生命延長スキン ケアの販売

概要

生命延長雑誌2009年9月
レポート

DermaWhey

ヘルスケアの費用および忍耐強い仕事の損失の乾癬の影響。

背景: 米国の乾癬の費用の少数の広範囲の見積もりがある。 目的: 私達は乾癬と関連付けられた増加直接医学および間接仕事の損失の費用の量を示すように努めた。 方法: 期間1998年に2005年の間の31人の自己被保険者の雇用者からの非識別された要求のデータベースは使用された。 少なくとも2つの乾癬の診断の要求の患者は3つの制御主題と乾癬なしで(N = 12,280) (および性生年に一致する)比較された。 comorbiditiesおよび他の混同の要因のための制御によって多変数の2部の回帰分析が乾癬の増分費用を隔離するのに使用された。 結果: 多変数の調節の後で、乾癬の増加直接および間接費は1年ごとの患者1人あたりのおよそ$900そして$600 (P < .001)、それぞれだった。 限定: この調査で使用されるデータベースは仕事で忍耐強い自己負担費の情報か生産性の費用の損失を含んでいない。 結論: 乾癬の増分費用は費用の重荷の40%のための仕事の損失の原価会計の1年ごとの患者1人あたりのおよそ$1500、である。

J AM Acad Dermatol。 11月2008日; 59(5): 772-80

2つの米国のヘルスケアのデータベース2001-2002年の乾癬の患者間の心循環器疾患および危険率。

背景: 心循環器疾患か危険率(CVDR)は一般群衆のより乾癬の患者で共通のようである。 目的: 私達は横断面の、流行ベースの調査の設計を使用してヘルスケアの要求データの分析によってCVDRの乾癬の関係を査定した。 患者および方法: IMSの健康およびMarketScanの要求のデータベースが乾癬の診断コードの大人を識別するのに使用された。 非乾癬制御は年齢に、性基づく、一致させた3:1人口調査の地域および前の医療保険の適用範囲だった。 確率の比率はCVDRの相対的な流行を評価し、マントルピースHaenszelの信頼区間は推定された。 結果: CVDRの流行は一般に両方のデータ・セットの制御より乾癬の患者で高かった。 アテローム性動脈硬化、鬱血性心不全、タイプ2の糖尿病および周辺血管疾患のための確率の比率は乾癬の患者のための>or=1.20だった。 高い病気の厳格はCVDRの高い比率と関連付けられたが、データ・セットおよび条件によって幾分変わった。 結論: 高いCVDR率は制御と比較された乾癬の患者で見つけられた。 このパターンはそれ以上の検査に値する。

皮膚科学。 2008;217(1):27-37

糖尿病および高血圧の乾癬そして危険: 米国のメスの看護婦の前向き研究。

目的: 糖尿病および高血圧の乾癬と危険間の独立した連合を評価するため。 設計: 1991年から2005年追われたから女性看護婦の前向き研究。 配置: 看護婦の健康の調査IIは、116,671人の米国の女性のグループ1991年に27から44年を老化させた。 関係者: 調査は2005年に医者診断された乾癬の寿命の歴史についての質問に答えた78,061人の女性を含んでいた。 ベースラインで糖尿病または高血圧の診断を報告した女性は除かれた。 主要な結果の測定: 2年ごとのアンケートから得られる糖尿病または高血圧の新しい診断。 結果: 78,061人の女性の、1,813は(2.3%)乾癬の診断を報告した。 フォローアップの14年の間に、糖尿病の1560事件の場合(2%)のおよび高血圧の15,724の事件の場合(20%)の合計は文書化された。 乾癬なしで女性と比較された乾癬の女性の糖尿病の多変数調節された相対的な危険は1.63だった(95%の信頼区間1.25-2.12)。 乾癬の女性は高血圧(多変数の相対的な危険1.17の開発のための高められた危険にまたあった; 95%の信頼区間1.06-1.30)。 年齢、体格指数および煙る状態はかなり糖尿病または高血圧(相互作用、>または=.07のためのPの価値)の乾癬と危険間の連合を変更しなかった。 結論: この将来の分析では、乾癬は糖尿病および高血圧の高められた危険と独自に関連付けられた。 未来の調査は必要乾癬の処置が糖尿病および高血圧の危険を減らすかどうか調べるためにである。

アーチDermatol。 4月2009日; 145(4): 379-82

ゲノム全体のスキャンはIL-23およびNFkappaB細道の乾癬の連合を明らかにする。

乾癬は皮、釘および接合箇所に影響を与える共通の免疫があ仲介された無秩序である。 乾癬の感受性の位置を識別するためには、私達はヨーロッパの家系の1,409の乾癬の場合そして1,436の制御の438,670 SNPsをgenotyped。 私達は5,048の乾癬の場合および5,041の制御の21約束のSNPsを追った。 私達の結果は少なくとも7遺伝の位置および乾癬(結合されるとのそれぞれP < 5 x 10 (- 8))の連合に強力な支持を提供する。 確認された連合の位置はTNFアルファの下流で機能し、NFkappaBシグナリング調整するHLA-C、IL-23シグナリングに(IL23A、IL23R、IL12B)かかわる3つの遺伝子を2つの遺伝子(TNIP1、TNFAIP3)をおよびTh2免疫反応(IL4、IL13)の調節にかかわる2つの遺伝子を含んでいる。 これらの位置で符号化される蛋白質が生物学的に相互に作用するために知られているが私達は準のSNPs間のepistasisのための証拠を見つけなかった。 私達の結果は乾癬の感受性で関係する遺伝の位置のカタログを拡大し、他の自己免疫の無秩序の調査のための優先目標を提案する。

Nat. Genet。 2月2009日; 41(2): 199-204

プラクの乾癬の処置のミルク得られたエキスの安全そして効力: オープン ラベルの調査。

背景: XP-828Lは牛のようなミルクからの成長によって要因富ませる蛋白質の一部分の抽出によって得られるnutraceutical混合物である。 XP-828Lは乾癬を改善するかもしれない。 目的: オープン ラベルの調査はプラクの乾癬の処置のXP-828Lの効力、許容範囲および安全を定めるために行われた。 方法: 2%の慢性、安定したプラクの乾癬またはボディ表面積(BSA)の多くの11人の大人の患者は56日間口頭XP-828Lの5つgを毎日二度受け取った。 結果: すべての11人の患者は処置の56日を完了した。 日28で、11人の患者の6つはPASIのスコアの減少を示した。 56日で、7つの主題に9.5%から81.3%まで及ぶPASIのスコアの減少があった。 11人の患者からの8 (8)人は付加的な8週間延長処置段階に加わることに同意した。 乾癬の改善は延長期間の間に維持された。 臨床的に重要で不利なでき事か実験室の異常は起こらなかった。 結論: XP-828Lは穏やかに適当な乾癬の患者の乾癬を改善するかもしれない。

J Cutan Med Surg。 12月2005日; 9(6): 271-5

乾癬を緩和する穏やかの処置のXP-828L: ランダム化された、二重盲目の、偽薬制御の調査。

背景: XP-828Lの甘い乳しようから得られる蛋白質のエキスはオープン ラベルの調査の乾癬を緩和するために穏やかの処置のための潜在的な利点を示した。 目的: 乾癬を緩和するランダム化された、二重盲目の、偽薬制御の調査安全および穏やかの処置のXP-828Lの効力で調査するため。 設計: XP-828L 5 g/d (A、nを= 42分ければ)偽薬(グループB、n = 42)はグループAのXP-828L 5 g/dとのためのグループBのXP-828L 10 g/dに先行している56日間付加的な56日口頭で与えられた。 結果: 56日間XP-828L 5 g/dを受け取っている患者は改良された医者の全体的な査定(PGA)のスコアを偽薬の下で患者と比較してもらった(p < .05)。 グループAだけのデータを考えると、PGAのスコアは日1から日から56を改善した(p < .01); 乾癬の区域および厳格は同様に、それ程ではないにせよ改良されるスコアを指示する(p < .05)。 結論: 偽薬と比較された5 g/d XP-828Lの経口投与はかなり乾癬を緩和するために穏やかの患者のPGAのスコアを改良した。

J Cutan Med Surg。 2006日9月10月; 10(5): 241-8

収入および雇用の患者報告された乾癬の厳格の連合。

目的: 私達は乾癬の厳格が忍耐強い収入および雇用と関連付けられたかどうか検査するように努めた。 方法: 国民の乾癬の基礎調査(2003-2005年)への被告(> 30歳)は分類され穏やか(< 3%)、穏健派(3%-10%)、または厳しい(> 10%の)乾癬を経験するとして報告されたボディによって表面積。 厳格間の関係はおよび家計収入(< $30,000対>または= $30,000)および雇用手始めで年齢、年齢、性、競争および薬剤の処置を調節する記号論理学退化によって査定された。 結果: 低所得の確率は(< $30,000)穏やかな病気とのそれらより厳しい病気の患者間でかなり大きかった(P = .0002)。 厳しい病気の患者は働くことのより低い確率をフルタイムで穏やかな乾癬の患者と比較してもらったが、統計的に重要ではなかった。 乾癬が働かないことの理由だったことを報告される穏やか対厳しい乾癬(17%)のかなり多くの患者(6%) (P = .01)。 限定: 家計収入は自己報告され、未知である世帯構成によって影響を及ぼされるかもしれない。 乾癬の厳格は報告された患者および査定されたない医者だった。 結論: この調査は収入および雇用が穏やかな乾癬と比較された厳しい乾癬の患者間で否定的に影響を与えられたことを示した。

J AM Acad Dermatol。 12月2007日; 57(6): 963-71

敵意の乾癬そして危険のための処置。

背景: 厳しい乾癬へ穏健派の処置のための多数の治療上の選択がある。 潜在的な処置の選択間の選択のプロセスは医者および患者が両方潜在的リスクに対して個々の様相の利点の重量を量るように要求する。 乾癬のための従来の全身療法に、メトトレキサート(MTX)およびcyclosporine (CsA)を含む、毒性、特に終り器官の毒性のよくとり上げられる配列がある。 過去数年間に、厳しい乾癬への穏健派の処置のための生物的療法の使用はずっと主要な臨床および研究の焦点である。 これらの新しいimmunosuppressive療法の出現で、これらの代理店を囲む中央安全問題の1つは敵意の危険性を高める潜在性である。 目的: 私達の目的はphototherapy、従来の全身療法および生物的療法を含む厳しい乾癬に穏健派のための療法と、関連付けられた敵意の危険を見直すことだった。 私達はと関連付けられた敵意の知られていた発生を定義するために文献の既存のボディをpsoralen紫外線A (PUVA)、狭帯域および広帯域紫外線B (UVB)、MTX、CsA、mycophenolateのmofetil (MMF)、およびalefacept、efalizumab、infliximab、etanercept、adalimumabおよびustekinumabを含む生物的療法、見直し。 結果: PUVAは、時ある特定の長期、皮膚のsquamous細胞の癌腫および悪性黒色腫の高められた危険と関連付けられる。 UVBの調査の検討は、狭帯域および広帯域両方、nonmelanomaの皮膚癌またはメラノーマの高められた危険を示さない。 従来の全身の乾癬療法MTX、CsAは処置の間にlymphoproliferative無秩序の高められた危険と、乾癬の患者に関するレポート関連付けられ、慢性関節リウマチの患者の臨床試験で示され、文書化されMMF。 生物的療法の敵意の危険はまだ明白でない。 但し、この発癌性の危険を検査している調査の大半は腫瘍の壊死の要因アルファの抑制剤によりnonmelanomaの皮膚癌およびhematologic敵意を含む癌のわずかに高められた危険を、引き起こすかもしれないことを提案する。 限定: この検討の欠乏で引用される調査の大半大きい臨床試験の力そして無作為化、また更に敵意のためのこれらのantipsoriatic処置養生法と潜在性間の仮説的なリンクを立証する長期フォローアップの期間。 臨床データの相当な欠乏のために、調査の大半は乾癬と対等な全身の炎症性無秩序である慢性関節リウマチの患者の処置の焦点を評価した。 さらに、乾癬自体と関連付けられる敵意の高められた危険は混同の要因である。 結論: 厳しい乾癬への穏健派のための療法の多数は、PUVAを含んで、従来の全身療法およびある生物的療法、敵意の危険性を高めるかもしれない。 適切で忍耐強い勧めることおよび選択、また臨床フォローアップは、これらの代理店との安全を最大にして必要である。 それ以上の長期調査は必要にもっと正確に量を示す生物的療法と関連付けられる危険のである。

J AM Acad Dermatol。 6月2009日; 60(6): 1001-17

項目8-methoxypsoralenはプラク タイプの乾癬のためにphototherapy目標とされた狭帯域の紫外線Bの治療上の結果を高める。

phototherapy目標とされた広帯域紫外線B (UVB)はかなり改良するために、また308 nmエキシマー レーザーまたは5つから中型のfluences [すなわち最低の紅斑線量(MED)]の4-6倍数時10の処置内の明らかに集中させたpsoriaticプラク報告された 使用された。 私達の調査は処置の数に関して目標とされた紫外線phototherapyを伴って使用されたとき項目8-methoxypsoralen (8モップ)定めるためにクリームの異なった集中の効果を行なわれ、取り除くべき累積紫外線線量は乾癬を集中させた。 安定したプラク タイプの乾癬の10人のevaluable患者は調査を完了した。 8モップの3つの集中はクリーム色0.001%本の8モップが5 J/cmと共に使用された一方、(0.001%、0.01%および0.1%)だった目標とされた狭帯域UVB (NB-UVB)の4 MEDsの照射前に応用クリーム状になる(2) UVA。 すべての照射は12週間一度毎週起こった。 乾癬の厳格の索引(PSI)のスコアが処置の効力を評価するのに使用された。 区域の下カーブの分析によって、0.1% 8-MOP/NB-UVBはPSIのスコアの減少の他の様相より優秀だった。 PSI-95のスコアの95%の減少を達成するのに必要な処置および累積NB-UVBの線量の数は相違が統計的に重要ではなかったが、0.1% 8-MOP/NB-UVBグループでまたより低かった。 私達はかなり短期悪影響をことを高めないで項目8モップのクリームがphototherapy目標とされたNB-UVBの治療上の効果を高めることを結論を出す。

J Eur Acad Dermatol Venereol。 1月2008日; 22(1): 50-5

308 nmの皮膚科学の白黒エキシマー ライト: 文献の個人的な経験そして検討。

5年以上、私達は新しい紫外線B光線の源、エキシマー レーザーの自然な進化を表す非干渉性の、白黒ずっと308 nmライトを出すキセノン塩化物ランプを使用している。 白黒エキシマー ライト(メル)のもとは50 mW/cmを作り出す(2)源からの15 cmの間隔の出力密度に504 cmの最高照射区域があり、(2)は308のnmの源によって、最も大きい治療上の利点を表すこの特徴提供した。 一方では、従来のphototherapiesと比較されるメルで提供される利点はという口頭psoralens (PUVA療法)を管理する必要性がない事実患者の生活環境基準の改善のための重要な状態に本質的に、そして(少なくとも2-3の週間会議が従来のUVB療法と要求されるので)会議が7-15日だけ毎に繰り返される必要があること関連する。 メルを使用して、紫外線Bライトは全体のボディで、部分的なsubintrant皮の照射と、または1つのまたは正確に健康な周囲の皮を保護するために心配を取り、専ら扱われるべき損害に目標とされるphototherapyを可能にするちょうど少数の個人パッチで応用である場合もある。 感光性皮の無秩序の処置のためのメルを選ぶための臨床徴候そして理由はPUVA療法か狭帯域の紫外線Bライトのために示されるそれらと事実上同一である。 および薬物誘発の毒性、患者、妊婦および患者レバーか腎不全に苦しむことはまた屋外で働く感光性にする物質の不在が原因で扱うことができる。 なお、会議に必要な短い時間周期の持続期間および安全および効力の点では確実に扱われるべき皮区域の選択的な露出は患者のための重要な利点を表す。 乾癬に加えて、メルの使用はまた有望な結果を用いるvitiligo、脱毛症のareata、アトピー性皮膚炎およびパッチ段階IAの真菌症のfungoidesのような他の病理学に拡張することができる。

G Ital Dermatol Venereol。 10月2008日; 143(5): 329-37

3の ページで 2続けられる