生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長雑誌

LE Magazine 2008年11月
イメージ

大豆のイソフラボン、クルクミンは膵臓癌を妨害するために相乗作用を与える

大豆のイソフラボンおよびクルクミンは癌細胞が存続するのを助ける協力し膵臓癌を避けるのを助けることができる遺伝子の活発化を減らすために新しい調査reveals.*の膵臓癌は癌の死の第4一流の原因に残り、有効な防止および処置の作戦は非常に必要とされる。

膵臓癌の発生がアジア人間で比較的低いことに注意して、アメリカの研究者は大豆のイソフラボンのような従来のアジア食餌療法の要素、およびクルクミンが抗癌性の活動を提供するかもしれないかどうか疑問に思った。

科学者は膵臓癌の細胞培養にイソフラボンそしてクルクミンを、それぞれおよび組合せの、加えた。 結果は「apoptosis [細胞自殺]の細胞の成長そして誘導の阻止組合せのグループでかなりより大きかったよりことを明らかにした単独でどちらかの代理店によって達成できる」。が

大豆のイソフラボンおよびクルクミンは核要因Κ B (NF kb)、癌の進行の重要な役割を担うと信じられる免疫反応の主調整装置の活動のおよび炎症性抑制によって働くことができる。

— Dale Kiefer

参照

* Wang Z、Desmoulin S、Banerjee Sの等膵臓癌の細胞の多数の天然産物の相助効果。 生命Sci。 8月2008日15日; 83 (7-8): 293-300。

リコピンは脂質を、遅らせるAtheroscleroticプラクの蓄積を下げる

リコピンはウサギのアテローム性動脈硬化の開発を与えたfluvastatinの効果と同じような高脂肪の食事療法に新しい調査reports.*のリコピンであるトマトのハイ レベルで見つけられた酸化防止効果をもたらすカロチノイド遅らせた。 fluvastatinのようなStatinの薬剤は低密度脂蛋白質(LDL)の蓄積そして酸化の抑制によってアテローム性動脈硬化を防ぐ。

40匹のウサギは5グループの1つで扱われた: 単独で標準的な食事療法(制御)、高脂肪の食事療法10のmg/kgのfluvastatinの4つのmg/kgまたはリコピン12のmg/kgのの、高脂肪の食事療法、または高脂肪の食事療法。

8週後で、すべての扱われたグループはだけ高脂肪の食事療法と比較された総コレステロール、トリグリセリドおよびLDLの低レベルがかなりあった。 リコピンおよびfluvastatinは両方atheroscleroticプラクの形成を減らしたが、リコピンは減少した脂質レベル、酸化させたLDLおよび発火のためのfluvastatinより優秀だった。

全体的にみて、著者は完了する、「これらの調査結果アテローム性動脈硬化の予防および治療上の薬剤としてリコピンの使用に提供する理論的な理論的根拠を」。は

—ローラJ. Ninger、ELS

参照

*、李YL私の、Hu江CH、劉ZQ、Qu SL、黄YM。 ウサギの高脂肪の食事療法によって引き起こされるアテローム性動脈硬化に対するリコピンおよびfluvastatinの効果の比較。 栄養物。 6月2008日26日。

Resveratrolはマウスの老化を遅らせる

Resveratrolはマウスの老化を遅らせる

Resveratrol、混合物赤いブドウで見つけられるおよび他の食糧は、前にカロリー限られた食事療法と見つけられる利点と同じようなマウスの老化の効果を、*減少させる。 研究はresveratrolがある特定のイースト、みみず、はえおよび魚の寿命を伸ばすことを示した。

実験マウスは食餌療法の制限(隔日の供給)、高カロリーの食事療法、または標準的な(制御)食事療法のresveratrolの有無にかかわらずどちらかの各グループと扱われた。 約1つの年によって抑制される年齢関連の心循環器疾患のための食事療法、resveratrolの補足、食餌療法の制限と同じような運動神経の骨粗しょう症、激流および低下にもかかわらず。 扱われたマウスでは、レバーおよび筋肉ティッシュはより若い動物のそれらに類似していた。

resveratrolの利点は酸化防止および炎症抑制の効果が原因であるかもしれない。 Resveratrolは実際に減少したカロリー摂取量なしで食餌療法の制限の有利な効果の一部をまねて人間に有用になるかもしれない。

—ローラJ. Ninger、ELS

参照

*ピアソンKJ、Baur JA、ルイスKNの等Resveratrolは年齢関連の悪化を遅らせ、延長寿命なしで食餌療法の制限のtranscriptional面をまねる。 細胞Metab。 7月2008日2.日。

ブロッコリーは前立腺癌の危険を減らす

疫学の研究は1週(例えばブロッコリー、カリフラワー、キャベツ、等)あたりのcruciferous野菜の少なくとも1つのサービングをisothiocyanatesと呼ばれる化合物はこの保護効果に責任があることを信じた前立腺cancer.*を発達させてまずない消費する仕事でメカニズムを理解する人、努力は前にティッシュ文化または動物モデルを含んだがことを提案する。 今度は、人間のボランティアとの一年間の調査は実際conditions.*の下で更にこの現象を照らした

12か月間ブロッコリーが豊富かエンドウ豆が豊富な制御食事療法を消費するイギリスの研究者の任意に割り当てられた主題。 主題の前立腺は遺伝子発現の調査の期間および相違が吟味された後前に、の間に、そして切り取って検査された。 分析は遺伝子発現のより多くの変更が6か月以内の重大さに達するブロッコリーが豊富な食事療法の人間に起こったことを明らかにした。

「前立腺の発火および発癌と関連付けられた細道に信号を送ることへの複合体の変更の消費のブロッコリーの…結果[s]」、は研究者を完了した。 遺伝子発現のこれらの変更は「cruciferous野菜で豊富な食事療法」。が前立腺癌および他の慢性疾患の危険を減らすかもしれない観察を説明するかもしれない

— Dale Kiefer

参照

* Traka M、Gasper AV、Melchini Aの等ブロッコリーの消費はGSTM1と前立腺のoncogenic信号を送る細道を混乱させるために相互に作用している。 PLoS 1。 7月2008日2日; 3(7): e2568.

ザクロのエキスは発火を禁じる

ザクロのエキスは発火を禁じる

隔離されたザクロのエキスは血の炎症性活動を扱われたrabbits.*のザクロから知られている有利な酸化防止および炎症抑制の特性があると禁じた。

この調査では、4匹のウサギはザクロのフルーツのエキスの10のmLを(ザクロ ジュースの175のmLと同等の)与えられ、2匹の対照動物は水を受け取った。 血は後で2時間集められ、cyclooxygenaseの酵素と(発火にかかわるCOX-1およびCOX-2)またはウサギの軟骨の細胞(chondrocytes)と炎症性プロセスに対するザクロ扱われた血の効果をテストするために孵化した。

扱われたウサギからの血しょうサンプルは未処理血しょうと比較してかなりCOX-1および特にCOX-2活動を禁じた。 扱われた血しょうサンプルはまた炎症性仲介人一酸化窒素およびchondrocytesのプロスタグランジンE2の生産を禁じた。

著者はこれらの行為が関節炎の処置に於いての未来の役割を提案することを信じる: 「…ザクロのフルーツのエキスの消費は関節炎の炎症性仲介人の炎症性刺激誘発の軟骨の故障そして生産の禁止の価値であるかもしれない」。

—ローラJ. Ninger、ELS

参照

* Shukla M、Gupta K、Rasheed ZのKhanのKA、Haqqi TM。 ザクロのBioavailableの要素/代謝物質(ザクロL)は優先的にCOX2活動前のヴィヴォおよび人間のchondrocytesのIL 1beta誘発PGE2生産を生体外で禁じる。 J Inflamm (Lond)。 6月2008日13日; 5: 9。

カロリーの制限は酸化圧力を、増加する寿命を減らす

カロリーの制限の健康的な利点は単独で減らされたエネルギー取入口よりもむしろ少数のカロリーの、消費と関連付けられる減らされた酸化圧力と関連しているかもしれない新しいreport.*のカロリーの制限に従って実験動物の寿命を伸ばし、人間の多数の医療補助と関連付けられた。

調査された研究者はカロリー限られた食事療法を受け取った、またはカロリー限られた食事療法の金持ちを老化させた高度のglycationの最終製品(年齢)のマウス。 年齢は器官の機能障害および減らされた寿命に関連する酸化圧力を引き起こす。

インシュリン抵抗性にひもで締められた、古いマウスは減らカロリーの食事療法に中心および腎臓の損傷および減らされた長寿先行している酸化圧力の年齢によって開発された血のマーカーと与えた。 簡単なカロリー限られた食事療法を消費した事実上同一のマウスは酸化圧力のそのような印を経験しなかったし、彼らの同等より長く住んでいた。

「従って」、完了した研究者を、「a [制限されるカロリー]食事療法の有利な効果部分的に減らされたエネルギー取入口よりもむしろ減らされたオキシダントの取入口、老化のマウスのオキシダントの状態の主な決定要因はと、関連しているかもしれない」。

— Dale Kiefer

参照

* CAI W、彼はJC、朱L、等口頭glycotoxinsオキシダントの圧力、年齢関連の病気および寿命に対するカロリーの制限の効果を定める。 AM J Pathol。 8月2008日; 173(2): 327-36。

  • ページ
  • 1
  • 2