生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2007年10月
レポート

新しいウコンの混合物は血に大いにより多くのクルクミンを渡す


Dale Kiefer著

生命延長読者はクルクミンの源のずっとカレーのスパイスのウコンによって長く医療補助の広大な配列に相談した気づいている。 世界中の科学的な研究者は戦い癌、関節炎、糖尿病、心循環器疾患、骨粗しょう症、およびアルツハイマー病の下にある病理学プロセスを逆転させることを含んでいる他の条件間のクルクミンのための適用を調査している。1-13

クルクミンは長く望ましい血レベルを達成するように大量服用が要求する悪い生物学的利用能があるために知られてしまった。 商業クルクミン プロダクトと比較される血に7倍までpharmacologically bioactiveクルクミンを渡す新しいクルクミンの吸収システムは開発された。

この革命的な開発は根本的に人々がこの尊敬されたハーブからの付加的な医療補助を得るかもしれない範囲を変える。

豊富データはクルクミンおよび関連の化学薬品が(一まとめにcurcuminoidsとして知られている)いろいろなメカニズム病気によって心血管に癌病気からのの広い範囲を防ぎ、戦うのを助けることを示す。1,5,7-19 これらは強力な炎症抑制、酸化防止、chemopreventive (癌予防)、および抗腫瘍性の(癌戦いの)特性を含んでいる。

人体のクルクミンの最も重要な活動の多分1つはトランスクリプション要因の活発化、核要因Κ B (NF kb)、4-6を禁じる機能慢性の 発火の有効な誘因物である。 NF kbは一種のスイッチとして機能する炎症性混合物の生産にかかわる遺伝子の活動化によって発火をつける蛋白質である。 NF kbの活発化が発癌のすべての段階で関係したので、このトランスクリプション要因は癌のchemopreventionの潜在的なターゲットで、集中的な研究の主題である。

クルクミンの異なった公式の吸収の比較

クルクミンの回転: 非常に高められた生物学的利用能

利点の印象的な配列にもかかわらず、クルクミンとの口頭補足の有効性は消化管を通した血流に悪い吸収によって限られた。 以前、少数のformulatorsはこの問題のまわりで黒胡椒、クルクミンのような原料の吸収を高めたpiperineの派生物を加えることによって働いた。20人の 科学者に念願クルクミンの効力を最大にするためにより大きい薬剤の潜在的能力を提供するクルクミンのbioavailable形態がある。

生命延長は高められた吸収のさまざまなレベルを示した多数のクルクミン プロダクトを見直した。 1つの出版された臨床調査は私達の注意をつかまえた。 それでは、小説の製造技術は劇的に前にしなやかなmentationによって見られなかったレベルに血しょうのクルクミンを増加できた。 動物に管理される純粋なクルクミンの50-60%だけが普通吸収される間、この新技術は生物学的利用能のこの印象的な上昇がpiperineの付加なしで 達成された驚くべき96%。21にクルクミンの吸収を高めた。

ラットの極度の生物クルクミンの吸収は慣習的なクルクミン61と比較した

これらのデータおよびこれらの調査結果を確認するように努めることと印象づけられて生命延長はそれからこの新しいクルクミンが血流にそしてより長い支えられた期限の間実際にクルクミンのかなりより大きい集中を提供できるかどうか定めるために人間のボランティアの客観的な比較の試験を動かした。22は 生命延長の独立した調査からの調査結果基本的に最初の調査のそれらを映した。 その結果、私達はよりよい生物学的利用能をより提供するクルクミンの方式をだった考えられた可能識別した。 BCM-95®として知られていて、この「次世代」の公式は他よりずっともっと容易にまたは以前利用可能なクルクミン プロダクト現在吸収される。 実際、調査は両方とも7倍より多くのクルクミンの近くで標準的な補足から以前利用可能だったより渡した。

生命延長のこの新しい公式の調査は人間の題材のクルクミンそしてcurcuminoidsの「pharmacokinetics」、か吸収、循環および新陳代謝文書化するように設計されていた。 調査は2つの他のクルクミン プロダクトとBCM-95®を比較した: piperineおよび(との植物行きのクルクミンの公式ほとんどの補足の会社が今日販売するもの)である浄化された95%のクルクミンの独立エキス。 11人のボランティアは募集された。 それらは3グループに分けられた。 piperineの主題によって受け取られるBCM-95®、植物行きのクルクミンのエキス、または通常のクルクミンのエキス。 血は次の8時間にわたるベースラインそして再度6時に引かれた。 2週間の流出の期間後で、主題は互い違いの公式に(交差させる)転換した; BCM-95®の主題は最初に2つの「制御」クルクミンの公式のどちらかがあった主題はBCM-95®を与えられたが、通常の「制御」クルクミンを与えられた。

新しい公式は血レベルを、すぐに、より長くもっと増加する

主題の血しょうサンプルは続いてクルクミンの集中を定めるために試金された。 結果ははっきり示し、BCM-95®が消化系から急速に吸収されたことをクルクミンの特性の完全な穿孔器をかつてなかったほど渡している間血流中循環するようにウコンの強力な病気戦いの化学薬品がの多くをする。 実際、クルクミンはBCM-95®を取った主題の血流の1時間以内のピークに達した。 約2時間の後線量、クルクミンの短いすくいが第2に達した後、まだ4.5時間の再度最も高いピークは、それから次第に低下し。 8時間の後線量によって、クルクミンは主題の血でまだ探索可能だった。22

人間の極度の生物クルクミンの吸収は慣習的なクルクミン22と比較した

それに対して、通常の独立クルクミンはピーク集中に達するために2時間を取り次に急速に低下した。 4.5時間の後線量によって、BCM-95®のクルクミンがちょうど大またに当る前に、この制御公式からのクルクミンは主題の血流から事実上消えた。 ピークで、この制御クルクミンの公式はBCM-95®からのクルクミンの集中半分のについてだけ達した。 同様に、BCM-95®はpiperineの方式の植物行きのクルクミンと比較された優秀な吸収を示した。 従って、BCM-95®は血流にだけでなく、より多くのクルクミンを、すぐに渡すが、二度ほぼ同様に長く、余りにとどまる。 これは非常に高められた利点で起因するべきである非常に重要な利点である。

いかにこのパテント未決のクルクミンの発明家はこの進歩を達成したか。 ウコンから(通常「95%クルクミン/curcuminoidsとして」の販売される得られたクルクミンおよびcurcuminoidsのそれ以上の浄化に焦点を合わせてよりもむしろ)、formulatorsは根非常に抽出プロセスおよびプロセスの活動的な要素の生物学的利用能を高めることの間に普通取除かれる未加工ウコンの部品の多数をreincorporating 「根に」、いわば戻った。 要するに、この革命的な組成変更はウコンの根茎の自然な部品の固有の共同作用に劇的に生物学的利用能を高めるために頼る。

人間の極度の生物クルクミンの吸収はpiperine 22の植物行きのクルクミンと比較した

その結果、BCM-95®は7普通95%のエキスよりbioavailable 6に倍ある。 この新しい生物学的利用能高められたウコンのエキスのちょうど1つの400 mgの線量は2,772に標準piperineの植物行きのクルクミンのエキスの「95%」クルクミンのエキスのmgを取ることと同等か2,548 mgである。 血流に6.93通常の独立クルクミン プロダクトより倍より多くのクルクミンをおよび血流に6.37 piperineの植物行きのクルクミンのエキスより倍より多くのクルクミンを渡される生命延長人間の試験、BCM-95®。22

生命延長の結果はBCM-95®のために前に示されている調査結果を確認した。

クルクミンの多くの利点

クルクミンの利点はボディの事実上あらゆる器官システムに影響を与えるほど多様である。 それはことクルクミンを調査している国立衛生研究所は嚢胞性線維症の処置のような多様な適用を自己免疫疾患を、硬皮症制御する可能性ではないし含んでいる、さまざまな癌のchemopreventionの試験多数の調査に資金を供給した事故。その間 23、世界中の薬品会社は積極的に抗癌性の処置として、大きい利益で、販売することを望むクルクミンに基づいて特許可能な分子を得るために働いている。24

他の活動の間で、クルクミンは抗菌、antifungal、抗ウィルス性の、炎症抑制および酸化防止機能を示した。18 それは白人の共通の遺伝病、嚢胞性線維症に対する戦いで大きい約束を示している。14 このリストに、Alzheimerおよびパーキンソン病のようなneurodegenerative無秩序に対して強力な抗癌性の保護、心血管の保護および保護を、加えなさい。8,16,25-29 その上に、クルクミンは多発性硬化、7のための潜在的な処置として約束を示し、 激流30から保護する、また 糖尿病を特徴付ける高い血糖レベルと関連付けられる損傷の一部を逆転させるかもしれない。31 クルクミンはまた乾癬のような、そして傷の処置の皮の無秩序のための処置として大きい約束を示す。9, 32

強力な蟹座の保護

科学者は通常誇張を避ける彼らの方法の彼らの照会の主題を記述するとき出かけるが、クルクミンのすばらしい特性は明らかに風に注意を投げるように最も安定した研究者を誘惑する。 「クルクミン」は書いた1つの調査チームを、最近机設計されていた、多目的薬剤のすべての好ましい特徴を所有するようである。33人の 他の調査官は有望な抗癌性の活動に焦点を合わせた。 「クルクミン最も強力なchemopreventiveの1として…現れ、抗癌性の代理人は」、はインドの研究者を昨年書いた。 「生物学的作用酸化防止[]炎症抑制からangiogenesisの阻止まで及び、[それ]また特定のantitumoral活動を所有するために示されている」。は27

抗癌性の薬剤は弱める免疫組織、クルクミンを実際に高めるそれを、 「immunorestorerとして機能する12,34-43」。34 当然、そして、その癌防止および処置はクルクミンの潜在的な利点の最も熱心に研究された面の1つとして現れた。

、最近 注意されるアメリカの科学者蟹座の手紙に書く「いろいろな癌細胞の前臨床調査、胃、膵臓白血病肝臓、コロン頚部、胸口頭上皮性を、卵巣含んでいることを並べクルクミンが生体外でそして前臨床動物モデルで抗癌性の活動を」。は所有していることを前立腺は一貫して示した44人の 他の調査官は書いた: 「発癌は3つの密接に関連段階を取囲む: 開始、進行および昇進。 [クルクミン]炎症抑制、酸化防止、およびantitumor特性を所有するために示されていた。 [それ]また発癌のすべての3つの段階で有利であるために示されていた」。43

発見される特定の抗癌性のメカニズム

中間2007では、バーミンガムのアラバマの大学の科学者は詳しく述べるジャーナル癌研究のレポートを多分クルクミンが抗癌性の代理店として作用する多くのメカニズムの少なくとも1つを出版した。 調査官は実験室の前立腺癌の細胞を育て、クルクミンのさまざまな集中--にさらした。 クルクミンは細胞の悪性腫瘍の形成と関連付けられるMDM2として知られていた蛋白質の生産を減らした。 同時に、クルクミンはプログラムされた細胞死(apoptosis)の昇進と関連付けられた別の蛋白質を作り出すために細胞を促した。27 NF kbのように、発火、MDM2の誘因物は人間癌療法のための新しいターゲットとして提案された。

生きているモデルのクルクミンの効果をテストするためには、科学者は続いて腫瘍を開発した特別なマウスに人間の前立腺癌の細胞を接木した。 マウスはそれから4週間クルクミンか偽薬に、週五日、与えられた。 その後、マウスにクルクミン与えられる更に3つのテスト グループに分けられた。 1つグループは別のものは癌の化学療法の薬剤とクルクミンを受け取ったが、gemcitabine単独でクルクミンを受け取り続けた。 最終的なグループは放射線療法とクルクミンを受け取った。

「クルクミンは成長をの[人間にマウスの前立腺癌は接木する]禁じ、gemcitabineおよび放射のantitumor効果を高めた。 これらの腫瘍では、クルクミンはMDM2の表現を」、書いた研究者を減らした。 MDM2表現のこの抑制、か「規則」はクルクミンが抗癌性の活動を出す最近発見されたメカニズムであると宣言された。 クルクミンによるMDM2規則は「完了される」科学者chemopreventiveおよび化学療法の効果のために必要かもしれない。27

疫学の研究がインドで世界の最も低いのの中にあるために人間の前立腺癌の発生を示すことに注意することは興味深い。 1つの最近の調査はインドの年次前立腺癌の傷病率が5.0から100,000/yearごとの9.1まで及ぶことを推定した。 それに対して、米国の白間に、傷病率はより高く1番あたりの110.4インドからの人と比較される100,000/yearより多くのより10倍である。 アフリカ系アメリカ人のための率はより高い。45 多分同時に、インドの人のウコンの一貫した取入口は、形態またはカレーで世界の最も高いのの中に、ある。 インドの人口のウコンの平均取入口は60-200 mgのクルクミンを提供する2-2.5 g/dayである。

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2