生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2009年3月
私達がそれを見るように

残虐行為の終了

ウィリアムFaloon著
残虐行為の終了

今日の人口は鉄道線路に住んでいる。 すべては貨物列車が現れり、私達を一掃する時までのために良いかもしれない。

生命延長 の私達は 29年間列車が来る前に トラックを離れて 得るために 弁護した。

レポートの衝撃的な数はずっと悪い にFDAを ある より最初に考えた明らかにする。 数人はFDAの 失敗 の結果として時期早尚に苦しみが、死ぬために本当らしいことを理解する。

媒体はFDAの災害の適当な仕事の報告をする。 しかし無感情な公衆は頻繁に翌日を読むもの忘れている。 すなわち、彼らが深刻な病気と診断されるまで。 それから彼らはパニック モードに有効な処置を見つけることを入る。 しかし何度も治療はFDAの官僚的な障害物のためにない。 それ以外の場合、利用できるFDA公認の薬剤は恐しい副作用を引き起こす。

それは根本的にFDAを改良する 急務を示すためにこれらの悲劇を記念する私達の代表団 である。 アメリカの庶民のこの「政府が支援する」大虐殺は停止しなければならない!

FDAは詐欺的な安全データを広める

Ketek® (telithromycin)は薬剤穏やかに適当な肺炎を扱うために承認されるFDAである。 Ketek®によりまた突然および深刻な肝臓障害を引き起こすことができる。 場合によっては、完全な肝不全はレバー移植のための必要性を要することを開発する。 何人かの患者はレバー移植が行うことができる前に死ぬ。1-5

肝不全(および他の有毒な副作用)の危険はFDAによって 承認された Ketek®の前に知られていた。 外側の科学諮問委員会をそのKetek®を推薦するように確信させるため公認で、FDA意識的に示されるようにした 詐欺的な 安全調査がであって下さい。 ここに上院の調査委員会が覆いを取ったもののである:6

  1. FDAは詐欺的だった安全データを含んでいた新しい薬剤の塗布の再提出を 全体または一部において受け入れた。

  2. FDAの従業員はKetek®の 承認 か不同意の推薦と任せられた諮問委員会に詐欺的な調査データを示した。

  3. FDAはこれらにfrauduを示すべきであること諮問委員会が安全データを貸した前に現われることを準備している 従業員に 指示した。

  4. FDAはKetek®を中心古い、目、レバーおよび脈管系に影響を与える知られていた毒性と関連していた心配にもかかわらず6か月、若い幼児を含む小児科臨床試験を承認した。

  5. 意識的にKetek®の公に発表された 安全情報 の詐欺的な調査データを 引用し 続けるFDA。

これらのデータはいかに詐欺的だったか。 FDAがこれらの擬似データを示している間、見つけた犯罪調査は閉鎖していたその時に調査が起こるために仮定されたか「安全」 調査が 伝えられるところでは起こったところで医院ことを同時に行なわれていた。 安全調査に関する文書に日付の修正および署名の不一致があったことがまた定められた。

FDAは詐欺的な安全データを広める

擬似安全データがFDAの従業員 によって 示された諮問委員会の会合の直後、行なった人は刑務所のほぼ5年に調査刑法上、有罪を認めて起訴され 、刑を宣告された

それは主任調査官が是認した後 FDAが この安全調査を長く引用し続けたことさらにもっと衝撃的である詐欺的だったことを。 この「安全」調査の犯罪人がデータを偽造するための刑務所にある間、FDAは公衆衛生の発表の示を出すのに同じ調査を非常に使用した:

「telithromycin [Ketek®]のレバー傷害の危険が他の販売された抗生物質のそれに類似していた」。前マーケティング臨床データに基づいてようである7

Ketek®についての公衆を誤解させるために引用された「前マーケティング臨床データ」のFDAは詐欺的な 調査 、決して実際に起こるかもしれない調査だった。 上院の調査委員会のレポートに従って、「それはKetek®は安全であることを意味するためにFDAがなぜアメリカの公衆に」この詐欺的な調査を引用し続けるか説明に挑む。8

これらの個人に対するそれ、「報復を、またはKetek®について委員会と伝達し合う他のどのFDAの従業員も示すことによって完了された上院委員会のレポートは容認されない。8

FDAが連続的な刑事企業としてこの場合作用した上院の調査報告の調子に基づいて、ようであろう。8,9

回転ドア

Ketek®のような致命的な薬剤を得ることをFDAのある特定の役人がそのような極度な長さになぜ承認した行くか疑問に思うかもしれない。

回転ドア

Ketek®のような特許を取られた混合物がFDAの認可の印をいつ受け取るか壮大な経済的な利点の製薬会社が収獲するよりそれ以上に見てはいけない。

私達が最初にそれらが調整する会社 勤めることを行っているFDAの従業員の回転ドアを露出したときに、事実上誰も私達を信じなかった。 80年代に、代理店が「」。ことを人間の薬剤の安全を…保証することによって公衆衛生を保護するために責任があることを示しているほとんどのアメリカ人はFDAの宣伝によって欺かれた12

厳しい現実はない公衆衛生製薬産業の金利を保護するためにFDAが 主に 作用することである。 だれでもこれに質問したら、エストロゲン(エストリオル)の最も安全な形態を禁止する FDAの試みより昨年それ以上に見てはいけない。 FDAにPremarin®およびPrempro®のように公にWyeth嘆願書にによってファイルされたエストリオルの禁止が基づいていたことを示すことについてのめまいが危ないエストロゲンのメーカー薬剤を入れるない。

増加の打撃または乳癌の 危険 に示されていなかったいくつかのエストロゲンの薬剤がある。しかし 13はFDA Premarin®かPrempro®を取除くことを何もしなかった。 その代り、FDAは率直にアメリカの女性に自然なエストリオルへのアクセスを否定することによってWyethの市場占有率を保護するように努める。

FDAに従って、「bioidenticalホルモン プロダクト医学的証拠によって支えられていなく、代理店によって考慮され偽および誤解する」。は14は 真実、それゆえにそれらを拒否するFDAの積極的な試みbioidenticalのホルモンがずっと比較的安価で、Wyethへの主要な競争の脅威を与えることである。

AP通信によってちょうど昨年出された レポートではFDAの従業員の記録的な数が薬品会社に勤めることを行くように代理店を去っていることが明らかにされた。 AP通信に従って、これらのFDAの職員は「ビジネスのよりもうかる側面に入るために辞職している…」15

FDAの頭脳流出

ベテランのFDAの科学者が大きいPharmaのための仕事に代理店を任せるので、残りのスタッフはより細く、新しい人命救助の薬物を承認してより少なく有能である。 AP通信によって報告される ように、薬品会社に勤めることを行っているFDAの従業員の結果は薬剤の 承認の パイプラインの詰ることである。

長い時間の生命 延長メンバーが 知っているように、FDAは承認審査方式にいままで常に だった 人命救助の薬物が、十年幾年もの間、時々永久に憂鬱な生活を送る官僚的なぬかるみ薬剤を入れ。 薬剤のパイプラインはほぼ50年間「詰った」。 それが人命救助の薬物が必要性でそれらに 利用できるように なることができるように今時間がかかっている私達は深く妨げられる。

ウォールストリート・ジャーナルは 潜在的な人命救助療法がFDAで憂鬱な生活を送る間、物凄く苦しみ、死ぬ人間を記述する水ぶくれが生じるexposésとの私達の位置を支え続ける。 記事はタイトルを付けられた「病気の患者必要性を実験薬剤への情け深使用アクセスを否定された若い癌患者の最先端の薬剤」の表わされた中心胸が痛むようなレポート昨年出版した。 ウォールストリート・ジャーナルの 記事は論理的な質問を上げた:

生命を救うことの約束を保持する唯一の処置へのアクセスを得るために「末期症状の患者はなぜそう長く待たなければならないか。 そしてなぜないそれが決定する権利か」。16

これらのまさに問題は生命延長で ほぼ30年間s書論議された。 私達は前の記事でそれが高い橋から落下傘で降りることのようないろいろな種類の危険な活動で、従事するためにいかに完全に法的であるが実験薬物を FDAの許可なしで末期症状の人々に使用できるようにすることは違法であるか類推した。

ウォールストリート・ジャーナルに従って、薬剤の遅れ問題は大いにより悪くなっている。 問題は新しい薬剤の承認の数が劇的に落ちたと同時に近年拡大されてしまった。 FDAは1996年 139からある24 そして 2008年。17,18に付き 2007にちょうど16の 新しい 薬剤を承認した。

末期の患者に遅いペースに、実験薬剤の否定のまぬけな残酷はひく人命救助の薬剤の承認によって停止しなければならない。 毎日人命救助の薬剤は、人間死ぬ遅れる。 食糧の 根本的な 改良のための 言い分は、薬剤および化粧品の行為 およびFDA自体いままで決してより強くなかった。

何薬物誘発の自殺か。

Ketek®のスキャンダルを調査している同じ上院委員会は偽造されたデータの別の調査の覆いを取った。 これらの擬似データが何百万がの人間使用した普及した抗鬱剤の承認を支えるのに使用された。

ハーバード医者が書いたレポートに従ってPaxil®の適用が1991年にFDAの諮問委員会に堤出されたときに、製薬会社は不適当にPaxil®のグループに偽薬の受け手より自殺の同じ率か低率があるようであろうのは、偽薬のグループに前に自殺未遂があった人々を置いたからである。 これはそれを偽薬と比較されたPaxil®を取るそれらの自殺行動高められた危険がなかったことに現われさせるされた。

それは製造業者のための2006年まで自殺行動の危険が偽薬と比較されたPaxil®を取る調査の主題の6.7倍より高くだったことを是認している医者に手紙を送るために取った。10

自殺は米国の第11一流の死因である。それが 2004年に米国の32,000人に殺した11。 Paxil® (選択的なセロトニンreuptakeの抑制剤)のような薬剤に帰因した自殺の数は不正に販売された13年の間に数十万にあることができる。8,9

FDAは副作用を追跡するために新しいシステムをしくじる

新しい薬剤を承認するのに使用されるデータが詐欺的 ではない 時でさえ、臨床調査の設定の有毒な副作用の査定に固有の限定がある。 これの理由は患者が現実の世界でそれらをどの位と使用するか薬剤が臨床調査で比較した評価される比較的短い期限を含んでいる。 もう一つの問題は臨床調査が評価している特定の薬剤の専門にされた専門知識の医者によって頻繁に堅く制御されることである。 練習医者は、一方では、一日たくさんの患者に会い、狭い安全窓がある薬剤を規定する適切な方法をよく知られないかもしれない。 今でも別の問題は結局それら所定のかもしれない何百万と比較される臨床調査の薬剤を取っている患者の比較的小さい数である。

これらの深刻な限定、後承認の監視が 原因で 臨床試験で検出されなかった処方薬の致命的な副作用の識別に重大である。

独立した監査の協会によるレポートに従って、FDAは しくじられた 計算機システムの$25公認の薬剤の副作用を追跡するために,000,000を浪費した。19,20 その結果、FDAは薬剤について作られる不利なレポートの記録破りの数は前に金庫として 承認される 代理店であるもの追跡するために正常に機能しないシステムに頼らなければならない。

レポートの調査結果のほとんどは削除されることをFDAの間違いおよび不始末がこの計算機システムを利用できさせなかったこのレポートの提示FDAが尋ねた 。 レポートの調査結果を妨げるFDAの試みに降伏するために一緒に断られたレポートを 置いた 独立した協会。20,21

薬剤の価格上昇

今日の逆さまの規制制度では、アメリカ人は承認が詐欺的か不十分な研究データに基づいているかもしれない所定の薬剤である。 生命を救うことができる実験療法は定期的に否定される。 その間 ある 薬物の費用は急騰している。

薬剤の価格上昇は頻繁にインフレ率を超過する。 上の50のベスト セラーの薬剤のための平均原価の増加は2005年 22に付き2006年 および6.22%に2007年 6.73%に7.82%だった

ある非常に普及した薬剤は天文率で増加している。 抗鬱剤Wellbutrin XL®の 費用は 44.5% 2005年から2007年からまでに上がった。 注意欠陥の薬剤Adderall XR®の 費用は 33.5%によって上がった。 睡眠の援助の薬剤Ambien®の 価格は この期間の間に70.1%の上で撃った。22

より少なく普及した薬剤で、価格上昇は下劣より悪い。 未熟児$136.10から1年に付き$1,875の中心問題を扱うのに 使用された 薬剤が 行ったから。 ある特定の癌(Cosmegen®)を扱うのに使用された薬剤が$16.79から 1に付き $593.75をから増加した。 赤ん坊(Acthar®)の痙攣を扱うのに使用された薬剤が約$1,650から 1年に付き $23,000 以上増加した。 ちょうどあなたの赤ん坊の苦しむ痙攣を想像すれば1つの薬剤のための$23,000に分岐するように 頼まれる!23

これらの薬剤を使用するかどうか、まだ苦しむ。 完全に不正な 医療保障の処方薬の行為は 薬剤の議案通過運動者の強い要請により納税者がこれらの薬剤の完全な小売値を支払うことを統治を委任する渡った。24人の 納税者は最初の10 年以内に これらの言語道断に高値の 薬剤 のための$600十億に分岐する。25

消費者が実際に傷ついているところにある常に増加する健康保険の報酬 。 あなたの報酬を支払っていれば誰か他の人があるには十分に幸運ならより高い免責金額およびより大きい排除を注意しない訳にはいく。

FDAは 製薬会社が財政上息を詰まらせるような競争によってアメリカの消費者を強姦することを可能にする。 消費者頻繁に支払がそれらより多く8倍必要とする競争の ジェネリック医薬品のためのFDAの承認を得ること へそう多くの 規定するハードルがある。

「消費者保護を装って」、FDAは薬剤の費用の下で運転するフリー マーケット力を制限する薬剤の興味によって処理された。

FDAはPR活動のキャンペーンをやり損う

FDAは調整する感染した食糧、薬剤および他のプロダクトの悪い点検を含むその多くのスキャンダルについての議会そして媒体によって、打たれた。

言うまでもなくこれは厳しいイメージ問題を作成した。 従ってFDAの役人は「アメリカの公衆のための代理店の不変の肯定的な公共のイメージを生成し、促進する代理店文書に従ってPR活動代理店を」、雇うことにした。26

市民の税金が複雑なとき、法律は契約が低価格の建築業者に行くことを保障するのに入札手続が使用されていることを統治を委任する。 ワシントン ポストによって出版された exposéに従って宣伝の契約は取り引きを整理したFDAの役人にタイが付いている広告会社に代りに行った。 入札のために契約を設置することを避けるのに拔け穴が使用された。27

されることの後でこの明白で不正な行為をわかっているように、FDAの副警視総監はPR活動の契約を中断し、独立した調査を発注した。

議会はFDAに別の調査をまだ進水させることによって答えた。 FDAを監督する家委員会の議長に従って、「代理店は公衆衛生を救うかわりに表面を救うのに限られたリソースを使用するように選んだ。27

FDAは私達皆に影響を与える生死の決定をする力を保つ。 人間の長寿を拡張するために新しい療法の分析に関してはこれは生きている有機体の内に起こる複雑で生化学的な相互作用を理解する科学的で、常識の機能を含む。 不十分を隠すために誤報のキャンペーンを進水させるFDAのやり損われた試みは質問能力およびモラルの合法性をに更に呼ぶ。

製薬会社に品位があるか。

それは薬品会社がミラーの彼ら自身をいかに見ることができるか理解する私の理解を越えて知っているときある殺すと証明される薬剤を販売していることを。

1994年に、私達のベスト セラー プロダクトは鮫の軟骨だった。 私達が覆いを取った問題は癌患者を治していなかったことだった。 私達はすぐに私達が軟骨が非効果的であるためにそれを示した鮫を買った人の行なった調査こと私達の顧客を知らせた。 私達はこれらの人々を他の療法を追求するようにせき立てた。

補足工業は抗癌性療法として私達の調査結果、ほとんどの停止された促進の鮫の軟骨で衝撃を与えられた。 鮫の軟骨の効力の欠乏についての私達の調査結果は管理された調査の後で数年確認された。

私達は1994年に比較的小さい組織であり、私達のベスト セラー プロダクトを失うことは財政上挑戦的だった。 しかし絶対に働かなかったことを私達の自身の調査結果がそれを示したときに鮫の軟骨がそれらを助けるかもしれないように私達は癌患者に言い続けることができなかった。

事実に数十億の薬品会社承認を支えるのに詐欺的なデータの使用についてのめまいがないし、致命的な薬剤の継続的だった販売は残虐行為である。 市場の危なく、非効果的な薬剤を許可するためにFDA内のある特定の人々は薬品会社と結託することそれを記述するために単語がないほど凶悪な行為である。

抵抗

1994年 、私達はFDAの 失敗が何百万 のアメリカ人の不必要な死に責任があったいかにか文書化するためにFDA博物館を確立した。

悲しげに、私達がFDAについてその当時作ったあらゆる主張は第三者およびFDAずっと自体によって認可されている。 私は何百万は過去の15 …および今日の不正なヘルスケア・システムの費用 不必要に死ぬより多くのアメリカ人 財政上私達の国を衰退させることを脅すことをこれが意味するので私達が証明された正しかったこと嘆き悲しむ。

FDAの信頼性は最低記録にある。 いままで決してヘルスケアがこの国で調整される方法を改良するために立法を制定するよりよい時間がなかった。 会議の新しい議会で、健康の自由の運動家は積極的にフリー マーケット力がたくさんのアメリカ人の不必要な死を毎日引き起こす官僚主義の不正な壁を壊すように法律を変えてもらうように努めている。

生命延長 の私達は 健康の自由(AAHF )のためのアメリカ連合 を議会で聞かれる私達の声を作るために使用している。 AAHFはFDAの完全な改良に託される統合的な医者、ヘルスケアの消費者および健康の自由の運動家の連合である。 その 改良のFDAは www.reformfda.orgで署名のために利用できる 嘆願する。 AAHFおよび連合の同盟国は議会に提供し、嘆願書をせき立てる即時を渡し、広範囲のFDAは改良する。 巧妙であるこれのために私達はあなたの助けおよび署名を今必要とする。 www.reformfda.orgに ログオンし、 この嘆願書のキャンペーンを結合しなさい。

あなたのLEF会員がとても重要なぜであるか

いつでもより科学的な革新は人類の歴史の医学分野に起こっている。 しかしこの進歩は 規定する障壁が必要性の 人々 にこの研究のフルーツを否定すれば、または薬剤が致命的な副作用と販売されるようにするかまたは薬物の費用を負担しえないする関係がなかったり。

生命延長基礎は ずっと三十年 のための FDAの 愚かさを戦っている。 会費およびプロダクト購入を通したあなたのサポートは私達が方法ヘルスケアがこの国で制御される 根本的なlyの 改良に議会を確信させこの進行中の苦闘を続けることを可能にする。

参照

1. Gleason PP、Walters C、Heatonああ、Schafer JA。 Telithromycin: 以外ラベルの規定の急な採用そして持続の危険。 J Managの心配Pharm。 6月2007日; 13(5): 420-5。

2. ロスDB。 KetekのFDAそして例。 NイギリスJ Med。 4月2007日19日; 356(16): 1601-4。

3. グラハムDJ。 Telithromycinおよび激しい肝不全。 NイギリスJ Med。 11月2006日23日; 355(21): 2260-1。

4. Mathews AW。 欺瞞によって、間違いはSanofiの広く利用された薬剤の主調査が感染する; ある偽造された結果にもかかわらず、FDAは抗生物質を承認する; 1つの医者のコカインの使用; 会社は安全を守る。 ウォール ストリートJ (東のエド)。 5月2006日1日: A1、A12。

5. で利用できる: http://www.drug-injury.com/druginjurycom/2007/12/ketek-case-repo.html。 2008年12月5日アクセスされる。

6. で利用できる: http://www.druginjuryblog.com/2008/06/11/ketek-fraudulent-clinical-trials-prove-fda-not-doing-its-job-congress-says/。 2008年12月5日アクセスされる。

7. で利用できる: http://www.fda.gov/ora/about/enf_story2006_archive/ch3/default.pdf。 2008年12月5日アクセスされる。

8. で利用できる: http://finance.senate.gov/press/Gpress/2005/prg050106.pdf。 2008年12月5日アクセスされる。

9. で利用できる: http://finance.senate.gov/press/Gpress/2007/prg122007a.pdf。 2008年12月5日アクセスされる。

10. で利用できる: http://us.gsk.com/docs-pdf/media-news/Paxil-CR-and-Paxil-Adult-Suicide.pdf。 2008年12月5日アクセスされる。

11. で利用できる: http://www.cdc.gov/ncipc/dvp/suicide/SuicideDataSheet.pdf。 2008年12月5日アクセスされる。

12. で利用できる: http://www.fda.gov/opacom/morechoices/mission.html。 2008年12月5日アクセスされる。

13. Birge SJ。 ホルモンの療法および打撃。 Clin Obstet Gynecol。 9月2008日; 51(3): 581-91。

14. で利用できる: http://www.fda.gov/bbs/topics/NEWS/2008/NEW01772.html。 2008年12月5日アクセスされる。

15. で利用できる: http://www.msnbc.msn.com/id/24953413/wid/7279844/。 2008年12月5日アクセスされる。

16. で利用できる: http://online.wsj.com/article/SB121944789005365195.html?mod=opinion_main_commentaries。 2008年12月12日アクセスされる。

17. で利用できる: http://www.pharmacistsletter.com/pl/newdrugs/FDA2007.pdf?cs=&s=PL。 2008年12月5日アクセスされる。

18. で利用できる: http://online.wsj.com/article/SB123084693842347229.html。 2009年1月5日アクセスされる。

19. で利用できる: http://www.ahrp.org/cms/content/view/476/28/。 2008年12月5日アクセスされる。

20. で利用できる: http://www.ahrp.org/cms/index2.php?option=com_content&do_pdf=1&id=476。 2008年12月5日アクセスされる。

21. で利用できる: http://finance.senate.gov/press/Bpress/2007press/prb030707a.pdf。 2008年12月5日アクセスされる。

22. で利用できる: http://online.wsj.com/article/SB120355185318681367.html。 2008年12月5日アクセスされる。

23. で利用できる: http://www.usatoday.com/money/industries/health/drugs/2008-08-07-costlydrugs_N.htm。 2008年12月11日アクセスされる。

24. で利用できる: http://www.ustreas.gov/offices/public-affairs/hsa/pdf/pl108-173.pdf。 2008年12月5日アクセスされる。

25. で利用できる: http://www.aafp.org/fpm/20050300/49what.html。 2008年12月5日アクセスされる。

26. で利用できる: http://www.nytimes.com/2008/10/05/opinion/05sun4.html?ref=opinion。 2008年12月5日アクセスされる。

27. で利用できる: http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/10/01/AR2008100103061_pf.html。 2008年12月5日アクセスされる。