生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2009年1月
カバー

幹線石灰化、骨の損失、蟹座および老化に対する保護!

ウィリアムFaloon著

ビタミンKはCoumadin®を取るそれらで使用することができるか。

ビタミンKはCoumadin®を取るそれらで使用することができるか。

ワルファリン(Coumadin®)のような患者によって規定される抗凝固薬の薬剤は頻繁にビタミンKを含んでいる食糧を消費することを避けるように助言される。 これの後ろの理論は食餌療法のビタミンKが薬剤の抗凝固薬の特性を避けることができることである。 このビタミンKの欠損への恐しい下げ気味の前に記述されているように弱められた骨と共に幹線およびvalvular石灰化、である。

生命延長は だけでなく、この重大な栄養素をボディに与えるためにビタミンK2の適当な線量を取ってもいいがまた安定させる薬剤の抗凝固薬の効果をよくしなさいかどうかワルファリンのような抗凝固薬の薬剤を取っている患者が彼らの医者に尋ねることを提案した。

出版された調査はワルファリン扱われた患者がビタミンKの一貫した量を取るときことを、重大な重要性をもつ凝固の血の表示器(国際的な正常化された比率かINRのような)なる安定するように示す。 一貫性がとても重要であるという理由は余りに高いINRの比率が異常な出血に患者をし向ける一方こと動脈または静脈の中の凝血の開発の危険がある状態に余りに低い場所を患者読むINRである(内部および外的)。

狭い治療上の範囲内のINRを維持することは多くの医者のための挑戦である。 患者のINRのレベルが余りに高くなるとき実際、解毒剤は安全な範囲にそれを低下させるビタミンKの注入すぐにである。

ビタミンKが私達の動脈をいかに保護するか

ボディのビタミンKの行為はカルボン酸塩蛋白質にある。 カルボキシル化は混合物か分子にcarboxylグループを加えることと定義することができる。 蛋白質はcarboxylatedとき、機能を変える化学転換を経る。

ビタミンKは正常な凝固を維持し、骨を維持し、そして石灰化からボディの特定の蛋白質をcarboxylatingによって保護する。61

動脈では、ビタミンKはカルボン酸塩マトリックスGla蛋白質に要求される。 マトリックスGla蛋白質が以下carboxylatedなら、カルシウムの余分な蓄積に対して保護動脈で正規関数、か禁止の管の石灰化を行うことはない。

マトリックスGla蛋白質は十分な ビタミンKが 最上に作用するように要求する石灰化の抑制剤である。 carboxylatingマトリックスGla蛋白質のビタミンKの効果は幹線石灰化からいかに保護するかである。50

健康な個人の最近の調査では健康な大人のための二重正常な価値である2.0にINRを上げるために、Coumadin®は管理された。 より高いINRは血が凝固より少なくできることを意味する。 MK-7の95マイクログラムの線量で、INRは2.0から1.7。56まで落ちた

私達がビタミンKおよびワルファリンについて今知っているものをで基づいて、医者はビタミンKから寄与することを患者の管および骨格システムが可能にしている間望ましい範囲に再びINRを持って来るためにワルファリンの量を増加することを考慮するかもしれない。

抗凝固薬の薬剤を取ったら、あなたの医者の承認なしではビタミンKを始めてはいけない。 あなたのINRのレベルが注意深くワルファリンと適当線量のビタミンKを結合することの最初の2か月の間に監視されることは重要である。

啓発された医者がワルファリン扱われた患者にますます長期ビタミンKの欠損の悪影響についての心配を表現していることを知りなさい。

ビタミンK 46のより高い摂取の効果

全原因の死亡率26%の減少

冠動脈疾患57%の減少

厳しい大動脈の石灰化52%の減少

健康な人々はたくさんのビタミンKの取得を心配しなければならないか。

ビタミンKが健康な凝血に要求される間、あまりを取ることは異常な血塊の危険性を高めない。 理由はビタミンKによりボディで凝固依存した蛋白質の完全な化学転換(カルボキシル化)は活動的な形態にそれらを入れることである。

これらの凝固蛋白質がビタミンKによって機能されれば、carboxylated 100%である。 付加的なビタミンKを取れば、carboxylatedできる凝固蛋白質すべてが既にcarboxylatedので何も起こらない。 それはそれらが既にあなたが取ったビタミンKによってcarboxylated 100%であるので過剰カルボン酸塩凝固蛋白質に可能ではない。

患者は機械心臓弁とのそれらのような異常な凝血に、心房細動し向けた、または血のprothrombotic要因は凝固蛋白質のカルボキシル化と干渉する所定の薬剤ようにワルファリンである。 それは最適の治療上のINRの範囲(ワルファリンを取る達成するために)人々の通常およそ2.5を必要があるこれらの抗凝固薬の薬剤を取っている患者にだけあるビタミンKの測定される線量および薬剤が密接に。

ビタミンK2の安全を示すためには、nattoが規則的に食べられる日本の地域に住んでいる人々に複数折目のビタミンK2 (MK-7)のすばらしい血レベルがある。36は 血のビタミンKの多量の効果より少ない骨粗しょう症、少数の骨折および少数の心臓発作である。23,30,36,46,63-65

ビタミンKおよび老化

私達が老化すると同時に、カルシウム沈殿物は私達の体中の柔らかいティッシュで集まりがちである。

ビタミンKおよび老化

これらの柔らかいティッシュが石に一度しなやかなボディ回ったようであることコメントするのに使用される高齢者の死体解剖を行っている医者。 これらの医者は骨組 を除いて事実上 どこでも起こる全身の石灰化を参照していた。

全身の石灰化は代りに属さない柔らかいティッシュで蓄えられている骨で沈殿するために仮定されるそのカルシウムことを意味する。 多くの年齢関連の病気は腎臓結石、関節炎、激流、心臓弁の不十分、骨折、しわを寄せられた皮、骨の拍車、老衰を含む石灰化に当然冠状アテローム性動脈硬化および、つなぐことができる。 最適のビタミンKの状態を元通りにすることはこれらの無秩序すべてから保護を助けるかもしれない。

骨粗しょう症は古典的な年齢関連の病気である。 13の全身の検討は1かを除いて、補足のビタミンK1かK2は骨の多くの損失を減らしたことが大人のビタミンK1を与えるかまたは少なくとも6か月間K2が補足分った管理された人間の試験をランダム化した。 ビタミンK2は増加された骨の鉱物密度と特に関連付けられた。66

ひびの危険を評価するすべての試験ではビタミンK2は最も有効だった。 それは77% 60%脊椎のひび、情報通のひび、および驚かす81%。66すべての非脊椎のひびの危険を減らした

このページの図表で見ることができるように全原因の死亡率の26%の減少のビタミンKの結果のより高い摂取。46

出版された科学的な調査の巨大さに基づいて、維持の最適のビタミンKの状態は広範囲の反老化プログラムの必要な部品だったようであろう。

ビタミンKのどの形態がそしてどんな線量が最適であるか。

ビタミンK1、ビタミンK2 (MK-4形態で)、およびビタミンK2の利点を文書化する科学的な調査がある(MK-7形態で)。

さまざまな形のビタミンKの注意深い評価、および確立された効力データおよび適量の安全、健康に敏感な個人がの広い範囲に基づいてこれらのビタミンKの形態の3をすべて消費することは理想的だったようであろう。

かなり長時間作用性のMK-7はビタミンK2の多量の動物および人間データがビタミンK2のMK-4形態の重要な医療補助を確認する、またビタミンK1させる一方この形態を必要に。

ビタミンKのどの形態がそしてどんな線量が最適であるか。

幸いにも、ビタミンKのこれらの形態はすべて比較的低価格で、ほとんどの消費者の補足の予算に容易に合うことができる。

米国の農務省に従って、アメリカ人が彼らの食事療法のビタミンKのための推薦された毎日の条件を何倍も消費したようであるのが常であった。 しかし改善された分析的な方法はビタミンKが一度食事療法で同様に豊富ように考えたではないことを示す。

結合されるビタミンK1およびK2のためのRDAは大人女性のための1日あたりの65マイクログラムおよび成人男子のための1日あたりの80マイクログラムである。 これらの量はきちんと凝固することを血が可能にする十分であるかもしれない間、方法年齢関連の病気から保護するのに必要とされる出版された調査で見つけられるレベルの下で下る。

最適のビタミンKの取入口上の混乱の1つの理由は大いにハイ レベルが柔らかいティッシュの骨粗しょう症そして石灰化から保護するために必要である一方唯一に少量がきちんと凝固するために血のために必要であることである(を含む動脈)。

ビタミンK2のMK-7形態の100マイクログラムをそれ自体最適の全身のビタミンKの飽和を提供する1つはビタミンK1の消費の多量の文書化された利点およびビタミンK2のMK-4形態を無視できない。

費用効果が大きいMK-7の供給を使うと、摂取されるのに必要とされる総ビタミンKの潜在的能力は徹底的に減らすことができる。 ビタミンKの他の形態と比較されるそれをビタミンK2のMK-7形態より長く残り、血流に8倍のより高いに 達するレベル7に覚えなさい57

これはMK-7のちょうど100マイクログラムがビタミンK1およびK2の他の形態のずっとより高い潜在的能力より大きい利点を提供できることを意味する。

概要

ビタミンKは1929年に発見され、最初に健康な血液凝固に要求されることをただ考えた。 過去の10年にわたって、研究の大きいボディは骨および管の健康に対する重大な効果を含んでいるビタミンKの新陳代謝の新しい区域に焦点を合わせた、; 細胞の成長、規則、移動、拡散およびapoptosis; 免疫サポート; そして慢性の炎症性要因の抑制。

ほとんどの慣習的な医者はビタミンKに関する無知の言語道断な状態に耽、彼らの老化の患者にとっての重大な重要性をわからない。

幸いにも、抗凝固薬の薬剤を取っていない人々は安全に私達は必要とすることを政府が言う極めて小さいレベルを超過するビタミンKの線量を取ることができる。

ビタミンKの新しい形態は健康に敏感な個人がこの栄養素をちょうど1日1回取り、支えられた24時間の利点を楽しむことを可能にする。

生命 延長は前に ビタミンKにメンバーを十年ほとんどもたらしたときに、最近の調査が示したと有効であると証明することを知っていることは困難だった。

満足ほとんどの生命延長メンバーが この 余りに頻繁に見落とされた栄養素の広スペクトルの保護を得たことを知るためにである。 flipsideで、そこにビタミンKのより少しにより最適の取入口と関連している一般群衆の年齢関連の無秩序の伝染病のようである。

この記事の科学的なコンテンツの質問があったら、1-800-226-2370で生命延長健康の顧問を呼びなさい。

参照

1. アドコックDM、フィンクLMのMarlarのRA、等。 止血システムおよび敵意。 Clinのリンパ腫の骨髄種。 8月2008日; 8(4): 230-6。

2. Kasai K、Kuroda Hのhepatocellular癌腫の処置の後のSuzuki K.のアジェバント療法。 日本Shokakibyo Gakkai Zasshi。 6月2008日; 105(6): 787-94。

3. Matzno S、山口Y、Akiyoshi T、Nakabayashi T、松山K。 抗癌性の代理店の増強物としてを使用してビタミンK3の効果を評価する試み。 Biol Pharm Bull。 6月2008日; 31(6): 1270-3。

4. Nimptsch K、Rohrmann S、ビタミンKのLinseisen J.の食餌療法取入口および蟹座および栄養物(叙事詩ハイデルベルク)へのヨーロッパの将来の調査のハイデルベルクのグループの前立腺癌の危険。 AM J Clin Nutr。 4月2008日; 87(4): 985-92。

5. Tareen B、夏JL、Jamison JM、等。 12週、開いたラベル、標準的な療法を失敗した前立腺癌の患者の処置のためのapatoneを使用して段階I/IIaの調査。 Int J Med Sci。 2008;5(2):62-7.

6. Sakagami H、橋本K、ビタミンK2の派生物およびprenylalcoholsによって引き起こされるSuzuki F、等細胞死の腫瘍特定性およびタイプ。 抗癌性Res。 1月2008日; 28 (1A): 151-8。

7. Osada S、Tomita H、田中Y、等。 膵臓癌に対するビタミンK3 (menadione)の実用性。 抗癌性Res。 1月2008日; 28 (1A): 45-50。

8. Yokoyama T、Miyazawa K、Naito Mの等ビタミンK2は白血病の細胞でautophagyおよびapoptosisを同時に引き起こす。 Autophagy。 7月2008日1日; 4(5): 629-40。

9. Mizuta T、Ozaki I. Hepatocellularの癌腫およびビタミンK。 Vitam Horm。 2008;78:435-42.

10. 芝山町Imazu T、Aiuchi T、Nakaya K. Vitaminは癌細胞のapoptosisをK2仲介した: ミトコンドリアのtransmembraneの潜在性の役割。 Vitam Horm。 2008;78:211-26.

11. BellidoマーティンL、de Frutos PG。 Gas6のビタミンのK依存した行為。 Vitam Horm。 2008;78:185-209.

12. Osada S、坂下町F、Hosono Yは、等menadione誘発のarylationによる細胞外の信号調整されたキナーゼ リン酸化膵臓の癌細胞の成長の阻止を仲介する。 蟹座Chemother Pharmacol。 7月2008日; 62(2): 315-20。

13. Sasaki R、Suzuki Y、Yonezawa Yの等ビタミンK3によるDNAポリメラーゼのガンマの阻止は人間の癌細胞のmitochondria仲介された細胞毒性を引き起こす。 蟹座Sci。 5月2008日; 99(5): 1040-8。

14. Kaneda M、チャンD、Bhattacharjee Rの等ビタミンK2はconnexin 43の阻止によってHuH7 hepatomaの細胞の敵意を抑制する。 蟹座Lett。 5月2008日8日; 263(1): 53-60。

15. Sibayama-Imazu T、藤沢Y、ビタミンK2によるPA-1卵巣癌の細胞のapoptosisのMasuda Yの等誘導はTR3/Nur77のレベルの増加およびmitochondriaおよび核心の蓄積と関連付けられる。 Jの蟹座Res Clin Oncol。 7月2008日; 134(7): 803-12。

16. Giachelli CM、李X私ののSpeer RajacharのRM、管の石灰化のヤンH. Regulation: 隣酸塩およびosteopontinの役割。 Circ Res。 4月2005日15日; 96(7): 717-22。

17. Jono S、Shioi A、Ikari Yの慢性の腎臓病のNishizawa Y. Vascularの石灰化。 Jは抗夫の骨を抜くMetab。 2006;24(2):176-81.

18. Shao JS、CAI J、Towler DA。 管の石灰化の分子メカニズム: 大動脈から教訓。 Arterioscler Thromb Vasc Biol。 7月2006日; 26(7): 1423-30。

19. Hsu HH、Culley NC。 ウサギのアテローム性動脈硬化、大動脈の石灰化およびicterusに対する食餌療法カルシウムの効果は補足のコレステロールの食事療法に与えた。 脂質の健康Dis。 2006;516.

20. 研摩機S、Debuse M. Endocrineおよび生殖システム。 第2 ED。 Elsevierの健康科学; 2003:89-90.

21. ゲージBF、Birman-Deych E、Radford MJ、Nilasena DSのE-Fつなぎ。 ワルファリンを取っている年配の患者のosteoporoticひびの危険: 心房細動2.のアーチのインターンMedの国民の登録からの結果。 1月2006日23日; 166(2): 241-6。

22. Schurgers LJ、Aebert H、Vermeer C、Bultmann BのJanzen J. Oralの抗凝固薬の処置: 心循環器疾患の友人か敵か。 血。 11月2004日15日; 104(10): 3231-2。

23. 大人の人間のBugel S.のビタミンKおよび骨の健康。 Vitam Horm。 2008;78:393-416.

24. Kaneki M、Hosoi T、Ouchi YのビタミンKのOrimo H. Pleiotropicの行為: のそして向こう保護装置骨の健康か。 栄養物。 7月2006日; 22 (7-8): 845-52。

25. Jie KGの馬蝿の幼虫ML、Vermeer C、Witteman JC、Grobbee DE。 ビタミンKの状態および骨は大動脈のアテローム性動脈硬化の有無にかかわらず女性で集中する: 人口ベースの調査。 CalcifのティッシュInt。 11月1996日; 59(5): 352-6。

26. 管の石灰化に於いてのビタミンKおよびビタミンのK依存した蛋白質のSchurgers LJ、DisselのPE、SpronkのHM、等役割。 Z Kardiol。 2001年; 90 (Suppl): 357-63。

27. Zieman SJ、Melenovsky V、Kass DA。 幹線剛さのメカニズム、pathophysiologyおよび療法。 Arterioscler Thromb Vasc Biol。 5月2005日; 25(5): 932-43。

28. Doherty TM、Asotra KのFitzpatrickのLA、等アテローム性動脈硬化の石灰化: 幹線交差道路の骨の生物学そして慢性の発火。 Proc国民のAcad Sci米国。 9月2003日30日; 100(20): 11201-6。

29. 新しい危険率のMallika V、Goswami B、Rajappa M. Atherosclerosisのpathophysiologyそして役割: clinicobiochemical見通し。 Angiology。 10月2007日; 58(5): 513-22。

30. Bellasi A、レースC、AJテイラー等人の冠状動脈カルシウムの予想実用性の比較対女性(結果全原因の死亡率を推定するからのメタそして分かち合われた分析および冠状心臓病の死または心筋梗塞)。 AM J Cardiol。 8月2007日1日; 100(3): 409-14。

31. Beulens JWの馬蝿の幼虫ML、Atsma Fは減らされた冠状石灰化と、等高い食餌療法のmenaquinoneの取入口関連付けられる。 アテローム性動脈硬化。 7月2008日19日。

32. SpronkのHMのSouteのBA、Schurgers LJ、Thijssen HH、De Mey JGのVermeer C.のmenaquinone-4のティッシュ特定の利用はワルファリン扱われたラットの幹線石灰化の防止で起因する。 J Vasc Res。 2003日11月12月; 40(6): 531-7。

33. Turesson Cの、JacobssonのLT電気Matteson。 rheumatic病気の心血管の共同疾病率。 Vascの健康を損う危険性Manag。 2008;4(3):605-14.

34. Okamoto H.のビタミンKおよび慢性関節リウマチ。 IUBMBの生命。 6月2008日; 60(6): 355-61。

35. Morishita M、長島町M、Wauke K、Takahashi HのTakenouchi K. Osteoclastの単独でビタミンK2のまたは慢性関節リウマチの患者のetidronateかrisedronateを伴って抑制的な効果: 2年の結果。 J Rheumatol。 3月2008日; 35(3): 407-13。

36. Kaneki M、Hodges SJ、Hosoi T、等日本語はビタミンK2の循環のレベルの大きく地理的な相違の主要な決定要因として大豆の食糧を発酵させた: ヒップひびの危険のための可能な含意。 栄養物。 4月2001日; 17(4): 315-21。

37. シアバターMK、Dallal GE、ドーソン ヒューズB、等老人および女性のビタミンK、循環のcytokinesおよび骨のミネラル密度。 AM J Clin Nutr。 8月2008日; 88(2): 356-63。

38. Hirao M、橋本J、Ando W、Ono T、血清の吉川町H. Responseはalendronateの単独療法にcarboxylated、osteocalcinをundercarboxylated、そしてpostmenopausal女性のビタミンK2と療法を結合した。 Jは抗夫の骨を抜くMetab。 2008;26(3):260-4.

39. Gigante A、Torcianti M、Boldrini E、等ビタミンKおよびD連合はひびの場所によって得られる人間のmesenchymal幹細胞の生体外のosteoblastの微分を刺激する。 J Biol Regul Homeostの代理店。 1月2008日; 22(1): 35-44。

40. Tsujioka T、Miura Y、Otsuki T、等。 骨髄種の細胞のビタミンのK2誘発のapoptosisのメカニズム。 Haematologica。 5月2006日; 91(5): 613-9。

41. Habu D、Shiomi S、ビタミンK2のTamori Aの等ウイルスの肝硬変の女性のhepatocellular癌腫の開発に於いての役割。 JAMA. 7月2004日21日; 292(3): 358-61。

42. Mizuta T、Ozaki I、Eguchi Y、等。 治療効果がある処置の後のhepatocellular癌腫の患者の病気の再発そして存続に対するmenatetrenone、ビタミンK2のアナログの効果、: パイロット・スタディ。 蟹座。 2月2006日15日; 106(4): 867-72。

43. Ozaki I、チャンH、Mizuta T、等MenatetrenoneのビタミンK2のアナログは核要因kappaBの活発化の阻止によってcyclin D1の表現の抑制によって、hepatocellular癌腫の細胞の成長を禁じる。 Clinの蟹座Res。 4月2007日1日; 13(7): 2236-45。

44. Maeda M、Murakami M、Takegami T、Ota T. Promotionまたはlapacholの経口投与の後のB16メラノーマの細胞の実験転移の抑制。 Toxicol Appl Pharmacol。 6月2008日1日; 229(2): 232-8。

45. Harrington DJ、西部H、SetonジョーンズC、等。 癌を持つ患者のビタミンKの不足の流行の調査は異常なhaemostasisの病院の一時しのぎの心配のチームそして連合を示した。 J Clin Pathol。 4月2008日; 61(4): 537-40。

46. Geleijnse JM、Vermeer C、Grobbee DEの等menaquinoneの食餌療法取入口は冠状心臓病の減らされた危険と関連付けられる: ロッテルダムの調査。 J Nutr。 11月2004日; 134(11): 3100-5。

47. Gijsbers BL、Jie KS、人間のボランティアのビタミンKの吸収に対する食糧構成のVermeer C. Effect。 Br J Nutr。 8月1996日; 76(2): 223-9。

48. 癌からの大豆プロダクト取入口と死亡率間の連合と日本の心臓病のNagata C. Ecologicalのの調査。 Int J Epidemiol。 10月2000日; 29(5): 832-6。

49. Schurgers LJのSpronkのHMのSouteのBA、Schiffers PM、DeMey JG、Vermeer C。 ラットのビタミンKの高い取入口によるワルファリン誘発の中間のelastocalcinosisの退化。 血。 4月2007日1日; 109(7): 2823-31。

50. Schurgers LJのSkepper JN、SpronkのHMは等後翻訳の修正マトリックスのGla蛋白質機能を調整する: 管の平滑筋細胞の石灰化の阻止のための重要性。J Thromb Haemost。 12月2007日; 5(12): 2503-11。

51. Komai Mの白川町H.のビタミンKの新陳代謝。 機能の骨を抜く摂取されたVKのアナログおよび有効な関係からのMenaquinone-4 (MK-4)形成。 Clinカルシウム。 11月2007日; 17(11): 1663-72。

52. Sakakima Y、早川町A、長坂町T、phosphatidylcholineとのhepatocarcinogenesisのNakao A. Preventionおよびmenaquinone-4: 生体外および生体内の実験。 J Hepatol。 7月2007日; 47(1): 83-92。

53. Miki T、Nakatsuka K、Naka Hの等ビタミンK (2) (menaquinone 4)は確立された骨粗しょう症の年配の女性の2週には早くも血清undercarboxylated osteocalcinのレベルを減らす。 Jは抗夫の骨を抜くMetab。 2003;21(3):161-5.

54. 山元町R、Komai M、小島K、Furukawa YのWistarのラットのphylloquinoneの経口投与の後のさまざまなティッシュのKimura S. Menaquinone-4の蓄積。 J Nutr Sci Vitaminol (東京)。 2月1997日; 43(1): 133-43。

55. Sakamoto N、Kimura M、Hiraike H、phylloquinoneのItokawa Y. Changesおよび口頭の、静脈内および腹腔内の管理の後のラットのレバーのmenaquinone-4集中。 Int J Vitam Nutr Res。 1996;66(4):322-8.

56. Sakamoto N、Kimura M、Hiraike H、phylloquinoneおよびmenaquinone-4の経口投与の後のラットの門脈および大腿部の静脈血しょうのKのビタミンのItokawa Y. Changes。 Int J Vitam Nutr Res。 1995;65(2):105-10.

57. Schurgers LJ、Teunissen KJ、Hamulyak Kの等ビタミンのK含んでいるサプリメント: 総合的なビタミンK1およびnatto得られたmenaquinone-7の比較。 血。 4月2007日15日; 109(8): 3279-83。

58. Gundberg CM、Nieman SD、Abrams S、Rosen H.のビタミンKの状態および骨の健康: undercarboxylated osteocalcinの決定のための方法の分析。 J Clin Endocrinol Metab。 9月1998日; 83(9): 3258-66。

59. Ikeda Y、Iki M、発酵させた大豆のMorita Aの等取入口、nattoは、postmenopausal女性の減らされた骨の損失と関連付けられる: 日本の人口ベースの骨粗しょう症(JPOS)の調査。 J Nutr。 5月2006日; 136(5): 1323-8。

60. 骨の新陳代謝の規則および骨粗しょう症の予防の役割のmenaquinone-7の行為のTsukamoto Y. Studies。 Biofactors。 2004;22(1-4):5-19.

61. Tsukamoto Y、Ichise H、Kakuda H、発酵させた大豆(natto)の山口M. Intakeは循環のビタミンK2 (menaquinone-7)および正常な個人のガンマcarboxylated osteocalcinの集中を高める。 Jは抗夫の骨を抜くMetab。 2000;18(4):216-22.

62. 食糧の山口M. Regulatoryのメカニズムは骨粗しょう症の骨の新陳代謝そして防止で考慮する。 Yakugaku Zasshi。 11月2006日; 126(11): 1117-37。

63. ビタミンKの生化学的な手段間のブースSL、Broe KE、ピーターソンJW、等連合および人および女性の骨のミネラル密度。 J Clin Endocrinol Metab。 10月2004日; 89(10): 4904-9。

64. Tsugawa N、Shiraki M、Suhara Yの等健康な日本の女性のビタミンKの状態: osteocalcinのガンマ カルボキシル化のための年齢関連のビタミンKの条件。 AM J Clin Nutr。 2月2006日; 83(2): 380-6。

65. Cranenburg欧州共同体、Vermeer C、Koos R、等。 心血管の石灰化のためのbiomarkerとしてマトリックスのGla蛋白質(ucMGP)の循環の不活性形態。 J Vasc Res。 2008;45(5):427-36.

66. Cockayne S、アダムソンJ、Lanham新しいS、等ビタミンKおよびひびの防止: ランダム化された管理された試験の組織的検討そしてメタ分析。 アーチのインターンMed。 6月2006日26日; 166(12): 1256-61。

67. 女性のFeskanich D、Weber P、Willett WC、等ビタミンKの取入口およびヒップのひび: 前向き研究。 AM J Clin Nutr。 1月1999日; 69(1): 74-9。

68. ブースSL、Tucker KL、陳Hは情報通のひびとない年配の人および女性の骨のミネラル密度と、等食餌療法のビタミンKの取入口関連付けられる。 AM J Clin Nutr。 5月2000日; 71(5): 1201-8。

69. ビタミンk2とのIwamoto J、武田T、Ichimura S. Combinedの処置および骨粗しょう症のpostmenopausal女性のbisphosphonate。 Yonsei Med J. 10月2003日30日; 44(5): 751-6。