生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2008年4月
レポート

早期の老化に対してあなたの貴重な蛋白質を守りなさい

スティーブンJoyal著、MD
早期の老化に対してあなたの貴重な蛋白質を守りなさい

思いもよらないようである老化する人々が目、腎臓、頭脳および脈管系と関連しているそう多くの無秩序になぜ苦しむか科学者はずっと昔に学んだ。

これらの病理学プロセスが糖尿病患者で加速される間、1度または別のものにすべての老化の人々に影響を与える。

衝撃的な暴露では、スティーブンJoyal、MDは、糖尿病患者および正常な老化の人間が両方これらの物凄い生物的結果を避けることを可能にするように革新的で、非常に簡単なプログラムを広げて置く。

あなたによってが読むことを約ある記事は糖尿病についてのあなたの博士May Not Tell何タイトルを付けられる先生の新刊書のJoyal's概要である。

実際、この本はあらゆる老化人のための必須の情報を含んでいる。 理由は従ってほとんどの老化の人々が共通の年齢関連の病気から保護するために前糖尿病性の病理学に苦しみ、同じような作戦に続くべきであることである。

糖尿病は加速された老化の形態である

長年に渡って、科学者はずっと早期の老化の根本的原因の覆いを取ることを試みている。 糖尿病が加速された老化の形態であるという事実はほとんどの人々に意外な結果に終わる。 実際、糖尿病を持つ人々のための平均余命は4から8年非糖尿病患者よりより少しである。 老化および糖尿病は両方ボディを損なう2つの重要な生物学的過程を共有する: 蛋白質および脂質の分子への損傷の結果が、および分子によるティッシュへの高められた自由根本的な活動そして損傷によって特徴付けられる酸化圧力反応砂糖のアルデヒドを好むglycation。 そして糖尿病の多くの印そして徴候はまた下記のものを含んでいる老化と一般に起こる:

  • 心血管の疾患、足の心臓発作のような、悪い循環、およびアテローム性動脈硬化(動脈の厚くなり、堅くなりによって特徴付けられる複数の病気のための一般用語)、そして打撃。

  • ある特定のタイプの癌(膵臓、コロンおよびレバー)の高められた流行。

  • 激流、緑内障および網膜の退化を含む視野問題。

  • 無力。

  • 聴力損失。

  • メモリ損失か他の認識減損。

  • 発疹、伝染、薄い皮および変色のような皮膚の病気。

  • 伸縮性の損失および皮および他のティッシュの柔軟性。

糖尿病および老化がそう多くの特徴を共有すること与えられて、それはまた同じ防止および処置の作戦の多数に答えても不思議ではない。

GlycationおよびGlycotoxins: 年齢はより速く老化させる

glycationは糖尿病性の複雑化の糖尿病そして貢献の要因の主要な結果の1つであることを患者が聞くとき、典型的な応答は、「私決して聞いていないずっとそれをない。 あるそれは新しい何かか」。 いつ彼ら科学者が少なくとも1912年以来のそして糖尿病の主な影響および80年代以来の糖尿病性の複雑化のglycationについて知っていたことを、それについてある、「典型的な応答はなぜ私聞いた聞くか。 なぜないそれ述べている私の医者がか」。

GlycationおよびGlycotoxins: 年齢はより速く老化させる

Glycationは酵素がそれらを起こらせる要求しない蛋白質間の一連の非酵素の反作用を(それら)やある特定の脂質(脂肪)およびブドウ糖含む生化学的なプロセスである。

結果は年齢高度のglycationの端プロダクトおよびアレス高度のlipoxidationの最終製品として知られている有毒物質の形成である。

トーストをしたことがあったら、直接glycationを経験した。 パンを焼くことは食糧が高温で熱くし、調理されてと起こるMaillardの反作用の褐変反応を含む。 この反作用はまた一般に私達がラム チョップを焼き、鮭の切り身ステーキを焼き、そしてフライ ドポテトを作るとき観察される。

人々として年齢およびアレスの増加のレベルはより古く育ち、それらのレベルは私達が食べる食糧によって燃料を供給される。

以前、科学者はヒト細胞、器官およびティッシュの食糧得られたglycotoxinsの損傷の影響を過少見積りした。 しかし最近の起工の研究はボディのglycationに貢献でglycotoxinsを遊ぶ食糧得た重大な役割の衝撃的な証拠の覆いを取った。 なお、最近の研究は年齢の演劇を老化プロセスに於いての、またニューロパシーの糖尿病、心臓病、腎臓病、癌、アルツハイマー病およびある特定のタイプのような病気に於いての重要な役割示す。

Glycotoxinのレベルは血ブドウ糖のレベルを上げた人々でこれらの有害な物質が高ブドウ糖の環境で繁栄するので劇的に増加する。 従って、glycotoxinsは新陳代謝シンドローム、predia-betes、または糖尿病がある個人に特によく見られる。 glycotoxinsの蓄積に特に敏感であるボディの場所は腎臓の糸球体(腎臓で)、網膜(目の背部の膜あなたが見る助け)、および冠状動脈(中心に血を供給する)のような重要な血管を動脈含んでいる。 私達はまたglycotoxinsが心臓病およびニューロパシーのような根本的な発火と、関連付けられる慢性疾患をことをもたらすことの重要な役割を担うこともわかる。

必要がある何を知る: 糖尿病および加速された老化
  • 老化および糖尿病は両方ボディを損なう2つの重要な生物学的過程を共有する: 蛋白質および脂質の分子への損傷の結果、およびティッシュへの高められた自由根本的な活動そして損傷によって特徴付けられる酸化圧力glycation。

  • Glycationは酵素がそれらを起こらせる要求しない進められたglycationの最終製品(年齢)と呼ばれる危ないglycotoxinsの形成で起因する、蛋白質間の一連の非酵素の反作用を(それら)やある特定の脂質(脂肪)およびブドウ糖含む生化学的なプロセスである。

  • 脂肪および肉(蛋白質)グループの食糧は炭水化物のグループで30倍をおよび12倍食糧より年齢の内容、それぞれ、高く含んでいる。 一方では、新鮮な果物に、野菜、全穀物、未加工ナットおよび他の加工されていなく、精製されていない食糧にglycotoxinsの低水準がある。

  • Glycotoxinsはまた食料生産および準備の間に形作られる。 高熱の下で準備される食糧はglycotoxinsと(焼き、揚がり、熱オーブンの焙焼、そしてバーベキューで料理することのような)荷を積まれる。

  • 温度の食糧を準備することは250°Fよりより少なく食餌療法のglycotoxinsの形成を避ける。 そのような方法は液体を使用し、調理温度を下げ、そして遅らせる、蒸気を発し侵害を、煮込み、含まれ、そして調理をとろ火で煮える(crockpotの炊事道具でように)。

  • glycationによって細工した損傷は特定の栄養素と防ぐことができる。 Benfotiamineの助けは神経および血管損傷およびglycationによって引き起こされる複雑化こと生じることを防ぐ。

  • 従ってCarnosineは砂糖の分子に対して盾として機能するglycationを防ぐ酸化防止剤、である。 従ってCarnosineはまた酵素および傷つけられた、glycated蛋白質を除去するように他の物質を刺激し糖尿病性の複雑化の影響を減らすのを助ける。

Glycotoxinsが食糧でいかに形作られるか

食糧得られたglycotoxinsはブドウ糖および食糧から得られる蛋白質、脂質および核酸の間に起こる一連の化学反応の間に形作られる。 炎症性物質の生産をもたらすメッセージを送るGlycotoxinsの制動機の細胞はボディで組織の損傷を引き起こすcytokinesを呼んだ。 実験調査はこれが丁度起こること頻繁に糖尿病で見られるglycotoxin誘発の管の(血管の)損傷でであることを示す。 ヘモグロビンA1c (HbA1c)はブドウ糖の分子がヘモグロビンに結合するとき作成される年齢、血の蛋白質である。 血のこの要因の測定はprediabetesおよび糖尿病のglycationの損傷のレベルの監視で非常に有用である。

Glycotoxinsが食糧でいかに形作られるか

glycationの損傷のレベルを減らす重要な作戦は健康な範囲内の血ブドウ糖のレベルを保つことである(100つのmg/dLの下でpremealまたは速いのの後で)。 私達はまたこの区域の大規模な調査から範囲70から85のmg/dLのの絶食の血糖の読書が病気の防止および長寿のために最適のようであることがわかる。

Glycotoxinsはまた食料生産および準備の間に形作られる。 食品メーカーは味、色および質を高めるのにさまざまな暖房プロセスを使用する; 食品安全性を改善するため(殺菌および低温殺菌); そして保存性を拡張するため。 残念ながら、glycotoxinsはこれらのプロセスの副産物である。 コーラの飲み物、焼かれた商品、カラメルおよび醸造されたプロダクトがglycotoxinsを含んでいるといろいろな食糧。

脂肪および蛋白質で高い食糧に(肉および家禽のような)普通最も高いglycotoxinのレベルがある。 あなたの食糧をいかに準備するか食べれば(またはそれをのために準備しなさいあなた)またglycotoxinsの形成の重大な影響を持つことができる。

Glycotoxinsはこれらの分子がretinopathyと(glycotoxinsは網膜の血管で集まる)関連付けられる糖尿病、ニューロパシー(神経の損傷に終って周辺神経で、集まる)、腎不全(彼らは腎臓のティッシュにある)、心臓病および血管の病気の人々に特に有害である。

高い血ブドウ糖のレベルはまた別の源酸化圧力からの損傷を誘う。

酸化圧力

ことを分子は原子で、構成される高等学校化学から次々と核心からそれぞれによってが、プロトン、中性子覚えることができ成っている、電子。 分子の原子は化学結合によってまとめられる。 これらの結束が作り出すことができる壊れ新陳代謝の一部として自然に起こる、なぜなら遊離基と呼ばれる例高の反応分子ある時。 環境の毒素(汚染、食品添加物、放射、殺虫剤およびタバコの煙また、例えば)への露出は遊離基の生産を刺激する。

ボディは頻繁に遊離基がボディのティッシュで加えることができる酸化損傷を発送によって防ぐこれらの遊離基が酸化防止剤で引き起こすことができる損傷物質を避けることができる。 、しかし、ボディがによって引き起こすことができる生鮮果実野菜の十分な酸化防止剤(すなわち、ロット)を含んでいる食事療法に続かないことを圧力の下にあれば、ボディはこれらの有害な分子を中和できないかもしれない。 これが起こるとき、最終結果は体細胞、ティッシュおよび器官への損傷であるかもしれない。 中心および血管へのこの損傷は傷害とを含む糖尿病の複数の複雑化、関連付けられた。 さらに、自由根本的な損傷はボディのティッシュの加速された老化の有名な原因である。

食品 年齢の内容
1時間沸くビーフ 22 kU/g
ビーフは15分の間焼いた 60 kU/g
フライド チキン胸 61 kU/g
焼かれた鳩胸 58 kU/g
未加工豆腐 8 kU/g
焼かれた豆腐 41 kU/g
kU/g: 食糧の1グラムあたり年齢の単位

酸化圧力および新陳代謝

多くの異なったタイプの遊離基があるが、心血管および新陳代謝問題の重大な役割を担うそこはスーパーオキシドの基およびperoxynitriteと呼ばれる。 研究は従ってhyperglycemia (血のブドウ糖のハイ レベル)が遊離基、特にスーパーオキシド基および酸化圧力の形成を同様に促進することを示した。

酸化圧力を促進できる状態は下記のものを含んでいる:

  • Hyperinsulinemia (高いインシュリンのレベル)。

  • トリグリセリドおよびコレステロールの高い絶食およびpostmeal (postprandial)レベル。

  • それから非常に反応peroxynitriteを発生させ、中心、腎臓、血管および目問題を含むボディの多くの有害なでき事を、誘発できるスーパーオキシドの上昇値、

  • 冠動脈疾患および周辺血管疾患がある糖尿病の患者に起こる虚血(ティッシュへの血の流れそして酸素の欠乏)の反復的なエピソード。

酸化圧力は、それから、糖尿病からの複雑化の開発そして進行を刺激する。 研究は酸化圧力が糖尿病のための主制動機として役立つことを提案する。

実際、インシュリン抵抗性の洗練された実験は酸化圧力へのインシュリン抵抗力があるティッシュの繰り返し暴露されることが超glycemiaで起因できることを示す。

従って私達が食事療法の食糧得られたglycotoxinsを減らすことを見ることができる、また酸化圧力は私達の健康の重要な、肯定的な影響があることができるように。

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2