生命延長スキン ケアの販売

概要

LE Magazine 2009年1月
概要

Theaflavin

緑および紅茶のポリフェノールによる癌防止のメカニズム。

飲む緑茶は癌の開発の減らされた頻度と関連付けられる。 この検討はepigallocatechinの没食子酸塩(ECGC)メカニズムの広い範囲の輪郭を描くおよび他の緑および紅茶のポリフェノールは癌細胞の存続を禁じる。 EGCGは複数の成長因子の受容器で男性ホルモンの受容器の表現そして信号を送ることを抑制した。 細胞周期の阻止かapoptosisはcaspaseの活発化を含み、Bcl-2家族の表現を変えた。 EGCGはtelomeraseの活動を禁じ、telomereの分裂をもたらした。 高い濃度でポリフェノールに多くで親酸化活動が、低レベル、反酸化効果起こったある間。 一酸化窒素の生産は誘引可能な一酸化窒素のシンターゼの抑制によるEGCGそして紅茶のtheaflavinsによって減らされたIkappaBのキナーゼ活動の結果としてトランスクリプション要因核要因kappaBの核転置の妨害によって減った。 ポリフェノールはいくつかの主酵素の活動、mitogen活動化させたプロテイン キナーゼおよびプロテイン キナーゼCを含む、そしてcyclins、がん遺伝子および腫瘍のサプレッサー遺伝子のそれを含む増加されたか、または減らされた蛋白質/mRNAのレベルを、持ち上げか、または調整し。 転移はurokinaseおよびマトリックスのmetalloproteinasesに対する効果によって禁じられた。 ポリフェノールは減少した血管内皮細胞増殖因子の生産および受容器のリン酸化によって一部にはangiogenesisを、減らした。 最近の仕事はEGCGが核酸および蛋白質の統合に影響を与えるdihydrofolateの還元酵素の活動を減らしたことを示した。 それはまたアリール族の炭化水素の受容器の反対者として直接受容器の分子付き添い、熱衝撃蛋白質90を不良部分によって機能した。 結論として、緑および紅茶のポリフェノールはDNA、RNAおよび蛋白質のレベルで効果を含む癌細胞の成長、存続および転移を、調整する多数のポイントで機能する。

抗癌性の代理店Med Chem。 9月2006日; 6(5): 389-406

紅茶のポリフェノールは長寿の要因FOXO1aに信号を送るインシュリン/インシュリンそっくりの成長の要因1をまねる。

脊椎動物および無脊椎動物では、食事療法間の関係および健康はインシュリンそっくりの配位子に敏感な節約された信号を送る細道によって制御される。 例えば無脊髄モデルでは、この細道のforkheadのトランスクリプション要因家族O (FOXO)のトランスクリプション要因は食餌療法の手掛りに応じて老化の率を調整し、脊椎動物で、同じ細道の肥満そして年齢誘発の欠損はphosphoenolpyruvateのcarboxykinase (PEPCK)のような遺伝子を通って肝臓のぶどう糖新生のdysregulationに貢献すると考えられる。 最近、私達は私達の細胞培養モデルのこの細道を調整することができる食餌療法の要素のために選別し始めた。 ここでは、私達は3紅茶のtheaflavins、theaflavinの3 O没食子酸塩、theaflavin 3'を- O没食子酸塩、theaflavin 3,3'ディディミアムO没食子酸塩および哺乳類FOXO1a、PEPCKのinsulin/IGF-1行為の新しい模倣者としてthearubiginsおよびさらに私達はこれらのより大きい構造に変えられる機能によって証拠をという緑茶の要素の(-)識別する- epigallocatechinの没食子酸塩のこの細道に対する効果決まる提供する。 水を除いて、茶は全体的に最も普及した飲み物であるが、これにもかかわらず、少しは紅茶のポリフェノールの生物的供給かここに示される効果を仲介する分子ターゲットについて生体内で知られている。 これら二つの区域のより詳しい調査は提供する年齢関連の新陳代謝の病気がいかにに延期されるかもしれないか洞察力をかもしれない。

老化の細胞。 1月2008日; 7(1): 69-77

茶ポリフェノールは管機能に寄与する。

茶、世界的の最も普及した飲料は3つの基底形式で、消費される; 緑茶、紅茶およびoolongの茶。 茶はいくつかによってがbioactiveである4,000の化学薬品に含んでいる。 近年患者間の補足として使用することができる茶のpolyphenolicフラボノイドの心血管および新陳代謝の利点の理解に土台の興味がずっとある。 茶を消費する多様なcardioprotective効果か病理学の状態、e.の茶ポリフェノールは記述されていた。 g. 高血圧、アテローム性動脈硬化、糖尿病患者、高脂血症、肥満は茶ポリフェノールのantioxidative、反thrombogenic、炎症抑制、hypotensiveおよびhypocholesterolemic特性に、帰因し。 この検討は茶実験動物モデルと4つの区域の人間の題材の調査のポリフェノールによって基づく生体外および生体内の調査の心血管の利点に焦点を合わせる: (1) vasorelaxant効果; (2) endothelial機能障害に対する保護効果; (3)酸化防止効果および(4) hypolipidemic効果。 私達は簡潔にアテローム性動脈硬化および高血圧に対する茶の効果を論議する。

Inflammopharmacology。 9月2008日26日

緑茶のポリフェノールのepigallocatechin 3没食子酸塩(EGCG)、metalloおよびセリーンのプロテアーゼの自然な抑制剤の反侵略的な効果。

複数のレポートは緑茶のchemopreventiveおよび治療上の特性に帰因した。 疫学の研究は胸およびコロンの癌腫の減らされた発生に緑茶の規則的な使用をつないだ。 茶はカテキン(緑茶)およびtheaflavin (紅茶)のグループのポリフェノールを含む複数の酸化防止剤を、含んでいる。 緑茶の派生物は炎症抑制の、抗ウィルス性そして反腫瘍の薬剤として生体外でそして生体内で機能するために示されていた。 データの広範なボディにもかかわらず少数の調査だけこれらの効果の下にある分子メカニズムを調査した。 この短い検討で私達は腫瘍の侵入にかかわるプロテアーゼの方に緑茶から得られるカテキンの抑制的な活動に焦点を合わせる。

Biol Chem。 1月2002日; 383(1): 101-5

Theaflavin、紅茶のエキスは、新しい炎症抑制の混合物である。

目的: 茶は何世紀にもわたってあり、薬効成分は文献で意味されなかったが、決して十分に確認された。 Interleukin8はchemoattractant主義の好中球および人間の活性剤である。 私達はA549細胞のinterleukin8の遺伝子の腫瘍の壊死によって要因アルファ仲介された表現に対するtheaflavin、黒によって茶得られたポリフェノールの効果を、定めた。 設計: 将来の実験室調査。 配置: 大学実験室。 主題: A549細胞。 介在: A549細胞はtheaflavinのさまざまな集中--にさらされ、腫瘍の壊死のために分析されてinterleukin8の遺伝子発現を要因アルファ仲介した。 測定および本管の結果: Theaflavinによって禁じられた腫瘍の壊死は、10そして30 microg/mLの集中でluciferaseの試金および北のしみの分析によって測定されるようにinterleukin8の遺伝子発現を、要因アルファ仲介した。 この効果は主にtheaflavinによって禁じられた腫瘍の壊死が一時的にinterleukin8の促進者luciferaseレポーターのプラスミッドとtransfected細胞のinterleukin8の促進者の活発化を要因アルファ仲介したのでinterleukin8のトランスクリプションの阻止を含むようである。 さらに、theaflavinによって禁じられた腫瘍の壊死はIkappaBのキナーゼの活発化およびIkappaBアルファ/核要因kappaB細道のそれに続く活発化を要因アルファ仲介した。 Theaflavinはまたかなり腫瘍活性剤蛋白質1の壊死によって要因アルファ仲介されたDNAの結合を減らした。 結論: 私達はtheaflavinがinterleukin8の遺伝子発現の生体外で有効な抑制剤であることを結論を出す。 この効果の近位メカニズムはIkappaBのキナーゼ活発化の部分、阻止および活性剤蛋白質1の細道で、含む。

Critの心配Med。 10月2004日; 32(10): 2097-103

TheaflavinはSTAT-1の炎症抑制の効果そして調節によってラットの大脳の虚血reperfusionの傷害を改善する。

Theaflavin、紅茶の主要な要素は、antioxidative、抗ウィルス性の、および炎症抑制の物のような生物的機能を所有している。 この調査の目的はtheaflavinが中大脳動脈の閉塞(MCAO)のラット モデルの焦点大脳の虚血の傷害を減らすかどうか確かめることだった。 Sprague-Dawleyのオスのラットは麻酔をかけられ、MCAOの2時間に服従させてreperfusion 24時間に続いた。 Theaflavinの管理(5、10、および20 mg/kg、i.v。) infarctおよび浮腫の容積を改善した。 Theaflavinは傷つけられた頭脳のICAM-1、COX-2およびiNOSの白血球の浸潤そして表現を禁じた。 STAT-1の核心に細胞内シグナリングを仲介し、偽りのグループのそれ上の高められた2折目、そしてtheaflavinによって禁じられた蛋白質のリン酸化。 私達の調査は保護した、およびことをtheaflavinが大脳の虚血reperfusionの傷害からICAM-1の白血球の浸潤そして表現の制限によってかなりニューロンをことを示しSTAT-1のリン酸化を減らす一部にはischemic頭脳の炎症性関連のprooxidative酵素のupregulationを(iNOSおよびCOX-2)を経て、少なくとも抑制する。

仲介人Inflamm。 2006;2006(5):30490

theaflavin 3,3'による酸化圧力そして核要因kappaBの活発化の調節-ラットの没食子酸塩は大脳の虚血reperfusionに露出した。

IRの傷害の主要なpathobiologicalメカニズムはexcitotoxicity、酸化圧力および発火を含んでいる。 TF3の紅茶の主要な要素は、反酸化および炎症抑制の活動のような生物的機能を所有している。 この調査の目的はラットの大脳IRの傷害に対してTF3およびメカニズムの神経の防食電位を確認することだった。 TF3管理(10そして20 mg.kg-1)はinfarctの容積を改善した。 TF3はまたMDAおよびいいえの内容を減らした。 IRの傷害によって減ったTF3はかなり芝地およびGSH-Pxの活動を高めた。 TF3の管理はCOX-2およびiNOSのmRNAそして蛋白質の表現を減らした。 DNAの結合および西部にしみが付くことはNFkappaB活発化の増加およびIRの脳組織のIkappaBの枯渇を明らかにした。 TF3の前処理は著しくNFkappaBの核局在化のIRinducedの増加を禁じ、細胞質のIkappaBを維持した。 結果はTF3が大脳IRの傷害に対して酸化圧力を減らし、NFkappaB活発化をことを調整することによって保護効果を出すことを示す。

Folia Biol (Praha)。 2007;53(5):164-72

LNCaPの細胞のTheaflavinsによって引き起こされるapoptosisはp53の誘導、NF Κ Bの規則およびmitogen活動化させたプロテイン キナーゼの細道によって仲介される。

前立腺癌(PCA)、人の最も頻繁に診断された敵意は死亡率の特に長い潜伏期間、高い比率および疾病率のために、chemopreventionの調査のための優秀な候補者の病気を表す。 紅茶の注入およびpolyphenolic要素はtransgenic動物を含む生体内および生体外のモデルの男性ホルモン依存したPCAの抗腫瘍性の効果を所有するために示されていた。 現在の調査では、私達はその紅茶のポリフェノール報告する、人間の前立腺の癌腫のTheaflavins (TF)の誘発のapoptosisを、LNCaPの細胞は2つの関連細道の調節によって仲介される: apoptosisをもたらす比率の親およびantiapoptotic蛋白質の変更を引き起こすp53の規則およびNF Κ Bの活動の規則により。 Bcl-2家族蛋白質の変えられた表現はチトクロームCの解放および作動体のcaspase 3.の活発化に先行している創始者のcapsase 9の活発化を誘発した。 なお、TFはまたmitogenによって活動化させたプロテイン キナーゼ(MAPK)の細道の蛋白質の表現に影響を与えた。 私達の結果はTFの処置がphospho細胞外の信号調整されたプロテイン キナーゼの規則で起因したことを示した(Erk1/2)およびphospho-p38 MAPKの表現。 私達は親およびapoptosisことををもたらす細胞の存続の細道のantiapoptotic蛋白質および規則TFがバランスその間移すことによってLNCaPの細胞のapoptosisを引き起こすことを結論を出す。 それ以上この仕事を拡張して、私達はまたTFがcaspasesによって男性ホルモン独立したPCAの細胞ラインのapoptosis、PC-3およびMAPKsによって仲介される細道を引き起こすことを示した。 従って、PCAの細胞ラインに対するTFの効果は男性ホルモンの状態に関係なくあることをようである。

生命Sci。 5月2007日16日; 80(23): 2137-46

Theaflavinsは人間HepG2細胞のAMPKの活動化によって肝臓の脂質の蓄積を減少させる。

紅茶は世界の最も普及した飲料の1つであり、健康促進の効果は集中的に調査された。 紅茶のantiobesityそしてhypolipidemic効果は増加する興味を引き付けたが、これらの現象の下にあるメカニズムは明白でなく残る。 現在の調査では、紅茶の主要コンポーネントのtheaflavinsは肝臓の脂質低下潜在性のために細胞培養と動物の実験モデルの脂肪酸の過負荷状態で管理されたとき査定された。 私達はtheaflavinsがかなり脂質の蓄積を減らし、脂肪酸の統合を抑制し、そして脂肪酸の酸化を刺激したことが分った。 なお、theaflavinsはまたAMP活動化させたプロテイン キナーゼ(AMPK)の刺激によってLKB1および反応酸素種の細道によってアセチル補酵素Aのカルボキシラーゼの活動を禁じた。 これらの観察はAMPKがtheaflavinの処置によって減らされた肝臓の脂質の蓄積の重大な部品行うという考えを支える。 私達の結果はtheaflavinsが生体外でそして生体内でbioavailable、脂肪肝および肥満の防止で活発かもしれないことを示す。

Jの脂質Res。 11月2007日; 48(11): 2334-43

theaflavin富ませた緑茶のエキスの効果のコレステロール低下: ランダム化された管理された試験。

背景: 茶消費は減らされた心血管の危険と関連付けられたが、利点の潜在的なメカニズムは不明確である。 それ1日あたりの飲むことは多数のお茶低密度脂蛋白質のコレステロール(LDL-C)を、飲む茶の前の試験および下げることを疫学の研究が提案する間、緑茶のエキスの管理は人間で脂質および脂蛋白質の影響を示さなかった。 私達の目的は高脂血症を緩和するために穏やかの主題の脂質そして脂蛋白質のtheaflavin富ませた緑茶のエキスの影響を調査することだった。 方法: 、二重盲目、偽薬制御ランダム化されて、平行グループの試験は中国の6軒の都市病院の外来クリニックで置いた。 合計240人および女性は高脂血症を緩和する穏やかの低脂肪食で18番の年またはより古い任意にtheaflavin富ませた緑茶のエキス(375 mg)または12週間偽薬を含んでいる毎日のカプセルを受け取るために割り当てられた。 主要な結果の手段は総コレステロール、LDL-C、高密度脂蛋白質のコレステロール(HDL-C)、およびベースラインと比較されたトリグリセリドのレベルの中間のパーセントの変化だった。 結果: 12週後で、中間は総コレステロール、LDL-C、HDL-Cのベースラインから+/- SEM変わり、トリグリセリドのレベルは-11.3% +/- 0.9% (P =.01)、-16.4% +/- 1.1% (P =.01)、2.3% +/- 2.1% (P =.27)、および2.6% +/-茶エキスのグループの3.5% (P =.47)、それぞれ、だった。 総コレステロール、LDL-C、HDL-Cおよびトリグリセリドの中間のレベルは偽薬のグループでかなり変わらなかった。 重要で不利なでき事は観察されなかった。 結論: 私達が調査したtheaflavin富ませた緑茶のエキスはhypercholesterolemic大人のLDL-Cを減らす低飽和脂肪質の食事療法へ有効な付加物、よく容認される。

アーチのインターンMed。 6月2003日23日; 163(12): 1448-53

3の ページで 2続けられる