生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2007年10月
レポート

大人の幹細胞


退化的な病気を治すための新しい希望
デニスRodgerson、PhD、Ron Rothenberg、MD、FACEPおよびウェインA. Marasco、MD、PhD著

よりよい長期心臓健康

大人の幹細胞療法はまた厳しい慢性の心臓病で臨床利点を、ほぼ五十万の新たな問題が毎年診断される鬱血性心不全のような示した。 BrehmおよびStrauerによる1つの調査では、骨によって髄得られた幹細胞は5か月と8.5年より早い間の心臓発作に苦しんだ18人のオスの患者の中心のティッシュに直接移植された。18に これらの患者減らされた左の心室機能の進歩的な慢性の心不全があった。 細胞療法を受け取らなかった患者のグループは制御として役立った。 3かの数か月後で、研究者はこれらの変数の重要な変更を示さなかった制御グループと比較される酸素通風管、エネルギー新陳代謝および完全に高められる残された心室機能間病気によって損なわれた中心のティッシュの区域が減ったことが分った。

別の調査では、Patelおよび同僚は慢性の心不全として分類された厳しい慢性の心臓病および非常に悪い左の心室機能の20人の患者を調査した。受け取られる 19人のすべての20人の患者は血の流れを改善するために外科をとばす。 さらに、患者の半分はまた外科の間に中心の最もひどく妥協された地域に注入された大人の幹細胞の注入を受け取った。 外科の後の6か月、増加した制御グループと茎によって細胞扱われたグループの左の心室機能は大幅に比較した。 改善は大きく幹細胞の受け手が定義されなかったほど慢性の心不全を持っているともはや。

大人の幹細胞を最大限に活用すると知られているNutraceuticals
  • ブルーベリー
  • 緑茶
  • カテキン(緑茶から)
  • Carnosine
  • ビタミンD3
  • Resveratrol (赤ワインで見つけられる)
  • docosahexaenoic酸(DHA)を含むオメガ3の脂肪酸、

大人の幹細胞を最大限に活用するために知られているホルモン

  • 成長ホルモン
  • Estradiol
  • テストステロン

中心の健康のための銀行業の幹細胞

幹細胞の注入への代わりがボディで自然に作り出される成長因子を管理することであることが提案された。 これらの化学薬品の使用は、granulocyteのコロニー刺激的な成長因子のような、単独で幹細胞の注入のための必要性を取り除くかもしれない幹細胞の内生生産を刺激する。 但し、この療法からの定義された利点

まだ20確立されないし、 心臓発作の直後の幹細胞の使用が有害かもしれないことを証拠は提案する。21 なお、高血圧、糖尿病、煙ること、そして他またとして病気そのような中心の手始めを沈殿させるそれらの要因が、transdifferentiateが移住するあり、機能の点では幹細胞の有効性に増殖する影響を与えるという数々の証拠。 より広まる重要になるであるとこれらの療法の使用は病気の手始めが確実に臨床的に証明する前に銀行業の幹細胞の利点。 行為の彼らのメカニズムについての不確実性にもかかわらず、科学者は患者の自身の幹細胞を使用して心臓機能および性能を改善するために傷つけられた中心のティッシュの再生の潜在性に広く同意する。22

自己免疫および神経学的な条件

大人の幹細胞はまた自己免疫およびneurodegenerative病気の患者のための希望を提供できる。

幹細胞の3つの共通財産
  1. 広範な分割および自己更新が可能
  2. 画一的
  3. 専門にされた細胞に成長することできる大人の人間のhematopoietic幹細胞をタイプする

自己免疫の無秩序では、ボディはタイプのTのリンパ球と呼ばれる白血球を作り出し始め、侵略的な微生物および癌に対するボディを保護するかわりに自身の細胞および器官を攻撃する抗体と呼ばれる保護蛋白質。 70以上のタイプの自己免疫の無秩序が、全身性エリテマトーデス例えば、多発性硬化、慢性関節リウマチ、全身の硬化(硬皮症)、および年少の独特の関節炎ある。 クラスとして、自己免疫疾患は全身性エリテマトーデスのような共通の条件の米国の人口のおよそ5%に、影響を与え1.5百万人に、大抵若い女性影響を与える。 自己免疫疾患のための標準的な処置はimmunosuppression、炎症抑制の薬物、または支える心配に加えて抗マラリアの薬物から一般に、成っている。 自己免疫の応答を引き起こすT細胞により除去するために標準的な処置に答えないし、考慮されない場合では人生のまたは器官脅す、immunosuppressive薬物の大量服用は処置の選択として提案された。 但し、そのような大量服用はまたtransfused hematopoietic (細胞形作る血)幹細胞との救助療法を要する骨髄の血球の生産を(「骨髄圧迫として」知られている)抑制する。

大人の人間のhematopoietic幹細胞

移植された幹細胞が付いている再生の骨髄が免疫組織を正常化することが学説をたてられた。 自己免疫疾患のためのimmunosuppressive療法に続く一致の指針の出版物およびいくつかの十分制御臨床試験の開始に幹細胞療法の概念が導いた23,24。25,26 これまでに、700人以上の患者は厳しい自己免疫疾患、多発性硬化の183人の患者を含んで27のための処置として自身の 幹細胞を使用して移植を、厳しい 慢性関節リウマチの28人の76人の患者、全身の硬化 (硬皮症)の29人の102人の患者、全身性エリテマトーデス 32-34の30,31人の103人の患者受け取り 、ごく最近、新しい手始めの15人の個人はIの糖尿病をタイプする。 クローン病、Behcetの病気および再発のpolychondritisのような他の自己免疫疾患をまた扱う大人の幹細胞を使用して35の多数の調査は出版された。36,37

自己免疫を表すかもしれないかどれがのneurodegenerative病気の患者の早い調査はプロセス多分幹細胞が神経疾患の人々のための希望を提供するかもしれないパーキンソン病のような流行する条件のためにことを提案する有望な結果を示した。38-41

幹細胞のずっと処置の臨床結果が可変的であるが、この分野の調査のほとんどは病気の活動、血清学の(血の)マーカーの改善の重要な改善を、器官の機能障害の安定か逆転示し。 これらの調査の予備の結論はグループとして自己免疫疾患進むために十分に有望と特に最も厳しく、衰弱させるそれらのための幹細胞の移植のランダム化された将来の試験にである。 同様に、科学者は幹細胞療法が神経学的な条件のための強制的な希望を提供する信じ、それ以上ことをでありこれらの衰弱させる無秩序のための彼らの適用を探検する。

幹細胞療法の現在および未来の適用

リストの状態の下の図表はこの再生療法のための幹細胞療法、また未来の適用と現在扱った:

今日

明日

白血病

脊髄の傷害

リンパ腫

打撃

多発性骨髄腫

厳しい感染症

冠状心臓病

ルー・ゲーリック病(ALS)

放射線病

胸および卵巣癌

多発性硬化

糖尿病

ループスErythematosis

骨粗しょう症

他の自己免疫疾患

自己免疫の神経疾患

ティッシュの修理及び焼跡

アミロイドーシス

タイプIの糖尿病

タイプII糖尿病

Orthopedics

現在および未来の幹細胞療法

重要なのは、これまでのところ述べられた調査すべては病気の手始めの後で集められた幹細胞を使用して遂行された。 それは患者の自身の幹細胞が病気の手始めの前に利用できたら達成されるかもしれない結果の改善で推測するために陰謀的である。 動物実験からの実験的証拠が強く潜在的な利点を将来示す幹細胞および大人の幹細胞と今日扱われるページの46テーブルはそれらの病気に分けられる再生療法の現状を要約したものだ。

結論

大人の幹細胞は大人を苦しめる最も恐れられた病気のための日の収穫の治療かもしれない。 健康、利用できるすべての大人が慢性および激しい毎日に育っている病気の範囲の結果に対して強力な保険を、提供するように間集められる個人的な使用のための大人の幹細胞の豊富な供給。 幹細胞の容易に入手しやすい源を持っていることによってだけ再生薬の完全な利点を実現される缶詰にしなさい。 大人の幹細胞は防ぐか、または老化を逆転させるか、または寿命を伸ばすことができるかどうかそれが見られることを残る間、進行中の研究は再生薬の分野を先に推進すると約束する。 これらの未解答の質問にもかかわらず、長期保管のための幹細胞を取引することが偽りなくあなたの最適の健康を将来提供を助けることができる「生物保険方針」を表すかもしれないことは明確である。

著者略歴

デニスRodgerson、PhD: NeoStemカリフォルニアの実験室、637南ルーカスの道# 508、ロスアンジェルス、カリフォルニア90017。

Ron Rothenberg、MD、FACEP: カリフォルニアHealthSpan協会、320サンタフェ ドライブ、Encinitas、カリフォルニア92024。

ウェインMarasco、MD、PhD: 蟹座の免疫学およびエイズのDanaFarberの蟹座の協会、ハーバード衛生学校、44 Binneyの通り、ボストン、MA 02115の部門。

発表: すべての3人の著者にNeoStem、Inc. (www.neostem.com)の金利が、大人の幹細胞の銀行業そして長期保管を専門にする会社ある。

この記事の科学的なコンテンツについての質問があったら、1-800-226-2370で私達の健康の顧問の1人を呼びなさい。

参照

1. トムソンJA、Itskovitz-Eldor J、Shapiro SSの等ES細胞ラインは人間のblastocystsから得た。 科学。 11月1998日6日; 282(5391): 1145-7。

2. Rossant J.の幹細胞: 魔法の醸造物。 性質。 7月2007日19日; 448(7151): 260-2。

3. そのうち。 Allogeneicの周辺血の茎細胞はhematologic敵意の管理の骨髄の移植と比較した: 9つのランダム化された試験の個々の忍耐強いデータ メタ分析。 J Clin Oncol。 8月2005日1日; 23(22): 5074-87。

4. 刃物師C、李S、Ho sirolimusを使用してメトトレキサートなしのimmunosuppressionのVT、等拡張されたフォローアップおよび関係した、無関係な供給の周辺血の幹細胞の移植のtacrolimus。 血。 4月2007日1日; 109(7): 3108-14。

5. Kocher AA、Schuster MD、人間によって骨髄得られるangioblastsによるischemic心筋層のSzabolcs MJ、等Neovascularizationはcardiomyocyteのapoptosisを防ぎ、改造することを減り、そして心臓機能を改善する。 Nat. Med。 4月2001日; 7(4): 430-6。

6. Fuchs S、Baffour R、Zhou YFの等autologous骨髄のTransendocardial配達は慢性の実験心筋の虚血のブタの平行した散水そして地方機能を高める。 J AM Coll Cardiol。 5月2001日; 37(6): 1726-32。

7. Schuster MD、Kocher AA、Seki Tはcardiomyocyteの再生で、等骨髄のangioblastsによる心筋のneovascularization起因する。 AM J Physiolの中心Circ Physiol。 8月2004日; 287(2): H525-32.

8. Strauerは、Brehm Mの人間のautologous intracoronary単核の骨髄の細胞の移植によるinfarcted心筋層のゼウスTの等修理ある。 循環。 10月2002日8日; 106(15): 1913-8年。

9. Assmus B、Schachinger V、Teupe C、等激しい心筋梗塞(TOPCARE-AMI)の祖先の細胞そして再生の強化の移植。 循環。 12月2002日10日; 106(24): 3009-17。

10. Britten MB、Abolmaali ND、Assmus Bの等激しい心筋梗塞(TOPCARE-AMI)を用いる患者のintracoronary祖先の細胞の処置の後で改造するInfarct: 連続対照高められた磁気共鳴イメージ投射からの機械論的な洞察力。 循環。 11月2003日4日; 108(18): 2212-8。

11. 激しい心筋梗塞の祖先の細胞そして再生の強化のSchachinger V、Assmus B、Britten MB、等移植: TOPCARE-AMIの試験の最終的な1年の結果。 J AM Coll Cardiol。 10月2004日19日; 44(8): 1690-9。

12. Wollert KC、マイヤーGP、Lotz Jの等Intracoronaryの心筋梗塞の後のautologous骨髄の細胞の移動: 倍力は管理された臨床試験をランダム化した。 尖頭アーチ。 7月2004日10日; 364(9429): 141-8。

13. Drexler H、マイヤーGP、Wollert KC。 ST高度の心筋梗塞の後の骨髄得られた細胞の移動: 倍力試験からのレッスン。 Clin Nat. Pract Cardiovasc Med。 3月2006日; 3つのSuppl 1S65-8。

14. Schachinger V、Erbs S、Elsasser Aの等Intracoronaryの骨は激しい心筋梗塞の祖先の細胞を髄得た。 NイギリスJ Med。 9月2006日21日; 355(12): 1210-21。

15. Assmus B、Honold J、Schachinger Vの等心筋梗塞の後の祖先の細胞のTranscoronaryの移植。 NイギリスJ Med。 9月2006日21日; 355(12): 1222-32。

16. Lunde K、Solheim S、Aakhus Sの等激しい心筋梗塞の単核の骨髄の細胞のIntracoronaryの注入。 NイギリスJ Med。 9月2006日21日; 355(12): 1199-209。

17. Janssens S、Dubois C、Bogaert Jは、等Autologous骨ST区分の高度の心筋梗塞を用いる患者の茎細胞の移動を髄得た: 二重盲目の、ランダム化された管理された試験。 尖頭アーチ。 1月2006日14日; 367(9505): 113-21。

18. Brehm M、Strauerはある。 postinfarctionの慢性の冠状心臓病の幹細胞療法。 Clin Nat. Pract Cardiovasc Med。 3月2006日; 3つのSuppl 1S101-4。

19. 、Geffner L、Patel Vina RFの等autologous大人の幹細胞の移植の鬱血性心不全のための外科処置: 将来のランダム化された調査。 J Thorac Cardiovasc Surg。 12月2005日; 130(6): 1631-8。

20. Ince H、Petzsch M、激しい心筋梗塞の後のgranulocyteのコロニー刺激的な要因との左の心室の改造のクレインHDの等防止: Granulocyteのコロニー刺激的な要因(FIRSTLINE-AMI)試験による激しい心筋梗塞の展開の前部統合されたRevascularizationそして幹細胞の解放の最終的な1年の結果。 循環。 8月2005日30日; 112 (9つのSuppl): I73-80.

21. Kang HJ、金HS、チャンSY、等左の心室のシストリック機能に対するgranulocyteコロニーの刺激的な要因とおよび心筋梗塞の冠状にstentingの後でrestenosis動員される周辺血の茎細胞のintracoronary注入の効果: 魔法の細胞は臨床試験をランダム化した。 尖頭アーチ。 3月2004日6日; 363(9411): 751-6。

22. Bartunek J、Dimmeler S、Drexler H、等。 中心の修理のためのautologous大人の幹細胞の使用の臨床調査に関する心臓学のヨーロッパの社会のタスクフォースの一致。 Eurの中心J. 6月2006日; 27(11): 1338-40。

23. Burt RK、Traynor AE。 Hematopoietic幹細胞の移植: 自己免疫疾患のための新しい療法。 幹細胞。 1999;17(6):366-72.

24. 自己免疫疾患のためのGratwohl A. Passweg J. Gerber I.の等幹細胞の移植。 Pract最もよいRes Clinの血液学。 2001;14:755.

25. Tyndall A、Gratwohl A. Bloodおよび自己免疫疾患の髄の幹細胞の移植: 血および髄の移植(EBMT)のためにリューマチ(EULAR)に対してヨーロッパ リーグおよびヨーロッパのグループに代わって書かれている一致レポート。 骨髄の移植。 4月1997日; 19(7): 643-5。

26. 自己免疫疾患のためのMarmont A. Tyndall A. Gratwold A. Vischer T. Haemapoieticの前駆物質細胞の移植。 尖頭アーチ。 1995;345:978.

27. Tyndall Aの厳しい自己免疫疾患の処置のSaccardi R. Haematopoieticの幹細胞の移植: 段階I/IIからの結果は、将来のランダム化された試験および進路調査する。 Clin Exp. Immunol。 7月2005日; 141(1): 1-9。

28. Saccardi R、Kozak T、Bocelli-Tyndall Cの等進歩的な多発性硬化のためのAutologous幹細胞の移植: 血および髄の移植の自己免疫疾患の作業班のデータベースのためのヨーロッパのグループの更新。 Mult Scler。 12月2006日; 12(6): 814-23。

29. Snowden JA、Passweg J、ムーアJJの等厳しい慢性関節リウマチのAutologous hemopoietic幹細胞の移植: EBMTおよびABMTRからのレポート。 J Rheumatol。 3月2004日; 31(3): 482-8。

30. Burt RK、Marmont A、Oyama Yの等ランダム化された自己免疫疾患のためのautologous hematopoietic幹細胞の移植の管理された試験: myeloablativeからのlymphoablative移植の養生法への進化。 関節炎のRheum。 12月2006日; 54(12): 3750-60。

31. Loh Y、Oyama Y、Statkute Lの等厳しい全身の硬化のための非myeloablative allogeneic hematopoietic幹細胞の移植: 接木対ホストの病気のない接木対自己免疫か。 骨髄の移植。 4月2007日; 39(7): 435-7。

32. Jayne Dの全身性エリテマトーデスのためのTyndall A. Autologousの幹細胞の移植。 ループス。 2004;13(5):359-65.

33. Jayne D、Passweg J、Marmont Aの等全身性エリテマトーデスのためのAutologous幹細胞の移植。 ループス。 2004;13(3):168-76.

34. Burt RK、Traynor A、Statkute Lの等Nonmyeloablativeの全身性エリテマトーデスのためのhematopoietic幹細胞の移植。 JAMA. 2月2006日1日; 295(5): 527-35。

35. Voltarelli JCのCouriのセリウム、Stracieri ABの等最近診断されたタイプ1の糖尿病のAutologous nonmyeloablative hematopoietic幹細胞の移植。 JAMA. 4月2007日11日; 297(14): 1568-76。

36. Hensel M、Breitbart A、Ho広告。 肺介入を用いるBehcetの病気のためのAutologous hematopoietic茎細胞の移植。 NイギリスJ Med。 1月2001日4日; 344(1): 69。

37. Hawkey CJ、Snowden JAのシンリンオオカミA、Beglinger Cの炎症性腸疾患のためのTyndall A.の幹細胞の移植: 実用的で、倫理的な問題。 腸。 6月2000日; 46(6): 869-72。

38. Lindvall O、Kokaia Zの人間のneurodegenerativeのためのマルチネーゼSerrano A.の幹細胞療法それを働かせる無秩序いかに。 Nat. Med。 7月2004日; 10: SupplS42-S50.

39. Dezawa M、Kanno H、Hoshino M、等骨髄のstromal細胞からの神経の細胞の特定の誘導およびautologous移植のための適用。 J Clinは投資する。 6月2004日; 113(12): 1701-10。

40. Takagi Y、Takahashi J、Saiki Hはパーキンソンの霊長目モデルで、等猿のES細胞から発生するDopaminergicニューロン作用する。 J Clinは投資する。 1月2005日; 115(1): 102-9。

41. Behrstock S、Ebert A、McHugh Jはparkinsonian齧歯動物および老化させた霊長目に、等人間の神経の祖先グリア細胞のライン得られたneurotrophic要因を提供する。 遺伝子Ther。 3月2006日; 13(5): 379-88。

42. Ballen K、Broxmeyer彼、臍帯血バンクのMcCullough Jの等現状および米国およびヨーロッパの移植。 Biolの血髄の移植。 2001;7(12):635-45.

43. Bacigalupo A、Frassoni F、ヴァンLint MT. allogeneic移植のための幹細胞の源として骨髄か周辺血。 Curr Opin Hematol。 11月2000日; 7(6): 343-7。

44. で利用できる: www.marrow.org/ABOUT/index.html。 2007年7月11日アクセスされる。

45. hematopoietic細胞のRawley S. Cryopreservation。 トマスのHematopoietic細胞の移植。 Eds.Blume K. Foreman S. Appelbaum F.第3の版、P 599。 、モールデン出版している、Blackwell MA 2004年。

46. BickfordのPC、タンJ、Shytle RD、等Nutraceuticalsは共働作用して人間の幹細胞の拡散を促進する。 幹細胞Dev。 2月2006日; 15(1): 118-23。

47. Shankar S、Singh G、Srivastava RK。 resveratrolによるChemoprevention: 分子メカニズムおよび治療上の潜在性。 前部Biosci。 9月2007日1日; 12:4839-54。

48. Ingram DK、朱M、Mamczarz Jの等カロリーの制限のmimetics: 出現の研究分野。 老化の細胞。 4月2006日; 5(2): 97-108。

49. 陳JF、黄L、ジンJ、等骨の老化および数および機能間の関係はラットのendothelial祖先の細胞を髄得た。 Zhonghua Xin Xue GuanビングZa Zhi。 11月2006日; 34(11): 1026-8。

50. J G、Cq W、Hh F、等endothelial祖先の細胞に対するresveratrolの効果およびintima傷つけられたラットのreendothelializationへの貢献。 J Cardiovasc Pharmacol。 5月2006日; 47(5): 711-21。

51. 川北町E、橋本MのShido O. Docosahexaenoicの酸はneurogenesisを生体外でそして生体内で促進する。 神経科学。 2006;139(3):991-7.

52. Kidd PM。 ミトコンドリアの不十分からのNeurodegeneration: 統合的な管理を使用して再建する頭脳のための栄養素、幹細胞、成長因子および見通し。 Altern MedのRev. 12月2005日; 10(4): 268-93。

53. Thum T、Hoeber S、Froese Sはインシュリンそっくりの成長要因1の成長ホルモン仲介された増加によって、等endothelial祖先の細胞の年齢依存した減損訂正される。 Circ Res。 2月2007日16日; 100(3): 434-43。

54. Imanishi T、Hano T、Nishio I. Estrogenはtelomeraseの活動の増加によってendothelial祖先の細胞の老衰を減らす。 J Hypertens。 9月2005日; 23(9): 1699-706。

55. 劉KQ、チーはラットの組換えの成長因子とX、autologous骨髄の幹細胞の動員を用いる激しい心筋梗塞のDU JPの等処置結合した。 Zhongguo魏ZhongビングJi JiuイXue。 8月2006日; 18(8): 494-7。

56. マトリックスのmetalloproteinase9の活発化をシンターゼ仲介したendothelial一酸化窒素による虚血誘発のneovascularizationの場所への骨によって髄得られたendothelial祖先の細胞の結合の増加による心筋梗塞が後Iwakura A、Shastry S、Luedemann C、等Estradiolは回復を高める。 循環。 3月2006日28日; 113(12): 1605-14。

57. Sinha-Hikim I、Cornford M、Gaytan H、リーML、コミュニティ住居の老人の骨格筋繊維肥大および衛星細胞に対するテストステロンの補足のBhasin S. Effects。 J Clin Endocrinol Metab。 8月2006日; 91(8): 3024-33。

  • ページ
  • 1
  • 2