生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長雑誌

生命延長雑誌2009年12月
レポート

最先端のコロン サポート: Prebioticsのあなたの免除を後押ししなさい


ジュリアスGoepp著、MD
最先端のコロン サポート倍力Prebioticsのあなたの免除

現代科学は私達の体の免疫組織の大半がある見積もりに従って消化が良いシステム60 70% 1 起きることが分った。 問題はcolonicの消化が良く、免疫機能がボディ中の病気に貢献する年齢と 低下する ことである。

Prebioticsは コロンで増殖するために細菌を免疫があ支えることを助ける栄養素のクラスである。 それらは 医療補助 の広い配列を発生させる免疫機能を最大限に活用するために示されていた。 最先端の臨床研究はそれらがおよび コレステロール値を 下げるために 癌および骨の 損失を戦うのを助ける ことを示す。

Prebioticsの補足物Probiotics

細菌の十億はコロンに居住する。 これらの健康な細菌の多数は 免疫 機能を 高め、Bifidobacteriaおよび乳酸桿菌を含む消化管 を越える 体の部位の 病気を防ぐ。2,3

Probioticsは これらの十億を含んでいるおよび生きている形態の他の「有利な」細菌である サプリメント。 彼らは摂取され、総計で増加し、健康促進の効果を増幅するコロンに結局有利な細菌を分娩する。4,5

Prebioticsの 補足物 probioticsの行為。 それらは 既に コロンに存在している有利な細菌の成長を支える栄養素である。4

科学者は複雑な炭水化物の 分子が前生命の栄養素 の最も有効の の中で ランク付けすることが分った。 これらの炭水化物を合わせる化学結合は目指す酸および酵素の猛攻撃に対して特に抵抗力があり私達が食べる食糧を破壊する。

Prebioticの高度の技術

成長し、前biotics作り出すことの科学はかなりここ十年間進んでしまった。 最適のprebiotic公式は精巧に目盛りを付けられた分子部品を使用して目標とされた効果を作成するために今、カスタマイズすることができる。

Prebioticの高度の技術

最も最近の研究は示しリュウゼツランの植物の繊維に含まれているprebiotic炭水化物は最上に複雑であることを、コロンにそのまま達することをそれらが可能にする。 それらはまたコロンで破壊するために時間がかかる。 実験室調査ではBifidobacteriaおよび乳酸桿菌両方の成長を他のprebiotic混合物より急速 そして 効率的に刺激するために、それらは示されていた。6

十分な臨床証拠は複数の形態上の利点の広いスペクトルのprebioticsの結果と補うことを示す。

免疫サポート

有用な細菌の人口がそのうちに低下すると同時に、腸特定の免除および一般的な免疫組織機能は悪化する。7,8は 伝染および癌を戦う免疫組織の 全面的な 機能 不適当な免疫反応は、余分な発火を含んで、増加するが、衰退する。 prebioticsはボディ中の強力な免疫があ調整の特徴があることをなるそのような広スペクトル消化が良いサポートをまた提供する9。10 それらはまた収拾がつかなくなるとき適切な伝染および癌戦いの免疫機能 、11を後押しし、炎症性応答の抑制を助けてもいい。

強制的な結果は批判的に病気の外傷の患者、余分な発火および深刻な伝染が両方致命的な影響を引き起こす人々の調査から来る。 この調査は複雑な炭水化物および抵抗力がある 繊維 を含む結合されたprebiotic 方式 とprobiotic細菌の組合せを使用した。12は 補われた患者かなり伝染の率を減らし、また最初の事故を存続させる外傷の犠牲者の主要なキラーである悲惨な全身の炎症性応答シンドローム(氏)のより低い率があった。 少数の補われた患者は死に、ICUの滞在はより短かった、制御患者と比較されて。

最適の免疫機能は癌が成長することを防ぐこと 重大である免疫組織が絶えず異常なようである細胞のためのボディを巡回するように。

私達に今強力な証拠がというprebioticsおよびprobioticsの仕事の組合せ免疫があ関連の癌の監視を後押しするある。 fructooligo炭水化物と富んだイヌリンとprobioticsを含む補足は前癌性のcolonicのポリプを持つ患者のグループの血球免疫機能を高めた。13 同じで、補足を取っている結腸癌の患者高めた自然な反発癌物質のインターフェロン ガンマの生産を 調査しなさい。

他の調査は癌細胞自身が保護し、ティッシュに侵入するのに使用する分子の生産を減らしている間prebiotic消費が免疫細胞の癌戦いのレベルを高めたことを明らかにした。14は これらの結果補足がボディ中の抗癌性の免除に影響を与えたので、結腸癌の危険がある状態にそれらのための皆のために重要、だけでなく、である。

高齢者達の衰退の免除はまたインフルエンザ季節的およびH1N1 (「ブタ」使用されるそれらのような貴重なワクチンの有効性を減らす)に対して ことができる。 実験室調査はprebiotic fructoオリゴ糖類の補足が保護cytokinesの生産を高めるおよび病気への露出の後で存続を高めるワクチン接種の効力を高めることができることを示した。 腸に分泌する15そして保護抗体、また血のそれらを著しく組合せのprebioticsそしてprobioticsがあるマウスで増加される。16

アレルギーの病気 および eczemaは また不均衡な免疫反応の結果である。 フィンランドのアレルギー専門医は妊娠の最終的な週の間に彼らの母にprobiotic/prebiotic混合物に防げた与え新生児の補足を続けることによって病気を単に開発するための危険度が高いで幼児のeczemaを。2 非常に、同じような調査は補われた幼児は呼吸の伝染および喘息の少数のエピソードが同様にあったことアレルギー保護効果が処置の終わりを越えて持続したが、 また ことを だけでなく、 示した。17は これらの結果幼児方式にprebioticsおよびprobioticsを含めるために専門家によって呼出しに導いたほど強力である。18

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2