生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長雑誌

生命延長雑誌2009年12月
私達がそれを見るように

そう多くの不必要な蟹座の死


ウィリアムFaloon著
ウィリアムFaloon
ウィリアムFaloon

蟹座は1,500人の アメリカ人を 毎日殺す。1

これらの死を防ぎか、 または 少なくとも延期する方法を知っていたら何か。 あなた自身にこの情報を保つでしようか。

生命Extension® の私達は ほぼ30年間このジレンマと 苦闘した。

私達の健康の顧問は癌と打たれるそれらから多数の呼出しを受け取る。 余りにも多くの例では、これらの患者は既に 慣習的な 療法を失敗し、代替的アプローチを追求する。 これらの患者だけ私達に先に連絡したら、私達は1回目の治療効果がある処置の彼らのチャンスを改善するために指導を提供したかもしれない。

敵意が高度の段階に達するとき、治りにくい。 それは有毒で慣習的な療法への露出の間に、殺されない癌細胞がそれらを絶滅に対して 非常に 抵抗力があるようにする突然変異を経るかもしれないのである。

私は末期の病気のコースを 逆転させた ある驚くべき処置を論議しようと思っている。 しかし私はSomersが最近啓発するためにしているスザンヌ およびどんな 生命 Extension®再発 および転移の彼らの危険を減らすと考慮するべきであるクリティカル ステップについての癌患者を 診断したか 最初に言わなければならない。

致命的な無感動

今日の医学の腫瘍学者は多くの死亡証明書に署名したり、けれども処置が失敗しているという事実を気にとめない ようである

スザンヌSomers
スザンヌSomers

悲しげに、少数の腫瘍学者は安全 および 効力が同業者審査された医学文献で 文書化される創造的な複数の形態上の処置を実行する。

私は 患者を扱うとき現状の死亡率の統計量を受け入れない他の専門家および 腫瘍学者 を使用するために特権を与えられた。 これらの専門家は学術雑誌に無感情な腫瘍学者が考慮するのに時間をかけないこと新しい処置の覆いを取るために掘り下げる。

生命 Extension®が私達の メンバーと長くこの人命救助データを共有する間、癌に失われる人命の数は上向きに螺線形になり続ける。 現在の傾向が続けば、癌は2010年に一流の死因であるかもしれない。 従って癌患者の大きい数に人命救助の発見を広める効率的な方法は何であるか。

スザンヌSomersは蟹座の確立の失敗を露出する

今年初めに、スザンヌ Somers女優は 彼女が書くために強いられて感じた新刊書についての私を電話した。 彼女は伝染と入院したが、彼女が即時の化学療法を要求したmetastatic乳癌 に苦しんだことを 彼女の医者は彼女に 言った。

彼女の医者信じられたスザンヌをそれら投げ出そう彼女の体 有毒なchemoの薬剤を持っていた。 彼女はそれから免疫の減損、悪心、毛損失、emaciation、等のような癌の化学療法と関連付けられた古典的な印/徴候を表示する。

彼女が戦いに彼女の免疫組織を要求した伝染に苦しんだので可能だったスザンヌが化学療法誘発の複雑化がもとで死んだら、彼女の医者は彼女がmetastatic乳癌で死んだことを宣言しよう。 スザンヌはこうすればが癌の確立のせいで他によってが死ぬか何疑問に思った。

スザンヌSomersは蟹座の確立の失敗を露出する

これの真相を突きとめるためには、スザンヌは癌の確立を戦う戦線にあった医者に手を差し伸べた。 スザンヌはそう彼女は世界--にこれらの残虐行為をさらすことを誓ったことを彼女が慣習的な薬の総体の無能力について学んだものによって愕然とした。

私はスザンヌがノックアウト(王冠2009年)と よばれる彼女の 新刊書に生命Extension®の最新の前衛癌の 発見 のいくつかを組み込んだので感激させる。 この雑誌の読者に限られるこの人生の控え目な情報の代りにスザンヌは世界中で数千万の癌患者の手にこの重大なデータを得ている。

スザンヌの新刊書に含まれている情報の質の例は癌患者が外科の前に作る必要がある重大な決定を論議する今月の問題の記事で 見つける ことができる。 私達が細かいところまで詳しく述べると同時に、外科前になされる 右の 選択は劇的にローカル 再発 および遠い転移の危険を減らすことができる。

簡単な方法は多くの生命を救うことができる

結腸癌は 55,000人の アメリカ人を 毎年殺す。2 最もこれらの死の不必要で であって下さい

外科の直後に取られたとき、薬剤の利用できる店頭呼ばれた シメチジンは 転移する結腸癌の細胞 の機能を 切るちょうど アスピリンの人命救助の利点が長年 に渡る 心臓学医によって見落されたので3-7、従ってシメチジンの抗癌性の 効果は 癌の確立によって無視された。

シメチジンは 免疫があ後押しの 特性が 8-10metastaticコロニーを 確立する血管の壁に— angiogenesis 11を 禁じ、—それ腫瘍の細胞の付着を妨げることができることを証明した。外科 の前におよび/またはの直後にある特定のタイプの結腸癌を持つ患者に管理されたとき3,12,13、10年の存続は ほとんど 三重によって 改良する!14

簡単な方法は多くの生命を救うことができる

生命Extension®は アジェバント癌療法 として 最初に1985のシメチジンを推薦した。 それ以来、出版された科学的な調査の茄多は多くの種類の癌の患者がこの無毒な薬剤を取るとき驚くべき存続の改善を文書化する。14,15 これらの印象的な調査結果にもかかわらず、事実上結腸癌の患者は彼らの腫瘍学者によってシメチジンの800 mgの 毎日 に置かれない。

メラノーマからの 死亡率は 上向きに螺線形になり続ける。1 最もこれらの死のまた不必要で であって下さい。 例えば、最近の調査はCoQ10 (200 mg毎日 2 の有無にかかわらずメラノーマの損害の切除の後で段階1または段階2の病気と患者とアルファ インターフェロンを管理する効果を比較した。 CoQ10によって 補われたグループ 転移 より危険度が低い驚かす 10 時あった!16

この効果はCoQ10によって補われた患者が多分転移を開発する13回の 高度のメラノーマとの それらのために さらにもっと 顕著だった。 アルファ インターフェロンは 患者がそれを中断しなければならないほど厳しい副作用を引き起こすことができる免疫の後押しの薬剤である。 この調査では、CoQ1016 22% だけは 患者を開発した82%取得補足CoQ10と 比較された 副作用を 補った。

補酵素Q10は免疫の増加を含んでいる複数のメカニズムによって遅い腫瘍の成長、( 腫瘍のangiogenesisを促進する血管内皮細胞増殖因子22 17-21抑制、および(癌細胞の伝播を促進する)炎症性マーカー の減少に23-25示されていた。

残念ながら、癌の確立は 病気が最初に診断されるとき初期で始まられたらそう 多くの 生命を救うことができるこれらの有望な発見を無視した。 そういうわけで彼らの医者がしていないことをについてのスザンヌの 新刊書のノックアウトが固まりに教育する癌患者を達するほどは 重大 である。

蟹座の確立の背部を壊すわら

癌はなぜ非常に恐れられていた病気であるか。 裁判官はなぜ今年初めに母を彼女に死ぬ息子の 化学療法 および逃亡者として住むことを試みるように代りに彼女の息子と逃げられた母を与えるように命令したか。 多くの癌患者はなぜそう自殺をよりもむしろ直面する慣習的な療法の苦悶に選ぶか。 癌の確立はなぜ政府が異なった種類の療法を提供する人に対して警察国家の行為を始めるように要求するか。

癌の確立の無感動、無能力および不十分は秘密ではない。 けれども何百万の毎年癌患者のために、それらに少し選択がある。 それらはローカル腫瘍学者によって慣習的な療法を断れば、死ぬこと言われる。 いくつかは、多数ない治る。 」治る未来の病気の危険を高める「頻繁に終生の切断をおよび副作用に苦しむ。

何百もの本は癌を扱うよりよい方法について書かれていた。 これらの本のどれも強固な癌の確立に対して 反乱を始めるために十分な人々の手にこの必須の情報を手に入れることができる著名人によって書かれなかった。

彼女の話題の状態および独特な機能と一緒に 伴われるスザンヌの 新刊書のノックアウトで示される科学的なデータは公衆ちょうどに関連するすべての癌患者が扱われる方法で起こることを意味を持った改良が 可能にする 十分であるかもしれない。

既に人についての何壊れる外科、Chemo、等を持っていたか。

私がこの記事の始めに示したように、すべては不適当で慣習的な療法が管理されても失われない。 生命延長Foundation® および インターナショナルの戦略的な蟹座の同盟は 「箱の外で」考えなさい 腫瘍学者と関連付けるために名誉を与えられる 主流が要求をである「ターミナル」。治療する人を扱うとき

今年初めに、私達が(アーノルド スミス、MD)私と呼ばれるを半狂乱に使用する進歩的な腫瘍学者の1つは刺激した。 私達は高度段階の肺癌の コースの逆転 の先生の成功についてのスミス 生命 延長Magazine®の 記事を特色にした。 高度のmetastatic肝臓癌に苦しんでいる生命Extension®のメンバーは先生に連絡したスミス。 この患者が既にすべての慣習的な 療法を 失敗してしまったのに、スミス先生は免疫があ後押しの薬剤の個性化された線量と共に私達の癌治療の議定書を、利用する広範囲プログラムを設計して喜んでinterleukin -2だった。

この患者は3,800 ng/mLのCEAの血の読書 と示した。 CEAはcarcinoembryonic抗原 を意味し、 metastatic肝臓癌のような内臓の敵意を追跡する極めて正確な方法にである。 健康な人々のCEAの読書は4.0 ng/mL以下 普通ある、 従ってこの 患者 で読む3,800は特別に高かった。 事実上皆はこの患者が先頭に立たれた ところである CEAが7,000に達する前に死ぬ。

既に人についての何壊れる外科、Chemo、等を持っていたか。
図1

比較的無毒な 薬物 および栄養素を使用している先生がスミス設計しているこの複数の形態上の処置のアプローチに応じてこの患者のCEAは2週 に付き 978に落ちた。 後で月、それは670に更に 落ちた。 この患者は優秀な健康の感じを報告した。 彼はゴルフをし、普通活発運動し、だった。 慣習的な全身の化学療法と関連付けられた物凄い副作用はなかった。 南カリフォルニアの彼の家に戻るこの患者はフルタイムの仕事に戻ってあり。

この患者は彼の主流の医者によって「ターミナル」発音された。 それらはFDAによって承認されたあらゆる厳しく有毒な療法によって彼を置いた。 これらの慣習的な療法はすべて 失敗した。 ミシシッピーの先生にスミス国家から移動するこの患者の自発性はある特定の死はであるものからの彼に執行猶予を与えた。 それが私達が先生にアーノルド スミス与えた自由な公表のためでなかったら、この人は生きていない!

(右への図1) このページで慣習的な処置が最初に巧妙いかにだった、しかしすぐに上がるか患者のCEA示す。 それから先生の北中部のミシシッピーの地方蟹座の中心でスミス処置に応じて行われた 落ちるCEAのレベルを見る。

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2