする。

CTからの放射の過量はスキャンする

CTスキャン前に「強度によって調整される放射」を要求できるが無感情な技術者が注意するかどうかあなたの要求へのもう一つの問題である。 彼らは危険が管理するあらゆる線量へないことを示すためにが本当らしい。

きちんとできていたCTスキャン危険患者がに正常な放射線量8倍までさらされたこと、CTの走査器の設定の調節でとても薄く水っぽい主要な医療センターの2009の露出された例の 終わりに 出版されるレポートはある。17-19

子供はX線によって加えられるDNAの損傷の長期効果により傷つきやすい。 1つの特に凶悪な場合では、30月古い子供は連続的なCTスキャンの60 以上に標準時間の期間がたった2-3分の とき さらされた。 病院の放射線学のマネージャーは状態の規定する部分 の責任者が言う間、 過量を「精神異常の狂暴な行為と」呼んだ「 私が」。見たあることがより言語道断な、極端なケースの1時だったことを20

現実はX線の技術者、CTの走査器の設定の便宜を計ってそれほとんど調節される明確なイメージを得るのに最小限の放射を使用するようにではない。

診断手順

典型的で有効な線量(mSv)1

同等の有効な線量2のための胸部レントゲン(PAのフィルム)の

自然バックグラウンド放射線3からの同等の有効な線量のための期限

胸部レントゲン(PAのフィルム)

0.02

1

2.4日

頭骨のX線

0.07

4

8.5日

腰神経脊柱

1.3

65

158日

IV urogram

2.5

125

304日

上部のGIの検査

3.0

150

1.0年

バリウムの浣腸

7.0

350

2.3年

CTスキャン(頭部)

2.0

100

243日

CTスキャン(腹部)

10.0

500

3.3年

  1. millisieverts (mSv)の有効な線量。
  2. 0.02 mSvの胸部レントゲン(PAのフィルム)からの平均「有効な線量」を仮定する。
  3. 米国の3 mSvの自然バックグラウンド放射線からの年次平均「有効な線量」を仮定する。

源: EC委員会、放射線防護のレポート118、「イメージ投射のための紹介指針」。 EC委員会の環境のための総局; 2000.

確立で取った開拓者への捧げ物

2005年に、私はジョンGofman、MD、PhD.から 電話を受け取ることの特権があった。 知らない人のために、彼は20世紀のすばらしい科学的な心の1才だった。 Gofman先生は医学のX線の致命的な危険について単語を出すための私達の仕事を賞賛し、私達を戦いを維持するように励ました。

Gofman先生は放射性同位体 初期の作品が 彼の募集でロス アラモス、最初の原爆を開発するニューメキシコで マンハッタン計画で 動作するために起因した物理学者によって回された医者だった。

確立で取った開拓者への捧げ物

1947年 、Gofman先生はすぐに彼をコレステロールはアテローム性動脈硬化の原因 である ことを結論するために導く研究を 始めた21,22 先生Gofmanおよび彼の同僚はLDL (低密度脂蛋白質)のようなコレステロールの特定の一部分が 最も危ないことを示す第1だった。 Gofman先生は1951年に最初の本の出版物に低脂肪 および 低コレステロールの食事療法が心臓病をいかにについての防ぐか多分かかわった。23

放射の生物学的作用のGofman's先生の専門知識により彼は後で非常に論争の的になる位置を取った。 彼は細かいところまでだれでもこのリンクを疑ったずっと前に診断X線が癌の原因および60年代の血管疾患いかにだったか文書化した。 原子力委員会および医学の確立は激しく医学のX線により害を引き起こしたという先生の主張を争ったGofman's。

私は知識の私達の科学的な基盤にそれほど貢献できる個人で常に驚かせられる。 先生の場合ではGofman's、彼は警告核エネルギーの低レベルの放射能の危険の警告のの利用で器械、それからアテローム性動脈硬化を引き起こすコレステロールの特定の一部分を発見するために全く異なる分野に進まれてであり。

私は先生が心不全で彼との私の会話の後の2年、彼が出会った放射能漏れによりによって多分引き起こされて死んだことをGofman学ぶためにくすんだ放射性同位体を使用している間。

Gofman Explained How X-rays先生の原因のアテローム性動脈硬化

ジョンW. Gofman、MD、PhDは世界の最も顕著な医学および核科学者の、バークレーおよび1人カリフォルニア大学に、分子および細胞生物学の名誉教授だった。 彼の研究は安全いかに小型であるかことを放射問題の量示さなかった。24-27

Gofman Explained How X-rays先生の原因のアテローム性動脈硬化

Gofman's先生のデータ解析は観点からの他のレポートとずっとより多くの癌が医学の放射 によって 引き起こされることを彼が信じたこと対立する。 更に、彼は医療処置からの放射への露出がアメリカの癌そして虚血性心疾患の「非常に重要な(おそらく主な)原因」であるという結論に来た。13

放射によりいかに心臓病を引き起こすか。 先生に従ってGofmanそれにより癌を引き起こすと同様に。 この場合、動脈のDNA DNAの照射損傷。 放射線誘発の変更はatheromaとして知られている動脈で癌そっくりの現象を作成する。 Gofman先生はatheromasと脂質間の相互作用が動脈を妨げ、凝血を引き起こすことを信じた。

放射の最も顕著な効果の1により幹線細胞は異常に増加する。 動脈を並べる細胞の異常な成長は動脈を狭くする効果をもたらす。

動脈の中の平滑筋のティッシュの異常な成長は動脈を塞ぎ、柔軟性を台無しにする傷のティッシュと同じような何かを作成する。 脂質でいっぱいの細胞、monocytes、大食細胞、コレステロール、フィブリンおよびカルシウムはプラクの全部品で、動脈が結局詰る内部の幹線壁の損なわれた区域の内で集まる。

1944年 には早くも、科学者は放射がプラクおよび泡の細胞を作り出すことができることを示した。28 それ以来、付加的な調査は放射が幹線損害、粘着性がある血小板および増加された遊離基を作り出すことができることを示した。29-34 実際、放射はアテローム性動脈硬化を完全に作成できる。35の 調査は主要な血管を含んでいる区域の放射を経た人々が頻繁にそれらの血管のアテローム性動脈硬化を開発することを示す。36,37

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2