生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2010年4月
カバー

循環の腫瘍の細胞は試金する: 癌治療の大きな進展


スティーブンNemeroff著、ND
循環の腫瘍の細胞は試金する: 癌治療の大きな進展

科学者はテストが革命化することができる 方法 医者癌患者を評価し、扱う発見した。 この技術は血流で循環の腫瘍の細胞の 検出そして 遺伝の試金を含む。 

これらの 循環の腫瘍の細胞は 癌の 第一次場所から壊れることができるで他の体の部位に広がるmetastatic種。  循環の腫瘍は細胞を理解するそれがの他の部分へ癌ボディおよび頻繁に癌の広がりを持つ 人の死に責任があるない第一次癌であるので、極めて重要である。 

今まで、医学は第一次癌細胞の特定の特徴に処置の決定を基づかせている第一次腫瘍に焦点を合わせた。 但し、循環の腫瘍の細胞は第一次癌 遺伝的に異なる。 第一次腫瘍を攻撃するように設計されている処置はできる循環の腫瘍の細胞を破壊しないことを。

ここでは、私達は循環の 腫瘍の細胞の試金および 大きい 潜在性をこの 技術の提供癌に医学のアプローチを進める検査する。 あなたがこの 記事で 約学ぶ基本的な循環の腫瘍の細胞(CTC)の試金は個人の癌がいかにに扱われるか関連しているので米国で利用でき重要なデータを提供するために。 クリーブランド 医院は 2009年の上の医学の革新としてこのCTCテストを確認した。

高度なバージョンの CTC テストは治療上のターゲットおよび個人の循環の腫瘍の細胞に独特な chemo抵抗のマーカー の表現を識別するために遺伝の分析が行われるドイツへ 血を送ることによって利用できる。 テストは第2記事で記述されるが、ことこの記事を最初に読む従って循環の腫瘍の細胞(CTC)の血液検査の強力な予想価値を理解する。

現在から未来へ移ること

癌への慣習的なアプローチはずっと第一次腫瘍に焦点を合わせることである。 例えば、乳癌と重点はエストロゲンの受容器の状態およびHER2ずっと状態のような特定のマーカーのための胸の腫瘍を、検査することである。 処置の決定はそれから第一次腫瘍のこれらのマーカーの存在か不在に基づいてなされる。 但し、このアプローチは研究として循環の腫瘍の細胞(CTC)が第一次腫瘍の癌細胞と遺伝的に異なることを示した間違った方に導かれるかもしれない。 1つの例は彼らの第一次胸の腫瘍が HER2のために否定的だったのに、HER2のために肯定的の乳癌患者のどの37%がCTCがあったかの調査1である! 別の調査は同じような調査結果を提供した。それを 第一次腫瘍の癌細胞の方の処置を指示することは、時として、「」。ことができることをこの研究が提案する見当違いをする2 従って、metastatic癌細胞に焦点を合わせることは結果をよくするために導くことができる。 CTCのテストは私達がこれらの潜在的なmetastatic癌細胞に今私達の注意を焦点を合わせてもいい手段を私達に与える。

循環の腫瘍の細胞との予想正確さの改善

癌患者の評価の重要な一歩は病気のありそうなコースそして結果の予言を提供する正確な予想の確立に頼る。 手元の正しい予想を使うと、医者はそれから人の癌のための最も適切な処置を設計できる。

循環の腫瘍の細胞との予想正確さの改善

現在、正確な予想を提供する機能は完全には程遠い。 腫瘍の細胞(CTC)のテストを循環することが予想正確さを改善できれば調査するためにはドイツの科学者は癌のための処置を受け取った前に測定されたCTCの彼女達のレベルがあった非metastatic乳癌を持つ35人の女性を調査した。2 これらの患者の、17はCTCのために18はCTCのために陰性をテストしたが、陽性をテストした。 研究者が2グループの予想を見たときに顕著な相違を見つけた。 CTCのために陰性をテストしたグループは125か月の中央の全面的な存続があった。 血で現在の5つまたはより多くのCTCを持つグループ61か月だけの中央の全面的な存続を持っていた! 2グループ間の5年にわたるの存続の相違はCTCの存在にそして数は乳癌を持つ女性のこのグループの予想であった大きい重要性を明らかにする。 この調査の調査結果はある処置が乳癌を持つ個人のためにいかにの合うか巨大な含意がことができる。 女性が集中的な処置を要求してはいけない、女性が積極的な処置を要求する転移の危険度が高いの持ちこと危険度が低い癌を持っている乳癌の処置の重要な問題は最初に区別している。 この調査はCTCのテストの潜在性に一見を医者を危険度が低い乳癌患者と危険度が高い区別することを許可するようにより正確な予想を提供する提供する。

関連の調査では、metastatic胸cancer.3を搭載する151人の女性のM.D.アンダーソン蟹座中心によって測定されたCTCテキサス州立大学の研究者はまたホルモンの受容器の状態、カリフォルニア27.29 (乳癌のmetastatic活動のある程度の測定を助ける血のマーカー)、およびHER2状態のような他の予想癌のマーカーのためにこれらの患者、評価された。 5個あったまたはより多くの循環の腫瘍の細胞(CTC)が13かの½月の中央の全面的な存続があった人は。 それらのための中央の全面的な存続はとの29か月により少しにより5 CTCあった。 研究者はまた5つまたはより多くのCTCの存在他のすべての腫瘍のマーカーと比較してもらった最も高い予言する価値をことを発見した! 研究者は大胆に「循環の腫瘍の細胞優秀な、独立した予想価値が…」にあることを示すことを続いた

なお、最近の研究は前立腺癌を持つ人のための予想を予測するのにCTCの評価が使用することができることを示す。 トーマス・ジェファーソン大学の研究者はmetastatic前立腺癌と37人のCTCのレベルを比較した。 調査結果は5つあったまたはより多くのCTCを持つ人驚くべきのために、中央の全面的な存続はたった8.4か月だった。 それらの人のためにとの5つ以下CTC中央の全面的な存続48か月だった! 4つは更に別の調査外科が前立腺癌recurrence.6の放射線療法の強く予言した後前立腺cancer.5 A上昇PSAのための外科が15人の患者に管理された後上昇PSAの55人のCTCを測定した。 これらの前立腺癌の患者の、CTCの陰性のグループに病気の進行がなかったが、肯定的なCTCは放射線療法の間に だれ持っていた 病気の進行をだったか60%! 5つの付加的な調査はこれらの結果を確認した。7-8

だれが前立腺癌の外科から寄与するか予測する

外科(か他の療法ことを)根絶する前立腺を最もよい企画ならかどうか前立腺癌を持つ人が、および彼らの医者、表面決定している中央問題。 外科は治療効果があること強い可能性があるとき最も示されて。 これは癌が前立腺に制限されるとき一般に事実である。

潜在的な外科失敗は癌が前立腺を越えて広がったら行われることができる。 この場合、外科は本当らしくない病気を治すためにし、多くの医者は外科を推薦しない。

だれが前立腺癌の外科から寄与するか予測する

残念ながら、外科医は頻繁に外科が行われる前に癌の範囲を知らない。 但し、陸標の調査で、ニューヨークのコロンビア大学の科学者はCTCのテストが前立腺癌を持つどの人が外科から寄与するためにが本当らしいか予測できることを発見した。9 これで調査は、なっていた前立腺癌を持つ138人外科が彼らの血のCTCの存在のために前立腺を取除くことにテストされたように。 CTCの陽性だった人がCTCの陰性だった人と比較された潜在的な外科失敗を経験して12倍本当らしかったことを目を見張るような見つけること明らかにされる。 さらに、科学者はCTCの状態が潜在的な外科失敗の予測でPSAのレベルおよびGleasonのスコアより優秀だったことを定めた。 実際、大きいPSAのCTCの陽性だったひとつひとつの人はより10 ng/mL潜在的な外科失敗があった。 これは外科的により治った大きいPSAとCTCの陰性であり、患者の76%と10比較する! 全体として、CTCの否定的な患者は外科治療のための87%のチャンスがあった。 著者は「この 試金」。が前立腺癌のための外科処置の価値の患者の勧めることの有用な規準…であるかもしれないことに気づいた

循環の腫瘍の細胞(CTC)の試金
  • 医者および科学者は癌の評価そして処置を革命化すると約束するテストを識別した。
  • 血流の循環の腫瘍の細胞(CTC)の数の検出によって、医者は処置の決定を導くのに使用することができる患者の予想についての重要な情報を得ることができる。
  • 血のCTCの大きい数は転移の高められた危険と、また悪い予想および存続つながった。
  • CTCの試金はホルモンの受容器の状態、カリフォルニア27.29、およびイメージ投射調査の測定のような多くの一般に利用されたテストより高い予言する価値を提供するかもしれない。
  • 監視CTCのレベルはまた処置の効力および再発の危険についての有益な情報を提供するかもしれない。

腫瘍はイメージ投射より優秀な細胞を循環するテストする

研究者はまたCTCの評価がmetastatic乳癌患者の予想の予測で標準的なイメージ投射テストより正確かもしれないことを発見した。 従来、イメージ投射テストがmetastatic乳癌とのそれらの処置の有効性を評価するのに使用されていた。 処置への応答は頻繁にCTおよびMRIスキャンの腫瘍サイズの変更の測定によって定められる。 2006年に行われた革新的研究ではmetastatic乳癌患者は療法を始めた10週後イメージ投射テストを前にできていてもらい。10は 2人の独立した放射線技師によってイメージ投射テストの結果見直された。 CTCは4週療法の開始の後の測定された。 研究者の調査結果はイメージ投射テスト(得られるより小さいすなわち、腫瘍)に基づいて処置に答え、持っていた驚くほどのグループだった 5つ またはより多くのCTCに CTCの計算の グループより悪い予想がイメージ投射 調査の 病気の 悪化を 示したより少なくより5あった! これらの調査結果はCTCのレベルがイメージ投射テストに記された実際の視覚変更と比較された予測の存続ではるかに重要だったことを提案する。 更なる分析はCTCのテストにイメージ投射調査と比較された優秀な再現性があったことを確立した。 CTCのテストの結果の1%以下変化と比較された2人の放射線技師間のイメージ投射テストの解釈に15%の不一致があった。 この調査の著者は不正確な病気の 状態の評価および不適当な処置の決定がレントゲン写真の調査のよりCTCの試金の使用とまずない」。がことを「再現性のこの利点意味すると宣言した 彼らは熱狂的に「CTCsの査定に連続レントゲン写真の評価上の複数の利点があることを結論を出すことを続いた。 CTCの試金はレントゲン写真の応答が」。あるよりradiologic調査がで、存続のより強い予言者のようであるよりレントゲン写真の評価、早い時間ポイントのショーの有用な結果より再生可能

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2