生命延長ばねのクリアランス セール

概要

生命延長雑誌2009年9月
レポート

結腸癌

大腸癌およびadenomatousポリプ2008年の早期発見のためのスクリーニングそして監視: 大腸の蟹座のアメリカの癌協会、米国の複数の社会のタスクフォース、および放射線学のアメリカの大学からの共同指針。

米国では、大腸癌(CRC)はほとんどの共通癌が癌からの人間でおよび女性および第2一流の死因診断した三番目である。 CRCはadenomatousポリプの検出そして取り外しによって主として防ぐことができそれでも集中させて間CRCが診断されるとき存続はかなりよりよい。 2006年から2007年に、大腸の蟹座のアメリカの癌協会、米国の複数の社会のタスクフォース、および放射線学のアメリカの大学はadenomatousポリプの検出およびasymptomatic平均危険の大人のCRCのための一致の指針を開発することを一緒に来た。 従って各構成の指針のこの更新では、スクリーン テストは主に癌を早く検出するおよびおよびまたできるadenomatousポリプを検出癌を早く検出できるpolypectomyによる防止により大きい潜在性を提供するスクリーン テスト分かれるスクリーン テストに。 可能な場合、臨床医は患者をスクリーニングの選択のフル レンジをわかっているようにするべきであるが少くとも患者に主に早い癌検出およびポリプの検出そして取り外しによって早い癌検出および癌防止両方で有効であるスクリーン テストで有効であるスクリーン テスト間の選択を提供するために準備されるべきである。 それは結腸癌の防止がスクリーニングの主要目的べきであることこの3つの組織の強い意見である。

胃腸病学。 5月2008日; 134(5): 1570-95

大腸癌の全身の処置。

大腸癌は四分の一米国のほとんどの共通のnoncutaneous敵意および癌関連の死の2番目に新し頻繁な原因である。 過去の12年にわたって、重要な進歩はこの悪性の状態の全身の処置でなされた。 6つの新しい化学療法の代理店は処置無しで、より少しにより9か月からのおよそ24か月へのmetastatic大腸癌を持つ患者のための増加する中央の全面的な存続導入された。 段階IIIの(リンパ節の陽性)結腸癌を持つ患者のために、フルオロウラシル ベースの化学療法のための全面的な存続の利点はしっかりと確立され、最近のデータはそのようなアジェバント処置プログラムでoxaliplatinの包含のためのそれ以上の効力を示した。 段階IIの結腸癌を持つ患者のために、アジェバント化学療法の使用は議論を呼び続けたり、病気の再発のための高いリスクで個人のサブセットで適切かもしれない。 進行中のランダム化された臨床試験はより小さい調査は新しい代理店を評価しているが、metastatic大腸癌を持つ患者間の生命を延長し、resectable病気とのそれらの中の治療率を高めることの継続的だった進歩の目的と現在利用できる療法を結合する方法を最もよく評価している。

胃腸病学。 5月2008日; 134(5): 1296-310

結腸癌のchemopreventionのためのクルクミン。

癌の疾病率そして死亡率を減らす最も実用的なアプローチはchemopreventive代理店の使用によって発癌のプロセスを遅らせることである。 これはより安全な混合物が、自然な源から得られるchemopreventionのために特にそれら批判的に検査されなければならないこと要する。 インドに共通スパイスおよび周囲の地域は、ウコンのlongaの根茎から得られるウコンである。 いろいろな癌細胞の前臨床調査は、胃、膵臓白血病肝臓、コロン頚部、胸口頭上皮性を、卵巣含んでいることを並べクルクミンが生体外でそして前臨床動物モデルで抗癌性の活動を所有していることを前立腺は一貫して示した。 大腸癌のクルクミンの強い活動は完了する5つの段階I臨床試験をもたらしクルクミンの安全そして許容範囲を大腸の癌患者で示す。 これまでに臨床試験は1日あたりの8,000 mgまで線量を使用して臨床試験の人間のクルクミンの最高によって容認される線量を識別しなかった。 これらの試験の成功は現在患者を登録している段階IIの試験の開発をもたらした。 クルクミンが人間に結腸癌のchemopreventionのために有用であると証明するかもしれないことを圧倒的な生体外の証拠および完了された臨床試験は提案する。 この検討は大腸癌でchemopreventive混合物としてクルクミンの前臨床および臨床証拠を記述することに焦点を合わせる。

蟹座Lett。 10月2007日8日; 255(2): 170-81

癌スクリーニングの試験の大腸のアデノーマの果物と野菜の取入口そして流行。

背景: 果物と野菜の取入口間の連合と大腸のアデノーマの危険の研究は決定的でない。 目的: 私達はフルーツ、野菜、または彼らの小群の取入口が流行する大腸のアデノーマのより危険度が低いのと関連付けられるかどうか調査した。 設計: 前立腺の大腸癌、肺のために、大腸選別され、卵巣癌のスクリーニングの試験(PLCO) (1993-2001年)女性(55-74 y)および人、私達は29,413の制御主題が付いている遠位大きい腸の少なくとも1つの流行する組織学的に確認されたアデノーマと3,057の場合を比較した老化した。 食糧頻度アンケートを使用して、私達はエネルギー調節されたピラミッドservings/d (ps/d)として選別する前に12 moの果物と野菜の取入口の量を示した。 調節された確率の比率(ORs)およびシス形95%は記号論理学退化によって推定された。 結果: 遠位アデノーマの危険は最高(低速対の主題間でかなりより低かったおよそ5.7 ps/d) (総フルーツの取入口のおよそ1.2のps/d) quintiles (または: 0.75; 95% CI: 0.66、0.86、食餌療法のfolateまたは繊維の取入口によって完全に説明されなかった傾向<0.001のためのP)。 アデノーマと合計のフルーツの取入口間の反対連合はアデノーマの組織病理学および多様性にもかかわらず観察された。 但し、保護効果はコロンおよび直腸のアデノーマについてはだけ見られた。 総野菜取入口はアデノーマの減らされた危険とかなり関連付けられなかった。 深緑色の野菜の傾向のためのPが重要ではなかったが、最高の人間の大腸のアデノーマのためのORs対濃い黄色の野菜の低い取入口、深緑色の野菜およびタマネギおよびニンニクはアデノーマのより危険度が低いとかなり関連していた。 結論: フルーツでおよび濃い黄色の野菜、深緑色の野菜およびタマネギおよびニンニク豊富な食事療法は大腸のアデノーマの減らされた危険、大腸癌の前駆物質と適度に関連付けられる。

AM J Clin Nutr。 12月2007日; 86(6): 1754-64

大腸癌のためのクルクミンの新しいメカニズムそして治療上の潜在性。

クルクミンはウコンのlongaから得られるポリフェノールである。 ここ数年にわたって、いくつかの調査は、抗菌chemosensitizing、radiosensitizing、傷の治療の活動を含む主要な病理学の特性の証拠を、抗ウィルス性、antifungical、免疫調節、酸化防止および炎症抑制提供した。 最近のデータは癌のchemopreventionおよび化学療法に対するこの混合物の効果に興味深い洞察力を提供する。 実際、preclinical調査はさまざまなタイプの大腸癌(CRC)を含む癌の発癌を禁じる機能を示した。 クルクミンは容量をの発癌のマルチステップ プロセスに影響を与える多数の分子ターゲットと相互に作用してもらう。 また、クルクミンは細胞周期を阻止して、炎症性応答および酸化圧力を禁じ、癌細胞のapoptosisを引き起こせる。 マーク付きのantiangiogenic特性を所有することを同様に、示した。 なお、クルクミンはcycloオキシゲナーゼ(コックス)の成長の抑制的な効果を- 2つの抑制剤およびCRCの別の有望な療法の養生法の処置を将来関係させる従来の化学療法の代理人増強する。 但し、臨床前進は経口投与の後で短い生物学的半減期および低い生物学的利用能によって妨げられた。 この検討は読者を提供するようにクルクミンの生物学的利用能そしてpharmacokineticsの更新意図され、CRCで抗癌性の潜在性の責任がある最近識別された分子細道を記述する。

食糧MolのNutrのRes。 9月2008日; 52(9): 1040-61

クルクミン、結腸癌の昇進/進行の段階の間の自然発生する炎症抑制の代理店のChemopreventiveの効果。

ウコンのlonga L.および酸化防止および炎症抑制の特性を持っていることの根茎から得られるクルクミンは開始やpostinitiationの段階の間に管理されるとき皮、forestomachおよびコロンの化学的に引き起こされた発癌を禁じる。 この調査はオスF344ラットのコロンの発癌の昇進/進行の段階の間に(遅くpremalignant段階で)管理されるときクルクミンのchemopreventive行為を調査するように設計されていた。 私達はまた腫瘍のapoptosisに対するこの代理店の調整の効果を調査した。 生後5週で、オスF344ラットのグループはクルクミンを含んでいない制御食事療法および0.2%総合的に得られたクルクミン(純度、99.9%)との実験AIN-76Aの食事療法に与えられた。 生後7のそして8週で、発癌物質の処置のために意図されているラットはs.cを与えられた。 1週あたりの体重15のmg/kgのの線量率のazoxymethane (AOM)の注入。 昇進/進行の調査のために予定された動物は第2 AOMの処置の後の14週間AIN-76A制御食事療法を受け取り、次に0.2そして0.6%クルクミンを含んでいる食事療法に転換した。 コロンのPremalignant損害は週14続くAOMの処置によって成長しよう。 それらは発癌物質の処置の後の52週までのそれぞれの食事療法を受け取り続け、次に犠牲になった。 結果は開始の間に0.2%クルクミンのその管理の私達のより早い調査を確認し、postinitiationの期間はかなりコロンのtumorigenesisを禁じた。 さらに、0.2%と昇進/進行の段階の間の食事療法の総合的なクルクミンの0.6%の管理はかなり非侵襲的な腺癌の発生そして多様性を抑制し、また強くコロンの侵略的な腺癌の多様性を禁じた。 コロンの腺癌の阻止は、実際、投薬する扶養家族にあった。 開始およびpostinitiationの段階の間のそしてAOMおよび制御を受け取っているグループのコロンの腫瘍と比べるコロンの腫瘍の昇進/進行の段階によって高められるapoptosis中のラットへのクルクミンの管理は食事療法する。 従って、クルクミンのchemopreventive活動は発癌物質の処置前に、の間に、そしての後で管理されるとき、またコロンの発癌の昇進/進行段階の間にだけ(premalignant段階で遅く始まる)与えられるとき観察される。

蟹座Res。 2月1999日1日; 59(3): 597-601

クルクミンはHCT-116 p21独立した方法の人間の結腸癌の細胞のapoptosisを引き起こす。

果物と野菜で現在の複数の微量栄養は発癌および腫瘍の進行にかかわる分子ターゲットの行為の結果として抗癌性の活動を表わす。 クルクミン、ウコンのlongaの根茎から得られるフェノールのphytochemical neoplastic細胞に対する展示物の癌予防の活動および成長の抑制的な効果両方。 複数の調査はクルクミンが癌細胞拡散を禁じ、p21仲介された細胞周期の阻止によって癌細胞のapoptosisを引き起こすことを報告する。 p21が不十分である癌細胞はまたより傾向があるようにいろいろ細胞毒素の代理店に応じてapoptosisを経るために報告される。 この調査では、私達はHCT-116人間の結腸癌の細胞の文化のクルクミン誘発の細胞毒性がp21状態に依存していたかどうか定めた。 クルクミンはMTTの細胞の実行可能性の試金で測定されるように線量および時間依存の方法の野生タイプHCT-116細胞を、殺した。 さらに、クルクミンによる同等の細胞毒素の効果はクルクミン誘発の細胞毒性がp21独立していたことを示すp21 (+/+)およびp21両方() - /-でHCT-116細胞観察された。 人間の皮膚繊維芽細胞の第一次文化はneoplastic細胞のための選択率のある程度を提案するクルクミンのより低い線量にHCT-116結腸癌の細胞よりより少なく敏感だった。 西部のしみの分析はp21 (+/+)のクルクミン扱われた文化の細胞死ことを示したおよびp21 () - /- HCT-116細胞はapoptosisを表しているPARP-1開裂関連付けられた、および親の減少と。 私達はHCT-116結腸癌の細胞のクルクミン誘発のapoptosisがp21状態に左右されないことを結論を出す。

Exp. Mol Pathol。 6月2008日; 84(3): 230-3

Celecoxibおよびクルクミンは付加にラット モデルの大腸癌の成長を禁じる。

背景: 多数の調査は特定のCOX-2抑制剤がCRCを防ぐかもしれないことを示した。 但し、COX-2抑制剤の長期使用は毒性なしでし、心血管の副作用が限られた原因であるかもしれない。 現在の調査は1,2-dimethylhydrazine (DMH)ラット モデルを使用して単独でcelecoxibおよびクルクミンのそして組合せのchemopreventive効果を検査するために遂行された。 方法: オスのラットはDMHと注入され、次の食事療法の1つを消費した4グループに任意に分けられた: (a) AIN-076制御食事療法; (b) AIN076/curcumin (0.6%); (c) AIN076/celecoxib (0.16%)、または(d) (0.16%) AIN076/celecoxibおよび(0.6%)クルクミン。 異常なクリプトの焦点(ACF)は周囲の正常なクリプトと比較してメチレン ブルーとの集中的な汚損によって識別された。 結果: ラットのコロンごとのACFの平均数は64.2 +/-制御グループの3、39 +/- 5および47 +/- 10のためのクルクミンおよびcelecoxib扱われたグループ、それぞれ、および24.5 +/-両方の代理店を受け取ったグループの6だった。 結論: 生体内で、クルクミンはcelecoxibの成長の抑制的な効果を増加する。 これはcelecoxibのこの線量を100 mgの標準的な炎症抑制の投薬に続く人間の血清で達成することができると同時に臨床的に重要かもしれない。

消化力。 2006;74(3-4):140-4

新しいresveratrolのアナログはapoptosisを引き起こし、HT29人間の結腸癌の細胞で細胞周期の阻止を引き起こす: ribonucleotideの還元酵素の活動の阻止。

Resveratrol (3,4'、5 trihydroxy TRANSスチルベン; RVは人間の癌細胞に対して)、ワインの原料、antiproliferative効果の広いスペクトルを表わす。 これらの効果を高めるためには、私達は付加的なmethoxylおよびヒドロキシル グループをもたらすことによって分子を変更した。 生じる新しいRVのアナログ、M5 (3,4'、5 trimethoxy TRANSスチルベン)、M5A (3,3'、4,5' - tetramethoxy TRANSスチルベン)およびM8 (3,3'はHT29人間の結腸癌の細胞で、4,4'、5,5' - hexahydroxy TRANSスチルベン)調査された。 細胞毒性はclonogenic試金によって評価され、apoptosisの誘導はHoechst/propidiumのヨウ素化合物特定の二重汚損方法を使用して断固としただった。 細胞周期の配分はFACSによって評価された。 deoxyribonucleosideの三リン酸塩(dNTPs)の集中のM8の影響は、ribonucleotideの還元酵素(RR)のプロダクト高性能液体クロマトグラフィーによって、定められた。 M5によりおよびM5Aはapoptosisの線量依存した誘導を引き起こし、細胞周期の配分の驚くべき変更をもたらした。 M5の処置の後で、成長停止はG2-M段階にM5Aの孵化が細胞周期のG0-G1段階の阻止で起因した一方、主に起こった。 M8のHT29細胞の孵化は細胞内のdNTPのプールの重要な不均衡を作り出し、RRの活動の阻止と同義である。 dATPのプールはdCTPおよびdTTPのプールが増加した一方、廃止された。 これらの有望な結果が原因で、調査されたRVのアナログはそれ以上のpreclinicalおよび生体内のテストに値する。

Oncol Rep。 6月2008日; 19(6): 1621-6

ケルセチンによって与えられるF344ラットからのコロンの粘膜のTranscriptomeそしてproteomeの側面図を描くことは腫瘍の予防のメカニズム、高められたミトコンドリアの脂肪酸の低下および減らされた解糖作用を指す。

ケルセチンは実験大腸癌(CRC)のanticarcinogenとして機能するために示されていた。 現在の調査の目標は起こる10 11週のg quercetin/kgの食事療法と補われたラットの遠位コロンの粘膜のtranscriptomeおよびproteomeの変更を特徴付けることだった。 遺伝子の一定の強化の分析と分析されたTranscriptomeデータはケルセチンがかなり可能性としてはoncogenic mitogen活動化させたプロテイン キナーゼ(Mapk)の細道をdownregulatedことを示した。 さらに、ケルセチンは腫瘍のサプレッサー遺伝子、Pten、Tp53およびMsh2を含んでとMutyhを含む細胞周期の抑制剤の表現を、高めた。 なお、食餌療法のケルセチンは段階IおよびIIにかかわった遺伝子をFmo5、Ephx1、Ephx2およびGpx2を含む新陳代謝、高めた。 ケルセチンはPPARalphaターゲット遺伝子を増加し、付随してミトコンドリアの脂肪酸(FA)の低下にかかわった遺伝子の表現を高めた。 Proteomicsは同じサンプルで明らかにした4つの解糖作用の酵素および3つの熱衝撃蛋白質が減った33の影響された蛋白質を行った。 proteome-transcriptomeの比較は低い相関関係を示したが、両方とも変えられたエネルギー新陳代謝の方に指摘した。 結論として、proteomicsと結合されたtranscriptomicsは食餌療法のケルセチンが大腸の発癌の変更を見つけられたそれらに反対に換起したことを示した。 これらの腫瘍保護メカニズムはエネルギー生産の細道の転位と関連付けられ、減らされた細胞質解糖作用でそして高められたミトコンドリアFAの低下の方に指す。

Proteomics。 1月2008日; 8(1): 45-61