生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

2009年3月

カバー
印Hyman、MD: 壊れた頭脳シンドロームの治療

印Hyman、MD: 壊れた頭脳シンドロームの治療

ベスト セラーの著者、印Hyman、MDは、気分変動のような頭脳、不況、心配の問題を解決する方法を明らかにしボディを最初に直すことによって付け加える。 彼のアプローチは食事療法、栄養の補足、練習をおよび従来の精神医学の薬を時代遅れにする1日かもしれない生活様式の変更を取囲む。

 

レポート

成長ホルモンを自然に高める

成長ホルモンを自然に高める私達が半ばから終わりにかけての生命に達するまでに、私達のほとんどは成長ホルモンが不十分である。 人間の成長ホルモンの注入は論争の的になり、高く残る。 幸いにも、科学的な調査は若々しい活力を取り戻すのを助けるように自然にボディの内生成長ホルモンの生産を後押しするように作戦を明らかにする。


老化の認識機能の維持

老化の認識機能の維持痴呆は彼らの記憶、人格および威厳の家族を奪う。 科学的な調査からの明るいニュースは認識悪化が老化の「避けられない」結果である必要はないことを明らかにする。 増加する証拠は目標とされた作戦がそれ認識低下および痴呆およびある程度逆防ぐことができることを提案する。


それが余りに遅い前にMetastatic蟹座の損害を検出する…!

それが余りに遅い前にMetastatic蟹座の損害を検出する…!2007年に、生命延長は癌のよくより侵略的な外科的処置の広がりを検出する診断手順で報告した。 病気を根絶する処置のための機会があるがこの進歩がmetastatic損害の早い同一証明そして追跡をいかに可能にするか調べなさい。

 

変更された柑橘類のペクチンとの戦いの蟹座の転移そして重金属の毒性

変更された柑橘類のペクチンとの戦いの蟹座の転移そして重金属の毒性癌がとても致命的であるという1つの理由はボディ中の必要なティッシュに転移する傾向である。 明るいニュースは変更された柑橘類の ペクチンが 癌細胞の集合、付着および転移のことを妨害の独特な特性を示し続けることである。

部門

私達がそれ終りを残虐行為見るように

私達がそれ終りを残虐行為見るように多数のレポートはずっと悪い形にFDAをあるより最初に考えた明らかにする。 数人は危ない薬剤の承認から官僚的な無能力によって息を詰まらせるような医学の革新まで詐欺的な安全データを広めることによって及ぶFDAの失敗の致命的な反響を理解する。 根本的にに議会を 説得するために生命 延長がしていること調べなさい
この悩まされていた連邦政府局を改良しなさい。

生命延長薬学が独特なぜであるか

生命延長薬学が独特なぜであるか薬学操作のディレクター、フランクのLa Corte、RPh、PDは薬剤および混合のセクターで20年間の経験に、生命延長 薬学を改善するのに使用し 独特で、貴重な専門職業的業務を顧客に提供する。

 

ニュース

ニュース調査はほとんどの医者、看護婦を取る補足を見つける; 赤ワインは太陽の損傷に対して守る; 共通のプラスチック添加物の新陳代謝の危険; ビタミンBの不足は認知を損なうかもしれない; そして多く。


 

医者に尋ねなさい

医者に尋ねなさい新しい調査はそれ従来の内陸の食事療法を食べることが83%まで規則的にタイプ2の糖尿病の危険を減らすかもしれないことを示す。 より長く、より健康な住むのを助けるためにこの食事療法が生命いかに働くかミハエルOzner、MDは、説明する。


 

ジャーナル概要

成長ホルモン、認識機能およびCombidex®

 

| 最も最近の科学的な、医学の進歩の最新の適用範囲を世界中から提供する112ページの生命延長雑誌を受け取りなさい。

生命延長雑誌で広告しなさい | 活気づいていて健康の市場が生命延長は分野の最も信頼された声である。 生命延長の広告はあらゆるプロダクトの質そして完全性の裏書として読者によって見られる。

生命延長基礎を今結合しなさい