生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2008年1月
レポート

DHAは頭脳の開発を支え、神経学的な機能を保護する

ラッセルL. Blaylock、MD著

DHAおよび神経伝達物質

DHAの有利な効果は最適ニューロン機能を促進し、発火を減らすことを越えて伸びる。 いくつかの調査はオメガ3オイル特別がまた神経伝達物質の健康なレベルを支えるDHAできることを細胞間の化学メッセンジャー示した。 例えばDHA補われた食事療法が海馬の神経伝達物質解放を元通りにし、記憶獲得の年齢関連の減損を逆転できることが、示されていた。51は これ神経伝達物質を解放する機能を改善するまた細胞シグナリングを含むかもしれない細胞膜の流動率を高めることに対するDHAの効果が、一部には、原因であるかもしれない。52,53は 樹枝状結晶、ラット、また人間の改善された学習に強く接続される特性と呼ばれる神経の結果の密度の増加にDHAの別の重要な効果ある。54

DHAおよび神経伝達物質

さらに、DHAはセロトニン、ノルアドレナリン、アセチルコリン、グルタミン酸塩およびドーパミンを含むいくつかの神経伝達物質に対する幾分複雑な効果を、もたらす。DHA の46,55,56の不足は注意および学習を用いる問題で起因できる前頭葉のドーパミンおよびドーパミンの受容器D2のレベルを下げるために示されていた。57は これDHAの集中された注意を促進するそして穏やかな心配への機能を説明するかもしれない。

DHA不十分な食事療法の1つの重要な効果は分った報酬の化学ドーパミンを使用して調査でオメガ3の長期不足は常習の行動に密接に関連があった頭脳の地域のドーパミンのレベルを上げたことが見られた。58は これ、本質的に、かなり習慣性の行動への感受性を、かどうか食糧、性、または不正薬物に高める。

最後に、DHAはまた神経伝達物質の受容器機能の重要な役割を担う。 最近の調査はグルタミン酸塩、セロトニンおよびアセチルコリンのような神経伝達物質によって刺激されたとき細胞の内部と伝達し合うG蛋白質つながれた受容器と呼ばれる細胞膜の構造に対するDHAの重要な効果を見つけた。これらの 受容器が誘引可能であるので42,59、すなわち、数が高める食餌療法の変更は請求あり次第ことができるまたは栄養素の変更によってかなり頭脳がいかに作用するか影響を与えることができる。

オメガ3の効果は不況および自殺の危険で油をさす

EPAの頻繁で深遠な効果、および特にDHAのために、細胞シグナリングで、オメガ3オイルが人間行動の均等に深遠な変更を同様に作り出すと膜、神経伝達物質および受容器、1は期待する。 実際、いくつかの調査は食事療法のオメガ3オイルと行動間の近い相関関係を見つけた。 特別な興味の不況、自殺の危険、侵略、怒りおよび心配に対するオメガ3オイルの効果はある。

オメガ3の効果は不況および自殺の危険で油をさす

不況は若い年齢で増加していて率が大きな問題、およびプレティーンに起こる病気になった。 また不安障害、怒りのdyscontrol、不眠症、激しい自殺および殺人の率は増加している。 科学者はこれらの無秩序と慢性の頭脳の発火間の共通リンクを提案した。 同様に、いくつかの病状は心循環器疾患、癌および全面的で悪い健康のような慢性の不況と、関連付けられた。 最近までこれが神経内分泌の効果か他の無指定の理由のためにそうなったものだったことが、仮定された。 但し、研究の成長する量は今これらの病気がcytokinesおよび炎症性プロスタグランジンのような炎症性仲介人の、高レベル共通のメカニズムによって不況につながることを示す。

、微妙な髄膜炎および脳炎と見られるように激しい頭脳の発火とは違って、慢性の頭脳の発火は行動の明示を除いて無声、である場合もある。60 慢性の頭脳の発火はオメガ3オイルの腹部の肥満、潜伏ウイルス感染、自己免疫疾患、新陳代謝シンドローム、重金属の中毒および不足のようないくつかの条件の結果、である場合もある。

調査は慢性の発火と不況間の近い相関関係を明らかにした。61-65 最近の調査は炎症性cytokineのレベルおよび不況の高い比率および麻酔医の自殺間の強い相関関係を見つけた。66 なお、いくつかの調査は抗鬱剤の投与の多数がまた炎症抑制の代理店として機能すること、そして不完全に答える患者は炎症性cytokinesのハイ レベルがあることを提案する。67-70

慢性の頭脳の発火はまた後外傷性の圧力の無秩序および産後の不況にあった。71,72 それは頭脳の発火の減少によってオメガ3オイルが主要な不況を改善したら、また他のいくつかの神経精神病学の無秩序、ことができること行う。

引き離す前に元通りになられたら(看護の停止)、これらの欠陥が頭脳ことをで修理することができるオメガ3オイルの不足がserotonergicおよびdopaminergic神経伝達に影響を与えることが、そしてこと知られている。73,74 両方の神経伝達物質、また発火は、精神分裂症、境界線の精神病人格、自殺、敵意/侵略、双極性障害および主要な不況のような神経精神病学の無秩序の重要な役割を担う。

頭脳の海馬の収縮は主要な不況と後外傷性の圧力の無秩序で記述されていた。75は また最近の記憶の不足と一緒にこの収縮(萎縮)伴われる。 記憶欠損は萎縮およびニューロン損失の前に行われ不況の処置はhippocampalニューロンおよび関係を元通りにするのを助けるかもしれない(neutritesおよびシナプス)。76

食事療法の低いDHAは怒りおよび敵意を高める

EPAおよびDHAが両方主要な不況の改善と関連付けられる間、DHAだけがneuriteの結果およびシナプスの開発および修理のすなわち、頭脳の可塑性刺激する。従って 54、それは慢性の不況の悩障害を修理する方法のよりよい選択であるかもしれない。

この国の成長する問題は頻繁に自殺、殺人および幼児殺害とつながる産後の不況である。 いくつかの調査は産後の不況とオメガ3の脂肪酸の低い血レベルそして赤血球のレベルをつないだ。77-79

例えば、血清のリン脂質のDHAの割合は産後の不況の女性で一貫してより低かったことがだれが分らなかったか産後の不況を対38開発した10人の妊婦の調査。79

自殺の危険はまた血および細胞膜のオメガ3の低いレベルにつながった。80,81 1つでそのような物は調査、ニュー ヨーク州の精神医学協会の神経科学の部門の研究者薬物なしの33 2年間落ち込んだ患者に続いた。 主題の自殺未遂の7。 血清のリン脂質の低い血しょうDHAパーセントおよびオメガ3の脂肪へのオメガ6の脂肪の高い比率は正確に自殺の試みを予測した。不運にも 82、アメリカ人は健康のために必要でであって下さいよりずっとオメガ6のより多くの脂肪を消費する。

シナプスの膜の神経伝達物質セロトニンおよびドーパミン、また受容器の表現および細胞シグナリング、1の頭脳のレベルに対するDHAの前述の効果によってオメガ3の不足の劇的な行動の影響によって驚かされるべきではない。

オメガ3の効果のための証拠は別の神経伝達物質、のほとんどの豊富なメッセンジャーがまだ頭脳討論されているグルタミン酸塩で油をさす。 いくつかの神経精神病学の無秩序が、精神分裂症を含んで、biopolar無秩序、グルタミン酸塩のneurotransmissionの異常と自殺の危険および専攻学生の不況、関連しているという有力な証拠がある。83-85

余分なグルタミン酸塩が主要な不況に責任があるかもしれないことを示すデータ、また気分およびインパルス制御の他の精神障害はいくつかの四分の一から来る。 初めに、不況および精神分裂症は普通神経末端からの余分なグルタミン酸塩を運ぶグルタミン酸塩の輸送蛋白質の減少とつながった。 これは頭脳のグルタミン酸塩のレベルおよびexcitotoxicity、86を非常に増加でき、 精神分裂症および主要な不況で見られる海馬のニューロンの損失を説明する。 2番目に、強力なグルタミン酸塩の受容器の反対者である薬剤のケタミンはまた抗鬱剤のように機能する。87は 別の薬剤、細胞からグルタミン酸塩の解放をまた防ぐriluzole、不況の脳細胞の退化を防ぎ、不況で一貫して下がる頭脳の成長因子のレベルを上げる。 最後に、注意深い調査はグルタミン酸塩超過分から普通頭脳を保護するのグルタミン酸塩の受容器が不況およびグルタミン酸塩の取り外しシステム、異常の機能overactivatedことを示した。 これらの同じ調査はexcitotoxicityに対して頭脳の保護に必要であるガンマ アミノ酪酸の(GABA)システムがまた普通以下に働くことが分った。

全く、主要な不況、双極性障害、精神分裂症および自殺の危険がexcitotoxic傷害と関連していれば、オメガ3オイルはオメガ3オイル特別DHA-significantlyはexcitotoxicityを減らすことを複数の調査が示したのでこれらの不具になる無秩序の戦いの重要な役割を担うかもしれない。88,89

食事療法の低いDHAは怒りおよび敵意を高める

オメガ3の低いレベル、特にDHAのレベルはまた怒りおよび敵意の反作用と、関連付けられた。 例えば、2部の多中心によってランダム化された調査の第一号で、医学生は3か月間DHAの1日あたりの1.5 gを含んでいる偽薬か魚油を与えられた。90 高圧力の期間の間に(期末試験の間に)行われた調査のこの部分で、彼らはDHAを取るそれらが積極的な傾向の増加を経験しなかった一方、偽薬のグループの侵略の8.9%増加を見つけた。

46を使用して調査、学生に、DHAの第2部分ではもたらさなかった侵略に対する効果を非重点を置いた。91は これ侵略の増加が重点を置くために二次であり、DHAが刺激された積極的な衝動しか静めなかったようであるのである。 これはmonoamineのneurotransmission (ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニン)のDHAの不足の原因の中断を、またアセチルコリンおよびグルタミン酸塩のneurotransmission示す衝動と関連し、制御を怒らせる上述の調査に一貫している。 これらの効果はまたEPAのそれらより大きいDHAの細胞シグナリング、炎症抑制の、および膜の流動率の効果と関連している、(ページの51図3を見なさい)。

41人の大学生のより遅い調査では、研究者は3ヶ月の期間にわたる偽薬(大豆油)と敵の応答に対する効果を見るために高DHA食事療法(1.5 g/day)を比較した。92 彼らは敵の答えの27%の発生が期末試験の間に92%に上がったベースラインにあったことが分った。 再度、高DHA補足を取るそれらの中の敵意に増加がなかった。 彼らはまたDHAの補足がかなり大学スタッフの中の敵意の手段を減らしたことが分った。

食事療法の余分DHAが若い子供の積極的な行動を減らすことができるという証拠がある。 例えば、調査で検査の女の子および男の子はオメガ3強化された食糧(3,600 mg DHAおよび1週あたりの840 mg EPA)を加える9から12年を減らした女性のより強い結果を用いる男性そして女性両方の衝動的な行動を、老化させた。93

戦いまたは飛行応答を減らすより高いDHAの取入口の効果の1つは血しょうノルアドレナリンのレベルを減らすことである。 1つの調査では、血しょうノルアドレナリンを調整するDHAの能力はコルチソル、アドレナリン、ブドウ糖、またはインシュリンのレベルに対する効果無しでかなり劇的、だった。94 DHAはこうして心配および恐慌発作を減らす有用な武器であることができる。

DHAとの補足

健康な大人はDHAの日刊新聞の240-1,000彼らの認識および神経学的な健康を保護するためにmgを消費するべきである。 多くの大人が既に消費する間、オメガ3オイルはDHAの含を補い、EPAのDHAの独立プロダクトはそれらの追求のより高いDHA/EPAの比率が独特な健康の心配に従って取入口をカスタマイズするようにする。

妊娠した、泌乳の女性は毎日最低300 mg DHAが彼女達の子供の最適の神経系の開発を促進するように要求する。 親は健康を支えるために彼らの幼児が1日あたりのDHAの少なくとも150 mgを消費することを保障するべきである。 オメガ3オイルは幼児のためによ味見の液体の公式でまた利用でき、カプセルを飲み込む難しさがある人である。

概要

この検討から私達はオメガ3オイルが子宮内の開発の間に最も需要が高い起こることおよび生れの後の最初の2年の頭脳の開発の大きな役割を、担うことを見た(頭脳の成長の噴出の間に)。 母の神経開発の間の不足はだけでなく、即時の開発を変えたり、より遅い病気および頭脳の機能不全のための段階を置くことができる。

胎児による母の供給からの成長の赤ん坊そして優先抽出によるDHAのための需要が高いののために、不足は次の生れともし食事療法が改良しなければ、混合する。 同様に、これに産後の不況の高められた率に終って彼女のDHAの厳しい不足の母の心理的なプロフィールに対する深遠な効果、および自殺および殺人の付随の高められた危険がある。

私達はまた神経系の細胞に対するDHAの効果がおよびEPA構造膜の効果(流動率)を越えて行くが見たり、むしろ細胞シグナリング、神経伝達物質および受容器表現および機能ことを影響を及ぼす。 これはまた遺伝子の規則および表現を含んでいる。 発火に対するオメガ3オイルの効果は複雑で、物理的に細胞膜プロスタグランジンからの炎症性のためのアラキドン酸の開始材料を転置することをはるかに超えて行く。 DHAはまたlipoxinsを高め、NF kbを禁じ、そしてneuroprotectin-D1およびresolvinsを作り出す。

細胞両方システムの、そして頭脳EPAの神経ネットワーク、変化および特にDHAによる多数のオメガ3オイルの複雑な相互作用のために学習および行動に対する深遠な効果をもたらすことができる。 これらの健康的なオイルの最適量を保障することは健康な寿命中こうして必要である。

安全注意

薬物のワルファリン(Coumadin®)を使用する個人はDHA.95と補う前に医者に相談するべきである

この記事の科学的なコンテンツの質問があったら、1-800-226-2370で生命延長健康の顧問を呼びなさい。

参照

1. Yehuda S、Rabinovtz S、Carasso RLのMostofskyのディディミアム。 必要な脂肪酸の準備(SR-3)
Alzheimerの患者の生活環境基準を改善する。 Int J Neurosci。
11月1996日; 87 (3-4): 141-9。

2. Morris MC、エバンズDA、Bienias JL、等事件の魚およびオメガ3の脂肪酸そして危険の消費
アルツハイマー病。 アーチNeurol。 7月2003日; 60(7): 940-6。

3. Kalmijn S、Launer LJ、Ott A、Witteman JC、Hofman A、Breteler MM。
ロッテルダムの事件の痴呆の食餌療法の脂肪質取入口そして危険は調査する。 アンNeurol。 11月1997日; 42(5): 776-82。

4. Soderberg M、Edlund C、Kristensson Kの頭脳のリン脂質のDallner G.の脂肪酸組成
およびアルツハイマー病で老化する。 脂質。 6月1991日; 26(6): 421-5。

5. Lovell MA、Yatin M、Dhillon H、Markesbery WR、Prasadの氏。 地方膜のリン脂質
アルツハイマー病の変化。 Neurochem Res。 1月1998日; 23(1): 81-8。

6. Morris MC、エバンズDA、Tangney CC、Bienias JL、ウイルソンRS。 aの年齢の魚の消費量そして認識低下
大きいコミュニティ調査。 アーチNeurol.2005 12月; 62(12): 1849-53。

7. 橋本M、Hossain S、Shimada Tは、等Docosahexaenoic酸学習の減損からの保護を提供する
アルツハイマー病モデル ラットの能力。 J Neurochem。 6月2002日; 81(5): 1084-91。

8. Gamoh S、橋本M、Hossain Sのdocosahexaenoic酸のMasumura S. Chronicの管理は性能を改善する
老化させたラットの放射状の腕の当惑の仕事の。Clin Exp. Pharmacol Physiol。 4月2001日; 28(4): 266-70。

9. Neuringer M、カナー私達。 頭脳および網膜のオメガ3の脂肪酸: essentialityのための証拠。
NutrのRev. 9月1986日; 44(9): 285-94。

10. Sugimoto Y、Taga C、docosahexaenoic酸強化されたクロレラのvulgaris緊張CK22のNishiga Mの等効果
老化させたマウスの放射状の当惑の性能。 Biol Pharm Bull。 8月2002日; 25(8): 1090-2。

11 Gamoh S、橋本M、Sugioka Kは、等docosahexaenoic酸の慢性の管理参照を改善する
若いラットの記憶関連の学習能力。 神経科学。 1999;93(1):237-41.

12. Reisbick S、Neuringer M、Hasnain R、カナー私達。 アカゲザルの家のおりの行動
オメガ3の脂肪酸の長期不足と。 Physiol Behav。 2月1994日; 55(2): 231-9。

13. Enslen M、Milon H、頭脳のリン脂質に対する開発の間のオメガ3の脂肪酸の低い取入口のMalnoe A. Effect
ラットの脂肪酸組成そして探険の行動。脂質。 3月1991日; 26(3): 203-8。

14. 二重盲目の4年齢のシラカバEE、ガーフィールドS、Castaneda Y、等視力および認識結果、
長い鎖のpolyunsaturated脂肪質の酸補われた幼児方式のランダム化された試験。 早いハム雑音Dev。 5月2007日; 83(5): 279-84。

15. Willatts P、Forsyth JS、DiModugno MK、Varma S、長い鎖のpolyunsaturated脂肪酸のColvin M. Effect
生後10か月の問題解決の幼児方式。尖頭アーチ。 8月1998日29日; 352(9129): 688-91。

16. Cunnane SC、ウィリアムスSC、統合の均一に分類された13C polyunsaturated脂肪酸の鐘JDの等利用の
新生児のラットの頭脳で集まる長い鎖の脂肪酸およびコレステロール。 J Neurochem。 6月1994日; 62(6): 2429-36。

17. Crabtree JT、ゴードンMJ、キャンベルFM、DuttaローイAK。 アラキドン酸の差動配分そして新陳代謝
そして人間の胎盤があるchoriocarcinoma (BeWo)の細胞によるdocosahexaenoic酸。 Biochem Molの細胞。 8月1998日; 185 (1-2): 191-8。

18. クローフォードMAのHassam AG、スティーヴンスPA。 妊娠そして授乳期の必要な脂肪酸の条件との
頭脳の開発への特別な参照。 Progの脂質Res。 1981;20:31-40.

19. 頭脳のOzias MK、Carlson SE、Levant B. Maternalの同等および食事療法(オメガ3)のpolyunsaturated脂肪酸の集中の影響の増大
成長のラットのリン脂質のdocosahexaenoic酸。 J Nutr。 1月2007日; 137(1): 125-9。

20. Kris-Etherton PM、テイラーDS、YuPoth Sの等米国の食物連鎖のPolyunsaturated脂肪酸。
AM J Clin Nutr。 1月2000日; 71 (1つのSuppl): 179S-88S.

21. ホフマンDR、Theuer RC、視力のCastaneda YSの等成熟はベビーフードの含んでいることに与えられる母乳で育てられる満期産児で加速される
DHA富ませた卵黄。 J Nutr。 9月2004日; 134(9): 2307-13。

22. 緑P、Glozman S、カメンスキーB、Yavin E. Developmentalはラットの頭脳の膜の脂質および脂肪酸で変わる。
docosahexaenoic酸の優先出生前の蓄積。 Jの脂質Res。 5月1999日; 40(5): 960-6。

23. McCann JCのエームズのBN。 docosahexaenoic酸、に必要なオメガ3の長い鎖のpolyunsaturated脂肪酸はある
正常な頭脳機能の開発か。 人間および動物の認識および行動テストからの証拠の概観。
AM J Clin Nutr。 8月2005日; 82(2): 281-95。

24. Khedr EM、Farghaly WM、Amry S、Osman AA。 母乳で育てられ、方式与えられた幼児の神経の成熟。
アクタPaediatr。 6月2004日; 93(6): 734-8。

25. Dijck-Brouwer DA、Hadders-Algra M、Bouwstra Hは、等docosahexaenoic酸、アラキドン酸の胎児の状態を下げる
そして必要な脂肪酸はより少なく好ましい新生児の神経学的な状態と関連付けられる。 プロスタグランジンのLeukotの必要な脂肪酸。
1月2005日; 72(1): 21-8。

26. コロンボJ、Kannass KN、Shaddy DJ、等母性的なDHAおよび幼年時代およびtoddlerhoodの注意の開発。
子供Dev。 7月2004日; 75(4): 1254-67。

27. Diau GY、Hsiehの、SarkadiナージEA、等。 docosahexaenoicの長い鎖のpolyunsaturateの補足の影響
ヒヒの新生児の中枢神経系の酸およびアラキドン酸。 BMC Med。 2005;311.

28. Moriguchi T、サレムNの頭脳のdocosahexaenoateのJr.の回復は空間的な仕事の性能の回復をもたらす。
J Neurochem。 10月2003日; 87(2): 297-309。

29. Youyou A、Durand G、髄鞘のオメガ3の脂肪酸に欠けている食事療法によって引き起こされる変えられた脂肪酸組成のパスカルGの等回復
成長のラットの頭脳のsynaptosomes、mitochondriaおよび微粒体。 J Neurochem。 1月1986日; 46(1): 224-8。

30. Homayoun P、Durand G、パスカルG、Bourre JM。 引き起こされる大人のラットの頭脳の毛管およびchoroid網状組織の脂肪酸組成の変化
オメガ3の脂肪酸が不十分な食事療法によって: nondeficient食事療法の取り替えの後の遅い回復。 J Neurochem。 7月1988日; 51(1): 45-8。

31. カナー私達、Neuringer M、林DS。 頭脳の脂肪酸組成に対する食餌療法の効果: オメガ3の脂肪酸の不足の可逆性
アカゲザルの頭脳、赤血球および血しょうのdocosahexaenoic酸の転換。 Jの脂質Res。 1990年の2月; 31(2): 237-47。

32. Moriguchi T、Loewke Jの駐屯隊M、カタロニア語JN、サレムNのラットの頭脳のdocosahexaenoic酸の不足、網膜、レバーのJr.の逆転、
血清。 Jの脂質Res。 3月2001日; 42(3): 419-27。

33. アンダーソンGJ。 オメガ3の食餌療法の脂肪酸への頭脳の進化の感受性。 Jの脂質Res。 1月1994日; 35(1): 105-11。

34. Stillwell WのShaikhのSR、Zerouga M、Siddiqui RのWassallのSR。 Docosahexaenoic酸は脂質のいかだの変更によって細胞シグナリングに影響を与える。 Reprod
Nutr Dev。 9月2005日; 45(5): 559-79。

35. Stillwell WのWassallのSR。 Docosahexaenoic酸: 独特な脂肪酸の膜の特性。 Chem Physの脂質。 11月2003日; 126(1): 1-27。

36. Stillwell W、Ehringer W、Jenski LJ。 Docosahexaenoic酸は脂質の小胞および腫瘍の細胞の透磁率を高める。 脂質。 2月1993日; 28(2): 103-8。

37. ブラウンER、Subbaiah PV。 人間の皮の繊維芽細胞に対するeicosapentaenoic酸およびdocosahexaenoic酸の差動効果。
脂質。 12月1994日; 29(12): 825-9。

38. Zerouga M、Jenski LJ、phosphatidylcholinesのStillwell W.特性の1-2のdocosahexaenoicアシル鎖をの含んでいるComparison
リン脂質の単一層およびbilayers。 Biochim Biophysのアクタ。 6月1995日14日; 1236(2): 266-72。

39. Horrobin DF、ベネットCN。 新しい遺伝子ターゲットは精神分裂症および他の精神障害に関連していた: 酵素、結合蛋白質および輸送
リン脂質および脂肪酸の新陳代謝にかかわる蛋白質。 プロスタグランジンのLeukotの必要な脂肪酸。 3月1999日; 60(3): 141-67。

40. Horrobin DF。 脂質新陳代謝と精神分裂症間の相互作用: 私達を人間にするかもしれない生化学的な変更。 脂質。
1999年; 34 SupplS255。

41. シャオY、黄Y、陳ZY。 docosahexaenoic酸の配分、枯渇および回復はラットの頭脳で地域特定である。
Br J Nutr。 10月2005日; 94(4): 544-50。

42. Litman BJ、Niu SL、Polozova A、Mitchell DC。 Gの調整でリン脂質を含んでいるdocosahexaenoic酸の役割はシグナリングを蛋白質つないだ
細道: 視覚transduction。 J Mol Neurosci。 4月2001日; 16 (2-3): 237-42。

43. Bourre JM、Francois M、Youyou A、等。 神経の膜の構成、酵素の活動に対する食餌療法のアルファ リノレン酸の効果、
毒への電気生理学的な変数、抵抗および学習の性能の広さはラットで任せる。 J Nutr。 12月1989日; 119(12): 1880-92。

44. ターナーN、他のPL、AJ Hulbert。 膜のDocosahexaenoic酸の(DHA)内容は分子活性をの定める
ナトリウム ポンプ: 病気の州および新陳代謝のための含意。 Naturwissenschaften。 11月2003日; 90(11): 521-3。

45. サレムN、Jr.、Litman B、金HY、神経系のdocosahexaenoic酸の行為のGawrisch K. Mechanisms。 脂質。
9月2001日; 36(9): 945-59。

46. Chalon SのイオンVancassel S、Belzung Cは、等食餌療法の魚油ラットのmonoaminergic neurotransmissionそして行動に影響を与える。
J Nutr。 12月1998日; 128(12): 2512-9。

47. Sergeeva M、Strokin M、細胞内カルシウムのReiser G. Regulationはpolyunsaturated脂肪酸、アラキドン酸およびdocosahexaenoic酸によって水平になる、
アストロサイト: ホスホリパーゼA2の可能な介入。 Reprod Nutr Dev。 9月2005日; 45(5): 633-46。

48. 金HY、Akbar M、Lau A、docosahexaenoic酸(22:6omega-3)による神経のapoptosisのEdsall L. Inhibition。 antiapoptotic効果に於いてのphosphatidylserineの役割。
J Biol Chem。 11月2000日10日; 275(45): 35215-23。

49. Delwaide PJ、Gyselynck-Mambourg AM、Hurlet AのYlieff M.の二重盲目のランダム化された老年性の気違いじみた患者のphosphatidylserineの管理された調査。
アクタNeurol Scand。 2月1986日; 73(2): 136-40。

50. 肇G、Etherton TDのマーティンKRの等THP-1細胞のpolyunsaturated脂肪酸の炎症抑制の効果。
Biochem Biophys Res Commun.2005 10月28日; 336(3): 909-17。

51. McGahon BM、マーティンDS、Horrobin DF、リンチMA。 シナプス機能の年齢関連の変更: 食餌療法の補足の効果の分析
オメガ3の脂肪酸を使って。
神経科学。 1999;94(1):305-14.

52. Fujita S、Ikegaya Y、西川M、西山町NのMatsuki N. Docosahexaenoicの酸はホスホリパーゼによって減少する長期potentiationを改善する
A (2)ラットのhippocampal切れの抑制剤。 Br J Pharmacol。 4月2001日; 132(7): 1417-22。

53. Kitajka K、Puskas LG、Zvara A、等。 頭脳に於いてのオメガ3のpolyunsaturated脂肪酸の役割: 食餌療法によるラットの頭脳の遺伝子発現の調節
オメガ3の脂肪酸。 Proc国民のAcad Sci米国。 3月2002日5日; 99(5): 2619-24。

54. Cao D、Xue R、Xu J、第一次文化のラットの皮層ニューロンの存続およびneuriteの結果に対するdocosahexaenoic酸の劉Z. Effects。
J Nutr Biochem。 9月2005日; 16(9): 538-46。

55. de la Presa OS、Innis SM。 Docosahexaenoicおよびアラキドン酸はdopaminergicおよびserotoninergic神経伝達物質の減少を防ぐ
方式与えられたコブタでリノールおよびアルファ リノレン酸の不十分な食事療法によって引き起こされる前頭皮質。 J Nutr。 11月1999日; 129(11): 2088-93年。

56. Innis SM、de la Presa OS。 妊娠の食餌療法の脂肪酸組成は新生のラットの頭脳のneuriteの膜の脂肪酸そしてドーパミンを変える。
J Nutr。 1月2001日; 131(1): 118-22。

57. Delion S、Chalon S、Guilloteau D、Besnard JCのDurand G.アルファ リノレンの酸の食餌療法の不足はdopaminergicの年齢関連の変更を変える
ラットの前頭皮質のserotoninergic neurotransmission。 J Neurochem。 4月1996日; 66(4): 1582-91。

58. Zimmer L、Vancassel S、Cantagrel S、等。 ドーパミンのmesocorticolimbic細道はオメガ3のpolyunsaturated脂肪酸の不足によって影響される。
AM J Clin Nutr。 4月2002日; 75(4): 662-7。

59. Mitchell DC、Niu SL、Litman BJ。 Gの強化はDHAのリン脂質によってシグナリングを蛋白質つないだ。 脂質。 4月2003日; 38(4): 437-43。

60. Blaylock RL。 余分な免疫の刺激に二次慢性のmicroglial活発化およびexcitotoxicity:
湾岸戦争のシンドロームおよび自閉症の可能な要因。 JアメルPhys Surg。 2004夏; 9(2): 46-51。

61. ヤンK、Xie G、チャンZは血清のinterleukin (IL)の、等- 6、IL1beta、腫瘍の壊死の要因アルファおよびレプチンおよび彼等の水平になる
不況の相関関係。 Aust NZJの精神医学。 3月2007日; 41(3): 266-73。

62. 金YK、Na KS、Shin KHの等主要で憂鬱な無秩序のpathophysiologyのCytokineの不均衡。
Prog Neuropsychopharmacol Biolの精神医学。 6月2007日30日; 31(5): 1044-53。

63. Kiecolt-Glaser JK、Belury MAのポーターKの等憂鬱な徴候、オメガ6: 高齢者のオメガ3の脂肪酸および発火。
Psychosom Med。 4月2007日; 69(3): 217-24。

64. Craddock D、トマスA. Cytokinesおよび遅生命不況。 必要なPsychopharmacol。 2006;7(1):42-52.

65. Spalletta G、Bossu P、Ciaramella A、等。 poststrokeの不況の病因学: 文献および新しいのの検討
炎症性cytokinesを含む仮説。 精神医学Molの。 11月2006日; 11(11): 984-91。

66. Beilin B、Greenfeld K、Abiri Nの等仕事の麻酔医: 親炎症性およびTh2 cytokineの生産の増加、
そしてproliferative免疫反応の変化。 アクタAnaesthesiol Scand。 11月2006日; 50(10): 1223-8。

67. O'Brien SM、Scully P、Fitzgerald P、スコットLV、Dinan TG。 失敗しなさい落ち込んだ患者の血しょうcytokineのプロフィール
選択的なセロトニンのreuptakeの抑制剤療法に答えなさい。 J Psychiatr Res。 4月2007日; 41 (3-4): 326-31。

68. Basterziの広告は、Aydemir C、Kisa Cの等IL-6レベル主要な不況の患者のSSRIの処置と減る。
ハム雑音Psychopharmacol。 10月2005日; 20(7): 473-6。

69. O'Brien SM、スコットLV、Dinan TG。 抗鬱剤療法およびC反応蛋白質のレベル。 Br Jの精神医学。 5月2006日; 188:449-52。

70. 成田K、村田TのTakahashi T、等患者のadiponectinおよび腫瘍の壊死の要因アルファの血しょうレベル
長期維持の抗鬱剤療法を受け取っていて送られた主要な不況が。 Prog Neuropsychopharmacol
Biolの精神医学。 8月2006日30日; 30(6): 1159-62。

71. フォンKR、Hepp U、Kraemer Bの等心的外傷後ストレス障害の患者の低級な全身のproinflammatory活動のための証拠。
J Psychiatr Res。 11月2007日; 41(9): 744-52。

72. Levant B、Ozias MK、Carlson SE。 メスのラットの特定の頭脳の地域はdocosahexaenoic酸の特異的に減る
生殖活動および(オメガ3)脂肪質の酸不十分な食事療法。J Nutr。 1月2007日; 137(1): 130-4。

73. Kodas E、Galineau L、Bodard Sはラットのオメガ3のpolyunsaturated脂肪酸によって、等Serotoninergic neurotransmission影響される。
J Neurochem。 5月2004日; 89(3): 695-702。

74. Kodas E、Vancassel S、Lejeune B、Guilloteau D、オメガ3の脂肪酸の不足誘発の変更のChalon S. Reversibility
ラットのdopaminergic neurotransmission: 進化の段階の重大な役割。 Jの脂質Res。 8月2002日; 43(8): 1209-19。

75. Hickie I、Naismith Sの区のPBは、等早くおよび遅手始めの不況の患者のhippocampal容積そしてメモリ損失を減らした。
Br Jの精神医学。 3月2005日; 186:197-202。

76. MacMaster FPの早い手始めの不況のKusumakar V. Hippocampalの容積。 BMC Med。 1月2004日29日; 22。

77. フリーマンMP。 オメガ3の脂肪酸および周産期の不況: 未来の研究のための文献そして推薦の検討。
プロスタグランジンのLeukotの必要な脂肪酸。 10月2006日; 75 (4-5): 291-7。

78. Sontrop J、キャンベルMK。 オメガ3のpolyunsaturated脂肪酸および不況: 証拠および方法論的な批評の検討。
Prev Med。 1月2006日; 42(1): 4-13。

79. De Vriese SR、クリストフィーABのMaes M. Loweredの血清のオメガ3のpolyunsaturated脂肪酸(PUFA)のレベルは発生を予測する
産後の不況の: 下がったそれ以上の証拠は主要な不況とn-PUFAs関連している。 生命Sci。 11月2003日7日; 73(25): 3181-7。

80. 赤血球のHuan M、Hamazaki K、日曜日Y、等自殺の試みそしてオメガ3の脂肪酸のレベル: ケース コントロール研究
中国。 Biolの精神医学。 10月2004日1日; 56(7): 490-6。

81. Terao T、大豆A. Cholesterol、必要な脂肪酸および自殺。 Pharmacopsychiatry。 3月2003日; 36(2): 86-7。

82. Sublette私のHibbelnジュニア、Galfalvy H、Oquendo MA、マンJJ。 オメガ3のaとしてpolyunsaturated必要な脂肪酸の状態
未来の自殺の危険の予言者。 AM Jの精神医学。 6月2006日; 163(6): 1100-2。

83. Auer DP、Putz B、クラフトEの等不況の前方のcingulateの皮質の減らされたグルタミン酸塩: 磁気共鳴生体内のプロトン
分光学の調査。 Biolの精神医学。 2月2000日15日; 47(4): 305-13。

84. McCullumsmithに関して、Kristiansen LV、Beneyto M、等海馬の減らされたNR1、NR2AおよびSAP102コピーの表現
双極性障害。 頭脳Res。 1月2007日5日; 1127(1): 108-18。

85. 精神分裂症患者の死後のstriatumのNoga JT、ハイドTM、ヘルマンMM、等グルタミン酸塩の受容器、自殺および制御頭脳。
シナプス。 11月1997日; 27(3): 168-76。

86. McCullumsmithに関して、MeadorクルマバソウJH。 精神分裂症のStriatal excitatoryアミノ酸の運送者のコピーの表現、
双極性障害および主要で憂鬱な無秩序。 Neuropsychopharmacology。 3月2002日; 26(3): 368-75。

87. Mathew SJ、Keegan Kの気分障害のための新しい介在としてスミスL. Glutamate変調器。 Bras Psiquiatr Rev。 9月2005日; 27(3): 243-8。

88. Relton JK、Strijbos PJのたる製造人のAL、Rothwell NJ。 食餌療法N-3脂肪酸はラットのischaemicおよびexcitotoxic悩障害を禁じる。
頭脳Res Bull。 1993;32(3):223-6.

89. Hogyes E、Nyakas C、Kiliaan Aの等excitotoxicに対する進化のdocosahexaenoic酸の補足のNeuroprotectiveの効果
幼児ラットの悩障害。 神経科学。 2003;119(4):999-1012.

90. Hamazaki T、Sawazaki S、docosahexaenoic酸のNagasawa Tの等管理は行動および血しょうカテコラミンに影響を及ぼす
心理圧力の時にレベル。 脂質。 1999年; 34 SupplS33-7。

91. Hamazaki T、Sawazaki S、Nagao Yはnonstressful条件の下で、等Docosahexaenoic酸正常なボランティアの侵略に影響を与えない。
ランダム化された、偽薬制御の、二重盲目の調査。 脂質。 7月1998日; 33(7): 663-7。

92. Hamazaki T、Sawazaki S、docosahexaenoic酸のItomura Mの等敵意に対する効果。 Nutr Diet世界のRev。 2001;88:47-52.

93. Itomura M、Hamazaki K、Sawazaki S、等。 二重盲目ランダム化される学童の物理的な侵略に対する魚油の効果
偽薬制御の試験。 J Nutr Biochem。 3月2005日; 16(3): 163-71。

94. Sawazaki S、Hamazaki T、Yazawa K、Kobayashi M。 血しょうカテコラミンの集中に対するdocosahexaenoic酸の効果
長続きがする心理圧力の間のブドウ糖の許容: 二重盲目の偽薬制御の調査。 J Nutr Sci Vitaminol。(東京)。 10月1999日; 45(5): 655-65。

95. で利用できる: http://www.pdrhealth.com/drugs/altmed/printview/altmed-mono-print.aspx?contentFileName=ame0278。
xml&contentXSLTFileName=amepe.xsl&contentName=DHA. 2007年11月2日アクセスされる。

96. ハミルトンL、Greiner RのサレムNジュニア、金HY。 n-3脂肪酸の不足はphosphatidylserineの蓄積を選択式に減らす
神経のティッシュ。 脂質。 8月2000日; 35(8): 863-9。

97. Kelley DS、Siegel D、Vemuri M、Mackeyはある。 Docosahexaenoic酸の補足は絶食およびpostprandial脂質のプロフィールを改善する
hypertriglyceridemic人。 AM J Clin Nutr。 8月2007日; 86 (第2): 324-33。

  • ページ
  • 1
  • 2