生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2008年12月
私達がそれを見るように

擁護

ウィリアムFaloon著
ウィリアムFaloon
ウィリアムFaloon
低いテストステロンは前立腺癌の危険を高める

老化する人は若々しいレベルに彼らのテストステロンを元通りにすることを私達が最初に推薦したときに、批評の火事場風は噴火した。

医学の確立はそのテストステロンの分泌の自然な低下との干渉によってそれを人危険にさらしたいろいろな種類のひどい運命を宣言した。 生命延長メンバーがテストステロンの規定を彼らの医者に頼んだときに、異議に走ったのような、 「私規定しないステロイドを」、 「テストステロン原因心臓発作」、の および 「テストステロン原因前立腺癌」。の

私達は何百ものテストステロンの不足が年齢関連の病気の根本的な原因であることを示す科学的な参照のこれらの批評に逆らった。 私達はまたずっと自然なテストステロンについてのパラノイアの恐れのどれも立証されていないことを示した。

今でも、医者の膨大な数は麻酔だったようにテストステロンを見る。 他の医者は是認する彼らの患者にテストステロンを規定する方法を知らないことを。 それすべては変わることを約ある。

ハーバード衛生学校

「ハーバード衛生学校の 専門家が」書く新刊書は 自然なテストステロンの復帰療法についての偏りのあり、知らない誤解をきっぱりと埋めるべきである。

生命(McGraw丘 のテストステロン; 2008) 私達が配達の安全、テスト、方法、およびテストステロンの多数の利点についてずっと昔に出版したものを認可する非常によく書かれていた本はある。

この情報が反老化のコミュニティで広く循環される間、「ハーバード衛生学校の専門家」によって そう雄弁に編集されたという事実は 永久に長年に渡る主流の医者を誤解させた神話を払いのけるべきである。

生命のテストステロンはだれでもこれらの錯誤を再度逆流させることを想像することは困難であるように医学界が間違って考えた思い出させ、次に科学的事実を示すものをの読者に。 著者は自由に医学の確立の台なしにされた教義に基づいていた是認し、次に彼が真相のいかに覆いを取ったか記述するテストステロンについての彼自身の誤った信念を。

低いテストステロンは前立腺癌の危険を高める

生命のテストステロン

前立腺癌の恐れは老化する人が若々しい範囲へ彼らの自由なテストステロンを元通りにすることからなぜ避けたか一流の理由である。 この心配を払いのけるためには、生命延長はずっと昔にあらゆる出版された調査を分析し、見つけられてテストステロンにより前立腺癌を引き起こすことを主張するための基礎がない。1-6

私達がメンバーのために毎年行うたくさんの血液検査からの私達の観察はこれを確認した。 私達が見つけたものは前立腺癌を引き締めるために低いテストステロンを持つ人が本当らしいようであることである。

生命 のテストステロンでは 前立腺癌を引き起こすテストステロンによりについての紛らわしい概念はよりよい細部で私が見たあることがより露出される。 この情報を読むために本を買う必要がない。 出版業者は私達があなたが今月の問題を読取ることができる全体の章を抜粋することを許可した。 「テストステロンの取り替えおよび前立腺癌についての神話を破壊する。"

低いテストステロンのレベルを持つ人に前立腺の癌肯定的なバイオプシーの増加されたパーセントがあること医学の確立への爆弾がこの章の提示で示される科学的な事実の蓄積であるので来る何が。4,7,8は これ彼らの老化のオスの患者にテストステロンを規定することを断った医者が今日の前立腺癌の伝染病に無意識のうちに貢献するかもしれないことを意味する。

テストステロンは前立腺癌があった人に安全に使用されるかもしれない

生命のテストステロンの 別の暴露の章は 前立腺癌を経験したあることが人が前立腺癌のための危険度が高いに、または、決してテストステロンを使用できるないという誤った信念を露出する。9

勝つ教義は火に注ぐガソリンのような前立腺癌にテストステロンの 集中を上げるそれあるである。 これが起こることができる前立腺癌のある特定の段階の間、前立腺癌の細胞がテストステロンの比較的低い集中で繁栄できることなる。テストステロンの 剥奪が既存の前立腺癌のために処置としてきちんと規定されるとき4,7そういうわけで、目的は非常に低水準(血のより少なくより20 ng/dL)にテストステロンを減らすことである。 それは頻繁に睾丸および副腎両方からのテストステロンの生産を締めることを意味する。

生命延長はまだ病気が完全に根絶されるまで前立腺癌を持つほとんどの人がテストステロン療法を避けるべきであることを警告する。 どの人でも(前立腺癌があれば彼がテストステロン療法を始め、経験する前立腺癌を経験したあることがかどうか) PSAの増加をテストステロンを中断し、査定するために診断試験を経るべきである。 テストステロンは潜伏前立腺癌およびPSAがテストステロンの取り替え療法に応じて上がれば、前立腺癌のための耐久度テスト識別されたであり、テストステロンは停止するべきである。

生命のテストステロンは 彼らのテストステロンのレベルを元通りにし、臨床マーカーの減少および彼らの病気の徴候経験された既存の前立腺癌を持つ人の出版された調査そして場合のレポートを引用する。 活動的な前立腺癌 を持つほとんどの 人は増加するべきではないことを生命延長の私達が信じる間、テストステロンは病気が制御の下で持って来られるまで、この新刊書で示される情報呼ぶ私達の前の心配の一部を水平になる質問に。

前立腺癌の歴史が 」ある人を扱う章「の主な重点は そこにであるテストステロンの不足に苦しむ老化の人の理由一度前立腺癌が治ると信じられることではない。 この章は、多分この本の他のどのより多く、逆さまテストステロンおよび前立腺癌についての慣習的な仮定を回す。

私は前立腺癌を経験し、今テストステロンのレベルを元通りにしたいと思うだれでも生命のテストステロンのこの章を読む べきであることを提案する。 私達はこの章を抜粋できなかった従って1つはそれを読むために本を得るべきである。

低いテストステロンの徴候

生命のテストステロンは 重く 若々しい範囲 に彼らのテストステロンを元通りにするほとんどの人で行われる質の生命改善を強調する。 低いテストステロンを持つ人で記述されているよくみられる症状は次のとおりである:

  • 減らされた欲求、オルガスムを達成する勃起不全、難しさおよびオルガスムの減らされた強度のような性問題

  • 低負荷および高められた疲労

  • 刺激の損失

  • 落ち込んだ気分

  • 福利および活力の感覚の損失。

場合の後で、低かったです場合テストステロンは、いくつかの人のレポートの改善または上記の徴候すべて訂正される。 1つが正常な老化と期待するものをに低いテストステロンのこれらの徴候が類似していることに注意することは興味深い。

生活環境基準を失った生成

生命のテストステロンは より高いテストステロンのレベルを持つ人はより長く住み、糖尿病および心臓発作のより低い率があることを示す多くの出版された調査を論議する。

しかし本の重点は人によって規定されるテストステロンで 観察される 巨大な質の生命改善にある。 これらの改善は福利のエネルギーそして感覚にマーク付きの強化と共に高められた性欲、性能および達成を、含める。 細心の細部で示されるこれらの驚くべき事歴は医者にそれらを規定してもらうように努めている老化の人のスタンピードを発火させるべきであるテストステロンはクリーム状になる。

生命 のテストステロンが 若々しい活力を取り戻す共通の年齢関連の難儀に苦しんでいる人の多くの歴史を関連付ける間、著者は忠順に何人かの人がリビドーおよび建設の機能を破壊する所定の薬剤であることのようなテストステロンに、なぜ答えないか論議する。

生命のための テストステロンを読むとき、1つは医学の確立、連邦政府および媒体が科学的な現実を無視したので彼らの青年の奪われる老化の人の全体の生成について共鳴しない訳にはいく。 私達はまた彼らの患者への規定のテストステロンのために迫害され、時々投獄された反老化の医者を覚えるべきである。 唯一の罪は彼らの時間に先んじて託されたこれらの医者あっていた。

低いテストステロンの印

「「印」が測定することができる何かである一方徴候」は何か重量または血圧のような人の経験である。 生命のテストステロンは 低いテストステロンの共通の印をのような記述する:

  • 筋肉固まりおよび強さの損失

  • 腹脂肪の蓄積

  • 低い骨密度

  • 貧血症

  • タイプ2の糖尿病の高められた発生。

低いテストステロンのこれらの印は正常な老化の共通の特徴である。 生命のテストステロンは テストステロンのレベルが元通りになるときほとんどの人がこれらの病理学の印の改善をいかに示すか確認する。

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2