生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2007年11月
イメージ

胸および前立腺癌の危険を減らす科学的研究法


ウィリアムFaloon著

大豆の蟹座防止の潜在性

野菜の多くを消費した大豆女性でエストロゲンの受容器肯定的な乳癌の驚くべき90%の減少を示す最も最近の調査は(西部式の食事療法の代りに)大豆で見つけられる混合物が全く胸のcancerpreventive効果をもたらすという説得力のある証拠を提供し。25

過去十年のために、論争は人々が大豆の食糧または大豆の補足ことをの彼らの消費を高めることによって癌の彼らの危険を減らすことができるかどうか激怒した。 討論に応じて人間の健康に対する大豆の効果を確認するために、いくつかの調査は90年代に始められた。

ここ数年間、これらの調査の結果は解放され始めた。 主流媒体によって無視されている間、衝撃的な調査結果は人々がより多くの大豆だけを消費したら前立腺および乳癌の危険が半分になることができることを示す。25,49-51

大豆から得られるイソフラボンは癌のmultipletypesに対して自然な保護の提供で大きい約束を示した。52-54 イソフラボンは最も最もよく知られたgenisteinおよびdaidzeinであることの2の大豆のphytochemical要素、である。

イソフラボンは人体に対するいくつかの肯定的な生物学的作用を出すと信じられ大豆およびイソフラボンの消費が癌、心臓病および骨粗しょう症を含む多くの慢性疾患の危険を、減らすことができることを統合的な薬(および主流の薬の小さいしかし増加)の多くの従業者は今信じる。49-59

アジアで行なわれた調査はアメリカの女性よりもっとたくさんのイソフラボンを消費するアジア女性は乳癌を開発するかなりより低い危険があることが分った。soyandの genisteinの食事療法の最高がagainstmammary保護できること60ので示されている動物のstudieshaveコロンおよび皮腫瘍、61それはthatsoy考えることまたhumancancersおよび、特に、breastcancerを防ぐのを助けることができることを適度ことをようである。 けれども多くの主流の開業医は何か「簡単」ようにsoycouldに非常に深遠な効果のonhumanの健康があるのでskepticalthatに残る。

有毒物質16のアルファhydroxyestroneへの2-hydroxyestroneのあなたの比率の測定

cruciferous野菜の多くを食べること、および/またはインドール3 carbinol (I3C)のような補足を取ることは保護2-hydroxyestroneを増加し、16アルファhydroxyestroneと呼ばれる危ないエストロゲンの代謝物質を減らすために示されていた。93

種類のエストロゲンの薬剤を(自然か総合的ならば)取ったりまたは乳癌の高められた危険にあれば、これらのエストロゲンの代謝物質(16アルファhydroxyestroneに関連するすなわちより高く2-hydroxyestrone)の最適の比率を達成するために十分なcruciferous野菜やI3Cを消費しているかどうか知っていることは重大である。94

乳癌に加えて、証拠はこの比率が骨粗しょう症のような他の無秩序に関連していることを示す。95

16アルファhydroxyestroneの比率への2-hydroxyestroneの好ましい変化はある特定のエストロゲンに敏感な癌の下げられた発生と関連付けられるために示されていた。93,96

ジョナサン ライト先生は生命延長をあなたに利用できるこれら二つの重大なエストロゲンの代謝物質のあなたの比率を測定できる簡単な尿テストをするために使用した。

あなたがしなければならないのは朝一番であなたが送られた帰り支払済の郵便料金の封筒のそれのガラスびんに排尿することだけである。 1から3週以内に特定の推薦を用いるあなたの結果を受け取る。

このテストの小売値は$160である、しかし生命延長メンバーはそれを$128だけのためにできていてもらうことができる。

尿の2/16のエストロゲンの代謝物質のダランベールの収束判定法を発注するため、ちょうど呼出し1-800-208-3444 (24時間/日)。

大豆、エストロゲンおよび乳癌

医学の確立のある人々は大豆のイソフラボンに癌ことをのような深刻な病気を防ぐことに於いての役割がないことを信じる。 他の人々はイソフラボンが自然なエストロゲンとして使用される機能するべきではないし、総合的なエストロゲンにより引き起こすために今知られている打撃こと増加した危険同じ問題そのようなの多数をもたらすことができるので大豆のイソフラボンが栄養の補足としてことを信じる。

実際、大豆のイソフラボンは「自然な」エストロゲンとして単に機能しない。 大豆のイソフラボンは選択的なエストロゲンの受容器の変調器として正しく分類される。 独特な分子構造、大豆のイソフラボンが原因でエストロゲンの受容器のアゴニストか受容器のブロッカーとして機能できる。 この能力によって、大豆のイソフラボンは多数胸およびendometrium両方で見つけられるホルモン的に敏感なティッシュの危険を伴う副作用なしでエストロゲンの、特に相談すると有利な効果考えられる。62

潜在性が食事療法の組み込む大豆の女性に乳癌を防ぐのを助けるために寄与する多数の調査ショー。 大豆ベースのプロダクトの最も高い消費を持つ女性は乳癌を開発する著しく減らされた危険があったことがシンガポールの女性の陸標の1991年のcasecontrolの調査、分られる200の場合の主題および420の制御主題を含む。63は また1995年により大きい日本の場合制御の調査、1,186の主題および23,163の制御を含んで、高められた豆腐(大豆のカード)の取入口を持つ女性は豆腐のような大豆ベースのプロダクトの少量を消費した女性と比較された乳癌を開発するかなり減らされた危険があったことを示した。51 最終的に、21,852人の日本の女性の非常に大きい人口ベース、前向き研究は大豆のイソフラボンの最も高い取入口を持つ女性が大豆のイソフラボンの最も低い取入口を持つ女性と比較された54%まで乳癌の彼女達の危険を減らしたことが40-59を分った老化させた。60

相当数の大豆ベースのプロダクトを消費するアジア女性間の乳癌の大いにより低い率を強調する疫学の研究と共に乳癌に対する大豆のイソフラボンの予防の効果を、示す証拠ベースの研究にもかかわらず、何人かの医者はまだ大豆ベースの食糧および補足の使用に対して女性に警告する。彼らによってはエストロゲン「模倣者」、が可能性としては乳癌を悪化させまた更に引き起こすことができるので大豆のイソフラボンが分類されたのでことが争う。 大豆のイソフラボンが選択的なエストロゲンの受容器の変調器として単に機能し、エストロゲン「模倣者ではないという文化知識によって」、にこれらの議論は遅れない。

乳癌、大豆のイソフラボンのためのchemopreventive補足であることに加えてまた女性を苦しませる他のタイプのendometrial癌を含む癌を避けることで有効であると考えられる。 最近のcasecontrolの調査はendometrial癌を開発する危険に対する大豆のイソフラボンおよび他のphytoestrogensの効果を報告した。64は 調査だれが470年齢のおよび民族性一致させた制御との1996年と1999年間のendometrial癌を開発したか老化した500人の女性を35-79比較した。 乳癌に対するイソフラボンの効果を検査するように調査でこの調査は大豆のイソフラボンのより高い取入口を持つ女性はendometrial癌の開発のかなりより危険度が低いのがあったことを示した。 さらにもっとより量が信じた乳癌から保護するのに必要イソフラボンのレベルがendometrial癌に対して保護を提供するのに必要とされた大いに低い見つけられたことだった興味深い。

大豆は人の前立腺癌を妨害する

大豆のイソフラボンが病気をことを遅らせ、防ぐことによって前立腺癌から人の保護を助けることができることを動物および人間の調査は両方示した。65,66 前立腺癌は人間の癌からの人そして第2一流の死因の共通癌(肺癌の後で)である。女性 の乳癌に関する場合があるように67、大きい疫学の研究は多量の大豆ベースの食糧を消費するアジア人は彼らの西部の同等と比較される前立腺癌のかなりより低い発生があることを示した。68

研究者は魚および豆腐のような大豆プロダクト、また他の東アジアの食餌療法のステープルが日本の人の前立腺癌の減らされた危険と、関連付けられたことが分った。68 とりわけ、大豆の最大量を消費し、豆腐によってがまずない47%および53%だった人それぞれ、少量を消費した人より前立腺癌を開発するため。 なお、最も大きいプロダクトnattoを消費した人で、前立腺癌の発生は驚くべき75%減った。

最後に、場合制御で調査は研究者1月に2004年のphytoestrogensの高い血清の集中が前立腺癌の危険を減らすかどうか確認するように努めた日本の出版した。 研究者は1999年まで追跡された1988-90年に14,000日本の人以上から生活様式情報および血清のサンプルを集めた。 Phytoestrogensおよび血清で貯えられた性ホルモンはで2002年の測定され、52の場合の主題および151の制御は識別された。 この調査ははっきりことを、daidzein査定されgenistein、前立腺癌に対して強い保護効果equol与えられたすべての3つのphytoestrogensの高い血清のレベル確立した。genistein 、daidzeinおよびequolの最も高い循環のレベルを持つ69人は62%、59%、および66%前立腺癌の彼らの危険を、それぞれ減らした。

大豆は多くの方法で食事療法に加えることができ胸の健康のサプリメントの方式でますます使用されている。

フルーツが重要なぜであるか

ボディは発癌物質と毎日衝撃される。 これらの癌もたらす代理店は殺虫剤、調理し過ぎられた食糧、アルコール、食品添加物、タバコ、菌類の突然変異原および産業汚染物質を含んでいる。 発癌物質を避けることは困難な間、ボディからのこれらの危ない物質の解毒そして取り外しを促進する特定の植物のエキスをボディに与えることによって致命的な効果を軽減することは可能かもしれない。

D-glucarateと呼ばれる混合物はグレープフルーツ、りんご、オレンジ、ブロッコリーおよび芽キャベツにある。70,71 D-Glucarateは危ない化学薬品の解毒そして取り外しをとこれらの発癌物質が細胞DNAで引き起こす変異の効果に対するまた保護によって癌もたらす代理店から保護するために支えること示されていた。72

ボディがそれ自身を解毒する複数のメカニズムがある。 従って有毒な積み過ぎに対して守る1つの方法はより容易にボディから取除かれるそれらを作るボディで発癌物質が水溶性の物質と結合されるという解毒の細道を、含む。 このプロセスはglucuronidationと呼ばれ、この重要な解毒のメカニズムを支えるためにD-glucarateは示されていた。72

D-Glucarateはいかに働くか。

従ってD-Glucarateは危ないベータglucuronidase酵素の禁止によって作用し、重大な「glucuronidation」の解毒のメカニズムを保護する。 glucuronidationの重要性の1つの例は乳癌については危険率で見ることができる。 16 alphahydroxyestroneおよびベータglucuronidase酵素の余分なレベルは乳癌の高められた発生と関連付けられる。73 D-Glucarateはエストロゲンの除去に影響を与えることによってエストロゲンのレベルを減らすと考えられる。

通常、エストロゲンはレバー(glucuronidation)のglucurateと活用され、次に胆汁で排泄される。 呼ばれるベータglucuronidaseと腸の細菌の酵素はエストロゲンglucuronideの結束を壊すことができ再吸収されるようにエストロゲンがする。 D-Glucarateはこのステップでベータglucuronidase禁止によって働く。73 この酵素を妨げて減らし再吸収される、こうして循環のエストロゲンのレベルを考えられるエストロゲンの量を下げると。

研究の調査はD-glucarateが乳房の腫瘍の発生を禁じることを示した。74,75は 既に乳癌を経験したラットの1つの調査示したD-glucarateの口頭管理が昇進の段階の間に乳房の腫瘍の成長の30%の減少および腫瘍の絶対数の四倍の減少をもたらしたベータglucuronidaseの50%の阻止で起因したことを。76は また管理されたD-glucarateだった発癌物質--にさらされたラットで別の調査乳房の腫瘍の開発の70%以上減少を示した。77は まだ別の調査乳房癌の開始そして昇進の段階に対するD-glucarateの効果を見た。 結果は開始の段階の間に細胞の写しは昇進の段階の間に42%減ったが、28%の減少を示した。 開始の段階の78阻止は癌が始める危険を減すので、D-glucarateの行為の非常に重要な部分である。

右の果物と野菜の多くを食べてD-glucarateをボディに供給する。 胸の健康を支えることを設計されているサプリメントでまた利用できる。

3の ページで 3続けられる