生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長雑誌

生命延長雑誌2009年6月
レポート

医者のガイド: 安全に減量を引き起こす血液検査の調査結果を使用して

ウィリアムFaloon著

内部からの若々しい新陳代謝変数の回復

この時点で、患者は不必要なカロリーの 余分な吸収を妨害するために 複数の又のある 障壁を建てた。 これらは下記のものを含んでいる:

  1. 簡単な炭水化物、飽和脂肪、オメガ6の脂肪およびTRANSの脂肪の取入口の減少。
  2. ブドウ糖の吸収をアルファ グルコシダーゼおよびアルファ アミラーゼの 酵素の 禁止 によって 妨害する。
  3. インシュリンの スパイクを各 食事の前に取られる溶ける繊維との炭水化物の吸収の遅延によって抑制する。
  4. リパーゼの抑制剤のorlistatの取得による 禁止の 脂肪呼吸。

多くの人々のために、私達が提案する期限の上記のプログラムへの接着は最適の脂肪質損失の利点を提供するべきである。 既に論議されるように、私達はビタミンD、EおよびK.のような脂肪質溶ける栄養素の吸収と干渉するかもしれないので患者が60-90日間以上orlistatを使用しないことを好む。 それはまたオメガ3の重大な脂肪酸の吸収を妨害する。 しかしorlistatから首尾よく寄与しているある特定の患者はそれをより長く続けるかもしれない。

私達がこれまでに提案した60 90日プログラムは劇的に 余分な脂肪の蓄積の根本的な原因であるおよび高められた血管疾患の危険逆転させる新陳代謝の不均衡の多数を。 太りすぎおよび肥満の患者は体重および腹部のインチの急速な減少を見ると期待する。 輪郭を描かれた60 90日プログラムはこれまでのところ即時の脂肪質損失の結果を促進し、沢山の食餌療法繊維と共に内陸の食事療法タイプの食糧選択を含む減らカロリーの養生法に続くために相当で忍耐強い刺激の提供を助ける。

長期目的は 寿命を持続させるより若々しい新陳代謝パターンを元通りにすることである。 これは最も頻繁に細胞レベルでホルモン性にバランスをとおよび酵素調節を要求する。 人のために、正常な老化 失われる自由なテストステロンを取り替えることは通常要求される。 エストロゲンが不十分な 女性は より好ましい範囲にエストロゲンを元通りにするように励まされる。 性は両方ともこの記事で後で記述されている最適の範囲のTSH (甲状腺剤刺激的な ホルモン )およびT3 (三iodothyronine)甲状腺ホルモンのレベルを維持するべきである。

正常な老化は健康なブドウ糖の新陳代謝を破壊するボディ中の減らされたインシュリン シグナリングで起因する。 処方薬の metforminは 正しいレバーからインシュリンの感受性を助け、エネルギー生産の細胞の周辺ブドウ糖の通風管、ブドウ糖および余分なブドウ糖の統合を抑制することの減少した腸の吸収を高める高めることによってブドウ糖の減損にかかわる複数のメカニズムを。従って 69-71 Metforminはまたグルカゴンそっくりのペプチッド1と呼ばれる satietyのホルモンを増加し よりよく患者が減らカロリーの食事療法に生涯に調節することを可能にする長期食欲抑制の効果を引き起こすのを助ける。72,73

Postprandial Lipemiaを減らす自然な、薬剤方法
Postprandial Lipemiaを減らす自然な、薬剤方法

太りすぎおよび肥満の個人は食事が 摂取された 彼らの血の慢性的に高い脂肪レベルを長く示す。 この postprandial lipemiaは 退化的な病気のための重要な危険率で、タイプ2の糖尿病、新陳代謝シンドロームおよび肥満を逆転させるための努力を妨害できる。

バターで、短縮見つけられた、それらのような飽和脂肪は、食糧を、である余分なpostprandial脂蛋白質の特に有効な誘因物揚げ。 postprandial無秩序により脂肪はより長く長びくので不健康な脂肪を避けることは二倍に重要である。 これらの脂肪を最小にすることはLDL、血圧、発火および癌の危険性の減少のような他の理由で勧められる。 飽和脂肪を避けることはpostprandial脂質を除去しないし、間、脂蛋白質、それらを減らすのを助ける。45は またベニバナから得られるオメガ6のpolyunsaturated脂肪酸ちょうど飽和脂肪がように、postprandial脂質および脂蛋白質のレベルを上げる。46,47

増加された耐久性があり、postprandial脂蛋白質の直接原因が不健康な脂肪質含んでいる食事であるが、脂肪の2つの変化は postprandial 脂蛋白質を減らす:

• Monounsaturatedオイルは、 オリーブ油のような、 適度にpostprandial脂蛋白質を減らす。 Monounsaturatedオイルはこうして調理および日常使用のためのオイルの望ましい形態であるかもしれない。47,48

• オメガ3の Polyunsaturated 脂肪酸はpostprandial脂蛋白質を劇的に減らす。 オメガ3の補足が異常なpostprandialパターンを減らすのをかなり見ることは珍しくない。オメガ3の 脂肪酸の46の源は魚油、亜麻仁オイルおよびクルミを含んでいる。

好ましくない人の飽和脂肪が高められたpostprandial脂蛋白質の粒子をもたらせば、低脂肪食はpostprandial脂蛋白質を減らすか。 逆説的に、それは。 何度も、低脂肪食はpostprandial脂質および脂蛋白質の粒子が制御から増加する処理された炭水化物で豊富な食事療法に展開できる。 monounsaturated脂肪、オメガ3の脂肪、繊維および細い蛋白質と低く飽和脂肪および処理された炭水化物で豊富の49の食事療法は、postprandial脂蛋白質の減少の有効な用具である。50

次の作戦はトリグリセリドを 劇的に 減らす ことができ高いpostprandial脂肪の減らすか、または除去を助ける:

  • 減量は 特に達成されるとき、繊維の精製された炭水化物および高く、細い蛋白質およびmonounsaturated脂肪は繊維貧しいで低い食事療法とトリグリセリドおよびpostprandial脂質および脂蛋白質非常に減らすことができる。 処理された炭水化物を切り取ることは(パン、クラッカー、コーンフレーク、精製された、処理された白い小麦粉となされるベーゲルおよびプレッツェルのような)単独でpostprandial脂蛋白質の 30%の 減少をもたらすことができる。細い 蛋白質のヨーグルトの51,52増加する取入口は、カッテージ チーズおよび他の低脂肪の乳製品、未加工アーモンドおよびクルミおよび魚、鶏、七面鳥および他の源またpostprandial脂蛋白質の粒子の相当な減少をもたらす。 減量はまたpostprandial脂質および脂蛋白質を減らす新陳代謝シンドロームで失われるインシュリンの敏感さを元通りにする。53
  • 魚油の オメガ3の脂肪酸はpostprandial脂蛋白質の減少の強力な効果を出す。 魚油からのEPA/DHAのちょうど1,200 mgを摂取することは50%によって容易にpostprandial脂肪質の残りを下げ 大量服用はより大きい減少を作り出すことができる。 絶食のトリグリセリドが80-99のmg/dLより高いとき、魚油の大量服用は戦いの余分なpostprandial脂質および脂蛋白質に示されるかもしれない。 オメガ3の脂肪酸はレバーの動脈有害な低密度脂蛋白質(によるまたはもっとVLDL)の生産を30%非常に減らす。54,55匹の 魚油はVLDL、およびpostprandial脂蛋白質もたらす安全にLipitor®のようなstatinの薬剤のコレステロール低下効果をの劇的な改善をトリグリセリド増加、できる。56
  • 豆腐、 豆乳、大豆蛋白の粉および他の源からの大豆蛋白(1日あたりの20グラム)は10-20のmg/dL LDLを下げることができ、大豆が大豆が肉で見つけられる 不健康な脂肪の代わりになる健康食の一部として使用されることをpostprandial脂蛋白質を10%。57減らすために私達は提案する。
  • 緑茶は postprandial脂質を減らすことができ、この効果を達成するように30%まで。緑茶の カテキンの58 およそ600-700 mgによる脂蛋白質が要求されるカテキン(フラボノイド)醸造された茶の6-12のサービングの等量を含んでいる。 栄養の補足はこの線量で緑茶のカテキンを提供する。 加速の減量の緑茶の有効性はpostprandial脂質および脂蛋白質を減らす機能一部にはに関連するかもしれない。 有効である緑茶のために脂肪および砂糖の吸収を妨げるのを助けることを直前に食事取るべきである。 カフェインが迷惑を掛けたらdecaffeinated緑茶のエキスの補足を使用しなさい。 phytosome 新しい緑茶は (この問題のページで30記述されていて) 驚くべき減量を効果300だけmgの日線量のトリグリセリド低下示し。
  • 活発な練習は 30%。59 postprandial脂蛋白質を減らすことができる
  • 2,000から3,000 mg日線量 のナイアシンはかなりLDLの粒子をより少なくatherogenic形態に変えている間トリグリセリドを下げ、HDLの有利な変更を提供する。60,61 ナイアシンによりアスピリンおよび食事が付いているナイアシンの取得によって軽減することができる皮の「洗い流す」副作用を引き起こすことができる。 何人かの人々この洗い流す効果を毎日容認し、トリグリセリドを下げるために他の選択を選ぶことができない。
  • 糖尿病の処置は (インシュリンか口頭hypoglycemic薬剤と)かなりpostprandial脂蛋白質のレベルを減らす。62,63は thiazolidinedioneの薬剤Actos® postprandial脂質抑制の効果のために特に有効かもしれない。64は また薬剤のmetformin 25%。65による絶食およびpostprandialトリグリセリドを減らす (注意: 他のthiazolidinedionesのように、Actos®により導くか、または心不全を悪化させるかもしれない流動保持を引き起こすことができる。 Actos®は心臓状態のどの悪化でも起これば中断されるべきである。)
  • Statinは一般的な simvastatin、Crestor®のような薬剤を入れ、Lipitor®はだけでなく、コレステロールを下げたり、30-80% postprandial脂蛋白質を減らすことができる。66
  • Fibratesは 70% (Lopid®およびLofibra®のような薬剤をコレステロール下げる) postprandial脂質および脂蛋白質を減らすことができる。 それらは魚油、減量および栄養の努力が仕事をしなければ有用な二番目のラインの作戦でもいい。67 はっきり、右の食糧および補足を選ぶことはpostprandial無秩序の制御の患者の最初選択べきである。 魚油は安全、取り安価、易いけれども突然の心臓死の減らされた危険を含む利点の異常な配列を、打撃提供し、depression.68減量、練習、大豆蛋白および緑茶はすべての増加患者の成功の可能性できる。

脂肪組織に対する性ホルモンの効果

性ホルモンは体脂肪の新陳代謝、蓄積および配分にかかわる。 従ってAdipocytes (脂肪細胞)にテストステロン、エストロゲンおよびプロゲステロンを結合する受容器があり直接作用を出すことをこれらの性ホルモンが可能にする。

脂肪組織に対する性ホルモンの効果

性のステロイド ホルモンはゲノムおよび非ゲノムのメカニズムによって脂肪組織の機能を遂行する。74 ゲノムのメカニズムで、adipocyteの受容器への性のステロイド ホルモンの縛りは肥満にかかわる遺伝子のトランスクリプションを調整し。 レプチンは adipocytesから分泌する食欲を調整し、adipocytesの有利なトリグリセリドの故障を引き起こすホルモンである。 脂蛋白質のリパーゼは adipocytes (脂肪細胞)で容易に貯えられる脂肪酸なしに循環のトリグリセリドを破壊する酵素である。 レプチン および 脂蛋白質の リパーゼは両方 脂肪質の(脂肪質の)ティッシュの制御を出し、性ホルモンによって genomically調整される。

非ゲノムのメカニズムでは、性ホルモンは最終的に脂肪分解( 脂肪質の故障) をもたらすある特定のホルモンに敏感なリパーゼを、活動化できる。 ある特定の性ホルモンの前で、体脂肪の正規分布はある。 一方では、ある特定の性ホルモンの不均衡と(ように起こる老化と)、腹部の肥満の増加の方の傾向がある: 心循環器疾患、75,76タイプ2の糖尿病のための主要な 危険率、77 および癌。76,78-80

性ホルモンが脂肪組織の量そして配分を調整するので、肥満を除去する広範囲プログラムのキー エレメントである。 きちんとpostmenopausal女性の規定された、bioidenticalのホルモン補充療法および老人は頻繁に腹部の肥満のある程度を減らす時。74,81-83

テストステロンはトリグリセリドが男性の腹部で集まることを防ぐ

人では、テストステロンの 欠損は 頻繁に内臓の肥満と一緒に伴われる。 不十分な人がテストステロンと補われるとき、結果は内臓の( 腹部の )脂肪組織の固まりの地域特定の減少である。74,84は これテストステロンが脂質の通風管を禁じることおよび/またはadipocytesことをから脂質の動員を高めることによって効果を出していることを、特に腹部の脂肪組織提案する。

テストステロンはトリグリセリドが男性の腹部で集まることを防ぐ

脂肪質の固まりに対するテストステロンの効果を査定するためには、調査はボディの2つの地域の脂肪組織に分類されたトリグリセリドを使用して脂肪酸および結合を測定すること行われた。 調査の主題はすべての腹式で肥満3グループに分けられてであり。 グループ1の受け取られた項目自然な テストステロンの クリームは、第2グループ第3グループは偽薬のクリームを与えられたがdihydrotestosteroneと呼ばれたテストステロンの代謝物質を受け取った。 2かの数か月後で、テストステロンのグループはトリグリセリドの通風管 34%の減少を 表わし、 腹部の 脂肪組織のトリグリセリドの 回転率を高めた。85

興味深いことに、ベースラインの分類されたトリグリセリド 通風管は 老化する と同時に そう 多くの 人が拡大のウエストラインに なぜ苦しむか より少しにより最適のテストステロンの前で助けが説明する上部の足の脂肪と、特に比較された腹部の脂肪でより大きい20%だった。 この調査は同時に腹部のトリグリセリドの店 より急速な解放を促進している間テストステロンの取り替えが腹部の 脂肪細胞によってトリグリセリドの通風管を減少したことを示す。85

調査の著者が提案した根本的なメカニズムは腹部の地域 脂蛋白質の リパーゼの 活動の 重要な47%の 減少 だった。 従って先に論議されるように、脂蛋白質のリパーゼはadipocytesのトリグリセリドの沈殿にかかわり、膨れられるようになるために脂肪細胞(および人々を)もたらす。

トリグリセリドはadipoctyesを膨れさせる脂肪の優勢な形態である。 食べることの後の血流の余分な脂肪は頻繁にpostprandial hypertriglyceridemiaとして(postprandial lipemia) 記述されている。 興味深いことに、テストステロンの補足はレバーの故障を高めることによって血のトリグリセリドのレベルを減らすことができる(高められた肝臓の リパーゼの活動によって)。 テストステロンはまたインシュリンの感受性を改善し、postprandial hyperglycemiaの減少を 促進できる テストステロンが人の腹部のadipocytes (脂肪細胞)のトリグリセリドのレベルを減らすことを可能にする86の複数の付加的なメカニズムは識別された。85,87

いくつかの調査は低いテストステロンを持つ人がテストステロンと補われた後腹脂肪の減少を文書化する。 血液検査がより少なくより最適のテストステロンのレベルを明らかにしたら88-90 (20 pg/mL の下で)、PSA (前立腺特定の抗原 )の血液検査 およびデジタル直腸の検査を使用して最初除外の前立腺癌の後で患者を項目テストステロンのクリーム規定することを考慮しなさい。 (サイド・バーを「規定情報に関しては老化の人の若々しいテストステロンを」次元通りにする方法を安全に参照しなさい。)

何人かの人はエストロゲンに(芳香化するため)彼らのテストステロンのあまりを変える。 最適のestradiolは20から血の30 pg/mLまで人 で及ぶ水平になる。 余分なestradiolは0.5 mg週の線量のArimidex®のような aromatase禁止の 薬剤を2回 規定すること によって容易に抑制することができる。

これが腹部の脂肪質の損失を引き起こすテストステロンの能力を 不具にする かもしれないと同時にestradiolのレベルが血の20 pg/mLの下で下がらないことを確かめなさい。 ある調査はテストステロンの取り替え 療法 に応じて起こる 腹部の脂蛋白質の リパーゼの減少がエストロゲンへのテストステロンの一部の転換としなければならないかもしれないことを提案する。91は これらの調査血液検査が低く自由なテストステロンおよび超過分estradiolを明らかにする腹式で肥満の人を観察するとき否定される。 この余分なestradiolによって引き起こされる拡大された胸(女性化乳房)と現在のこれらの太りすぎの人頻繁に。 これらの老化の人の余分なestradiolの多くが腹部のadipocytesのestradiolへテストステロンの芳香族化の結果であるので、estradiolに重要な芳香族化を頼みにしていることを腹脂肪の減少のテストステロンの利点がことを理解することは困難である。

個人の中でかなり変わるこれらの微妙なニュアンスは最適の自由なテストステロン およびエストロゲンの レベルを保障するために規則的な 血のテストが とても 重要なぜであるかである。

安全に老化の人の若々しいテストステロンを元通りにする方法

項目テストステロンの使用は顕著な医者科学者からの肯定的な研究の調査結果そして裏書の茄多に応じてここ十年間急騰してしまったクリーム状になる。 性は女性のホルモンのバランスをとっている間挑戦的である、老化の人の最適のホルモンのバランスを達成することはかなり容易である。 続くものがオスの患者の自由なテストステロンのレベルを最大限に活用する簡単な議定書である:

  1. テストステロンはトリグリセリドが男性の腹部で集まることを防ぐ
    手紙のためのかちりと言う音
    患者の血を、自由な テストステロン、estradiolおよび 完全な 血計算 および血化学と共にPSAのためにテストしなさい。 これらの血液検査はすべて生命Extension®のほとんどの メンバーが毎年行ったあることが 広範囲の 男性の 血液検査のパネルに含まれている。
  2. これらの血液検査の結果が20-25 pg/mL の下で自由な テストステロンを明らかにしたら、自然なテストステロンのクリームを規定することを考慮しなさい。
  3. 患者が低価格 で自然なテストステロンの クリームを得ることを 可能にするためには 混合された自然なテストステロンのクリームのために 規定を書くことを考慮しなさい。 自然なテストステロンのクリームの2ヶ月の供給のためのサンプル規定は次のコラムで現われる。
  4. おおよそのテストステロンの線量は血液検査の結果およびボディ固まりに基づいている。 45-60日後で、患者の血をより精密なテストステロンの線量を規定するために再試験をしなさい。 各患者は吸収および内部新陳代謝の率にわずかに基づいて変わるかもしれない。 これらの血液検査はまた余分な赤血球の生産および超過分estradiolの転換に対して前立腺癌および監視の除外を助けたり、またレバー酵素が正常範囲にあることを保障する。 デジタル直腸の検査は更に既存の前立腺癌の除外を助けることができる。 テストステロンは既存の前立腺癌を持つ人で禁忌とされる。テストステロンにより 前立腺癌を引き起こさないことを出版された科学文献が示すことが92わかりなさい。93
  5. あなたの患者のestradiolの レベルが 30 pg/mLに あったら 、週に二度Arimidex®の0.5 mgのような低線量のaromatase禁止の薬剤を非常に規定することを考慮しなさい。 これは通常20-30 pg/mLの最適の範囲に estradiolを 持って来る。 腹部の脂肪質の損失を引き起こすこれが テストステロン の機能と干渉するかもしれないように20 pg/mLの下でestradiolを減らしてはいけない。

事前に引かれた 生命 Extension®のメンバーに彼らの血が頻繁にある従って彼らの医者は彼らの最初訪問の間にきちんとテストステロンを規定できる。 あなたの患者はまた1-800-208-3444の呼出し によって多くおよびこれらの 血液検査がすべて含まれている男性のパネルの血液検査を発注 できる。

混合されたテストステロンのクリームは慣習的なテストステロンのゲルの60日間の供給 のための およそ$450に対して60日間の供給のための $40 少しのために、得ることができる。

低いエストロゲンは女性の体重増加を促進する

月経閉止期により総および腹部の 肥満対応する 増加 を用いるエストロゲンそして プロゲステロン の大きい減少を 引き起こす。 複数の調査はエストロゲン取り替え療法に応じて女性で腹部の肥満の減少を示す。74,83

テストステロンが男性の腹部の脂肪質の 固まり 、女性のエストロゲンを減らす 方法 に類似した腹部の adipocytesの 脂蛋白質のリパーゼの活動を減らす。 脂蛋白質のリパーゼは adipocytes ( 脂肪細胞)で 容易に貯えられる脂肪酸なしに循環のトリグリセリドを変える。

低いエストロゲンは女性の体重増加を促進する

脂蛋白質のリパーゼの 制御は 非常に複雑で、複数のホルモンを含む。 女性では、 コルチソルは、94-96 テストステロン脂蛋白質のリパーゼの 活動を 高めることによって 、97,98およびインシュリン99 成長ホルモン およびエストロゲンが 脂蛋白質のリパーゼを減らす 一方、 adipocytes 脂質の 蓄積を促進する(およびこうして腹部の減量を促進しなさい)。12,98,100,101

慣習的なエストロゲンは体重増加が含まれているリストの 副作用に薬剤を入れる。 これの1つの理由は最近までそれである、最も一般に所定のエストロゲンの薬剤はPremarin® であり、 エストロゲンと自然に同一ではない馬によって尿得られる混合物であるPrempro®の女性のボディで作り出した。 彼女達の点必要性を満たすために女性が頻繁にたくさんの(またはほんのわずかの)エストロゲンを受け取ったことを意味するこれらの薬剤の線量はほとんど個性化されなかった。

それぞれ投薬されるbioidenticalのエストロゲンの薬剤の出現で、血液検査が明らかにする女性は 腹部の脂肪質の固まり 減少を引き起こすかもしれない範囲に他の利点と共に低いエストロゲン正確にエストロゲンのレベルを元通りにすることができる。

自然なエストロゲンの混合物は薬剤師の混合からの規定によって利用できる。 これらのタイプのエストロゲンはbioidentical である—ホルモンが女性のボディで作り出される自然なエストロゲンと化学的に同じであることをこの言葉は意味する。 bioidenticalのホルモン補充療法で一般的なエストロゲンのタイプはestradiol および エストリオル である。  

Bioidenticalのエストロゲンの薬剤は項目クリームに混合するエストリオルおよびestradiolの異なったパーセントを使用して 準備される。 今日使用される最も普及した混合されたbioidenticalのエストロゲンはBiエストロゲンまたはBi米国東部標準時刻 である。 それは80%のエストリオルおよび 20%のestradiol から成るかもしれないまたは個性化される患者の必要性へのパーセントの比率規定される項目クリームとして。 および起こる ボディ構成の 変更、estradiolの線量およびBi米国東部標準時刻のエストリオル女性のestradiolの血液検査の読書に基づいて増加されるか、または減らされるかもしれない。

bioidenticalのホルモンの復帰への個性化されたアプローチは最もよい。 女性は調節が彼女のホルモンの養生法に作ることができるように注意深く監視し、査定し、彼女の個々の応答をそして彼女の規定の医者に報告する必要とする。 一般に、bioidenticalのホルモンの復帰の分野における専門家はestradiolの血レベルが90-250 pg/mLの範囲にあるとき ほとんどの 女性が彼女達の ベスト、 ほとんどの健康な若い女性のための月経の大半の間に共通であるestradiolの範囲を感じることを提案する。

自然なエストロゲンに加えて、自然な プロゲステロンは 女性のための重要なホルモンである。 自然なプロゲステロンのクリームか軟膏は混合された規定またはOTC (店頭)プロダクトとして利用できる。 (口頭形態)より口頭形態上の項目プロダクトの使用の利点は従って項目形態がレバーを通した新陳代謝の「最初パス」の効果を避ける、適量は低いことであり。

Provera®のようなプロゲスチンは 自然ではない プロゲステロンではない。 Provera®は自然なプロゲステロンに類似に耐えるが、でしたり化学的に明瞭であるタイプの化学薬品。 自然なプロゲステロンはホルモンの復帰を追求している女性のためのより安全な選択であると信じられる。

エストロゲンの薬療法およびより高いエストロゲンのレベルに応じてある特定の癌の高められた危険を示す調査がある。102,103は これらの調査の多数Premarin®かPrempro®の多くの女性が明らかにされた致命的な危険のために今日避ける薬剤を使用した。 エストロゲンおよび癌についての心配に応じて、 生命Extension®は 編集した「タイトルを付けられた 記事をであるホルモンの奪い取られる理由蟹座の恐れか」。 この記事は大幅にエストロゲン誘発癌の危険を減らすために示されていた健康な食餌療法および生活様式の変化を論議する。 エストロゲン取り替え療法を熟視するだれでもwww.lef.org/estrogenでのために努力するために示す 特定の 情報規定のbioidenticalの女性のホルモン および血レベルのためのページの3サイド・バーを( Bioidenticalのエストロゲンを規定する方法を老化する女性に薬剤を入れる)この記事を見直すべきである。

何人かの肥満の女性はテストステロンの レベルを 上げた。104,105の 調査は肥満の女性のある特定の小群が(例えば、テストステロンの余分な内臓の体脂肪 、インシュリン抵抗性 およびハイ レベルによって特徴付けられるpolycystic卵巣シンドローム[PCOS]に苦しんでいる)肥満の女性新陳代謝のプロフィールを改善し、内臓の脂肪質の蓄積を減らし、metforminおよび低線量のflutamideの組合せを用いるテストステロンのレベルを 減らす ことができることを 規定 によって利用できる特定の反男性ホルモンの薬剤示す。106,107 例えば、高いテストステロンのレベルに苦しんでいる40人の肥満の女性の調査はおよびインシュリン抵抗性metformin (毎日二度850 mg)とおよびflutamideの(毎日二度250 mg)示されていた減らされた 内臓の 脂肪質の、総コレステロールおよび低密度脂蛋白質(LDL)、および減らされた余分なテストステロンの集中扱った。 血液検査が女性の余分な内臓の脂肪の前で超過分自由なテストステロンを明らかにしたら108、低カロリーの食事および運動に加えて250を付随のmetforminの処置のflutamideのmg毎日二度規定することを考慮しなさい。

4の ページで 3続けられる