生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2007年6月
イメージ

DHEAは「違法薬物」になることをいかに防ぐことができるか

傷が付いたDHEAの調査

DHEA (dehydroepiandrosterone)が同化ステロイドホルモンであること議会の趣旨で循環される調査。 調査はDHEAの非常に去勢されたマウスの雑種の緊張に注入された大量服用の効果を測定した。 調査はDHEA、DHT (dihydroテストステロン)、および前立腺のティッシュに対する偽薬(制御)のゲノムの効果を比較するのにDNAのmicroassaysを使用した。 死体解剖で同化stimulatory成長を査定するために、マウスのさまざまなグループの前立腺のティッシュは重量を量られた。

、注入されたマウスの前立腺のティッシュは非常高線量DHEAとDHTのグループと比較されて33%の より少なく重量を量った。 より明らかにしてDHEAを受け取らないか、またはDHTが24%のもっと重量を量ったDHEAは重量を量られるティッシュで反同化 効果をもたらす かもしれないことをグループ提案しているDHEAよりそのままな制御グループの前立腺のティッシュことが分ることはだった。

マウスの調査の4週間の腕では、DHEAによって注入された日刊新聞の量は DHTの線量 (DHEAの3 mgと比較されるDHTの0.1 mg)より大きかった30倍。 調査の1週間の腕では、DHEAによって注入された日刊新聞の量は DHTの線量 (DHEAの6.25 mgと比較されるDHTの0.1 mg)より大きかった62倍。 DHEAの線量が30-62高く 時間を計るよりだった のでDHTの線量は、示されている遺伝子発現の試金に対する効果対等ではない。

マウスはどの人間でも取るものをDHEAの非常に超過する大量服用を与えられた。 例えば、DHEA-DHTの調査の4週間の部分に、単独で重量に基づいてDHEAの数人間比較の線量は5,832 mg、一方1週間の調査で、数人間比較の線量だった16,200 mgだった

人間およびマウス(すなわち、注入)に与えられる管理のモードを計算することにマウスの転換の価値を外挿法で推定する修正率を計算した場合人間同等のDHEAの線量口頭で取られたら約表す 日15,800 mg。 DHEAの典型的な人間の線量は15-75だけmgである日、DHEAを疑うのに使用されるこのマウスの調査で使用されるより非常に少量。 すなわち、この調査のマウスは若々しい範囲にDHEAを元通りにするために平均線量の健康に敏感な人々が今日取っている何大きい驚く316時よりだった人間同等の線量を与えられた。

DHEAの線量はDHEAの43,910 mgの外挿法で推定された人間同等の線量がマウスに管理された調査の1週間の腕でより高かった。 従ってDHEAは注入されるとき詳しく説明するためには、レバーによって正常な吸収の障壁および低下をとばし、有機体にはるかに有効になる。

このマウスの調査で使用されるDHEAの言語道断な過量に基づいて調査結果に人間が取るDHEAの 15-75 mgへの日ゲノムの関連性がない。 けれどもある特定の国会議員はこの調査が同化ステロイドホルモンのそれにどうかしてDHEAの状態を変えることを信じるために導かれた。

DHEAを攻撃するのに使用される調査の調査結果は他の最近の隣り合わせの遺伝子の比較調査を否定する。 これらの調査はDHEAが「同化ステロイドホルモンであること概念を」、論駁するが、DHEAが不法とされるべきであるという証拠として使用される1つの偏られた調査の結論で述べられなかった。 異なった結果を示す他の研究の調査結果の一見を読者に与えるために科学的な調査の結論の矛盾した研究を述べることは通常である。

傷が付いたDHEA-DHTの調査は複数の遺伝子がマウスの前立腺および精嚢のDHEAそしてDHT両方によって調整されたことを示した。 但しいくつかのマウスの遺伝子が調整されるので、単にどうにかDHEAそしてDHTは両方遺伝子発現の好ましくか好ましくない変更に関して情報を提供しない。 完全なレポートのためDHEAが同化ステロイドホルモンの薬剤としてなぜについての再分類されるべきではないかwww.lef.org/featured-articles/dheafactへの ログオン