生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2007年3月
イメージ

古代ハーブは発火を抑制する


Vicki Brower著

市場からのVioxx®の取り外し、および落ちるこのクラスの他の薬剤科学者の販売によって安全にボディの発火をもたらす根本的な要因を妨げる自然な代理店を識別するために時間外で働いている。

研究者は5 lipoxygenase (5ロックス)と呼ばれる致命的な親炎症性酵素を妨げるために働くハーブのboswelliaに彼らの顕微鏡を焦点を合わせた。 今まで、限られた作戦だけ癌、アテローム性動脈硬化多様なかかわる、病気に炎症性プロセスへの5ロックス、有効な貢献者関節炎、炎症性腸疾患およびずっと喘息の険悪な効果を戦って利用できる。

Boswelliaの基本原則

たくさんの年のために、民俗薬の従業者は私達が発火によって今引き起こされる知っている条件の広い範囲を扱うのにハーブのboswellia (Boswelliaのserrata)を使用した。 この草のエキスはboswelliaの木によって、インド分泌する、ゴム樹脂アフリカ、中国および中東で育ち、使用される薬草の系列の部分から得られる。

ロックスの酵素の禁止による戦いの発火

1970年代後半、研究者はboswelliaがイブプロフェンおよびアスピリンのようなnonsteroidal炎症抑制薬剤(NSAIDs)によって作り出されるそれらから明瞭である著しい炎症抑制の効果を作り出すことを発見した。

NSAIDsはcyclooxygenase-2 (COX-2)禁止によって発火を鎮める主に酵素の。不運にも 1、NSAIDsはまた健康な胃ライニングを維持するために必要であるCOX-1酵素を妨げる。 NSAIDsが胃炎症のような苦痛のおよび発火、副作用および出血処理で部分的に有効な間、腎臓の毒性および消化性潰瘍はそれらを長期使用のためにより少なく魅力的にさせる。 NSAIDの毒性の第一次原因はCOX-1酵素の過剰阻止である。

NSAIDsの胃有害な特性はNSAIDsよりより少ない胃毒性を示した選択的なCOX-2抑制剤の承認との1999年に、解決したようである。 しかし2000年7月には早くも生命延長は選択的なCOX-2抑制剤と関連付けられた危険にメンバーに警告した。 それ以来、COX-2抑制剤の危険を伴う心臓副作用についてのレポートは2 科学者をより安全な選択の調査を激化させるために導いた。

炎症性滝の制御

NSAIDsとは違って、boswelliaによっては親炎症性5ロックス(5 lipoxygenase)の妨害によって発火が戦う。 5ロックスは科学者がいくつかの病気プロセスの直接影響を持つかもしれない信じる有害な炎症性物質のleukotrienesの統合をもたらす新陳代謝の細道の最初の酵素である。 boswelliaのエキスはおよび他の病気の状態をことをこれらの管理の適用が あるかもしれないことを喘息を目標とするおよび癌1が提案する5ロックスの抑制剤開発するための努力。

禁止の5ロックスおよび有害な炎症性leukotrienesの生合成を妨げることに加えて、3つの boswellic酸は別の親炎症性酵素、HLE (人間の白血球のエラスターゼ)の活動を減らす。 HLEは肺気腫、嚢胞性線維症、慢性気管支炎および激しい呼吸苦脳シンドローム4のような慢性関節リウマチそして呼吸の病気と発火によってつながれるすべて関連付けられる。 かなり、leukotrieneの両方レベルおよびHLE解放は多くの炎症性病気およびアレルギー反応で高められる。 これまでに、HLEおよび5ロックスを両方禁じるためにあった唯一の炎症抑制の混合物はboswelliaから得られるそれらである。4

科学者はboswelliaの2005年に調査の行為のメカニズムを明らかにした。 彼らはboswelliaが部分で発火の重要な役割を担う腫瘍の壊死の要因アルファ(TNF-a)ことをの表現の変更によってはたらくことが分った。 ボディはTNF-aのような親炎症性cytokinesが激しい伝染を戦うことを必要とする間、そのようなcytokinesの超過分は慢性の発火を促進する。 細胞にboswelliaを適用することは細胞粘着およびマトリックスのmetalloproteinase蛋白質、有害なendothelial機能障害、癌の転移、関節炎および他の病気プロセスと関連しているbiochemicalsのTNF誘発の表現を減らす選択的な効果をもたらした。5

防ぎ、管理の蟹座の潜在性の使用

Boswelliaは癌の複数の形態の防止そして管理で大きい約束を示す。 薬品会社は潜在的な癌の治療法として使用のために今ロックスの酵素を禁じる薬剤をテストしている。1

ドイツの科学者はboswelliaのエキスが人間の癌の成長をより励ます酵素のより有効な抑制剤であるある特定の化学療法の薬剤はであることを示した。6 boswelliaのこれらのプラスの結果に基づいて、研究者は植物のエキスが癌の開発そして広がりを防ぐのを助けるかもしれないことを信じる。

他の研究者は5つのタイプの人間の白血病の細胞および2つのタイプの人間の脳の癌細胞に対してboswelliaのエキスをテストした。 彼らはboswelliaがそれらのプロンプトによって自動的に消滅するためにことをこれらの癌性細胞の拡散を禁じたことが分った。 従ってboswelliaのより強い潜在的能力は癌細胞の死の促進でより有効であり、線量依存した効果を示す。 この試験を行なっているスイスの研究者はboswelliaがこれらの癌を防ぐか、または扱えるかもしれないことを提案した。7

クリーブランド医院からの科学者はboswelliaのエキスが頭脳のカバーの普通良性腫瘍である人間のmeningiomaの細胞に対して有効だったことが分った。 Boswelliaは広がる細胞の機能を減らすことと腫瘍の細胞を殺すことによって働いた。8

Boswelliaはまた前立腺癌の研究者の注意を引き付けた。 病気の人から見本抽出される前立腺癌の細胞は多量の5ロックスの酵素を表示する。9つは 他の研究ことが5ロックスの酵素の殺害の人間の前立腺癌の細胞を禁じるboswelliaのような5ロックスの抑制剤は 前立腺癌ことをの成長を防ぐか、または阻止することの適用があるかもしれないことを提案する代理店、10分った。9,10

Boswelliaのエキスはまた戦いのメラノーマの約束、皮膚癌の最も致命的な形態を示す。 高度の顕微鏡検査および細胞追跡の技術を使用して、科学者は転移することかより少なくできている間、boswelliaのエキスによりいかにメラノーマの細胞は健康な方法で区別し、正常な細胞のそれらに類似している細胞成長パターンを採用したか観察できた。 これらの技術を使用して、それらはまたboswelliaによりfibrosarcoma (結合組織癌)の細胞は転移する機能を失った観察し次にこれらの同じ細胞の細胞自殺(apoptosis)をことを引き起こした。11 この時点で、最も深刻な病気のいくつかのboswelliaを利用する治療上の処置の選択を捜し続けるように研究者を励ます十分な証拠がある。

より低いアテローム性動脈硬化の危険に発火を減らすこと

発火は心臓病のアテローム性動脈硬化そして開発への重要な貢献者である。 boswelliaを使用して5ロックスの酵素を禁じ、発火を減らすアテローム性動脈硬化を防ぎ、扱うことの重要な要素であると証明するかもしれない。

遺伝学研究は最近5ロックスとアテローム性動脈硬化間の陰謀的な相関関係を明らかにした。 (通常の2枚のコピー)よりもむしろ科学者は彼らの5ロックスの遺伝子の1枚のコピーだけ持っていることで起因した遺伝的欠陥のマウスが成長のアテローム性動脈硬化から完全に保護されたことを発見した。12

研究者は5ロックスが複数の方法でアテローム性動脈硬化に貢献することを信じる。 先に注意されるように、5ロックスの酵素の増加は幹線壁に付着するために化学的に白血球を引き付ける余分なleukotrieneプロダクトで起因する。 なお、leukotrienesは管の透磁率および低密度脂蛋白質(LDL)の酸化を促進するかもしれない。 これらの複合効果は動脈のatheroscleroticプラクの開発、心臓発作のための知られていた危険率を促進するかもしれない。12

boswelliaのエキスを使用して5ロックス誘発のleukotrieneの生産を禁じることはこうしてアテローム性動脈硬化を防ぐか、または扱うために有効な作戦を表すことができる。12

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2