生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2008年2月
レポート

補酵素Q10との鬱血性心不全の軽減

ピーターH. Langsjoen、mdのfacc著

CoQ10の吸収

図3。 補酵素Q10の2つの形態:
ユビキノンおよびUbiquinol
CoQ10の吸収
最近まで、すべての補足CoQ10
酸化させた、またはユビキノンの形態にだった。
今日、サプリメントを得ることは可能である
ubiquinolを含んでいること、CoQ10の減らされた形態。
Ubiquinolはユビキノンよりbioavailableである。

心不全のCoQ10の私達の経験の始めから、私達は高度の鬱血性心不全を用いる患者のCoQ10の悪い吸収を観察した。 これは非常にいら立たしい、ので病気の、CoQ10を吸収する彼らの無力のために最も低い血しょうCoQ10レベル ショーの最低の改善がある患者。 ずっとそれはこれらの批判的に病気の患者の腸そしてレバーの流動保持か浮腫がずっとこの悪い吸収に責任があるという私達の仮定である。 _の上でまでおおよそ1年前に、すべての補足CoQ10はの世界持あに酸化またはユビキノンの形態。 この酸化させた状態では、CoQ10は色の安定した、明るくオレンジ、そして脂肪質溶ける。 それは脂肪質溶けるCoQ10吸収の難しさに責任があるこの特性である。

CoQ10のよりよい形態

小腸を並べる最初の細胞へのCoQ10十字の直後の摂取の後で、それは減らされるか、またはubiquinol、形態に酵素によって変えられる。 私達が血しょうCoQ10を測定するとき、CoQ10のおよそ98-99%はこの減らされたubiquinolの形態に従ってである(図3)を見なさい。 日本のKaneka Corporationは私達がずっと2006年10月以来注意深く調査している安定したubiquinolの公式の作成に成功した。 Ubiquinolはオレンジよりもむしろ白い粉、より少なく脂肪質溶け、よりよく吸収されるそれを作る。

ubiquinolと扱われるべき私達の最初患者は15%の放出の一部分との厳しい心不全があった(血の量の測定は普通60-65%である)各心拍とポンプでくんだ。 この紳士はユビキノンの1日あたりの450 mgの2.2 mcg/mLの副治療上の血しょうCoQ10レベルがあった。 8.5 mcg/mLにそして対応の劇的な、多分人命救助の臨床改善との60%に増加するそれに続く10か月、彼の放出の一部分に劇的に増加するubiquinolの1日あたりの450 mgの彼の血しょうレベル(図4)を見なさい。 私達に今合計ubiquinol (減らされた形態)の公式に変わった600多くにユビキノン(CoQ10の酸化させた形態)の1日あたりのmgを取ることにもかかわらず高度の鬱血性心不全そして低い血しょうCoQ10レベルを持つ7人の患者が、ある。 私達の予備の観察は非常に好ましく、補足のubiquinolがCoQ10研究の50年の歴史の主要な科学的な前進を表すことそれは私の強い意見である。

CoQ10との補足

図4.血しょうCoQ10レベルは関連する
鬱血性心不全の厳格と
CoQ10との補足
患者からの血しょうエキスのクロマトグラム
厳しい心不全を使って。 この患者は放出があった
15%の一部分および減らされるの血しょうレベル(ubiquinol)
450のmg /dayのユビキノンの2.2 mcg/mLのCoQ10。
CoQ10公式および適量の選択
同じ中心からの血しょうエキスのクロマトグラム
ubiquinolの補足の後で忍耐強い失敗。
ubiquinolの10か月高められる450のmg /day
減らされた(ubiquinol) CoQ10の血しょうレベルへの
60%への8.5 mcg/mLそして改良された放出の一部分。

私は標準的な規定の薬物に加えて24年間の補足CoQ10とたくさんの心不全の患者を扱うことに基づいて少数の実用的なコメントをすることを望む。 私達は補足CoQ10からの副作用そして薬剤相互作用を見なかったが、心筋機能の改善と起こる多くの心臓薬物のための条件の漸進的な減少を観察した。 例えば、私達は減らされた傾向のために中心機能が改良すると同時に流動保持のためのdiureticsのための必要性の重要な減少を、観察した。 また、私達はアンギオテンシン変換の酵素(エース)の抑制剤のような抗高血圧薬の薬物の漸進的な減少を要求するかもしれない中心機能が改良すると同時に、頻繁に心不全の患者で使用される血の圧力低下薬のクラス起こる高血圧の漸進的な改善に注意した。 心臓病の患者は彼らの医者に特に活動、食事療法、処方薬、または店頭補足に変更があるとき先行させているべきである。

私はCoQ10と何百もの患者を扱い、決してワルファリン(Coumadin®)との相互作用を観察したあらないことは。 組合せが出血の危険性を高めるかもしれないという逸話的なレポートがずっとある。 ワルファリンを使用する個人はCoQ10を使用する前に医者に常に相談するべきである。28,29

CoQ10公式および適量の選択

ほとんどの商用化されたCoQ10補足はユビキノンから成り立つ。 このタイプのCoQ10の推薦された毎日の適量は100 mgから600 mgまで及ぶ。

最先端のCoQ10方式は今ubiquinol、血流に吸収される完全によりよいCoQ10の減らされた形態を含んでいる。30-32 100 mgからの300 mgにubiquinolの範囲の毎日の適量を推薦した。

CoQ10レベルは年齢と減りがちで、私達はCoQ10 (中心、レバーおよび腎臓のようなもつ)の少しだけ食糧金持ちを消費する社会に住んでいることが私達がわかっているので、中年のわずかCoQ10 (ユビキノンかubiquinol)始めと補う意味を成している。 苦しむか、または鬱血性心不全にstatinの薬物を使用する人はCoQ10の大量服用を消費することを向けるべきである(ユビキノンかubiquinol)。

結論

基本的にエネルギーの生産およびボディのあらゆる細胞の酸化防止防衛を改良する補酵素Q10の能力は人間の健康のすべての面の多くの驚くべきおよび予想外の改善をもたらした。 この異常な分子は劇的に薬の私の自身の練習を変え、前に心循環器疾患を荒廃させることの処置に喜びを持って来た。

この記事の科学的なコンテンツの質問があったら、1-800-226-2370で生命延長健康の顧問を呼びなさい。

参照

1. クレーンFL、Hatefi Y、Lester RL、ビーフの中心のmitochondriaからのキノンのWidmer C. Isolation。 Biochim Biophysのアクタ。 7月1957日; 25(1): 220-1。

2. Folkers K、Littarru GP、Ho Lの等人間の心臓病の補酵素Q10の不足のための証拠。 Int Z Vitaminforsch。 1970;40(3):380-90.

3. Langsjoen PH、Vadhanavikit S、補酵素Q10とのブラインドおよびクロスオーバーの試験の療法へのクラスの患者のFolkers K. Response心筋症のIIIそしてIV。 Proc国民のAcad Sci米国。 6月1985日; 82(12): 4240-4。

4. 独特の膨張させた心筋症のための補酵素Q10療法のLangsjoen PH、Langsjoen PH、Folkers K. Long-termの効力そして安全。 AM J Cardiol。 1990年の2月15日; 65(7): 521-3。

5. Folkers K、Langsjoen P、Willis R、等Lovastatinは人間の補酵素Qのレベルを減らす。 Proc国民のAcad Sci米国。 1990年の11月; 87(22): 8931-4。

6. 1990年5月29日1990年6月12日、両方出されたおよび米国の出された米国のパテント4929437はパテント4933165タイトルを付けた「HMG CoA還元酵素の抑制剤が付いている補酵素Q10」。に

7. 銀MA、Langsjoen PH、Szabo S、Patil H、その機能障害を逆転させる補酵素Q10の左の心室のdiastolic機能そして機能に対するatorvastatinのZelinger A. Effect。 AM J Cardiol。 11月2004日15日; 94(10): 1306-10。

8. Hindler KのCleelandのCS、リベラEのコラードのCD。 癌療法に於いてのstatinsの役割。 腫瘍学者。 3月2006日; 11(3): 306-15。

9. AlsheikhアリAA、Maddukuri PV、ハンH、Karas RH。 高いレバー酵素、rhabdomyolysisおよび癌の危険に対する下がる脂質の大きさの効果: 大きいランダム化されたstatinの試験からの洞察力。 J AM Coll Cardiol。 7月2007日31日; 50(5): 409-18。

10. ニューマンTBのHulleyのSB。 脂質低下の発癌性は薬剤を入れる。 JAMA. 1月1996日3日; 275(1): 55-60。

11. 李G、Larson EB、Sonnen JAの等Statin療法はアルツハイマー病の減らされたneuropathologic変更と関連付けられる。 神経学。 8月2007日28日; 69(9): 878-85。

12. GolombのBA、Jaworski B. Statinsおよび痴呆。 アーチNeurol。 7月2001日; 58(7): 1169-70。

13. Padala KP、Padala PRの陶工JF。 認知のSimvastatin誘発の低下。 アンPharmacother。 10月2006日; 40(10): 1880-3。

14. Kurian KC、Rai P、Sankaran S、等。 心不全のstatinsの効果: コレステロール低下効果を越えて。 Jは失敗を梳く。 8月2006日; 12(6): 473-8。

15. フィリップスPS、Haas RH、Bannykh Sは、等正常なクレアチンのキナーゼとのStatin準のmyopathy水平になる。 アンのインターンMed。 10月2002日1日; 137(7): 581-5。

16. Langsjoen PH、Langsjoen JO、Langsjoen AMのルーカスのLA。 補足の補酵素Q10とのstatinの悪影響の処置およびstatinは停止に薬剤を入れる。 Biofactors。 2005;25(1-4):147-52.

17. Bartnik M、Norhammar A、Rydén L. Hyperglycaemiaおよび心循環器疾患。 JはMedを実習する。 8月2007日; 262(2): 145-56。

18. Le NA、ウォルターMF。 アテローム性動脈硬化に於いてのhypertriglyceridemiaの役割。 Curr Atheroscler Rep。 8月2007日; 9(2): 110-5。

19. で利用できる: http://circ.ahajournals.org/cgi/content/abstract.Accessed 2007年11月29日。

20. アレンMaycockカリフォルニア、Muhlestein JB、Horne BDの等Statin療法は非常に年配の患者を含む重要な冠状病気の個人のすべての年齢別グループを渡る減らされた死亡率と、関連付けられる。 J AM Coll Cardiol。 11月2002日20日; 40(10): 1777-85。

21. Sorrentino SのLandmesser U.のstatinsのNonlipid低下効果。 Currの御馳走選択Cardiovasc Med。 12月2005日; 7(6): 459-66。

22. Langsjoen PH、Langsjoen AM。 心循環器疾患のCoQ10の使用の概観。 Biofactors。 1999;9(2-4):273-84.

23. Langsjoen PH、Littarru GP、銀製MA。 hyperlipidemiaの患者のためのstatinsが付いている付随の補酵素Q10の役割。 CurrのトピックNutr Res。 2005;3(3):149-58.

24. Langsjoen PH、Langsjoen AM。 心不全および心筋の虚血に重点を置いて心循環器疾患の補酵素Q10。 アジア・太平洋中心J. 1998年; 7(3): 160-8。

25. Permanetter B、Rössy W、Klein G、Weingartner F、Seidl KFのBlömer H. Ubiquinone (独特の膨張させた心筋症の補酵素Q10)の長期的に処置。 Eurの中心J. 11月1992日; 13(11): 1528-33。

26. ワトソンPS、Scalia GM、Burstow DJ AJ、Gaibraith Aroney CN、Bett JH。 補酵素Q10は独特の心筋症を用いる患者のために有用であるか。 Med J Aust。 10月2001日15日; 175(8): 447; 著者の応答447-8。

27. Khatta M、アレキサンダーBS、Krichten CM、等。 鬱血性心不全を用いる患者の補酵素Q10の効果。 アンのインターンMed。 4月2000日18日; 132(8): 636-40。

28. Shalansky S、Lynd L、リチャードソンK、Ingaszewski A、ワルファリン関連の出血のでき事およびsupratherapeutic国際的な正常化された比率のKerr C. Riskは補足および代替医療と関連付けた: 縦方向の分析。 Pharmacotherapy。 9月2007日; 27(9): 1237-47。

29. Engelsen J、ニールセンJD、安定した、長期ワルファリンのワルファリンの適量に対する補酵素Q10およびイチョウのbilobaのWinther K. Effectは外来患者を扱った。 ランダム化された、二重ブラインド、偽薬クロスオーバーの試験。 Thromb Haemost。 6月2002日; 87(6): 1075-6。

30. Hosoe K、Kitano M、Kishida H、Kubo H、Fujii K、ubiquinol (Kaneka QH (商標))の安全そして生物学的利用能のKitahara M. Study 健康なボランティアへの単一および4週間の多数の経口投与の後。 Regul Toxicol Pharmacol。 2月2007日; 47(1): 19-28。

31. Shults CW、Oakes D、早いパーキンソン病の補酵素Q10のKieburtz Kの等効果: 機能低下の遅延の証拠。 アーチNeurol。 10月2002日; 59(10): 1541-50。

32. Shults CW、燧石BMの歌Dのパーキンソン病の患者の補酵素Q10の高い適量のFontaine D.の試験試験。 Exp. Neurol。 8月2004日; 188(2): 491-4。

  • ページ
  • 1
  • 2