生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2009年9月
レポート

実質の保護へのColonoscopyを越えて

ジュリアスGoepp著、MD

コロンの健康に燃料を供給する食糧

予想通り、ポリフェノールを越える栄養素の広い範囲に顕著な癌予防の実績がある。 少数のそれらの短い要約はここにある。 有効成分は(ように高潜在的能力によって標準化されるエキス)補足の形態ですぐに利用できる。

ニンニク

疫学的な、 動物実験は最終的にニンニクで見つけられる混合物の多数の癌予防の効果を説明した。47-49 ニンニクのエキスを特にとして、まただけでなく、機能する有効な酸化防止剤老化させた:

  • DNAの変更を癌もたらすことを防ぐ
  • 引き起こす apoptosis (細胞の破壊)を
  • 毒素中和の酵素の増加の活動
  • 毒素活動化の酵素の減少活動。50-52

老化させたニンニクのエキスはまた 癌細胞に対して免除を後押しする。53,54は これらの結合された活動前癌性の異常なクリプトの焦点(ACF)の形成を防ぐ。55

日本の研究グループは癌に大腸のアデノーマの前駆物質と診断された37人の患者の調査の人間の大腸癌を防ぐ老化させたニンニクのエキスの力で最近劇的で新しいデータを提供した。56人の 活動的なグループの患者はニンニクのエキスに1日 あたりの2.4 mLを時間がかかった(約720 mgによって動力を与えられるエキスと57同等の); 制御患者は1日あたりの 極めて小さい0.16 mLを受け取った; すべての患者は内視鏡検査法を調査の始めに、そして6かそして12か月にできていてもらった。56人の 制御患者は期待された着実な増加およびサイズをの総計で表示したアデノーマしかし補われたグループのアデノーマ 数は12ヶ月の 期間 の終りまでにおよびサイズ両方で かなり減った。 完了された研究者は「老化させたニンニクのエキスを持っている癌の発生を減らし、成長および拡散を抑制する多数の細道を」。

老化させたニンニクの粉の7,200のmg /dayが注目される副作用なしで6かまで月間消費されたと多く。58

ショウガ

ニンニクのように、ショウガは2,500年ずっと間以上伝統医学の支柱である。 そして、ニンニクのように、ショウガは西部の医学科学者の見地から今専有物に入って来ている。 ショウガの多数のchemopreventive利点は実験モデルの広い範囲で報告された。ショウガ およびエキスの59の主混合物は遊離基によって引き起こされる細胞への酸化損傷を限る。 彼らはまたシグナリング分子の低レベルcytokinesを、とりわけ炎症性応答を誘発するそれら呼んだ。 行為のデュアル モードこれは高められた癌破壊の 細胞の破壊で起因する。60,61の あるショウガの部品はまた ボディで現在の発癌物質を解毒する重大な酵素の活動を高める。62,63

インドの研究者は2つの最近の調査の化学的に引き起こされた結腸癌をラットのショウガのchemopreventive力の直接証拠に与えた。64,65 有効な発癌物質が付いている注入の後で、動物はショウガかある特定の常態の食事療法と補われた。 両方の調査で個々の 腫瘍の癌そして数の発生は補われたグループ でかなり減った。 最初の調査はまたそれ以上の第2調査は腸の毒素を解放し、コロンの自然な保護粘液性の層を損なう細菌の酵素の活動の 減少を示したが、酸化代理店の低レベルおよび補われた動物の自然な酸化防止剤のハイ レベルを検出した。

Cruciferous野菜および芽

いわゆるcruciferous野菜(キャベツ/ブロッコリー/芽キャベツ家族)の食事療法の金持ちを食べる人々はコロンおよび他の癌のより低い率があるために知られている。66,67は これらの野菜および彼らの芽sulforaphaneおよびインドール3 carbinol (I3C) 副産物を含む混合物そして故障を—出すボディの有効な酸化防止および炎症抑制の効果を含んでいる。 それらはまた とりわけ 普通 食餌療法の発癌物質を活動化させる酵素を目標とし、中和する。 すなわち、それらは同時に成長からの癌を保ち、 癌細胞の死によって病気の初期の出現の腫瘍を破壊する。68-73

いくつかの動物実験は動物が危なく、強力な発癌物質--に 既にさらされた後cruciferous野菜のエキスとの補足がラットのコロンの癌性変更を妨げることを示す。67,73,74

人間の研究はちょうどあり約束するように。 数年前に、英本国の研究者のグループはcruciferous 野菜を使用して人間の結腸癌のchemo防止 のための巨大な含意を用いる進歩の調査を行なった。 それらは赤身の食事療法に高く起因できる発癌物質のために20人の健康なボランティアをテストした。 テストは3明瞭な12日段階の終わりに起こった。

序盤では、調査の主題はcruciferous野菜をまったく食べなかった。 第2段階では、彼らは日ブロッコリーそして芽キャベツの250グラムを食べた。 第3そして最後の段階では、彼らはもう一度cruciferous野菜を、「洗浄する」潜在的なanticarcinogenic効果を食べなかった。75

テストは尿検査は解毒された発癌性の分子で比例した倍力を示したが彼らが食べたかどれをブロッコリーおよび芽キャベツのevery day-theの主題の 解毒の 酵素のレベル段階の間の第2の終わりに劇的に上がった ことを 明らかにした。 すなわち、 ブロッコリーおよび芽キャベツは効果的にそれらを無害するボディの食餌療法の発癌物質を中和した。

イギリスからの驚くべき2008調査はcruciferous野菜の混合物I3Cが 結腸癌の 化学療法の薬剤のoxaliplatinの効果を激化させることを明らかにした。76 加えるI3Cは研究者が単独で化学療法の薬剤と比較された 六倍の 高い比率で癌細胞を殺すのを助けた。

これは明るいニュースである。 resveratrolのように、 I3Cはoxaliplatinのような有毒な化学療法の薬剤の日の助けの医者の限界の 線量5フルオロウラシルおよび癌患者で加える苦痛な、衰弱させる副作用を相殺するためにかもしれなく。

8つの共通の蟹座戦いの栄養素

ビタミンおよび跡の鉱物はそれらに結腸癌のchemopreventionのための有用な候補者をする強力な酸化防止剤として機能する。 多数の大規模な疫学の研究は有効な結腸癌の 戦闘機としてをビタミンEおよびD 、カルシウムと、指す。77-79 ビタミンDのデータは、例えば、優秀 である。 ビタミンDは癌の開発のコロンの必要な第一歩の癌細胞拡散を減らす。80

興味深いことに、最近の調査はビタミンEが結腸癌の細胞をexisulindの致命的な行為—入会者によってプログラムされる癌細胞の死 知られている混合物により傷つきやすくさせることができることを示した。81の FolateおよびビタミンB6およびB12は それぞれが健康なDNAの保護で担う重大な役割のために巧妙な一致の優秀なchemopreventionの候補者によって、また行う。82

セレニウムは 驚くべき酸化防止特性が付いている必要な跡の鉱物である。 また性質の第一次癌予防の栄養素の1時である。

セレニウムは 成長からの癌を保つボディのいくつかの主酵素を活動化させる。83の 予備の調査はより高いセレニウムのレベルを持つ人々が癌の減らされた危険にあることを示した。84は ほぼ25%によって国立衛生研究所からの調査高いセレニウムが高度の大腸のアデノーマの危険を減らしたことを、癌の前駆物質、 示した! それは喫煙者を含む危険度が高いグループのより大きい保護を、できた。85

逆に、 結腸癌 を持つ人々にかなりより低い血のセレニウムのレベルがある。幸いにも 86セレニウムの補足はだけでなく、癌が形作ることを助けが防ぐこと血清のセレニウムのレベルを後押しするが、また重大な細胞酸化防止システムの活動を増やす。87 またセレニウムがsulforaphaneの抗癌性の効果を最大にするという有力な証拠 2に腸の健康のための有効な組合せを作っているcruciferous野菜で見つけられる混合物がある。83

疫学的、臨床の成長するボディは、および実験的証拠ことをオメガ3の 脂肪酸のeicosapentaenoic 酸(EPA)およびdocosahexaenoic酸(DHA豊富な) —冷た水魚およびまた魚で大腸 の危険を減らすオイルかもしれない提案する。88

医者の健康の調査 からの重要な調査結果は それを消費の魚および魚油が大腸癌から保護するかもしれないことを提案する。 オスの医者のこの長期前向き研究では、魚のより大きい取入口およびオメガ3の脂肪酸はコロンおよび直腸癌の減らされた危険と関連付けられた。89

実験調査はオメガ3のこれらの脂肪酸が多数の抗癌性の効果を 出す かもしれないことをおよびapoptosis、また 戦いのangiogenesisおよび転移提案する調整の細胞増殖を含んで。 さらに、何人かの科学者はオメガ3の酸が異常なティッシュの成長を抑制する薬剤にコロンの腫瘍に感光性を与えるかもしれないことを提案した。90 一緒に、これらの調査結果は避ける結腸癌に於いての魚油からのオメガ3の脂肪酸の重要な役割を指す。

概要

結腸癌は何百万の 人および女性への毎年深刻な脅威に残り、 病気を扱う標準的な医学および 外科 療法は十分から遠い。 消化力の 有毒な 化学薬品そして副産物、防止への自然な、栄養素ベースのアプローチへの一定した露出の直接結果が良識を作る と同時に癌が コロンで成長するので。 医学はちょうど得栄養素がこの致命的な病気をいかにの避けるのを助けることができるか完全な感謝を始めている。 有名なイタリアの外科医および栄養物の巧妙な先生としてデュリオDivisi書いた: 「いろいろな種類の癌の30-40%が 健康な 生活様式および食餌療法の手段と」。防ぐことができると推定されていた上で 記述されているポリフェノールの役割に加えて「癌予防の食事療法の保護要素がセレニウム、葉酸、ビタミンB12、ビタミンD、クロロフィル[葉菜で豊富な]および酸化防止剤を…含んでいることに91先生Divisiは気づいた 提案された指針に従って作成された食事療法は胸、コロン直腸、前立腺およびbronchogenic癌の発生を減らすことができる」。91

この記事の科学的なコンテンツの質問があったら、1-800-226-2370で生命延長健康の顧問を呼びなさい。

参照

1. NイギリスJ Med。 1993;329:1977-81.

2. アンのインターンMed。 1月2009日6日; 150(1): 1-8。

3. 外科: 基礎科学および臨床証拠。 第2版。 スプリンガー; 2008:1047.

4. Gastroenterol Clinの北AM。 3月2008日; 37(1): 253-67。

5. 胃腸病学。 5月2008日; 134(5): 1296-310。

6. 最近の結果の蟹座Res。 2005;166:177-211.

7. 蟹座Lett。 10月2007日8日; 255(2): 170-81。

8. AM J Clin Nutr。 1月2005日; 81 (1つのSuppl): 284S-91S.

9. Jamison JR。 栄養物への臨床ガイドおよび病気管理のサプリメント。 フィラデルヒィア: Churchill Livingstone; 2003.

10. 発癌。 5月2000日; 21(5): 921-7。

11. 発癌。 8月2005日; 26(8): 1450-6。

12. 細胞の生命MolのSci。 6月2008日; 65(11): 1631-52。

13. 食糧MolのNutrのRes。 9月2008日; 52(9): 1040-61。

14. J Surg Res。 4月2000日; 89(2): 169-75。

15. 蟹座Res。 2月1999日1日; 59(3): 597-601。

16. Exp. Mol Pathol。 6月2008日; 84(3): 230-3。

17. 腸。 11月2008日; 57(11): 1509-17。

18. Proc国民のSci Counc Repub中国B. 4月2001日; 25(2): 59-66。

19. Clinの蟹座Res。 9月2005日15日; 11(18): 6738-44。

20. 消化力。 2006;74(3-4):140-4.

21. 蟹座MolのTher。 4月2007日; 6(4): 1276-82。

22. Clinの蟹座Res。 7月2001日; 7(7): 1894-900。

23. Clinの蟹座Res。 10月2004日15日; 10(20): 6847-54。

24. 抗癌性Res。 2001日7月8月; 21 (4B): 2895-900。

25. 蟹座のEpidemiolのBiomarkers Prev。 1月2005日; 14(1): 120-5。

26. Clin Gastroenterol Hepatol。 8月2006日; 4(8): 1035-8。

27. IUBMBの生命。 5月2008日; 60(5): 323-32。

28. Antioxidの酸化還元反応は信号を送る。 3月2008日; 10(3): 475-510。

29. 蟹座Biol Ther。 12月2007日; 6(12): 1833-6。

30. Int J Med Molの。 12月2002日; 10(6): 755-60。

31. J Agricの食糧Chem。 6月2008日25日; 56(12): 4813-8。

32. Oncol Rep。 6月2008日; 19(6): 1621-6。

33. 食糧MolのNutrのRes。 6月2008日; 52のSuppl 1S52-S61。

34. 蟹座Biol Ther。 8月2008日; 7(8): 1305-12。

35. 蟹座Lett。 10月2008日8日; 269(2): 315-25。

36. 発癌。 5月2007日; 28(5): 1021-31。

37. Proteomics。 1月2008日; 8(1): 45-61。

38. Nutrの蟹座。 2002;43(2):193-201.

39. 胃腸病学。 6月2008日; 134(7): 1972-80年。

40. Histol Histopathol。 4月2008日; 23(4): 487-96。

41. 蟹座のEpidemiolのBiomarkers Prev。 6月2007日; 16(6): 1219-23。

42. 発癌。 1月2008日; 29(1): 113-9。

43. 蟹座のEpidemiolのBiomarkers Prev。 8月1999日; 8(8): 709-13

44. Altern Therの健康Med。 5月2008日; 14(3): 30-3。

45. J口頭Pathol Med。 11月2007日; 36(10): 588-93。

46. 世界J Gastroenterol。 4月2008日14日; 14(14): 2187-93。

47. 広島J Med Sci。 12月2004日; 53 (3-4): 39-45。

48. J Nutr。 3月2001日; 131 (3s): 1032S-40S.

49. J Nutr。 10月2007日; 137(10): 2264-9。

50. 健康Perspectを囲みなさい。 9月2001日; 109(9): 893-902。

51. Food Sci Nutr CritのRev。 2004;44(6):479-88.

52. アジアPac J Clin Nutr。 2008年; 17のSuppl 1:249-52。

53. J Nutr。 3月2006日; 136 (3つのSuppl): 816S-20S.

54. J Nutr。 3月2001日; 131 (3s): 1067S-70S.

55. J Nutr。 3月2006日; 136 (3つのSuppl): 852S-4S.

56. J Nutr。 3月2006日; 136 (3つのSuppl): 821S-6S.

57. J Nutr。 3月2006日; 136 (3つのSuppl): 741S-4S.

58. http://www.kyolic.ca/faq.html

59. 食糧Chem Toxicol。 5月2007日; 45(5): 683-90。

60. 発癌。 5月2002日; 23(5): 795-802。

61. 食糧MolのNutrのRes。 5月2008日; 52(5): 527-37。

62. FEBS Lett。 8月2004日13日; 572 (1-3): 245-50。

63. Phytother Res。 3月2007日; 21(3): 239-44。

64. Clin Chimのアクタ。 8月2005日; 358 (1-2): 60-7。

65. Eur Jの蟹座Prev。 10月2006日; 15(5): 377-83。

66. Pharmacol Res。 3月2007日; 55(3): 224-36。

67. Mutat Res。 2月2003日; 523-524: 99-107。

68. Proc Nutr Soc。 2月2006日; 65(1): 135-44。

69. 蟹座Res。 8月2001日15日; 61(16): 6120-30。

70. J Nutr。 1月2007日; 137(1): 31-6。

71. 専門家のOpin Therターゲット。 6月2008日; 12(6): 729-38。

72. Mutat Res。 7月2006日25日; 599 (1-2): 76-87。

73. 発癌。 2月2006日; 27(2): 287-92。

74. 発癌。 2月2003日; 24(2): 255-61。

75. 発癌。 9月2004日; 25(9): 1659-69。

76. Biochem Pharmacol。 5月2008日1日; 75(9): 1774-82。

77. Eur Jの蟹座Prev。 12月1999日; 8つのSuppl 1S49-S52。

78. 蟹座により制御を引き起こす。 8月1998日; 9(4): 357-67。

79. Nutrの蟹座。 2009;61(1):70-5.

80. 蟹座のEpidemiolのBiomarkers Prev。 1月2002日; 11(1): 113-9。

81. Apoptosis。 2月2007日; 12(2): 423-31。

82. Nutrの蟹座。 2006;56(1):11-21.

83. 自由なRadic Res。 8月2006日; 40(8): 775-87。

84. Nutrの蟹座。 2008;60(2):155-63.

85. 蟹座のEpidemiolのBiomarkers Prev。 2月2006日; 15(2): 315-20。

86. Zhonghua Wai Ke Za Zhi。 1月1996日; 34(1): 50-3。

87. Nutrの蟹座。 2003;46(2):125-30.

88. Chem Physの脂質。 5月2008日; 153(1): 14-23。

89. 蟹座のEpidemiolのBiomarkers Prev。 5月2008日; 17(5): 1136-43。

90. Curr Med Chem。 2007;14(29):3059-69.

91. アクタBiomed。 8月2006日; 77(2): 118-23。

  • ページ
  • 1
  • 2