生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2009年5月
私達がそれを見るように

これ以上の心臓発作!

ウィリアムFaloon著
ウィリアムFaloon
ウィリアムFaloon

私達は医学の確立を新しい概念をつかむことでagonizingly遅い確認する。 しかしそれらは科学的な現実に数十億のドルを得る機会をかぐとき目覚める。

生命延長 メンバーは血の余分なC反応蛋白質の 危険 についてずっと昔に警告された。 C反応蛋白質は 発火のマーカーである。 高いC反応蛋白質の血レベルによって立証される ように 慢性の発火は、アテローム性動脈硬化の原因 である1-3 出版された調査は高いC反応蛋白質が 予測の 心臓発作および特に打撃の危険でコレストロールが高いより 大きい危険率であるかもしれないことを示す。4-8

C反応蛋白質を 下げる 多くの自然な方法がある。 statinを使用して製薬産業の好意は薬剤を入れる: C反応 蛋白質を 減らす不自然な方法。 LDL statinがまたC反応蛋白質の抑制によって薬剤心臓発作および打撃の危険を減らす(低密度脂蛋白質)および総コレステロールを下げるためにstatinの薬剤が規定される 間。

臨床調査は薬品会社によって特許を取られたstatinの薬剤( Crestor®がことを )心臓発作および打撃の危険を適当なLDLのレベルを持つ人々に与えられて、余分なC反応蛋白質を減らしたら かどうか 見るために後援された。 結果は2年 以下後にさまざまなタイプの血管疾患の43%の減少を明らかにした。9

これらのデータは表面で印象的であるが、生命延長の私達が長年に渡る警急の心配を 約表明した こと調査は厳しい現実を露出した。 読むので、Crestor®はかなり 中心の 攻撃打撃の発生を減らしたが、まだ 心臓発作の衝撃的な 数および LDLの レベルが極端に低いレベルに落ちた人々に打撃があった。 積極的にCrestor®を促進するのにこの調査が使用されるかもしれない間、心臓病 および 打撃を 防ぐこと のstatinの薬剤の限定を露出する。

この調査は ほとんどの 生命延長メンバーが既に続くmultipronged 管の保護 プログラム、C反応蛋白質のような隠された 危険率の覆いを取るために メンバーが取る特に広範囲の血液検査の 認可を助ける。 私達は、低価格安全なとき今はある、広範囲のアプローチが人々が高線量Crestor®を使用し始めるべきでことを同意しない。

Crestor®の調査の主題

これ以上の心臓発作!

脂肪細胞はボディのC反応 蛋白質の生産 のもとである。10,11人の Corpulent人々に通常C反応 蛋白質のレベルの 大いに高くより細い個人がある。 高いC反応蛋白質のレベルが付いている 十分な主題を 見つけるためには、Crestor®の調査の関係者はだれが約28の中央の体格指数とかなり太りすぎだったか 募集された。 超過重量は臨床的に25の体格指数と 以上に定義される。

適度なLDLの高度 中央の約108のmg/dLだけ 持っていることにもかかわらず、太りすぎの個人のこのグループは約41%として既に新陳代謝シンドロームに苦しんだ 血管疾患 のための危険度が高いに 調査が 始まったときに、あった。 新陳代謝シンドロームは はっきりと致命的な無秩序を引き締めるための危険を上げる危険率の星座である。

中央の調査の主題のベースライン C反応蛋白質の 血レベルは4.25 mg/L の癌、痴呆、心臓発作および打撃を含む年齢関連の病気の多くのためのより大きい危険にそれらを置いた読書だった。

高線量Crestor®は使用した

Crestor®はpravastatinおよびsimvastatin のような より穏やかなstatinの薬剤と比較される 最も有効なstatinの 薬剤 である。 Crestor® の毎日の 線量がこの調査 使用した20 mgはこの特定の薬剤のための非常に高い側面にある。 実際、Crestor®の 線量は この調査でだった倍 推薦された開始の線量使用した。 これは少数がこの比較的短期調査で報告されたけれども、長期副作用についての心配を上げる。

この高線量Crestor®の代りに、多くの人々はか20-40 mg、 同じような利点を 自然な 代理店pravastatinの simvastatinの 5-20 C反応 蛋白質を下げるためにmgを取ることを 見つけるかもしれない

Crestor® (20 mg)を取る月例費用は一般的な simvastatinが( 20 mg $6.91だけを40 mg) $11.40 だけ 要する月および 一般的な pravastatin (月一方 $105である。

十分下がらないC反応蛋白質

Crestor®の非常に大量服用にもかかわらず、中央のC反応 蛋白質のレベル 4.25 mg/Lから2.2 mg/Lだけ 落ちた から 血の使用した。 C反応蛋白質のための 最適の範囲は 人の 0.55 mg/Lと女性の 1.5 mg/L以下ある。使用された 比較的大量服用の12 Crestor®は 、完全に 血管疾患の危険率としてこの炎症性マーカーを除去するには十分のC反応蛋白質を減らすことを遠く及ばなかった。

十分下がらないC反応蛋白質

Crestor®のこの大量服用がしたことは108から 55の mg/dLのベースライン平均 からの より低い LDL である調査の終わりに。 少数のstatinの薬剤の調査はこのLDLを大いに抑制した。 LDLが完全に悪くないことを覚えなさい。 LDLはレバーからのボディ中のそれを必要とする細胞にコレステロールを運んで必要である。 十分なLDLなしで、人々は死ぬ。 問題は偽りなく最適LDLのレベルがであるもの誰もけれども確かに知らないことである。 十分なLDL LDLが必要とすることを幹線閉塞が明示すること十分なコレステロールが細胞膜に渡されるが、それほど保障することを。

私達はこの調査で 観察された 主要な心血管のでき事の危険の43%の減少が(心血管の原因からのを含む心臓発作、打撃、不安定なアンギーナ、幹線revascularizationおよび死) LDLおよびC反応蛋白質のレベルを両方抑制した 結果 だったことを 、信じる(また自然なアプローチの使用によって得ることができる) statinの薬剤が所有している他のendothelial利点と共に。 しかし私達はCrestor®のような薬剤の有効な線量を使用する長期効果についてより安全で、より自然な作戦が利用できるとき、心配する。

Crestor®の余りにも多くの患者は苦しんだ「主要な心血管のでき事」に

薬品会社は事実上 普遍的な 治療として心臓発作を防ぐためにstatinの薬剤を促進した。 慣習的な指針に従って、statinの薬剤はLDLの血レベルが130のmg/dLを 超過する とき 規定される べきである。

Crestor®の余りにも多くの患者は苦しんだ「主要な心血管のでき事」に

生命延長 の私達は 長くLDLのレベルが 健康な 人々で100つのmg/dL の下で 最上に アテローム性動脈硬化から保護するために保たれるべきであることを論争し、( ある特定の 危険度が高い 心臓患者の70のmg/dLの下で)。

Crestor®の大量服用は55のmg/dLの低速 この調査によって押されたLDLで 使用し、37% C反応 蛋白質を 減らした。 Crestor®のまだ苦しまれた「主要な心血管のでき事」を 取る 主題 重要な数が健康な動脈血の流れを維持するstatinの薬剤に だけ 依存の錯誤を露出するという事実。

数学見通しにこれを置くためには、この調査は10,000人が 1年間の Crestor® 扱われなかったら、136の主要な心血管の でき事が あることを示した。 高いベースライン血C反応蛋白質 (4.2 mg/L に基づいて、LDLが100つのmg/dLにあった という 、そしてこれらの主題の 41%に 新陳代謝シンドロームがあったこと 事実は、 10,000の調査の主題 ごとの 136の心臓でき事 この数介在が 行われなければ 意味を成している。

この調査は10,000の調査の主題が 1 年間高線量Crestor®を取ったら、59の主要な 心血管の でき事は起こらない ことを 示した(Crestor®が取られなかったら)起こる136のと比較されてでき事。

しかし表われない何が薬剤の広告で主要な心血管のでき事の半分(136 からの 77)より多くが高線量Crestor® 使用にもかかわらず起こることである。 統計的な言葉では、Crestor®は43% 主要な心血管のでき事の相対的な危険を減らした 、この危険度が高い 研究グループの調査 の心血管のでき事の大半(57%)はまだ起こる!

心臓危険率があり、高線量のstatinの薬剤にもっぱら頼れば平均がことであるこの何を、 心臓発作に苦しむ重要な危険にまだある。 実際、 142人の 患者はこの調査の間に高線量Crestor®と経験した心血管のでき事を扱った。

Crestor®がこの調査に142人の患者をなぜ失敗したか

Crestor®がこの調査に142人の患者をなぜ失敗したか

アテローム性動脈硬化の開発におよびそれに続く心臓発作および打撃かかわる少なくとも17の独立した危険率がある。 Statinの薬剤はこれらの危険率すべての 訂正 の近くに来ない。 Crestor®のこの調査からの調査結果に基づいて、それはLDL (および総 コレステロール 極端に低いレベルに)減る時でさえ、余りにも多くの 人々はまだ主要な心血管のでき事に苦しむこと明らかである。

私達は万能薬としてCrestor®を押売りするのにこの調査が国民広告で結局使用されることを予測する。 しかし実際の調査の調査結果の分析はすべての知られていた心血管の危険率を訂正する 重大な必要性を文書化する(を含む高いLDL、総コレステロールおよびC反応蛋白質)。

私達はstatinの薬剤の適切な使用をけなしていない。 頑固に高いLDLおよびC反応蛋白質のレベルを持つ多くの人々のために、それらは幹線病気に対して重要な武器を表す。 私達の重点はstatinの薬剤がLDLを下げる唯一の 方法 およびC反応蛋白質ではない、唯一のアプローチとしてアテローム性動脈硬化から保護するために 頼るべきではないことであり。

C反応蛋白質を減らすことは頻繁にMultimodalアプローチを要求する

生命延長は たくさんのC反応 蛋白質の 血液検査の結果を長年にわたって見直した。 私達の一貫した観察は太りすぎおよび肥満の個人が頑固にC反応蛋白質のレベルを上げたことである。13は 次を示した最近の調査で私達の調査結果確認された:14,15

高いC反応蛋白質(>1 mg/dL)とのパーセント

  • 正常な重量の個人 25%
  • 太りすぎの個人 51%
  • 肥満の個人 75%

これらの厳格な調査結果は癌、16-18打撃の高められた危険に人々が 余分な体脂肪を 集めると同時に、 起こる8,19 心臓発作、19-23および痴呆24よく関連する。

Crestor®の調査では、平均 C反応蛋白質の レベルはベースライン 4.25 mg/Lだった。 肥満の個人は容易に 倍これ であるC反応蛋白質のレベルが ある ことができる。 太りすぎの人々の生物的挑戦は脂肪細胞(adipocytes )によって 直接なされる 余分なC反応 蛋白質および レバー 直接投げ出される腹部の 脂肪 に表現されるinterleukin6の 超過量に応じて レバー でなされるC反応蛋白質を戦うことである。

肥満および太りすぎの個人が彼らのレバーおよび脂肪細胞からのC反応蛋白質を 吹き出すので安全な範囲にこの致命的な炎症性混合物(C反応蛋白質)を持って来るために、頻繁に挑戦的である。

私達がCrestor®からのデータと印象づけられる間、C反応蛋白質の減少を 示すことを調査し、 心血管のでき事を、C反応蛋白質の血の結果の 私達の十年の長さの 評価警告するために促す私達を要求するそう 多くの 個人で流行する危険なほどに高いC反応蛋白質の レベルを抑制するために statinの薬剤より多くをことを専攻しなさい。

よいニュースは低価格の栄養素そしてホルモンが、食餌療法の変更と共に、また致命的なC反応蛋白質のことを減少のstatins働くことができる ことである

ビタミンCはC反応蛋白質を減らす

媒体が第一面にCrestor®を置いた直後に、調査はビタミンCの1,000 mgがC反応蛋白質、またある statinの 薬剤を 減らすこと 日出版された提示だった。14 言うまでもなくこのビタミンCの調査は乏しいメディア報道を受け取った。

調査 このカリフォルニア州立大学バークレー校 では、ビタミンCを受け取り、C反応蛋白質から非常に水平になる始まった関係者はより 2.00 mg/L 34%の 低レベルを 2かの 数か月だけ後に偽薬のグループと比較してもらった。14,15

この調査はビタミンCの補足が高いC反応蛋白質を減らす前の調査結果に基づいて行われた。 ビタミンCの1,000 mgの日付加がCrestor®の調査に起こった「主要な心血管のでき事」の数を減らそうかどうか見ることは興味深かろうだろう。

健康食はかなりC反応蛋白質を減らす

たくさんの飽和脂肪か高glycemic炭水化物を食べることはC反応蛋白質を増加する。25,26は 食事療法の低速の消費 8 週だけ後に1つの調査飽和脂肪およびコレステロールのC反応蛋白質の レベル の39%の減少を示した。27は また調査の関係者LDL、総コレステロール、体重および幹線剛さの減少を見た。

従ってすぐに広告を高線量Crestor®に応じて37% C反応 蛋白質の減少を 促進することを見るかもしれない間、同じ利点が使用される薬剤食べとのより健康に応じて既に示されてしまわなかったこと わかっている べきである。

別の調査は食べることが食糧をコレステロール下げて約 働いたり 、またstatinの薬療法と 非常に 低脂肪食を 消費する ことを示す。 この調査は非常に 低脂肪食を食べ、statinの 薬剤を 取っている主題のLDLの33.3% C反応蛋白質の減少をおよび30.9%に減少示した。 コレステロール低下食糧を食べた人は28.2%に C反応 蛋白質の減少およびLDLの 28.6%減少を示した。28は この調査食べることが食糧をコレステロール下げて非常に低脂肪食に続き、statinの薬剤を取った人同じ利点をほとんど達成したことを示した。

この調査 使用されるコレステロール低下食糧はアーモンド、大豆蛋白、繊維および植物ステロールを含んでいる。28人の 数人は厳密な低脂肪食に続くことができ、何人かの人々statinの薬剤を避けたいと思う。 この調査に基づいて、LDLやC反応蛋白質の血レベルを減らす必要がある人はコレステロール低下食糧を食べるか、または取得によって重い食事の前に溶ける繊維の粉のような補うこれを達成できる。

3,920人の調査では高いC反応蛋白質のレベルのより危険度が低い41%があると、 食餌療法 繊維を 摂取した主題は 最少繊維を食べた人と比較されて見つけられた。 完了されたこの調査を行なった医者:

「繊維の取入口が血清CRPの集中と独自に関連付けられる示し、高い繊維の内容との食事療法の推薦を」。は支えることを私達の調査結果29

statinの薬療法の開始の後でさえも主張する高いC反応蛋白質の レベル とのそれらのためここに重要な手取りレッスンである。 少なくとも1,000にビタミンCの毎日取る 食餌療法の 修正によって重要な付加的な利点を達成そして慢性の炎症性反作用を鎮める他の証明された方法の後のmgをできるかもしれない。

必要がある何を知る: 発火を抑制するサプリメント

慢性の発火は病理学プロセスの下にあることのホストの結果である。 statinの 薬剤がこれらの 炎症性でき事の抑制を助ける間、proinflammatory cytokinesおよび C反応蛋白質 生産を抑制するためにサプリメントは付加的なメカニズムによって作用する。 慢性の炎症性反作用の抑制の効果を示した栄養素の部分的なリストはここにある:

  • クルクミン33-37
  • Irvingia38-40
  • ビタミンK41-43
  • ルテオリン44-46
  • 魚油47-53
  • るりぢさオイル(ガンマ リノレン酸の源)54,55
  • アセチルLカルニチン56-59
  • ビタミンC60-65
  • Theaflavins66-71
  • 溶ける繊維29,72-75
  • 補酵素Q1076、77
  • イソフラボン78

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2