生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2008年11月
私達がそれを見るように

老化の男性の余分なエストロゲンの危険

ウィリアムFaloon著
ウィリアムFaloon
ウィリアムFaloon

生命延長 の私達は 時々私達のオスのメンバーの血をテストするとき私達がエストロゲンのレベルをなぜ点検するか尋ねられる。

ずっと昔に、私達はエストロゲンのレベルが頻繁に老化の人で上がる出版し、余分なエストロゲンと関連付けられた険悪な健康を損う危険性を論議したことデータ提示を。 人がエストロゲンの積み過ぎを訂正することはとても容易であるのでそれは血の結果が余分で(か不十分な)エストロゲンを明らかにすればそれのためにテストし、適切な是正処置を推薦する意味を成していた。

最近の反老化の会議の提示はより高いエストロゲンのレベルが老化する人に有利であることを提案した。 これは私達を私達がある最近の調査結果を見落としたかどうか見るために出版された科学文献を捜すために促した。

私達がだけでなく、覆いを取った何の私達の元の推薦を確認したが、私達が考えた何を老化の人の余分なエストロゲンが 危ないよりことを明らかにした。

二重打撃の危険

打撃は第3一流の死因および年齢関連の不能の一流の原因である。 大脳の血管の異常な血液凝固は打撃のコモン・コーズである。 余分なエストロゲンは異常な凝血を促進する。1

ちょうど昨年出版された調査ではestradiol ( 有効な エストロゲン)の血レベルは71から93老化した2,197人のグループで年齢測定された。 年齢のための調節、高血圧、糖尿病、adiposity、コレステロール、心房細動および他の特徴はなされた。 フォローアップの間に、estradiolの最も高い血レベルを持つ 人は 打撃の 2.2折目のより大きい危険をestradiolのレベルがより低かったそれらと比較してもらった。2

この調査はestradiolの血レベル大きいより34.1 pg/mLが この で打撃の発生の倍増よりもっと起因したことを明らかにした。 生命延長はずっと昔に人に30 pg/mLの下で彼らのestradiolのレベルを 保つように 警告しこの最近の打撃の調査ははっきり私達の前の推薦を認可する。

中年の人の余分なエストロゲン

幹線システムの健康を評価する1つの方法は超音波テストを使用して頸動脈の内部および中間壁を測定することである。

中年の人の余分なエストロゲン

前に出版された調査2年ではestradiolの血 レベルは 平均年齢が58だった313人で測定された。 次に頸動脈intima媒体の厚さは後でベースラインおよび3年で測定された。 他の危険率を調節の後で、estradiolのハイ レベルを持つ 人は 彼らの頸動脈の壁の悪化の厚化に苦しんだ。 これは完了するために導いた研究者を 「循環のestradiolである中年の人の頸動脈intima媒体の厚さの進行の予言者」。3

中年の人のこの調査は調査結果に口頭で摂取されたエストロゲンの薬剤を使用して前立腺癌を持つ人の処置が高められた心血管のでき事および死と関連付けられること基づいていた始められた。

頸動脈の壁の超音波測定は幹線病気の正確な予想表示器を提供する。 この調査の調査結果はより高いestradiolのレベルを持つ人で頸動脈intima媒体の厚さの 進行を 示す。 より大きい頸動脈intima媒体の厚さは心臓発作および打撃の高められた危険にはっきりと関連する。

オスの心臓発作の犠牲者の高のEstradiol

オスの心臓発作の犠牲者の高のEstradiol

ちょうど出版された調査は前に心臓発作に苦しんでしまった と昨年激しい心筋梗塞(心臓発作)に苦しんでいる人のテストステロンそしてestradiolの血レベルを比較した。

性ホルモンは激しい心臓発作と、古い心臓発作を用いる患者示している、患者および正常な冠状動脈を持つ患者で測定された。 結果は冠状病気なしでそれらと 比較された 心臓発作の患者の両方のグループでestradiolのかなりハイ レベルを示した。 多数の前の調査から期待されるように4、心臓発作の犠牲者はまたテストステロンの レベルを 減らした。

多くの人が余分なestradiolに苦しむおよび不十分なテストステロンは有利なテストステロンの多くがestradiolに(芳香化される)変えられる間、老化ボディがより少ないテストステロンを作り出すことである理由。 病理学の結果はエストロゲンの優勢を作成するエストロゲンへのテストステロンの比率の変更である。5つは エストロゲンの積み過ぎおよびテストステロンの不十分のこの不均衡心循環器疾患の頻繁に見落された原因である。

幸いにも後押しの自由なテストステロンが水平になる間、余分な エストロゲンを 下げるためにaromataseの酵素を妨げる安全な方法がある。

冠状アテローム性動脈硬化の人の高いエストロゲン

冠状angiogramとして知られている侵略的な 診断手順は 心筋に与える動脈で現在のアテローム性動脈硬化の程度を測定できる。

使用された研究者は性ホルモンの効果を確認するために冠状アテローム性動脈硬化の場合をangiogram確認し、人のグループの他の新陳代謝の要因は40-60年を老化させた。

健康な年齢一致させた制御と比較されて、冠状アテローム性動脈硬化の人はestradiolの 高レベルの前でestrone (別の有効なエストロゲン)の低いテストステロン、ハイ レベル、およびテストステロンの低レベルが あった6つは これらの調査結果研究者を、「総テストステロンの低水準 示すことによって調査を完了するために導いた、冠動脈疾患の人のestroneのテストステロン/estradiolの比率そして自由な男性ホルモンの索引およびハイ レベルは新陳代謝シンドロームの多くの特徴とともに現われ、冠状アテローム性動脈硬化の病因にかかわるかもしれない」。

冠状アテローム性動脈硬化の人の高いエストロゲン

もう一人の研究グループが後で年行なった安定した冠動脈疾患の人のグループの冠状アテローム性動脈硬化の範囲を測定するのに調査ではangiogramsが使用された。 見つけることはestradiolのレベルと他の知られていたatherosclerotic危険率間の重要で肯定的な相関関係を示した。7つは 示すことによって科学者調査を完了した、 「私達の結果冠動脈疾患と示す人に於いてのatherogenic脂質の環境の開発の促進に於いてのestradiolの可能な役割を」。は

これら二つの最近の調査は余分なエストロゲンが人のアテローム性動脈硬化を促進することを示す他のレポートを認可する。

周辺動脈の病気および性ホルモン

周辺動脈の病気は 通常1動脈の部分的なか総妨害があると、足か腕に導く起こる。 足動脈の病気は通常血循環を損なうアテローム性動脈硬化が原因である。 この条件に苦しむそれらは歩くことがヒップ、バトック、腿、膝、向こうずね、または上部のフィートの疲労、けいれんを起こすこと、および苦痛で持って来ることができることが分る。

調査はテストステロンおよびestradiolの血レベルがより低い先端の年配の人の周辺幹線病気と関連付けられるかどうか定めるように努めて昨年出版した。

関係者は75.4年齢を平均した周辺動脈の病気の3,014人から成っていた。 、estradiolのハイ レベルがあったようにテストステロンの低水準が周辺動脈の病気と独自にそして肯定的に関連付けられたことを現在に煙り年齢の考慮の後で、前に煙り、糖尿病、高血圧そして体格指数、調査結果は示した。8

完了されたこの調査を行なった医者は 「この横断面調査低い血清のテストステロンおよび高い血清のestradiolのレベルがより低い先端年配の人の周辺動脈の病気と」。関連付けることをはじめて示す

製薬産業は周辺動脈の病気とそれらを扱う幸運を作る。 規定される普通薬は血糖、より低いコレステロール(statins)、凝血の低血圧、およびより危険度が低いを下げる普通薬を含んでいる。 Plavix®と呼ばれる普及した 薬剤は 重くペリフェラルおよび他の幹線病気を扱うために広告された。

知られているものがで低いテストステロンおよび高いestradiolのatherogenicおよびthrombotic危険について基づいて、それは若々しい範囲に彼らのテストステロンを元通りにしたらおよび減らされた余分なestradiolできる周辺動脈の病気に苦しんでいる人が彼らの薬剤の多数を放棄こと考えられる

オスの慢性の発火患者で見られるEstradiolの高いレベル

慢性関節リウマチは心臓発作、癌および打撃の高められた危険で起因する厳しい慢性の炎症性状態である。 慢性関節リウマチの性ホルモンの評価された血レベルを持つ人の調査は健康な制御と比較した。9

慢性の発火に苦しんでいなかった主題と比較された慢性関節リウマチの患者のestradiolのレベルはより高いおよびDHEAのレベルのより低かった。9つは 高いエストロゲンのレベルが(女性で)全身の発火のための最も正確なマーカーであるC反応蛋白質を増加できることを示す調査にこれ対応する。10-12 上げられたC反応蛋白質は健康な個人の冠状心臓病のための独立した危険率である。

余分なエストロゲンの別の致命的なメカニズム

余分なエストロゲンの別の致命的なメカニズム

年齢50にわたる人の第1死因は中心、肺、または頭脳のようなボディの危険領域への血の流れを妨げる動脈の異常な凝血(血栓)の開発である。 高いエストロゲンはこれらの致命的なthromboticでき事に人々をし向ける。

心筋infarctsの病院で是認される人がestradiolを上げ、テストステロンのレベルを下げることが分られた。13は 性ホルモンのレベルが評価された激しい心臓発作を用いる病院に是認された人でできていた興味深い調査でこれ示されていた。 制御患者と比較されて、 これらの 心臓発作の患者のestradiolのレベルはbioavailable テストステロンの レベルはほぼ3回制御患者の それらよりより少しだった がより高い180%だった。14

これらの調査結果は高いエストロゲンおよび低いテストステロンと関連付けられるより高い心臓発作の発生を明らかにする。 しかしそれはテストステロンのこれらの低水準およびestradiolのハイ レベルが心臓発作自体 に応じて 行われたこと可能である。14

エストロゲンおよび前立腺癌

悪性の前立腺の病気のエストロゲンの演劇が矛盾し、複雑であること役割。 ある調査はエストロゲンおよび有毒な代謝物質が前立腺癌の原因であることを示す。15,16 けれども前立腺癌が成長したら、ある特定のエストロゲンの混合物抗癌性の効果を示しなさい。

このパラドックスはメカニズムによってこと前立腺の細胞DNAの細胞の成長の取締管理の損失で起因する17の引き起こす 遺伝子の突然変異によりを傷つけるestradiol (および有毒な代謝物質)使用、すなわち癌説明することができる。 興味深いことに前立腺の腫瘍が明示すれば、エストロゲンは癌細胞が結局エストロゲンの薬剤に対して抵抗力があるようになり、次に成長に燃料を供給するのに内生エストロゲンを使用するけれども反腫瘍の効果を出すかもしれない。

エストロゲンが一時的にある特定のタイプの前立腺癌の細胞の反腫瘍の効果を出すかもしれないという事実はエストロゲンが同じ癌の開始に貢献するかもしれない議論を減少しない。 例えば、前に出版された調査2年で研究者は「estradiolラット のテストステロンの処置に加えられるとき、前立腺癌の発生は著しく前立腺癌の高い発生のエストロゲンの処置結果の短期講習」。が高められることを発見し、 これらの科学者はエストロゲンの代謝物質がDNAに内転し、反応酸素種の生成を引き起こすことができる反応中間物に変えることができることを仮定する; 従って、estradiolは前立腺の細胞の遺伝子へのDNAの損害を与える弱くDNA有害な発癌物質である。18は この種類のDNAの規定する遺伝子への損傷前立腺癌を始めるものがである。

しかし多くの出版された調査は高い血のestradiolのレベルと診断された前立腺癌間の連合を示さない。そこの 1つの理由がより多くの高いエストロゲンを持つ人の診断された前立腺癌ではない19は一度開発することをDNAの損傷を始めたりそして制御の下で前立腺癌を一時的に保つのに役立つ高いestradiolのレベルがことであるかもしれない。

ある特定の前立腺癌の細胞がestradiol療法に対して抵抗力があるようになる興味深いメカニズムは腫瘍の細胞から選択式にestradiolを取除く癌細胞の部品の開発である。 私達の正常な細胞が癌細胞適応性があったらただ、私達は多分生物学的に不滅になってもよい。

estradiolの血レベルが前立腺癌の発生になぜ関連しないかもしれないかもう一つの理由は自身のestradiolを作り出す前立腺の細胞の機能である(自身のaromataseの酵素の作成によって)。 証拠が矛盾しているが、前立腺のエストロゲンのローカル統合自体が前立腺の腫瘍の開発で重要かもしれないという明かな徴候がある。この の16はすべて助け前立腺内のエストロゲン 発癌性の効果を妨げるためにオスのメンバーが取る栄養素の生命延長の重要性を認可する。

前立腺癌のサプレッサーが化学療法の薬剤と見ることができると同時に癌をもたらし、次に機能するために余分なエストロゲンが最初にDNAの規定する 遺伝子を いかにへの傷つけることができるか類似。 ほとんどのchemoが殺害の癌細胞に薬剤を入れるメカニズムは細胞DNAへの大きい損傷を加えることである。 chemoの薬剤が癌細胞を殺す間、同時に健康なDNAを傷つけ、未来の癌の危険性を高めてもいい。 それは初期癌にその超過分エストロゲンの損傷の前立腺の細胞DNA現われるが、一時的な前立腺癌のサプレッサーとして一方では機能する。 この類似を示すことで、私は人のエストロゲンが有毒なchemoの薬剤危ないことを意味していない。 私は癌細胞の伝播を抑制する何かによりまた(エストロゲンのように)癌を引き起こすことができることを示している。

私達の観察

私達の観察

生命延長 の私達は 頻繁に驚くほどに高いestradiolのレベルがある無症状の前立腺癌を持つ老化させた人を観察したあることが。 それは針のバイオプシーが高いPSAのレベルだけによって適度に識別されたこれらの成長が遅い腫瘍を確認するように要求する。 実際、私達は頻繁に前立腺癌の潜在的な表示器として老化の人のestradiolおよび自由なテストステロンの血レベルを見る。 低く自由なテストステロンおよび高いestradiolの老化の人は頻繁にこれらの観察に基づいて前立腺癌を経験する。 しかしこれらの人の多数は血管疾患がもとで彼らの前立腺癌が診断される前に死ぬ(多分彼らの高いエストロゲンのレベルによって引き起こされる)。

実際、ちょうど出版される調査は前立腺癌の開発で今年エストロゲンの効果を始める潜在性を論議する。15の 腫瘍の 開始は 国立癌研究所 によって 腫瘍を形作れるようにと同時に正常な細胞が変わるプロセス定義される。 癌を引き起こす物質は腫瘍の創始者 である場合もある。 この主題の最も最近の調査はエストロゲンが前立腺癌の創始者であること 、そして 反エストロゲン療法が見落された防止の作戦であるかもしれないことを提案する。

見落された理由エストロゲンのレベルと前立腺癌間の関係は最も高いエストロゲンのレベルを持つ人は心臓発作から死ぬかもしれ、前立腺癌の前の打撃に臨床的に明示するチャンスがあったという事実であることをそう多くの人間の調査が示さない。 従ってこの記事の始めに論議された血管疾患の危険に基づいて彼らの生命のエストロゲンの積み過ぎに早く苦しんだ人は、生きていない十分に長く臨床的に成長するために診断した前立腺癌をすぐに死ぬと期待され。 統計的な観点から、これは不当に最も高いエストロゲンのレベルを持つ多くの人が調査に加わるために生きていないのでそれを老化の人のより高いestradiolのレベルが前立腺癌のより大きい発生で起因しないことに現われさせる。

前立腺癌についての誤解

人が老齢期に達するまで前立腺癌は通常診断されない間、15-25年臨床明示前の始めることができる。20 実際、耐えられる前にエストロゲンによって加えられる前立腺の 細胞 への起こる開始DNAの損傷がことができる説得力のある証拠がある! 調査は生命の第2そして第3学期には早くも、子宮の高いエストロゲンへの露出が80年間明示しないかもしれない前立腺癌を始めることができることを示す。15,21-28

癌が十分に成長することができるように多くによりただの開始が要求するように、これについて過度に困っている感じてはいけない。 前立腺癌を開発するかどうか食べるおよび他の生活様式の要因に巨大な影響がある何を、強く遺伝的に走りがちでも。

温和な前立腺の拡大に於いてのエストロゲンの役割

前立腺癌とは違って、開発に於いてのエストロゲンの役割および温和なprostatic増殖( BPH )の進行ははっきり定義される。 動物実験は仮説を腺の増殖に終って最初にエストロゲンが前立腺の成長を刺激できることもたらした。 それに続く人間の研究の大きいボディは最初の調査結果を確認する。15,20,29-32

エストロゲンはBPHと関連付けられる尿の不快のそう多数を引き起こす前立腺のstromal細胞の拡散を刺激する。 調査はちょうど今年文書化するestradiolが前立腺のstromal細胞の急速な拡散を引き起こす特定のメカニズムを出版した。15

温和な前立腺の拡大に於いてのエストロゲンの役割

今年出版される別の調査はまたestradiolがstromal細胞の拡散をいかに高める、そしていかにで反エストロゲンの混合物がこの望ましくない効果を妨げるかそれ以上の説明を提供する。 研究者はエストロゲンがBPH の病因の役割を担うこと「…これらの調査結果が仮説、stromal繁茂によって主に特徴付けられる病気を」。支えることを結論を出した20

昨年出版された調査では研究者は共通BPHの尿道徴候の血の性のホルモン レベルの連合を評価した。 調査の主題は260人から、テストステロン、estradiolおよび他の性ホルモンの血レベルが測定された60番の年齢またはより古い成っていた。 これらの人の、128の場合に2つから4つの徴候(夜、ためらい、不完全な空けること、および弱い流れの余分な排尿)があった。 制御グループの132人は尿の徴候がなかった。 調節は年齢、競争/民族性、ウエストの円周、喫煙、アルコール消費および身体活動のためになされた。33

結果はBPHの被害者は無症状制御よりかなり大きいestradiolの集中が統計的にあったことを示した。 BPHの徴候に苦しんでいる人はまたdihydrotestosterone (DHT、別のものBPHの開発の 文書化された 要因)の代謝物質のためのマーカーのハイ レベルがあった。 多変数の調節の後で、より大きいestradiolの集中の人は尿道 徴候 の1.78倍より高い発生があった。 尿道徴候のより大きい発生はdihydrotestosteroneの代謝物質のハイ レベルを持つ人に血のテストステロンのレベルが尿道徴候に対する効果を示さなかった一方、起こった。 この調査を行なった医者は、「dihydrotestosteroneの より古い米国の人、循環AAG、代謝物質、およびestradiolのこの横断面調査の代表で示すことによってより低い尿道徴候を持っている高められた危険と完了した関連付けられた」。33

過去の18か月にわたって報告されるこれらの調査結果は生命延長が温和なprostatic増殖(BPH)に於いての エストロゲンの 役割についての1994年にメンバーに告げたことを確認する。 明るいニュースはほとんどの生命延長 オスのメンバーが 既に栄養素に(時としてArimidex®およびAvodart®のように薬剤を入れる)前立腺のその展示物の反エストロゲンおよび反DHT特性自体を取っていることであり。 これはエストロゲンおよびDHTが血で下がる時でさえ、前立腺の細胞が前立腺のそれらの総合によって償うことができるので重要である。

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2