生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2010年8月
書評

糖尿病のための補足の処置へのガイド:
自然な補足、栄養物およびよりよくあなたの糖尿病を管理する代わりとなる療法を使用して

遺伝子ブルーノによって、MS、MHS
糖尿病のための補足の処置へのガイド

糖尿病がある18,000,000人のアメリカ人のために、糖尿病 (正方形1出版業者複雑な糖尿病の 処置の海の救命いかだのように、2010年の)のための補足の処置へのガイドは感じるかもしれない。 そしてほとんどの標準的な処置プログラムが忍耐強い制御糖尿病を助けるので、頻繁に病気で囲むためにできている事は深刻の防ぐことで有効でなく、それから約来るかもしれない複雑化を人生の変える。

または最愛の人に糖尿病があれば、neuropathies、心血管問題、循環問題、retinopathyおよび体重増加を含むこれらのひどい複雑化のいくつかをおそらくよく知られている。 補足の処置への ガイドの目的は これらの徴候のいくつかを湾で保つか、または少なくとも厳格を減らすのを助けるかもしれない自然な解決を提供することである。

本、遺伝子ブルーノ、MS、MSHの著者は薬のハンティントンの大学に、学者および教授の学部長である。 彼の導入では、彼は「私が糖尿病性の薬物の食餌療法の修正そして使用に関して住所問題を読んだ大部分の糖尿病の本と言う(インシュリンのように)… 補足の処置へのガイドは 異なっている… これは糖尿病をおよび共通の複雑化を扱うのを助けるのにサプリメントの使用についての本およびそれから起こる他の補足療法である。 補足名前が意味すると同時に、この本は患者の既存の食事療法および薬剤プログラムそのプログラムのための取り替えではなくへ付加物であるために意味される」。

はっきり広げて置かれて本の代表団がブルーノはあなたのローカル薬学で見つけられるかもしれない潜在的で自然な処置の提供によって最も耐久性がある問題の糖尿病患者の表面に取り組むことを続く。 普及した酸化防止剤なぜかもしれないおよび提供を科学的な 調査の引用によって 有効好みなさいか緑茶をからコリウスのforskohlii、情報にか投薬しているブルーノのようなより少なく共通のハーブにもたらす代わりとなる療法を、言う読者。 さらに、彼は刺鍼術およびtaiのキーのような物理的な処置の可能な有効性について書く。 そして食事療法以来糖尿病の処理の非常に重要な役割を、そこにであるあなた自身の個人的なシェフを見つける方法についての情報担う。

おそらく気づいたように、石はこの完全で、実用的な本に裏返されなかった残っていない。 クリスKilhamとして、ベスト セラーの本の薬のハンターの 州の 著者、「私は遺伝子ブルーノからの最も高い奨学金を期待することを来それは丁度彼がここに渡すものである。 これは非常に貴重な健康ガイドである。