生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2009年5月
レポート

頑固な腹脂肪を減らす新しい方法

Dale Kiefer著
頑固な腹脂肪を減らす新しい方法

腹部の肥満は 現代社会の最も大きい健康および化粧品の挑戦の1つを表す。 腹部の脂肪はちょうど審美的にunpleasingではない。 それはまた深刻な保健上の危険を表す。

内部腹器官(別名内臓の脂肪)のまわりで育つ 余分な 腹部の脂肪は望ましくない条件の多く、高められた発火を含んで1-7 、およびタイプ2の糖尿病、高血圧、アテローム性動脈硬化および心循環器疾患の上げられた危険とつながる。

腹部の肥満がアメリカで平凡な間、8人の 健康重量の人および女性は頻繁にsubcutaneous腹部の 脂肪 として皮知られているの下にちょうど坐る別の一種の脂肪質の タイプ と戦う。 この種類の脂肪は弛む腹皮か他の余分なポンドが苦心して飢えて、運動した後長く長びく耐久性がある腹袋に導く場合がある。

幸いにも、科学者は独創力のある人および女性が腹部の脂肪質および回復の肌の色合いの視覚出現を減らすのを助けることができる用具を提供している。 これらの用具は栄養素、減量を促進するために裏返しから内臓の腹部の脂肪を目標とすること によって 働くホルモンをおよび薬剤を含んでいる。 外側から働くこと によって 頑固なsubcutaneous 腹脂肪を目標とする 達成するために普通精力的な練習を取る一種の利点をまねる新しい項目方式はこの 工廠 に加えられる。

広範囲の重量損失を提供することおよび作戦をボディ輪郭を描くことによって、これらの補足の作戦は危ない内臓の脂肪質および問題となるsubcutaneous脂肪を 減らす ための統合された アプローチを 表す。

ドイツの研究者はほぼ360,000人の患者を含む十年の長さの多国籍調査を行なった。 彼らは体格指数 (BMI)が 正常範囲の内にある時でさえ 余分な腹部の脂肪は 死ぬ 高められた危険とかなり関連付けられることが分った。これらの 科学者が腹式で肥満どうしても述べていなかった9。 それは腹脂肪 どの超過量でも年齢関連の病気の危険を高めることなる。 あえて言うと腹部の肥満の危険は減量の利点があるように、よくとり上げられる。1-7

Subcutaneous脂肪: 平らな腹の頑固な敵

Subcutaneous脂肪: 平らな腹の頑固な敵

ある特定の年齢の後で事実に直面するために、熱心なダイエット者および熱心な練習のもみ革は強制されるかもしれない: 腹脂肪のその最後のビットは運動する「点」でむなしい試みにもかかわらず、ちょっと動くことを単に断る。 または皮が限界を越えて伸びたところであなたの苦労の末の堅い体の完全さが肌の色合いの見苦しい不一致の幽霊によって傷つき、おおうこと、多分あなたの狼狽に、見つけた。 目に見える紋章、彼らは食事療法するヨーヨーの年に証明するかまたは妊娠の輪郭変更の効果に証人に長く耐える。 前進年齢によって、次第に薄くなる、間根本的支え、構造コラーゲンをエラスチン失う皮を張りつめた握る前の機能を皮を剥ぎなさい。 その結果、最も熱心な練習の熱狂者は弛みの腹皮、か耐久性がある腹袋に苦しむかもしれない。

そしてそれは人がこのいら立たしい状態に免疫があると言うことではない。8 前進年齢と、最も訓練された紳士が目標とされた練習および注意深く管理された食事療法の熱心な養生法への厳密な付着にもかかわらず膨張の腹脂肪を、追放することはますます困難になる。 それは脂肪質の疑わしいの腸で深くない沈殿する、表面的に、ちょうどのである皮の下に。

内臓およびSubcutaneous脂肪間の相違

調査は繰り返しsubcutaneous脂肪が 内臓の 脂肪と本来異なって 「燃焼」によって除去に対して特に抵抗力があることを示した (thermogenesisか脂肪分解)10,11は 異なった源から内臓およびsubcutaneous脂肪から成り立つ脂肪細胞(adipocytes)得、本質的に、別様に「しなさい」。 例えば内臓の脂肪は食事療法および練習にsubcutaneous脂肪はがよく答える。 当然、ミラーのあなたの反射と直面されるとき、脂肪は脂肪質であり、それはそれである。 しかし細胞レベルに、内臓およびsubcutaneous脂肪間に明瞭な相違がある。11,12

内臓およびSubcutaneous脂肪間の相違

1つの相違は生理学で定着する。 内臓の 脂肪細胞はベータadrenoreceptors、(減らされた カロリーの取入口によってある特定の 信号によって誘発されたとき、例えば促される)脂肪分解を経るように細胞を刺激しなさい10として知られている構造と主に散りばめられる。 脂肪分解の間に、脂質(トリグリセリドの形の脂肪)は脂肪質の店を減らす「燃料」として酸化する脂肪酸なしに、脂肪細胞より大きさを構成する、変えられる。 要するに、脂肪分解および脂肪酸の酸化はから成り立つ一般に「脂肪質の焼却と言われるプロセス」。 エネルギーを解放するためにこれらの脂質が新陳代謝すると同時に脂肪質の店は減り、脂肪質細胞は縮まる。

比較すると、食事療法に敏感である所有の多数のベータadrenoreceptorsよりもむしろ、 subcutaneous 脂肪細胞は主にアルファ2のadrenoreceptorsと 散りばめられる。 その結果、それらは通常の食事療法誘発の脂肪分解によって収縮に対してはるかに抵抗力がある。

物理的な出現についての心配は正当、理解しやすい。 良くも悪くも、外へ向かう出現は自尊心からのますます競争の雇用市場で競う機能にすべてに影響を与える。 しかし確立されて以外超過分を除去することは重量および保つことは悪名高く困難である。13

従ってこれを避けることをどうにかしてトラップまたはかなりの犠牲および決定確実によってそれを克服した人および女性は彼らの労働の完全な利点を収獲することを値する。 ウェイト・コントロールの主な利点は合われ、健康のからだけでなく、来る、である見、気分が良い気分が良からの心理的な報酬。 そしてよい見ることの一部分は十分に浜準備ができた平らな腹を遊ばしている。

レプチンの関係

腹膨らみを追放する理由はただ化粧品より多くである。 出現の研究は深い内臓の脂肪が肥満 関連付けられる最も悪い健康に対する影響の多数に貢献する間、レプチンの 循環の レベルの内臓の脂肪より強い決定要因であるのはsubcutaneous脂肪、14主空腹調整の ホルモンであることを提案する。 レプチンはどの程度1が重量を失い、を離れて保つことであるか1つが食べる、こうしてかどの位影響を及ぼし。15,16

レプチンの関係

最初に発見されたとき、レプチンは肥満に対する潜在的で新しい武器とみなされた。 レプチンはsatietyにかかわる頭脳の回路によって相互に作用している化学薬品の滝の誘発によって空腹の調整を助けるように示されていた。 血流で循環するレプチンのハイ レベルは十分の感覚と対応すると仮定され、食べすぎることから個人を保護すると信じられた。 ホルモンが付いている肥満の主題を注入することは潜在的な進歩の処置として見られた。 しかしそれは早い希望すぐに紛砕された。 肥満の人々に既にレプチン、それのハイ レベルがなるある。16-19

問題、すぐに同類」、を細胞がホルモンのメッセンジャーにもはや普通答えないインシュリン抵抗性と条件発見されたり、肥満の人々が「レプチン抵抗開発することがである。 これは肥満の人々で、発火関連の蛋白質とレプチンによってが相互に作用しているC反応蛋白質のような事実が、一部には、原因である。 この相互作用はレプチンがsatiety信号を送信することを防ぐ血頭脳の障壁を交差させるレプチンの能力を妨げる。20 レプチンの抵抗は肥満の原因そして結果両方であると今信じられる。レプチンの 抵抗が定着すれば21"、食事療法誘発の肥満を加重し、レプチンの抵抗および肥満の混合物は互い、増大の体重増加の悪循環を促進して」、研究者を最近書いた。subcutaneous 脂肪質の沈殿が循環のレプチンのレベルに」。関連する一方、16および2002調査に従って、「 インシュリン抵抗性 の内部腹部の[内臓の]脂肪相互的関係の蓄積22 それに応じて、レプチンの抵抗が成長することを防ぐために内臓の腹脂肪に加えてsubcutaneous腹脂肪を減らすことは 有用 かもしれない。

幸いにも内臓の脂肪を減らすために最先端の研究は療法をもたらしたが、新しい 項目 アプローチは見苦しいsubcutaneous腹脂肪を戦うのを助力によってこれらの 作戦を 補足すると約束する。

必要がある何を知る: あなたの腹を細くし、ある調子を与えなさい
  • 内部腹器官のまわりで育つ余分な腹部の脂肪は死9の高められた危険、また望ましくない条件の多くによって(別名内臓の脂肪質か omental adiposity」)つながる。1-7
  • 健康重量の人および女性は内臓の腹部の脂肪より練習により少なく敏感であるsubcutaneous腹部の脂肪として 皮知られている の下にちょうど坐る別の一種の脂肪質のタイプと戦うかもしれない。
  • ある特定の年齢の後で事実に直面するために、熱心なダイエット者および熱心な練習のもみ革は強制されるかもしれない: 腹脂肪のその最後のビットは運動する「点」でむなしい試みにもかかわらず、ちょっと動くことを単に断る。
  • 調査は繰り返しこのsubcutaneous脂肪が内臓の脂肪と本来異なって、「燃焼」によって除去に対して特に抵抗力があることを示した(thermogenesisか脂肪分解)。10,11
  • 外側のから働いて、subcutaneous脂肪細胞からの脂肪の解放を刺激し、脂肪細胞が初めに成熟することを防ぐことは可能従って薄くなるか、または弛む皮に若々しい調子を元通りにするように励ます、活動的な脂肪細胞の数をで、コラーゲンおよびエラスチンの統合を減らす。

から外側の: 細くし、固まる腹への項目アプローチ

毎日の練習の良識がある、栄養素密な(カロリー密に対して)食事療法およびプログラムに続く意欲的な人々は、脂肪質subcutaneous腹を失うことは 難しいと 思うかもしれない。 そういうわけでそれは部品を細くすることおよびある調子を与えることがある専門にされた栄養素を使用してからの脂肪のこの扱いにくい店を外側の、飼いならす意味を成している。

、目標とされた原料を渡すことに直接皮に次強調されるように1つの主目的がある: subcutaneous脂肪細胞に(脂肪分解を刺激する)のより低い集中がベータadrenoreceptorsおよび(脂肪分解を禁じる) 高い濃度アルファ adrenoreceptorsあるので、脂肪分解を ベータadrenoreceptor 活発化に 左右されない作戦を使用して始めるため。 これを有効成分とそれ達成することができる:

  • subcutaneous adipocytes (反adipogenesis効果)の脂肪質の貯蔵を防ぎなさい。 これを達成する特定の作戦は脂肪として 貯えられるべき 脂肪酸なしに それらを 壊す脂蛋白質内のトリグリセリドで酵素の阻止普通呼ばれる機能する脂蛋白質のリパーゼ、である。
  • subcutaneous adipocytes (親lipolytic効果)の下記によって現在貯えられた脂肪の解放を刺激しなさい:
    - 脂肪細胞内の 循環AMP ( 重要な細胞調整の混合物および主lipolytic活性剤)のレベルを増加する酵素を活動化させてadenylateのcyclaseを呼んだ。 キャンプの生じる高いティッシュの集中は脂肪分解を促進するホルモンに敏感なリパーゼと 呼ばれる脂肪質故障の ホルモンを活動化させる。23
    -脂肪細胞内の キャンプの低下を減らすこと。
  • 多量の脂肪(反微分の効果)を貯えることができる成長した脂肪細胞に前adipocytesの成熟を防ぎなさい。
  • 口頭全身の興奮剤を通したよりもむしろ皮の下のターゲットsubcutaneous脂肪細胞にちょうど、原則的に適用することができる。
  • 同時に薄くなるか、または弛む皮に若々しい調子を元通りにするコラーゲンおよびエラスチンの統合を励ますために補足の原料を含みなさい。

脂蛋白質のリパーゼを禁じている間増加するキャンプ

Xantalgosil C®は subcutaneous脂肪分解を 促進するように 設計されている。 それはキャンプを高めることによって活動化させ、脂蛋白質のリパーゼのことをことを禁止によってそれ以上の脂肪質の貯蔵を脂肪分解を防ぐこと有機性ケイ素およびxanthic基盤の互いに作用し合う組合せを含んでいる(緑茶で見つけられるカフェインおよびテオフィリンと同じような)。 Xantalgosil C®はまたmicrocirculationを改善し、発火を減らし、そしてよりしっかりした皮をもたらす。24 25人の非肥満の患者で行なわれた調査で22-54歳、Xantalgosil C®の使用の2か月以内の伝えられるところによれば改善された皮の出現を老化させた。 さらに、扱われた主題の半分より多くは ウエストのまわりでからの ほぼ2インチを失った。24

キャンプの低下の減少

ベータadrenoreceptorsを 刺激することが 脂肪細胞のキャンプの集中を高める間、このlipolytic効果をまたによって呼ばれる禁止防ぐこと達成するAMPへのキャンプの転換に触媒作用を及ぼす)による初めのキャンプの低下をホスホジエステラーゼ(酵素のことができる。

カフェインは 重要なホスホジエステラーゼの抑制剤である。 調査はまたセルライトの減少を促進している間通常のカフェインが刺激的な静止エネルギーの支出、脂質の動員および脂肪質の酸化によって脂肪質の 損失を励ますことができること23を示した。 カフェイン ベースのクリームがボディをくまなく原則的に応用だった2a5-27 Aの調査はかなり2ヶ月の期間にわたるsubcutaneous脂肪の厚さを減らしたことを示した。28

なお、皮へのカフェインの浸透はQuSomes®と呼ばれる専門にされたintradermalキャリアのカフェインの分子を内部に閉じ込めることによって高めることができる。 この高度の伝達システム皮の皮膚層に有効成分を深く運ぶ (ページで2)続く。

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2