生命延長血液検査の極度の販売

概要

LE Magazine 2008年11月
概要

Atheroscleroticプラク

破裂傾向があるプラクを持つ傷つきやすい患者の識別。

Atherosclerotic心循環器疾患は米国の疾病率そして死亡率の一流の原因であり、この病気の重荷を高める人口の老化と結合される肥満の伝染病は運命にようである。 従来の心血管の危険性評価は米国の危険の可変性の<50%を占める。 従って、高い心血管の危険の人のよりよくそしてより有効な同一証明は必要である。 アテローム性動脈硬化の私達の理解は認刻極印が破裂のための潜在性および臨界未満狭窄症とのそれらで血栓症のendothelial機能障害(ED)およびプラクの発火によって、特徴付けられる全身の病気に厳しい狭窄症によって主に引き起こされる徴候である焦点病気から移った。 新しい範例の下で、臨床医は更新済作戦がよりよく幹線プラクの質を査定するように要求する。 心臓発作および打撃の第一次および二次防止のための有効な用具は集中的な生活様式の修正、血圧の減少および脂質変更療法を含んでいる。 これらの介在はそれにより今プラクの発火を減らし、プラクの安定性を促進するために理解される。 脂蛋白質準のホスホリパーゼA (2) (LP PLAは(2))発火破裂傾向があるプラクの形成の直接役割を担うかもしれないの特定のマーカーのプラクのようである。 それに対して、従来の危険率、脂質の測定およびほとんどの管イメージ投射様相は直接幹線壁の激しいischemic潜在性を査定しない。 測定LP PLA (2)は人間の血清で水平になるまたは血しょうは非侵襲的、比較的安価である。 LP PLA (2)は関連情報を患者が進行のための管の発火、EDおよび破裂傾向があるプラクの方に高められた危険によって明示されるようにatherosclerotic病気の活動の高レベルを持っているショー付加的な臨床的に提供するかもしれない。

AM J Cardiol。 6月2008日16日; 101 (12A): 3F-10F

傷つきやすいプラクの分子的機序: immunomodulationのための潜在的な治療上の役割。

検討の目的: アテローム性動脈硬化はmonocytes大食細胞、Tリンパ球、肥満細胞およびendothelial細胞を含む多数の細胞のタイプを含む慢性の炎症性/免疫の病気である。 最近の調査によってアテローム性動脈硬化の開発の免疫組織のこの応答を調整する役割およびアプローチは明瞭にされている。 最近の調査結果: statins、PPARgammaのアゴニストまたは脂蛋白質準のホスホリパーゼA2 (LPPLA2)の抑制剤の使用は免疫調節の細道によってアテローム性動脈硬化の進行の減少の役割を担うかもしれない。 酸化させたLDLは親炎症性T細胞Th1のサブセットの方に開発に偏り、管の壁に大食細胞を募集する。 Th1細胞によって作り出されるIFNgammaはPPARgammaの効果を禁じる。 LPPLA2レベルは激しい冠状シンドロームか心筋梗塞と示している患者の再発ischemicでき事の高められた危険に関連する。 概要: 最近の研究はその免疫の細道の演劇にアテローム性動脈硬化の開発そして進行に於いての大きな役割を示した。 一般的な薬物、とりわけstatinsおよびPPARgammaのあるアゴニストは行為の第一次モードに、無関係な炎症抑制/免疫の効果を示した。 病原菌の処置は臨床競技場の逃げやすい証明した。 免疫および炎症性細道を目標とする新しい代理店はatheroscleroticプラクの進行そして不安定の減少の有利証明するかもしれない。

Curr Opin Cardiol。 11月2007日; 22(6): 545-51

徴候のcarotid atheroscleroticプラクのLPPLA2そしてlysophosphatidylcholineの高められた表現。

背景および目的: 循環脂蛋白質準のホスホリパーゼA (2) (LP PLAは心循環器疾患のための新しいbiomarkerとして(2))現れた。 但し、LP PLAのプラクの表現間の相関関係(不完全にcerebrovascular病気のために、特に定義される2)およびプラクの酸化圧力、発火および安定性、また臨床提示の残物。 従って仮説をテストするために、この調査はことLP PLA行われた(2)表現はよりcarotid endarterectomyを経ている患者のasymptomatic carotidプラクの徴候で高い。 方法: LP PLAの表現(2) 167の頸動脈のプラクに付きimmunoblottingおよびimmunostainingによって定められた。 プラクの酸化圧力、発火および安定性はNAD (P) Hのオキシダーゼp67phoxによっておよびMMP-2のimmunoblotting、酸化させたLDL (oxLDL)のimmunoreactivity、大食細胞およびSiriusの赤いコラーゲンの汚損量を示された。 Lysophosphatidylcholineの16:0 (lysoPC)の集中は液体クロマトグラフィーのタンデム質量分析を使用して55のプラクで測定された。 結果: LP PLA (2)表現はasymptomatic患者(1.14+/-0.10、P<0.05対1.66+/-0.19)および背負うために主に集中させておよびoxLDLおよび大食細胞の内容とのcolocalizationのnecrotic脂質の行動中心域より徴候の患者のプラクでかなり高かった。 同様に、LP PLA (2)表現はasymptomatic患者(/分野、P<0.001の18.5+/-1.7%対9.1+/-2.2汚損)からのプラクのより徴候の患者からのプラクで低かったコラーゲンの内容と関連していた。 LysoPCのプラクの集中はasymptomatic患者(228.84+/-37.00 mmol/L、P<0.05対437.0+/-57.91)より徴候のプラクでかなり高かった。 結論: 徴候の頸動脈のプラクはLP PLA (ティッシュの酸化圧力、発火および不安定の増加されたレベルによってのマーカーとの相関関係の2)そしてプロダクトlysoPC特徴付けられる。 これらの調査結果は強くcerebrovascular病気のpathophysiologyそして臨床提示に於いてのLPPLA2のための役割を支える。

打撃。 5月2008日; 39(5): 1448-55

脂蛋白質準のホスホリパーゼA2: 危険のマーカーか危険率か。

多数の心血管のbiomarkersは高められた心循環器疾患(CVD)の危険と関連付けられる。 脂蛋白質準のホスホリパーゼA (2) (LP PLAは(2))高い特定性のためのおよびプラクの発火の原因の細道で比較的独特ようである。 第一次および二次防止の調査の人口では、LP PLA (2)はより高い心血管の危険と一貫して関連付けられ、危険の見積もりは慣習的なCVDの危険率のための調節によって比較的変化しないようである。 危険の比率は酵素の質量濃度か活動が測定されたかどうか、類似していた。 この記事の目的はLP PLA (危険のマーカーとプラクの発火の原因の細道および破裂傾向があるプラクの臨床実用性のための証拠をの形成にかかわる危険率として2)、見直すことである。

AM J Cardiol。 6月2008日16日; 101 (12A): 11F-22F

脂蛋白質準のホスホリパーゼA2: 第一次および二次防止の冠動脈疾患のでき事の独立した予言者。

近年、アテローム性動脈硬化は活動がbiomarkersの循環によって査定することができる炎症性病気として確認されるようになった。 C反応蛋白質(CRP)と共に、脂蛋白質準のホスホリパーゼA (2) (臨床練習の適用を支えるとLP PLAは十分な集められた証拠のbiomarkerとして(2))今考慮されるかもしれない。 LP PLA (2)はプラクのpathophysiologyに於いての役割から直接得る管の特定性のために特に懇願している。 この記事は今LP PLAで出版される>25将来の疫学の研究のハイライトを見直す(2)第一次か二次防止の危険のマーカーとして。 これらの試験は高いLP PLA (2)上部の変位値のレベル間の一般に一貫した相関関係をと関連付けられて危険の大体倍増が従来の危険率のための多変数調節の後でさえも心血管のでき事のためのレベルそして高められた危険、示す。 なお、LP PLA (2)危険の予言者として独立者のおよび補足への高感受性CRPであるために示されていた。 (AHA/CDC)および国民のコレステロールの教育プログラムIIIアメリカの中心の連合/疾病対策センターからの推薦と結合されるこれらの調査の結果(NCEP III)はことをLP PLA提案する(2)は中間心血管の危険でそれらの危険の予言を精製する現在の臨床練習で最もよく使用されるかもしれない。 LP PLAから寄与するために示されている中間危険のますます流行するグループ(2)危険の修正は臨床的に混合されたdyslipidemia、dysglycemiaおよび高血圧の特徴を持つ太りすぎの患者として識別される心血管の新陳代謝シンドロームの人口、である。 これらの調査によって支えられる付加的な適用は<70 mg/dL (1 mg/dL = 0.02586 mmol/L)の低密度脂蛋白質のためのより積極的なターゲットが適度な治療上の目的として今推薦される非常に危険度が高いにグループに高(頻繁に二次)危険の患者のそれ以上の危険の成層である。

AM J Cardiol。 6月2008日16日; 101 (12A): 23F-33F

脂蛋白質準のホスホリパーゼA2は事件の外見上健康でより古い人口の冠状心臓病の独立した予言者である: ランチョ バーナードの調査。

目的: 脂蛋白質準のホスホリパーゼA2 (LPPLA2)のレベルは知られていたCHDなしで事件の大人、心臓病の危険率の独立者の冠状心臓病(CHD)を予測する。 私達は独立した連合が高齢者で明白だったかどうか検査した。 背景: LPPLA2の可能性としてはproatherogenic粒子をもたらすために酸化させたリン脂質を加水分解する酵素の血清のレベルはCHDと関連付けられ、心血管の危険の予測を助けるかもしれない。 方法: 関係者は1,077人のコミュニティ住居の人および女性の年齢の中央値ベースライン(1984年に血液サンプルおよび危険率データが集められたときに1987年)で知られていたCHDがなかった72年だった。 関係者は2002年による16年の平均のCHDのでき事のために、続かれた。 コックス比例した危険の回帰モデルが事件CHD (心筋梗塞、アンギーナ、または冠状revascularization)の血清LPPLA2の連合を検査するのに使用された。 結果: LPPLA2レベルは年齢(r = 0.09)、体格指数(r = 0.11)、低密度脂蛋白質(r = 0.37)、トリグリセリド(r = 0.25)、およびC反応蛋白質に肯定的に(r = 0.10)関連し、高密度脂蛋白質に否定的に関連した(r = -0.27) (すべてp < 0.05)。 フォローアップの間に、228人の関係者は事件CHDのでき事があった。 第2、第3、そして第4四分位数の脂蛋白質準のホスホリパーゼA2のレベルは最も低い四分位数(危険の比率比較されたCHDの高められた危険を1.66、1.80、および1.89、それぞれと予測した; p <それぞれのための0.05)。 この連合はC反応蛋白質および他のCHDの危険率を調節の後で主張した。 結論: 高いLPPLA2レベルは外見上健康な高齢者、CHDの危険率の独立者のCHDのでき事を予測する。

J AM Coll Cardiol。 3月2008日4日; 51(9): 913-9

脂蛋白質準のホスホリパーゼA2および打撃の危険。

で、世界的に二番目の一流の死因であるより古く、より若い大人の不具になる病気なでなさい。 打撃は最も非常に予防可能な無秩序間に明示されている危険率および予防するものがあるのでまたある。 打撃の危険性評価のための新しい危険のマーカーまたは要因の確立は打撃の防止に新しい道を提供する。 脂蛋白質準のホスホリパーゼA (2) (LP PLAは(2))アテローム性動脈硬化およびプラクの破裂の開発にかかわると考えられるproinflammatory特性があるlysophosphatidylcholineを解放する酸化させたリン脂質を加水分解する酵素である。 2005年に、LP PLA (2)血液検査はischemic打撃および冠動脈疾患の危険を査定するための米国の食品医薬品局(FDA)によって承認された。 疫学の研究では、低密度脂蛋白質のコレステロールおよび他の脂質の要因は打撃の危険の一貫した予言者であるために示されていなかった。 LP PLA (2)手段は、一方では、打撃発生の2折目の増加について相談する打撃の危険の一貫した連合を示した。 この関係は両方の最初そして再発打撃で調査され、この記事で見直される。 重要なのは、最近の調査は今ことをLP PLA示してしまった(2)は従来の心血管の危険率およびC反応蛋白質のそれを越えるカーブの下で区域を高めるかもしれない。 従って、LP PLA (2)決定は人を適切に打撃のそして積極的な打撃の介在を必要として危険度が高いに実際にある前に誤って分類された分類する中枢の機会を提供するかもしれない。

AM J Cardiol。 6月2008日16日; 101 (12A): 34F-40F

脂蛋白質準のホスホリパーゼA2、コミュニティ(ARIC)のアテローム性動脈硬化の危険の中年の人そして女性の事件のischemic打撃のための高感受性のC反応蛋白質および危険は調査する。

背景: 炎症性マーカーの測定はischemic打撃のための高められた危険で個人を識別するために報告された。 脂蛋白質準のホスホリパーゼA2 (LPPLA2)は大食細胞が分泌するproinflammatory酵素である。 私達は従来の危険率と共にLPPLA2およびischemic打撃に彼らの関係を検査するためにC反応蛋白質(CRP)のレベルを査定した。 方法: 比例した危険モデルは約6年間観察されたコミュニティ(ARIC)調査のアテローム性動脈硬化の危険の12,762人の外見上健康な中年の人そして女性の将来の場合グループの調査で使用された。 結果: 性、競争および年齢ができるように調節された中間LPPLA2およびCRPのレベルは低密度脂蛋白質のコレステロール(LDL-C)のレベルがかなり違わなかった一方、766 noncasesより194の打撃の場合で高かった。 LPPLA2およびCRPの両方レベルは年齢、性および競争のための調節の後でischemic打撃と関連付けられた: 危険の比率はLPPLA2の最も低いtertile対最も高いののための2.23およびCRPのレベルのための2.70低くより1つのmg/L.対高くより3だった。 最も高い部門の含まれた煙ること、シストリック高血圧、脂質レベルおよび糖尿病、LPPLA2およびCRPのレベルが1.91の危険の比率と関連付けられたモデル(95%の信頼区間1.15-3.18; P = .01) そして1.87 (95%の信頼区間1.13-3.10; P = .02)、それぞれ。 CRPおよびLPPLA2両方のハイ レベルを持つ個人は高いリスクに両方の低水準を持つ個人と比較された従来の危険率を調節の後に他が中間危険にあった一方あった。 結論: LPPLA2およびCRPのレベルはischemic打撃のための高められた危険で中年の個人の識別の従来の危険率を越えて補足であるかもしれない。

アーチのインターンMed。 11月2005日28日; 165(21): 2479-84

脂蛋白質準のホスホリパーゼA2は心臓移植の患者の心血管のでき事の心臓同種移植片のvasculopathyおよび高められた危険の進行を予測する。

背景: 脂蛋白質準のホスホリパーゼA2 (LPPLA2)はnontransplant患者の冠動脈疾患(CAD)のための危険率である。 私達はLPPLA2、3D血管内超音波によって査定された心臓同種移植片のvasculopathy (CAV)および心臓移植の受け手の心臓不利なでき事の発生間の連合を評価した。 材料および方法: 絶食の血液サンプルは2000年から2001年の移植の後の4.7年の平均にメーヨーの心臓移植医院に出席している112人の心臓移植の受け手の横断面から得られ、貯えられた。 LPPLA2は酵素つながれた免疫学的検定を使用して血しょう因数で測定された。 これらの患者の五十六は続いて2004年から2006かの12か月の2つの3D血管内超音波の調査を別経た。 心血管の(CV)でき事はpercutaneous冠状介在、接木する冠状動脈バイパス(CABG)、左の心室の放出の一部分(LVEF)の減少<またはCAVおよびCVの死に二次=45%が含まれていた。 結果: 高いLPPLA2レベルはプラクの容積(r=0.43、P=0.0026)およびパーセントのの増加とプラクの容積(r=0.45、P=0.0004)関連付けられた。 連合は臨床および脂質の変数を調節の後で重要に残った。 5.1+/-1.6年のフォローアップの間に、24のCVの不利なでき事は112人の(13%の)心臓移植の患者の15に起こった。 LPPLA2 level>236 ng/mL (より高いtertile)はCVのでき事(percutaneous冠状介在、CABG、LVEF<45%、およびCVの死の結合された終点のための相対的な危険の2.4折目の増加を持っている患者の小群を識別した; 95% CI 1.16-5.19、P=0.012) LPPLA2<を持つ患者と比較されるか=236 ng/mL。 結論: LPPLA2はCAVの進行と独自に関連付けられ、移植患者のCVのでき事そしてCVの死のより高い発生を予測する。 見つけるこれは全身の発火がCAVの重要な仲介人であること概念を支える。 LPPLA2はCAVの危険およびposttransplant患者の治療上のターゲットのための有用なマーカーであるかもしれない。

移植。 4月2008日15日; 85(7): 963-8

アメリカおよび日本の人間の冠状石灰化を用いる脂蛋白質準のホスホリパーゼA2の連合。

背景: 私達は前に冠状動脈の石灰化(CAC)の流行が日本の人の多くの従来の危険率のより少なく好ましいプロフィールにもかかわらずアメリカの人より日本語間で大幅に低かったことを報告してしまった。 脂蛋白質準のホスホリパーゼA2 (LPPLA2)のレベルが2人の人口間のCACの流行の相違と関連しているかどうか定めるため。 方法: 合計老化した200人は40-49年検査された: Kusatsu都市、滋賀、日本のAllegheny郡、ペンシルバニア、米国および100人の居住者の100人の居住者。 冠状カルシウム スコア(CCS)は電子ビーム断層レントゲン写真撮影、LPPLA2レベル、核磁気共鳴の(NMR)脂蛋白質のサブクラスおよび他の要因によって2001-2002年に査定された評価された。 結果: LPPLA2レベルは日本の人(平均+/- 275.9 +/- 104.7 ng/mL、それぞれ、p=0.06対標準偏差301.7 +/- 82.6)よりアメリカ人の中で高かった。 すべての日本の人および低密度の脂蛋白質(LDL)のコレステロール>か=130 mg/dLとの人の中、LPPLA2レベルのtertileグループとのCCS>0の流行の反対連合があった(p=0.08およびp=0.03、それぞれ)。 アメリカの人にLPPLA2 (p=0.62)のtertileグループとのCCS>0間の連合がなかった。 両方の人口間のLPPLA2がLDLおよび総コレステロールに肯定的に関連したが、アメリカおよび日本の人はNMR脂蛋白質のサブクラスとの異なった相関関係があった。 日本の人と比較されたアメリカ人の中のCCS>0のための報告された高い確率の比率はLPPLA2レベルを調節の後で減らなかった。 結論: LPPLA2はアメリカおよび日本の人間の行為の異なったメカニズムがあるかもしれない。 LPPLA2レベルは2人の人口間の観察されたCACの相違を説明できない。

J Epidemiol。 11月2007日; 17(6): 179-85

4の ページで 3続けられる