生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2009年3月
医者に尋ねなさい

糖尿病を防ぐこと


マイアミの内陸の食事療法を使って ミハエルOzner著、MD
糖尿病を防ぐこと

Q: 私は心臓病の私の危険を減らすためにマイアミの内陸の食事療法を次。 私はこの食事療法が高い血糖および糖尿病とのそれらのために有用かもしれないことをどこかに読む。 これについての私に詳細に言うことができるか。

A: 私はマイアミの健康な内陸の食事療法を次ことを聞いて嬉しい。 私の練習では、私は練習および圧力減少のような生活様式の変更と共に食事療法を、採用する患者が、より健康、より幸せであることが分った。 調査は長く内陸タイプの食事療法が心循環器疾患の危険を減らし、またある癌に対する保護につながったと証明してしまった。 しかし今よいニュースがある: イギリス医学ジャーナルで出版される 新しい調査は それ従来の内陸の食事療法を食べることが83%大いに規則的にタイプ2の糖尿病を開発する危険を減らすかもしれないことを示す!1

この調査の結果は驚くほどである。 前の研究はインシュリン抵抗性を減らすための内陸タイプの食事療法の利点を示した。 しかしより早い調査は大きくなかった程に、4.5年間、糖尿病の歴史がなかった13,380人のスペイン人大学卒業生に続いたこの新しいもの。 調査の結論で、食事療法に最も厳しく付着した関係者は成長のタイプ2の糖尿病のより危険度が低いのがあったことが分られた。 そしてその大きい人口から、タイプ2の糖尿病の33の場合だけ文書化された。

どれだけうまく1つが内陸タイプの食事療法に付着するか首尾よくタイプ2の糖尿病を開発し、防ぐ危険を下げることへ実質のキーのようである。 関係者を調査する食糧のタイプを厳密に監視することに加えてどれだけうまく食事療法に付着したか、研究者評価した各人を食べた。 食事療法への最も高い付着とのそれらは最も低い付着とのそれらに83%タイプ2の糖尿病を開発する危険を減らした。 そして、測定の付着に使用された1から10のスケールに従って研究者は付着スケールのただの2点の増加が糖尿病の危険の35%の減少に関連したことが分った。

興味深い事実はここにある: 食事療法へのよりよい付着とのそれらの中で成長のタイプ2の糖尿病のための危険率の大きい数を用いる人々はあった。 これらは病気のより高い発生があると期待されたけれども、余りに、より危険度が低い示した人々だった。 これは内陸タイプの食事療法にタイプ2の糖尿病の防止のための相当な潜在性があることを提案する。

調査の調査結果は糖尿病がのそして世界的の大きな問題米国であるので偽りなくよいニュースである。 タイプ2の糖尿病は有毒な西部の食事療法におよび生活様式および人口の拡大の帯よる先進国でかなり増加した。 アメリカの糖尿病連合に従って、米国のほぼ24,000,000人の大人はそして子供に糖尿病がある。 病気はおよそ224,000の死に貢献した2002および糖尿病は死亡証明書で一般に以下報告されることをその数は調査が示したように低いことができる。2 規則的に内陸タイプの食事療法を消費することは制御の下でこの伝染病を持って来ることの方に大きいステップである場合もある。

糖尿病はまたドルおよび資源両方のヘルスケア・システムの主要な下水管である。 打撃が、驚くほど入院、財政上家族を不具にするか、または破産できるか、病気自体を扱う費用何それがに中心の攻撃を導き。 私達にアメリカでヘルスケアの危機があり、糖尿病の伝染病は完全にそれへの主要コントリビュータである。

私は内陸の食事療法の助けがいかに糖尿病を防ぎ、制御するか疑問に思っていることをことを確かめる。 それを引き起こすものが、そして病気を開発する危険を減らしてとても重要であるなぜ、私は説明するが、もの糖尿病がである最初ににより論議する。

理解の糖尿病

糖尿病は白砂糖、澱粉および他の食糧がボディでエネルギーきちんと作り出されないし、利用されないインシュリンのホルモン慢性、進歩的な病気である。 医学的に、それは125のmg/dL以上絶食の血糖と定義される。 複数のタイプの糖尿病がある。 ボディがインシュリンを作り出さないタイプ1は幼年期に主にある。 原因は自己免疫またはウイルスであるために学説をたてられる。 タイプ2の糖尿病は共通で、主として生活様式の選択、練習の主に肥満、欠乏、および不健康な食糧の消費の結果である。 不運にも、青年がまた増加する数の病気を得ているので、それは大人手始めの糖尿病と呼ばれるのが常であったが今タイプ2の糖尿病と呼ばれる。 第3タイプは女性が時々妊娠の間に開発するgestational糖尿病として知られている。 通常このタイプは妊娠の後で行く; 但し、gestational糖尿病を持つ女性の大体50%は5年間の出産以内のタイプ2の糖尿病を開発する。

理解の糖尿病

私はタイプ2の糖尿病にそれがこの新しい調査の主題であるので、私の議論を焦点を合わせる。 タイプ2の糖尿病のメカニズムは何であるか。 ブドウ糖への食糧の消化力の白砂糖、ボディの第一次燃料である砂糖の形態。 ホルモンであるインシュリン、膵臓のベータ細胞によって、ボディのエネルギー必要量に使用するべき体細胞に血流から渡ることを可能にするブドウ糖が作り出し、解放した。 未使用のブドウ糖はグリコーゲンとしてレバーおよび筋肉細胞で貯えられる。 ボディ減少のブドウ糖のレベルとして、グリコーゲンは燃料として使用されるべきブドウ糖に戻って必要なとき変える。 但し、インシュリン抵抗性が成長すれば、インシュリンの正常な量はもはや正常なインシュリンの応答を作り出さない。 ブドウ糖はそれを必要とする、レバーおよび筋肉できちんと貯えられない細胞によって同様に吸収されないし。 血のブドウ糖のレベルは高く残る。 膵臓はより多くのインシュリンを作り出すことを試みることによって答えるこれは結局余分なブドウ糖を扱うためにより多くのインシュリンを作り出すプロセスに遅れずについていくことができないベータ細胞に重税をかけることができる。 血ブドウ糖のレベルが上がり続ける間、ベータ細胞自身は正常に機能しなくなることができより少ないインシュリン(インシュリンの不足)を作り出す。 これはベータ細胞のapoptosis、かプログラムされた細胞死を結局もたらす場合がある。

調査はその肥満および非常に処理されたアメリカの食事療法慢性の低級な発火の状態に導くことを示した。 炎症性蛋白質はインシュリン抵抗性をもたらすインシュリンの受容器によって干渉する。 ボディ助けの発火を高める肥満または生活様式の選択はタイプ2の糖尿病の開発を支持する条件を作成する。

糖尿病により腎臓病のような深刻な、長期複雑化、ニューロパシーおよび盲目を引き起こすことができる。 それはまたかなり心循環器疾患、心臓発作および打撃からの死の危険性を高める。 タイプ2の糖尿病があれば、既に心臓発作があってしまった誰かと実際に心臓発作の同じ危険があることを1998年に、示されているフィンランドの東西の試験出版される主要な調査。3 そういうわけで糖尿病は冠状心臓病の危険の等量として考慮される。 より悪い、心循環器疾患の危険はインシュリン抵抗性の呼ばれた損なわれた絶食のブドウ糖と関連付けられる前糖尿病の状態によって上げることができる。4つは 大きい血糖の測定によってこれより100つのmg/dL-一般に100-125 mg/dLおよびそれが糖尿病の切迫した開発の危険信号である信号を送られる。

タイプ2の糖尿病のための処置は普通血糖を下げるために薬物を含む。 インシュリンおよび薬剤を含んで、利用できる高価の、副作用をもたらす多くの薬剤がある。 rosiglitazone (Avandia®)と呼ばれる1つの特定のantidiabetic薬剤は心臓発作の危険性を高めるためのニュースに最近あった。5 糖尿病の複雑化および危険および薬剤の処置のいくつかの危険を考えると、それは偽りなく完全に自然な方法で83%によって病気を開発するあなたの危険を下げることができる薬物を取らないでことを学ぶすばらしいニュースである。私が 重点を置きたいと思う1しかし、私が言っていないこと薬物は薬物が適切である状態があるので使用されるべきではない。 しかし薬物は生活様式の代理が変わると同時に使用されるべきではない。 人々は彼らの自身の最も悪い敵でそして薬物をちょうど使用したいと思うことができる従って生活様式を乱用してもいい。 それらは頻繁にインシュリンか丸薬を取ればことを、それである間違った食糧を食べ続けるか、または食べすぎる免許証推論する。 これは決してタイプ2の糖尿病を扱う方法ではない。 薬物の最もよい使用は適切な生活様式の変更を行なうことに加えてそれを取ることである。 希望は薬物を取ることを止めることは可能であるように1つが糖尿病患者としてもはや分類されないように生活様式の変更が十分の条件を改善することである。

「それ従来の内陸の食事療法を食べることが83%大いに!」は規則的にタイプ2の糖尿病を開発する危険を減らすかもしれないことをイギリス医学ジャーナルで出版される新しい調査示す

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2