生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2007年5月

イメージ

伝染性割合の致命的な誤解

ウィリアムFaloon著

今日の致命的な誤解からあなたの動脈を保護しなさい

主流の医者にあなたの唯一の健康の顧問であるために頼ったらあなたの長寿は深刻な危険にあってもよい。 サプリメントに対して一貫したバイアスに基づいて、媒体は人々が葉酸のような低価格の補足を選ぶとき利益が脅される製薬産業のための送話口として作用するようである。

慣習的な医者は定期的にコレステロールおよび低密度脂蛋白質(LDL)を間、時々後押しの有利な高密度脂蛋白質(HDL)減らすstatinの薬剤を規定する。 より多くの人々が心臓薬剤を取るが、数十万人のアメリカ人はまだ心不全から間、医者の心配の下で毎年死ぬ。

多くの心臓患者は薬物が生きているとどまるように要求する。 これらの薬剤の明らかな限定は彼らが少数だけの心臓発作および打撃の多くの根本的な原因演説することである。

1980年代初期以来、生命延長は深刻な病気が成長する前にメンバーは逆転させることができる病気の危険率を識別する年次血液検査があるように助言した。 未来の病気および早死にを防ぐことのこれらの血液検査の価値は莫大である。

問題の人々はまだ彼らの医者がフィブリノゲン、ホモシステインおよびC反応蛋白質のような重要な管のマーカーのために血液検査を規定することを断ることである出会う。 これらのテストの費用は商業実験室でまた高い。 11年前に、生命延長は割引かれた価格でメンバーに血液検査を直接提供することによってこの問題を解決した。

年に一度、私達は私達の毎日の低価格を減らす。 2007年5月31日まで、私達はメンバーが商業実験室によって満たされるわずか価格で広範囲の血の評価を得ることができるようにすべての血液検査を割引いている。

あなた自身の医者、商業実験室、または私達の血のテスト サービスを使用するかどうか、私はメンバーを彼らの血を少なくとも年に一度テストしてもらうように励まし続ける。

心血管の危険の多数の血のマーカー
ニューイングランドの医療ジャーナルで報告される

調査は3,209人の関係者で心血管の危険の10の血のマーカーの予言する価値を査定するために行われた。 会員はホモシステイン、C反応蛋白質およびフィブリノゲンのようなこの調査で、測定されるマーカーのいくつかをよく知られている。 この調査で使用される通常少し知られていたマーカーのいくつかは(Bタイプのnatriureticペプチッドのような)厳しい鬱血性心不全を用いる患者のために予約である。

7.4年の中央の持続期間の後で、たくさんの高い複数のマーカーとのそれらに心臓危険低い複数のマーカーのスコアとのそれらより大きい驚く4時だった死の危険があった。 この同じ期間に、より高い複数のマーカーのスコアとのそれらに二度ほとんど低いマーカーとそれらと比較された主要な心血管のでき事の危険があった。145

心血管の危険のマーカーの広い範囲のテストの価値を示すこれらの驚くべき調査結果にもかかわらずこの調査を行なった医者は慣習的なスクリーニングと比較された穏健派だけとして結果を見た。 推薦はある特定のグループがより広範なテストから寄与できる間、費用はまだこの種類の一般群衆の広範なスクリーニングを保証しなかったことだった。

生命延長の私達はこの「怠惰な」結論に熱烈に特に比較的少なく高い複数のマーカーのスコアが付いている調査の主題のこれらの証明された危険率の多数を訂正するためにされたと考慮するとき同意しない。

すなわち、この調査はendothelial機能障害のC反応蛋白質、ホモシステイン、フィブリノゲン、腎臓の減損およびマーカーのような標準外心血管の危険のマーカーを測定した。 高い多数の危険率の何人人々が死ぬか、または重要な心臓でき事に苦しんだか調査の目的が測定することだったので、識別された多くの致命的な要因から保護するのに標準的な心臓薬剤以外の何も使用されなかった。

長い生命のため、
イメージ
ウィリアムFaloon

参照

1. Thom T、Haase N、Rosamond W、等心臓病および打撃の統計量2006の更新: アメリカの中心連合の統計量委員会および打撃の統計量の小委員会からのレポート。 循環。 2月2006日14日; 113(6): e85-e151.

2. フリードマンRJ、ムーアS、Singal DP。 人間の血清によるnormolipemicウサギのアテローム性動脈硬化の繰り返されたendothelial傷害そして誘導。 実験室は投資する。 3月1975日; 32(3): 404-15。

3. Yusuf S、Reddy S、Ounpuu Sの心循環器疾患のAnand S. Globalのの重荷: 部I: 都会化の概要の考察、疫学的な転移、危険率および影響。 循環。 11月2001日27日; 104(22): 2746-53。

4. チャンHJ、チョンJ、Choi SYの等トレッドミル テストの間の大げさな血圧の応答の患者のEndothelial機能障害。 Clin Cardiol。 7月2004日; 27(7): 421-25。

5. Higashi Y、Yoshizumi M. Exerciseおよびendothelial機能: 健常者および高血圧の患者に於いての内皮得られた一酸化窒素および酸化圧力の役割。 Pharmacol Ther。 4月2004日; 102(1): 87-96。

6. ロドリゲスPorcel M、Lerman LO、Herrmann J、等高脂血症および高血圧は冠状endothelial機能に対する互いに作用し合う有害な効果をもたらす。 Arterioscler Thromb Vasc Biol。 5月2003日1日; 23(5): 885-91。

7. Tu L、魏W、劉早く必要な高血圧の患者のX、Deng Y、Yu S. Endothelial機能そして頸動脈の壁厚化。 J Tongji Med大学。 1999;19(4):288-90, 303.

8. Sutton-Tyrrell K、Bostom A、Selhub JのZeiglerジョンソンC. Highののホモシステインのレベルは高齢者の隔離されたシストリック高血圧と独自に関連している。 循環。 9月1997日16日; 96(6): 1745-9。

9. Puddu P、Puddu GM、Zaca Fの高血圧のMuscariのA. Endothelialの機能障害。 アクタCardiol。 8月2000日; 55(4): 221-32。

10. Bolad IのDelafontaine P. Endothelialの機能障害: 高血圧の冠状病気に於いてのその役割。 Curr Opin Cardiol。 7月2005日; 20(4): 270-4。

11. postprandial段階のMaggi FM、Raselli S、Grigore L、等脂蛋白質の残りそしてendothelial機能障害。 J Clin Endocrinol Metab。 6月2004日; 89(6): 2946-50。

12. Laaksonen R、Janatuinen T、Vesalainen R、等高い酸化させたLDLおよび高い血しょうホモシステインは健康な大人の心筋の流れの予備の早い減少に貢献する。 Eur J Clinは投資する。 11月2002日; 32(11): 795-802。

13. Dardik R、Varon D、Tamarin I、等ホモシステインおよび酸化させた低密度の脂蛋白質はフロー条件の下でendothelial細胞に血小板の付着を高めた: thrombogenic調節の明瞭なメカニズム。 Thromb Haemost。 2月2000日; 83(2): 338-44。

14. Voutilainen S、翌日にJD、ロバーツLJは高い血しょう合計のホモシステインのレベルで、等生体内の脂質の過酸化反応を高めた。 Arterioscler Thromb Vasc Biol。 5月1999日; 19(5): 1263-6。

15. De Caterina R、Lenzi S。 アテローム性動脈硬化の起源そして進行に於いてのLDLの役割: atherosclerotic損害の起源そして開発のpathobiological概念および内皮の役割。 G Ital Cardiol。 2月1998日; 28(2): 158-67。

16. Drexel H、Amann FW、Beran J、等血しょうトリグリセリドおよび3つの脂蛋白質のコレステロールの一部分は冠状アテローム性動脈硬化の範囲の独立した予言者である。 循環。 11月1994日; 90(5): 2230-5。

17. 脂蛋白質のコレステロールのSharrett AR、Patsch W、Sorlie PD、等連合、apolipoproteins A-IおよびB、およびcarotidアテローム性動脈硬化および冠状心臓病のトリグリセリド。 コミュニティ(ARIC)のアテローム性動脈硬化の危険は調査する。 Arterioscler Thromb。 7月1994日; 14(7): 1098-104。

18. Vasques EのAlmeidaのAL、酸化させた低密度脂蛋白質のリン脂質の部品による内皮依存した大動脈の弛緩のノヤVの等減損。 内皮。 1月2006日; 13(1): 1-8。

19. Badimon L、マルチネーゼGonzalez J、LlorenteコルテスV、ロドリゲスC、アテローム性動脈硬化のPadro T.の細胞生物学および脂蛋白質。 Curr Med Molの。 8月2006日; 6(5): 439-56。

20. Vakkilainen J、Makimattila S、Seppala-Lindroos Aの等小さいLDLの粒子を持つ人のEndothelial機能障害。 循環。 8月2000日15日; 102(7): 716-21。

21. Calabresi L、Gomaraschi Mの高密度脂蛋白質によるFranceschini G. Endothelialの保護: ベンチから枕元への。 Arterioscler Thromb Vasc Biol。 10月2003日1日; 23(10): 1724-31。

22. Spieker LE、Sudano I、Hurlimann Dの等高密度脂蛋白質はhypercholesterolemic人のendothelial機能を元通りにする。 循環。 3月2002日26日; 105(12): 1399-402。

23. Toikka JO、Ahotupa M、Viikari JSは健康な若者のendothelial機能障害そして高められた生体内のLDL酸化に、等絶えず低いHDLコレステロールの集中関連している。 アテローム性動脈硬化。 11月1999日1日; 147(1): 133-8。

24. 喫煙ikonomidis I、Lekakis J、Vamvakou G、Andreotti FのNihoyannopoulos P.の喫煙はは増加されると関連付けられ慢性の冠動脈疾患の患者のproinflammatoryおよびprocoagulantマーカーを循環する: アスピリンの処置の効果。 AMの中心J. 5月2005日; 149(5): 832-9。

25. Esen AM、Barutcu I、Acar M、等上腕動脈のendothelial機能および壁厚さに対する煙る効果。 Circ J. 12月2004日; 68(12): 1123-6。

26. Wanner A、カンポスMAの喫煙者のMendes E. Airwayの血の流れの反応。 Pulm Pharmacol Ther。 2007;20(2):126-9.

27. Ambrose JA、Barua RS。 喫煙および心循環器疾患のpathophysiology: 更新。 J AM Coll Cardiol。 5月2004日19日; 43(10): 1731-7。

28. Poreba R、Skoczynska A、冠状動脈硬化の患者のendothelial機能に対する喫煙のDerkacz A. Effect。 ポールのアーチMed Wewn。 1月2004日; 111(1): 27-36。

29. Puranik R、Celermajer DS。 煙ることおよびendothelial機能。 Prog Cardiovasc Dis。 5月2003日; 45(6): 443-58。

30. Newby DEのMcLeodのAL、Uren NGは冠状アテローム性動脈硬化および喫煙と、等損なわれた冠状ティッシュplasminogen活性剤解放関連付けられる: endothelial機能障害とatherothrombosis間の直接接続。 循環。 4月2001日17日; 103(15): 1936-41年。

31. Papamichael CM、AznaouridisのKA、Stamatelopoulos KS、等タバコはのEndothelial機能障害およびタイプ煙った: 規則的な喫煙対「ライト」の影響。 Vasc Med。 5月2004日; 9(2): 103-5。

32. O'Callaghan P、Meleady R、Fitzgerald T、グラハムI. Smokingおよび血しょうホモシステイン。 Eurの中心J. 10月2002日; 23(20): 1580-6。

33. 発火のTargher G、Bertolini L、Zoppini G、Zenari L、Falezza G. Increased血しょうマーカーおよび臨床的に明らかなmacroangiopathyなしのタイプ1の糖尿病性の患者のmicrovascular複雑化のendothelial機能障害および連合。 Diabet Med。 8月2005日; 22(8): 999-1004。

34. タイプ1の糖尿病を持つ子供のJarvisalo MJ、Raitakari M、Toikka JO、等Endothelial機能障害および高められた幹線intima媒体の厚さ。 循環。 4月2004日13日; 109(14): 1750-5。

35. Vlassara H、CAI W、クランドールJは食餌療法のglycotoxins、糖尿病性のangiopathyのための主要な危険率によって、等炎症性仲介人引き起こされる。 Proc国民のAcad Sci米国。 11月2002日26日; 99(24): 15596-601。

36. Najemnik C、Sinzinger H、Kritz H. Endothelialの機能障害、アテローム性動脈硬化および糖尿病。 アクタMed Austriaca。 1999;26(5):148-53.

37. Hink U、Tsilimingas N、Wendt Mの糖尿病のMunzel T. Mechanismsの根本的なendothelial機能障害: 治療上の含意。 御馳走Endocrinol。 2003;2(5):293-304.

38. Panus C、Mota M、Vladu D、Vanghelie LのRaducanuのCL。 糖尿病のendothelial機能障害。 Rom JのインターンMed。 2003;41(1):27-33.

39. Bakker SJ、IJzerman RG、Teerlink T、等中央肥満のゾル性細胞質のトリグリセリドおよび酸化圧力: 余分なアテローム性動脈硬化、endothelial機能障害およびベータ細胞の失敗間のミッシング リンクか。 アテローム性動脈硬化。 1月2000日; 148(1): 17-21。

40. Yu YRの李のHL、YuのHL、Wang C、Pu S。 肥満の主題のインシュリン抵抗性と内皮依存したvasodilatation間の関係。 ZhonghuaイXue Za Zhi。 9月2003日10日; 83(17): 1467-70。

41. Blannの広告、Bushell D、Davies A、等フォンWillebrandの要因、内皮および肥満。 Int J Obes Relat Metab Disord。 12月1993日; 17(12): 723-5。

42. Lteif AA、ハンK、Mather KJ。 肥満、インシュリン抵抗性および新陳代謝シンドローム: 白および黒のendothelial機能障害の決定要因。 循環。 7月2005日5日; 112(1): 32-8。

43. Edwards DG、Schofield RS、練習の訓練のLennon SLの等冠動脈疾患の人のendothelial機能に対する効果。 AM J Cardiol。 3月2004日1日; 93(5): 617-20。

44. Mitu F、Mitu M.の運動および管の内皮。 Rev. Med Chir Soc Med Nat. Iasi。 7月2003日; 107(3): 487-93。

45. Gokce N、Vita JA、Bader DS、等冠動脈疾患の患者の上部および下の先端のendothelial機能に対する練習の効果。 AM J Cardiol。 7月2002日15日; 90(2): 124-7。

46. Chakraphan D、Sridulyakul P、STZ誘発の糖尿病性のラットの練習の訓練によるendothelial機能障害のThipakorn Bの等減少。 Clin Hemorheol Microcirc。 2005;32(3):217-26.

47. Harvey PJのPictonのPE、Su WSの等postmenopausal女性のendothelial機能障害の改善のための口頭エストロゲンへの代わりとして練習。 AMの中心J. 2月2005日; 149(2): 291-7。

48. SuvoravaによりT、Lauer NのKojda G. Physicalのの不活動健康で若いマウスでendothelial機能障害を引き起こす。 J AM Coll Cardiol。 9月2004日15日; 44(6): 1320-7。

49. Superko時間。 練習および脂蛋白質の新陳代謝。 J Cardiovascの危険。 8月1995日; 2(4): 310-5。

50. Ceriello A.はブドウ糖の許容および心循環器疾患を損なった: 後prandial hyperglycemiaの可能な役割。 AMの中心J. 5月2004日; 147(5): 803-7。

51. トマスGN、Chook P、Qiao M、等「高く正常な」ブドウ糖のレベルの有害な影響および外見上健康な中国の主題の幹線endothelial機能およびintima媒体の厚さの他の新陳代謝シンドロームの部品: CATHAYの調査。 Arterioscler Thromb Vasc Biol。 4月2004日; 24(4): 739-43。

52. Stochmal E、Szurkowska M、損なわれたブドウ糖の許容の患者のインシュリン抵抗性の冠状アテローム性動脈硬化のCzarnecka Dの等連合。 アクタCardiol。 6月2005日; 60(3): 325-31。

53. Muis MJの馬蝿の幼虫ML、Bilo HJの等高い累積インシュリンの露出: タイプ1の糖尿病のアテローム性動脈硬化の危険率か。 アテローム性動脈硬化。 7月2005日; 181(1): 185-92。

54. インシュリンのYki-Jarvinen H. Nonglycemicの効果。 Clinの礎石。 2003年; Suppl 4S6-12。

55. Howes PS、Zacharski LR、サリバンJ、アテローム性動脈硬化に於いての貯えられた鉄のChow B. Role。 J Vasc Nurs。 12月2000日; 18(4): 109-14。

56. de VB、マルクスJJ。 鉄、アテローム性動脈硬化および虚血性心疾患。 アーチのインターンMed。 7月1999日26日; 159(14): 1542-8。

57. Chau LY。 鉄およびアテローム性動脈硬化。 Proc国民のSci Counc Repub中国B. 10月2000日; 24(4): 151-5。

58. Hoogeveen EK、Kostense PJ、Beks PJ、等Hyperhomocysteinemiaは非インシュリン依存した糖尿病の心循環器疾患の高められた危険と、特に関連付けられる: 人口ベースの調査。 Arterioscler Thromb Vasc Biol。 1月1998日; 18(1): 133-8。

59. Sainani GS、Sainani R. Homocysteineおよびatherosclerotic血管疾患の病因に於いての役割。 インドJ Assocの医者。 5月2002日; 50 Suppl16-23。

60. MCP-1のZeng XK、Guan YF、Remick DG、Wang X. Signalの細道の根本的なホモシステイン誘発の生産および培養された人間の全血のIL-8。 アクタのPharmacolの罪。 1月2005日; 26(1): 85-91。

61. Zeng XK、Remick DG、Wang X. Homocysteineは培養された人間の全血のmonocyteのchemoattractant蛋白質1そしてinterleukin8の生産を引き起こす。 アクタのPharmacolの罪。 11月2004日; 25(11): 1419-25。

62. ハッセンAの追跡BJ、O'Sullivan Mの等ホモシステインはendothelial機能障害によって機能する大脳の小さい容器の病気のための危険率である。 頭脳。 1月2004日; 127 (Pt 1): 212-9。

63. Devlin AM、Arning E、Bottiglieri T、等食事療法誘発のhyperhomocysteinemiaに対するMthfrの遺伝子型の効果およびマウスの管機能。 血。 4月2004日1日; 103(7): 2624-9。

64. Ungvari Z、Csiszar A、Edwards JGの等hyperhomocysteinemiaの冠状動脈の高められたスーパーオキシドの生産: 腫瘍の壊死の要因アルファ、NAD (P) Hのオキシダーゼおよび誘引可能な一酸化窒素のシンターゼの役割。 Arterioscler Thromb Vasc Biol。 3月2003日1日; 23(3): 418-24。

65. Loscalzo J. Oxidantの圧力: atherothrombosisの主要な決定要因。 Biochem Soc Trans。 10月2003日; 31 (Pt 5): 1059-61。

66. Symons JD、Mullick AE、Ensunsa JL、Ma AA、Rutledge JC。 Hyperhomocysteinemiaはfolateの枯渇によって換起した: 冠状およびcarotid幹線機能に対する効果。 Arterioscler Thromb Vasc Biol。 5月2002日1日; 22(5): 772-80。

67. Eberhardt RT、Forgione MAは、Aの等穏やかなhyperhomocyst (e)のinemiaのネズミ科モデルのEndothelial機能障害をおおう。 J Clinは投資する。 8月2000日; 106(4): 483-91。

68. 絶食の総ホモシステインに関連する冠状心臓病の発生のFolsom AR、Nieto FJ、McGovernのページ、等前向き研究、関連の遺伝の多形およびBのビタミン: コミュニティ(ARIC)のアテローム性動脈硬化の危険は調査する。 循環。 7月1998日21日; 98(3): 204-10。

69. KS、Chook P、Lolinイの等Hyperhomocyst (e)のinemiaにである人間の幹線endothelial機能障害のための危険率懇願しなさい。 循環。 10月1997日21日; 96(8): 2542-4。

70. 馬蝿の幼虫ML、Launer LJ、Lindemans J、Hofman A、Grobbee DE。 年配者のホモシステイン、アテローム性動脈硬化および流行する心循環器疾患: ロッテルダムの調査。 JはMedを実習する。 10月1997日; 242(4): 339-47。

71. 冠動脈疾患の患者のアテローム性動脈硬化のMontalescot G、Ankri A、Chadefaux-Vekemans B、等血しょうホモシステインそして範囲。 Int J Cardiol。 8月1997日8日; 60(3): 295-300。

72. レンツのSR、Sobey CG、Piegors DJの等食事療法誘発のhyperhomocyst (e)のinemiaの猿の管の機能障害。 J Clinは投資する。 7月1996日1日; 98(1): 24-9。

73. Verhoef P、心筋梗塞のJE、等ホモシステインの新陳代謝および危険を埋めるStampfer MJ: ビタミンB6、B12およびfolateとの関係。 AM J Epidemiol。 5月1996日1日; 143(9): 845-59。

74. Arnesen E、Refsum H、Bonaa KH、等血清の総ホモシステインおよび冠状心臓病。 Int J Epidemiol。 8月1995日; 24(4): 704-9。

75. BerwangerのCS、ジェレミーJY、Stansby G. Homocysteineおよび血管疾患。 Br J Surg。 6月1995日; 82(6): 726-31。

76. Tsai JC、Perrella MA、ホモシステインによる管の平滑筋細胞の成長のYoshizumi Mの等昇進: アテローム性動脈硬化へのリンク。 Proc国民のAcad Sci米国。 7月1994日5日; 91(14): 6369-73。

77. フライ鍋RH、ウイルソンBD、Gubler DBのFitzgeraldのLA、Rodgers GM。 ホモシステイン、危険率および早期の血管疾患のための血栓症は、endothelial細胞のティッシュの要因活動を引き起こす。 Arterioscler Thromb。 9月1993日; 13(9): 1327-33。

78. HarkerのLA、Harlan JM、ホモシステイン誘発のendothelial傷害に対するsulfinpyrazoneおよびヒヒの動脈硬化のロスR. Effect。 Circ Res。 12月1983日; 53(6): 731-9。

79. 壁RT、Rubenstein MDのたる製造人SL。 アテローム性動脈硬化の細胞基礎の調査: 血小板および管の内皮に対するアテローム性動脈硬化の危険率の効果。 糖尿病。 1981年; 30 (Suppl 2): 39-43。

80. Rasouli ML、Nasir K、Blumenthal RSの等血しょうホモシステインはアテローム性動脈硬化の進行を予測する。 アテローム性動脈硬化。 7月2005日; 181(1): 159-65。

81. そのうち。 虚血性心疾患および打撃のホモシステインそして危険: メタ分析。 JAMA. 10月2002日23日; 288(16): 2015-22年。

82. Refsum H、Ueland PM、Nygard O、Vollset SE。 ホモシステインおよび心循環器疾患。 AnnuのRev. Med。 1998;49:31-62.

83. 管の老化の病気(動脈硬化)のKunz J. Initialの損害。 老人病学。 11月2000日; 46(6): 295-9。

84. Nappo F、De RN、Marfella R、等激しいhyperhomocysteinemiaによるendothelial機能の減損および酸化防止ビタミンによる逆転。 JAMA. 6月1999日9日; 281(22): 2113-8。

85. Drouet L、Balのdit SC. フィブリノゲンは心血管のでき事の危険の予言者またはマーカーであるか。 Therapie。 3月2005日; 60(2): 125-36。

86. Coppola G、Rizzo M、Abrignani MGの等激しい心筋梗塞の後の死亡率の予言者としてフィブリノゲン: 40 2月のフォローアップ。 Italの中心J. 4月2005日; 6(4): 315-22。

87. 主要な心循環器疾患およびnonvascular死亡率のDanesh J、Lewington S、トムソンSG、等血しょうフィブリノゲンのレベルおよび危険: 個々の関係者のメタ分析。 JAMA. 10月2005日12日; 294(14): 1799-809。

88. Acevedo M、Foody JM、Pearce GL、Sprecher DL。 フィブリノゲン: 外来クリニックの心血管のでき事の連合。 AMの中心J. 2月2002日; 143(2): 277-82。

89. 馬蝿の幼虫MLのElwoodのPC、Salonen JTはフィブリノゲンの、等水平になり、致命的で、重大でない打撃の危険にさらす。 EUROSTROKE: ヨーロッパの研究所間の共同の調査。 J Epidemiolのコミュニティ健康。 2月2002日; 56のSuppl 1: i14-8.

90. de Maat MP。 食事療法、薬剤および血しょうフィブリノゲンのレベルに対する遺伝子の効果。 アンNY Acad Sci。 2001;936:509-21.

91. Maresca G、Di BA、Marchioli R、Di MG。 打撃および心筋梗塞を予測する測定血しょうフィブリノゲン: 更新。 Arterioscler Thromb Vasc Biol。 6月1999日; 19(6): 1368-77。

92. Ma J、Hennekens CH、Ridker PM、Stampfer MJ。 フィブリノゲンの前向き研究および医者の健康の心筋梗塞の危険は調査する。 J AM Coll Cardiol。 4月1999日; 33(5): 1347-52。

93. Behar S. Loweringのフィブリノゲンは水平になる: 臨床更新。 BIPの研究グループ。 Bezafibrateの梗塞形成の防止。 血のCoagulの線維素溶解。 2月1999日; 10のSuppl 1S41-3。

94. Kienast J、Pyke SD、Haverkate F、van de Loo JC、トムソンSG。 狭心症の患者の心筋梗塞または急死の止血の要因そして危険。 血栓症および不能の狭心症の研究グループのヨーロッパの提携行動。 NイギリスJ Med。 3月1995日9日; 332(10): 635-41。

95. Wilhelmsen L、Svardsudd K、Korsan-Bengtsen K、等打撃のための危険率としてフィブリノゲンおよび心筋梗塞。 NイギリスJ Med。 8月1984日23日; 311(8): 501-5。

96. Levenson J、Giral P、Megnien JL、等hypercholesterolemic人の潜在性のextracoronaryおよび冠状アテローム性動脈硬化へのフィブリノゲンおよび関係。 Arterioscler Thromb Vasc Biol。 1月1997日; 17(1): 45-50。

97. 心循環器疾患のKoenig W. Fibrin (ogen): 更新。 Thromb Haemost。 4月2003日; 89(4): 601-9。

98. Palmieri V、Celentano A、心血管のでき事へのフィブリノゲンのローマMJの等関係はpreclinical心循環器疾患の独立者である: 強い中心の調査。 AMの中心J. 3月2003日; 145(3): 467-74。

99. Channer KSのジョーンズのTH。 テストステロンの心血管の効果: 「男性の月経閉止期」の含意か。 中心。 2月2003日; 89(2): 121-2。

100. 英国KM、Mandour Oの馬RPの等冠動脈疾患の人に正常な冠状angiogramsの人より男性ホルモンの低レベルがある。 Eurの中心J. 6月2000日; 21(11): 890-4。

101. Malkin CJ、Pugh PJ、ジョーンズRDのジョーンズのTH、Channer KS。 アテローム性動脈硬化immunomodulationに対する保護要因およびプラクの開発および安定性に影響としてテストステロン。 J Endocrinol。 9月2003日; 178(3): 373-80。

102. ジョーンズRD、Nettleship JE、Kapoor D、ジョーンズHT、Channer KS。 老化の人のテストステロンそしてアテローム性動脈硬化: 意味された連合および臨床含意。 AM J Cardiovascは薬剤を入れる。 2005;5(3):141-54.

103. Lindahl BのトスH、Siegbahn A、Venge P、不安定な冠動脈疾患の長期死亡率に関連する心筋の損傷そして発火のWallentin L. Markers。 FRISCの研究グループ。 冠動脈疾患の不安定の間のFragmin。 NイギリスJ Med。 10月2000日19日; 343(16): 1139-47。

104. Auer J、Berent R、Lassnig E、Eber B.のC反応蛋白質および冠動脈疾患。 Jpnの中心J. 11月2002日; 43(6): 607-19。

105. Ridker PM、Rifai N、JEを埋めているローズLコックNR。 最初心血管のでき事の予言のC反応蛋白質および低密度脂蛋白質のコレステロール値の比較。 NイギリスJ Med。 11月2002日14日; 347(20): 1557-65。

106. Wang TJ、Larson MGの徴税Dは人および女性の潜在性のepicardial冠状石灰化と、等C反応蛋白質関連付けられる: Framinghamの中心の調査。 循環。 9月2002日3日; 106(10): 1189-91。

107. バーミューデスEA、Ridker PM。 atherosclerotic心循環器疾患のC反応蛋白質、statinsおよび第一次防止。 Prev Cardiol。 2002;5(1):42-6.

108. Virmani R、Burke AP、Kolodgie FDのFarb A. Vulnerableののプラク: 不安定な冠状損害の病理学。 J Interv Cardiol。 12月2002日; 15(6): 439-46。

109. Rifai N、Ridker PM。 炎症性マーカーおよび冠状心臓病。 Curr Opin Lipidol。 8月2002日; 13(4): 383-9。

110. Zairis MN、Papadaki OA、Manousakis SJ、等第一次不安定なアンギーナの患者のC反応蛋白質および多数の複雑な冠状動脈のプラク。 アテローム性動脈硬化。 10月2002日; 164(2): 355-9。

111. Ridker PM。 高感受性のC反応蛋白質: 心循環器疾患の第一次防止の全体的な危険性評価のための潜在的な付加物。 循環。 4月2001日3日; 103(13): 1813-8。

112. 増加されたC反応蛋白質のディディミアムNapoli M、パパF、Bocola V. Prognosticの影響およびフィブリノゲンはischemic打撃で水平になる。 打撃。 1月2001日; 32(1): 133-8。

113. Ridker PM、Stampfer MJの全身のアテローム性動脈硬化のためのRifai N. Novelの危険率: C反応蛋白質、フィブリノゲン、ホモシステイン、脂蛋白質(a)、および周辺幹線病気の予言者として標準的なコレステロールのスクリーニングの比較。 JAMA. 5月2001日16日; 285(19): 2481-5。

114. Rifai N.のC反応蛋白質および冠状心臓病: 第一次防止のための診断および治療上の含意。 Cardiovasc Toxicol。 2001;1(2):153-7.

115. Higuchi M、Castelli JB、Aiello VDの等死体解剖の破裂させたプラクの容器の区分のC.pneumoniaeの多量。 安定したプラクとの比較研究。 ArqのブラCardiol。 2月2000日; 74(2): 149-51。

116. Pasceri V、Willerson JT、Yehと。 人間のendothelial細胞に対するC反応蛋白質のproinflammatory効果を指示しなさい。 循環。 10月2000日31日; 102(18): 2165-8。

117. Mendall MA、Strachan DP、Butland BKの等C反応蛋白質: 人の死亡率、心血管の死亡率および心血管の危険率を合計する関係。 Eurの中心J. 10月2000日; 21(19): 1584-90。

118. Ridker PM、女性の心循環器疾患の予言で発火のJE、Rifai N.のC反応蛋白質および他のマーカーを埋めるHennekens CH。 NイギリスJ Med。 3月2000日23日; 342(12): 836-43。

119. Ridker PM、Cushman M、Stampfer MJ、Tracy RP、Hennekens CH。 C反応蛋白質の血しょう集中および周辺血管疾患を開発する危険。 循環。 2月1998日10日; 97(5): 425-8。

120. JEを、Shih J埋める、Ridker PM Matias M、Hennekens CH。 C反応蛋白質の前向き研究および外見上健康な女性間の未来の心血管のでき事の危険。 循環。 8月1998日25日; 98(8): 731-3。

121. Ridker PM、Cushman M、Stampfer MJ、Tracy RP、Hennekens CH。 外見上健康な人の心循環器疾患の発火、アスピリンおよび危険。 NイギリスJ Med。 4月1997日3日; 336(14): 973-9。

122. アルバートCM、Ma J、Rifai N、Stampfer MJ、Ridker PM。 突然の心臓死の予言者としてC反応蛋白質、ホモシステインおよび血しょう脂質レベルの前向き研究。 循環。 6月2002日4日; 105(22): 2595-9。

123. Xie LQおよびWang X.のC反応蛋白質およびアテローム性動脈硬化。 Sheng李Ke XueジンZhan。 4月2004日; 35(2): 113-8。

124. Verma S.のC反応蛋白質はアテローム性動脈硬化を駆り立てる。 J Cardiolはできる。 8月2004日; 20のSuppl B29B-31B。

125. Chambless LE、Folsom AR、Sharrett ARは、等コミュニティ(ARIC)のアテローム性動脈硬化の危険の冠状心臓病の危険の予言調査する。 J Clin Epidemiol。 9月2003日; 56(9): 880-90。

126. 管の石灰化に於いてのビタミンKおよびビタミンのK依存した蛋白質のSchurgers LJ、DisselのPE、SpronkのHM、等役割。 Z Kardiol。 2001年; 90のSuppl 357-63。

127. Geleijnse JM、Vermeer CのmenaquinoneのGrobbee DEの等食餌療法取入口は冠状心臓病の減らされた危険と関連付けられる: ロッテルダムの調査。 J Nutr。 11月2004日; 134(11): 3100-3105。

128. 川島町H、中島町Y、Matubara Y、等hypercholesterolemicウサギのアテローム性動脈硬化そして血凝固に対するビタミンK2 (menatetrenone)の効果。 Jpn J Pharmacol。 10月1997日; 75(2): 135-43。

129. 剪断機MJ、Bach A、Kohlmeier M. Chemistry、栄養の源、骨の健康に言及するビタミンKのティッシュの配分および新陳代謝。 J Nutr。 4月1996日; 126 (4つのSuppl): 1181S-6S.

130. Dandona P. Endothelium、発火および糖尿病。 Curr Diab Rep。 8月2002日; 2(4): 311-5。

131. BazzanoのLA、レイノルズKのホールダーKN、彼心循環器疾患の危険に対する葉酸の補足のJ. Effect: ランダム化された管理された試験のメタ分析。 JAMA. 12月2006日13日; 296(22): 2720-6。

132. ロビンソンK、Mayer EL、ミラーDP、等Hyperhomocysteinemiaおよび低いピリドキサールの隣酸塩。 冠動脈疾患のための共通および独立したリバーシブルの危険率。 循環。 11月1995日15日; 92(10): 2825-30。

133. Toole JFの、Malinowの氏再発打撃を、心筋梗塞防ぐためにischemic打撃を持つ患者のホモシステインおよび死を下げるChambless LE、等: 打撃の防止(VISP)のためのビタミンの介在は管理された試験をランダム化した。 JAMA. 2月2004日4日; 291(5): 565-75。

134. 虚血性心疾患の患者のパン屋F、Picton D、Blackwood S、等葉酸の盲目にされた比較および偽薬: 結果の試験。 循環2002年; 106: (suppl II): 2-741S.

135. Schnyder G、Roffi M、Flammer Y、Pin R、Hess OM。 percutaneous冠状介在の後で葉酸、ビタミンB12および臨床結果に対するビタミンB6との療法をホモシステイン下げる効果: スイスの中心の調査: ランダム化された管理された試験。 JAMA. 8月2002日28日; 288(8): 973-9。

136. Righetti M、Ferrario GM、Milani S、等ホモシステインのレベルに対する葉酸の処置の効果およびhemodialysis患者の血管疾患。 Med Sci Monit。 4月2003日; 9(4): I19-24.

137. Lange H、Suryapranata H、De LG、等冠状にstentingの後のFolate療法および内部ステントのrestenosis。 NイギリスJ Med。 6月2004日24日; 350(26): 2673-81。

138. Wrone EM、Hornberger JM、Zehnder JLの等末期の腎臓病の心血管のでき事の防止のための葉酸のランダム化された試験。 J AM Soc Nephrol。 2月2004日; 15(2): 420-6。

139. で利用できる: http://heart.bmj.com/cgi/content/extract/91/9/1213。 2007年1月9日アクセスされる。

140. 激しい心筋梗塞の後のBonaa KH、Njolstad I、Ueland PM、等ホモシステインの低下および心血管のでき事。 NイギリスJ Med。 4月2006日13日; 354(15): 1578-88。

141. Lonn E、Yusuf S、血管疾患の葉酸そしてBのビタミンと下がるアーノルドMJ、等ホモシステイン。 NイギリスJ Med。 4月2006日13日; 354(15): 1567-77。

142. Righetti M、Serbelloni P、Milani SのFerrario G.のホモシステイン低下ビタミンBの処置はhemodialysis患者の心血管のでき事を減らす。 血Purif。 2006;24(4):379-86.

143. Zoungas S、McGrath BP、Branley P、等慢性腎不全のアテローム性動脈硬化および葉酸の補足の試験(ASFAST)の心血管の疾病率および死亡率: 多中心、ランダム化された、制御された試験。 J AM Coll Cardiol。 3月2006日21日; 47(6): 1108-16。

144. Ramakrishnan S、Sulochana KN、Lakshmi S、Selvi R、健康および病気のホモシステインのAngayarkanni N. Biochemistry。 インドJ Biochem Biophys。 10月2006日; 43(5): 275-83。

145. 最初主要な心血管のでき事の予言のためのWang TJ、Gona P、Larson MG、等多数のbiomarkersおよび死。 NイギリスJ Med。 12月2006日21日; 355(25): 2631-9。

  • ページ
  • 1
  • 2