生命延長スキン ケアの販売

概要

LE Magazine 2009年1月
概要

ビタミンK

MenatetrenoneのビタミンK2のアナログは核要因kappaBの活発化の阻止によってcyclin D1の表現の抑制によって、hepatocellular癌腫の細胞の成長を禁じる。

目的: MenatetrenoneのビタミンK2のアナログ、演劇血の凝固要因の生産に於いての重要な役割。 Menatetrenoneにhepatocellular癌腫(HCC)の細胞を含む複数の癌細胞ラインに対して抗腫瘍性の効果をもたらすために示されている蜂がまたある。 但し従って、ビタミンK2がHCCの細胞の成長を禁じる十分に明白になるメカニズムにない蜂および私達が調査したビタミンのHCCの細胞のK2誘発の成長の阻止の分子的機序をある。 実験設計: HCCの細胞はビタミンK2と扱われ、cyclin依存したキナーゼ抑制剤およびcyclin D1を含む複数の成長関連の遺伝子の表現はmRNAおよび蛋白質のレベルで検査された。 cyclin D1の促進者のレポーターの遺伝子の試金はビタミンK2の処置の下で行われた。 核要因kappaB (NFkappaB)の活発化の規則はphosphorylated IkappaBのためのNFkappaBレポーターの遺伝子の試金、電気泳動の移動性の転位の試金、西部のしみ、およびIkappaBのキナーゼ(IKK)のための生体外のキナーゼ試金によって調査された。 私達はまたp65かcyclin D1とtransfected HCCの細胞の成長に対するビタミンK2の効果を検査した。 結果: ビタミンK2はcyclin D1 mRNAおよびHCCの細胞の線量依存した方法の蛋白質の表現を禁じた。 ビタミンK2はまた場所依存したcyclin D1の促進者の活動を結合するNFkappaBを抑制し、基底、12 O tetradecanoylphorbol 13アセテート(TPA) -、TNFアルファおよびinterleukin (IL)を-抑制したNFkappaB結合およびtransactivationの1誘発の活発化。 、ビタミンK2 NFkappaB活発化の抑制と付随またIkappaBalphaのリン酸化そして低下を禁じ、IKKのキナーゼ活動を抑制した。 さらに、cyclin D1およびp65をoverexpressing HCCの細胞はビタミンK2の処置に対して抵抗力があるようになった。 結論: 従ってビタミンK2はIKK/IkappaB/NF-kappaBの細道によってcyclin D1の表現の抑制によってHCCの細胞の成長を禁じ、HCCの処置のために有用であるかもしれない。

Clinの蟹座Res。 4月2007日1日; 13(7): 2236-45

治療効果がある処置の後のhepatocellular癌腫の患者の病気の再発そして存続に対するmenatetrenone、ビタミンK2のアナログの効果、: パイロット・スタディ。

背景: hepatocellular癌腫(HCC)の高い再発率はHCCの患者のための長期予後を定める。 現在の調査では、著者は治療効果がある処置の後で再発HCCおよび存続に対するmenatetrenone、ビタミンK2のアナログの効果を、テストした。 方法: 外科切除かpercutaneousローカル切除がmenatetrenoneのグループ(n = 32人の患者)または制御グループに任意に割り当てられて割り当てられた後HCCの自由にとして診断された六十一人の患者(n = 29人の患者)。 menatetrenoneのグループの患者はmenatetrenoneの45 mgの毎日の口頭線量を受け取った。 病気の再発および残存率はHCCの患者で分析された。 結果: menatetrenoneのグループの累積再発率は24か月に12か月に12.5%、39.0%、および36か月に64.3%だった; そして制御グループの対応する再発率は55.2%、83.2%、および91.6%、それぞれだった(P = 0.0002)。 同じような結果は血清のdesガンマcarboxyプロトロムビンの低いベースライン レベルがあった患者のために得られた。 単一変量および多変数のコックス比例した危険分析はmenatetrenoneの管理がHCCの再発率と関連していた唯一の要因だったことを示した。 menatetrenoneを受け取った患者のための累積残存率は24か月に12か月に100%、96.6%、および36か月に87.0%だった; そして制御グループの患者のための対応する残存率は96.4%、80.9%、および64.0%、それぞれだった(P = 0.051)。 結論: 現在の調査の調査結果はこれらの効果を証明するようにより大きい、偽薬制御の試験が要求されるがmenatetrenoneがHCCの再発に対する抑制の効果および存続に対する有利な効果をもたらすかもしれないことを提案した。

蟹座。 2月2006日15日; 106(4): 867-72

蟹座および栄養物(叙事詩ハイデルベルク)へのヨーロッパの将来の調査のハイデルベルクのグループの前立腺癌のビタミンKそして危険の食餌療法取入口。

背景: ビタミンKのAnticarcinogenicの活動は前立腺癌の細胞を含むさまざまな癌細胞ラインで、観察された。 前立腺癌の開発とビタミンKの食餌療法取入口をつなぐ疫学の研究はまだ行なわれていない。 目的: 私達はphylloquinone (ビタミンK1)の食餌療法取入口間の連合をおよびmenaquinones (ビタミンK2)および合計評価し、蟹座および栄養物にヨーロッパの将来の調査のハイデルベルクのグループの前立腺癌を進めた。 設計: ベースラインで、習慣的な食餌療法取入口は食糧頻度アンケートによって査定された。 phylloquinoneおよびmenaquinones (MK-4-14)の食餌療法取入口は前に出版された高性能液体クロマトグラフィー ベースの食糧内容データの使用によって推定された。 phylloquinoneの取入口に関連する合計の多変数調節された相対的な危険そして進められた前立腺癌およびmenaquinonesはコックス比例した危険退化によって11の319人で計算された。 結果: 8.6 yの中間のフォローアップの時間の間に、前立腺癌の268の事件の場合は、113の進められた場合を含んで、識別された。 私達は総前立腺癌と総menaquinoneの取入口[(最も高く最も低い四分位数と比較される)多変数の相対的な間のnonsignificant反対連合を危険観察した: 0.65; 95% CI: 0.39, 1.06]. 連合は高度の前立腺癌(0.37のためにより強かった; 0.16, 0.88; 傾向のためのP = 0.03)。 肉からのmenaquinonesがより乳製品からのMenaquinonesに高度の前立腺癌とのより強い反対連合があった。 Phylloquinoneの取入口は前立腺癌の発生(1.02に無関係だった; 0.70, 1.48). 結論: 私達の結果はmenaquinonesの取入口間の反対連合、phylloquinoneのない連合、および前立腺癌を提案する。 食餌療法のビタミンKおよび前立腺癌のそれ以上の調査は保証される。

AM J Clin Nutr。 4月2008日; 87(4): 985-92

ビタミンK2の派生物およびprenylalcoholsによって引き起こされる細胞死の腫瘍特定性そしてタイプ。

14のビタミンK2 (menaquinone (MK) - n、n = 1-14)および側鎖のisoprenylのグループの異なった数(n)を用いる10のprenylalcoholの派生物は(n = 1-10) 9つの人間の腫瘍の細胞ラインおよび3個の人間の正常な口頭細胞に対する細胞毒性のために調査された。 ビタミンK2の派生物の間、MK-2 (nは= 2)先行している最も大きい細胞毒性をMK-1に示した(n = 1)およびMK-3 (n = 3)。 MK-1、MK-2およびMK-3は最も高い腫瘍特定の索引を示した(TS= > 2.0、2.0および> 1.7、それぞれ)。 prenylalcoholsの間、geranylgeraniol (GG) (nは= 4)先行している最も高い細胞毒性をfarnesolに示した(n = 3)およびgeranylfarnesol (GF) (n = 3)。 GGは最も高い腫瘍特定性(TSを= 1.8)、farnesol (TSによって続かれて= > 1.4)、GF示した(TS= > < 1.3)。 但し、MK-2およびGGの腫瘍特定性は慣習的な化学療法の代理店のそれより大いに低かった。 人間のleukemic細胞ラインは人間のglioblastomaの細胞ラインがMK-2およびGGに対して最も抵抗力があった一方、最も敏感だった。 MK-2は人間のpromyelocytic白血病HL-60または人間のsquamous細胞癌腫HSC-4の細胞ラインのinternucleosomal DNAの分裂を引き起こさなかった。 GGはHL-60細胞の、ないHSC-4細胞の最底限のinternucleosomal DNAの分裂を引き起こした。 MK-2およびGGは両方autophagosomesの形成を引き起こさなかった、はっきり変える3 polyaminesの細胞内の集中を。 電子スピン共鳴(ESR)の分光学はより低い細胞毒性、細胞毒性と根本的な生産間の関係の欠乏を提案する作り出された基があったかどれがそのMK-1だけ示した(n = 1)、またGGF (n = 7)およびGFF (n = 8)。 現在の調査はビタミンK2の派生物の1,4-naphtoquinone構造の存在が(を含むアルファ、ベータ不飽和ケトン)それらで非apoptotic細胞死を引き起こす機能相談することを示す。

抗癌性Res。 2008日1月2月; 28 (1A): 151-8

膵臓癌に対するビタミンK3 (menadione)の実用性。

背景: 膵臓癌に対してビタミンK3 (VK3)の効力を評価するためには、拡散のVK3またはgemcitabine (宝石)の誘発の阻止の分子メカニズムは特徴付けられた。 材料および方法: 細胞の実行可能性は3 [4,5-dimethylthiazol] - 2,5ジフェニルtetrazoliumの臭化物(MTT)テスト方法を使用して断固としただった。 細胞蛋白質の表現は西部のしみの分析によって評価された。 生体内の移植された癌細胞の形態学上の調査のために、ティッシュはhematoxylinおよびエオシンと汚れた。 結果: 膵臓癌の細胞のためのVK3のIC50は42.1 +/- 3.5 microMのために計算された。 西部のしみの分析はVK3が適用の後で細胞外の信号調整されたキナーゼ(ERK)およびc 6月NH2ターミナル キナーゼ(JNK)の急速なリン酸化を30分引き起こしたことを示した。 ERKしかしないJNKのリン酸化は少なくとも12時間維持された。 caspase-3の親活動化させた32-kDa形態および112-kDa形態の多(ADPリボースの)ポリメラーゼ(PARP)の開裂の分子量の転位によって示されているようにVK3によるapoptosisの活発化は、見つけられた。 チオールの酸化防止剤との処置、Lシステイン(>0.2 mM)は、完全にERKのVK3誘発のリン酸化、拡散のないJNKおよび阻止を廃棄した。 caspase-3抑制剤はcaspase-3活発化に反対したが、VK3のproliferative活動に対する抑制的な効果をもたらさなかった。 集中>0.1 microg/mlの宝石は24時間後に細胞増殖を禁じると見つけられた。 宝石はまたJNKのリン酸化、caspase-3の活発化およびcyclin B1の蓄積を引き起こした。 VK3のローカル適用は広範な腫瘍のティッシュの壊死を引き起こすと見つけられたが壊死のないわずかなhematemesisは48時間宝石の注入の後の観察された。 西部のしみでは、ERKしかしないJNKのリン酸化は腫瘍のティッシュにVK3注入に応じて、はっきり検出された。 結論: VK3の行為は膵臓癌に対して好ましい結果をもたらすかもしれティッシュのERKのリン酸化の検出はこの効果を予測するために重要である。

抗癌性Res。 2008日1月2月; 28 (1A): 45-50

ビタミンK2は白血病の細胞でautophagyおよびapoptosisを同時に引き起こす。

ビタミンK2 (menaquinone-4: VK2は)白血病の細胞のapoptosisのための生体外で有効な誘因物である。 細胞HL60bcl 2はHL-60白血病の細胞ラインに人間bcl-2遺伝子の安定したtransfectantクローンからだけベクトルと得られる、細胞HL60neoのと比較されたBcl-2蛋白質のショーの5折目のすばらしい表現制御クローンtransfected。 VK2は細胞HL60bcl 2がVK2によってapoptosisの誘導に対して抵抗力があるが、細胞質液胞の増加と共にVK2への露出の間に細胞の成長の阻止を示す一方、細胞HL60neoののapoptosisを引き起こす。 電子顕微鏡検査はVK2への露出の後で細胞HL60bcl 2ののautophagosomesそしてautolysosomesの形成を明らかにした。 immunoblottingによるLC3B-IIにLC3B-Iのリソソーム、また転換のためのアクリジンのオレンジ汚損検出される酸の小胞性の細胞器官(AVOs)の増加および細胞HL60bcl 2のの蛍光による細胞質LC3Bの高められた強調されたパターンによって高められたautophagyのすべての支えられた誘導をVK2に応じてimmunostaining。 但し、VK2への短い露出の間に、autophagosomesの形成は核クロマチンの凝縮および核片がまた同時に観察されたがHL60neoのでまた顕著細胞だった。 これらの調査結果apoptosisの混合された形態学上の特徴をおよびautophagy示した。 3-methyladenineの付加、Atg7、またはTet-off Atg5システムのためのsiRNAによってautophagyの阻止はVK2に応じてautophagy仲介された細胞死を示すVK2-incudedの細胞死の減少で完全に起因した。 これらのデータはautophagyおよびapoptosis同時にVK2によって引き起こすことができることを示す。 但し細胞がBcl-2の高い表現のレベルによって急速なapoptotic死から保護されるとき、autophagy顕著になる。

Autophagy。 7月2008日1日; 4(5): 629-40

ビタミンは癌細胞のapoptosisをK2仲介した: ミトコンドリアのtransmembraneの潜在性の役割。

ビタミンK2は多数の人間の癌細胞ラインの微分そしてapoptosisを引き起こす。 ビタミンによってK2仲介されるapoptosisは慣習的な抗癌性の代理店によって引き起こされるapoptosisより大いにもっとゆっくり進む。 従って、根本的なメカニズムを詳しく分析することは可能である。 この章では、私達はミトコンドリアの膜の潜在性(DeltaPsim)の変更の重点のミトコンドリア生理学に対するビタミンK2の親apoptotic効果に焦点を合わせる。 ビタミンK2が付いている卵巣癌TYK nuの細胞の処置に、スーパーオキシドはミトコンドリアのチトクロームc.の解放にその後まもなく先行している2から3日後に作り出される。 これは日4までに独特の形態学上の変更そしてDNAの分裂のような他のapoptotic特徴と一緒に伴われる。 データはスーパーオキシドの生産がチトクロームc.のそれに続く解放とのDeltaPsimの中断でミトコンドリアの膜、開いた透磁率の転移の気孔および結果への損害を与えるかもしれないことを提案する。 細胞の実行可能性が保たれることスーパーオキシドのビタミンの両方K2誘発の生産およびDeltaPsimの減少はアルファ トコフェロールによって完全にそのような物禁じられる。 従って、私達はDeltaPsimの損失によりビタミンK2への露出の後にスーパーオキシドによってapoptosisの主要な原因であるかもしれない引き起こしたことを提案する。 但し、他の細道は複雑かもしれないので完全にビタミンのK2誘発のapoptosisを禁じられなくてcyclosporin A。

Vitam Horm。 2008;78:211-26

Gas6のビタミンのK依存した行為。

Gas6 (成長の阻止特定の遺伝子6)は血しょうビタミンのK依存した蛋白質の系列へ最後の付加である。 Gas6は1993年に血しょう抗凝固薬蛋白質S.に類似するためにクローンとして作られ、特徴付けられ、そして見つけられた。 すぐにそれが成長の要因そっくりの分子として確認された後TAM家族の受容器のチロシンのキナーゼ(RTKs)と相互に作用していたと同時に、; Tyro3、AxlおよびMerTK。 それ以来、Gas6の役割、蛋白質S、およびTAMの受容器は発火、このシステムに生物医学の興味深いターゲットをするhemostasisおよび癌で重要であるために確認されている。 Gas6はTAMの膜の受容器によってphosphatidylserine含んでいる膜によってビタミンのK依存したGlaモジュールとcarboxyターミナルLG範囲によって相互に作用している行為の独特なメカニズムを用いる。 これらの蛋白質がアンチビタミンK療法によって影響されるという事実は詳しく論議される。

Vitam Horm。 2008;78:185-209

ビタミンK2はconnexin 43の阻止によってHuH7 hepatomaの細胞の敵意を抑制する。

ビタミンKの抗癌性の潜在性(2) (hepatomaのVKは(2))かなりの関心を得たが、根本的なメカニズムは明白でない。 VKのHuH7 hepatomaの細胞の処置(2)は正常なレバー表現型を作り出した。 VK (2)の細胞の処置の後、ギャップ支配的に正常なhepatocyteに表現されたconnexin 32 (Cx32伴われた)の規則と一緒にjunctional細胞間コミュニケーション活動に増加が、あった。 それに対して、Cx43表現は禁じられた。 さらに、VKの効果(2) Cx32でCx43の過剰表現によって廃止された。 一緒に取られて、私達はことをVKの反腫瘍の効果提案する(2)は少なくともCx43促進者の活動の減少が部分的に原因である。

蟹座Lett。 5月2008日8日; 263(1): 53-60

日本語はビタミンK2の循環のレベルの大きく地理的な相違の主要な決定要因として大豆の食糧を発酵させた: ヒップひびの危険のための可能な含意。

増加する証拠は骨の新陳代謝および骨粗しょう症に於いてのビタミンKのための重要な役割を示す。 この調査では、私達は血清のビタミンK2 (menaquinone-7の大きく地理的な相違を見つけた; MK-7はpostmenopausal女性で)水平になる。 血清MK-7の集中は東京の日本の女性の5.26 +/- 6.13 ng/mL (平均+/- SD)、1.22 +/-広島の日本の女性の1.85、そして0.37 +/-イギリスの女性の0.20だった。 私達は血清のビタミンKのレベルに対する日本語によって発酵させた大豆の食糧、nattoの効果を、調査した。 Nattoは多量のMK-7を含み、東で(東京)ほとんど西部の(広島)日本で頻繁に食べられる。 MK-7の血清の集中は頻繁なnattoの食べる人でかなりより高く、nattoの取入口は血清MK-7の集中のマーク付きの、支えられた増加で起因した。 私達はnattoの取入口の地方相違とひびの発生間の関係を分析した。 統計的に重要な反対の相関関係は女性の情報通のひびの発生と日本中の各県のnattoの消費の間で見つけられた。 これらの調査結果はMK-7レベルの大きく地理的な相違がnattoの取入口に一部には、少なくとも、帰され、nattoの消費に起因するより高いMK-7レベルが日本の女性の比較的より低いひびの危険に貢献するかもしれない可能性を提案するかもしれないことを示す。

栄養物。 4月2001日; 17(4): 315-21