生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2009年9月
レポート

CoQ10および癌治療

ウィリアムFaloon著
補酵素Q10の臨床試験は(研究は人々と調査する)行なわれたか。

補酵素Q10の臨床試験は(研究は人々と調査する)行なわれたか。

癌治療の補酵素Q10の使用を調査するために多数の患者を含むうまく設計された臨床試験がずっとない。 少数の人々とのある臨床試験がずっとあるが、方法は調査行われ、利点が補酵素Q10または何か他のものによって引き起こされたら報告された情報量はそれを明白でなくさせた。 試験のほとんどはランダム化されなかったし、または制御されなかった。 ランダム化された管理された試験は証拠の最高レベルを与える:

  • ランダム化された試験では、ボランティアは処置と関連している異なった要因を比較する2の任意に割り当てられるまたはより多くのグループの1つに(偶然)。
  • 管理された試験では、1つグループは(制御グループ電話される)調査される新しい処置を受け取らない。 制御グループは新しい処置を受け取るグループとそれから、新しい処置が違いを生じるかどうか見るために比較される。

ある研究の調査は学術雑誌で出版される。 ほとんどの学術雑誌に出版される前に証拠および結論は音であることを確かめるために研究のレポートを、見直す専門家がある。 これはピア レビューと呼ばれる。 同業者審査された学術雑誌で出版される調査はよりよい証拠として考慮される。 癌のための処置として補酵素Q10のランダム化された臨床試験は同業者審査された学術雑誌で出版されなかった。

次は人々の補酵素Q10の調査から報告された:

補酵素Q10およびdoxorubicinのランダム化された試験

20人の患者のランダム化された試験は補酵素Q10がanthracyclineの薬剤のdoxorubicinによって与えられた損害から中心を保護するかどうか 見た。 補酵素Q10が中心に対するdoxorubicinの悪影響を減らすことをこの試験の結果および他は示した。

乳癌のためのアジェバント療法として補酵素Q10の調査

小さい調査は乳癌を持つ患者の標準的な処置の後で補酵素Q10の使用で行われた:

乳癌のためのアジェバント療法として補酵素Q10の調査

32人の乳癌患者の補酵素Q10の調査では、癌のある印そして徴候が6人の患者で入ったことが報告された。 細部は6人の患者の3だけのために与えられた。 研究者はまた調査の患者全員がより少ない苦痛の薬を使用したことを報告し、生活環境基準を改善し、そして処置の間に重量を失わなかった。

  • フォローアップでは、外科が3かから4か月間補酵素Q10の大量服用と扱われた後残る乳癌を経験した2人の患者。 高線量の補酵素Q10との処置の後で、癌が両方の患者で完全に入られたことが報告された。
  • 同じ研究者が導いた第3調査では3人の乳癌患者は高線量の補酵素Q10を与えられ、3から5年間続かれた。 調査は1人の患者はレバーに広がった癌の完全な赦免が、別のもの持っていた胸壁に広げた、三番目に外科の後で見つけられた乳癌がなかった癌の赦免をありことを報告した。

しかしそれはこれらの調査で報告された利点が補酵素Q10の療法か何か他のものによって引き起こされたら明確ではない。 調査に次の弱さがあった:

  • 調査はランダム化されなかったし、または制御されなかった。
  • 患者は補酵素Q10に加えて他の補足を使用した。
  • 患者は補酵素Q10療法の前または最中で標準的な処置を受け取った。
  • 細部は調査のすべての患者のために報告されなかった。

補酵素Q10の逸話的なレポート

逸話的なレポートは一人以上の患者の医学および処置の歴史の不完全な記述である。 補酵素Q10が膵臓、肺、コロン、直腸および前立腺の癌を持つ患者を含んで癌患者の生きているより長い、助けたという逸話的なレポートがずっとある。 しかしこれらのレポートで記述されている患者はまた化学療法、放射線療法および外科を含む補酵素Q10以外処置を、受け取った。

副作用か危険は補酵素Q10から報告されたか。

深刻な副作用は補酵素Q10の使用から報告されなかった。 共通の副作用は次が含まれている:

  • 不眠症(落ちるか、または眠っているとどまることない睡眠)。
  • レバー酵素の高くより正常なレベル。
  • 発疹。
  • 悪心。
  • 腹部の上部の苦痛。
  • 目まい。
  • ライトに敏感に感じること。
  • 過敏に感じること。
  • 頭痛。
  • 胸焼け。
  • 非常に疲れている感じること。
補酵素Q10は使用のための米国の食品医薬品局(FDA)によって米国の癌治療として承認されるか。

医療サービス提供者と点検することは重要補酵素Q10が他の薬剤と共に安全に使用することができるかどうか調べるためにである。 コレステロール、血圧、または血糖レベルを下げるのに使用されている薬剤のようなある特定の薬剤は、補酵素Q10の効果を減らすかもしれない。 補酵素Q10は方法を変えるかもしれないボディが(薬剤血は凝固することを防ぐワルファリン)およびインシュリンを使用する。

質問 1に記載のとおり、ボディは酸化防止剤として補酵素Q10を使用する。 酸化防止剤は遊離基から細胞を保護する。 ある慣習的な癌療法は、抗癌性の薬剤および放射線療法のような遊離基を形作るためにもたらすことによって、一部には癌細胞を殺す。 研究者はこれらの慣習的な療法がボディで働かせる方法で慣習的な療法と共に補酵素Q10を使用することが効果を、よくか悪いもたらすかどうか、調査している。

補酵素Q10は使用のための米国の食品医薬品局(FDA)によって米国の癌治療として承認されるか。

補酵素Q10はようにサプリメント販売され、使用のためのFDAによって癌治療として承認されない。 米国では、サプリメントは食糧薬剤ではなくとして調整される。 これは特定の健康の要求が補足についてなされなければ補酵素Q10が販売される前にFDAによる承認が要求されないことを意味する。 また、会社が補酵素Q10を作る方法は調整されない。 補酵素Q10の補足の異なったバッチそしてブランドは互いと異なるかもしれない。

参照

1. 基本的なClin Pharmacol Toxicol。 6月2007日; 100(6): 387-91。

2. メラノーマRes。 6月2007日17(3)日: 177-83。

  • ページ
  • 1
  • 2