生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長雑誌

LE Magazine 2008年3月
イメージ

ビタミンk2との保護の骨そして幹線健康

ウィリアム デービス著、MD
ビタミンk2との保護の骨そして幹線健康

何百万の健康な骨を維持する人々の取得カルシウム補足。 けれども少数の患者か医者は実現しそれ最大限に活用することが骨の完全性含むことを単一のミネラル補足を取るより多くを。 骨および心血管の健康のための重大で付加的な部品はビタミンK2である。

最近の研究は、ビタミンK2なしで、カルシウム規則が破壊されることを明らかにした。 実際、ビタミンK2の低水準は心臓病およびアテローム性動脈硬化の高められた危険と関連付けられる。1 鋭い医者は長く彼らの動脈のカルシウムの超過分を所有するために彼らの骨のカルシウムの欠乏の人々が本当らしいことを逆の場合も同じ知っていた。 骨のカルシウムの生じる欠乏は骨粗しょう症を幹線壁のカルシウムの沈殿は心血管、腎臓、およびneurodegenerative病気の冠状心臓病そして他の明示をもたらすが、もたらす。

ビタミンKが長年に渡ってあったが、食餌療法の推薦は健康な血に必要な額面価額曇ったり凝固および健康な骨および動脈を維持するのに必要とされるビタミンKの最適量を無視した。 この記事では、私達は、またある特定のタイプの癌をかビタミンK2がカルシウム、また心臓病および骨粗しょう症を防ぐことのこの独特なビタミン支える最近の証拠をいかに調整するか探検する。

健康な動脈および骨のためにK2必要なビタミン

骨粗しょう症および中心病気それらは2つの条件が多分ある場合もあると接続されていないようである。 表面で、それらは少数の共通機能を共有する。 条件は両方とも年齢と成長する。 それは誰かが年齢30でどちらかの条件を持つことができる、両方とも生命の第6または第7十年に共通であるようにまれであるが。 条件は両方とも夜通し成長しないが、現れるように多くの年を要求する。 ちょうど骨粗しょう症は成長するように十年が要求するので冠状アテローム性動脈硬化はまた人の20sで(または)先に始まる何十年かにわたって少しずつ集まり、次第に造ることは心臓発作か他の大災害まで起こる。

健康な動脈および骨のためにK2必要なSVitamin

しかし類似は私達が表面の下で掘るまであるそここと停止するようである。 未知の物質的なライニングの病気にかかった動脈が骨そっくりの構造に類似していたことを19世紀、科学者ずっと昔に知っていた。 しかし次の100年のために見つけるこれは老化の興味、避けられない付随物、および関節炎のような「消耗の証拠として」、ちょうど退去した。

、ロスアンジェルス カリフォルニア大学のリンダDemerおよび彼女のチーム先生は首尾よく骨のティッシュにだけ存在すると前に信じられた人間のatheroscleroticティッシュの蛋白質を識別することによってこの好奇心が強い関係を解く第1の中に、あった。 骨をmorphogenetic蛋白質2と呼ばれるこの蛋白質は骨の形成の重要な役割を担う。2 それ以来、骨の形成の他の複数の主調整装置はatheroscleroticプラクのティッシュで、よくあるファクタが幹線および骨の健康に影響を及ぼすかもしれないことを提案するマトリックスGLA蛋白質およびosteopontinのような識別された。3

骨粗しょう症およびビタミンK2の介在の証拠

別の好奇心が強い観察は骨と幹線病気間のリンクを見つけるために運動量を増加した。 骨でカルシウムの骨粗しょう症、か欠乏があった人々は、本当らしかった動脈のカルシウム(骨)の超過分を逆の場合も同じ所有するために。 何が単に仮定された実際、カルシウム沈殿物はまたは石灰化させたプラクは頻繁にあると実際に十分に形作られた骨のティッシュだった。 従って管の石灰化は血管内の管の骨化骨の形成としてもっときちんと示されるべきである。 同様に、冠状アテローム性動脈硬化のための多くの「危険率」は骨粗しょう症でまた流行した: 老化、糖尿病、煙り、コレストロールが高い坐った生活様式。 1つの器官(骨)の余分なカルシウムと別のものの不十分なカルシウム間に非常に堅いリンクがなぜあったか質問される3人の科学者(動脈)。 そして2つはなぜ、何人かの外見上健康な人々で、そのような極端に同時にあるか。

最初に、一部は骨から動脈へのカルシウムの異常な移動があるかもしれないことを提案した。 しかしこれは精査に各システムが自身の規則の下であると証明したので遅れなかった。

ある特定の処方薬が、raloxifene (Evista®)およびalendronate (Fosamax®)のような、骨粗しょう症の問題に演説したが骨および幹線健康に両方、すなわち演説するために、解決は今まで現れなかった。 現在の研究は幹線間のリンクを制御するために栄養の解決の重要性を強調して、点、ビタミンK2によって担われる役割ボディののカルシウム新陳代謝の演説によって病気を骨を抜く。

ビタミンKの基本原則

実際のところ、ビタミンKは2つの形態にある: もつ、卵黄および乳製品の葉が多い、緑の野菜およびビタミンK2 (menaquinone)のビタミンK1 (phylloquinone)。

ビタミンKは人間のレバーによって血凝固蛋白質(要因を製造するようにII、VII、IX、X要求される; そして蛋白質SおよびC)。 これは血塊の形成が薬剤によって効果的に抑制されるので、ビタミンのK妨害の薬剤、凝血を持っていたりまたは凝血の形成の危険がある状態にある人々へのワルファリン(Coumadin®)を管理するための基礎である。

従ってビタミンKのための人間の必要性の決定は血液凝固および薄くなること間の正常なバランスを維持するのに必要な量に基づいていた。 血は過度に過度に「厚く」「間違った場所の凝固に傾向がある」異常な出血に傾向がある、薄くなり。

血液凝固に於いての役割を越えて、最近の研究はビタミンKがまた骨でそして動脈ことをことをからカルシウムを保つことによって健康な骨および動脈の維持の重大な役割を担うことを明らかにした。

残念ながら、凝血の規則に必要なビタミンKの推薦された食餌療法取入口は最適の骨および幹線健康に必要なそれより大いに低い。

骨粗しょう症およびビタミンK2の介在の証拠

それが1929年に最初に発見されてから、ビタミンKは最もよいずっと血凝固プロセスに於いての重大な役割のために知られていて。 その時以来、科学者はビタミンKが骨の健康の同じように大切な役割を担うという有力な証拠の覆いを取った。

ビタミンKの研究の大半はビタミンK1、緑、葉菜に起こるビタミンKの支配的な食餌療法の形態にこれまでに焦点を合わせた。 けれどもそれはもつ、卵黄および乳製品に起こるそのビタミンK2であるビタミンK1より人間のosteoblasts (骨構築の細胞)の骨の鉱化のより重要な誘因物現われる。4

ビタミンK2は冠状心臓病から保護する

日本人はずっと昔にビタミンK2の力を骨の健康を維持するか、または元通りにする確認した。 日本のある特定の地域では、ステープルの皿はnattoを呼ぶか、または数回を食べられた大豆を、頻繁に週であるビタミンK2で独特に豊富発酵させた。 最近の科学的な検査はmenaquinone-7 (MK-7)として正確に示し骨の質に対する支える効果を骨粗しょう症の処置の間にもたらすとしてこの普及した東の日本の皿の有効成分としてビタミンK2、および特にビタミンK2を。5

この皿が食べられる日本の地域に住んでいる人々に複数折目のビタミンK2 (MK-7)のすばらしい血レベルをより少ない骨粗しょう症および骨折が同伴してもらう。6

これらの調査結果は首尾よく骨折の発生を減らすためにビタミンがK2示されていた臨床試験によって支えられる。 2年の日本人はビタミンK2 (MK-4)がこの栄養素を受け取らなかった患者と比較された骨粗しょう症の120人の患者に付き52%人脊椎の(脊柱の)ひびの発生を減らしたことが分られて調査する。7つは 試験ように骨に対するビタミンK2の効果を検査するほとんどの調査とのこれで使用された大量服用45のmg /dayの米国で利用できない骨粗しょう症を扱うのに日本で使用された規定の線量密度だった。 あとで読むので、サプリメントで見つけられるK2のより低い線量はまた重要な利点を提供するようである。

事歴: 心臓病は骨粗しょう症とつながった

年齢67、ウォルターの適合にそしてトリムは彼は隠された健康状態があったことを信じる理由がなかった。

彼はそれらをすべて渡す過去7年間年次身体検査があった。 彼の医者に従って、彼のコレステロールはずっと幾年もの間良い番号が付いている。 しかし彼がコンピュータ断層撮影の中心スキャンを経ることをウォルターの義理の兄弟、心臓病の自身のブラシが彼を可能性についての家族の皆に警告するために促した提案される医者。 ウォルターの中心スキャン スコアは3,367の心臓発作のための危険度が高いのにつながった彼の冠状動脈の石灰化させたatheroscleroticプラクの危ない内容に信号を送った高いスコアだった。 実際、ウォルターのスコアは彼のカルシウム スコアが彼の年齢別グループのすべての人の最も悪い1%にあったことを意味する第99百分位数に彼を置き、(予防の努力なしで25%の心臓発作のための年次危険を運んだ)。

同時に、ウォルターは腹部の動脈瘤、carotid病気および骨粗しょう症のための彼の教会提供の超音波のスクリーニングに来たスクリーニング サービスのために登録した。 ウォルターは動脈瘤かcarotid問題がないと証明する間、彼は骨粗しょう症の高度の状態を明らかにする誰かの骨密度に20年より古い示した。

表面上は無関係な、ウォルターの幹線石灰化および骨粗しょう症はビタミンKの不十分なレベルの共通のメカニズムを通して多分接続される間。

ビタミンK2はまた骨折の発生の減少の処方薬有効であると証明した。 1人の日本語では薬剤のetidronate (Didronel®)と脊椎の(脊柱の)ひびの発生に対するK2 (MK-4)の効果を比較した後menopausal女性、1日あたりのmgが薬療法を取るそれらのための8.7%と比較された8.0%のひび率を経験した45の線量でK2を取っている女性で調査しなさい。 なお、MK-4および薬剤を両方取っている女性は3.8%ひび率を劇的な複合効果経験した。 相対的に、K2も薬療法も受け取らなかった偽薬のグループで、女性のほぼ21%は骨折を経験した。8

骨粗しょう症の実験動物モデルはまたMK-4が骨の建築を改善したり、骨の固まりおよび機械強さを、刺激し鉱化(カルシウムの沈殿)を、高めるひびに対してより抵抗力がある堅くしなやかな骨をもたらすが、繊維状ティッシュのコラーゲンの建築交差連結を高めることを明らかにした。9

一方では、ひびの骨のミネラル密度結果の骨粗しょう症の余分な損失は落下のような軽傷の65年にそれらで、共通破壊的なでき事をもたらし。 残念ながら、製薬業はひびのための危険が高い生命の規定の薬剤に遅く焦点を合わせる。 栄養の補足を含む作戦は異なっている。 初めに、それらは処方薬の高い費用そして副作用に欠けている。 2番目に、何十年かにわたって成長したプロセスを救い60歳で始められるそれらは薬療法早い年齢および引き継がれた20、30、またはより多くの年により大きい利点を多分もたらし可能性としては始めることができる。 あまり長期の臨床試験がないが、これは未来の調査の価値がある区域である。

必要がある何を知る: ビタミンK2
  • カルシウムが健康のために必要な間、異常なカルシウム新陳代謝は骨粗しょう症および心循環器疾患のような無秩序をもたらす場合がある。 ビタミンK2はボディの調整カルシウムのキー ファクタとして現れている。

  • 不十分なビタミンK2は骨粗しょう症の減らされた骨ミネラル密度、キー ファクタ、および心臓病の危険性を高める幹線壁のカルシウムの超過分をもたらす。

  • 日本では大幅に骨粗しょう症を改善するために、高線量の規定の代理店としてまたはステープルの日本の皿で与えられたときK2で特に豊富であるnattoを呼んだビタミンK2は示されていた。

  • 調査はまた心臓病が動脈からカルシウムを保ち、危ない石灰化させたプラクの形成を防ぐ維管束組織ことをのカルシウム調整蛋白質の制御によって適度な量によってのビタミンK2が戦うことを示した。

  • ビタミンK2はビタミンK1より食事療法の大いに少しに起こる。 従って私達のほとんどはこれらのK2が豊富な食糧の少しを得る。

  • 必要健康な骨および動脈を維持するのにであるか血液凝固を調整し、主として必要とされる大いに多量を無視するためにどの位のビタミンKの焦点のための現在の食餌療法の指針。

ビタミンK2は冠状心臓病から保護する

Hepatocellularの累積発生
女性で診断された癌腫はビタミンK2と扱った
ビタミンK2は冠状心臓病から保護する
この図表は制御グループと比較されるビタミンK2と扱われる危険度が高い女性で第一次肝臓癌(hepatocellular癌腫)の発生の劇的な危険の減少を示す。

カルシウムの正常な沈殿は2つの器官に起こる: 骨および歯。 ボディのカルシウムの異常な沈殿は3つの場所に起こる: athero硬化したプラクが生じるところ動脈(intima)の裏地; 動脈(「中間の石灰化」)の筋肉層; そして心臓弁。 ビタミンK2はこれらの現象すべての制御に貢献するビタミンKの形態のようである。

但し、カルシウムは受動のマーカー、確かに心臓病のない活動的な関係者として歴史的に見られた。 ある人々は前にの残りが「破裂するより多くカルシウムが何もではなかったこと」、柔らかいプラクの危ない炎症性活動からの傷を維持した。 彼らは「堅い」材料自体が破裂するために傾向がなかったのでカルシウムが、実際、高められたプラクの安定性の反射だったことを論争した。 従って、彼らはカルシウムがatheroscleroticプラクことをに貢献の活動的な役割を担わなかったことを信じた。

ビタミンK2は蟹座を防ぐか。

それらの議論は新しい観察によって今紛砕されてしまった。 ビタミンK2のレベルと心臓病間の限定的な関係は、大規模な、十分制御臨床試験の点では7年間4,800人の関係者を追跡したロッテルダムの中心の調査のオランダの試験の2004年に、最初に記述されていた。1つは 調査すばらしい量の食事療法のビタミンK2を摂取した関係者が最少を摂取した人々より心臓病からの死の57%の減少を経験したことを明らかにした。 同じ関係はビタミンK1のために握らなかった。 残念ながら、この調査のMK-4およびMK-7取入口およびレベルで別に、分析されなかったりしかしMK-8およびMK-9のような他のMKの部門と共に一緒に分けられた。

ビタミンK2のより高い取入口はまた大動脈(アテローム性動脈硬化の間接測定)のより少ないカルシウム沈殿に適当か厳しい石灰化を示すためにより少ないK2を本当らしかった摂取した関係者一方、対応した。 心臓発作および大動脈の石灰化の最も危険度が低いの彼らの食事療法にビタミンK2の32.7以上mcgを含めた日関係者で見られた。1

ロッテルダムの中心の調査のサイズそして質はビタミンK2の食餌療法取入口と心臓病間の強力な連合に信頼性を与え、ビタミンK2が幹線石灰化のことを禁止によって相談することができる心血管の利点ことを提案する。

医者および科学者は監視および冠状カルシウムの蓄積を停止させることに今激しく興味を起こさせられるatheroscleroticプラクの容積で重要な部分を構成することがわかっているので。

カルシウムの蓄積が積極的に成長のatheroscleroticプラクに信号を送ること、そしてビタミンKの不足がこの病原性のあるプロセスのための段階を置くかもしれないこと従ってようである。

ビタミンK2はMenaquinonesとして知られている重要な物質のグループを取囲む

menaquinonesはビタミンKの消費より約10%を構成し、また腸で健康なmicrofloraによって総合することができる。 menaquinoneの複数の異なった形態がある。 Menaquinonesは「nが」prenylの側鎖の数を指定する表示法MKnを使用して最終候補者名簿に載る。 MK-4は規定によって大量服用で利用できる。 MK-8およびMK-9はチーズのような発酵させた食料品にある。 大豆のnattoはMK-7として知られているK2の非常にbioavailable形態の豊富なもとである。

それが腸のmicrofloraによって作り出されるMKnの主要な要素ではないのでMK-4、別名menatetrenoneは、他のmenaquinonesから明瞭である。

ビタミンK2は蟹座を防ぐか。

刺激的な予備的証拠はビタミンK2が癌を抑制するかもしれないこと現れている。

ビタミンK2が骨の損失に対して保護を提供したかどうか探検するために最初に行なわれた思いがけない調査では、調査官はこの栄養素が劇的に肝臓癌の危険を減らしたことに気づいた。

ウイルス感染からの肝硬変を経験した40人の女性のこの小さい日本の調査、制御グループの19の9と比較されたMK-4グループの21成長癌の2だけの肝臓癌の発生にマーク付きの相違が、あった。第一次 肝臓癌に対する重要な保護効果はこの調査のビタミンK2によって相談したことをこのページの図表が示す15。

同様に、hepatocellular癌腫(肝臓癌)の外科取り外しから回復している61人のパイロット・スタディはMK-4 (御馳走骨粗しょう症に日本で使用される線量)の45のmg /dayが大差によって癌なしの存続を高めたことを示した。16

実験室では、ビタミンK2はこれらのhematologic癌を戦っている個人のための可能な適用を提案する骨髄種およびリンパ腫に対して抑制的な効果を示す。17

多分これは癌に対するビタミンK2の魅惑的な効果のちょうど氷山の一角である。 観察のほとんどとしてちょうど行われて、一部に起こられた観察が、これであるの価値を持つ区域監視偶然ある。 私たちの目的にとって多分引き継がれたら長期ビタミンK2が癌を防ぐかどうかより刺激して発見している。

ビタミンK2の最適量の取得

ビタミンK1は緑葉菜にビタミンK2が比較的少数の食糧にある一方、自然に起こる。 もつ、卵黄、および日本の香辛料のnattoは、nattoが圧倒的に最も豊富なもとのビタミンK2の源である。 残念ながら、nattoは試みて一般のアメリカ人が不本意のかもしれない皿および得られた好みである。 ビタミンK2はまた伝統的に発酵させるの適度な量にある

チーズは、特に、総ビタミンKの食餌療法取入口のスイスのエメンタールそしてノルウェーJarlsberg.18、約10%だけK2形態である。

ビタミンKの不足はまた食事療法の十分を得ないことに加えて損なわれた吸収に、起因できる。 それはまた抗生物質の延長された使用によりによってコロンに普通存在する細菌が(抗生の使用によって抹消される)毎日必要とされるビタミンKのおよそ半分を作り出すために責任があるので引き起こすことができ。

人のための女性のための残念ながら、現在はビタミンKの食餌療法取入口推薦した、90のmcg/日をおよび120のmcg/日、不十分最適の中心および骨の健康を維持するためにであるかもしれない。4,9,19

ビタミンK1が血から急速に取り除かれるが、K2は血で口頭で取られたとき長期間にわたって長びき、K1と見られるより大いにすばらしいレベルに上がることができる。 ビタミンK2は大量服用で識別される副作用無しで安全、ようである。 日本では、K2は大幅に骨密度を改善し、高線量の規定の代理店(45のmg /day)としてまたは日本の皿のnattoで与えられるosteoporoticひびを防ぐ。7,20 一緒に、これらの調査結果はビタミンK2が補足の使用のためのビタミンKの好まれた形態であるかもしれないことを提案する。

ビタミンK2のどんな線量が最もよいか。 科学者はまだこの質問を討論している。 補足はビタミンK2の50 mcgの間で一般におよび1,000 mcg含んでいる。 50 mcgの日補足の線量の低価格は健康な骨密度を支え、石灰化から幹線壁の保護を助けるかもしれない。 生命延長はほとんどの人々のための9,000のmcgのビタミンK1と共に長くビタミンK2の約1,000 mcgを、推薦してしまった日。

カルシウム調整蛋白質

冠状プラクの開発を防ぐことに於いてのビタミンK2の可能な役割は主関数がボディで属するカルシウムを保つことである複数の骨蛋白質に対する効果の観察から現れた。

OsteocalcinはビタミンK2によって制御されるカルシウム調整蛋白質である。 ビタミンKが時、osteocalcinは普通骨のミネラル部分にosteocalcinを結合するカルボキシル化と呼ばれるプロセスを経る。 但し、ビタミンK2の不足で、osteocalcinはそれが骨粗しょう症に導く骨のティッシュからの抑制されていないカルシウム再吸収(取り外し)に終ってこの機能を、行うことができない。

反対の状態は動脈に起こるようである。 カルシウムは別の蛋白質が石灰化の抑制剤、またK2制御であるマトリックスGLA蛋白質を呼んだので、ビタミンのK不十分な状態のカルボキシル化のプロセスを経ることができない沈殿する。 carboxylatedマトリックスGLA蛋白質だけ石灰化を禁じるので、undercarboxylatedマトリックスGLA蛋白質は石灰化させるの端に異常に高な集中に起こるためにあり、それを提案するatheroscleroticプラクはプラクの沈殿カルシウムの活動的な役割を担う。不完全な カルボキシル化に骨粗しょう症および管の石灰化を開発するための高められた危険でよるosteocalcinおよびマトリックスGLA蛋白質の機能の4減損は、それぞれ起因する。

ビタミンK2と幹線カルシウム間の関係のためのそれ以上の証拠は他の研究から来る:

高度のatheroscleroticプラクを持つ人々はcarboxylatedマトリックスGLA蛋白質、ビタミンK依存した蛋白質のレベルを減らした。10

  • 動物実験では、使用する蛋白質に欠けるために遺伝的に繁殖するマウスはビタミンK2生れの数週間の内に死ぬほど強力な動脈の抑制されていないカルシウム沈殿を(大動脈および冠状)開発する。11

  • 制御ビタミンKの生産が冠状病気、打撃および大動脈の病気のようなatherosclerotic病気の可能性を倍増すること人間の遺伝子の同じような突然変異。12

  • なお、有効な血薄くなる代理人およびビタミンKのブロッカーのワルファリン(Coumadin®)を取っている妊婦は骨の構造の厳しい異常の赤ん坊に出産する。13

  • 同様に、Coumadin®を取る人々はosteoporoticひびに苦しむ。14 それらはまた非Coumadin®受け手大いに中心弁二度のような他の区域で大幅により異常なカルシウム沈殿を、示す。13

安全注意

Coumadin® (ワルファリン)を取れば、ビタミンKの使用はあなたの医者と薄くなる血で補足を始める前に(プロトロムビンの時間かINR [国際的な正常化された比率] —手段いかにのすぐに凝血)起こる、ように変わる論議されるべきである。 しかしノートはそこにビタミンK1の適度な補足が血凝固の長期にわたる安定性に多分K2加えることを提案するデータであり。21 それ以上の議論はレポート、ビタミンKおよびワルファリンで見つけることができる: 心血管保護療法間安定の抗凝固薬は生命延長雑誌の2007年6月の版の健康の、骨を抜き。

結論

ビタミンK2の経験はそれ以上の調査がこの刺激的で、正しく評価されない栄養素の規模を確立するように要求する。 ビタミンK2の後ろの強制的な科学を与えられて、補足の非常に強力な利点はよい骨および幹線健康両方のためにすぐに実現されるかもしれない。 •

この記事の科学的なコンテンツの質問があったら、1-800-226-2370で生命延長健康の顧問を呼びなさい。

ウィリアム デービス先生はミルウォーキー、ウィスコンシンで練習している著者および心臓学医である。 彼は本の著者、追跡するあなたのプラクをである: 新しい中心を使用する方法を検出するためにスキャンすることを示す唯一の心臓病の防止プログラム追跡し、冠状プラクを制御するため。

彼はwww.trackyourplaque.comによって連絡する ことができる

参照

1. Geleijnse JM、Vermeer C、Grobbee DEの等menaquinoneの食餌療法取入口は冠状心臓病の減らされた危険と関連付けられる: ロッテルダムの調査。 J Nutr。 11月2004日; 134(11): 3100-5。

2. Bostrom K、ワトソンKEの角Sは、等人間のatherosclerotic損害のmorphogenetic蛋白質の表現の骨を抜く。 J Clinは投資する。 4月1993日; 91(4): 1800-9。

3. Abedin M、Tintut Y、Demer LL。 管の石灰化: メカニズムおよび臨床分枝。 Arterioscler Thromb Vasc Biol。 7月2004日; 24(7): 1161-70。

4. 管の石灰化に於いてのビタミンKおよびビタミンのK依存した蛋白質のSchurgers LJ、DisselのPE、SpronkのHM、等役割。 Z Kardiol。 2001年; 90 Supplの3:57 - 63。

5. Iwamoto J、武田T、佐藤Y. Menatetrenone (ビタミンK2)およびpostmenopausal骨粗しょう症の処置の骨の質。 NutrのRev. 12月2006日; 64(12): 509-17。

6. Kaneki M、Hodges SJ、Hosoi T、等日本語はビタミンK2の循環のレベルの大きく地理的な相違の主要な決定要因として大豆の食糧を発酵させた: ヒップひびの危険のための可能な含意。 栄養物。 4月2001日; 17(4): 315-21。

7. Shiraki M、Shiraki Y、Aoki C、Miura M. Vitamin K2 (menatetrenone)は効果的にひびを防ぎ、骨粗しょう症の腰神経の骨のミネラル密度を支える。 Jは抗夫Resの骨を抜く。 3月2000日; 15(3): 515-21。

8. ビタミンK2とのIwamoto J、武田T、Ichimura S. Combinedの処置および骨粗しょう症のpostmenopausal女性のbisphosphonate。 Yonsei Med J. 10月2003日30日; 44(5): 751-6。

9. Iwamoto J、武田T、骨粗しょう症に対するビタミンK2の佐藤Y. Effects。 Curr Pharm Des。 2004;10(21):2557-76.

10. Schurgers LJ、Teunissen KJ、Knapen MHの等マトリックスのガンマcarboxyglutamic酸の(Gla)蛋白質に対する新しい構造特定の抗体: 管の石灰化のためのマーカーとしてマトリックスのGla undercarboxylated蛋白質。 Arterioscler Thromb Vasc Biol。 8月2005日; 25(8): 1629-33。

11. 動脈のルオG、Ducy P、McKee MD、等自発の石灰化およびマトリックスGLA蛋白質に欠けているマウスの軟骨。 性質。 3月1997日6日; 386(6620): 78-81。

12. WangはY、チャンW、チャンYの等VKORC1ハプロタイプ幹線血管疾患(打撃、冠状心臓病および大動脈の解剖)と関連付けられる。 循環。 3月2006日28日; 113(12): 1615-21。

13. ゲージBF、Birman-Deych E、Radford MJ、Nilasena DSのE-Fつなぎ。 ワルファリンを取っている年配の患者のosteoporoticひびの危険: 心房細動2.のアーチのインターンMedの国民の登録からの結果。 1月2006日23日; 166(2): 241-6。

14. Schurgers LJ、Aebert H、Vermeer C、Bultmann BのJanzen J. Oralの抗凝固薬の処置: 心循環器疾患の友人か敵か。 血。 11月2004日15日; 104(10): 3231-2。

15. Habu D、Shiomi S、ビタミンK2のTamori Aの等ウイルスの肝硬変の女性のhepatocellular癌腫の開発に於いての役割。 JAMA. 7月2004日21日; 292(3): 358-61。

16. Mizuta T、Ozaki I、Eguchi Y、等。 治療効果がある処置の後のhepatocellular癌腫の患者の病気の再発そして存続に対するmenatetrenone、ビタミンK2のアナログの効果、: パイロット・スタディ。 蟹座。 2月2006日15日; 106(4): 867-72。

17. Tsujioka T、Miura Y、Otsuki T、等。 骨髄種の細胞のビタミンのK2誘発のapoptosisのメカニズム。 Haematologica。 5月2006日; 91(5): 613-9。

18. Hojo K、渡辺R、Mori Tのチーズのtetrahydromenaquinone-9のTaketomo N. Quantitativeのの測定はpropionibacteriaによって発酵した。 Jの酪農場Sci。 9月2007日; 90(9): 4078-83。

19. 障子S.のビタミンKおよび管の石灰化。 Clinカルシウム。 8月2002日; 12(8): 1123-8。

20. 勝山町H、Ideguchi S、premenopausal女性の発酵させた大豆(natto)の取入口による骨の形成のFukunaga Mの等昇進。 J Nutr Sci Vitaminol (東京)。 4月2004日; 50(2): 114-20。

21. Sconce E、Avery P、Wynne HのKamali F.のビタミンKの補足はワルファリンに応じて説明されていない可変性の患者のためのanticoagulationの安定性を改善できる。 血。 3月2007日15日; 109(6): 2419-23。