生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2009年1月
レポート

あなたの疲れた目を取り除きなさい
共通の眼疾患に対して守っている間

Laurieバークレイ著、MD
あなたの疲れた目を取り除きなさい

今日、ほぼ皆は仕事か余暇のためにコンピュータを使用する。 予想通り、コンピュータ使用からの生じる目の疲労はすべての年齢に影響を与える。1,2人の 専門家は適切な心配および防止が異なった間隔で目的に焦点を合わせる目の弱さ、目の刺激および悪い機能のような目の疲労の潜在的な複雑化を、避けて重大であることを同意する。

複数の調査に従って、アスタキサンチンとして知られている自然な補足は適切な目の心配および防止の役割を果すかもしれない。3-10 だけでなく、アスタキサンチンの助けは目の疲労を防ぎ、有効な特性がまた心血管の健康を促進し、運動持久力を高め、そして皮をことを美化することの重要な適用を保持するかもしれないことを視覚鋭利さ調査を改善するために提案しなさい。

目の疲労: 現代伝染病

コンピュータ技術への私達の世界の増加する依存の多くの利点にもかかわらず、欠点の1つは目の疲労でありビデオ表示端末装置(VDT)で凝視の時間に起因する。 最適の照明、アーゴノミックスおよび視覚訂正と、コンピュータ端末で過ごされる完全な仕事週は疲れられるようになり、そのうちに弱まる目筋肉の通行料を取る。 それ以上目の疲労の広まった問題を複雑にすることは太陽紫外(紫外線)光線が皮および目で加えることができる損傷からの私達の保護を腐食させたオゾン層の枯渇である。

目の疲労: 現代伝染病

目の健康のこの険悪な攻撃はより早い年齢で今、ように長期の若い子どもだましの手持ち型のビデオ ゲーム始まる。 小さいスクリーンに使われた焦点を合わせる時間は球をする時間か健康、よい体調で目筋肉を保つ熟視の方向と視覚調節の変更を要求する他の活動から取り除く。

目の疲労、かasthenopiaは、目の弱さ、目の刺激および悪い調節を含む複数の徴候によって特徴付けられる目状態である。 Jowell G.ボリバル、PhD科学者は、Fuji Health Science、Inc.からの、生命 延長雑誌を 言う、 「調節異なった間隔にである焦点の目的への目の屈折する力の変更」。は 調節とこのプロセスが余りにも遅いと起こり関連付けられるほとんどの視覚問題は、すぐに異なった間隔で目的に焦点を合わせるには機能を減少する。

目の疲労の他の徴候は、悪い深度感覚まぶしく光るために感受性および4から7時間を過ごしている個人のための夜までの朝から、特に毎日悪化するまたはより多くのVDTを見ることかもしれない他の視覚徴候含む。 このタイプの延長された近い仕事は近い仕事から間隔の視野に楽に移る目の調節、か機能を妨げる。 VDTの使用の長時間はレンズの屈折を制御する目のciliaryボディとして知られている構造の性能に影響を与えるかもしれない。1,2

カメラのレンズが近くか遠い目的に焦点を合わせるために合わせることができると同時に多くは目のciliaryボディ私達が同じをすることを可能にする。 ciliaryボディ内のciliary筋肉は緩むとき、レンズを平らにし、私達により広い、全景を与える。 ciliary筋肉が引き締まるとき、レンズは凸になり、近い目的の私達の焦点を狭くする。 私達の腕および足筋肉が重い試しから疲れるように、ciliary筋肉は滞在長い間引き締まるように近い目的に焦点を合わせることの長期がいつ要求するか疲れさせるようになる。

アスタキサンチンは眼精疲労を減らす

人間のボランティアの十分制御の試験の結果はカロチノイドの酸化防止アスタキサンチンがasthenopiaとして技術的に知られている眼精疲労を防ぐのを助けることができることを提案する。

証拠は札幌で先生がShigeaki Onoおよび彼の同僚行う日本の臨床調査から主として来る。 、ポールS. Bernsteinこれらの調査についてコメントして、MD、PhDのソルト・レーク・シティの医科大学院ユタ州立大学の眼科学そして視覚科学のメリーBoesche教授は、 偽薬制御の調査の 生命延長を、「ランダム化される言う、彼の増加した調和的な広さおよび眼精疲労の徴候がアスタキサンチンの補足を」。取った主題で減ったことを彼は示した3,4

アスタキサンチンは眼精疲労を減らす

1か月間日または偽薬ごとの5 mgのアスタキサンチンを受け取るために任意に割り当てられた26人のVDTの労働者の調査ではアスタキサンチンを受け取った人は調節の能力でどの患者がアスタキサンチンに割り当てられたか患者もそれらを評価している研究者も知っていなかったのに、目の疲労の不平および客観的な改善の54%の減少があった。5

十分に興味深いことに、アスタキサンチンのグループだけ主観的な徴候の重要な減少を示した。 5 mgのアスタキサンチンの処置の4週後で、調節の力はかなり改善された。 一方では、偽薬は重要な相違を示さなかった。

他の調査3,6は 調節の収縮の時間に対するアスタキサンチンの異なった線量の効果を見た。 肯定的な調節は間隔の視野からクローズアップか近い視野に焦点を変えるためにciliary筋肉が十分に引き締まることができるように必要な時間を示す。 より短い調節の収縮の時間はより少ない眼精疲労およびよりよい目の健康を示す。

asthenopiaおよび肯定的な調節の減少の重要な改善は4 mgおよび12のmgのアスタキサンチンのグループのために行われた。 調節の収縮の時間は処置の前のそれと比較された4 mgおよび12のmgのグループでかなり短くされた。3,6

同じような調査では、3つは だれがアスタキサンチンを取ったか、4週間12のmg /dayを、持っていた重要な改善を自ら申し出る肯定的な調節で。 それにある特定の6 mgのアスタキサンチン視覚間隔のすばらしい範囲上の焦点を転換できたことを意味する改善された調節の広さのための傾向があった。

私達が近い間隔で明るいライトおよび視覚刺激の私達の目を衝撃する私達のコンピュータであくせく働くので自然な結果は調節の収縮の時間が増加することであり、目の疲労をもたらす。 アスタキサンチンとの補足がその増加 一部を防いだことを非常に、他の日本の調査7,8は示した。 よりよい、6否定的な調節の増加を防ぐためにまた助けられるmgのアスタキサンチンを毎日または近い仕事からのずっと間隔の視野に焦点を移すために必要な時間に取る。3,7,8

アスタキサンチン

同様に設計されていた、二重盲目の、よく制御された調査は高められた調節力および目の疲労の徴候がアスタキサンチンがあった健康なボランティアで減ったことこの補足を受け取らなかった人と比較された4週間6つのmg /dayを示した。 Reassuringly、研究者はまた実験室試験および他の監視に基づいて、「アスタキサンチン全く安全であるために」。が確認されたことを結論を出した4

これらの調査結果はアスタキサンチンが視覚仕事によって引き起こされる目の疲労のより速い回復を可能にする目の疲労を減らすのを助けるかもしれないことを提案する。 アスタキサンチンは処置の利点よりもむしろ防止を提案する目の疲労の処理に対して引き起こされた目の疲労を減少させる。 アスタキサンチン扱われたグループは重い視覚刺激の後で制御グループよりもっとすぐに回復できた。

運動選手のボランティアの調査はことを深度感覚および重大な明滅の融合のアスタキサンチンの補足との46%によって改善された視力の客観的な測定6つのmg /day示した。 さらに、練習関連の筋肉けいれんおよび疲労に普通貢献する筋肉の乳酸の集結はアスタキサンチンを取った1,200メートルのランナーでかなり減った。 これらの結果はアスタキサンチンがスポーツの性能を高めるかもしれないことを提案する。9

2つの調査10,11は アスタキサンチンの補足が目の疲労を戦うかもしれない可能なメカニズムの1つのライトを取除くのを助けた。 制御主題と比較されて、それはある特定の6 mgのアスタキサンチン毎日ずっと目の背部に達する視覚情報を送信すると可能性としてはciliary筋肉への血の流れを改善している専門にされた層である網膜の小さい血管。

従って、目の疲労またはasthenopiaの調節の軽減に加えて、アスタキサンチンの補足はまた網膜の血の流れを改善する。 より多くの血がciliaryボディに達し、ciliary筋肉に滋養物を提供することは網膜の毛管容器で測定される観察された血の流れの改善を与えられて本当らしい。

これまでのところ、日本3-7,11の6人の独立した眼科の施設が遂行した人間のボランティアの 試験は 示し、アスタキサンチンが調節のことを目筋肉苛立ちを減らし改良によって効果的に眼精疲労を減らしたことを、網膜および発火を減らすことへのより速く、刺激的な血の流れを回復することをciliaryボディを許可する。4 週間6 mgの12アスタキサンチンの補足は疲労、痛み、乾燥およびぼやけた視野と関連付けられた徴候を改善した。

必要がある何を知る: アスタキサンチン
  • アスタキサンチンはそれを消費しているイセエビおよび他の海洋生物を 赤味がかった色相与える 藻H.のpluvialisで自然に見つけられるカロチノイドのキサントフィルである。

  • 多数の臨床調査は減らす、またはクローズアップからの長距離の視野に焦点を逆の場合も同じことを移す機能アスタキサンチンが調節の改良によって眼精疲労および目の疲労をことを示した。

  • 眼精疲労の減少のアスタキサンチンの行為のメカニズムはciliary筋肉制御の調節への改善された血の流れ、また炎症抑制および酸化防止効果を含むかもしれない。

  • アスタキサンチンの独特な構造はそれがの外の酸化傷害を減らすために効率的にそして細胞内の遊離基を引っ掛けることができる細胞膜の両方の層に及ぶようにする。

  • アスタキサンチンのこれらの健康的な効果はまた骨格および心筋、皮および腎臓の心循環器疾患に、癌、糖尿病、潰瘍の病気、ウェイト・コントロールおよび全面的な健康適用するかもしれない。

  • 調査は6 mgのアスタキサンチンの日刊新聞が、ルテインおよびゼアキサンチンを伴って、目の健康の促進を助けることができることを提案する。 悪影響は注意されないし、アスタキサンチンは考えられた「全く安全」。

  • 視覚機能の利点のために、持久力の練習およびウェイト・コントロール、アスタキサンチンの補足はスポーツの性能を高めるかもしれない。

アスタキサンチンは遊離基の損傷から保護する

栄養物に敏感な個人は長くにんじんが視覚問題を防ぐのを助けるかもしれないベータ カロチンで豊富であるので、よりよい視力のためのにんじんを食べてしまった。 但し、ベータ カロチンおよび他のカロチノイドの大いにより豊富な源は発見された。

アスタキサンチンはmicroalgaのHaematococcusのpluvialisでキサントフィルとして知られている植物の混合物のクラスの酸化されたカロチノイド、自然に 見つけたである12は この藻淡水の石のプールから北極海まで及ぶ水域で広く豊富である。 ピンクおよび赤い着色されるサケ、エビ、イセエビおよび他の海洋生物はアスタキサンチンの食事療法の金持ちに彼らの色相を負う。13

アスタキサンチンは遊離基の損傷から保護する

藻は強いライト--にさらされる水で繁栄する。 日光の紫外放射は日焼けに終ってDNAおよび他の重大な細胞構造を損なう遊離基また更に人間の皮膚癌を発生させる。 しかしアスタキサンチンの酸化防止活動への感謝、12,14は 紫外線損傷からこのカロチノイドを含んでいる藻保護され、直接日光で活気づくようにそれらがする。

アスタキサンチンの視覚利点のメカニズムは不確かであるが、すべてのカロチノイドは優秀な酸化防止剤である、従って酸化防止容量はメカニズムの部分であるかもしれない。 Bernsteinノートの先生は、「ciliaryボディ調節にかかわる筋肉でありそれがカロチノイドが豊富なティッシュ」。であることを私の実験室の研究は示した

アスタキサンチンの酸化防止活動への研究は行為のメカニズムがビタミンEのそれに補足であるかもしれないことを目の健康でまた重要であるどれが年齢関連の黄斑の退化から保護を助けるかもしれない別の一種の酸化防止剤示し。傷害 の紫外線または他のタイプによる15遊離基の損傷は電子として知られている亜原子の、負荷電の粒子の広がりを含む。 アスタキサンチンは電子を容易に受け入れることができる遊離基を吸収し、組織の損傷の連鎖反応を停止する化合物である。16

ビタミンEおよびアスタキサンチンは」。非常に重要であることができる遊離基を掃除する異なった反作用のメカニズムがあるようである アナ マルチネーゼ、Instituto de Investigaciones en Materiales、Universidad Nacional Autonomaa de Mexicooの科学者先生は、生命 延長を言う、 「私達は複数の物質を調査し、ビタミンEが電子提供者容量に関して最もよいantiradicalである、電子アクセプター容量に関して最もよいantiradicalアスタキサンチン」。であることが分り このメカニズムは科学者が避ける目の疲労に於いてのアスタキサンチンの潜在的な役割を理解するのをよりよく助けるかもしれない。

アスタキサンチンは非常に脂肪質のsolubleであるので、細胞機能に健康を一般に注目して極めて重要である細胞膜のための類縁があり。 これらの膜は脂質か脂肪で主として細胞の周囲のまわりの二重層で整理される構成される従って頻繁にbilipidの膜と言われる。 ビタミンEと比較されて、アスタキサンチンに脂質の構造内のずっとより大きい酸化防止活動がある。17

独特な保護能力の点ではよりよい、中そして外でさらし両方の位置の攻撃の遊離基--に細胞の両方をアスタキサンチンが二重層の細胞膜の厚さに及ぶ部分とことであり、よりよい細胞保護をできる。 アスタキサンチンのこのオリエンテーションはまた細胞膜の安定を助ける。18

細胞膜に及ぶことによって、アスタキサンチンはまた主に水溶性の酸化防止剤によって更に中和することができる細胞の地域を水含んでいることに引っ掛けられた遊離基を運ぶ橋として作用できる。 アスタキサンチンと対照をなして、ベータ カロチンはbilipidの膜の内にだけあり、ビタミンCはbilipidの膜の外の細胞の表面にだけ、ある。17

視野のためのキサントフィルの他の利点

眼精疲労に対する効果に加えて、キサントフィルは激流の形成および西洋文明の55年齢にわたる人々のための 法的盲目の一流の原因である年齢関連の黄斑の退化、13,14のより危険度が低いに直接つながってしまった。

年齢関連の黄斑の退化は特にmaculaが読書のような仕事のための詳しい中心視を可能にする網膜内の小さいであるので、専門にされた点不具になっている。

視野のためのキサントフィルの他の利点
イメージのためにここにかちりと鳴らしなさい

実験動物の実験はアスタキサンチンの助けの炎症抑制の効果が視覚損失に貢献する血管の変更を防ぐことを年齢関連の黄斑の退化19に起因する提案し、 uveitisとして知られている目の発火の形態の軽減を助ける。20,21 uveitisで、動物実検は線量の範囲のアスタキサンチンにステロイドのprednisoloneと同じ炎症抑制の行為があったことを、示した一酸化窒素のシンターゼ、プロスタグランジンE2、およびTNFアルファのような発火のマーカーの減らされたレベルに終って。21の 他の減らされたbiomarkersは細胞浸潤および蛋白質の集結だった。

最近の研究22は 示し、ベータ カロチンと比較されて、キサントフィルが二度(アスタキサンチン、ゼアキサンチンおよびルテインのような)同様に本当らしい網膜の細胞によってことを発火および紫外線関連および他の遊離基の損傷の下にある年齢関連の黄斑の退化から保護するかもしれない網膜のmaculaのキサントフィルの優先蓄積を許可するとられるために。

アスタキサンチンが実際に年齢関連の 黄斑の退化の初期にある患者の視覚機能を改善できることをイタリアの調査23は示した。

この調査では1年間酸化防止補足の日刊新聞を受け取るか、または補足を受け取らないために、年齢関連の黄斑の退化からの視力の穏やかな変更を持つ27人の患者は任意に割り当てられた。 4 mgのアスタキサンチンに加えて、補足は10 mgのルテイン、1 mgのゼアキサンチン、180 mgのビタミンC、30をmgビタミンE、22.5 mg亜鉛、および1 mgの銅含んでいた。

患者は視覚機能の、6か月のそして調査の登録の後の1年の洗練された、客観的なテストである網膜電位図を持っていた。 非常に、中心視の、しかしない周辺視野の非常に重要な改善はキサントフィルを含んでいる酸化防止補足を受け取ったがない補足を取らなかったそれらの患者の両方の時間ポイントで、見られた患者の。23は 中心視、22を上記されているように供給するmaculaのキサントフィルの優先蓄積とこれよく 対応する。

アスタキサンチンの他の医療補助

上で論議されるように、アスタキサンチンはciliary筋肉に血の流れの改善によって眼精疲労を減らすことができる。 アスタキサンチンの全面的な医療補助は血の流量特性の変更によって循環を改善する機能であるかもしれない。 彼らの五十年代の10の健康な人の調査では、10日間6 mgのアスタキサンチンの日刊新聞を受け取った人はアスタキサンチンを取らなかった人よりかなり速い血の流れがあり、そこに悪影響だった。11

従って、目の健康のためのアスタキサンチンの利点はいろいろな方法で心血管の健康に対するアスタキサンチンの保護効果を反映する。14の 動物実検は示しアスタキサンチンが高血圧を下げ、打撃を防ぎ、痴呆の管の形態から保護し、管の変更およびアテローム性動脈硬化を防ぐのを助けるかもしれないことを高血圧と異常な脂質のプロフィールに起因する。12,14,24-27

アスタキサンチンはciliary筋肉の発火の減少によって眼精疲労を戦うように、骨格筋と心筋に対する同じような炎症抑制および酸化防止保護効果をもたらすようである。 研究は彼らの食事療法のアスタキサンチンがあったマウスがgastrocnemius (子牛筋肉)と中心でトレッドミルの精力的な練習によって、与えられた酸化損害から保護されたことを示した。28

これらの調査結果はアスタキサンチンがマウスの骨格筋そして中心に全く吸収され、運ばれることを示す。 この仕事は酸化代謝物質の多数の形態を減少させるアスタキサンチンの能力を示した。

アスタキサンチンの補足はまたまたかなり脂肪質の蓄積を減らした脂肪酸の利用を高めることによってマウスの水泳の持久力を改善した。29は 同じ研究者によるそれに続く調査肥満のマウスで「アスタキサンチン肥満の可能性および豊かな社会の新陳代謝シンドロームの減少の価値」。がことをであるかもしれないことを提案する高脂肪の食事療法に、アスタキサンチンの補足体重の禁じられた増加および脂肪質のおよび減らされたトリグリセリドおよび総コレステロール与えたことを示した30

アスタキサンチンはプロスタグランジンE2、cyclooxygenase-2、TNFアルファおよびinterleukin1betaを含む発火そして遊離基の損傷の多数のマーカーに対する広範囲に及ぶ効果を、もたらす。31-33 このような理由で有効な炎症抑制および酸化防止活動、アスタキサンチンはHelicobacterの幽門を搭載する細菌感染と関連している35,36および消化性潰瘍 心臓病 21癌を含むいろいろ 慢性疾患のための希望を、34糖尿病関連の腎臓病 提供するかもしれない。37-39 調査は皮の出現のアスタキサンチンの補足の化粧品の利点を示した。40,41 アスタキサンチンは他では発火のローカル場所を永続させるproinflammatory応答の減少によって働くようである。

予備的証拠のアスタキサンチンの補足が糖尿病の区域で有望かもしれないことを提案考慮している重量 35,42管理、30 および高血圧、12のために、 24-26人の科学者は防止のためのアスタキサンチンの潜在的な新陳代謝シンドロームと関連している使用および条件の処置の付加的な研究を。

目の健康のための利点を越えて、アスタキサンチンはこうして物理的な持久力を高め、筋肉損傷を減らし、皮の湿気および伸縮性のような皮の健康変数を改善し、Helicobacterの幽門を搭載する伝染そして発火の後押しし、体脂肪の利用を高めることによって練習を伴って減少 によって支え、 腎臓の健康を減量を胃の健康を支えるのを助けるかもしれない重要な栄養素のようである。 視覚機能を、持久力の練習改善する機能のためにおよびウェイト・コントロール、アスタキサンチンの補足はスポーツの性能を高めるかもしれない。9

実用的な考察

だけでなく、アスタキサンチンの補足はまた目の疲労、それの徴候を取り除くために持っている視覚機能と全面的な健康、酸化防止および炎症抑制の効果のおかげでのための他の潜在的な利点を示されていた。

実用的な考察

独特な構造および生理学特性のために、アスタキサンチンに目の健康を促進する機能を高める他の酸化防止剤およびキサントフィルとともに働く潜在性がある。 科学者は他のカロチノイドが、ルテインおよびゼアキサンチンのような、眼精疲労の徴候に対する同じようで有利な効果をもたらすかもしれないことを信じる。

ルテイン、ゼアキサンチンおよびアスタキサンチンすべてのようなキサントフィルは血および目頭脳の障壁を交差させる機能のために目の健康に有用である。 ルテインおよびゼアキサンチンの助けはカラー ビジョンにかかわるmaculaの網膜の錐体細胞に集中させてゼアキサンチンが網膜へのライト仲介された遊離基の損傷、および白黒視野にかかわる桿体細胞の網膜の周囲のルテインを防ぐ。 アスタキサンチンは、一方では、ciliaryボディ機能の改善に貢献するかもしれない目のアイリスciliary筋肉に集中する。 さらに、アスタキサンチンはルテインおよびゼアキサンチンより強い酸化防止剤であるために示されていた。

アスタキサンチンはこうして既に食事療法と栄養の補足で見つけられるルテインおよびゼアキサンチンを補足する最適の選択およびそれが目関連の酸化圧力の管理の目の心配の補足のための最初の選択べきであると同時に現れている。 現在の人間の臨床テストは2-44のmg /dayが観察された悪影響を示さなかったことを確立した。 これまでに臨床試験では、4から12 mgの日刊新聞の線量は明白な悪影響なしで眼精疲労の徴候のために有効ようである。9 早い研究はアスタキサンチンの心血管の医療補助が4つのmg /day低い線量で始まるかもしれないことを提案する。43 栄養素の変えられた利点を捕獲するために、多くの従業者はアスタキサンチンの少なくとも6つのmg /dayを推薦する。

この記事の科学的なコンテンツの質問があったら、1-800-226-2370で生命延長健康の顧問を呼びなさい。

参照

1. エバンズBJW。 Pickwellの双眼視の変則。 調査および処置。 第3 ED。 オックスフォード、イギリス: バッタワースHeinemann; 1997.

2. Rutstein RP、Daum KM。 双眼視の変則: 診断および処置。 セントルイス、MO: Mosby; 1997.

3. で利用できる: http://sciencelinks.jp/j-east/article/200512/000020051205A0483229。 php. 2008年10月27日アクセスされる。

4. で利用できる: http://sciencelinks.jp/j-east/article/200514/000020051405A0586947.php。 2008年10月27日アクセスされる。

5. で利用できる: http://sciencelinks.jp/j-east/article/200301/000020030102A0904519.php。 2008年10月27日アクセスされる。

6. で利用できる: http://sciencelinks.jp/j-east/article/200416/000020041604A0504990.php。 2008年10月27日アクセスされる。

7. で利用できる: http://sciencelinks.jp/j-east/article/200616/000020061606A0502419.php。 2008年10月27日アクセスされる。

8. で利用できる: http://sciencelinks.jp/j-east/article/200510/000020051005A0392808.php。 2008年10月27日アクセスされる。

9. で利用できる: http://sciencelinks.jp/j-east/article/200223/000020022302A0862853.php。 2008年10月27日アクセスされる。

10. で利用できる: http://sciencelinks.jp/j-east/article/200512/000020051205A0483228.php。 2008年10月27日アクセスされる。

11. Miyawaki H、Takahashi J、Tsukahara H、人の血液のレオロジーに対するアスタキサンチンのTakehara I. Effects。 J Clin Biochem Nutr。 9月2008日; 43(2): 69-74。

12. フセインG、Sankawa U、主力のH、松本K、渡辺H. Astaxanthinの人間の健康および栄養物の潜在性のカロチノイド。 JのNat.突き棒。 3月2006日; 69(3): 443-9。

13. Bhosale P、Bernstein PS。 微生物キサントフィル。 Appl Microbio Biotechnol。 9月2005日; 68(4): 445-55。

14. Pashkow FJ、Watumull DGのキャンベルCL。 アスタキサンチン: 酸化圧力のための新しく潜在的な処置および心循環器疾患の発火。 AM J Cardiol。 5月2008日22日; 101 (10A): 58D-68D.

15. Fletcher AE、BenthamのGC、Agnew M、等日光露出、酸化防止剤および年齢関連の黄斑の退化。 アーチOphthalmol。 10月2008日; 126(10): 1396-403。

16. カロチノイドのためのマルチネーゼA、ロドリゲスGirones MA、Barbosa A、Costas M. Donatorのアクセプターの地図、melatoninおよびビタミン。 J Phys Chem A. 9月2008日25日; 112(38): 9037-42。

17. 主力のS、Kogure K、Abe K、等表面の有効で根本的な装飾および内部はリン脂質の膜カロチノイドのアスタキサンチンの非常に有効なantiperoxidative活動に責任がある。 Biochim Biophysのアクタ。 6月2001日6日; 1512(2): 251-8。

18. McNulty HP、Byun J、Lockwood SF、ヤコブRFの石大工RP。 膜の相互作用による脂質の過酸化反応に対するカロチノイドの差動効果: X線回折の分析。 Biochim Biophysのアクタ。 1月2007日; 1768(1): 167-74。

19. Izumi-Nagai K、Nagai N、炎症抑制のカロチノイドのアスタキサンチンとのchoroidal neovascularizationのOhgami Kの等阻止。 Ophthalmolの気力Sciを投資しなさい。 4月2008日; 49(4): 1679-85。

20. Suzuki Y、Ohgami K、Shiratori Kの等NFkappaBシグナリング細道の禁止によるラットの内毒素誘発のuveitisに対するアスタキサンチンの抑制の効果。 Exp.はResを注目する。 2月2006日; 82(2): 275-81。

21. Ohgami K、Shiratori K、Kotake S、等lipopolysaccharide誘発の発火に対するアスタキサンチンの効果生体外でそして生体内で。 Ophthalmolの気力Sciを投資しなさい。 6月2003日; 44(6): 2694-701。

22. Aの間、Doraiswamy S、ハリスンEH。 キサントフィルは優先的にSRBI依存したメカニズムによって網膜の細胞によってベータ カロチンと比較されてとられる。 Jの脂質Res。 8月2008日; 49(8): 1715-24。

23. Parisi V、Tedeschi M、Gallinaro G、等年齢関連のmaculopathyイタリアの調査のカロチノイドおよび酸化防止剤: 1年後のmultifocal網膜電位図の修正。 眼科学。 2月2008日; 115(2): 324-33。

24. アスタキサンチンの行為のフセインG、主力のH、Oda S、等抗高血圧薬の潜在性およびメカニズム: II。 自発的に高血圧のラットの管の反応そしてhemorheology。 Biol Pharm Bull。 6月2005日; 28(6): 967-71。

25. アスタキサンチンの行為のフセインG、主力のH、Oda S、等抗高血圧薬の潜在性およびメカニズム: III。 自発的に高血圧のラットの酸化防止および病理組織学的な効果。 Biol Pharm Bull。 4月2006日; 29(4): 684-8。

26. フセインG、Nakamura M、肇Q、等実験動物のアスタキサンチンの抗高血圧薬およびneuroprotective効果。 Biol Pharm Bull。 1月2005日; 28(1): 47-52。

27. 李W、Hellsten A、Jacobsson LS、等アルファ トコフェロールおよびアスタキサンチンはhyperlipidaemicウサギのatheromaの大食細胞の浸潤、apoptosisおよび脆弱性を減らす。 Jの細胞MolのCardiol。 11月2004日; 37(5): 969-78。

28. Aoi W、Naito Y、Sakuma Kの等アスタキサンチンはマウスの練習誘発の骨格および心臓筋肉損傷を限る。 Antioxidの酸化還元反応は信号を送る。 2月2003日; 5(1): 139-44。

29. Ikeuchi M、Koyama T、Takahashi J、マウスの練習誘発の疲労に対するアスタキサンチンの補足のYazawa K. Effects。 Biol Pharm Bull。 10月2006日; 29(10): 2106-10。

30. Ikeuchi M、Koyama T、Takahashi J、肥満のマウスのアスタキサンチンのYazawa K. Effectsは高脂肪の食事療法に与えた。 Biosci Biotechnol Biochem。 4月2007日; 71(4): 893-9。

31. deヴィエラMEのShapiroのRA、Nussler AKの等cytokinesによる人間の誘引可能な一酸化窒素のシンターゼ(NOS2)の遺伝子のTranscriptional規則: 人間NOS2促進者の初期解析。 Proc国民のAcad Sci米国。 2月1996日6日; 93(3): 1054-9。

32. マカロフSS。 慢性の発火の治療上のターゲットとしてNFkappaB: 最近の前進。 今日MolのMed。 11月2000日; 6(11): 441-8。

33. リーSJ、Bai SK、リーKSの等アスタキサンチンはI (Κ) Bのキナーゼ依存したNFkappaB活発化の抑制によって一酸化窒素の生産および炎症性遺伝子発現を禁じる。 細胞Molの。 8月2003日31日; 16(1): 97-105。

34. Santocono M、Zurria M、Berrettini M、Fedeli D、Falcioni G. Lutein、ゼアキサンチンおよびアスタキサンチンはSK-N-SHの反応窒素種によって引き起こされる人間のneuroblastomaの細胞のDNAの損傷から保護する。 J Photochem Photobiol B. 7月2007日27日; 88(1): 1-10。

35. Naito Y、Uchiyama K、糖尿病性db/dbのマウスのアスタキサンチンとの処置による糖尿病性のネフロパシーのAoi Wの等防止。 Biofactors。 2004;20(1):49-59.

36. Manabe E、Handa O、Naito Yの等アスタキサンチンはhyperglycemia誘発の酸化シグナリングからmesangial細胞を保護する。 Jの細胞Biochem。 4月2008日15日; 103(6): 1925-37年。

37. Bennedsen M、Wang X、Willen R、Wadstrom T、Andersen LP。 酸化防止アスタキサンチンを持つH.の幽門によって感染させるマウスの処置は胃の発火、細菌の負荷を減らし、splenocytesによってcytokine解放を調整する。 Immunol Lett。 12月1999日1日; 70(3): 185-9。

38. Kupcinskas L、Lafolie P、Helicobacterの幽門の伝染の有無にかかわらず患者の機能消化不良の処置の自然な酸化防止アスタキサンチンのLignell Aの等効力: 将来の、ランダム化された、二重ブラインドおよび偽薬制御の調査。 Phytomedicine。 6月2008日; 15 (6-7): 391-9。

39. WangはX、Willen R、Wadstrom T.のアスタキサンチンが豊富な藻類の食事およびビタミンC BALB/cAのマウスのHelicobacterの幽門の伝染を禁じる。 Antimicrobの代理店Chemother。 9月2000日; 44(9): 2452-7。

40. 人間の皮のアスタキサンチンそしてtocotrienolを含むサプリメントのYamashita E. Cosmeticの利点。 食糧様式。 2002;21(6):112-7.

41. Yamashita E。 皮膚の病気に対するアスタキサンチンを含んでいるサプリメントの効果。 カロチノイドSci。 2006;10:91-5.

42. Uchiyama K、Naito Y、長谷川Gの等アスタキサンチンは糖尿病性db/dbのマウスのブドウ糖の毒性からベータ細胞を保護する。 酸化還元反応Rep。 2002年; 7(5): 290-3。

43. Guerin M、Huntley私のOlaizola M. Haematococcusのアスタキサンチン: 人間の健康および栄養物のための適用。 傾向Biotechnol。 5月2003日; 21(5): 210-6。