生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長雑誌

LE Magazine 2008年1月
レポート

DHAは頭脳の開発を支え、神経学的な機能を保護する

ラッセルL. Blaylock、MD著

DHAは頭脳の開発を支え、神経学的な機能を保護する

頭脳の主要なブロックの1つは生命の、docosahexaenoic酸 (DHA)が最適の頭脳 健康および機能のために重大まったくであるオメガ3の脂肪酸老化する。 研究者は今DHAが幼児および老化する大人の頭脳後押しの利点を提供することが分っている。

幼児の神経学的な、視覚開発に於いてのDHAの重大な役割を確認して、製造業者は幼児方式およびベビーフードにDHAを組み込むために急いでいる。 同様に、不況のような精神医学および神経学的な疾患を、後外傷性の圧力の無秩序回避するように努めている大人およびアルツハイマー病は今彼らのDHAの取入口に細心の注意を払っている。ここでは、私達は最適の認識および神経学的な健康の保障に於いてのDHAの必要な役割を論議する。

オメガ3の多数の利点は油をさす

オメガ3オイルのより高い取入口が健康のために重要であることをほとんどの科学者および医学の権限は同意する。 これは人間の多数の十分行なわれた調査に基づき、オメガ3オイルは頭脳機能を改善し、 発火を減らし 、致命的な心臓発作およびischemic打撃の発生を減らし、自己免疫疾患の結果を改善し、そして視野を改善することを示した動物。

特別な関心の神経学的な機能および頭脳の保護に対するオメガ3オイルの有利な効果はある。 例えば、いくつかの調査はオメガ3オイルのより高い取入口がかなりアルツハイマー病、また管の痴呆の発生を減らし、痴呆によって影響されるそれらのそして記憶生活環境基準を改善することを示した。1

オメガ3オイルの医療補助についての一般協定があるが、少数はeico-sapentaenoic酸(EPA)およびdocosahexaeonic酸(DHA)と呼ばれるさまざまな部品の相違を認める。 これら二つの部品はオメガ3オイルより大きさを構成する。 しかしEPAおよびDHAの比率はほとんどにEPAの大いに高い濃度がある商品で主にそれは製造することは比較的安価で、DHAよりより少なくなま臭い臭気があるので、かなり変わることができる。 しかし、調査はオメガ3オイルの神経学的な利点のほとんどがEPAの部品よりもむしろDHAの部品から得られることを示した。

オメガ3の多数の利点は油をさす

シカゴ2およびロッテルダムの 調査両方では、 少なくとも1つの魚含んでいる食事を食べている3人の研究者はそれら週のアルツハイマー病の発生の60%の減少を見つけた。 シカゴの調査では、DHAはEPAと見られなかった強い保護効果を出した。 なお、この調査は病気の強力な表示器であるAPOE4遺伝子を運ぶ主題のアルツハイマー病の危険の減少とオメガ3の植物得られた脂肪酸、アルファ リノレン酸のその取入口を、関連付けられた見つけた。

アルツハイマー病の人々に彼らの海馬のニューロンでDHAの低レベル、ひどく病気で影響される頭脳の区域が劇的にある。 この区域は最近の記憶(いわゆる作業メモリか平叙記憶)の作成に重大である。phosphatidylエタノールアミン (PE)アルツハイマー病によって最も影響を受けた頭脳のそれらの地域に、普通DHAのハイ レベルを含んでいる、のようなリン脂質がひどく尽きていることがケンタッキー大学からの4つPrasadおよび協力者は分った。5

DHAおよび頭脳の開発

DHAの補足はだけでなく、アルツハイマー病の場合の記憶を改善するが、また年齢関連のメモリ損失を同様に改善するために示されていた。6つの 動物実験は溶けるアミロイド ベータが動物の頭脳に(Alzheimer's準のアミロイドの最も有害な形態)注ぎこまれるときDHA補われた食事療法が学習障害を妨害できることを示した。7

マウスおよび人間でない霊長目の両方動物実験は、また、DHA減らされた食事療法が学習および記憶を損なう、こと再与えて食事療法の逆をこれらのimpairments.8-9供給のラットが食事療法大いにDHAでDHA含んでいて両方作業メモリ(非常に短期記憶)および古く、若い動物の参照の記憶を(長期)改善することを示し。8,10,11

アカゲザルが長期オメガ3不十分な食事療法に早い生命の間に型にはまった行動を示し始めた与えたことがオレゴンの健康科学大学のReisbickそして協力者は分った。12は これら社会的な剥奪と見られる反復的な行動のタイプおよび自閉症である。

明らかに、オメガ3は学習、記憶および行動に於いてのDHAの演劇の必要な役割のような油をさす。 次に、私達は神経系の開発の支持に於いての彼らの役割を見る。

DHAおよび頭脳の開発

両方の人間の幼児の増加する調査はおよび動物オメガ3オイル、特にDHAの取入口間の強い相関関係を、および認識機能、視力および全面的な頭脳の開発示している。13-15 人間の幼児で、頭脳の開発は妊娠の最後の学期の間に最も急速で、最も複雑な成長および生れの後の最初の2年を経る。 これはこのの間に期間子供の終局の神経学的な開発が必要な栄養素の食餌療法取入口で依存性が高いことを、特にオメガ3油をさす意味する。

胎児および幼児頭脳がDHAに十分なアルファ リノレン オイル(ある植物オイルで見つけられるオメガ3オイル)を変えてないので赤ん坊は供給のための母によってほとんど全く決まる。16 成長する赤ん坊のための十分な供給を保障するために胎盤が選択式にDHAをとるという十分な証拠がある。胎児 開発の間のエネルギー供給の17,18 70%は頭脳の開発に捧げられ、脂質は頭脳より30%および網膜の構造より50%を構成していてDHAが頭脳の構造より50から60%を、構成する。 但し、赤ん坊がDHAの供給のための母によって決まるので、母のオメガ3の不足は各々の連続的な生れの幼児頭脳のDHAの不足の増加をもたらす場合がある。 調査は頭脳DHAの不足が第一世代との約30%に限られる、第三世代によって、頭脳DHAのレベルは85%。19大いに落ちることができることを示した

米国で結合される平均DHAおよびEPAの取入口は専門家が健康な個人のために推薦するEPAとDHAの650 mgの下に約100-200のmg /day、ずっとである。20 なお、それはpostnatal頭脳の開発に対する深遠な効果をもたらすことができるかどれが生れの後で、DHAのレベルがほとんどのベビーフードおよび方式の低いDHAの内容に6かそして12か月 年齢の間で大抵よる落ちること、21を示されていた。 6ヶ月の幼児の視覚開発のDHAの影響を測定した調査は網膜および視覚野の成熟がDHA富ませた卵黄を対DHAが不十分だった制御幼児受け取っている幼児で非常に改善されたことが分った。 実際、研究者はレベルが補われた幼児の34%によって上がった一方母乳で育てられる幼児で、DHAのレベルが落ちたことが分った。21

成長の赤ん坊では、他の頭脳の構造よりDHAのレベルのハイ レベルは神経の細胞の成長のために必要である。22は 一定した復元の下に神経の細胞の膜の構成あり、食事療法の変更と徹底的に変わることができる。 それは強い頭脳の成長の間に、DHAのレベル生まれた時の他の脂肪酸のプラトーは強い神経細胞の開発の期間の間に実際に、主に、すなわち倍増する間、こと、示されていた。

DHAの利点のための決定的な証拠は結論した約50の調査の最近の検討から赤ん坊の食事療法のより高いDHAは認識および視覚機能のためのよりよい頭脳機能に、特に翻訳することを来る。DHAが 健康な神経系の開発を促進するかもしれないという23それ以上の証拠は研究者がそれらの専ら母乳で育てられるに、健康な幼児正常な53および専らDHAを含んでいない方式と人工栄養で育てられたそれらを分けた最近の調査から来る。 視覚、聴覚、および知覚の査定を使用して、彼らは1年齢に人工栄養で育てられた赤ん坊のすべての3つのテストの明確な異常を見つけた。24

低いDHAの状態の散々な結果は神経学的な異常の開発の影響である。 別の調査では、研究者は幼児のへそ動脈そして静脈のDHA、必要な脂肪酸、TRANSの脂肪酸およびアラキドン酸のレベルを測定した。 彼らは生まれた時の神経学的な異常の幼児はアラキドン酸の低レベルがおよびDHAおよびより高いTRANSの脂肪酸のレベルかなりあったことが分った。25 対照的に、より高いアラキドン酸を持つ幼児は、DHAおよび必要な脂肪酸のレベルはより正常で神経学的な機能があった。 編集後記: アラキドン酸の余分なレベルが老化の人間の慢性の発火に貢献する間、アラキドン酸は成長の頭脳へ重大なブロックである。

幼年時代の認識開発のそれ以上のテストでは、研究者は母性的な、胎児DHAのレベルが12かそして18か月に注意およびdistractibilityに関連した生まれた時測定したことが低水準とのそれらよりよく分った高いDHAのレベル整形を持っていてそれらが。26 DHAが筋肉機能に於いての大きな役割および成長の幼児の調整をすることに注意することもまた興味深い。 また記憶、社会開発および行動の大きな役割を担う新生のヒヒを使用して最近の調査はDHAのハイ レベルが 頭脳の運動制御区域にあること、27を明らかにした。

従って私達は母の食事療法の十分なDHAが彼女の赤ん坊の正常な頭脳の開発のために重大であること、そして胎盤が優先的に赤ん坊のための母のDHAを得るので最初の赤ん坊と、彼女のDHAのレベルがさらにもっと落ちることを見る。 これは母のDHAが更に減るようにそれに続く赤ん坊により低いDHAのレベルがあることを意味する。

大きい質問低いDHAのレベルによって誘発される進化問題はあったり、逆転することができるか。 証拠ははい示すようである。 例えば、1つの調査で、ラットは3匹の生成のためのオメガ3十分な食事療法で維持された動物として生れからの3匹の生成のための低DHA食事療法に(頭脳DHAのレベルの厳しい不足を作り出す)与え、次に6週間DHA高められた食事療法に達成した空間的な学習のテストの同じレベルを与えた。28は 6週以下間DHA富ませた食事療法効果をもたらさなかった。

但し、頭脳DHAの回復の率は実験動物モデルおよび他の変数によって調査間で、変わる。 別の調査では、与えられたラットの子犬はオメガ3含んでいる食事療法の始めによって2匹の生成のためのDHA減らされた食事療法生れが1日以内の必要な頭脳の構造のDHAを取り戻し始めたが完全な回復は1月を取った15日後で続いた。29は 他の科学者によってラットのこの遅い回復確認された。30 アカゲザルで、頭脳DHAの回復は限り12週取ることができる。31

さらに、頭脳は無くなったDHAの遅いより周辺ティッシュを回復する。 1つの調査では、頭脳DHAの回復の率は1週に、35%に、そしてラットの8週に80%に2週に19%から行った。 頭脳より高いDHAの内容を備えている網膜では、回復は頭脳より速く回復された、72%に、8週に十分に4週に達する。しかし 大人の頭脳によるDHAの32回復は幼児頭脳よりより少なく完全遅く、である。33

DHAおよび大人の頭脳

DHAは幼児頭脳の適切な開発のために必要な間、また大人の頭脳の進行中の構造そして機能の重大な役割を担う。 それはphosphatidylethanolamine (PE)およびphosphatidylセリーン(PS)で見つけられるDHAのハイ レベルが付いている頭脳の複数の重要なリン脂質の部品、である。34,35の 低レベルはphosphatidylコリン(PC)にある。 構造的に、DHAはそれに細胞膜の流動率を高めることの細胞膜そして重要な原料の不飽和脂肪酸を最もする22のカーボンおよび6つの二重結合から成り立つ。

細胞膜の流動率を変えることは透磁率および蛋白質の活動のような物理的性質を、変える。 この変更は徹底的に細胞シグナリングを変えることができ、それらを免疫学および化学療法の殺害により敏感にさせる癌細胞の増加する膜透過性の大きな役割を担う。しかし 36 EPAはDHAより膜の流動率に対するより少ない効果を大いにもたらす。37

細胞膜へのDHAのより大きい結合が脂質の過酸化反応へのより少ない感受性および細胞の酸化圧力で劇的に起因することがまた、特にニューロン示されていた。38

多数が青年期の後で少しを変える安定した構造として頭脳を見るが、変化の状態に何百万の新しい神経関係を、しかしまた生化学的な構造を取り替え、変えることによって、だけでなく、形作ることによって、特に膜の脂質常に実際ある。 細胞膜からアラキドン酸およびDHAを解放できるホスホリパーゼの酵素は頭脳の脂質のこの一定した転換と接続される。従って 39の食餌療法の変更は変えるかなり頭脳機能をことができる、神経精神病学の無秩序を変える悪化させる徹底的に頭脳の脂質、ことができる。40

なお私達が老化するので、頭脳のDHAの配分変わる証拠がある。41 例えば、幼年時代の間にハイ レベルはstriatumに(運動制御と関連付けられる)あり、視床下部(神経質な、内分泌系をつなぐ)および海馬でより低く(記憶と関連付けられる)。 大人では、ハイ レベルは皮質に(認知に必要な)およびある(自治機能のために重大な)髄質で最も低い。 老化によって、ハイ レベルは皮質および小脳にある(運動制御にかかわる)。 この地方特定性の例は最近の調査で科学者が栄養素の奪い取られたラットに食餌療法DHAを元通りにしたときに見られた。 彼らは頭脳DHAのすべての区域がDHAの62%だけを回復した髄質を除いて12週後に、元通りになったことが分った。従って 41はこれらの調査結果十分なDHAを消費することが大人の頭脳の維持のために必要かもしれないという豊富な証拠を提供する。

DHAおよび細胞シグナリング

以前、頭脳の健康な作用にとって非常に重要である膜の特性に対するオメガ3オイルの効果に多くの注意は払われた。 結局、膜は細胞コミュニケーションを促進する細胞、また制御受容器機能に記入項目を調整する。 しかしもっと最近研究者はまたオメガ3が油をさすことを、特にDHAの部品、影響を与える細胞シグナリングに発見した。

DHAおよび細胞シグナリング

外側との細胞の内部コミュニケーションをだけでなく、制御する、またコミュニケーションないたくさん、の特別な分子が細胞シグナリングにかかわれば、細胞内のたくさん。 特別なトランスクリプション分子のグループは細胞が遺伝子と同様に伝達し合うようにする。

細胞シグナリング分子の広大な配列は信号が活動化させるか、または沈黙させることmitochondriaでとしていろいろ機能そのようなに細胞エネルギーを調整するか、専門にされた蛋白質を、イオン規則発生させ、炎症性仲介人を調整する遺伝子を微調整され、互い違いに転換するようにする(ページの50図1を見なさい)。 従って細胞内の行為の複雑さは細胞シグナリング分子によって注意深く調整される。

エネルギー規制にかかわるDHAによってadenyl cyclaseおよびプロテイン キナーゼAのような多数の酵素は、upregulated。 DHAオメガ3はまたプロスタグランジンE2、トロンボキサンおよびleukotrienesのようなproinflammatory仲介人を減らし、neuroprotectinsと呼ばれる脳細胞を保護する物質と共にlipoxinsおよびresolvinのような炎症抑制の混合物の生産を高める(ページの51図3を見なさい)。42

DHAはまた電気衝動のbetweensの細胞を制御する細胞ナトリウム ポンプを運転するためにATPからエネルギーを得る主細胞膜酵素によって呼ばれるNa+/K+のアデノシン三リン酸化水分解酵素の活動を維持する。

DHAはまた電気衝動のbetweensの細胞を制御する細胞ナトリウム ポンプを運転するためにATPからエネルギーを得る主細胞膜酵素によって呼ばれるNa+/K+のアデノシン三リン酸化水分解酵素の活動を維持する。 例えばラットに与えることがこの酵素がまた頭脳によって消費されるエネルギーの60%につながる40%。43によって DHA不十分な食事療法Na+/K+のアデノシン三リン酸化水分解酵素の活動を下げることが、示されていた。44の 維持の細胞エネルギー準位は低負荷がこの有害なプロセスに劇的に感受性を高めることができるので、excitotoxicityを防ぐことにおいて特に重要(病理学プロセスはこと損傷または神経細胞を殺す)である。

DHAによって制御される別の必要な認知過程は細胞の存続のためにまた重大である頭脳のphosphatidylserine (PS)の集中を調整している。DHA で低い45の食事療法はNa+/K+アデノシン三リン酸化水分解酵素およびカルシウム通風管を含む酵素を通して存続のための細胞シグナリングに影響を与える頭脳PSを減らす。 カルシウムは共通および最も多目的な細胞シグナリング システムの1つである。 神経伝達物質解放、ミトコンドリア機能、遺伝子の活発化、酸化成長の頭脳、ニューロン移動および成熟を含む細胞機能の広大な 配列を、の圧力および、調整するかどれがDHA、しかしないEPAはカルシウム振動(細胞内の波)の主要な調整装置、46であるために、示されていた。47の 低いDHAのレベルはまた頭脳得られた成長因子のような頭脳そして細胞成長因子を、下げるために知られている。

低いDHAのもう一つの有害な影響は神経の死を高めることである。 これの観察は細胞培養のDHA減らされたニューロンのDNAの分裂の劇的増加を明らかにした実験室調査で見られた。 DHAのこの細胞媒体を富ませることはニューロン、48を 細胞シグナリング存続の細道の行為によってphosphatidylserine (PS)を通って作動したようである効果保護した。

殺害ニューロンと同様、DHAで低い食事療法は認知の部分、痴呆の患者のPSの補足の調査で見られる改善および記憶で、説明するかもしれない記憶強化と関連付けられる頭脳のhippocampal地域のPSのレベルを減らす。

殺害ニューロンと同様、DHAで低い食事療法は認知の部分、痴呆の患者のPSの補足の調査で見られる改善および記憶で、説明するかもしれない記憶強化と関連付けられる頭脳のhippocampal地域のPSのレベルを減らす。49 DHAは中枢神経系の主要なオメガ3オイルの部品で、PSに特に集まる。 オメガ3の不足は出生前およびpostnatal期間の間に主神経の細胞のPSのレベルのおよそ30-35%減少に関連した。96

EPAおよびDHA peroxisome増殖剤活動化させた受容器、またはPPARs両方によって影響される主な細胞シグナリング細道の1つはである。 従って活動化させたとき、この細道はproinflammatory cytokineの生産を禁じ、発火を、組識的にそして頭脳で非常に減らす。 これは糖尿病、アテローム性動脈硬化、自己免疫疾患、頭脳の老化、自閉症および神経退化的な無秩序のような無秩序の多くによって発生した損傷の減少の大きな役割を担うことができる。

調査はそれから核要因kappab (NF kb)を抑制するEPAおよびDHAがPPARsの示した、発火を活動化させる主要なトランスクリプション システム活動化させることを。50 こうして、PPARsの活動化のEPAより有効であるDHAは頭脳の発火を減らすための重要な含意があるかもしれない。 DHAおよびEPAの高い取入口はまたアラキドン酸(proinflammatory前駆物質)および炎症性仲介人を作るのに使用される開始材料を減らす細胞膜からのコレステロールの転置によって発火を減らす。 なお、DHAは細胞膜からアラキドン酸の解放によって引き起こされる炎症性eicosanoidの生産を禁じる。 私達が老化すると同時に、頭脳の発火は漸進的に増加する、他の脂肪酸に関連するDHAの食事療法はより高くこの年齢関連の頭脳の発火を減らすかもしれない。

必要がある何を知る

DHA

  • オメガ3の脂肪酸のdocosahexaenoic酸(DHA)は頭脳の健康な構造そして機能のために重大である。 DHAの最適の取入口は妊娠したおよび看護母のために特に必要彼らの子供の十分な頭脳の開発を保障するためにである。

  • DHAは頭脳の構造および信号方式に影響を与える大人の頭脳のために必要である。

  • DHAの助けは神経系の開発および最適のメモリ機能を促進する。

  • DHAの不足は不況、自殺行動、怒りおよび敵意のような多くの精神障害とつながった。

  • 証拠は十分なDHAの取入口が年齢関連の記憶低下およびアルツハイマー病を防ぐのを助けるかもしれないことを提案する。

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2