生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2009年9月
レポート

CoQ10および癌治療

ウィリアムFaloon著
CoQ10および癌治療

十年より多くのために、 生命Extension®は 補酵素Q10と補うある特定の癌とのそれらの有利な効果を示す 小さい 臨床調査で 報告した。

最近の調査はだけでなく、臨床改善を文書化したが、またCoQ10が遅い腫瘍の成長を助けるかもしれないありそうなメカニズムを識別した。 これらのメカニズムのいくつかは( 腫瘍のangiogenesisを 促進する) の免疫の増加、 抑制血管内皮細胞増殖因子、および癌細胞の 伝播を促進する かもしれない炎症性マーカーの減少を含んでいる。

メラノーマ および 乳癌は CoQ10が相当な臨床利点を示した2つのタイプの敵意である。1,2 残念ながら、媒体および癌の確立は 多くの生命を救うことができるこれらの有望な発見を無視した。

例えば、最近のメラノーマの調査は毎日CoQ10 (400 mg )の有無にかかわらず アルファ インターフェロンを 管理する 効果を比較した。 十倍に CoQ10 転移 - 補われたグループ より危険度が低い驚かすことがあった! この効果が高度のメラノーマとのそれらのためにさらにもっと顕著、CoQ10 だった-補われた患者は多分 転移を 開発する 13回だった。 アルファ インターフェロンは 患者がそれを中断しなければならないほど厳しい副作用を引き起こすことができる免疫の後押しの薬剤である。 この調査では、CoQ10 の2 22%だけ -補われた患者は82%取得補足CoQ10 比較された 副作用を 開発した。

私達の社説は粗く批判した のための 国立癌研究所を 有効なCoQ10がアジェバント癌療法としていかにあるかもしれないか丁度確認するためにより大きい調査に資金を供給しないことを。

それはCoQ10が癌治療で担うかもしれない 役割の 意見を示す国立癌研究所によって更新を再版する私達の喜びである。 このレポートが普通代わりとなる療法に対して偏りのある連邦政府局から出ると考慮して、私達はこのレポートが提供する相対的なバランスとかなり嬉しい。

私達はこれらが本当らしい有毒なchemoの薬剤によって加えられる根本的な癌や問題の結果ように、国立癌研究所のCoQ10副作用の仄めかしを用いる問題を取る。 CoQ10を使用する生命 Extension®の 数万人の健康なメンバーの、どれもこれらの副作用を報告しない。

補酵素Q10についての質疑応答

補酵素Q10は何であるか。

補酵素Q 10はボディで自然になされる混合物である。 補酵素Q10のQそして10は補酵素を構成する化学薬品のグループを示す。 補酵素Q10はまたこれらの他の名前によって知られている:

  • CoQ10.
  • Q10.
  • ビタミンQ10。
  • ユビキノン。
  • Ubidecarenone。

補酵素は仕事をするために酵素を助ける。 酵素は自然な化学反応がボディの細胞で起こる率のスピードをあげる蛋白質である。 体細胞は細胞が育ち、健康にとどまることができるのにように必要とされるエネルギーを作るのに補酵素Q10を使用する。 ボディはまた酸化防止剤として補酵素Q10を使用する。 酸化防止剤は遊離基と呼ばれる化学薬品から細胞を保護する物質である。 遊離基はDNA (デオキシリボ核酸)を傷つけることができる。 DNAの部分である遺伝子はボディではたらく方法を細胞にそして育つためにいつ分かれるか告げる。 ある種の癌へのDNAへの損傷はつながった。 遊離基に対する細胞の保護によって、酸化防止剤は癌からボディの保護を助ける。

補酵素Q10はほとんどのボディ ティッシュにある。 多量は中心、レバー、腎臓および膵臓にある。 最も低い量は肺にある。 ティッシュの補酵素Q10の量は人々がより古くなると同時に減る。

補酵素Q10の発見そして使用の歴史は癌のための補足か代わりとなる処置として何であるか。

補酵素Q10の発見そして使用の歴史は癌のための補足か代わりとなる処置として何であるか。

補酵素Q10は1957年に最初に識別された。 その化学構造は1958年に定められた。 癌のための可能な処置として補酵素Q10の興味は1961年に何人かの癌患者は彼らの血でそれの低くより正常な量があったことが分られたときに、始まった。 補酵素Q10の低い血レベルは胸の骨髄種の患者に、リンパ腫および癌、肺、前立腺、膵臓、コロン、腎臓および頭部および首あった。

調査は補酵素Q10が免疫組織の仕事をよりよく助けるかもしれないことを提案する。 部分的にこのような理由で、補酵素Q10は癌のためにアジェバント療法として使用される。 アジェバント療法は治療のチャンスを高めるために第一次処置の後で与えられる処置である。

補酵素Q10が癌のことを処理に有用であること要求の後ろの理論は何であるか。

補酵素Q10は癌の処理に有用かもしれない免疫組織を後押しするので。 また、調査はCoQ10に類似しているCoQ10アナログ(薬剤)が癌細胞の成長を直接防ぐかもしれないことを提案する。 酸化防止剤として、補酵素Q10は癌が成長することを防ぐのを助けるかもしれない。

癌の処置の補酵素Q10の調査の後ろの理論のより多くの情報に関しては補酵素Q10のPDQの医療専門家の概要を参照しなさい。

補酵素いかにQ10は管理されるか。

補酵素Q10は通常丸薬として口で取られる(タブレットかカプセル)。 それはまた静脈(iv)に注入によって与えられるかもしれない。 動物実験では、補酵素Q10は注入によって与えられる。

preclinical (実験室か動物)調査は補酵素Q10を使用して行なわれたか。

いくつかのpreclinical調査は補酵素Q10で行われた。 実験室または使用動物の研究は薬剤、プロシージャ、または処置が人間に有用であるために本当らしいかどうか調べるために行われる。 これらのpreclinical調査は人間のどのテストでも始まる前に行われる。 補酵素Q10のほとんどの実験室調査はボディでいかにはたらくか化学構造を見。 次は補酵素Q10および癌のpreclinical調査から報告された:

  • 動物実験は補酵素Q10が免疫組織を後押しし、ボディが癌をのある特定の伝染そしてタイプ戦うのを助けることが分った。
  • 補酵素Q10は抗癌性の薬剤のdoxorubicinを与えられた調査動物の中心、心筋への損害を与えることができるanthracyclineの保護を助けた。
  • 補酵素Q10のアナログが成長から癌細胞を停止するかもしれないことを実験室および動物実験は示した。

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2