生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2010年4月
私達がそれを見るように

そう多くの不必要な蟹座の死


ウィリアムFaloon著
ウィリアムFaloon
ウィリアムFaloon

今日の大きい誤解の1つは人々がいかに死ぬかである。 ほとんどは 一流の 原因であると病気が 信じる。 何も真実からそれ以上であることができなかった。

そう多くの不必要な蟹座の死

統計学者は人間が死ぬ病気を表にする。 データから逃すことは犠牲者の 生命の 要求のポイントに進歩するこれらの病気可能になる何である。

医学の無知は 第1理由の人々死ぬである。 この「知識欠損」は西欧諸国に限られない。 見ることによって人々が第三世界諸国、で死ぬ不合理な方法は医学の無知の致命的な結果を理解する。

アフリカの部分では、例えば、エイズはウイルスの病気であると考慮されない。1 代りに、確信は「それらによってその引き締める」考えるエイズをエイズを引き締めるかもしれないである。 従って、この後方の論理に従って、に考えなさい練習の安全な性行為が病気を引き締める1つでエイズを起因する防ぐ」こと「。 この錯誤の結果は人々が危ない性の練習で自由に間、ふりをする従事するのでHIV感染がアフリカの伝染性割合に達したことである、事はHIVのウイルスのようなない。2-4

田園アフガニスタンでは、人々は衝動を感じる時はいつでも外側を排便する。 この不衛生な習慣の結果は西洋文明でずっと昔に除去された感染症が手がつけられない動かすことである。国際的な 援助の組織の組み立ての便所および病気の広がりを防ぐ教育プログラムがこうすれば、多くの田園アフガニスタン人水および食糧補給に導入される人間の糞便で起因する適切な腸を動かし続ける時でさえ5-7。8

それは西洋文明の悪い状態としてちょうどある

第三世界の愚かさの例が本を満たすことができる間、西洋文明の横柄な医者はそう多数が以前死んだ 無知の 海から彼ら自身を持ち上げたことふりをする。

これらの医者が損う何を理解し彼らの自身の無感動によりおよび科学的な無意識が私達は違った方法で今日死ぬ ことである。

不必要な蟹座の死

蟹座はアメリカの人口の不能そして死の伝染病を加え続ける。9つ、10は これらの悲劇主として不必要である。

それは西洋文明の悪い状態としてちょうどある

第一次腫瘍の外科取り外しは頻繁に第一回目の最近診断された癌患者に加えられる多くの有毒な療法である。 それがすぐに腫瘍「切り取られる」意味を成すようであるかもしれない間、厳しい現実は慣習的な外科は集中させた腫瘍がすぐに患者のボディ中広がることを可能にすることができることである。特定の 術前の介在が実行されなければ私達が生命延長Magazine®の 12月2009日問題 で細かいところまで記述したので11、 外科的処置 自体はできる:

  1. 従って免疫機能を転移させた、患者をし、集中する殺すこと抑制し、残余をより少なくできるように腫瘍の細胞を循環する。12-17
  2. 従って腫瘍の成長を妨害する集中させた腫瘍の再発のための機会を作成する自然な解剖障壁を、取除きなさい。18
  3. ボディを成長因子を外科傷、また他の体の部位に(転移させる)広がった細胞群体の拡散を促進するそのような成長因子を直すために作り出すために引き起こしなさい。19-23
  4. 従ってangiogenesis (新しい血管の成長)を引き起こし、急成長に与える新しい血管infiltrative容量を残りの癌細胞に与える。19, 24-26
  5. 急速な伝播を刺激するのに使用される生物的燃料を残りの腫瘍の細胞に与える全身の炎症性状態を作成しなさい。20, 27

幸いにも、私達の癌治療の記事で(www.lef.orgで利用できる) 記述されている療法は外科前に管理されたとき、これらの外科的に引き起こされた副作用すべてほとんどを避けることができない。 悲しげに、少数の腫瘍学者は外科前にこれらの科学的に証明されたアプローチを規定する。

1つは薬剤の…何百万の無くなった生命を見落とした

シメチジンは Tagamet®と呼ばれるかつて普及した胸焼けの薬剤の一般名である。 それが今販売された店頭であるほどは安全である。

ちょうど心臓発作を防ぐ低線量のアスピリンの使用が長年に渡る心臓学医によって、従って見落されたのでシメチジンの驚くべき抗癌性の効果は癌の確立によって無視された。

だけでなく、 シメチジンに 証明された免疫があ後押しの 特性が あるが、とりわけangiogenesisを 禁じ、 彼らがmetastatic コロニーを 確立する血管の壁にある特定の腫瘍の細胞の付着を妨げることができる。28-38

私達はアジェバント癌療法として最初に1985のシメチジンを推薦した。 それ以来、出版された科学的な調査の茄多は多くの種類の癌の患者がこの無毒な薬剤を取るとき驚くべき存続の改善を文書化する。35,39-44

1994 調査 では、シメチジンが 400 mg口で1日に2回5日前操作中およびIV 2日後操作中)あった制御グループの驚く41%と(シメチジンを取っていない)比較された 3年の 期限に大腸の患者の7%だけは2002調査の .40共通の タイプの結腸癌に苦しんだシメチジン扱われた患者の 84.6% 与えられた シメチジンの線量によってが毎晩800 mgだった 非シメチジンgroup.35の49.8%だけと比較された10年後に生きていた死んだ。 シメチジンは5日外科前の少なくとも管理され、少なくとも1年間その後取られるべきである。

Metforminの抗癌性の効果

たくさんの出版されたデータはいろいろ癌に対してシメチジンの 人命救助の利点を文書化する。 けれども私達は2010年にここに 、事実上腫瘍学者はこの安全な、低価格の薬物を規定しない。

毎年55,000人のアメリカ人についての単独で 結腸癌の殺害。45 ちょうど 世間の注目 にシメチジンについて情報のこの一つを持って来ることは米国 の数万 生命を毎年救うことができる! そういうわけで 生命延長Foundation®は それらに利用できる人命救助の知識の富をメンバーに思い出させる。 多くの場合、これらの療法の効力は前に十年認可された。 問題は抑制されるこれらの低価格の人命救助療法についての情報の学究的な世界、媒体およびFDAの結果の薬品会社制御 である

Metforminの抗癌性の効果

健康な人々は反糖尿病性の薬剤のmetforminを1990年代初頭に取ることを考慮することを私達がなぜ提案したか言うことがわかられる少数の医者 。 出版された調査の私達の検討に基づいて、metforminはインシュリンの感受性を高め、減量の援助を含む多くの反老化の利点を引き起こした。

米国医師会医学総合誌の2010 1月13日 、問題で出版される記事は 次の通りmetforminの抗癌性の利点を記述する:

動物モデルのantitumor効果をもたらすために「Metformin生体内で示され疫学の研究で、乳癌患者… Bonanniおよび彼の同僚の術前の化学療法を伴う高められた病理学の完全な回答比率を含んで外科を」。は待っている早い乳癌を持つ女性の段階2の試験のmetforminの行為の反proliferative効果そしてメカニズムを調査している46

私達は長くmetforminの抗癌性の効果がそれによりブドウ糖を新陳代謝させるために膵臓によって分泌する腫瘍促進のインシュリンの 量を減らすインシュリンの 感受性を、高める機能に 少なくとも部分的に基づいていることを仮定してしまった。

Metforminは安全で、安価で一般的な処方薬である、けれども実用性は慣習的な腫瘍学の設定で無視される。 私は個人的に850にmgを日metforminの2癌を含む年齢関連の病気の多くの私の危険を、減らすから3回取る。

住む旅行

あなたのローカル薬学 シメチジンを取ることができる。 私達の癌治療の議定書で提案される栄養素および他の療法はすぐに利用できる。 しかし提供する医院に移動している多くの癌患者のために高度療法は住むチャンスだけであるかもしれない。

住む旅行

旅行のためのこの必要性の例はシカゴ、イリノイのノースウェスタン大学 動く高度のメラノーマのための実験免疫療法である。 免疫があ高めることはずっと以前メラノーマに対してつまらない近づく。 しかしノースウェスタン大学の医者は印象的な結果を生んだ目新しい取り組み方を使用している。

このFDA公認臨床試験では、項目クリームは(imiquimodと 呼ばれる)合計6週のための露出された腫瘍に1日に2回加えられる。 週で2つおよび4つは赤外線レーザー--に、医者区域をさらす。 項目 imiquimodの クリームは癌細胞の受容器によって結合し、腫瘍の細胞の存在を「放送しなさい免疫組織に」蛋白質を活動化させるようにそれらを刺激する。 要するに、患者の自身の腫瘍の細胞は独特な反腫瘍ワクチンになる。 処置のレーザーの部分はmetastaticメラノーマの細胞に対して全身の免疫反応を引き起こすことの目的のimiquimodを超活動化させるように設計されている。 ImiquimodはFDA公認の薬剤であり、これはFDA公認臨床試験である。 参加について尋ねるためには、312-695-6786でStephanie St Pierre、MDまたは電子メールs-stpierre@northwestern.eduを 呼びなさい。 この調査はClinicalTrials.govの鑑定器によって参照される: NCT00758797. 調査の細部はFDA公認の臨床試験ウェブサイトで見つけることができる: www.clinicaltrials.gov

この臨床調査に加わるために修飾しないことができるし、官僚的な官僚的と迷惑を掛けられたいと思わない場合もある。 幸いにも、この同じ議定書はメラノーマのためのバハマで行われて、乳癌を扱うために修正バージョンは調査されている。 管理されるべきこの処置のために腫瘍の損害は胸の固まり、胸壁胸の損害、または表面的なメラノーマの腫瘍のようなあなたの皮の表面の近くで、なる。 バハマで提供される臨床プログラムについて尋ねるためには610-628-3419で国際的な戦略的な蟹座の同盟(ISCA) または www.is-canceralliance.comにログオンを 呼びなさい

ISCAは世界中で潜在的な人命救助療法を提供する専門にされた医療センターに関係することができる組織である。 そう多くの癌患者が彼らのローカル化学療法の区の「便利」を選び、無毒の彼ら自身を奪い取り、そして多分利用できる治療効果がある処置が平らの乗ることは遺憾である。

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2