生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2009年10月
レポート

Bioidenticalのホルモン:
それらはなぜまだ 論争の的になる か。

Bioidenticalのホルモン

女性がmenopausal年に入ると同時に、困難な決定に直面する。 ボディのエストロゲン、 プロゲステロンおよび他の ホルモンの生産は急速に低下する若々しい活力を維持する 必要があった

月経閉止期の個々の効果が広く変わる間、多くの女性はボディが最上に重大な生理学的なプロセスを 支えるために必要となる 十分なレベルでもはや性ホルモンを作り出さないので苦しむ。 不況、過敏症および短期記憶の経過は、熱いフラッシュと共に、共通のmenopausal不平夜発汗する、不眠症および体重増加である。

月経閉止期の間に見つけられる健康上の問題は適切なホルモンの取り替えがない時不利に彼女の寿命の残りのための 女性に 影響を与える かもしれない。 次にmenopausal徴候およびこれ以上からの救助を得るにはけれども成熟して女性だけは 頻繁に ホルモンの薬剤の限界によって延長される使用への彼女達の医者によって今日、十分に長く言われない。 残念ながら、この助言は女性のボディに外国ホルモンの自然に女性の ボディが 作り出すそれらと同一の 薬剤 とホルモンの重大な違いを確認しない。

多くの主流の医者が支持する理解しやすい、事実上の心配は癌および心循環器疾患の危険性を高めるためにFDA公認のエストロゲン プロゲスチンのホルモンの薬剤が 示されていたことである。 老化の女性に直面するジレンマはボディがまだ若々しいホルモン レベルから寄与すると彼らの医者の多数は「いいえ」言うことである

、実際、自然なプロゲステロン(総合的なプロゲスチンの薬剤に対して) およびエストロゲン の自然なエストリオルの形態が人体 外国である不自然なエストロゲン プロゲスチンの薬剤によって引き起こされるまさに病気から保護を 助ける かもしれないことを示す科学的な証拠のボディがある。

主流の開業医(そのほとんどは長年に渡って不自然なホルモンの薬剤を規定した)および( まだこれらの危なく不自然なホルモンが販売されるようにする) FDA彼らの延長された使用を避けるように老化の女性をせき立てる最前線 ある。

女性が彼女達の寿命にわたる自然なエストロゲンそしてプロゲステロンの個性化された線量からより安全に寄与するかもしれないことを 示す 研究の調査結果 茄多は 主流の 薬によって見落される。 ほとんど完全に防ぐかもしれ、あるestrogenic混合物によって加えられる一種の細胞の規定する遺伝子 への 損傷を逆転させる 生活様式の 変更は無視される(最適のビタミンDの状態およびcruciferous野菜の取入口の保証のような)。

この広範囲の白書では、私達は女性が自然に若々しいホルモンのバランスを元通りにする広範囲のアプローチからより安全にいかに寄与するかもしれないかデータ提示を示す、間発癌性およびatherogenic侮辱に対する保護の老化する細胞。

非bioidenticalのホルモン補充療法の 上昇そして落下

少数のトピックはpostmenopausal女性間のホルモン補充療法( HRT) 同様に多くの注意を近年引き付けてしまった。 長年に渡って、医者はPremarin®、 Provera® のような、そして戦闘Prempro®に特許を取られた非bioidenticalのエストロゲンおよびプロゲスチンの薬剤を月経閉止期の徴候規定していた。 非bioidenticalの ホルモンは自然にボディ の内で作り出される ホルモンと構造か活動で同一ではない。

非bioidenticalのホルモン補充療法の上昇そして落下
プロゲステロンの水晶の偏光の顕微鏡写真。 プロゲステロンはpregnenoloneから得られる。
より大きいイメージのためにここにかちりと鳴らしなさい

医者はまた骨粗しょう症 および 心臓病からpostmenopausal女性を保護するために非bioidenticalのホルモンを規定した。 心臓病の防止の後ろの理論的根拠は簡単だった: 彼女達の生殖年の間に、女性はエストロゲンの保護効果のために人より心臓病の低い率を、推定上楽しむ。 それは月経閉止期で失われた非bioidenticalのホルモンとエストロゲンの効果を取り替えることによって、女性が心臓病に対して 彼女達の保護の一部を保つ主流の薬にだけ論理的だったようである。

残念ながら、非bioidenticalの ホルモン補充療法 (HRT)の論理は致命的に台なしにされることをなった。 2002年に、女性の健康の率先の結果は早く解放された。 この陸標の調査は16,000人以上の女性に続き、非bioidenticalのエストロゲンおよび プロゲスチンを 結合したエストロゲンだけ療法および療法を含む非bioidenticalのホルモン補充療法(HRT)の 効果を、査定した。 調査結果は衝撃的だった: 調査のエストロゲン/プロゲスチンの腕はだけでなく、心臓発作 および 乳癌の危険性を高めるために非bioidenticalのホルモン療法が心臓病から保護されなかったが示されていたので早く終わった。1つは これらの警急の調査結果この養生法[非bioidenticalのエストロゲン/プロゲスチン]冠状心臓病 の第一次防止のために」 。始められるか、または続くべきではないことを研究者のチームを 大胆に「…結果が示す著名な米国医師会医学総合誌で示すために導いた1

2004年に、 調査 の非bioidenticalのエストロゲンだけ腕は打撃の危険性を高めると活用された馬の(馬得られた)エストロゲンとのホルモン補充療法(HRT)が見つけられたので同様に終わった。2つに これらの調査結果非bioidentical HRTの彼女達の使用中断される50%まで非bioidentical HRTを取っている何百万の女性の即時の影響があった。3

Bioidenticalのホルモンの選択

Bioidenticalのホルモンの選択
ホルモンのプロゲステロンの分子モデル: カーボン(青い)、水素(金)、および酸素(赤い)。
より大きいイメージのためにここにかちりと鳴らしなさい

Bioidenticalのホルモンに ホルモンがボディの内で自然に作り出したのと同じ厳密な分子構造がある。 ボディは補足のbioidenticalのボディの内で作り出されるホルモンとホルモンの間で区別しない。4 その結果、生物同一のホルモンはきちんと利用され、自然にボディから新陳代謝し、排泄それからできる。 bioidentical HRTの 使用は女性がホルモン性のバランスの回復により自然なアプローチを探し出したと同時にここ数年間増加してしまった。

科学的な証拠はBioidenticalがプロゲステロン乳癌の危険性を高めないことを提案する

非bioidenticalのホルモンの悪影響を示す文献の 確立した ボディは何人かの女性を生物同一のホルモンを同様に取ることを恐れるために導くかもしれない。 出版された科学文献の検討はそれらの恐れが誤解され、根拠がないことを示す。 例えば、13の調査は非bioidenticalのプロゲスチンが かなり エストロゲン刺激された 胸の 細胞の 写しおよび成長を高めること文書化する。5-17 際立った対照で; 7つの調査はbioidenticalのプロゲステロンが エストロゲン刺激された胸の 細胞増殖を引き起こさないことを示した。18-24

多数の調査は非bioidenticalのプロゲスチン 使用を用いる乳癌の高められた 危険を 示した。しかし1つは、5、 乳癌の高められた 危険 と25-48 bioidenticalのプロゲステロンの使用関連付けられなかった。 正反対、研究はbioidenticalのプロゲステロンが 乳癌 危険を減らす ことを明らかにした ジャーナル乳癌の研究および処置 で出版された調査では さまざまな形のHRTを使用している80,000人のpostmenopausal女性は8年間以上続かれた。 非bioidenticalのプロゲスチンを伴ってエストロゲンを 使用した 女性は乳癌 69% 高められた 危険を決してHRTを使用したあらないことは女性と比較してもらった。 但し、エストロゲンを伴ってbioidenticalの プロゲステロンを 使用した女性のために、乳癌の高められた危険は非bioidenticalの プロゲスチンの使用 と比較された 乳癌の 危険の重要な減少と 完全に除去された。49

別の調査では、これらの同じ研究者は40%を 非bioidenticalの プロゲスチンが付いているエストロゲンを使用した女性のための乳癌の高められた 危険 見つけた。 興味深いことに、使用した女性でエストロゲンはbioidenticalのプロゲステロン 結合した、決してHRTを使用したあらないことは女性と 比較された 乳癌の減らされた危険の方に有望な傾向があった。25 本質的に、 bioidenticalの プロゲステロンは 乳癌 の開発から女性を保護したようである。 これらの調査結果は傾向プロゲステロンの非使用者と比較されるbioidenticalのプロゲステロンを使用している1,150人の女性の乳癌の減らされた危険の方に見つけられて ことできている 仕事を6年より早い確認する。50

必要がある何を知る: Bioidenticalのホルモン
  • 非bioidenticalのホルモンは自然にボディの内で作り出されるホルモンと同一ではない。 非bioidenticalのエストロゲンおよびプロゲステロンの使用は乳癌、心臓発作および打撃の危険と関連付けられる。
  • Bioidenticalのホルモンにホルモンがボディの内で自然に作り出したのと同じ分子構造がある。 ボディは補足のbioidenticalのボディの内で作り出されるホルモンとホルモンの間で区別しない。 その結果、bioidenticalのホルモンはきちんと利用され、自然にボディから新陳代謝し、排泄できる。
  • 調査はbioidenticalのプロゲステロンが乳癌の高められた危険と関連付けられないことを提案する。 現在の文献はbioidenticalのプロゲステロンの使用が乳癌の減らされた危険と関連付けられることを示す。
  • 3つのタイプのエストロゲンはボディで作り出される: エストリオル、estroneおよびestradiol。 科学文献はエストリオルの使用が乳癌の高められた危険と関連付けられないことを提案する。 子宮癌の危険性を高めると非bioidenticalのエストロゲン取り替え療法が知られている間、項目エストリオルはない。
  • bioidenticalのプロゲステロンの研究は凝血の危険の減少を含む心血管の健康に対する有利な効果、示し、および維持の健康なHDLのレベルをアテローム性動脈硬化(動脈の堅くなること)から保護する。
  • 科学文献の検討はbioidenticalのプロゲステロンがmenopausal徴候のことを処理の非bioidenticalのプロゲステロンより優秀かもしれないことを提案する。 エストリオルはmenopausal徴候の処置でまた非常に効果的である。
  • エストリオルは骨密度を改善し、若々しい皮を促進し、性および尿の健康を高めるために示されていた。
  • 可能性としては乳癌の開発から保護するべき科学的な証拠の食糧そして栄養素は緑茶、大豆のイソフラボン、魚油、ビタミンD、植物のlignans、インドール3 carbinol (I3Cを含んでいる; cruciferous野菜)、およびD-glucarateで見つけられる。 訪問 www.lef.org

強制的な研究は乳癌に対して守る自然なプロゲステロンの能力にそれ以上の洞察力を提供する。 魅惑的な調査では、科学者は外科前に40人の女性に単独でエストロゲン、bioidenticalのプロゲステロンbioidenticalのプロゲステロンと単独で、胸の固まりを取除くためにエストロゲン、または偽薬を管理した。 ホルモンは外科の前の約12日間胸に原則的に加えられた。 予想通り、単独で与えられたとき、エストロゲンにより偽薬と 比較された 胸の 細胞増殖率の62%の増加を引き起こした。 逆に、エストロゲンへのbioidenticalの プロゲステロン の付加は胸の細胞増殖 率の エストロゲン誘発の増加の重要な減少で起因した。 さらにもっと印象的単独でbioidenticalのプロゲステロンを受け取っているグループが 66%より低い胸の 細胞増殖 率を 偽薬のグループと比較してもらったことが分ることはだった。18

必要がある何を知る: Bioidenticalのホルモン
ディスペンサーおよびパッチのホルモン補充療法(HRT)の丸薬。
より大きいイメージのためにここにかちりと鳴らしなさい

文献の成長するボディは乳癌のための女性のプロゲステロンのレベルと彼女のそれに続く危険間の強い関係を文書化した。 2004の蟹座の 国際ジャーナルで報告された 試験は5,963人のpremenopausal女性のプロゲステロンの血レベルを測定した。 非常に、データの分析は規則的なメンズがあったプロゲステロンのレベル 最も高い血 レベル を持つそれらの女性が乳癌の 88% 減らされた 危険を経験したことを明らかにした。51は これらの調査結果不妊のために扱われた彼女達のそれに続く乳癌の危険を定めるために1,083人の女性が33年 の上向きに のために続かれた別の調査を確証する。 正常なプロゲステロンのレベルと女性と比較されて、プロゲステロン 不十分なそれらに premenopausal 乳癌 540%高められた危険が あり、あらゆる 癌がもとで 死んでが10倍の同様に本当らしかった。52

同様に、公衆衛生のノースカロライナの学校の大学の研究者は32年の上向きにのために続かれた妊婦のプロゲステロンのレベルを 測定した。 研究者は妊娠の間のプロゲステロンの最も高い血レベルを持つそれらの女性は乳癌のより危険度が低いのの方に有望な傾向が、妊娠の間にプロゲステロンの低水準と女性と比較されてあったことを発見した。 研究者が51未成年女性の乳癌の危険を分析したときに、最も高いプロゲステロンの レベル との それらに最も低いプロゲステロンの レベル グループと比較されたぐらつく70%減らされた危険があった。53

2つの他の調査からの調査結果は乳癌のための残存率が外科の時に患者のプロゲステロンのレベルに強く関連することを明らかにした。54,55は 1つの調査外科の日に 低い プロゲステロンのレベルを持つ女性の35%だけはまだ18年後に住んでいたが4.0 ng/mLまたはノード肯定的な癌の 彼女達の外科 処置の日に多くの プロゲステロンのレベルを持つ 女性 の65%が後で生きた18年だったことに注意した。 科学者はプロゲステロンが腫瘍の成長のために必要 である新しい血管( angiogenesis)の増加を促進する血管内皮細胞増殖因子の表現を下げることに注意した。 完了されるこれらの科学者: 「腫瘍の切除の時のプロゲステロンの上げられたレベルが操作可能な乳癌を持つ女性のための予想の改善と」。は関連付けられることをこの調査確認した55

乳癌のエストリオルそして危険

それに「注意することは重要エストロゲン」のエストロゲンを論議することはエストリオル、estroneおよびestradiolを含む多くの異なったエストロゲン のための傘の言葉の とき。 これらのエストロゲンの3つはすべてボディで作り出され、生理学的な効果をもたらす。 以前、 エストリオルは estroneおよびestradiolと比較すると弱いestrogenic活動による少し生理学的な 重大さが あると 信じられた。 それにもかかわらず、研究はエストリオルの弱さがより有効なエストロゲンに対して相談するかもしれないある特定の有利な効果ことを提案する。

エストリオルの 利点は 混合された親estrogenicおよび反estrogenic効果によって、一部には、説明されるかもしれない。 科学者はエストリオルによって作り出されたエストロゲンの受容器に対する刺激的で、非刺激的な効果の混合物を調査した。 エストリオルがestradiolとともに与えられるとき、細胞へのestradiol特定の刺激は 減る66は これエストリオルがestradiolのようなより強力なエストロゲンの 親発癌性の 効果をいかに減らすことができるか説明するために科学的な事実の助けを小さ認めた。 実験調査はエストリオルが の放射線誘発癌に対して保護効果をもたらすことを提案する。67

乳癌のエストリオルそして危険

エストリオルの反estrogenic活動のより大きい理解は3第一次エストロゲンの相違の効果をエストロゲンの受容器の結合の活動に検査するとき 明白に なる。 エストロゲンのホルモンが胸の 細胞 で結合する2つの明瞭なエストロゲンの受容器がある: エストロゲンの受容器の アルファ およびベータ エストロゲンの 受容器。68-73 エストロゲンの受容器のアルファへのエストロゲンのホルモンの 結合は 乳癌の開発を もたらす場合がある胸の細胞増殖を促進する。 逆に、ベータ エストロゲンの受容器へのエストロゲンのホルモンの結合は 胸の 細胞増殖を禁じ、乳癌の開発を防ぐ。74-79

Estroneおよびestradiolはに結合し、それによりこれら二つのホルモン 知られていた胸の癌促進の効果を説明するエストロゲンの受容器のアルファを、活動化させる。80,81 エストリオルは、 一方では、縛りへのベータ エストロゲンの受容器を 活動化させ。この 重大な事実が国家にホルモン補充療法の注目される研究者を導いたエストリオルの反エストロゲンの活動の説明を助ける80,81: 「他のエストロゲンによって結合するエストリオルに選択的なER [エストロゲンの受容器]アルファと対照をなすエストリオルのこの独特な特性は、乳癌を促進すると他のエストロゲンは[estroneおよびestradiol]、…期待されるが、乳癌の防止のための潜在性を与える ベータERのアルファおよびERに対する相違の効果のために私達はエストリオルが胸のティッシュのproliferative [潜在的な癌性成長の]変更を引き起こし、乳癌の減らされた危険と関連付けられてまずない」。と期待する82

調査はホルモン補充療法 (HRT)および 31,451人のpostmenopausal女性の乳癌の発生の使用で報告された2004の蟹座の国際ジャーナルで出版した。 データの分析はエストリオルを使用した女性が 乳癌 の高められた危険を決してHRTを使用しなかった女性と比較してもらわなかったことを定めた。エストリオルの 安全の83付加的な証拠は乳癌なしで3,454人の女性に乳癌を調査によってこと年齢50にわたる3,345人の女性のHRTの比較された使用提供された。 非bioidenticalのエストロゲンを使用した それらの 女性は二重決してHRTを使用しなかった女性のそれだった乳癌の危険があった。 但し、口頭低線量を使用するかまたは項目エストリオルに 乳癌の高められた危険がなかった決してHRTを使用しなかった女性と比較される女性。33

陰謀的な研究はエストリオルが 乳癌 の開発に対して相談するかもしれない保護効果こと覆いを取った。 これは- 1959年と1967年間の妊娠があった15,000人の女性の40年の前向き研究に…出版されていない35で示された。 女性は彼女達の血のサンプルを30年間またはもっと凍らせていてもらった。 1997年に、研究者は血を分解し、妊娠の間のエストリオルのレベルと乳癌のそれに続く発生間の関係を定めるためにホルモン レベルを測定した。 研究者は乳癌の危険が最も低いエストリオルの レベルそれら と比較された最も高い エストリオルの レベル を持つ女性間の58% 減った ことが分った。それ 最適のエストリオルのレベルを持っていることは乳癌の防止の 極めて重要な役割を 担うことができることを調査結果が提案するので、84にこの調査重要な含意がある。

総合的なプロゲスチン(非Bioidentical)対自然なプロゲステロン(Bioidentical)

この記事では、私達は非bioidenticalの プロゲスチンと bioidenticalの プロゲステロン および総合的な プロゲスチンと 自然な プロゲステロンを 定義する。 非bioidenticalのプロゲスチンがbioidenticalのプロゲステロンと同じではないことを読者が知っていることは 重要 である。

自然なプロゲステロンは何であるか。

Bioidenticalの 自然なプロゲステロンは ボディでなされるか、または実験室で大豆かメキシコ野生ヤマイモ(Dioscoreaのvillosa)から( 得られない)なされる。 プロセスは自然なプロゲステロンに野生ヤマイモからのdiosgeninを変形させたペンシルバニア州立大学教授のマーカーによって ラッセル 30年代に発見された。56 自然なプロゲステロンはホルモンと同一の分子構造が私達のボディ製造自然にあるbioidenticalのホルモン プロダクトを示す。 bioidenticalのプロゲステロンの最も有効な形態の1つは微小体の プロゲステロンと 呼ばれる。 微粉化のプロセスは薬物の安定したそして吸収を可能にする。57 それに応じて、微小体のプロゲステロンおよび他の商用化されたプロゲステロンは両方含んでいるbioidenticalの プロゲステロンを クリーム状になる。

総合的なプロゲスチンは何であるか。

自然なプロゲステロン とは違って、 非bioidenticalの総合的なプロゲスチンは 分子的に ボディで自然に見つけられるホルモンと同一ではない。 総合的なプロゲスチンは避妊の代理店として使用のために最初に開発された。 自然なプロゲステロンの半減期が非常に短いので、研究者は自然なプロゲステロンより長続きがする作り出す代理店を、有効な効果を追求した。 経口避妊薬は通常総合的なプロゲスチンおよび総合的なエストロゲンを含んでいる。 総合的なプロゲスチンは排卵を防ぎ、こうして避妊として作用していてちょうど小さい線量が非常に有効、である。 プロゲステロンの化学構造のわずかな変更は薬品会社が特許可能で、非常に有益な避妊プロダクトを作成することを可能にした。

共通のプロゲスチンの1つは 凝血、 流動保持、アクネ、発疹、体重増加、不況、ある特定の癌および他の無秩序に、medroxyprogesteroneのアセテート(Provera®)、つながった。58は、59の 非bioidenticalのプロゲスチンglucocorticoid、男性ホルモンおよび総合的なプロゲスチンを取っている間多くの女性の経験不利な副作用の広い範囲を説明するかもしれないミネラルコルチコイドの受容器に結合またできる。60,61の 大部分の研究の調査は助けが結果の不均衡そして否定性を説明する自然なプロゲステロンよりもむしろプロゲスチンを使用して行なわれた。

FDAはまたPrometrium®の毎日取られる自然な微小体のプロゲステロンの200 mgを含んでいる口頭丸薬と呼ばれる薬剤を承認した。 口頭で管理されたプロゲステロンはレバーによって新陳代謝するので、ある特定のレバー状態の患者で禁忌とされるかもしれない。 プロゲステロンの最初のレバー新陳代謝は(「ファースト・パス」新陳代謝と呼ばれる)またtransdermalまたはtransmucosally管理されたプロゲステロンよりプロゲステロンのある特定の代謝物質のハイ レベルを作成する。62

いかにベストに自然なプロゲステロンを管理しなさいか

自然なプロゲステロンのクリームは親脂性の(脂肪質溶ける)分子がそれがよりよく皮を通して吸収されるようにするのでもっと効率的に使用されるかもしれない。 これは「transdermal」管理と呼ばれる。 よりよい吸収はプロゲステロンが粘膜の表面(陰唇の内部の面またはintravaginally)に摩擦すれば、「TRANS粘膜の」管理と呼ばれて得られる。 項目自然なプロゲステロンのクリームのもう一つの利点は個性化された投薬が適用されることをクリームの量の変化によって容易に促進することができることである。63-65

1つが同業者審査された出版された文献から容易に検知できると同時に不利な副作用は非bioidenticalのプロゲスチンとはっきり 複数の医療補助がbioidenticalのプロゲステロンの使用と観察された一方、 関連付けられる。 訪問 www.lef.org

6の ページで 2続けられる